1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 22:34:49.39 ID:QQwrpXi10

ダル「へ~オカリンってお姉さん好きなんだ」

岡部「やはり男なら誰しも年上の女性に甘えてみたいと思うだろ、ダル」

ダル「同意」

紅莉栖「………」


ってな感じで誰か続きお願いします



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 22:54:16.17 ID:cy9ABZxm0

萌郁「岡部くん、それ……本当?」

岡部「ぬわあっ!? ど、どこから現れたのだ、閃光の指圧師よ!」

萌郁「今、来たところ」

岡部「な、なんだ……驚かせるな」

ダル「あれ? そういえば、桐生氏ってオカリンより年上じゃね?」

萌郁「…………」コクン

ダル「それなら、桐生氏がオカリンの周りだと一番可能性があるってことに」

紅莉栖「!?」

岡部「……なるほど」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:00:08.11 ID:cy9ABZxm0

岡部「たしかに……年上ということだけを考えれば指圧師しかいない、か」

ダル「そうそう、それに甘えたいってオカリン言ったじゃん。それにも桐生氏なら答えてくれそうじゃね?」

紅莉栖「ど、どういうことよ! 理論的な説明を要求する!」

ダル「んー、オカリン。男として、牧瀬氏と桐生氏だったらどっちに甘えたいよ?」

岡部「それは……指圧師だな」

紅莉栖「なっ! 何でそうなるのよ!?」

ダル「牧瀬氏。自分の胸と相手の胸……見比べてみ」

紅莉栖「えっ……? む、胸……」

萌郁「……?」

紅莉栖(ま、負けた……)orz

ダル「牧瀬氏、乙」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:08:19.78 ID:cy9ABZxm0

紅莉栖「って、ちょっと待ちなさいよ! 胸の大きさは関係ない!」

ダル「いやあ、牧瀬氏……それは違うんだ。男ってのは、その大きさに魅かれちまう生き物なんだ……」

紅莉栖「何それ……母性がどう、とかそういう非論理的なことを言いたいの!?」

ダル「んー、いや、そうじゃなくて。大きかったら、エロいじゃん?」

紅莉栖「え、エロ……橋田のHENTAI!」

ダル「まあ、男って年上にはそういうのも期待する悲しい生き物なんだお」

紅莉栖「そ、それは……でも、岡部が大きいのが好きだって、まだ決まったわけじゃ」

ダル「牧瀬氏、あれ見てみ」

紅莉栖「へっ?」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:14:00.91 ID:cy9ABZxm0

萌郁「岡部くん、こっち」

岡部「なんだ、ソファーに座れとでも言いたいのか。……仕方ない、これでいいのか?」

萌郁「……膝」

岡部「膝? 膝がどうし――っ! お、おい! 頭を引っ張るな!」

萌郁「どう?」

岡部「どう、って……何のことだ」

萌郁「私の、膝枕の」

岡部「ああ……そういうことか。それならば最初からそう言え」

萌郁「良い? 悪い?」

岡部「そうだな……」

岡部(……短いスカートのせいで、頭が生足に触れているという事実)

岡部(そして少し頭にあたっている……この胸。それとなんか良い匂いもする……)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:17:02.99 ID:cy9ABZxm0

紅莉栖「い、いつの間にこんなことに……」

ダル「牧瀬氏があーだこーだ叫んでる内に、すっかりいい感じになりますた。オカリーン」

岡部「ど、どうしたダル」

ダル「桐生氏の膝枕、ぶっちゃけどうよ?」

岡部「ああ、そうだな……一言で言うなら」

萌郁「…………」

岡部「正直、たまらん」

紅莉栖「なあっ!?」

ダル「ですよねー」

萌郁「……」グッ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:23:39.29 ID:cy9ABZxm0

紅莉栖「で、でも……胸は関係ないはず……私だって、膝枕くらいなら」

ダル「牧瀬氏、あの状況を見てみ。オカリンの頭、今どうなってる?」

紅莉栖「……はっ! 胸と生足のサンドイッチ……!」

ダル「その通り。……はたして、牧瀬氏にあれができるだろうか、いやできない」


萌郁「岡部くん、少し疲れてる?」

岡部「ああ、最近眠れていなくてな……」

萌郁「このまま、少し眠っても……大丈夫だから」

岡部「い、いや、流石にそこまでは」

萌郁「…………」ナデナデ

岡部「むっ……」

萌郁「撫でられるのは、嫌いだった?」

岡部「……嫌いでは、ない」


紅莉栖「は、橋田! あれ! あれ見てて嫌! 何とかして!」

ダル「牧瀬氏、少し頭冷やそうか」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:31:40.34 ID:cy9ABZxm0

紅莉栖「ううっ……おかべがぁ……おかべがとられるぅ……」

ダル「まだ牧瀬氏のものじゃないですけど」

紅莉栖「う、うるさい! でも、でも……このままだと岡部がぁ……」

ダル「あー……仕方ないお。牧瀬氏、まだ諦める時間じゃない」

紅莉栖「ど、どういう意味!? 教えて! 詳しく詳細を!」

ダル「日本語がおかしくなるほどの慌てっぷり、牧瀬氏必死だな」

紅莉栖「そんなのはいいからさっさと教えて!」

ダル「だから、要はオカリンが牧瀬氏に甘えたいって思えればいい訳」

紅莉栖「で、でも……私は……胸が」

ダル「牧瀬氏、胸が無くても……膝枕はできるんだぜ?」

紅莉栖「……!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:39:05.17 ID:cy9ABZxm0

紅莉栖「そうよね……私ったら、その可能性を否定していた。私にも……膝枕はできる!」

ダル「おっ、復活した。牧瀬氏その意気だ、まずはあのふざけたピンク空間をぶち壊すんだお!」

紅莉栖「分かったわ! お、岡部!」

岡部「んぅ……? なんだクリスティーナ……俺は今、安らぎの空間を……」

萌郁「岡部くん、気にしなくてもいいと思う」

ダル「うわっ、オカリンの目がトロンとしてる。……桐生氏の膝枕、恐るべし」

紅莉栖「くっ……。ここで負ける訳には……萌郁さん、そこをどいてくれますか!?」

萌郁「……どうして?」

紅莉栖「私も……岡部に膝枕してあげたいんです! だからどいてく 萌郁「嫌」

紅莉栖「ええっ!?」

ダル「即答ktkr」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:46:22.09 ID:cy9ABZxm0

萌郁「……岡部くんは今、気持ち良さそうに休んでいる。このまま、休ませてあげたい」

ダル「おおっと、オカリンを気遣う発言……これは牧瀬氏やり辛い」

紅莉栖「そ、それなら、ゆっくりと私の膝へ動かせば良いと思います!」

萌郁「……私の方が、岡部くんを気持ちよくさせてあげられる」

紅莉栖「なあっ!?」

ダル「桐生氏。今の台詞、もう一度言ってくんない?」

紅莉栖「こんな時までHENNTAI発言するな! ……あれ? ちょっと待って……」

ダル「ん? 牧瀬氏どうしたん?」

紅莉栖「……萌郁さん。今あなた、私の方が、って言いましたよね?」

萌郁「…………」コクン

紅莉栖「ふふっ……それなら、やっぱり私も岡部に膝枕しないといけませんね」

萌郁「……?」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:52:15.94 ID:cy9ABZxm0

ダル「牧瀬氏、どういうこと?」

紅莉栖「萌郁さんは私の方がって比較して言ったけど、今この時点ではそれを証明することはできない」

ダル「うんうん、続けて」

紅莉栖「つまり――私も膝枕しないとどっちが良いか、という答えは出ない!」

萌郁「……!」

紅莉栖「そう、あなたの発言を立証するためにも、私は岡部に膝枕しないといけないのだ!」

ダル「おおっ、言ってることよく分かんないけど熱意は伝わった」

紅莉栖「さあ、萌郁さん。そこをどいてもらいましょうか」

萌郁「で、でも……岡部くんはきっとこのままが良いと思う……」

紅莉栖「岡部? あら、岡部はとっくに寝てますよ。だから岡部の意志は確認できません、はい論破!」

ダル(牧瀬氏必死すぎワロタ)

岡部「んぅ……すぅ、すぅ……」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 23:57:51.66 ID:cy9ABZxm0

萌郁「……分かった。岡部くん、起きて」

岡部「……ん、なんだ……人が気持ちよく寝ていたと言うのに」

萌郁「交代、だから」

岡部「交代……?」

萌郁「また、後で」スッ

岡部「ぬわっ!? お、おい! いきなり立ち上がるな!」

紅莉栖「……岡部」

岡部「何だ助手よ、俺は今目覚めたばかりで……っておい、隣に座って何を」

紅莉栖「……膝枕、する」

岡部「はあ?」

紅莉栖「ひ、膝枕するからさっさと寝転がれ!」グイッ

岡部「だ、だから頭を引っ張るなと! ぬおっ……」ポフッ

ダル(膝枕、完成。……しかしこのオカリン、ムカつくほどのリア充である)



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:03:07.41 ID:IM/CQe630

紅莉栖「ど、どう……? 私の……膝枕は」

岡部「む、むう……悪くは、無いと思うぞ」

紅莉栖「そ、そう……あ、頭とか撫でた方がいい?」

岡部「なっ……! は、恥ずかしいことはしなくても良い!」

紅莉栖「でも、萌郁さんはしてたし……岡部、嬉しそうだった」

岡部「それは……まあ」

紅莉栖「……私もする。……こ、こうかな」ナデナデ

岡部「あ、ああ……良い、と思う」


萌郁「……うう」

ダル「桐生氏。今どんな気持ち?」

萌郁「…………」カチカチカチカチ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:10:42.24 ID:IM/CQe630

萌郁『私が最初に岡部くんに膝枕してたのに……それなのに……』

萌郁『それに岡部くん、気持ち良さそう……私じゃ駄目なのかな(; ;)』

萌郁『ううっ……ずるいずるいずるーい><もっと岡部くんのこと撫でてあげたかったのにー!』

ダル「うーん、これは新たなギャップ萌え。桐生氏、それ直接オカリンに言えばいいんじゃね?」

萌郁「…………」カチカチカチ

萌郁『恥ずかしくて言えない><』

ダル「うっわ、オカリン死ねばいいのに」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:12:51.65 ID:IM/CQe630

紅莉栖「……岡部、最近眠れてないみたいね」

岡部「ああ、熱中してしまうとつい、な」

紅莉栖「そ、それなら……もう少し私を頼ってもいいんだぞ」

岡部「フッ……その時は必ず言う。だから安心しろ」

紅莉栖「まったく……あっ、そうだ。この辺をマッサージすると、脳に良いみたいよ」

岡部「んっ、あー……極楽だ。そのまま続けろぉ……クリスティーナ」

紅莉栖「ティーナじゃないっつーの。ふふっ……」チラッ

萌郁「……?」

紅莉栖「……」ニヤッ

萌郁「……っ!」

ダル(おお、これが修羅場ってヤツか。オラ、ワクワクしてきただ!)



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:22:44.67 ID:IM/CQe630

萌郁「…………」スッ

ダル(おっ、桐生氏が動いた。……この状況をどう自分のペースに持っていくのか)

紅莉栖「な、何ですか」

萌郁「そろそろ、時間」

紅莉栖「へっ? 時間……?」

萌郁「そう。私が岡部くんに膝枕した時間は、これ位だった」

紅莉栖「そ、そうですか……でも、岡部はもう寝ちゃってますよ」

岡部「……すぅ、すぅ……」

ダル「寝るの早すぎだろ常考」

萌郁「それなら、今度は私の番」

紅莉栖「えっ? それって、つまり……」

萌郁「交代で岡部くんの膝枕をする。問題、無いはず」

ダル(膝枕のシフト制……どういうことだってばよ)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:31:19.25 ID:IM/CQe630

紅莉栖「こ、交代……」

萌郁「二人とも、岡部くんに膝枕してあげたい。……だから、交代制にする」

紅莉栖「でも……良いんですか? その……」

ダル「ん? 牧瀬氏、どうしたん?」

紅莉栖「正直に言うと、萌郁さんの膝枕の方が……岡部は気持ち良かったと思うんです」

ダル「へえ、そんなの分かるもんなの?」

紅莉栖「萌郁さんの時の方が……岡部の呼吸や心拍数が安定していました」

ダル「そんなとこまで見てるとは……さすが牧瀬氏」

紅莉栖「だから、最初に萌郁さんが言ってたのは正しかったんです。……私の負けです」

萌郁「……それは、違うと思う」

紅莉栖「えっ……?」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:42:06.36 ID:IM/CQe630

萌郁「……今の岡部くん、とても安心した顔をしてる。私の時よりも、ずっと」

ダル「そうなん? 僕にはさっぱり分かんないけど」

萌郁「岡部くんは、あなたを信頼しているから……だと思う」

紅莉栖「岡部が……私を」

萌郁「……だから私じゃない方が、岡部くんにとっていいかもしれない」

萌郁「でも、私も岡部くんに膝枕してあげたい。……だから、交代制」

紅莉栖「むう……分かりました。その提案、乗りましょう」

ダル「あれ、牧瀬氏それでいいん? オカリンを独り占めしたいーとか思ってたのかと」

紅莉栖「そ、そんなことは……い、今は我慢しておく!」

ダル「そんなこと言いながら、隙を見てオカリンとちゅっちゅするんでしょ?」

紅莉栖「し、しない! HENTAI発言禁止!」

ダル「へいへい。あっ、オカリン起きたみたい」

岡部「むぅ……騒がしいな、まったく……ふわぁ」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:49:43.24 ID:IM/CQe630

岡部「人が気持ちよく寝ていたと言うのに……まったく、少しはこの鳳凰院凶真に対してだな」

ダル「おはようオカリン。早速だけど一発殴ってもおk?」

岡部「な、何だ急に! ……ん? 助手と指圧師は何をしているのだ」


紅莉栖「……そうですね、一日交代というのが現実的かと」

萌郁「……分かった。どうしても一日、会えない時は?」

紅莉栖「お互いに相談、ということで。……後、他の子には知られないよう、くれぐれも内密に」

萌郁「…………」コクン


岡部「ダルよ、二人は何の話をしているのか分かるか?」

ダル「ああ、人間の三大欲求の一つ、もしくは二つに関する重大な取り決めだお」

岡部「……?」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 00:54:24.43 ID:IM/CQe630

紅莉栖「という訳で、今日は私に決まったから。明日はちょっと忙しいし……」

岡部「何のことかさっぱり分からんが……まあいい」

萌郁「ところで……岡部くん、明日は暇?」

岡部「うん? 明日か……この鳳凰院凶真に、暇などは無いッ!」

ダル「人生の夏休みとか言われてる大学生の夏休み、つまりは超ヒマってことで」

岡部「だ、ダル! ……まあ、時間はあると言っておこう」

萌郁「岡部くん」カチカチカチカチ

岡部「ん? メールか……なになに――っ!?」

ダル「なになに? ……ほう」

紅莉栖「えっ? どうしたのよ……って!?」

萌郁『岡部くん、明日一緒に遊びにいこう☆だめかな><』



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 01:00:47.30 ID:IM/CQe630

紅莉栖「も、萌郁さん! これはどういうこと!?」

ダル「なるほど……確かに、膝枕は交代だと言った。言ったが、デートに関する取り決めはしていない……」

紅莉栖「なあっ!? ひ、卑怯よ! それなら私だって!」

ダル「牧瀬氏、明日忙しいって自分で言ったじゃん」

紅莉栖「ぐぬぬ……で、でも」


萌郁「……岡部くん、どう?」

岡部「む、むう……まあ、ラボメンのとの親睦を深めるのも悪くは無いか」

萌郁「……ありがとう、えいっ」ギュム

岡部「なっ……! 何をするのだ指圧師よ!?」

萌郁「明日は、こうしたい」


紅莉栖「は、はしだぁ……胸がぁ、どたぷんが、岡部の腕にぃ……」

ダル「牧瀬氏、涙拭けよ」


オワリン



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 01:08:21.23 ID:bhxViprB0

萌郁さん萌え萌え!




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/13(日) 01:13:03.81 ID:nuWLqLMW0

GJ!
もえかさんはかわいい



元スレ
岡部「付き合うならやはり年上だな」紅莉栖「!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336829689/