1: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:37:32.20 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「大体育館を…」

鞠莉「イエス!邪魔しないであげてね、ダイヤ、あの娘たちとってもシャイニーなんだから☆」

ダイヤ「別にわたくしは邪魔なんてしてませんわ」

ダイヤ「それよりあなたも調子の良いこと言って、非情なことするんですのね」

鞠莉「そんなつもりないよ~何もできなければそれまで、だけどあの娘たちはやれる気がする!」



2: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:38:05.30 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「別にわたくしは彼女らに期待なんてしてませんわ」

鞠莉「もぉ~相変わらずツンデレさんね♡」



3: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:38:52.68 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「というかダイヤ、なんでまだ理事長室に残ってるの?マリーのこと待ってた?」

ダイヤ「はぁ?…///あなたに話たいことがあるのは当然でしょう!だいたい理事長なんて…」

鞠莉「はいはい、それは証拠見せたでしょ?本当に話したいことは?」



4: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:39:46.58 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「それは…」

鞠莉「ねえ、ダイヤ…本当に大きくなったね」ギュッ

鞠莉「昔はこんなに小さかったのに」

鞠莉「高校生の女の子がここまで成長するなんてすごい!」

ダイヤ「…意地ですわ…」

鞠莉「ん?」



5: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:40:24.71 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「あなたに追いつきたかったから、次に会ったら上から話してやろうって決めましたの」

ダイヤ「いつもわたくしのこと小さいってからかってたくせに、急にいなくなって…」

ダイヤ「負けたくなかったから、生徒会長にもなって学校を守ってましたの」

ダイヤ「大変、でしたのよ?この2年…」



6: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:40:50.85 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「大変でしたけど忙しいけれど、成長できた気がしますわ…心も体も」

ダイヤ「全部、あなたへの想いがきっかけ…」

ダイヤ「背が伸びるにつれて伝えたいことも増えて…」

鞠莉「宛名のない手紙も?」

ダイヤ「崩れる程重なっ…てませんわ!」

ダイヤ「もう!そうやってすぐに茶化す…」



7: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:41:18.03 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「あはは、ソーリーソーリー」

ダイヤ「だから、とにかく…その…会いたかったですわ…///」ウルウル

ダイヤ「もう、どこにも行かないで…!」



8: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:41:58.77 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「よしよし、心配かけてごめんね?」

鞠莉「私もまた会えてベリーハッピーなんだから♡」



9: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:42:21.04 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ところで、何cmまで伸びたの?」

ダイヤ「162cmですわ…これで、あなたのことを越したはず…」



11: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:42:53.77 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「オゥー!でも、残念」

鞠莉「私だって伸びたよ!163cm!」

ダイヤ「うそ…あと1cm…」



12: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:43:17.01 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「結局まだ追いつけないのね…」

ダイヤ「それに、役職までもわたくしより上…」

鞠莉「まあまあ、こんなに近付いたじゃん☆背伸びしたらもう私の上でしょ?」

鞠莉「ほら?」



15: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:43:48.08 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「…確かに、これがあなたを見下ろす景色…」

ダイヤ「悪くないですわね」



16: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:44:09.05 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ふふふ、ねえ、ダイヤ?綺麗になったとかよく言われない?」グイッ

ダイヤ「わっ!ちょっ?!…///」

鞠莉「しか~し!」

ダイヤ「だから人の話を…」

鞠莉「私にとってダイヤはいつまでも可愛い!キュート!」

鞠莉「だからやっぱり私を見下ろすなんてノンノンノン!」ギュッ

鞠莉「やっぱりダイヤはマリーの腕の中にハマってなくちゃ!」



18: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 01:45:18.63 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ねえ、ここ生徒会室より居心地良いよ?」

鞠莉「相変わらずな方も、マリーをきっかけに成長させないとね…♡」

ダイヤ「あっ…///ちょっと…///」



29: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:53:52.12 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ねえ、ダイヤ?さっきあの娘たちがいる前で揉まれてどう思った?」モミモミ

ダイヤ「べっ…///別に何も思い…んっ///ませんわ!…///」

鞠莉「本当に~?一瞬だけど、ハードにやったつもりだったのに☆」モミモミ

ダイヤ「ちょ…///話すのか…///触るのか、どちらかにしなさい!」

鞠莉「じゃあはい」パッ



30: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:54:44.84 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「だいたい、あなたは2年前から人前で堂々とこういうことしてたじゃない…」

鞠莉「そういえばそうだった!じゃあ、ダイヤももっとハードにしていいってことね!」

ダイヤ「なっ!誰もそんなこと…」



31: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:55:32.30 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ていうかダイヤ~」

ダイヤ「む…何ですの?」

鞠莉「じーー」

ダイヤ「…」



32: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:56:00.19 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「マリーが離したら急に機嫌悪くなってない?」

ダイヤ「そ、そんなわけないですわよ!」

鞠莉「もう~はいキャッチ☆」モミモミ

ダイヤ「ひゃん!…///」

鞠莉「ほら、すぐ嬉しそうな顔に戻っちゃった!」モミモミ♡

ダイヤ「そんな…///嬉しいなどと…!///あんっ!」



33: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:56:34.28 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「まだ服の上からだよ~」モミモミ☆

ダイヤ「は、激し…///」

鞠莉「じゃあ、脱いじゃおっか?」

ダイヤ「…///」コクン

鞠莉「あれれ~?急に素直になっちゃって♡」

鞠莉「こんなにコロコロ気持ちが変わって、ダイヤってほんと面白い!」



35: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:57:29.03 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「む…!今のは聞き捨てなりませんわ!わたくしがコロコロ変わるって…?」

鞠莉「あ、ソーリー!ダイヤの気持ちはマリーだけだもんね♡」

ダイヤ「と、当然ですわ…///」

鞠莉「ん~!キュート!」



36: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:58:27.37 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「そ、それに、脱ぐのだって、暑いだけですわ!」

鞠莉「あはは、今そこ否定しても遅くない?」



37: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:58:55.19 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「はい、脱がせてあげるね~」

ダイヤ「じ、自分で脱ぎますわ!」

鞠莉「ダーメ!はい、大人しくしててね~」

ダイヤ「うぅ…///」



38: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 02:59:31.42 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「オォー!触った感じは変わらなかったけど、見た目はちょっと成長してるね♡」ツン

ダイヤ「あっ!…///」

鞠莉「感じちゃってる?」ツンツン

ダイヤ「ひっ!…///だ、大丈夫ですわ…」

鞠莉「それにしても、ロリダイヤも良かったけど、今も最高よ♡」チュッ

ダイヤ「あん…///舐め、ないで…///」



39: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:00:01.83 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「というか、ロリダイヤってなんですの!」

鞠莉「昔もすぐ屈服してたよね?」

ダイヤ「…それは…///」

鞠莉「安心して♡マリーのテクに衰えはナッシング!」チュー☆

ダイヤ「ん~~!!!」ビクン



40: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:00:32.06 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「感度まで成長しちゃったのね♡」

ダイヤ「い、…///いえ、まだ行けますわ!」ハアハア

鞠莉「そうこなくっちゃ☆」

鞠莉「じゃあまずお待ちかねの、んっ」チュー

ダイヤ「ん~…///」チュー



41: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:01:08.41 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「…」レロレロ

ダイヤ「ん~!…///」プハー

鞠莉「効いてる効いてる☆」

ダイヤ「またあなた、上手くなってる…」

鞠莉「アメリカでは普通だもん!いっぱい練習したよ☆」

ダイヤ「えっ…ということは他の方とキ…」



42: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:01:56.60 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「イッツジョーク!」

ダイヤ「良かった…」

鞠莉「ダイヤ以外となんかしたくないよ♡」チュー♡♡



43: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:03:10.33 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「そろそろこっちもね♡」



45: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:03:42.14 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「びしょびしょで冷たい☆」

ダイヤ「そ、そんなこと…///」

鞠莉「もしかして、あの娘たちがいた時から、濡れてた?」

ダイヤ「え、そ、そこまではしたない女じゃありませんわ…///」

鞠莉「どうかな~?今度誰かにあったら確かめてみる☆」

ダイヤ「や、やめなさい!」

鞠莉「はーい」スルッ



46: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:04:54.98 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ふふっもう抵抗しないんだね」

ダイヤ「濡れてて、気持ち悪いので…///」

鞠莉「もう言い訳も本当に苦しくなってきてる!」クチュ

ダイヤ「あんっ!…///」



47: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:05:59.40 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「なんか、今日はすぐ終わっちゃいそうだね☆」クチュクチュ

ダイヤ「し、仕方ないじゃありませんの♡」

ダイヤ「2年間、んっ…///我慢してたんですのよ?」

鞠莉「エラいエラい☆」クチュクチュ♡



48: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:06:34.53 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「あんっ!…///ま、まりぃ…///」

鞠莉「ん~?」クチュクチュ♡♡

ダイヤ「ひゃっ!あっ…///ん~…!!///大好き♡♡♡」ビクンビクン♡♡♡



49: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 03:07:12.22 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「」グッタリ

鞠莉「マリーはまだ何もされてないんだけど、今日は厳しそうね」

ダイヤ「うっ…///ごめんなさい…///」

鞠莉「いいのいいの♡必要な時は理事長としてアナウンスするから☆」

ダイヤ「や、やめなさい」

鞠莉「イッツジョーク☆またいつでもここに来てね♡」

ダイヤ「はぁ…ちゃんと仕事もしなさいよ…」



61: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:31:55.49 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ(うぅ…///やってしまいましたわ…///)

ダイヤ(会えたのが嬉しすぎたとはいえ、わたくしとしたことがなんという痴態…///)

ダイヤ(でも良かった、あの頃と変わってない…///)



62: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:32:31.11 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「つーかまえた!」ギュッ

ダイヤ「きゃっ!む…またですの?!や、やめなさい!小原鞠莉!」

鞠莉「むぎゅーっ!離さないよー!」



63: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:33:09.06 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「全く…どうして入学したてでこんな変な人に付きまとわれなきないけないの…///」

鞠莉「そんなこと言っちゃって~嬉しそうだよ?」

ダイヤ「嬉しくなんかありませんわ!」

鞠莉「ん~!ベリーキュート!」

ダイヤ「本当にわかりませんわぁ」



64: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:33:36.41 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「だって~中学生はきちんと保護しなきゃ☆」

ダイヤ「だ、誰が中学生ですって~!あなたが大きいだけでしょう?」

鞠莉「このくらい女子高生としては普通だよ☆女子高生としてはね」

ダイヤ「わ、わたくしだって女子高生ですわ!それに、学級委員長ですのよ?偉いんですからね!」

鞠莉「そういうところが子供っぽいんだよ~」ギュー

ダイヤ「離しなさ~い!」ジタバタ



65: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:34:01.71 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「は~い」スッ

ダイヤ「わっ…と、急に離さないで…!」

鞠莉「どっちなの~」

鞠莉「お子様のお相手はこの辺で☆チャオ~」

ダイヤ「あ、こら待ちなさい!」

鞠莉「」スタスタ



66: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:34:26.42 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ(もう…///本当に何なんですの…小原鞠莉)

ダイヤ(というかチャオって便利ですわね…)



67: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:34:52.89 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「朝から騒がしいですわね…」

モブ「」ワイワイ

ダイヤ(あれは!入学実力テストの結果!ふふっ当然1位はこのわたく…)



68: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:35:24.77 ID:g1ZPx1pN.net

1位 小原鞠莉 偏差値 73
2位 黒澤ダイヤ 偏差値69



69: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:36:04.33 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「なっ!」

モブ「すごいね~!小原さん!」

モブ「さすが小原家!」

ダイヤ「ど、どうしですの…」

鞠莉「ふっふっふ」

鞠莉「どうしたのかな?ダ・イ・ヤちゃん♡」

ダイヤ「な、納得いきませんわぁ…」



70: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:36:34.55 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「わたくしが1位ですわ!って顔しながら来たよね~」

鞠莉「残・念☆」

ダイヤ「つ、次はこうはいきませんわ!次のテスト、勝負しなさい!小原鞠莉!」

鞠莉「勝手にそんなこと言われてもな~」

鞠莉「マリーの才能がエクセレントなだけだし」

鞠莉「勝負する気なんてないよ☆」

鞠莉「でも君だって頑張ったじゃん、2位」

ダイヤ「なんという屈辱…」

鞠莉「ムキにならないの」ナデナデ

ダイヤ「っ!…///こ、子供扱いはやめなさい!」

鞠莉「ま~たこんなキュートな顔しちゃって♡」



71: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:37:08.82 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ねえねえ、この授業つまらなくない?」

ダイヤ「そういうこと言うんじゃありません」

ダイヤ「先生達はわたくしたちのために授業してくださっているというのに…」

鞠莉「お堅いな~さすがガリ勉ちゃん」

ダイヤ「なっ!勉強することの何が悪いんですの?!というか前向きなさい!」

鞠莉「悪いなんて言ってないよ~」



72: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:37:37.66 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「しかもあなただって勉強好きでしょう?」

鞠莉「そんなわけないじゃん!めんどくさいことは嫌いだよ~」

ダイヤ「わたくしより成績良いくせに…」

鞠莉「まだ言ってるの?あれはマリーの才能だって☆」

鞠莉「というか、中学校の内容だし?」

ダイヤ「む~!悔しいですわぁ!」



73: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:38:18.01 ID:g1ZPx1pN.net

先生「こら、そこうるさいぞ!しっかりしろ委員長」

ダイヤ「はっ!す、すいません」カァー…///

モブ「あははダイヤちゃん可愛い~」クスクス

ダイヤ「小原鞠莉ぃ…どうしてわたくしが怒られなきゃいけないのよ…」

鞠莉「ねえねえ、モブちゃん、ここの問題なんだけど…」

ダイヤ「こら、あなたのせいですのよ?」



74: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:38:51.45 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「あれ~?どうしたの?教室に1人で残って」

ダイヤ「委員長ですから、仕事があるの」

鞠莉「エラいね~」ナデナデ

ダイヤ「やめなさい!…///邪魔するなら帰って」

鞠莉「反応がだんだん嬉しさ隠せなくなってきてるよ☆」

ダイヤ「だから、嬉しくなんてないですわ!」



75: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:39:18.52 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「漫画じゃないんだし、学級委員長なんて実際そんなに仕事ないと思うけどね~」

鞠莉「頑張り過ぎちゃダメよ、ダイヤちゃん♡」ナデナデ

ダイヤ「もう!学級委員長だって大変なんですからね!でも、わたくしは黒澤家の長女としてこんなことくらい…」

鞠莉「もしかして、子供扱いされてること気にしてる?」

ダイヤ「子供扱いは、しないでほしいですわ…」

鞠莉「じゃあ、こういうことももうされたくないの?」ギュッ



76: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:40:14.47 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「わわっ…///そ、それは嫌いじゃありませんわ…///」

鞠莉「あれれ~?やっぱりハッキリしないな☆」

ダイヤ「…///というか、あなたなぜまだ学校に残ってたの?」



77: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:40:44.45 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「それはもちろん君を探してたのだ!そしたらここで~」

鞠莉「ロックオン~☆」

ダイヤ「はぁ…全く何のために…」

鞠莉「一緒に帰りたいだけだって~」

ダイヤ「じゃあ、仕事手伝いなさーい!」



78: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:41:21.21 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「やりましたわー!」

\97点/

ダイヤ「あなたはどうですの?」



79: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:41:51.04 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「さっすがダイヤ☆マリーは全然ダメだって~」

\67点/

ダイヤ「え…何ですのこれ…」

鞠莉「平均を超えたからよし!」

ダイヤ「これじゃ勝った気になりませんぁ…」

鞠莉「だから言ったでしょ?勝負はしないし、私はそんなに勉強好きじゃないって」



80: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:42:23.91 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「もう、私との勝負にこだわらなくていいんじゃない?」

ダイヤ「だって、あなたに」

鞠莉「子供扱いされたくない?じゃあ、放課後残って♡」



81: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:43:15.06 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「何するんですの?」

鞠莉「前は私からのスキンシップ嫌がってたのに、最近は自分から私にかまってない?」

ダイヤ「そんなつもりは…」

鞠莉「ねえ、大人の階段、登ってみない?」ズイッ

ダイヤ「ち、近い…」

ダイヤ「何をするつもり…」



82: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:43:40.40 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「Kissだけど?」

ダイヤ「ん、待ちなさい!」

鞠莉「これも嫌がってないってことは?」

ダイヤ「す、好きですわ!!!…///」



83: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:44:03.26 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「え…///」

ダイヤ「な、わたくしは何を…///」

鞠莉「今のは…///」

ダイヤ「ええ、もうハッキリ言いますわ!」

ダイヤ「わたくしはあなたのことが好きです!…///」



84: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:44:32.51 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「やった!これで勝っ…ん?!…///」



86: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:45:11.18 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「ん~!」チュー

鞠莉「進歩したんじゃない?ダイヤ」

鞠莉「でもまだまだだよ♡」



88: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:45:44.65 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「い、いまなにを…///」

鞠莉「嬉しいんでしょ?」

ダイヤ「そ、そんな…///」

鞠莉「じゃあ、さっきの言葉は嘘?」

ダイヤ「ほ、本気ですわ!」

鞠莉「良かった」

鞠莉「マリーも嬉しい♡」



89: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:46:20.36 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「私も好きよ、ダイヤ♡」ドン



90: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:47:09.98 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「ひゃっ!な、何してますの!?」

鞠莉「何って、押し倒してる☆」

ダイヤ「は、早すぎますわ!…///」

ダイヤ「こういうことはお付き合いを深めてからで、今想いを伝え合ったわたくしたちにはいくらなんでも…」

鞠莉「大人になりたいんでしょ?」

ダイヤ「うっ…///そ、それに女性同士でなんてどうすればよいのか…」

鞠莉「安心して☆経験たっぷりのマリーに任せなさい♡」

ダイヤ「はあっ!?それって、どういう…」



91: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:47:52.91 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「イッツジョーク♡私ももちろん初めて♡」



92: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:49:42.21 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「身長だけじゃなくて、こっちも中学生ね☆」

ダイヤ「やかましいですわ…///」

鞠莉「でもとっても綺麗♡」ツンツン

ダイヤ「ひゃん…///」

鞠莉「あんまり揉んでる感じしないな~」モミモミ

ダイヤ「あんっ!…///ダメ…///」



93: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:50:54.75 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「じゃあ、こうしちゃう」チュー

ダイヤ「あっ!す、しゅごい♡」

鞠莉「ここだけでこんなに感じてるんだ♡」

鞠莉「でもまだイッちゃダメ☆マリーも気持ち良くさせて♡」バサッ



94: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:51:34.58 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「お、大きい…」ズーン

鞠莉「驚いた?」

ダイヤ「い、いきますわよ…///」モミモミ

鞠莉「Oh!良い感じよ!ダイヤ!」

ダイヤ「なんかこうしながら敗北感が…」モミモミ

鞠莉「イイよ~もっと!メニー!」



95: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:52:05.12 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「ん~…///で、では!」ツンツン

鞠莉「あんっ!すごい!ダイヤ!」

ダイヤ「あなたも感じてるんですのね…///」コリコリ



96: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:52:55.68 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「なんでこんなに上手なの?!あ、1人でする時いつもしてるからでし…んっ!…///」

ダイヤ「お黙りなさい!…///」チュー

鞠莉「すごいよ…///イッちゃいそう…」ギュッ



97: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:53:34.93 ID:g1ZPx1pN.net

鞠莉「こっちも、ね♡」

ダイヤ「初めて、ですのに…///」

鞠莉「初めて、だからこそじゃい?」スルッ

ダイヤ「あっ!スカートが…///」



98: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:54:32.59 ID:g1ZPx1pN.net

スタスタ

ダイヤ「えっ!」ビクッ

ダイヤ「だ、誰か来ましたわ!」グイッ

鞠莉「あっ!ちょっとダイヤ~私は気にしないっ、ん~~!!」ジタバタ

ダイヤ「隠れますわよ!」



99: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:55:19.82 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「先生ですわ…」

ダイヤ「帰りましょう…」

鞠莉「お預けはヤだよ~!」

鞠莉「ビビっちゃってるの~?」

ダイヤ「そういうことじゃないですわ!」



100: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:56:05.71 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ「ただ、ここで問題になったら、せっかくあなたと結ばれたのに…///」

鞠莉「そっか~」

鞠莉「本当に可愛いんだから♡」ナデナデ



101: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 20:57:03.95 ID:g1ZPx1pN.net

ダイヤ(ん~~!!…///)

ダイヤ(思い出しただけで、顔から火が出そうですわ…///)

ダイヤ(次はわたくしがやってあげなきゃ…///)

ダイヤ(大人になった姿、見せてやりますわ!)



110: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:29:10.83 ID:RcLFspx0.net

鞠莉(アナウンス)「皆様~本日は、あ、本日も授業お疲れ様でした~」

ダイヤ(何ですの…このふざけたアナウンスは…)

鞠莉(アナウンス)「生徒の呼び出しをしま~す」

鞠莉(アナウンス)「生徒会長、黒澤ダイヤさ~
ん、黒澤ダイヤさんは至急理事長室まで来てください」



111: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:29:38.53 ID:RcLFspx0.net

モブ「え、生徒会長と理事長って同じクラスなんでしょ?」ヒソヒソ

モブ「なんでわざわざアナウンスなんか」ヒソヒソ

モブ「そういうプレイでしょ」ボソッ

モブ「もう~!あんた脳内どうなってんのよ」

アハハハ



112: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:30:12.15 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ(く~…!///恥ずかしいですわ)

ダイヤ(こんなアナウンスなくても行くというのに…)



113: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:31:18.71 ID:RcLFspx0.net

ガチャッ
ダイヤ「来ましたわ!理・事・長」

ダイヤ「何のようですの?」

鞠莉「もう~分かってるくせに☆」



114: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:32:02.82 ID:RcLFspx0.net

鞠莉「理事長命令です!私を…」

ダイヤ「ちょっと待ちなさい!」カチッ



115: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:32:41.90 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「何で放送がONになってるんですの?」

ダイヤ「あなたバカ?」

鞠莉「ふふっ全校生徒に理事長と生徒会長のイケナイ関係を晒しちゃおうと思って☆」

ダイヤ「相当な変態ですわよ」

鞠莉「あれれ~?どうして、変態ということになるのかなぁ?」

鞠莉「やっぱりその気で来ちゃった?」



116: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:33:33.59 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「なっ…///ど、どうせそんなところでしょう?」

鞠莉「ま、そうけどね☆」

鞠莉「それでは、理事長命令です!」

鞠莉「私を気持ち良くしなさい♡」



117: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:34:06.25 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「分かりました…では、遠慮なく♡」ドンッ

鞠莉「え…///あ、あれ?ダイヤこんな大胆だっけ?」

ダイヤ「わたくしだってやる時はやりますの」バサッ



118: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:34:37.61 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「久しぶりだけど、本当に大きいですわね」モミモミ

鞠莉「あんっ…///前より…なんか、違う…///」

ダイヤ「手だって大きくなりましたの」モミモミ

ダイヤ「どうですの?」ドヤァ



119: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:35:23.78 ID:RcLFspx0.net

鞠莉「でも、まだまだよ☆」ニヤッ

ダイヤ「余裕でいられるのも今だけですわ!」チュー

鞠莉「赤ちゃんみたいだよ?」



120: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:36:08.03 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「ん~♡♡」レロレロ

鞠莉「あ、あれ…///赤ちゃんはこんなことするの…」

ダイヤ「さて、こっちもそろそろ…濡れてきてますわよ」サワサワ

鞠莉「あんっ!…///は、早く脱がせて」

ダイヤ「だんだん見たことない顔になってきてますわ」スルスル

鞠莉「で、でも…///まだ大丈…」

ダイヤ「ん~…///♡」チュッ



121: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:36:55.48 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「うるさい口は塞がないと…」

鞠莉「んっ…///♡♡」

ダイヤ「…」クチュクチュ

鞠莉(すごい…///声出したいのに、あっ…///)



122: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:37:39.64 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「そろそろイきそうになってますわね?」クチュクチュ

鞠莉「Oh!♡♡イッちゃう~…///」ビクンビクン

鞠莉「…♡♡」ハァハァ

鞠莉「あの見栄っ張りのロリッ娘はどこにいったの」

ダイヤ「そんな人知りませんわ」

ダイヤ「今のわたくしを見なさっ…」



123: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:38:08.82 ID:RcLFspx0.net

鞠莉「ダイヤの腕がすごくなったの認めるけど、こっちは別」ドンッ

鞠莉「私はあなたと違って体力あるんだから、速攻でイかせてアゲル♡」スルスル

鞠莉「ほら、マリーの体をまさぐりながら自分だってびしょ濡れになってるじゃない♡」クチュクチュ

ダイヤ「それは…///あなたの体がいやらしいのがいけないんですわぁ…///」

鞠莉「理事長室をこんなに汚しちゃって、どうしてくれるの?」クチュクチュ

ダイヤ「それだって、あんっ!…///、あなたの責任ん…///」ビクン

鞠莉「ま、ここの主目的は私とダイヤの秘密の花園ということだから心配ナッシング♡」クチュクチュ



124: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:38:45.00 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「ん~♡♡」ビクンビクン

鞠莉「ホントに速攻ね☆」



125: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:39:13.29 ID:RcLFspx0.net

ダイヤ「本当にこの部屋、こんなふうに使ってよろしいんですの…?」

鞠莉「勿論☆それとも、生徒会室がいいかな?」

ダイヤ「あそこはわたくし以外にも生徒会がくるからダメですわ!」



126: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/18(月) 13:39:47.25 ID:RcLFspx0.net

鞠莉「というかダイヤ、学校でこんなことするのに疑問はないんだね?」

ダイヤ「え…///だ、大丈夫ですわ」

ダイヤ「こういうスリルこそ大人の楽しい方でしょう?」

鞠莉「ふふっまだまだ子供だね♡」


終わり



138: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:08:19.87 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「というかダイヤ、学校でこんなことするのに疑問はないんだね?」

ダイヤ「え…///だ、大丈夫ですわ」

ダイヤ「こういうスリルこそ大人の楽しい方でしょう?」

鞠莉「ふふっまだまだ子供だね♡」



139: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:09:09.98 ID:UVwYwhE5.net

~~

鞠莉「うわさ?」

ダイヤ「ええ、わたくしが最強よく生徒会室に入びた…///行っているじゃない」

鞠莉「そうだね~入り浸ってるねぇ♡」

ダイヤ「そ、それでですわ」

ダイヤ「生徒会長と理事長はそういう関係なんじゃないか?っていう生徒がちらほらと…」

鞠莉「どういう関係?」

ダイヤ「もう!…///そこは、今言わせる必要ありますの?」



140: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:09:41.88 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「だいたい何で理事長室にいるだけでそういう話になるのかなぁ~?ここの生徒ってみんなむっつりさんだね☆」

ダイヤ「それは否定できませんわ…」

ダイヤ「残念ながらそういう思考の人が多いみたい…」

鞠莉「生徒会長を筆頭にね♡」

ダイヤ「そうで…ってこら!誰を筆頭ですって?!」

鞠莉「イッツジョーク☆」



141: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:10:15.81 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「ダイヤはガッツリくるもんね♡♡」

ダイヤ「もう!やめなさい…///」

ダイヤ「とにかくこの状況を何とかしないといけませんわぁ」

鞠莉「ほら~こんなに真剣になってるってことはみんなに知られたくないけど、理事長との秘密の会合は続けたいってことだよね~??」



142: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:10:51.61 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「否定、できませんわぁ…///」

鞠莉「それでこそだよ♡」

鞠莉「じゃ、任せて☆」

ダイヤ「?」

鞠莉(アナウンス)「え~生徒の皆さ~ん」

鞠莉(アナウンス)「わたくし、理事長小原鞠莉と生徒会長黒澤ダイヤは…」

ダイヤ「ちょっと何を…」



143: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:11:59.84 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉(アナウンス)「全校生徒が楽しめるあるプロジェクトについて話し合いを進めていま~す」

鞠莉(アナウンス)「勘違いしないように☆」カチッ

ダイヤ「何言ってますの?あなたは…」

鞠莉「だから~誤解を晴らそうと」



144: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:13:13.61 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「わざわざ全校にあんなアナウンスしたら、うちの生徒なら燃料にしかなりませんわ!!」

鞠莉「てへっ☆やっちゃった♪」

ダイヤ「これじゃますます周りから…」

鞠莉「もう~オープンにしていきたいけどなー」

ダイヤ「純潔なお付き合いだったらいいんですの…でもわたくしたちの関係は…///」

鞠莉「自分で言って真っ赤になってるよ~」

鞠莉「よ~し、じゃあちょっと付いてきて」



145: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:13:39.99 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「どうして体育館に?」

鞠莉「いいからいいから☆」

ガラガラ

バレー部「お疲れ様です!」

ダイヤ「こら、あなたも学生なんですから気を遣わせない」



146: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:14:44.66 ID:UVwYwhE5.net

バレー部「お疲れ様です!生徒会長!」

ダイヤ「お、お疲れ様…」

ダイヤ「わたくしもでしたわ…///」



147: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:15:10.44 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「ほら見て私達に対する視線」

ダイヤ「うぅ…これが嫌なんですのよ」

鞠莉「慣れちゃわない?」

ダイヤ「慣れませんわよ…というかどこに行くんですの?」



148: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:15:46.75 ID:UVwYwhE5.net

バスケ部「り、理事長!生徒会長!何しに行かれるんですか?そこは体育倉庫…」

バスケ部「あの娘話しかけたよ?」ヒソヒソ

バスケ部「目がガチだw」

バスケ部「でもやっぱりあの2人って…///」ヒソヒソ



149: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:16:16.37 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「えっ!?わたくしはただ…」

鞠莉「そんなに私達のこと、気になる?」

バスケ部「い、いえ!あ、あの何というか…」ドキドキ

鞠莉「ふふっステージ裏の照明設備の点検よ☆」

バスケ部「そ、そうでしたか」

鞠莉「行くよ?」ギュッ

ダイヤ「ちょ、待ちなさ…」

ガチャン



150: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:16:45.93 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「何がしたいですの?あなたは…」

鞠莉「分かってるくせに♡」

鞠莉「周りからの目を気にするダイヤに克服してもらうために、ここでシましょ?」

ダイヤ「え…///」

鞠莉「扉1枚の先にはいっぱい人がいる…」

鞠莉「こんなスリルも良いと思わない?」

ダイヤ「良いわけないじゃない!それに、誰か来たらどうするの…///」



151: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:17:28.42 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「部活が終わるまで、きっと大丈夫☆」

鞠莉「それに、ダイヤもう興奮しちゃってる♡」

ダイヤ「え、興奮だなんて…///」

鞠莉「顔がいつもみたいになってきてるよ♡」



152: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:18:00.55 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「ん…///」チュー

鞠莉「んん♡♡」チュー

ダンダン、ピー、ナイサー!

鞠莉「どう?みんなの頑張りをBGMにしてのKissは?」

ダイヤ「ぷはっ…///とてもイケナイことをしてる気分ですわぁ…///」



153: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:18:34.99 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「今更そんな感想~?」

鞠莉「最近ずっとイケナイことしてるくせにね♡」

ダイヤ「そいえば、そうでしたわね♡♡」トローン

鞠莉「興奮しきっちゃってるね☆」



154: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:19:09.29 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「ほら、ここマットがあってちょうどいいよ?」ドン

ダイヤ「あんっ!…///はやくシてほしいの…///ですわ…///」ウルウル

鞠莉(雰囲気酔いってやつ?可愛いすぎるんですけど!)ゾクゾク

鞠莉「いくよ~」バサッ

鞠莉「それ~」ツンツン

ダイヤ「ひゃん…///きもちぃ…///」

鞠莉(口での抵抗もない?!調子狂うなぁ)モミモミ



155: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:20:07.42 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「すごい顔になってるよ♡」モミモミ

ダイヤ「自分ぇも、わけがわかりせんぁ♡♡」トローン

鞠莉「可愛いなぁ♡」チュー

ダイヤ「んっ!…///吸い付きしゅごい♡♡」



156: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:20:41.19 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「あんっ!…///最高、ですわぁ…///」

鞠莉「ダイヤ、そうとう酔ってるよ?」コリコリ

ダイヤ「んんっ♡♡やっぱり、この雰囲気良すぎですわぁ…///」

ディーフェンス、バシュッ、ナイシュー



157: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:21:18.01 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「やっぱり変態さん☆」クチュ

ダイヤ「あぁっ!…///」

鞠莉「私も脱ぐよ♪」スルスル

ダイヤ「んちゅ♡♡」モミモミ

鞠莉「Oh!そんなに強く吸っちゃ♡」クチュ

ダイヤ「ひゃっ…///こ、こっちも♡」クチュクチュ



158: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:21:57.95 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「ん♡イイよ~!」クチュクチュ

ダイヤ「わたくしそろそろ…♡」

鞠莉「私もイッちゃう…///」

2人「ん~!!…///♡♡」ビクンビクン



159: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:22:47.15 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「わたくしは今まで何を…」サァーッ

鞠莉「今日のダイヤ、いつも以上にすごかったよ♡♡」

ダイヤ「やってしまいましたわ~…///」

ダイヤ「というか、部活は?!」

鞠莉「まだまだ終わんないよ~」

鞠莉「興奮しすぎて、時間かからなかったね…///」

ダイヤ「うぅ…///と、とにかく掃除して早く…」



160: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:23:26.90 ID:UVwYwhE5.net

ガチャン

バスケ部「お疲れ様です!」

バスケ部「し、照明の方は大丈夫でしょうか?」

鞠莉「バッチリよ☆」

ダイヤ「お疲れ様、部活しっかり頑張りなさいな」キリッ



161: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:24:05.71 ID:UVwYwhE5.net

バスケ部「なんか、すごい香りが…///」

バスケ部「大丈夫?!」

バスケ部「ヤバい…///あぁ…ダイヤ様、鞠莉様♡♡」プシューッ

バスケ部「ちょっと!」



162: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 01:24:36.82 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「なんだか今日はとんでもないことをした気が…」

鞠莉「ほら、だから少しは気にしないで理事長室の方いいでしょ☆」

ダイヤ「でも、たまにはこういうスリルも悪くない…///」

鞠莉「え…///もう~!ダイヤ大胆になりすぎ!」



169: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 18:10:47.99 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「最近のわたくし、自制できてるのかしら…」

鞠莉「全然、できてないよ?」

ダイヤ「うっ…やはりそうですの…」

鞠莉「主に求めるのは私だったのに、最近のダイヤはすごい!」

ダイヤ「そんなに…///」

鞠莉「やっぱり2年の我慢って伊達じゃないんだね☆」



170: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 18:11:21.68 ID:UVwYwhE5.net

鞠莉「そいえば、喘ぎながらは聞いたかもしれないけど、まだちゃんと聞いてないなぁ…」

ダイヤ「喘ぎって…///」

ダイヤ「何をですの?」

鞠莉「わからないの?」

ダイヤ「だって、何のことか…」

鞠莉「怒るよ?」



171: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 18:11:42.94 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「えぇ…それは、困りますわ」

鞠莉「ジョークじゃないよ」



172: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 18:14:11.18 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「あ、もしかして…」ダキッ

鞠莉「ちょっとダイヤ…///ここは公園だよ?」

ダイヤ「さすがにここでそんなことする訳ないじゃない…わかってないのはあなたの方ですわ」



173: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 18:15:31.50 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「好き♡」



174: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 18:16:00.62 ID:UVwYwhE5.net

ダイヤ「これが聞きたかったんでしょ?」

鞠莉「…///ずるいよ、とぼけたふりなんてして」

鞠莉(やっぱり大人になってるよ…///ダイヤ♡)




終わり



175: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 18:16:47.66 ID:UVwYwhE5.net

とりあえず終了します。続編はまたの機会にあるかもです。



元スレ
ダイヤ「あと1cm」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1468687052/