1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:11:22.05 ID:H9SfVFL3O

P「そのうちな・・・はー忙しい忙しい」

真「ムー・・・」



真「へへっ!社長に言ったら住所教えてもらっちゃった!!明日はオフだから押しかけようっと!!」

律子「真・・・声だだ漏れよ・・・」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:15:40.09 ID:H9SfVFL3O

次の日
ピンポーン
真「へへ!プロデューサー!!来ちゃいましたよ!!開けてくださーい!!」

「・・・」

真「あれ?っかしーな・・・」

ピンポーン

ピンポーン

ピンポーン

ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:19:14.02 ID:H9SfVFL3O

??「朝からうるさいさー・・・いぬ美はプロ・・・にぃにと遊んでろよ・・・はーい」

真「あれ?どこかで聞いた声だな・・・誰だっけ?」

ガチャ・・・

響「・・・だれだー?・・・って真じゃないか!?朝からなにしてるんだ?」

真「な、響!?ここプロデューサーの家じゃないの!?」

響「プロデューサーならいるよ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:22:11.40 ID:H9SfVFL3O

響「にぃにー!真が来たよ!」

P「まこと・・・ねぇ・・・真!?」

真「あ、プロデューサー!!おはようございます!!・・・って言うかなんで響と一緒なんですか?」

P「それはだな・・・深い理由が」

響「自分にぃにと同棲してるんだ!!」

真「・・・え」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:25:18.14 ID:H9SfVFL3O

P「な、響・・・それは・・・」

響「あ、内緒だった・・・真、事務所の皆には内緒だぞ!」

真「・・・」

P「真?泣きそうだけど腹でも痛いのか?」

響「サーターアンダギー食うか?美味いぞ?」

真「プロデューサーの裏切り者ぉぉおおおおお!!!!」

ガチャ・・・バタンッ!!!!

響「きっと二日目だな、自分も重いときあんな感じ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:30:17.50 ID:H9SfVFL3O

事務所
真「ひっく・・・ひっく・・・」


律子「プロデューサーと響がねぇ・・・まぁあの二人、最近同じお弁当箱持って来てたから怪しかったけど」


小鳥「ピヨー!!でもひびたかが1番ですよ!2番はたかひび!」

律子「すいません・・・専門用語とかわかんないんで・・・てか仕事しろ」

小鳥「ピヨー・・・」

雪歩「真ちゃんには私がいるよ?」

真「・・・雪歩ぉ!!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:34:18.34 ID:H9SfVFL3O

次の日
真「あの・・・プロデューサー・・・」

P「どうした真?腹でも痛いのか?」

真「やっぱり同棲って事は・・・響と付き合ってるんですよね?」

P「いいや?」

真「ですよねー・・・はぁ!?今なんて言いましたか!?」

P「いや、響とは付き合ってないって・・・てか同棲しても事務所のアイドルに手なんか出すか!!」

真「へへっ☆プロデューサーの事信じてましたよ!」
P「なんだこいつ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:37:29.83 ID:H9SfVFL3O

次の日
P宅
P「・・・」

響「・・・」

真「さぁーて・・・この荷物はーっと♪」

P「おい、真・・・」

真「なんですか!?今荷物の整理で大変なんですよ!」

P「なにしてんの?」

真「何ってプロデューサーと同棲するから荷物持って来たんですよ!」

響「にぃに・・・真頭おかしい」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:40:41.30 ID:H9SfVFL3O

真「だってプロデューサーと響は付き合ってないんでしょ!?じゃあ当然、僕にも同棲する権利が有りますよ!!」ドヤァ

響「にぃに!?自分たち付き合ってないのか!?」

P「いや、お前が勝手に押しかけて同棲始めたんだろ・・・忘れたのか」

響「?」

P「うわこいつマジか・・・」

真「とにかくよろしくお願いしますね!!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:43:49.35 ID:H9SfVFL3O

P「いぬ美が1番かわいいなぁ・・・素直だし」ナデナデ

いぬ美「バウバウッ」

真「・・・響はいつからプロデューサーと同棲してるんだい?」

響「・・・真が来る三日前からだぞ」

真「やっぱり響もプロデューサーの事好きだよね?///」

響「にぃにの事は大好きさ・・・真以上に」

真「ぐぬぬぅ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:47:01.23 ID:H9SfVFL3O

真「だいたい響はなんでプロデューサーの事にぃにって呼んでるんだよ!?」

P「俺が呼ばせてるんだよ・・・近所からいろいろ怪しまれないために・・・真も俺の事兄ちゃんとか呼べな」

真「わかりました!!・・・あなた///」

P「ちげぇーよ!それこそまじで近所から通報されるだろ」

真「わかりましたよ・・・ちぇ・・・兄ちゃんって呼びますね。」

響「夕ご飯だぞ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:50:16.60 ID:H9SfVFL3O

P「響の飯は相変わらず美味いなぁ」

響「当然!!自分、完璧だからな!!」

真「僕だってこれくらいは・・・」

響「真にできるかな?」ドヤァ

真「じゃあ明日のご飯担当は僕がします!!」

P「・・・まぁ二人で仲良くな・・・なんで私生活でも胃が痛くなる状態なんだ・・・」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 06:54:30.04 ID:H9SfVFL3O

P「さて寝ろ・・・真は響は同じ布団で寝ろ!俺は押し入れで寝るから」

響「な!にぃに!!せっかくなら皆で寝ようよ!」

真「そうですよ!!変な事しませんから!!」

P「する気だろ?スキャンダルはまずいって・・・まじで」

いぬ美「バウバウッ」

P「いぬ美が一緒に寝てくれるか・・・いぬ美はかわいいなぁ・・・よし寝よう」

いぬ美「バウバウッ」ドヤァ

響・真「くっ・・・」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 07:02:22.99 ID:H9SfVFL3O

真「響はどれくらいプロ・・・兄ちゃんの事好き?」

響「・・・家族くらい・・・いや家族より好きだぞ・・・///」

真「僕もそれくらい・・・好き///」

響「にぃには絶対譲らないからな!!アイドルアルティメット以上に絶対譲らないからな!!」

真「な、僕だって譲らないよ!!」

響「・・・正々堂々勝負だぞ・・・アイドルも恋も」

真「当然だよ・・・真剣勝負だよ恋は・・・」

ガラッ
P「喋ってないで早う寝ろ!!」

いぬ美「バウバウッ」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 07:07:26.31 ID:H9SfVFL3O

次の日
事務所
千早「プロデューサー・・・」

P「72かな?」

千早「私もプロ・・・お兄ちゃんと同棲したいです///」

P「・・・」


おわり



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 07:12:47.61 ID:H9SfVFL3O

千早の乳首をひたすら舐める仕事をしたい



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 07:13:33.40 ID:U/Xnw7+JO

Pの私生活のおわりか 続きはあるんだろう?



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 07:13:45.77 ID:TtPlapFA0

アイドル達の収入でいいマンションに引っ越したらみんな同棲しだして合宿所もといラブホ展開はよ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 07:16:35.00 ID:H9SfVFL3O

おじさん仕事あんねん



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 10:11:24.43 ID:H3bJQp0j0

>>1
おつ



元スレ
真「いつになったら僕を家に招待してくれるんですか!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337634682/