1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:39:26.23 ID:EGSJ7ji30

桐乃「ほら、手つなぐシーンなんだから早く繋いでよ」

京介「ま、マジで?」

桐乃「ほんと使えないわね、早く」

京介「わ、分かったよ・・・」ギュ

桐乃「へへ・・・」

京介「・・・全部ゲームの中と同じことするのか?」

桐乃「うん」

京介「こ、これって、エロゲー・・・だよな」

桐乃「はぁ?最初に言ったじゃん」

京介「……」

京介(つまりエロシーンもあるわけで・・・)

桐乃「つ、次キスシーンくるから・・・ID腹筋」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:42:12.19 ID:GdBZ0MLl0

腹筋するから早くしろよ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:52:02.55 ID:ZrLTsDiU0

桐乃「ほら、早く目をつぶりなさいよ」

京介「い、いや、でもよ」

桐乃「いいからっ!ほら、早く!」

京介「わ、わかったよ、ったく。ほらっ」

桐乃「……」

京介「……」

桐乃「アンタばっかじゃないの?なに妹のキス期待してんの?」

京介「ちょっ」

桐乃「あー、ほんとキモい。しねば?」

京介「……お、おまえ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:02:44.11 ID:ZrLTsDiU0

桐乃「アンタ、アタシが居なかった間、あの黒いのと何かあったでしょ」

京介「い、いや、それは…」

桐乃「ん?何よ」

京介「な、何も、ないぞ」

桐乃「ふーーーーーん。」

京介「な、なんだよ」

桐乃「黒いのから聞いたけどね」

京介「!?ま、マジかよ!」

桐乃「!!やっぱり何かあったんじゃない!変態!妹の友達に手ぇ出したワケ?」

京介「ちっ!ちがっ!俺からは何もしてねえって」

桐乃「………それって。ふーん。わかった。もういい」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:07:22.50 ID:ZrLTsDiU0

京介「……」

桐乃「…ってよ。」

京介「え?なんだって?」

桐乃「出てけって言ってんの!!2度とアタシの部屋に入らないでっ!」ドンッ

京介「ちょっ!押すなって!だいたいお前が」

桐乃「うるさい!うるさいうるさいうるさいっ!」

桐乃「こんなことなら、帰ってこなければよかった!」

桐乃「クソ兄貴!死ねっ!」バタンッ!

京介「………ったく、なんなんだよ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:15:00.84 ID:ZrLTsDiU0

沙織「ははーん、そういうわけでござるな」

京介「ったく、なにがなんだかわかんねえよ」

沙織「どうしてわからないのかが、拙者にはわかりませんがねえ」

京介「なんだよそれ、どういうことだ」

沙織「いいえ、拙者がこれを言ってしまうのははばかられます故」

京介「え?なんだって?」

沙織「なんでもござらん、しかし京介氏、黒猫殿の件いかがされるのでござるか?」

京介「うーん、それがどうもよくわからなくってなあ」

沙織「さすがは、京介殿でござる」

京介「どういうことだ?」

沙織「だれも傷つけたくないのでしょうが…いや、なんでもござらんよ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:22:43.45 ID:ZrLTsDiU0

桐乃「アンタ、京介に何したの?」

黒猫「なんのことかしら?」

桐乃「とぼけないで!アンタが京介に何かしたってことは聞いたんだから」

黒猫「ホントにしょうがない先輩。まあそういうところも好きなのだけれど」

桐乃「ハァ?今アンタなんて言ったの?」

黒猫「好きよ。先輩の事が。それが「妹」のあなたに関係があって?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:30:03.73 ID:ZrLTsDiU0

桐乃「関係大ありよっ!何アタシが居ないところでコソコソしちゃってんの!?あー気持ち悪い!」

黒猫「キスしたわ」

桐乃「はぁあああああああああああ?????」

黒猫「私からキスしたのよ、先輩に」

桐乃「」ググッ

黒猫「あら、言葉も出ないかしら?悔しいのでしょう?大好きなお兄さんを取られるようで?
悔しかったら今のあなたの気持ちを吐き出してみなさいな」

桐乃「…グググウグこの泥棒猫っ!」ピッ

ガチャ!

桐乃「あー!ムカつくムカつくムカつくっ!」バンバンッ

桐乃「なんなのっ!ムカつくムカつくムカつくムカつく!」バンバンバンバンッ

桐乃「ムカつくムカつ……うぅ…ぅううう……」シクシク



桐乃「なんで……なんで………」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:39:01.18 ID:ZrLTsDiU0

あやせ「お兄さん、ちょっといいですか」

京介「おー、あやせ、久しぶりだな」

あやせ「お兄さん、桐乃に何をしたんですか?」

京介「何って…何もしてねえよ」

あやせ「桐乃あれから、急に元気なくなって、陸上のスコアも伸びてないみたいだし、表情も暗いし!お兄さんしかいないじゃないですか!」

京介「しっ、知らんっ!俺は本当に!」

あやせ「本当ですか?」

京介「お、おう。」

あやせ「ふーん。もし桐乃が落ち込んでる原因がお兄さんでしたら、その時は容赦しませんので」ニコッ

京介(………死ぬな。こりゃ。)



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:51:49.28 ID:ZrLTsDiU0

桐乃「」ガチャ

京介「…おう、お帰り」

桐乃「……」トボトボ

京介「…最近元気ないじゃんか」

桐乃「…べつに」

京介「別にじゃないだろう、あやせに聞いたぞ?陸上のうまくいってないみたいじゃんか」

桐乃「!…あやせに、会ったの?」

京介「あ、ああ、そそれがどうした、あ、あいつだってもう」

桐乃「なんで?どうして?なんでアタシの居ないところで他の、アタシの友達に手を出すの!?」

京介「べ、別に手を出したりとかしてねーし」

桐乃「嘘っ!うそじゃん!ウソつきっ!」

京介「お、おい何か勘違い

桐乃「キスしたんでしょ!?あの黒いのと!次はなに?あやせともキスするんでしょ!?いいかげんにしてよっ」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:57:45.51 ID:ZrLTsDiU0

京介「キスったって、別にほっぺたにされただけで」

桐乃「……そうなの?」

京介「あ、ああ。なんだか無理やりな、って言ったら失礼だけれど」

桐乃「…なんだ。ふーん。それで、アンタあの黒いの、どうするのよ」

京介「どうするって、俺が決められることでもないし」

桐乃「ふーん。まあいいわ。アンタはあの黒いののことどう思ってるのよ?」

京介「ど、どうって、別に…よくわからん」

桐乃「まあいいわ、じゃあちょっとキスしてよ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 02:03:07.76 ID:ZrLTsDiU0

京介「はぁ!?お、お前何言って

桐乃「」チュッ

京介「」

桐乃「…」

京介「」

桐乃「へへーん、よかった。最初のキス、取られたくないし」

京介「…はぁ?意味がわかんねえよ」

桐乃「感謝してよねっ!わたしも初めてだったんだから」

京介「ちょ、そういうことじゃなくてだなあ」

桐乃「うるさいっ!バカ京介!あ、そーだ、エロゲーの続きやろ?」

京介「………なにがなんだかわからん」



はいおわり



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 02:06:04.59 ID:8XdttRav0

妙に原作っぽいな



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 02:30:33.24 ID:xbKVHPsuT





元スレ
桐乃「エロゲーするから手伝って」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365435566/