沙織「京介殿ー遊びにきたでござるよー」

京介「え、聞いてないんだけど」

沙織「お邪魔するでござる」

スタスタ

京介「お、おい」

沙織「一緒にプラモを作るでござるよ」

京介「はぁ?なんで?」

沙織「ほらっ、塗装はこのカラーを塗るでござる」

スッ

ベチャ

沙織「おっと、こぼしてしまった出ござるwwwこれはお風呂に入らないと駄目でござるね」

京介「お前……桐乃から何か聞いた?」

沙織「京介殿がお風呂でハーレムを作っていると聞きましてな、こうして来たでござる。ぬふふ♪」

京介「あ、あいつなんでしゃべってんだああああああ!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 06:36:17.70 ID:+O6PPd3+0

京介「しかし、ハーレムってのは誤解だ」

沙織「そうでござるか?きりりん氏も黒猫氏も熱に浮かされた様子で話しておられたぞ?」

京介「げっ」

沙織「あれはハーレムというよりは性奴……」

京介「待った!俺が悪かった」

ズサーッ

沙織「なんと見事なジャンピング土下座……なかなかやるでござるな」

京介「あんなつもりはなかったんだ。それを怒りにきたんだろ?」

沙織「ちょっと違うでござる」

京介「へ?」

沙織「拙者のサークルオタクっ娘集まれでハーレムを作ろうとしてござったな?」

京介「いや、だから誤解……」

沙織「なんで拙者だけのけ者でござるかー!」

バンッ

京介「そ、そこぉ!?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 06:40:35.92 ID:+O6PPd3+0

沙織「きりりん氏と黒猫氏、京介殿と拙者は一緒に仲をはぐくんだ仲間ではござらぬか!」

京介「ま、まぁ……」

沙織「二人にあんなことしておいて拙者だけのけ者とはずるいでござる」

京介「そ、そう?」

沙織「だから拙者ともお風呂に入るでござる」

京介「で、でもお前じゃなぁ」

沙織「なんです?」

京介「でかいし、グルグル眼鏡だし、チェックのオタク服だし……友達としてはいいけど……」

沙織「なんですと!これでも脱ぐとすごいんですぞ」

京介「でもなぁ……」

沙織「も、もうお風呂にいくでござる」

グイッ

京介「お、おい」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 06:44:12.03 ID:+O6PPd3+0

京介「で、脱衣所まで来てなんで脱がないの?」

沙織「///」

京介「?」

沙織「そっちを向いててくだされ……」

京介「なに?ここまで連れてきて恥ずかしがってんの?」

沙織「あはは……実はここに来る前からドキドキして倒れそうだったでござる」

京介「え?」

沙織「男の人に裸を見られたことなどありませんでしたので……」

京介「な、なんか話し方変わってるぞ」

沙織「ぬ、脱ぐでござるよ!」

ヌギヌギ



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 06:51:35.60 ID:+O6PPd3+0

京介「お、おお……」

ジロジロ

沙織「そんなに見ないで欲しいでござる……」

京介「下着は普通なんだな」

沙織「どんな下着だと思ってたでござるか」

京介「いや、まぁちょうちんブルマー的なものを……」

沙織「どこの昭和でござるか!」

京介「でもでかいだけあってモデルみたいな体系してるな……」

沙織「は、はずかしいでござる……」

ヌギヌギ

京介「お、おお……すげぇ、これが沙織の裸」

沙織「見られてしまいましたわ……わたくしこれからどうなってしまうんでしょう……」

京介「ん?」

沙織「な、なんでもないでござる」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 07:05:34.47 ID:+O6PPd3+0

沙織「拙者の裸ばっか見てないで京介殿も脱いでくれませぬか!」

京介「わ、わりっ」

グッ

沙織「待つでござる」

京介「な、なに?」

沙織「拙者が脱がしてあげるでござる」

京介「いいよ、一人で脱げるし」

沙織「任せるでござる。きりりん氏たちのように奉仕するでござるから」

京介「あいつらここまでしてなかったけどな……」

沙織「ベルトをはずして……んっ…あれ?ズボンが下がらないでござる」

京介「あっ……」

沙織「何かが引っかかって……」

グイグイッ

京介「ちょっ、そんなしたら折れる」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 07:13:03.14 ID:+O6PPd3+0

沙織「なんで脱げないんでござるか……?あっ!」

ポロンッ

京介「こ、これはだな……

ビクンビクンッ

沙織「きゃあああああああああ!」

京介「な、なに悲鳴上げてるんだよ」

沙織「初めて見てしまいましたわ!す、すごいですわ!」

京介「また口調変わってるぞ」

沙織「あっ……京介殿……拙者じゃ友達としてしか見れないのではござらんでしたか?」

京介「いや、これは、その……」

沙織「どうしました?」

京介「沙織に興奮しました、はい」

沙織「ぬふふー///」

京介「口を『ω』な風にして喜んでんじゃねーよ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 07:30:21.65 ID:f2/9gYjV0

沙織「拙者を見て興奮したのでござるな?」

京介「ああ」

沙織「拙者を女の子としてみたんでござるな?」

京介「そ、そうだよ」

沙織「拙者には、発情したんですな」

京介「ああ、そうですよ!」

沙織「わ、わたくしのこと好きになってしまいましたのね?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 07:34:46.47 ID:f2/9gYjV0

京介「なななな何きいてんだよ、どさくさに紛れて」

沙織「ぬふふー♪引っ掛かりませんでしたか。残念でござる」

京介「も、もう脱いだからいくぞ」

沙織「待つでござる」

プニュ

京介「う、腕組むなよ」

沙織「当ててんのよ......でござるよ」

京介「やわらけぇ......」

沙織「さあお風呂へ入るでござる」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 07:50:57.79 ID:f2/9gYjV0

チャプチャプ

沙織「いいお湯でござる」

京介「だな」

沙織「......」

ドキドキ

京介「......」

京介「なぁ......」

沙織「な、なんでござるか!?」

京介「大丈夫か?心臓の鼓動すげぇぞ」

沙織「あはは......は。ばれてしまいましたか。もう破裂しそうでござる///」

京介「あと風呂のなかでまで何で眼鏡......」

沙織「だって顔を見られたら......じゃなく、これはポリシーでござる」

京介「でも曇るだろ?」

沙織「防水加工はしてあるでござる。ビームも出るでござるよ」

京介「ねーよ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 07:55:03.67 ID:f2/9gYjV0

沙織「......」

京介「......」

チャプチャプ

沙織「そういえば黒猫氏から聖水を受杯したそうでござるな......」

京介「ぶっ!な、なに人に話てんだあいつ」

沙織「美味しかったでござるか?」

京介「まぁ......興奮した」

沙織「わ、わたくしのはいかがですか?///」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 08:01:59.87 ID:f2/9gYjV0

京介「いや、それはいいわ」

沙織「あれ?のってきませんわね」

京介「また口調が......」

沙織「あっ」

京介「ああいうのはやっぱつるつるで小さい子から飲むからいいんじゃないか」

沙織「なっ......」

京介「お前でかいからなぁ......」

沙織「これでも黒猫氏より年下なんですが......」

京介「そ、そういえばそうだったな」

沙織「ふふふ、しかしさすが京介殿。ポリシーを持っていらっしゃる。変態紳士とはまさに京介殿のことでござる」

京介「そ、それ喜んでいいのか?」

沙織「ええ、もちろん♪」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 08:05:26.19 ID:f2/9gYjV0

京介「......」

沙織「......」

チャプチャプ

京介「なぁ、おっぱいもんでいい?」

沙織「ぶっ!」

沙織「なななな、何を突然」

京介「いや、おっきいなぁって......」

沙織「さすがの拙者もそんな直球でこられたらびっくりするでござる」

京介「すまん。で、いいか?」

沙織「や、優しくしてくれますか?///」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 08:21:32.82 ID:f2/9gYjV0

京介「ああ......」

チャプチャプ

沙織「じゃあ......はい///」

スッ

京介「もうちょっと両手あげて」

沙織「こ、こうでござるか?」

グッ

京介「おお......腋綺麗だな......」

沙織「これでも女の子ですから......///」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 08:28:57.20 ID:f2/9gYjV0

京介「じゃあ......揉むぞ」

ムニュ

沙織「んっ......両手ででござるか?///」

京介「そりゃそうだろ。おお、この重量感......」

モニュモニュ

沙織「んっあっ......手つきがいやらしいでござるよ///」

京介「そりゃいやらしいことしてるんだから......」

モミモミ

沙織「あっ......!!」

沙織「わ、わたくし何てはしたない声を......」




62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 10:44:58.09 ID:f2/9gYjV0

京介「お前もそんなエロい声出せるのな」

モニュモニュ

沙織「あっ......あっ......」

京介「すげぇ......やわけぇ......」

モミモミ

沙織「揉みすぎでござるよ」

京介「んっ」

チュパ

沙織「な、なめていいなんて言ってないでござるよ///」

京介「すげぇうめぇ」

沙織「何をいってるでござるか///」

京介「腋も......」

ペロペロ

沙織「く、くすぐったい......腋ペロとはやっぱりマニアックでござるな。あっ、あんっ///」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 12:44:25.19 ID:f2/9gYjV0

レロレロ

京介「んっんっ......」

沙織「あっ......」

ペロペロ

京介「腕を頭の後ろに組んでるその格好すげぇエロい......」

沙織「恥ずかしいでござる......///」

京介「な、なぁ......」

キリッ

沙織「そんな急に真顔でどうしたでござる?///」

モミモミ

沙織「手は動いてるでござるね......あっ///」

京介「俺、お前の全身なめてみたいんだけど!」

キリッ

モミモミ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:05:35.28 ID:f2/9gYjV0

沙織「なななななな、何をおっしゃってますの?」

京介「また口調変わってるぞ」

モニュモニュ

沙織「何をいってるんでござるか」

京介「いやぁ、沙織ってスタイルいいし体すげぇ綺麗だし全身舐めたいと......」

ペロペロ

京介「腋もこんな綺麗だし」

沙織「あっ、あんっ......本気でござるか?」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:09:38.28 ID:f2/9gYjV0

京介「ああ、沙織頼む」

キリッ

沙織「仕方ないでござるね......京介殿にそんなに頼まれては......///」

京介「いいの?」

モニュモニュ

沙織「わ、わかったでござる」

京介「じゃあ湯船の外で仰向けになってくれるか?」

ザパァ

沙織「は、はい......///」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:14:29.94 ID:f2/9gYjV0

ペタン

京介「今更胸とかあそこ隠しても仕方ないだろ」

沙織「恥ずかしいでござる......///」

京介「手は頭の後ろで......脚はM字に開いて......」

沙織「そ、それじゃあ丸見えでござる......///」

京介「だめ?」

沙織「///」

クパァ



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:28:28.87 ID:f2/9gYjV0

京介「すげぇ......エロい......」

沙織「あまり見られると......その......///」

モジモジ

京介「じゃあ足の指から......」

ペロペロ

沙織「ちょっと......そんなところ汚いでござる」

京介「いや、綺麗だぜ?んっんっ」

レロレロ

沙織「///」

京介「指の間も......」

ペロペロ

沙織「くすぐったい......」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:33:48.09 ID:f2/9gYjV0

京介「ふくらはぎツルツルだな......んっ」

レロレロ

沙織「///」

京介「太ももも......」

ペロン

沙織「あっ......///」

京介「それから......」

沙織「ちょ、ちょっとどこに顔を突っ込んでいるでござるか」

京介「股の間。なぁちょっとお尻持ち上げてくれないか?」

沙織「いやぁ......///」

クイッ

京介「そう言って言う通りにしてくれるのな」

ペチャペチャ

沙織「!?」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 13:47:07.00 ID:f2/9gYjV0

沙織「そ、そこはお尻の穴ですわ///やめてください......」

ペロペロ

京介「んっんっ......」

沙織「い、いやぁ、汚いですわ」

ペロペロ

京介「汚くなんてねぇよ。沙織の全身なめるっていっただろ」

沙織「いや、いやですわ......あっあー......」

ヌルヌル

京介「感じてるのか?顔にねばついたのが......」

ピチャピチャ

沙織「いやぁ///」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:23:13.02 ID:f2/9gYjV0

ペチャペチャ

京介「すげぇ......俺女の子のお尻舐めてる......」

沙織「いやぁ......ですわ......うっ......うえっ......ぐすっ」

京介「お、おい。泣くなよ」

沙織「お尻はいやぁ......」

京介「悪かったよ......もうしない」

沙織「ほ、本当ですの?」

京介「ああ。っていうかお前キャラ崩壊しすぎだぞ」

沙織「あうっ......」

沙織「み、認めたくないものだな、若さゆえの過ちというものは......」

京介「じゃあ、違うところならいいだろ。おへそを......」

ペチャペチャ

沙織「あっ、あんっ......」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 16:26:44.62 ID:f2/9gYjV0

京介「そこからおっぱいに向かって......んー」

レルゥ

沙織「ああっ......ほ、本当に全身なめられてしまうでござる......」

京介「ほんと沙織っておっぱいの形いいな......」

チューチュー

沙織「す、吸わないでほしいでござる......あっー」

レロレロ

京介「沙織はいいお母さんになりそうだな......」

沙織「///」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:43:15.88 ID:f2/9gYjV0

沙織「拙者をお母さんにする気でござるか?///」

京介「ば、ばか///」

チュパパ

沙織「あっ......あーーーっ......」

京介「次は首筋とうなじに......」

ペロロ

沙織「あっはぁ......んっ」

京介「うっわ色っぽい......」

ペロペロ

沙織「京介殿ぉ......」

京介「それから......眼鏡が邪魔だな......」

スッ

沙織「あ......それは......」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:47:57.61 ID:f2/9gYjV0

沙織「京介さん!」

ンチュー

京介「んぅー!」

チュッチュッ

沙織「京介さん......京介さん......」

京介「ど、どうしたんだ。眼鏡とったとたん......んぅー」

沙織「んーっんっんっ......」

チュッレロレロ

京介「んあっ、し、舌が......」

沙織「んーっ」

京介「ちょ、ちょっと待てって」

グイ

沙織「あんっ」

チュポン



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:51:16.18 ID:f2/9gYjV0

京介「お、おまっ......その顔......」

沙織「み、見ないで......」

京介「お前そんな美人だったんだな」

沙織「そ、そんなことありませんわ」

京介「体もモデル並だし......///やべっ」

沙織「も、もう知りません!」

ギュッ

京介「おわっ」

沙織「んーっ」

チュッチュッ

京介「や、やばいってそんな体で抱きつかれたら......んぅ」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 17:56:42.94 ID:f2/9gYjV0

沙織「んっんっ......」

レロレロ

京介「体おっきいのにやわらけぇ......」

沙織「わたくし全身みんななめられてしまいましたわ///」

京介「ごちそうさまです///」

沙織「それにお尻の穴まで///」

京介「わ、悪かったよ。ってお前それが素なのか......」

沙織「忘れてください......んっ」

チュッ



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:16:00.99 ID:f2/9gYjV0

沙織「わ、わたくしもう......はぁはぁ」

プニプニ

京介「お、おう......」

沙織「お腹に硬いものが当たってますわ」

京介「さ、沙織......なんか俺ドキドキしてきた」

沙織「わたくしもですわ......///京介さんの鼓動感じます......」

京介「さ、沙織......」

沙織「い、いいですわ。京介さんならわたくし......」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:24:50.32 ID:f2/9gYjV0

京介「じゃ、じゃあそのM字のまま足を手で持ち上げて......」

沙織「そ、そんなはしたない......」

クイッ

京介「でもやってくれるのな」

沙織「京介さん......は、はやく......はぁはぁ」

ビクビク

京介「濡れ濡れだな......」

沙織「///」

京介「入れるよ......」

クチュ

沙織「わたくし始めてですから......その......」

京介「ああ......優しくする......」

ズヌヌ



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:31:21.13 ID:+O6PPd3+0

京介「じゃ、じゃあそのM字のまま足を手で持ち上げて......」

沙織「そ、そんなはしたない......」

クイッ

京介「でもやってくれるのな」

沙織「京介さん......は、はやく......はぁはぁ」

ビクビク

京介「濡れ濡れだな......」

沙織「///」

京介「入れるよ......」

クチュ

沙織「わたくし初めてですから......その......」

京介「ああ......優しくする......」

ズヌヌ



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:36:43.43 ID:+O6PPd3+0

沙織「あっ……いっ……」

ズルルッ

京介「大丈夫か?沙織?」

沙織「は、はい……き、キスしてください……京介さん///」

ズチュズチュッ

京介「お、おう」

チュッ

沙織「んっ///」

京介「おわっ、し、締め付けが……」

京介「あっあっ……」

ドピュドピュッ



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:36:59.49 ID:+O6PPd3+0

沙織「んーっ!」

京介「あふぅ」

ドピューピュー

沙織「で、出てる……中に……も、もう出してしまったんですか……」

京介「面目ない……」

ドピュピュッ

沙織「あんっ、それに中に出すなんて……わたくしを本当にお母さんにする気ですか?///」

モジモジ

京介「うっ……」

沙織「あっ……んっ……これでおしまいですか?」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 18:40:57.17 ID:+O6PPd3+0

京介「しかたねーだろ、ずっと我慢してたんだから……」

沙織「ずっと……?」

京介「お前の体舐めてる時からもう興奮しっぱなしだったよ!」

モミモミ

沙織「あんっ、言いながらおっぱい揉まないでください///」

京介「これでおしまいだと!?んなわけあるかぁー!」

グイッ

沙織「あっ……か、硬いままですわ……」

京介「当たり前だ!俺のお前に対する劣情がこれくらいで治まるわけないだろ!」

ズヌヌッ

沙織「あっ……んっー」

京介「この貯まりに貯まった気持ち全部出し切ってやるからな」

沙織「はいっ……はいぃ……」

ズチュズチュッ



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:04:31.43 ID:+O6PPd3+0

京介「うわっ、中に出したのがヌルヌルで……」

ズチュチュッ

沙織「あっ……恥ずかしい……」

キュッ

京介「そ、そんな締めたら……」

ビクンビクンッ

沙織「すごいですわ……これがエッチ……///」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:04:47.29 ID:+O6PPd3+0

ギュッ

京介「や、やばいから……足絡めて抱きつくな、おぅ……」

ズヌヌヌッ

沙織「お、奥まで……来ちゃってます///」

京介「だな……」

ズヌッ

沙織「あーーーーーーーーーーっ!」

ビククッ

京介「こ、ここがいいのか?」

グリグリッ



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:14:24.94 ID:+O6PPd3+0

沙織「あっあっ……んーーーっ!はぁはぁ」

ビクビクビクッ

京介「いいみたいだな」

クリュクリュッ

沙織「あーーーーっ!あはぁ……」

京介「なんてエロい顔してるんだよ……美人が台無しだぞ……」

グリグリグリッ

沙織「あっ……言わないで///あーーーーーっあーーーーーっ」

ビクビクビクッ



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:14:39.82 ID:+O6PPd3+0

京介「それに乳首もこんなに勃起しちまって……」

ムギュッ

沙織「つままないでぇ……あっ……んーっ」

キュキュッ

京介「お、俺ももう限界かも……」

ビキキッ

沙織「お、おっきくなって……あんっ」



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:31:22.59 ID:+O6PPd3+0

沙織「こ、このまま中に出しますの?///」

ズチュズチュッ

京介「え……」

沙織「だから……その…///」

京介「え、えっと……///」

ズヌヌッ

沙織「あんっ……今日は危ないんですの……」

京介「も、もう出しちまったな……一回……」

沙織「わたくしと……その……赤ちゃんつくりたいですか?///」

ビクビクッ



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:42:18.13 ID:+O6PPd3+0

ブチッ

京介「あ、あったりまえだろ!ここで出さなかったら男じゃねぇ!」

ズッズッ

沙織「あんっ///」

京介「な、中に出すからな」

沙織「京介さん……///」

ビクビクッ

京介「で、出るぞ」

沙織「あっ……はいぃいい」

キュウウッ



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:43:09.33 ID:+O6PPd3+0

桐乃「ただいまー!」

黒猫「お邪魔するわ」

桐乃「あれ?誰もいない?あ、お風呂?」

桐乃「またあいつこんな早くからお風呂はいって……」

黒猫「お風呂///」

桐乃「あんた何赤くなってんのよ///」

黒猫「あなたこそ」

桐乃「よ、よぉし、昨日の続き……しちゃおっか///」

黒猫「う、うん///」



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 19:45:42.36 ID:+O6PPd3+0

ガララッ

桐乃「ね、ねぇ昨日の続き……って」

ドピューピュー

沙織「で、出てます……あっあっ……あーーーーーっ!」

ビクンビクンッ

京介「ふーっ!ふーっ!」

ビュクビュクッ

桐乃「兄貴が知らない美女に抱きつかれて中出ししてる……」

黒猫「待ってて、台所から包丁をもってくるわ」

トテテテ



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:00:14.61 ID:+O6PPd3+0

桐乃「ちょっと!黒猫!」

桐乃「……」

桐乃「毎日毎日なにやってんのよ!あんたは!」

ゲシゲシッ

京介「けっ、蹴るな……まだ出してるから……」

ビュッビュッ

沙織「あーーーっ素敵です……」

ビクンビクンッ

桐乃「こいつら……」

京介「ふぅ……」

桐乃「ふぅじゃない!」

沙織「ま、まってくだされ、きりりん氏。はぁはぁ」

スチャッ



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:20:40.38 ID:+O6PPd3+0

沙織「あはは……お邪魔してるでござる。きりりん氏」

京介「うっ、まだでるっ」

ピュッ

桐乃「あんたはいい加減にしろ!」

ゲシゲシッ

沙織「ま、また硬くなってきてるのが気になるでござるが……///」

桐乃「説明してくれるのよね?」

沙織「いやぁ、拙者もきりりん氏たちの仲間に入りたくてですな、お恥ずかしい」

桐乃「そ、そういえば話したわね……」

沙織「酷いですぞ。拙者だけのけものとは」

桐乃「う~ん……」

黒猫「包丁持ってきたわよ。あれ?あのビッチは?」



193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:35:37.97 ID:+O6PPd3+0

沙織「拙者でござる///」

黒猫「沙織!?」

沙織「拙者も京介殿と仲良くなりたかったでござる……///」

桐乃「あんた……」

黒猫「し、仕方ないわね」

沙織「ではオタクっ娘集まれのオフ会ということで楽しむでござるよ」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:35:54.31 ID:+O6PPd3+0

チュッ

京介「んぅっ」

沙織「きりりん氏拙者の鞄にビデオカメラがあるから撮ってくださらぬか?」

桐乃「はぁ!?」

沙織「オフ会の記録を残しておくでござるよ///」

桐乃「何に使うのよ」

沙織「あとでみんなで見るでござる///」

黒猫「ど、同人で売れるかも……」

桐乃「何言ってんの!?」

黒猫「冗談よ」

沙織「京介殿も欲しいでござろう?」



197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:44:17.21 ID:+O6PPd3+0

京介「そりゃ欲しいけど……」

桐乃「何に使う気よ」

ゴソゴソッ

ジジィー

京介「そういいつつ、撮るのな」

ズチュズチュッ

沙織「あっ……あっ……」

黒猫「先輩の魔は私がひきうけるわ」

チュッ

京介「んぅ」

黒猫「せんぱぁい……」

チュッチュッ

桐乃「な、なんであたしだけ撮影役なの!?」



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:48:06.42 ID:+O6PPd3+0

沙織「京介殿……あっ……あああーーーっ」

ヌチュヌチュッ

黒猫「次は私に魔を解き放つのよ」

チュウー

京介「んぅー」

桐乃「あんたは……毎日毎日よくもまぁ……ほんとにハーレムでも作る気?」

京介「そ、そんなつもりねぇけど……あっ、また出そう」

沙織「出してくだされ……んーーーーっ」

キュキュッ

桐乃「こ、これ以上増やさないでよ!次誰ねらってんのよ!」

京介「誰がいい?」

桐乃「良くない!」

ゲシッ



200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 20:49:10.63 ID:UYepbKDp0

仲良くていいなぁ



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:01:11.59 ID:+sCazPI30

沙織がまた好きになった



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 21:04:20.49 ID:0BcqaGfg0

さて明日はだれかしら



元スレ
沙織「京介殿とお風呂」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1331759908/