SS速報VIP:私の思いを傭兵に
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468859610/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:33:31.06 ID:FqTSH1nW0

恋愛系です。量はとても少ないです。
本文にキャラ説明が一つも無いので先に紹介します。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468859610




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:39:02.54 ID:FqTSH1nW0

◎歌姫 うすい金髪のような色の長髪の女の子。
◎傭兵 後ろ髪が長く三つ編みに編んである。オカマではない。ガッチリしている。
◎盗賊 金髪で小さい感じの女の子。超かわいい。けどこっちは主人公ではない。
◎富豪 貴族の男、片眼鏡をしている




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:39:58.30 ID:FqTSH1nW0

傭兵「何を作っているんだ?」

歌姫「ケーキよ。もうすぐ富豪の誕生日でしょ」

傭兵「そうだったか?なら俺も何か考えなきゃな」

歌姫「貴方もケーキ作ったら?」

傭兵「俺が作る?」

歌姫「そうよ」

傭兵「なるほど料理……良いかもしれないな。盲点だった」

歌姫「傭兵って料理したこと無さそうよね」

傭兵「まともにした事はないな」

歌姫「料理は愛情が大事よ!」

傭兵「あいつに愛情……駄目だ込めれない」

歌姫「ふふふ」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:44:07.69 ID:FqTSH1nW0

歌姫「んっ…」

歌姫「……」

歌姫「(棚の上のボウルが取れない…)」

傭兵「よっと」ヒョイ

傭兵「これか?」

歌姫「あっありがと」

傭兵「他に取れない奴はあるか?」

歌姫「もう大丈夫よ」

傭兵「そうか。さーて卵は…」

歌姫「(びっびっくりした)」ドキドキ

傭兵「あったあった。えーと5個だったな」

歌姫「(大きい体…よく鍛えているのね)」

歌姫「(いつから傭兵をやってるのかしら)」

傭兵「どうした?そんなに見つめて」

歌姫「鍛えてあるなぁって」

傭兵「それが仕事だったからな」

歌姫「仕事……」

歌姫「その腕の傷も仕事で負ったのね」

傭兵「この傷は…ある商人を斬った時の傷だな」

歌姫「ッ」

傭兵「ハハッそんなに悲しい顔するなよ、何も人を殺す事が仕事じゃない」

傭兵「城を守ったり、獣を倒したりもする」

傭兵「と言ってもやはり人と戦う事が多かったな」

歌姫「辛かった?」

傭兵「そうでもない、その商人は…まあ料理をする時にする話じゃないな。調理に戻ろう」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:44:54.15 ID:FqTSH1nW0

歌姫「あとはいちごを乗せれば完成ね」

傭兵「中々美味しそうな出来じゃないか?」

歌姫「ウアサハには負けちゃうかも」

傭兵「料理は愛情が大事なんだろ?」  

歌姫「そうね、さっき私が言ってたばかりだもんね」

傭兵「となれば早速試食したいが…この量は二人じゃキツイな」

歌姫「あとで皆で食べましょ」

傭兵「棚にでもしまっておくか…ん?これは…」

歌姫「なになに?変な物でも…ふふっ盗賊もやっぱり乙女ね♪」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:45:36.45 ID:FqTSH1nW0

  誕生日当日



歌姫「よ~し気合入れて作るわよ!」

傭兵「昼までには終わらせるようにしたいな」

歌姫「昼?」

傭兵「腹が減った時に目の前にケーキがあったら困るだろう?」

歌姫「貴方って意外に我慢できないタイプなのね」

傭兵「俺が心配してるのは歌姫の事だぞ?」

歌姫「もう!馬鹿にして!」

傭兵「悪かった悪かった。そんなに怒らないでくれよ」

歌姫「むぅー」 

傭兵「さあ、早めに作ってあいつに渡そう。時間も迫ってきているしな」

歌姫「ふん!私貴方のケーキ手伝わないからね!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:46:33.96 ID:FqTSH1nW0

傭兵「こんなもんか」

歌姫「(結局傭兵一人で完成させてるし…)」

傭兵「そっちは完成したのか?」

歌姫「出来てるわよ」

傭兵「どれどれ……おっ綺麗なものだな」

歌姫「女の子だもの。料理くらい出来なくちゃね」

傭兵「盗賊は……」

歌姫「盗賊?あの子多分出来るわよ?」

傭兵「意外だな…」

盗賊「何が意外なんです?」

傭兵「とっ盗賊!?」

盗賊「傭兵さんって私の事そんな風に見てたんですね」

傭兵「違うぞ!?いや違わなくは無いがっていや…そのすまなかった」

盗賊「良いんですよ、どうせ私は女の子らしくないんです」

傭兵「本当に悪かった……」

歌姫「あらー?このチョコは何かしらー?」

盗賊「あっ!」ゲフンゲフン

盗賊「みっ見たことないですね?」

歌姫「ここを使うなんて珍しいわねー」

盗賊「ホッホントですね」

傭兵「盗賊、意外だなんてとんでも無かったな。立派な乙女だよ」

歌姫「でしょ?普段は隠してるのよ」

盗賊「何言ってるんですかぁ!」パシッダダダダダ

歌姫「行っちゃった…」

傭兵「顔真っ赤するほど恥ずかしかったんだな」

歌姫「それを言っちゃ可哀想じゃない」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:46:59.70 ID:FqTSH1nW0

歌姫「今から配りに行くけど貴方も行く?」

傭兵「いや、俺が作ったのはホールケーキだからな。次の食事の時にみんなで食べてくれって言う事にする」

歌姫「そう、じゃあ行ってくるわ!」バタン

傭兵「…」

傭兵「歌姫…」

傭兵「真っ先に盗賊の所へ行くんだろうなぁ」

傭兵「俺も見に行こうか…」

傭兵「辞めておこう、そんな無粋な真似はしたくない」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:47:47.13 ID:FqTSH1nW0

歌姫「ふー今日ももう終わりね」

傭兵「そうだなー」

傭兵「不満な事と言えば夕食後に掃除をさせられているとこくらいだな」

歌姫「盗賊ちゃんも困ったものね」

傭兵「まさか床に向かって泥を投げ始めるとは思いもしなかったよ」

歌姫「普段そんな素振り見せないから尚更恥ずかしかったのよ」

傭兵「まっ今回は許してやるか。よし、終わった」

傭兵「じゃあ部屋に戻るよ」

歌姫「待って」

歌姫「あなたに渡したいものがあるの」

傭兵「渡したい……もの?」

歌姫「はいどうぞ」

傭兵「……ハートのチョコ?」 

歌姫「そう、ケーキとは別に作っておいたのよ」

傭兵「これって」

歌姫「傭兵さん、あなたの事が好きです」

歌姫「もっと早くに言いたかったけど、勇気を出せなかった」

歌姫「でもチョコと一緒に渡せば言える気がしたの」

歌姫「それでも言えるか不安だったけど、盗賊ちゃんが富豪に勇気を出してる所を見て私も頑張らなきゃって」

歌姫「だから、」

歌姫「私と付き合ってください」

傭兵「歌姫………」

傭兵「純粋で、よく笑って、たまに泣いて、常に明るいから純粋な好意を伝えれるんだな」

傭兵「俺だったら照れ臭くてできないよ、それにその純粋さは俺には無い。純粋と言うには血に汚れすぎてる」

傭兵「そんな俺でもいいのか?」

歌姫「ッ!何言ってるの!私はその血がか弱い人のためって知ってる!その時あなたも傷ついてるのも知ってる!」

歌姫「そんなあなたじゃ無きゃ駄目なの!」

傭兵「……女の子にここまで言わせなきゃ分からない何て男の失格だな」
 
歌姫「そっそうよ。でもまだ肝心の返事が聞けてないわ」

傭兵「ああ、そうだったな」

傭兵「俺も歌姫の事が大好きだよ」

歌姫「傭兵!」

傭兵「もし、もしその気があるなら」

傭兵「これからの人生俺と歩んでくれないか?」















12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:48:21.11 ID:FqTSH1nW0







歌姫「はい、あなた隣で歩いて行きたいです」





  



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 01:52:41.56 ID:FqTSH1nW0

最初に書いた通り少ないですが以上になります。これに出てくるキャラはあるゲームの登場人物ですが気になるなら検索してみてください。
盗賊アーサーみたいな感じで検索すると出てきます。
あっ(ステマじゃ)無いです



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/19(火) 08:11:59.63 ID:wv6/LS160

ミリオンなアーサーだよな(マ)



元スレ
SS速報VIP:私の思いを傭兵に
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468859610/