SS速報VIP:未来「Famous Day!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467050737/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:05:37.36 ID:dyaSoFYZ0


アイドルマスターミリオンライブのssです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467050737




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:06:31.72 ID:dyaSoFYZ0



未来「はいっ、みんなー!」

未来「今日は来てくれてありがとうっ!」

未来「一緒に盛り上がっていきましょうっ」

…………

…………

…………




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:07:32.26 ID:dyaSoFYZ0




未来「うぅぅ、痛い……」

未来「まさか、ベットから落ちるなんて」

未来「でも……えへへ」

未来「楽しい夢だったなぁ……」

未来「………………」

未来「今日もがんばろうっ」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:08:18.75 ID:dyaSoFYZ0




未来「おはようございまーすっ!」

P「おう、おはよう未来」

未来「あ、プロデューサーさん」

未来「今日のお仕事は何ですか?」

P「……今日もレッスンだ」

P「すまない」

未来「……プロデューサーさんのせいじゃないですよ」





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:09:10.11 ID:dyaSoFYZ0




未来「そういえば、あのオーディションの結果どうなりましたか?」

P「ああ、それか……」

未来「またダメ、でしたか?」

P「すまない」

未来「……そういう時もありますよねっ」

未来「今日もレッスンがんばって来ますっ!」





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:10:10.26 ID:dyaSoFYZ0




P「……そうだ」

P「レッスンから帰ってきたらご褒美をあげよう」

P「だから、頑張っておいで」

未来「わぁ、ご褒美ですか」

未来「どんな物なんですかっ?」

P「帰ってきてからのお楽しみ」

未来「えぇー」

P「ほらほら行った行った」

未来「はーい」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:12:16.52 ID:dyaSoFYZ0



未来「…………」

未来「あ、静香ちゃん」

静香「あら、未来」

未来「静香ちゃんもレッスン?」

静香「そうだけど、未来も?」

未来「うんっ。一緒にがんばろうねっ!」

静香「ええ。がんばりましょう」






8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:13:39.83 ID:dyaSoFYZ0





「春日っ、動きが鈍いぞっ」

未来「はいっ!!」

「もっとキレよく踊ってっ」

未来「はっ……はいっ!」

「振り付けが違うっ」

未来「はいっ! ゴメンなさいっ!!」





9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:14:51.16 ID:dyaSoFYZ0




未来「…………」

P「なぁ、静香」

静香「聞きたい事はなんとなくわかります」

P「未来の奴どうしたんだ? 意気消沈してるみたいだけど」

静香「やっぱりそのことですよね」

静香「今日のレッスンでかなり絞られて……」

P「なるほど」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:16:14.80 ID:dyaSoFYZ0




静香「でも、私にはそれだけが原因だと思えないんです」

P「…………」

静香「私の勝手な推測ですけど」

P「いや、たぶん当たってる」

静香「プロデューサーにはわかってるんですね」

静香「それで、どうするつもりですか」

P「ちょっと話してみるよ」

静香「……プロデューサーのこと全面的に認めたわけじゃないですけど」

静香「プロデューサーに任せてみます」

静香「未来をよろしくお願いしますね」

P「おう」






11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:17:30.49 ID:dyaSoFYZ0




P「未来」

未来「……あれ? プロデューサーさん……?」

未来「あれっ? ここはっ?!」

P「事務所だよ」

未来「もしかして、私寝ちゃってましたっ?」

P「うん、レッスンから帰ってきて机に伏せてそのまま」

P「お疲れ様」

未来「……がんばりすぎちゃいました、えへへ」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:19:10.15 ID:dyaSoFYZ0




P「よしよし、よく頑張った」

P「ということで、ご褒美をあげようじゃないか」

未来「やった♪」

未来「…………」

P「どうした未来」

未来「私、今日のレッスンダメダメで……」

P「うん」






13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:20:26.37 ID:dyaSoFYZ0





P「でも未来、自分で言っていたじゃないか」

P「頑張りすぎたって。だったら、問題ないよ」

未来「……ダメダメでもいいんですか?」

P「……それはあまり良くないけどね」

未来「うう、がんばります……」





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:21:23.23 ID:dyaSoFYZ0





未来「そういえば、ご褒美って一体なんなんですか?」

P「まだ行ってなかったね」

未来「教えてくださいよ、プロデューサーさん」

P「まだ秘密」

未来「ええぇ、そんなこと言われたら余計に気になりますっ」

P「楽しみにしててよ」






16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:22:54.36 ID:dyaSoFYZ0



…………

…………


P「どう?」

未来「すっごくおいしいですっ♪」

P「良かった。連れてきた甲斐があったよ」

未来「プロデューサーさん、こんなにおいしいケーキ屋さん知ってたんですね」

P「俺がよく通ってるお店だよ」

P「他の娘には内緒だぞ」

未来「はいっ!」





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:23:47.98 ID:dyaSoFYZ0




未来「あ、プロデューサーさんのケーキ、少しもらってもいいですか?」

P「えっ」

未来「ダメですか?」

P「いや、いいけど」

未来「ありがとうございますっ」

未来「それじゃ、さっそく……」

未来「あーん」

P「えっ」





18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:24:59.76 ID:dyaSoFYZ0




未来「プロデューサーさん、『あーん』はダメですか?」

P「駄目じゃないけどさ」

未来「じゃあ」

P「やるよ。やるやる」

未来「プロデューサーさん、顔が赤いですよ」

未来「……照れてます?」

P「やっぱ止めよかな」

未来「うわぁん、待ってくださいよ」








19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:26:05.15 ID:dyaSoFYZ0




P「ほれ」

未来「あーん」

未来「あむ」

P「どうお味は?」

未来「すっごくおいしいですっ♪」

未来「プロデューサーさん、もうひと口ください」

P「それは駄目」

未来「えぇ~~っ」






20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:27:22.65 ID:dyaSoFYZ0





P「……話は変わるけど」

P「アイドルになってみて、どう思った?」

未来「……アイドルになってみて、ですか?」

未来「う、ううぅん」

P「楽しい?」

未来「はいっ! 楽しいですっ」

未来「ただ……」

P「『ただ』?」






21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:28:26.72 ID:dyaSoFYZ0





未来「楽しいだけじゃなくなってきてて」

未来「最初は楽しいだけでした」

未来「でも、なかなか結果がついてこなくて」

未来「静香ちゃんと翼はどんどん前へ進んでいって」

未来「自分だけ取り残されてるよう気がして」

未来「どうすればいいかわからなくて」

P「そっか」







22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:29:37.23 ID:dyaSoFYZ0




P「……結果ってやつはさ、気難しいやつでね」

P「どんなにその過程がよくても、結果は駄目って時もある」

P「その逆だってある」

P「だから、待つしかない」

未来「待つ、ですか」

未来「プロデューサーさん……何もしないってことですか?」

P「違うよ。チャンスが来るまで適度に頑張るってことだよ」







23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:30:29.23 ID:dyaSoFYZ0





P「言うなれば、持久走みたいなものだ」

未来「持久走ですか?」

P「最後に一番になっていれば問題ない」

P「未来、チャンスを待つんだ」

P「俺がチャンスを連れてくるから」

P「俺を信じて、めげずについてきてくれないか?」







24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:31:42.97 ID:dyaSoFYZ0



………………

………………

………………



未来「おはようございまーすっ!!」

静香「おはよう、未来」

未来「おはようっ、静香ちゃん」

P「おはよう。丁度いいところに来たな未来」

未来「おはようございますっ、プロデューサーさんっ」





25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:32:34.08 ID:dyaSoFYZ0






未来「どういうことですか?」

P「今日、他の事務所と合同ライブがあるんだ」

静香「私も出るライブですよね」

未来「静香ちゃん凄いっ」

静香「ありがとう未来」

P「その合同ライブなんだけど、一人体調不良で来れなくなったみたいでね」

P「で、その娘の枠をどう埋めようかって話になってね」







26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:33:38.38 ID:dyaSoFYZ0






P「急な話だから代役の目処がなかなか立たなくて困ってたんだ」

静香「……『困ってたんだ』? 過去形ですね」

P「うん、代役見つかったしね」

未来「誰ですかっ?」

静香「気づいてないのね」

P「みたいだね」






27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:34:56.55 ID:dyaSoFYZ0





P「……未来、やってみないか?」

未来「えっ、私、ですか!?」

P「そう、ユー」

静香「プロデューサー、いきなりすぎませんか?」

静香「未来にだって考える時間が」

未来「やりますっ!」

静香「えっ」

未来「ステージに立てるんですよねっ。やりたいですっ! やらせてくださいっ!」

P「よし来た。さっそく電話してくるよ」








28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:35:47.68 ID:dyaSoFYZ0






静香「未来、いいの?」

未来「うんっ、折角のチャンスだしねっ」

P「あ、言い忘れてた。未来、トリだから」

未来「……はい?」

P「歌う順番。一番最後だから」

未来「えええぇぇぇぇっ!!!」

静香「大丈夫かしら……」






29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:36:52.25 ID:dyaSoFYZ0



………………

………………

………………



P「緊張してる?」

未来「ちょっとだけ緊張してます」

未来「でも、不思議です」

未来「楽しみでワクワクが止まらないんですっ!」

P「早くステージに行きたい?」

未来「はいっ!」








30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:38:50.29 ID:dyaSoFYZ0




未来「プロデューサーさん。私、ちょっと前まで悩んでました」

未来「でもその悩み、どこかへ行っちゃいましたっ、えへへっ」

P「今からそんなんだったら、ステージの上じゃ、もっと凄いことになるぞ」

P「今日がアイドル春日未来の伝説始まりだってみんなに確信させるようなライブにしてこいっ」

未来「はいっ。プロデューサーさんも楽しんでくださいねっ!」

未来「行ってきますっ」










31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:40:33.90 ID:dyaSoFYZ0





未来「みなさん、こんにちはーっ!」

未来「私、春日未来ですっ♪」

未来「最後まで私と一緒に盛り上がりましょうっ」

未来「では、この曲から行っくよーー」






32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:41:45.18 ID:dyaSoFYZ0






静香「お疲れ様、未来」

P「お疲れ様」

未来「静香ちゃん、プロデューサーさん」

P「楽しかった?」

未来「はいっ! 楽しかったですっ!」

静香「未来、今日のステージよかったわよ」

未来「えへへっ、静香ちゃん、ありがとうっ」








33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:42:46.07 ID:dyaSoFYZ0




未来「プロデューサーさんはどう思いましたか?」

P「控えめに言って最高だった」

未来「えへへっ、嬉しいですっ」

P「事務所に帰ろうか?」

未来「はーいっ」

静香「はい」






34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:44:03.54 ID:dyaSoFYZ0




未来「ただいまーっ!」

『誕生日おめでとうっ!!!』

未来「へっ……えぇぇっ!!」

静香「あら未来、あなた忘れていたの?」

未来「……あっ」

静香「あなたね……」

未来「だって、ステージに立てるって思ったら全部吹き飛んじゃった」

静香「まったく……」

翼「静香ちゃん。まあまあ、未来らしくていいじゃん」

静香「そうだけど」








35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:45:07.60 ID:dyaSoFYZ0





未来「うわぁ、大きいケーキ!」

未来「これ一人で食べていいんですかっ?」

P「駄目に決まってるだろう」

P「……これ、食べきれるのか」

美奈子「プロデューサーさんなら食べきれますよっ」

P「勘弁してください。死んでしまいます」







36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:46:20.84 ID:dyaSoFYZ0





未来「プロデューサーさん」

P「ん?」

未来「迷惑かけちゃうかもしれないけど」

未来「プロデューサーさんにこれからもずっと付いていきますねっ」

未来「ダメですか?」

P「いいよ。ついてきて」

P「いや、連れていくよ。未来をトップアイドルまで」

未来「はいっ!」

未来「これからもよろしくお願いしますねっ、プロデューサーさんっ♪」







37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:49:11.90 ID:dyaSoFYZ0




これにて完結です。

駄文失礼しました。

未来ちゃん、誕生日おめでとう!



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 03:57:11.22 ID:dyaSoFYZ0




前作(静香「お注射の時間ですよ♪」)を書き上げた後に未来ちゃんの誕生日がもうすぐである事に気付き、慌てて書き始めました。完結できて良かったです。

>>15 の空白はミスです。

HTML化依頼をしてきます。

未来ちゃんの誕生日が有名になる事を願って



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 06:38:41.41 ID:wJLyDp/P0

未来ちゃんのかわいさは底知れないね




元スレ
SS速報VIP:未来「Famous Day!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467050737/