1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 00:56:37.87 ID:6UjC1bXFO

京介「その…なんだ…似合ってんぞ…?」

桐乃「~っ!」カアァッ

桐乃「ばっ、ばかっ!」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:01:39.65 ID:6UjC1bXFO

桐乃「い、いいから早くアンタも着替えて来なさいよっ!」

京介「?」

京介「なんでだよ?」

桐乃「初詣行くからに決まってんじゃん!」

京介「えっ…お前と一緒に行くの?俺が?」

桐乃「あ、あたしが特別に一緒に行ってあげるって言ってんの!」カァッ

京介「そ、そうか…」

桐乃「だから早くっ!」

京介「…」

京介「へいへい…」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:07:51.50 ID:6UjC1bXFO

京介「わり、待たせたな」

桐乃「…」

桐乃「はぁ…何そのカッコ…」

京介「何って…着替えて来たわけだが」

桐乃「アンタ、いつもと変わんないじゃん」ジトー

京介「そんなこと言われてもなぁ…」

桐乃「せっかくあたしが気合い入れてるっつーのに…馬鹿兄貴…」ブツブツ

京介「ん、なんか言ったか?」

桐乃「な、なんでもないからっ!」アセッ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:19:10.51 ID:6UjC1bXFO

桐乃「い、いいから行くわよっ!」グイッ

京介「っと…!わーったよ…だから走んな、危ないから」

桐乃「…」

桐乃「じゃあ歩く…」

京介「はぁ…」

京介(しっかし…)

京介(我が妹ながら…似合ってんなぁ…マジで…)マジマジ

桐乃「だ、だからあんまこっち見んなってば…何?妹の着物姿に見とれちゃってるわけ?」

京介「あぁ」

桐乃「へ?」

京介「黙ってりゃ可愛いんだけどな、お前」

桐乃「~~~っ!ば、ばかっ!」カァッ

京介(ありゃ…怒ったか…下手なことは言うもんじゃねぇな…)

桐乃(か、可愛いって言われた…)ドキドキ



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:32:59.66 ID:6UjC1bXFO

――――――

京介「ようやく着いた…」

桐乃「何?もうへばってんの?」

京介「いや、そういうわけじゃないが…」

桐乃「あっそ」

京介(ひ、ひでえ…)

桐乃「あ!おみくじ!」

京介「…」

京介「やりたいのか?」

桐乃「べ、別に…」

桐乃「…」

桐乃「やっぱやる…」

京介「ん、そうか…やって来い、待っててやるから」

桐乃「あ、アンタもやるんだからね!」

京介「…はいはい」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:41:27.91 ID:6UjC1bXFO

ジャラジャラ

京介(…中吉…ま、こんなもんか)

桐乃「アンタどうだった?」

京介「ん、中吉」

桐乃「ぷっ…あははっ!ダサッ!中吉とかっ」ニヤニヤ

京介「なっ…全国の中吉引いた人に謝れっ!つーかお前はどうなんだよ…」

桐乃「ふふんっ」ドヤァ

京介「大吉…」

桐乃「ま、日頃の行いよね~♪」

京介(なんか納得いかん…)

桐乃「へへ…よく読んでみよっかな~…」ピラッ

桐乃「むふふ…金運に学業…言うこと無いじゃん!…っ!」

桐乃(れ、恋愛運…待ち人…来る…かぁ…)チラッ

京介「ん?」

桐乃「!」バッ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 01:50:53.32 ID:6UjC1bXFO

桐乃(な、何意識しちゃってんのあたし!?ば、馬鹿じゃん!で、でも…)

桐乃「えへへ…」ニヤニヤ

京介(やたらと機嫌いいな…)

桐乃「あ」

京介「どうした?」

桐乃「ちょっと欲しい物あるから買ってくる!アンタはここで待っててよ!絶対だかんねっ!」

京介「お、おい!…あ、行っちまった…」

桐乃「…」トテテー

京介「はぁ…」

京介「さみ…」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 02:09:31.56 ID:6UjC1bXFO

――――――

桐乃「あ、いたいた」

京介「そりゃ一歩も動いてないからな」

桐乃「ふーん」

京介「で、何買って来たんだ?」

桐乃「なんでアンタに言わなきゃなんないわけ?」

京介「別に言いたくないならいいけどよ…」

桐乃「…ただの…御守り…」ボソッ

京介「あぁ…お前も受験とかあるしなぁ…」

桐乃「…」

桐乃「お参りして帰る!」

京介「お、おう…」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 02:18:12.18 ID:6UjC1bXFO

チャリーン

京介「…」パンパン

京介(今年も平和に暮らせますように、と…)

桐乃「…」

京介「…」チラッ

桐乃「…」

桐乃「…」

桐乃「…」

桐乃「…」

京介(桐乃のお願い長くね…?)

桐乃「ふぅ…」パチッ

京介「随分熱心だな」

桐乃「う、うっさい!」カァッ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 02:31:52.84 ID:6UjC1bXFO

京介「…よし、帰るか」

桐乃「うん、さっさと帰ってあったまりたい」

京介(コイツは…)

京介「はぁ…」




ポトッ

京介「ん?」

京介(桐乃がなんか落とした…御守り…?さっき買ってたヤツか…)スッ

京介「!?」

京介(れ、恋愛成就の御守り…だと…?)



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 07:33:09.34 ID:+dFir57/0

京介「なあお前、このお守りは…」

桐乃「!? バカ! 勝手に見るな!」

京介「(やっぱこれでこそ俺の妹だな…)あぁ分かったよ、じゃあそろそろ帰るか」

桐乃「フン!」



   帰り道

桐乃「……」モジモジ

京介「…ん? どうしたんだ? 歩き方がヘンだぞ」

桐乃「な…何でもない!」モジモジ

京介「もしかして、帯が苦しいのか? やっぱり着慣れないもの着てると辛いよな」

桐乃「―――に行きたい」ボソッ

京介「え? どこに行きたいって?」

桐乃「―――トイレに行きたい…//////」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 07:42:11.70 ID:+dFir57/0

京介「まったく… 調子に乗って甘酒飲み過ぎるからいけないんだぞ」

桐乃「う…うるさい! あれは神社の人がたくさん飲めってサービスしてくれたから…!」

京介「はいはい、じゃあちょっと早足で帰るとするか」

桐乃「……」モジモジ

京介「ん? 早く帰りたいんじゃないのか?」

桐乃「……ムリかも/////」

京介「何がだよ?」

桐乃「だから、家までガマンするのがムリって言ってんの!」

京介「え! お前、家まであと10分もかからないぞ! それでもムリなのか?」

桐乃「……」コクリ




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 07:50:48.22 ID:+dFir57/0

京介「…わかった、じゃあこっちから帰るぞ」

桐乃「え?」

京介「この先に公園があるんだ、そこにトイレがあったはずだ」

桐乃「う…うん」


    近くの公園

京介「いつもはジョギングしてる人とか多いけど、正月はさすがに誰もいないな…」

桐乃「…で、トイレはどこにあるのよ!」

京介「ほらすぐそこだ、そこの角を曲がった所に――  って、ええ!!!」

 【改装工事中 ご迷惑をお掛けします】

桐乃「ばかぁっ! このバカ兄貴!」

京介「ええっ! なんでこの時期に工事なんかしてるんだよ!」

桐乃「トイレがあるって言うから、わざわざ遠回りしてきたのに! どうすんのよバカ兄貴!」 



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 07:59:48.07 ID:+dFir57/0

京介「どうするって… そんなの俺に言われてもだな…」

桐乃「アンタのせいだからね!」

京介「は?」

桐乃「アンタ本当は知ってたんでしょ! オシッコ我慢してる妹見て嬉しかった?!!」

京介「お…おい! 変な事言うなよ! そんなワケあるか! 俺も知らなかったんだ」

桐乃「ふーん、じゃあアンタ責任取ってどうにかしてよ!」

京介「…!? どうにかするってどうすればいいんだよ!」

桐乃「あたしだって分かんない! そんなの自分で考えてよ!」
 



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 08:10:58.46 ID:+dFir57/0

京介「この辺に他の公衆トイレは無いしなぁ… じゃあ急いで帰るか?」

桐乃「…ムリ」モジモジ

京介「うーん、麻奈美の家に行くのも遠いしなぁ。どうしようかな」

桐乃「ちょっと! 早くしてよ! もう限界が近いんだから!」

京介「限界って! お前、そこまで我慢してるのか!?」

桐乃「……だから早くしろって言ってるの」

京介「わ…わかった! じゃあ、そこの草むらでしちまったらどうだ?」

桐乃「……」

京介「ほら、今なら誰もいないし、背の高い草がいい感じに隠してくれるから絶対に見られないぞ!」

桐乃「…ホント? 嘘ついたら殺すから」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 08:19:52.14 ID:+dFir57/0

桐乃「…じゃあアンタも付いてきて」

京介「へ?」

桐乃「この着物じゃ、裾を捲り上げるのが難しいから」

京介「お…おい! 何言ってんだよ! 一人で何とかできないのかよ!」

桐乃「ふーん、じゃあもし着物が汚れたらアンタが弁償してよね」

京介「…そういえばずいぶん豪華な着物だけど、それいったどうしたんだ?」

桐乃「これはあたしが事務所の人に頼んで貸してもらったの。ちなみに200万円はするみたい」

京介「ニヒャクマン!!」

桐乃「…だから、着物に土が付かないように押さえててって言ってるの!」 



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 08:28:49.50 ID:+dFir57/0

京介「…わかった」ゴクリ

桐乃「なんか今ヘンな妄想したでしょ! キモ…」

京介「んなワケあるか! いいからさっさとしろ!」

桐乃「…じゃあ後ろの裾を持ってて。違うところ触ったら殺す」

京介「はいはい、これでいいのか?」

桐乃「あ!!」

京介「どうしたんだ?」

桐乃「…パンツが下ろせない」

京介「!? な…なな何言ってんだよ!」

桐乃「…この着物、振袖だから袂(たもと)が長くて手が動かせないの!」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 08:37:35.61 ID:+dFir57/0

京介「で…? どうすんだよ? 一旦やめるか」

桐乃「ここまで来て止められるか! …アンタがパンツ下ろしなさいよ!」

京介「!!! お…お前、自分が何言ってるか分かってんのか!」

桐乃「分かってるわよ! …もう立ち上がれないくらい限界が近いんだから!」

京介「よ…よし! じゃあ脱がすぞ! 最後に聞くけど本当にいいんだな?」

桐乃「…早くしなさいよ! もしかして焦らしプレイ好き? キモすぎるんですけど…」

京介「じゃあいくぞ!」サワッ

桐乃「!? 今、お尻触ったでしょ! この変態!」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 08:49:30.25 ID:+dFir57/0

京介「んなこと言ったってしかたないだろ!」

桐乃「ヘンなところ触らないようにパンツだけ脱がせろ! 変態!」

京介「はいはい、これでいいのか? (妹のパンツ脱がしてる時点でもれなく変態だと思うが…)」スルスル

桐乃「足が開きづらいから完全に脱がせてよね」

京介「お…おう!  ――どうだ、これでいいのか?」

桐乃「…うん」

京介「(しかし、なんだこのパンツは… 布面積小さいしピンクのフリフリだし… いつもこんなの穿いてるのか?)」

桐乃「あたしのパンツじろじろ見るな! この変態! キモい! 死ね!」

京介「い…いや! 見てないぞ!(本当は見てたけど…)」

桐乃「…フン!」

京介「じゃあパンツ渡しとくな」

桐乃「…アンタが持ってて」

京介「はい!?」

桐乃「見て分からない? 袂と裾を手に持ってるのにこれ以上持てるわけ無いでしょ!」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 09:00:07.40 ID:+dFir57/0

京介「…いや、しかしだな。さすがにそれは… じゃあこの木に引っ掛けておくぞ」

桐乃「ちょ…ちょっと何やってんのよ! ちゃんと隠して持っててよ!」

京介「でも…それは…」

桐乃「…そんなにあたしのパンツを人目に晒したいわけ? あんたアレでしょ? ネット掲示板に身内の下着晒して喜んでるバカと一緒なんでしょ? …キモ」

京介「んなワケあるかっ! ――じゃあ俺のポケットに入れておくからな」

桐乃「ニオイとか嗅いだら殺すから」

京介「んな事しねーよ!(とは言ったものの、パンツの仄かな温もりが… って俺は何を考えてるんだ!)」

桐乃「……」ジトー










112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 09:13:00.50 ID:+dFir57/0

桐乃「…じゃあオシッコするから後ろの裾を押さえてて」

京介「お…おう」

桐乃「またヘンな妄想してる… キモ…」

京介「な…何言ってんだ! 今はしてないぞ!」

桐乃「『今は』ってことはさっきしてたんでしょ。 正月からキモすぎ」

京介「確かにそれは謝る! だが今はさっさとオシッコして早く帰るぞ!」

桐乃「……」ジトー

京介「いいから、人が来る前にすませろ」

桐乃「…まぁそうだけど。じゃあちゃんと押さえててよね」

京介「…あぁ」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 09:13:09.92 ID:+dFir57/0

桐乃「……」

京介「……」


京介「どうしたんだ? さっさと出しちまえ――」

桐乃「…出ない」

京介「!! お前、いまさら何を…」

桐乃「アンタがエロい目で見てるから出ないの! 何とかしなさいよ!」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 09:35:14.32 ID:+dFir57/0

京介「(まずいな、このままじゃ埒があかない。時間が経てば誰かに見つかるかもしれんぞ…)」

桐乃「……」

京介「(そういえば桐乃が小さいときに、くすぐってたらオシッコ漏らした事があったな…)」

桐乃「……」プルプル

京介「(…しかたがない! 許せ桐乃!)」コチョコチョコチョ

桐乃「うひゃっ!!! っつ!! 出るっ!!?」

   プシャーーッ



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 09:58:52.19 ID:+dFir57/0

子供A「――なぁ お年玉いくらもらった?」

子供B「オレは2万だぜ! 3DS買うんだ」

子供C「いいなー オレは1万円だった」


京介『…おい! 通路に人が来たぞ! まだ終わらないのか?』

桐乃『…そんなこと言ったって、止められない…』ジョロロロロ

京介『(まずいな、草むらのおかげで姿は隠せるが、音でバレるかもしれん)』

桐乃『…なんとかしてよ!』


子供A「3DS買ったら真っ先にやらせろよな!」

子供B「えー? オレが遊んでからだよー」

子供C「じゃあ買ったらお前ん家集合な!」




京介『クソッ! 近づいて来たか!』



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 10:13:04.15 ID:+dFir57/0

京介『(ホントにヤバいぞ、地面の落ち葉に当たってオシッコの音がかなり大きいからな…)』

桐乃『…どうしよう!? 見つかっちゃう!!』ジョロロロロ

京介『おい桐乃! ちょっと目を閉じてろ!』

桐乃『え? ちょっと! 何してんの!!?』ジョロロロ

京介『お…おい! 目を開けるんじゃない!』

桐乃『なんであたしのオシッコ触ってんのよ!? この変態バカ兄貴! 死ね死ね死ねーっ!』

京介『うわっ! 声出すなよ、バレちまうぞ!』

桐乃『………』

京介『誤解するなよ! 俺はオシッコの音が小さくなるように直接地面に当たらないようにしてるんだ!』

桐乃『…バカ!』



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 10:25:20.71 ID:+dFir57/0

子供A「早くゲーム屋行こうぜ! オレが買ってきてやるよ」

子供B「おい! それ俺のお年玉だぞ!」

子供C「待ってー」



京介「…ふぅ、やっと行ったか。おい桐乃、もう大丈夫だぞ」

桐乃「……死ね」

京介「ごめんよ… 悪かった。だがなこれしか方法が無かったんだ。ところでまだ出そうなのか?」

桐乃「…もうとっくに終わった」

京介「そうか、じゃあ早いとこ帰るとするか」

桐乃「待って!」

京介「ん?」

桐乃「まだ拭いてないでしょ!」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 10:33:02.93 ID:+dFir57/0

京介「あ…、そうだよな、、はいポケットティッシュ」

桐乃「……」ジトー

京介「どうした? 拭くんじゃなかったのか?」

桐乃「両手が使えない状態でどう拭けと?」

京介「…!? おい、それってまさか! 俺に拭けと!?」

桐乃「ばかっ! いちいち言うな! この変態!」

京介「ホントにいいんだな…、それって俺が桐乃の大事なところに触っちまうんだぜ?」

桐乃「いいからさっさとしろ! お尻寒いんだから! それとヘンな事考えたらマジ殺すから」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 10:48:11.89 ID:+dFir57/0

京介「よ…よし! それじゃあ拭くぞ!」ドキドキ

桐乃「早くしろ、この変態!」

京介「(…見えないから手探り状態だな、この辺りでいいのか?)」サワッ

桐乃「!? ヘンなとこ触るなバカ兄貴!」

京介「え?  じゃあこっちか?」サワッ

桐乃「…そこお尻の穴なんだけど」

京介「うわっ! スマン! じゃあこの辺か…」サワッ

桐乃「…もうちょっと前のほうなんだけど」

京介「あ…あぁ、ここでいいんだな」フキフキ

桐乃「…今、大事なところに指入れようとしたでしょ! このバカ!」

京介「なな…何を言ってんだよ、柔らかくてぷっくりした所の間が湿ってたから拭いただけだぞ!」

桐乃「だからいちいち言葉にするな! 変態! キモすぎ!」



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 10:58:14.09 ID:+dFir57/0

桐乃「アンタそうやって時間かけてわざと触ってんでしょ?」

京介「お…おい! 変な事言うなよ! 俺だって真剣にやってるんだからな!」

桐乃「へー、妹のアソコを真剣に弄んでるってワケですか? …キモ」

京介「だから誤解だって!」

桐乃「じゃあさっさと拭いてよ」

京介「…はいはい、場所はここでいいんだな?」フキフキ

桐乃「指入れたら殺すからね!」

京介「…ん? なんだこれは? さっきまで無かった硬い突起みたいのが…?」クリクリ

桐乃「うひゃあっ!!! //////」



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 11:08:19.26 ID:+dFir57/0

京介「どうしたんだよ! いきなり奇声上げてびっくりしたぞ!」

桐乃「変態! 変態!! 変態!!!!」

京介「おい! 顔赤くなってるぞ、熱でもあるのか?」

桐乃「熱なんかあるわけないでしょ! アンタがヘンなところ触るから!!」

京介「なんでだよ? 俺は言われた通りの場所を拭いただけだぞ?」

桐乃「……」ハァハァ

京介「なんか呼吸も速くなってるぞ、風邪じゃないのか?」

桐乃「…大丈夫だから、早くちゃんと拭いて…」

京介「お…おう、わかった。 ――この辺でいいんだよな?」

桐乃「…うん」



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 11:19:26.48 ID:+dFir57/0

京介「…なぁ、なんか拭いても拭いても濡れてるような感じがするんだが…」フキフキ

桐乃「…アンタの拭き方が悪いんでしょ、いいからもっと続けなさいよ!」ハァハァ

京介「女ってみんなそうなのか…? 意外と大変なんだな」フキフキ

桐乃「(…ヤバい! 兄貴の指、気持ちよすぎ!)」ハァハァ

京介「…さすがにもういいだろ?」

桐乃「えっ!!」

京介「立てるか? さぁ帰るぞ」

桐乃「ちょ…ちょっと待ってよ! アンタがさっき『硬い突起みたい』って言ったところが拭けてない!」

京介「え? そうなのか… オシッコ拭くのって以外と難しいんだな」 



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 11:31:55.16 ID:+dFir57/0

京介「なんかさっきよりも湿ってるんだが…」フキフキ

桐乃「え… そう? 気のせいでしょ… あぁぁっ…… (ヤバっ! イきそう!!)」

京介「大丈夫か?」

桐乃「だ…大丈夫… もうすこし続けて… 今度は強めに拭いてよね…」ハァハァ

京介「こうか? 分かった」フキフキフキ

桐乃「っ//// (イクっ! イクっぅぅぅうう)」ビクビク

京介「おい! どうしたんだ? 震えてるぞ!」

桐乃「…なんでもない」ハァハァ



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 11:45:55.19 ID:+dFir57/0

京介「本当に大丈夫なのか? 体調が悪いなら親父を呼ぶが…」

桐乃「…大丈夫だから! それより着物の裾離してよ! 立ち上がれないでしょ!」

京介「あ、そうだったな。 ――ほらよ」

桐乃「……何あたしの事ジロジロ見てるの? キモ」

京介「いや、やっぱり桐乃は着物姿が似合って可愛いなぁって思ってさ」

桐乃「…それって着物着てないときは可愛くないってこと?」

京介「そ…そんな事ないぞ! 桐乃ならたとえ何も着なくても… あっ! 裸って意味じゃ――」

桐乃「要するにコスプレ好きって事でしょ? 変態! キモい! 死ね!」

京介「待て! 違うんだって! 」

桐乃「あたし一人で帰るから。付いてくるな変態! (…バカ)」スタスタ

京介「あーあ、行っちゃったか… でもあれが普段の桐乃なんだよな…」 






235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 11:54:31.32 ID:+dFir57/0

京介「さて… 俺も帰るとするか…」

京介「おっと、その前に桐乃のオシッコ触っちまったから手を洗わないと… え~っと水道はないかな?」



京介「あったあった、トイレは使えないが水のみ場の水道は平気だったか…」ジャブジャブ

あやせ「あら? お兄さん?」

京介「お、あやせか! あけましておめでとう!」

あやせ「正月早々、人気の無い公園で何してるんですか…? もしかして公園で遊ぶ幼女を狙って…」

京介「失礼な! 初詣の帰りに通りかかっただけだ!」

あやせ「どうせ初詣に行っても『桐乃にエロい事できますように』とか祈ったんですよね?」

京介「んなワケあるかっ!(まぁ現実になってしまったが…)」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 12:13:00.78 ID:+dFir57/0

あやせ「…で、お兄さんはなんでそんなに熱心に手を洗ってるんですか?」

京介「え…? あぁこれは… その…」

あやせ「もしかして、正月から野外で桐乃にエロい事をしてた… とかじゃないですよね?」

京介「は…ははは、何を言うんだあやせは! だいたいここに桐乃はいないだろ?」

あやせ「…それもそうですよね。ついいつもの癖で疑っちゃいました!」

京介「(正月から人を野外プレイ疑惑かけるなんて相当なヤツだな… まぁ半分正解だが)」

あやせ「あっ、お兄さんハンカチ貸しましょうか? 本当はハンカチが汚れるんで嫌なんですけど」

京介「そこまで言われて借りれるか! 自分のを使うからいいよ」バッ

あやせ「あれ、それって――」



249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 12:13:15.64 ID:+dFir57/0

京介「しししししまったぁぁぁぁああああ! (これ桐乃のパンツだった!!!!)」

あやせ「……お兄さん、これ桐乃の下着ですよね?」

京介「いやいやいやいや、ナニヲオッシャイマスアヤセサン?」

あやせ「この下着この前、桐乃と一緒に買い物に行ったときに選んでた物なんでよく覚えてるんですよ? …さて詳しい話を聞かせてもらいましょうか?」ゴゴゴ

京介「ハハハ、それでは良いお年を!!!」ダダダダダッ

あやせ「あっ! 逃げるな! このド変態! 死ね! 死ね! 死ねェェええええ!」


      終



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 12:18:27.27 ID:clL/3fQT0



今朝おめかししてた妹に「その服似合ってるね」って言ったら「そ、そう…」って軽く引かれた
これが現実である



266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 12:48:52.38 ID:Qv8U5gH20

おつ
よかったよ



269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/01(日) 12:58:02.70 ID:mqQjja3u0

最高だった



元スレ
桐乃「ちょっと…き、着物姿ジロジロ見んな、キモいからっ…!」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325346997/