SS速報VIP:佐城雪美、未知との遭遇
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467891528/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 20:38:49.02 ID:oqIB4YH+0


こずえ「ふわぁ」

雪美「……」(面識はあるが、二人きりになるのは初めて)



こずえ「ふわぁわあぁー」

雪美「……、えっと…」



こずえ「ふわぁあああああ」

雪美「……どうしよう…」オロオロ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467891528




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 20:42:23.20 ID:oqIB4YH+0


こずえ「ふわぁー。そうだー…」



こずえ「んっしょ…んっしょ…」

雪美「……?」



こずえ「ふわぁー。せんぷうきあったー…」カチ



こずえ「ふわあああーーーーー」ブワアアー




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 20:44:25.38 ID:oqIB4YH+0


こずえ「んー…?」チラ

雪美「…!」ビクッ


こずえ「ゆきみぃ―…、やるぅー?」

雪美「えっと…、私は……」


こずえ「やるー、やるのー」

雪美「……わかった…。やって……みる…」



雪美「わ…、わぁぁぁぁ……///」ブワァー




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 20:50:26.06 ID:oqIB4YH+0


こずえ「んー…、はずかしがっちゃだめなのー。おてほんみせるぅー…」



こずえ「ふわあああああー…、こずえはうちゅーじんだよぉぉー…」



こずえ「ゆきみもー…、へんなことーさけぶのー…。ふわぁ」

雪美「へんな…こと……?」


こずえ「そうなのー…、しきたりー…。ふわぁー」

雪美「…考えるの大変……、だけど………がんばる…!」

こずえ「おー…、がんばれー」



雪美「雪美は…猫だにゃあー……///」ブワアアー

こずえ「おー…、いいぞいいぞー」


雪美「にゃあぁぁ……///」ブワアアー

こずえ「いいひょうじょー…、もらったぁー」パシャッ


雪美「にゃぁっ…!?」





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 21:00:07.75 ID:oqIB4YH+0


こずえ「このかめらー…、あいこのおさがりなのー…。しゅみにするとーたのしいってぇー…。いろんなーひょうじょー…、きらきらー」

雪美「……変な顔…、撮っちゃ……だめ………。私も…みんなも………困る…」


こずえ「そうなのー? ごめんねー…。ゆきみーおこったー…?」シュン

雪美「怒ってない……よ…。もうしないって約束……できる…?」


こずえ「ふわぁー。わかったー…、やくそくー」

雪美「ふふ…。こずえ……偉い…偉い…」ナデナデ


こずえ「ふわぁああー。ゆきみのてー、ぽかぽかー…。おむねがーあったかくなるのー」

雪美「ふふ…。こずえの髪も…さらさら……ね」





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 21:09:22.93 ID:oqIB4YH+0


こずえ「ふわぁー…、なんだかねむいのー…。いっしょにねよーゆきみぃー…」

雪美「…えっ……。でも……この後…ミーティング………」


こずえ「んもうぉー、げんかいなのー…。ゆきみまくらー…ばたりー」

雪美「きゃっ……! 抱きついたまま………寝ちゃった…。赤ちゃんみたい……、こずえ…不思議な子……」


こずえ「んむー…すやぁ…」

雪美「ふふ……。でも……寝顔…かわいい……。天使……みたい…。いい子いい子……」ナデナデ

こずえ「ふわぁ……」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 21:15:19.41 ID:oqIB4YH+0


モバP(以下P)「おーい、雪美とこずえ。集まってるかー?」ガチャ



雪美「P……、…しぃー……」

P「おっと…。こずえのやつ、寝てるのか…」


雪美「…うん……。眠ったばかり……。このまま……寝かせたままでも……いい…? 起こすの…かわいそう………」

P「しょうがないな。ただ、そのままだと雪美も疲れるだろうから、向こうのソファーに寝かせておこう。雪美、こずえを」

雪美「うん……。こずえを…お願い……」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 21:37:56.34 ID:oqIB4YH+0


P「よいしょっと。こずえのやつ、すげぇ幸せそうな顔で寝てるなー。頬が緩むっていうか和むっていうか。娘がいたらこんな感じなのかなぁ」

雪美「…ふふ…。…こずえが……娘だったら………私は…Pの…奥さん……ね…?」


P「ぶふぅっ! な、何を言ってるんだよ! そもそも雪美はこずえよりも年下だろ!」

雪美「…とある業界では……年下の姉…珍しくない……。最近では……年下の母……流行ってる…らしい……。だから……私がこずえのお母さん…でも……、…全然……問題ないっ………!」クワッ


P「…比奈にあとで説教しとこ」

雪美「ふふ……。冗談……だよ…」

P「…雪美の冗談はキレがあってすげーや。さて、こずえを横にしてタオルケットを掛けてっと」パサッ



雪美「…私はまだ……こども…。自分でも……分かってる…」

P「ん? 確かにそうだが…」


雪美「……大人びて見られること…多い…。でも…、…本当はまだ…小学生………だよ……」

P「おお、そうか?」




雪美「…だから……わがまま…言ってもいい…?」スッ




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 21:43:43.47 ID:oqIB4YH+0


こずえ「ふわぁー。よくねたのー…」

P「おっ。意外と早く起きたな」カチカチッ


こずえ「おはよー、ぷろでゅーさー…。ふわぁー、ゆきみとぷろでゅーさー…なかよしさんだねー」


雪美「ふふ……、Pのおひざ……、…安心するから……好き…」

P「そうかそうか。雪美って、意外と甘えん坊さんだよなぁ」ナデナデ


雪美「んっ……。だって……私…、…まだ…子供…、……だもん……❤」





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 21:58:45.00 ID:oqIB4YH+0


おまけ



P「お、そうだ。こずえを寝かしつける時に、カメラを預かってたんだ。どんなの撮ったか見ていいか?」

こずえ「ふわぁ、いいよー…」

雪美「…………!」


P「ふむふむ…。お、雪美が映ってる! へえ、珍しいな。普段はクールな雪美が真っ赤になって叫んでるじゃないか。レアな表情だなぁ……。なあこの写真、お守り代わりに待ち受けにしても…」

雪美「だめ……! それ……、…Pは…見ちゃ……やっ…!」ペチペチ


P「お、おいおい。胸を叩くなって…! わ、分かった、分かったから!」

雪美「お願い……忘れて……!」ペチペチ


P「かわいいんだから、ちょっと覚えてるぐらいいいだろ?」

雪美「……! ……そ…、それでも……だめ……!///」ペチペチ



こずえ「あれぇー? けんかしてるのー…? さっきまでなかよしなのに、ふしぎぃー…。ふわぁー…」



終わり




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 22:02:50.65 ID:da/sORDaO

おつ



元スレ
SS速報VIP:佐城雪美、未知との遭遇
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467891528/