1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:26:33.56 ID:ME5mQkVIO

アスカ「はぁ?なによいきなり」

シンジ「あ、あの、変な意味じゃなくてさ。ほら、女の子がそういう格好っていうのも」

アスカ「なによそれ。まあ確かに、誰かさんがいっつもスケベな目で見てきて困るけど」

シンジ「み、見てないよ!」

アスカ「べっつにアンタなんて言ってないじゃない」

シンジ「くっ」

アスカ「ふん。それにしても暑いわね~日本は。嫌になるわ」パタパタ

シンジ「っ!?」

アスカ「はーあ暑い暑い」チラチラ

シンジ「うくっ・・・・・・」

アスカ「暑いわー」チラチラ

アスカ「・・・なに黙ってんのよ」

シンジ「・・・・・・っはぁ!・・・うっぐぇっほ!えっほ!げひぃぃ!えふぅっ!ごひゃっぶ!」ゲホゲホ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:33:48.59 ID:ME5mQkVIO

アスカ「どうしたの?」

シンジ「い、いやグフッ。なんでもないよ」

アスカ「どうせいやらしいことでも考えてたんでしょ」

シンジ「そ、そんなことないって!!」

アスカ「嘘!さっきからわたしの胸見てる癖に」パタパタ

シンジ「っ!!げほっごほっ!うぐっ」

アスカ「ごまかしてんじゃないわよ!」グイグイ

シンジ「ちょっ!ごふぅ!うぐ・・・うわああああああああ!!」ドタドタ

アスカ「・・・?」



シンジ「ってことが昨日あったんだよ」

レイ「そう」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:39:09.04 ID:ME5mQkVIO

シンジ「そう・・・じゃなくて、なんか言うことあるだろ!」

レイ「なにが?碇君がなにを言ってるか分らないわ」

シンジ「嘘つくなよ!綾波だってアスカと一緒に着替えたりしてるだろ!」

レイ「それがどうしたの?」

シンジ「それで、ほら!言わなくたって分るだろ?もう限界なんだよ!」

レイ「わたし、もう帰るから」

シンジ「待ってよ綾波!」グイッ

レイ「・・・痛い」

シンジ「あ、ごめん・・・でも、今の痛みがわかるなら僕が言いたいことだって分るだろ?」

レイ「わからないわ。それじゃ」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:47:11.67 ID:ME5mQkVIO

シンジ「そうだ!前に料理を教えてほしいって言ってたでしょ?今日、教えるからさ、うちに来てよ」

レイ「・・・また今度誘って」

シンジ「どうしてさ、今から家に帰るところなんでしょ?だったらおいでよ」

レイ「赤城博士に呼ばれていたのを思い出したの。今日はいけないわ」

シンジ「・・・」ピッピッピ

シンジ「あ、リツコさん。僕です・・・はい。それで、今日綾波となにか・・・そうですか・・・・・・はい・・・・・・そ、そんなんじゃないですよ。それじゃ」ピッ

シンジ「あれ?おかしいな、リツコさんは今日綾波に用事はないってさ」

レイ「・・・赤城博士との約束は明日だった。今日は友達と約束が」

シンジ「嘘だろ!!綾波に友達なんて一人もいないじゃないか!!」

レイ「・・・・・・」

シンジ「あ・・・・・・」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 21:51:58.82 ID:ME5mQkVIO

シンジ「ご、ごめん・・・」

レイ「いいの。ほんとのことだから」

シンジ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」

シンジ「あの・・・で、でも。僕は」

レイ「・・・」

シンジ「僕は・・・僕は綾波の友達だから!」

レイ「・・・ありがとう」

シンジ「へへ・・・そうだ!お詫びに今日僕の手料理をごちそ「それはいらないわ」

シンジ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:01:58.07 ID:ME5mQkVIO

シンジ「・・・僕は綾波と一緒に料理がしたいだけなのに、どうしてそこまで拒否するんだよ!」

レイ「・・・・・・」

シンジ「それに、綾波にひどいことを言ったから・・・友達として食事に誘ったのに・・・どうして・・・」グスッ

レイ「・・・」

シンジ「うっ・・・グスッ・・・」

レイ「・・・・・・」

シンジ「もう今日は帰るよ。ごめんね綾波・・・っ・・・」

レイ「・・・待って」

シンジ「・・・うっ・・・ひっく・・・」トボトボ

レイ「待って碇くん」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:15:46.57 ID:ME5mQkVIO

レイ「ごめんなさい」

シンジ「・・・・・・」

レイ「わたしは碇くんのことを疑っていたの。友達って言ってくれたのに」

シンジ「いいんだ、僕は疑われるような人間だから・・・」

レイ「それは違う。碇くんはいつも優しくしてくれる、わたしの・・・友達」

シンジ「綾波・・・」

レイ「だから、碇くんに料理を教えてほしい。いい?」

シンジ「綾波・・・もちろんだよ!」

レイ「ありがとう・・・・・・」

シンジ「・・・へへっ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:26:26.46 ID:ME5mQkVIO

シンジ宅


シンジ「よし、料理もあらかた出来たね」

レイ「そうね」

シンジ「それじゃ並べ『ガチャ』

アスカ「ただい・・・なんで優等生がいるのよ」

シンジ「おかえりアスカ・・・今日は綾波も一緒に夕食を食べようと思って」

アスカ「・・・ふんっ。おなか空いたから早くしてよね」

シンジ「うん、今並べるから」


アスカ「なんで優等生が隣なのよ」

レイ「っ・・・・・・ごふっ・・・」プルプル

シンジ「ほら、僕はしょっちゅう席立つでしょ?それに僕が作ったもの食べてくれてるところが見たいんだ・・・なんて」

アスカ「バカじゃない・・・まあいいわ。いただきまーす」

レイ「っ・・・ぇっ・・・ぐぶっ・・・」プルプル





42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:35:55.48 ID:ME5mQkVIO

シンジ「美味しい?アスカ」

アスカ「不味くはないわね。ちょっと醤油取って」

シンジ「はいっ」

アスカ「ありがと」スッ

レイ「うぐえっ!ぐふっ!ごほごほぇっ!!」

アスカ「ど、どうしたのよいきなり」

レイ「ごぼぶえっぇ!!ち、近づか「なにか喉に詰まったのかもしれない!アスカ!水を渡してあげて!」

アスカ「う、うん。ほら!」スッ

レイ「うぐっ・・・だ、だいじょ「ダメだよアスカ!無理にでも飲ませないと!」

アスカ「わ、わかったわ!」グイッ

レイ「ごほっ!んごっごぼごほ!ごぼおえええええええええ!!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 22:53:50.14 ID:ME5mQkVIO

アスカ「きゃっ!ど、どうしようシンジ!!」

シンジ「た、大変だ・・・!僕は救急車呼んでくるから!アスカは綾波を頼むよ!」

アスカ「ど、どうすればいいの!?」

シンジ「吐いたものが気管に詰まるといけないから、アスカは綾波の首を抱きかかえて気道を確保してて!」

レイ「っ!?ごふっげぼうぇ!ま「わかった!」ギュウ

レイ「!?」バタバタバタバタ

アスカ「あ、暴れちゃダメよ!」ギュウ

レイ「むぐぇ!!んんーーー!!!んむっ!!!」バタバタバタ

レイ「むぅごほっ!!」バタバタ

レイ「ごふっ・・・・・・・・・」バタ



シンジ「今救急車呼んだか・・・!?」

レイ「‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐」

シンジ「はやなみっ!?はやなみぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:05:16.49 ID:ME5mQkVIO

病室


シンジ「綾波の様子はどうですか?」

リツコ「大丈夫。もうすぐ元気になると思うわ」

シンジ「良かった・・・どうしてこんなことに・・・っ・・・僕が・・・僕がいけないんだ」

リツコ「そんなことはないわ。シンジくんが救急車を呼ぶのがあと少し遅かったら、大変なことになっていたかもしれないもの」

シンジ「ぐすっ・・・リツコさん・・・」



シンジ(綾波・・・・・・もし綾波が最初に僕をねぎらう言葉をかけてくれれば・・・こんなことにはならなかったんだ・・・)

シンジ(綾波が悪いんだ・・・綾波が)

シンジ(ふふ・・・ふははははははは!!)



続く



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:12:09.83 ID:ME5mQkVIO

セカンドインパクト後の日本は常に真夏の暑さに晒されていた

その中で起きた悲劇。不敵に笑うシンジ。

アスカを中心に物語りは回っていく。

次回





被害者

来週もーサービスサービス!



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:07:24.92 ID:tiulPh+20

自分がワキガか心配になるスレ



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/01(木) 23:17:47.88 ID:ijXZeIplO

ワキガ対策ってないの?
まじこわいまじこわい



元スレ
シンジ「あ、アスカ。タンクトップ着るのやめない?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277987193/