関連
佐藤心「はぁとが走り出す」

佐藤心「はぁとが止まらない」



SS速報VIP:佐藤心「はぁとがないている」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468914101/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:41:41.73 ID:TizHk2kd0

はぁとがシリーズ番外編

特につながってないので、前作読む必要もないです。

字の分、短い、雑。

よろしくお願いします。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468914101




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:43:48.93 ID:TizHk2kd0

 かたかたと事務所内はキーボードを叩く音だけが響いていた。

 他のアイドルは仕事やレッスンで外出しており、事務所内ははぁととプロデューサーの二人だけ。
 ほんとはプロデューサーとおしゃべりしたいが、彼の仕事を邪魔するわけにもいかないので、
 はぁとは少し離れたソファで雑誌を読んでいる。

 
 かた……かた……かたかた

 さっきまで一定のリズムで鳴っていたキーボードの音がだんだん不規則になっていたので、はぁとは顔を上げた。
 仕事に集中できないなんて珍しい。
 雑誌の隙間からプロデューサーの様子をこっそりと伺った。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:45:50.62 ID:TizHk2kd0

 しばらくプロデューサーを観察して、不規則な音の原因がわかった。
 スマホ。さっきからプロデューサーは頻繁にスマホをチェックしている。
 30秒に一回ほどの割合でスマホを見る。
 それを繰り返している。

 仕事先からの連絡を待っているのか、はたまた女の子からの恋文を待っているのか。
 後者だったら嫌だな。
 そんなことを考えながら、はぁとはプロデューサーを観察しつづけるが、
 プロデューサーは、はぁとの視線には気づかなかった。




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:47:05.84 ID:TizHk2kd0

「時間だ」

 プロデューサーはキーボードを叩くのをやめ、スマホを弄りだした。

 時間?
 時計を見つめるとちょうど3時。急に甘いものが食べたくなってきた。
  
 何かあるかな。
 すごい速さでスマホをタッチしているプロデューサーが気になりながらも、はぁとは冷蔵庫に向かった。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:49:36.45 ID:TizHk2kd0

 戦利品であるプリンを手にはぁとが戻ると、プロデューサーが机に頭をうなだれていた。
 プリンの味よりも頭をうなだれているプロデューサーの方が気になったので、
 プリンはいったんお預けにして、はぁとは恐る恐るプロデューサーに声をかけた。

「ど、どうしたのプロデューサー☆元気ないけど」
「はぁとさん……」

 さっきまで仕事をしていたときと比べるとプロデューサーは明らかに落ち込んでいた。
 これはほんとに恋愛事か、とはぁとが勘ぐっているとプロデューサーが続けた。

「出なかったんですよ」
「な、なにが?」
「はぁとさん」
「え、はぁと?」

 意表をつかれた。
 さっきまではぁとのこと全然気にしてなかったはずなのに、はぁとが出なかったってどういうことだろう

「どういう意味?」
「これですよ。これ」

 プロデューサーはスマホをタッチした。
 
「アイドルマスターシンデレラガールズ、スターライトステージ」

 事務所に聞いたことのある声が鳴り響いた。





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:50:51.42 ID:TizHk2kd0

「ああ。プロデューサー、デレステやってたんだね☆」
「当たり前じゃないですか。事務所のみんなが出演してるんですよ」

 プロデューサーはさっきまでと打って変わり熱く語りだした。

「今日のガチャ更新できっとはぁとさんが来てくれると思ったんです僕は」
「はぁ」
「でも結果は相葉ちゃんで。いつになったらはぁとさん実装されるんですか」
「それははぁとに聞かれても…… というかそれこそプロデューサーが交渉しろよ☆」
「デレステは別の会社さんに任せているので、こっちからは何も干渉できないんですよ」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:52:21.25 ID:TizHk2kd0

 プロデューサーはまだ熱く語っている。
 
 はぁと本人が近くにいたのに、本人そっちのけでゲームの方ってどうなの?
 と思う反面、はぁとのことにここまで熱くなってくれるなんて、
 と考えると、はぁとも少し熱くなってきた。

「まぁまぁ。落ち着こうプロデューサー。はぁともいつかは実装されるし。その時に引けばいいじゃん☆」
「……確かにそうですね。すいません。ちょっと熱くなりすぎました」

 ほんとはゲームのはぁとじゃなくて、現実のはぁとをお迎えしてもいいんだぞ☆
 少し恥ずかしそうに頭をかいてるプロデューサーに、はぁとは思いを寄せる。






8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:53:12.41 ID:TizHk2kd0

「はぁ、またジュエル貯めなおしですね」
「え?」
「え?」

 貯めなおす。
 はぁとの頭は考えを巡らす。
 貯めることをやりなおす。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:53:50.52 ID:TizHk2kd0

「ちょっとまって☆まて☆まさかジュエル使ったの?
 さっき、はぁとさん実装されない……って悲しんでたのに?」

 たたみかけるようにはぁとが質問すると、

「飲み物を買ってきます。はぁとさん何がいいですか」

 プロデューサーは席をたった。
 逃がすかとはぁとはプロデューサーを窓際へ追い詰める。




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:55:07.71 ID:TizHk2kd0

「はぁとさん……そこどいてくれないと飲み物買いにいけないんですけど」
「喉なんて乾いてないから!ねぇプロデューサー、使ったの?使ったんでしょ?言え☆言え☆」

 逃げ場を失ったプロデューサーははぁとから目を逸らしたまま一言呟いた。



「……白封筒でした」


 外では蝉が。内でははぁとが。ないていた。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 16:55:52.66 ID:TizHk2kd0

以上です。

涙ふいてコンビニいきます



元スレ
SS速報VIP:佐藤心「はぁとがないている」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468914101/