SS速報VIP:真美「兄ちゃんが大貧民で負けてマジギレした」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466176812/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:20:12.61 ID:Pea/Kp6zo


P「うわあああああああああああああ!!」

真美「………」

P「ひぎいいいいいいぃぃぃ!!!」

亜美「………」

P「なんで!なんでぇ!!なんで俺が負けるんだよおおぉぉぉ!!」


真美「………」

亜美「………」

P「がああああああああああああ!!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466176812




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:21:50.16 ID:Pea/Kp6zo


P「はあはあ…はあ……」

真美「大人のマジギレって初めてみたけど……」

亜美「正直ドン引きだよね」

P「………」

真美「こんなの見て楽しいねって笑えないよ」

亜美「亜美も……」

P「………かいだ」

真美「え?」

P「もう一回だ!もう一回大貧民をやるぞ!!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:22:47.51 ID:Pea/Kp6zo


P「よし、配り終わったな!亜美め…その大富豪の座から引きずり降ろしてやる!」

亜美「はいはい」

P「よっしゃ!行くぞ!!」

真美「いやいやいや、まだダメっしょ」

亜美「ほい、亜美のいらないカード2枚あげるね」

P「……どうも」

真美「兄ちゃんの1、2番目に強いカード亜美に渡してね」

P「……はい」スッ

亜美「あんがと」

P「俺の……スペードとハートの2が……」

亜美「渡したカードを口に出さないでよ……」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:23:55.83 ID:Pea/Kp6zo


真美「ほい、クローバーの2これでアガリね、流すよ→」

亜美「うあうあ→真美強すぎだよ」

真美「んっふっふ~、これで次は真美が大富豪だね」

亜美「ふん、すぐに大富豪に返り咲いてみせるよ!」

真美「次も真美が勝つもんね~」

P「ふはははは!どうだ亜美!大富豪の座から引きずり降ろされた気分は!!」

亜美「いや…兄ちゃんに降ろされたわけじゃないし……」

P「ふっ負け惜しみを……しかし!これを見てもまだ生意気な台詞が吐けるかな?」

真美「おお、5のフォーカード……革命だね」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:24:40.26 ID:Pea/Kp6zo


P「亜美の手札にはまだスペードの2が残っているのは知ってるんだ!
 最強の手札が最弱に打って変わる屈辱を味わうが――」

亜美「ほい4のフォーカード、革命返しね」

P「――え?」

亜美「兄ちゃんの手札にはダイヤの3が残っているのは知っているからね」

真美「最弱の手札が最弱に戻ったね」

P「ええ?」

亜美「ほいほいほいっと」

P「パ、パスパスパス……」

亜美「はい、あがりっと」

P「………」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:25:36.81 ID:Pea/Kp6zo


真美「まさかフォーカードを温存してたなんて、やるね亜美」

亜美「出すタイミングを計っていたら、真美に先にアガられちゃったけどね」

P「………」

真美「革命は出すタイミングが難ちいからね、仕方ないね」

P「………」

亜美「ま、大貧民は回避できたし良しとするよ」

P「………」


P「うっ……」

P「うがああああああああ!!!」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:26:22.20 ID:Pea/Kp6zo


P「はあ…はあ……うぅ」

真美「兄ちゃん…負けるたびにキレるのは止めようよ」

亜美「こういうのを大人気ないっていうんだよね」

P「亜美覚えておけ……大人ってのは子供以上に負けず嫌いなんだ……」

亜美「兄ちゃんプライド高いからね」

P「うむ!特に子供に負けるのは、最大級の屈辱といっても過言じゃない!」

真美「それはわかるけどさ、せめて表面上は穏やかにしてよ」

P「穏やかに?」

P「………」


P「はいはい、ゲームに負けちゃいましたよ~真美ちゃん凄いね~
 ていうかさ、こんなゲームにマジになっちゃってどうするの?」

真美「………」イラッ




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:27:15.26 ID:Pea/Kp6zo


P「ご希望通り穏やかにキレてみたぞ」

真美「今のって、ただ煽っているだけだよね?」

亜美「亜美たちが言ってるのは、負けた時の潔さとかそういうことだよ?」

P「?」

真美「本気でわからないって顔してるね」

亜美「ダメな大人だよ」

P「さあもう一回大貧民をするぞ!」

真美「いや、もういいよ」

P「なんだと!?」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:28:17.00 ID:Pea/Kp6zo


真美「なんか疲れたし今日は帰るね」

亜美「兄ちゃんも遊んでばかりいないで仕事しなよ」

P「ま、待ってくれ!俺はまだ一度も勝ってないんだぞ!?」

真美「知んないよそんなの」

亜美「そんじゃね~」

P「ま、待て……待ってください!」

真美「兄ちゃん?」

P「チャンスを、もう一度チャンスを下さい!」

亜美「チャンスって……」

P「お願いします!」ドゲザ




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:29:37.37 ID:Pea/Kp6zo



真美「ちょっ!土下座!?」

亜美「子供相手に土下座とか、プライドはどうしたの!?」

P「俺は目的のためなら、どんな相手にでも頭を下げる!」ドゲザ

真美「変なところで潔いね」

P「どうか、もう一度!もう一度だけお願いします!!」ドゲザ

亜美「も→、わかったから頭をあげてよ」

P「よっしゃ!それじゃあ早速カードを配るぞ!」ガバッ

真美「はいはい」

亜美「なんか安い土下座だったね」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:30:04.47 ID:Pea/Kp6zo


亜美「ほい、あがり~…また2着か~」

真美「んっふっふ~今回も真美の勝ちだったね」

亜美「くぅ~負けちゃったよ…真美絶好調だね」

真美「まあね~兄ちゃんからジョーカーをもらえたのがラッキーだったよ」

P「………」

亜美「兄ちゃんは……残念だったね……」

真美「また大貧民だね……」

P「………」


P「………う」

真美「兄ちゃん?」

P「………うぅ」グス

真美亜美「!?」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:30:33.91 ID:Pea/Kp6zo


P「う……うぅ…」

真美「兄ちゃん……」

亜美「まさか泣いて……」

P「泣いてない!」

真美「いやでも……涙が」

P「これは汗だ!汗が目に入っただけだ!!」

亜美「………」

P「………」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:31:09.77 ID:Pea/Kp6zo


真美「そう…だね、ごめん見間違えたよ」

亜美「今日は暑いしね、汗くらいかくよね」

P「あぁ……」

真美「真美、暑いから冷房付けようかな~」

亜美「亜美、急に鼻をかみたくなったからティッシュもってくるね」

P「………」

真美「冷房スイッチオン!」ピッ

亜美「また鼻をかみたくなると困るから、ティッシュ箱ここに置いとくね」

P「………」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:31:59.66 ID:Pea/Kp6zo


P「……二人とも」

真美「ん?」

亜美「え?」


P「……ありがとな」

真美「兄ちゃん……」

亜美「んふふ、気にしないでよ」

P「ああ」


<ガチャ

春香「たっだいま帰りました~」

春香「って、プロデューサーさん泣いてるんですか?どうかしたんですか!?」


P「………」

真美「………」

亜美「……はるるん…空気よんでよ」

春香「え?」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:32:29.38 ID:Pea/Kp6zo


春香「はあ~大貧民をしてたんだ」

真美「まあね」

春香「プロデューサーさんは、それで大負けしてマジギレして泣いちゃったと」

P「くっ」

亜美「はるるん容赦ないね……」

春香「ん~」

春香「ねえ真美、次は私も入れてもらっていいかな?」

真美「別にいいけど、そろそろ電車の時間でしょ?家に帰らなくていいの?」

春香「ありがと1回くらいなら大丈夫だよ、早速始めようか」

亜美「それじゃカード配るね」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:33:12.32 ID:Pea/Kp6zo


P「これで……あがりだ」

春香「えへへ~負けちゃいました」

真美「兄ちゃんが勝った?」

亜美「まあ3着だけどね」

P「ふふ……」

P「やったーー!!勝ったぞーーーー!!」

真美「この喜びようだよ……」

亜美「3着なのにね……」

P「あはははは!ひゃっほーーーい!!」

春香「プロデューサーさん、おめでとうございます」


P「ははははは……うわあああああああああああああ!!!!」

春香「プロデューサーさん!?」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:33:55.94 ID:Pea/Kp6zo


P「はあ…はあ……」

真美「またキレたよ」

亜美「やっぱり3着なのが気に入らなかったのかな?」

P「3着3着うるさい!」


P「春香……」

春香「は、はい」

P「お前……ワザと負けたろ?」

春香「え、え~と……ソンナコトナイデスヨ」

P「嘘つけ!本気かどうかなんて俺にはわかるんだ!お前たちのプロデューサーだからな!」

春香「す、すみません」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:34:30.71 ID:Pea/Kp6zo


P「真美と亜美は決して手を抜かなかった…だから負けた時は悔しいが、どこか清々しかった」

真美「マジギレしたけどね」

P「だがお前は俺に勝たせようと手を抜いた、そんなので勝っても
 嬉しくもなんともない……ただ、虚しいだけだ」

亜美「どっちにせよマジギレしたけどね」

P「ゲームでもなんでも本気でやるから楽しいんだ、わかるか?」

春香「はい……」

真美「兄ちゃんは本気すぎるんじゃないかな?」

亜美「そこまで本気を出すと疲れない?」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:35:03.24 ID:Pea/Kp6zo


春香「すみませんでした……」

P「いや、いいんだ…俺に花を持たせようとした、その気持ちは素直に嬉しいと思う」

春香「プロデューサーさん……」

P「ありがとな、春香」

春香「はい……」

P「さ、もう一回やろうか」

春香「え?」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:35:43.78 ID:Pea/Kp6zo


春香「あ、あの~私そろそろ電車の時間で……」

P「さあ春香カードを配ってくれ!」

春香「帰りたいんですけど……聞いてます?」

P「真美め!次こそは、その大富豪の座から引きずり降ろしてやる!」

春香「聞いてませんね、全然聞いてくれてませんね」

真美「はるるん……」

亜美「終電までに帰れるといいね……」

春香「ええ!?」


P「よっしゃ!行くぞー!!」





23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:36:25.34 ID:Pea/Kp6zo


次の日


<ガチャ

春香「おはよ~ございます……」

真美「おはよーはるるん」

春香「真美おはよ~……」

真美「あ~眠たそうだね」

春香「昨日は終電まで粘られたからね……」

真美「はるるんの家って遠いから大変だね」

春香「うん……ところでさ」


P「………」

亜美「………」


春香「あの二人は、なにをやっているの?」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:37:30.72 ID:Pea/Kp6zo


春香「トランプを裏返しに並べて……神経衰弱?」

真美「うん」

春香「大貧民は止めたんだ……」

真美「なんか兄ちゃんがさ、2対1じゃ分が悪いから
   1対1で勝負できるものがいい、とか言い出してね」

春香「それで神経衰弱?」

真美「別に真美たちはタッグを組んでたわけじゃないけど……」


P「これとこれだ!」

亜美「外れ→、これとこれっしょ」


真美「まあ、兄ちゃんが納得できるなら別にいいかなって」

春香(大人だなぁ……)




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:38:33.16 ID:Pea/Kp6zo


亜美「兄ちゃん、残り少なくなってきたよ~」

P「うぐぐぐぐ……」


真美「そろそろ決着がつくね、マジギレ5秒前ってとこかな」

春香「プロデューサーさんも、もう少し気楽にやればいいのに……」

真美「兄ちゃんはいつだって全力投球だからね」

春香「受け取るこっちとしては、たまったもんじゃないよ」

真美「でもまあ……」




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:39:09.75 ID:Pea/Kp6zo



真美「そこが良いところでもあるけどね」

春香「……そうだね」


亜美「はい亜美の勝ち→」

P「………」


P「……う」

P「うがあああああああああぁぁぁぁぁ!!!!」


亜美「兄ちゃんが神経衰弱で負けてマジギレした」






おわり




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:39:55.02 ID:Pea/Kp6zo

終わりです
ありがとうございました



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 00:43:36.93 ID:O0L+vseDO


勝ったら勝ったで調子に乗ってウザそうなPではあるな



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 01:18:33.23 ID:g49BXr/50

どすけべエッチしつつ神経衰弱するのが醍醐味だろうが!!
亜美が取ろうとした瞬間ガン突きして記憶を掻き回す!
それが良いんだろうが!!



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 01:24:33.69 ID:AScgTHXuO

>>30
兄ちゃん…ss読むたびにマジギレするのはやめようよ…



元スレ
SS速報VIP:真美「兄ちゃんが大貧民で負けてマジギレした」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466176812/