SS速報VIP:【モバマスSS】 暑い日ときつね娘とラムネ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466855978/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 20:59:38.91 ID:QcN0as+80

「暑いー……」

ああ、暑いね

「シューコちゃん溶けちゃう」

ああ、溶けちゃうね

「プロデューサー、聞いてる?」

プロデューサー、聞いてる

「聞いてないやん」

聞いてるよ?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466855978




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:04:19.96 ID:QcN0as+80

「なんでこんなに暑いの?」

それはお天道様に聞いておくれ

しかし、この暑さは尋常じゃない

「やっほー、シューコちゃんの声聞こえてるー?」

まだ梅雨も明けてないのに、今年の夏はどうなるんだ

「聞こえてますかー?」

だから聞こえてるっての!

脇腹をツンツンするな



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:08:35.46 ID:QcN0as+80

扇風機で我慢しなさい、扇風機で

「シューコちゃんは現代っ子だから、クーラーがいいな」

ほう……お望み通りつけてやろうじゃないか

無言でクーラーのスイッチを押す

主電源が入り、けたたましい音がする

「お、クーラーつけてくれたの」

周子がそこまで言うからな

ただし、後悔するなよ?



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:15:45.94 ID:QcN0as+80

「後悔なんてしないよ、あーこれで涼しくな……いよ!」

おいおい、せっかくクーラーつけたってのに

やれやれと大げさにリアクションをする

「なにこれ!? あったかい風しかこないじゃん……」

だから後悔するなって言っただろうに

クーラーはお亡くなりになったんだ、良いやつだったよ……

「そんな……あたしはこれからどうやって暑さを防げばいいん?」

明日には業者来るってさ




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:21:35.78 ID:QcN0as+80

「明日? 今日をのりきれないかも」

そんなこと言わないでくれ

とりあえずクーラーは消そう

いままでおつれさん、安らかにお眠り

「暑いわー、プロデューサーどうにかして」

何とかしてやりたいけどさ

俺も暑いんだよね、どうにしかしてくれる?

「じゃあさ、涼しいとこ行こうよ」

良いね、行きたいよ




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:29:21.23 ID:QcN0as+80

「ファミレスかな、あ! 映画館も涼しいかな?」

どこも涼しそうだな

よし、行くか! 俺の仕事が終わったら……

「えー! シューコちゃんほんとに溶けちゃうよ」

溶けちゃうってお前……

涼しそうな恰好してんじゃんか

シャーベットカラーのチュニック

見た目も爽やかだし、通気性よさそう






7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:36:18.89 ID:QcN0as+80

俺、スラックス、長袖のシャツ

見た目も暑そうだし、通気性はいまいち

俺も短パンとかにしたいよ

「ふぅん……」

服装をチェックしていると周子と目が合う

「エッチな視線を感じるなー」

にやにやすんな

周子は見慣れてるから、そんな気は起こしません

「えー、こんなに若くて魅力的なシューコちゃんなのに?」





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:39:38.59 ID:QcN0as+80

私プロデューサー、それに大人、未成年駄目絶対

俺が手ぇ出したら犯罪でしょ

「ばれなきゃ良いんでしょ、そういうのは」

元シンデレラガールさんは発言が違うわー

「照れちゃうからやめて」

いやんいやんと首を振る

別に褒めてないからね?

近頃の若い子はわかんないねぇ



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:49:14.70 ID:QcN0as+80

楓さんくらいになったら、俺も迷っちゃうかもしれないね

何に迷うかは秘密だけど

あ、いい事思いついた

ちょっと待っててくれ、涼しくできるかもしれない

「さすがあたしのプロデューサーさん!」

さて、どこにしまったかなっと

良い子にして待ってるんだぞ?

「はいはーい♪」

道具入れと化している部屋を漁る



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 21:55:24.53 ID:QcN0as+80

こいつに足を入れてみなさい

「おっけー」

サンダルを脱ぎ、ゆっくりと足を入れていく

おい、丈が短いんだから気をつけろ

「んっ……はぁ……冷たくて気持ち良い」

色っぽい声出してこっち見てるのは気のせいだよね

とにかく、気に入ってもらって何より




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:00:50.21 ID:QcN0as+80

さてさて、俺は仕事に戻るからな

はぁ、ちひろさんはどこ行ったんだよ

一人だけ涼みに行ったんじゃ、という考えが頭をよぎるがこれ以上はやめておこう

あの人はいつも頑張ってるからな、うん

「プロデューサーさん、喉乾いた」

何か買ってきな、ほら、お駄賃あげるから

小銭入れから金をとりだす



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:05:35.07 ID:QcN0as+80

「わたし、ここから動けないもん」

え? ちょっと何言ってるかわからないよ

水から足だせばいいんだよ、ほら簡単じゃん

「プロデューサーはあたしに溶けろって言うんだね……」

んー泣きまね下手だなぁ

演技力の向上も考えておかないとなぁ

ちょっと、待ってろ



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:10:12.65 ID:QcN0as+80

「はーい」

この切り替えの早さは素直に凄いと思う

確か冷蔵庫の奥のほうにあったはずだ

ちょっと前に何本か買ったやつが……

あった。2本引き抜いて、渡そうと思ったが止めた

ただでやろうなんて話が良すぎる

さてさて、少しいたずらしてやろう



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:20:27.19 ID:QcN0as+80

周子がこっちから気をそらした瞬間

ぴとり

ラムネを首筋にあててやる

「ひゃっ!」

おお、良いリアクション

「もう、なにするのプロデューサーさん!」

ぷるぷると体を震わせて抗議してくる

全然動かないきつね娘にいたずらしただけだよ

「こんこーん! ひどいなぁ」

さすがのプロ根性だね





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:27:40.91 ID:QcN0as+80

ほら、お飲み

ラムネを手渡す

「ありがとう」

両手で受け取り、つめたーい! とか言ってる

ちなみに、それ開けられる?

「うん、任せておいて」

言うやいなや手際よく開けている

「なかなか上手でしょ?」

手慣れてるねぇ



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:38:01.91 ID:QcN0as+80

「ふふーん、ボクをもっと褒めても良いんですよ」

それ違う人のネタだからね、可愛いのは否定しないけど

よし、んじゃ乾杯しますか

「えっ、いつの間にあけたの?」

男はこれくらいできるもんなんだよ

「ふーん、じゃあかんぱーい!」

お疲れさまっと

ビー玉が飲み口をふさがないようにしてあおる

しゅわしゅわと炭酸がはじける





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:49:27.61 ID:QcN0as+80

久しぶりに飲んだけど美味いな

「仕事終わりの一杯は格別だね」

ぷはっと可愛らしく息をはきながら言う

うん、そうだね。仕事終わってないけど

「大人になったらお酒飲み行きたいな」

二十歳になったら連れて行ってやるよ

「期待してるからね?」

ほどほどにな……



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 22:55:46.63 ID:QcN0as+80

「あ、もうなくなっちゃった」

ラムネは量が少ないのがね

ほれ、プレゼント

瓶の中からビー玉を取り出し

ぽい、と投げる

「わっ……ふぅ、セーフセーフ」

汗を拭う仕草をするシューコ

お手玉していたが、きちんとキャッチできたみたいだ




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:04:30.36 ID:QcN0as+80

「危ないなぁ、割れたりしたらどうするの」

はいはい、ごめんなさいよ

「あー、反省してないでしょ」

してますしてます

周子ならキャッチしてくれるって信頼してたんだよ

「……そっか、ならいーや♪」

この娘ちょろい、プロデューサー心配です



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:15:06.55 ID:QcN0as+80

何が嬉しいのか、ビー玉を掌でころころしている

それも、凄い嬉しそうな笑顔で

最近の若い子の感性はわからんね

ほら、飲み終わった瓶は捨てておくから渡しなさい

瓶とラムネを交互に見て、周子が言った

「……良いこと思いついた!」

なんだよ、大声出すとびっくりしちゃうだろ

「ちょっと待っててね?」

こちらの言葉には聞く耳をもたない

ラムネのキャップをがしりとつかみ



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:22:56.51 ID:QcN0as+80

「むぅー!」

気合い一発、開けようと試みている

「あーいーてー!」

キャップはぴくりともしない

このまま完封負けかと思ったとき

ぐぐぐっと少しずつ回り始め

どんどん音が軽くなり、ぽんっと取れた

「あいたーん♪」

おめでとさん

で、それどうすんの?





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:25:05.76 ID:QcN0as+80

「これ? これはね、はい!」

両手で大事そうに包み込んでこちらに見せる

なに、くれるの?

「うん、交換っこ」

お、おう……ありがとう?

一応お礼を言っておく

「くるしゅーないどす」

いつの時代の人ですか?



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:32:42.68 ID:QcN0as+80

「綺麗だねー」

何がそんなに嬉しいのかね

「ふふっ」

まぁ、綺麗なのは同意だけどさ

くるりとビー玉を回すと

光を反射して、きらりと光る

こいつの目も黒いビー玉みたいで

綺麗だな、と少しだけ思った



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:37:28.98 ID:QcN0as+80

「わたしとおそろいのビー玉だね」

そうだな、おそろいだ

「こんな美人からビー玉貰えるなんて嬉しいでしょ?」

ああ、嬉しすぎて涙が出そうだ

「あたし、愛されちゃってるなぁ♪」

はいはい、らびゅーらびゅー

……わかったからそんなに冷たい目で見るのはやめような

「プロデューサーさんは女心がわからないんだ」

そう言った後に、ぼそりと呟いたのを俺は聞き逃さなかった

「だから、もてないんだよ……」

そんなことないよ?




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:49:14.58 ID:QcN0as+80

「そんなことあるよ! プロデューサーがもてるはずない」

お前そんなマジ顔で言うなよ

その言葉は結構ぐさりとくるぜ?

「どうせキスもしたことないんでしょ?」

はいはい、そうですね

「何その反応」

お前がそんなこと言うからだろう

第一、俺なんて煽っても楽しくないぞ

煽るならもっと色気たっぷりでお願いします!




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:53:12.54 ID:QcN0as+80

「うわ! キモイ……」

冗談だよ冗談

「えー、目が本気っぽかったけど」

ばっか、俺の演技力が高いんだよ、察しろ

「プロデューサー業は演技力も求められるのかー」

大変だね、そう言いくすくすと笑っている

大変だろ? 演技下手なアイドルに指導できるくらいにはな





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/25(土) 23:56:53.57 ID:QcN0as+80

「ばかっ」

おい、さっきも言ったけど脇腹を突くな

変な声出ちゃうかもしれないだろ

「変なプロデューサーさん」

そう言いつつ突くのをやめろ、な?

そんなことしてるとビー玉返してもらうぞ

「それは嫌」

被せ気味な即答だった



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:04:09.06 ID:0rwR7i0x0

「これはもう、あたしのもの」

両手を胸の前で重ね合わせる

「誰にもあげない」

……冗談だ、そうマジになるな

そうビー玉ごときで、と言った時

「貴方がくれたものだから」

周子の声は本気だった



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:13:05.86 ID:0rwR7i0x0

ちゃぷり

周子が水から足を出した

おい、周子?

「プロデューサーさんは知っておいたほうが良いと思うんだ」

何をだ?

「あたしのことだよ」

素足のまま、こちらに近づいてくる

「プロデューサーさんは全然わかってないみたいだし」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:21:15.80 ID:0rwR7i0x0

仕事のことか? それともプライベートのことか?

「ううん、あたしのプロデューサーさんへの気持ちのこと」

落ち着け周子、おかしいぞお前

「そう、おかしいの……暑さで変になっちゃった」

妖しく笑う

「プロデューサーさんは鈍感だから」

気付けば手が届く距離に周子がいる








31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:25:33.13 ID:0rwR7i0x0


ぎしりとチェアに重みがかかる

お、おい……

「自分じゃ止められないから……貴方がとめて?」

首筋に周子の吐息を感じる

「はぁ……熱いね」

そう思うなら離れろ

「ううん、この熱さはあたし嫌いじゃないよ」

囁くように言う



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:31:27.51 ID:0rwR7i0x0

「ねぇ、貴方も一緒におかしくなっちゃおうよ」

やめろ、俺は……

「もう我慢しなくても良いでしょ?」

こんなのを求めていたわけじゃないんだ

「でも、ドキドキしてる音、聞こえるよ」

それは仕方ないだろ

「そっか、嬉しいな」

子供のように恥ずかしそうに笑う






33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:39:12.17 ID:0rwR7i0x0

……周子、目を瞑ってくれ

「うん」

周子がゆっくりと瞼を閉じる

まつ毛が長いなぁ、なんて間抜けなことを思った

周子……

名前を囁く

「早く……きて」

その言葉を聞いて、俺は



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:47:56.52 ID:0rwR7i0x0

周子の頬を両手で押しつぶした

「ぷぇ?」

ふん、間抜けな面してんなー

「はひふふほ、ふほふーはーはん」

え? 何ですか?

「もう! 何するのって言ったの」

俺の手を振りほどき、怒気をはらんだ声で周子が迫る

「サイテーだよ、見損なった」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:53:44.10 ID:0rwR7i0x0

「あたしのこと笑いものにして楽しんでたんだ」

そういうわけじゃない

「じゃあ何なの? せっかく勇気だしたのに……」

落ち着け

「あたし馬鹿みたいじゃん……うぅ……」

すまない、泣かすつもりはなかったんだ

「……あたしのことなんて放っておいて」

そういうわけにもいかない



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 00:58:17.21 ID:0rwR7i0x0

……これはやりたくなかったんだけどな

悪かったよ、周子

優しく周子を抱きしめる

「プロデューサーさん?」

お前の気持ちはわかってるつもりだ

けれど、立場上お前の気持ちには答えられない

「うん……」

周子の人生を台無しにしてしまう可能性もある



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 01:02:52.52 ID:0rwR7i0x0

小さい子を諭すように

優しく、ゆっくりと話しかける

周子は良い子だからわかってくれるね?

「うん、わかった……」

よし、良い子だ

頭をくしゃりと撫でる

「ん……」

小動物のように体をなすりつけてくる



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 01:17:08.20 ID:0rwR7i0x0

どれくれい経っただろうか

十分か一時間か

「プロデューサーさん、もう大丈夫だから」

赤い目をした周子が弱弱しく笑う

そうか、わかった

じゃあ俺は仕事に戻るからな

「うん、迷惑かけてごめんね」

気にするな、俺は周子のプロデューサーなんだから



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 01:28:23.59 ID:0rwR7i0x0

あ、言い忘れてた

戻ろうとしていた周子を呼び止める

「どうしたの?」

少し怯えているような表情

あのビー玉ちゃんととっておけよ

「何で?」

お前が本当のてっぺんになれた時

もっと良いものに交換してやるからさ

「良いものってなに?」

お前、さっき交換っこって言ったろ?



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 01:32:14.75 ID:0rwR7i0x0

薬指につけるジェスチャーをする

「だって、さっきは答えられないって」

今はってことだよ

俺も頑張ってすごくなってやるからさ

だから、その時には改めて交換っこしよう

ビー玉は予行練習みたいなもんだ

「プロデューサーさん……」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 01:45:19.02 ID:0rwR7i0x0

あー、照れくさいこと言った

でも、周子に恥ずかしい思いさせちゃったから仕方ないか

ちらりと周子を見ると、俯いてしまっている

おーい、周子さん?

顔を覗き込もうとした瞬間

……ほっぺたに柔らかな感触

お、お前なにするんだ

「さっきのお返し、唇にはまだ我慢してね♪」

唇に指をあてて言う









42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 02:01:06.70 ID:0rwR7i0x0

「シューコちゃん、もっと輝いちゃうからね」

言いながら腕に抱き着いてくる

それでね、と付け足す

満面の笑顔で

ビー玉のように透き通った綺麗な笑顔で

「それで、貴方だけのシューコちゃんになるんだから♪」

さっきまで泣いていた少女が力強く宣言する







おしまい







43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 02:06:53.19 ID:0rwR7i0x0

以上です
読んでくれた方に感謝を
夏に周子ちゃんとラムネ飲みたくて書きました




元スレ
SS速報VIP:【モバマスSS】 暑い日ときつね娘とラムネ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466855978/