関連
あやせ「聞いてるんですか!?お兄たん!」京介「は?」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:14:36.36 ID:YU9kR+f70

あやせがゲームにハマる一週間前

桐乃「ただいまー」

京介「おかえり」

桐乃「……ふん。キモ」

京介「チッ、なんなんだよ」

京介「全く腹立ってくるな……」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:17:06.90 ID:YU9kR+f70

京介「ただ挨拶しただけじゃねぇか……もう……」

京介「……あ、借りてたエロゲーまだやってない。」

京介「一応クリアしておくか……」タスタスタス


京介「起動」ヒ゜ッ

京介「ああ、そういえばここからだったな」カチカチッ

京介「ふーむ……」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:22:33.79 ID:YU9kR+f70

京介「あー……詰んだ。どうしたらいい……」

京介「えーっと、ここの選択肢の分岐からだから……」

京介「って何真剣に考えてんだ。やめたやめた」

京介「あーめんどくせ。寝よ」コ゛ロ

京介「ふぁーあ……ふむ」コ゛ロコ゛ロ


prrrrrr
桐乃「はいもしもし?」

沙織『きりりん氏?いやーどうもどうも。』

桐乃「ああ、どうしたの?」

沙織『実は、知り合いのサークルからもらった同人誌なのですが、拙者の趣味と少々合いませぬ…』

桐乃「それがどうしたのよ」

沙織『その同人誌、譲りたいのでござる』

桐乃「本当?じゃあありがたく頂くわ」

沙織『ふむ。感謝するでござる。では失礼するでござるよ』ヒ゜ッ

桐乃「ふーん……同人誌ね……」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:27:18.84 ID:YU9kR+f70

ヒ゜ンホ゜ーン
『お届けものチーッス』

桐乃「はいはーい」

桐乃「手配が早いわね……どんなものなんだろ?」ヒ゛リヒ゛リ

桐乃「……表紙は普通じゃない。どんな内容なんだろ……」ヘ゜ラ

桐乃「!?………SM……陵辱?うわ!エグい!うわー……」ヘ゜ラ

桐乃「くぅぅ……キツい……SAN値が下がるわ……」ヘ゜ラ

桐乃「ぐぁぁーー!うわぁぁ!」ヘ゜ラ

桐乃「ひゃあああああ!」
カ゛ンッ

京介「おい!うるせぇよ!なにやってんだ!」

桐乃「あ、あんたに関係ないでしょ!聞き耳立てないでよ!」

京介「壁越しでも聞こえるほど叫んでんじゃねぇよ!」

桐乃「あーもーうるさい!」


京介「全く……もう一回寝よ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:32:41.76 ID:YU9kR+f70

桐乃「あー……これ何冊もあんの?沙織の友達なにやってんのよ……」

桐乃「うーん……ソフトなものもあるけど……これはこれでキツい……」

桐乃「ちょっとしまっておこう……」

桐乃「あーもう……エロゲやろ」

桐乃「起動っとー」カチッ

桐乃「ふんふんふーん……」カチカチッ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:41:00.11 ID:YU9kR+f70

桐乃「……………」カチカチッ

桐乃「……ん?どういうことこれ……」

桐乃「あれ?あれ?洗濯を間違った?」
テ゛テ゛ーン
キャアァァァァァァ

桐乃「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!グロい!やだ!無理!」

桐乃「うわー……表紙でエロゲー買うと痛い目みるわ……」

桐乃「これならまだお尻ぺんぺんでもいいわ……むしろご褒美」

桐乃「……そういえばお尻ペンペンってどんな感覚か全然覚えてないわ」

桐乃「ちょっとさっきの同人誌見てみよう。」ヘ゜ラッ

桐乃「……最初はけっこうユルいのよね……」

桐乃「うっ、ここから……」

桐乃「ヒイッ!」ヘ゜ラッ

桐乃「ひゃあ!」ヘ゜ラッ

桐乃「うぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ヘ゜ラヘ゜ラ

桐乃「あー……慣れた」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:44:33.88 ID:YU9kR+f70

桐乃「けっこう慣れたらかわいいもんね」ヘ゜ラヘ゜ラ

桐乃「……ん?この本……」

桐乃「……兄妹ものか……ふーん……」ヘ゜ラ

桐乃「……ん?気のせいかな……」ヘ゜ラヘ゜ラ

桐乃「なんかあたしと兄貴に似てる気がするんですけど……」ヘ゜ラヘ゜ラ

桐乃「………」ヒ゜ッヒ゜ッ
prrrrrrr

沙織『もしもし、届いたでござるか?」』



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:48:44.31 ID:YU9kR+f70

桐乃「ちょっと、その知り合いって私たちのこと知ってる?」

沙織『ああ、知ってるでござるよ。顔写真とか見せましたし』

桐乃「……何か一冊妙にあたし達の顔に似てる本があるんだけど……」

沙織『へぇ……それは知らなかったでござるな。内容次第では、拙者が引き取るでござるが』

桐乃「いや!いいの!いいから!」

沙織『……?ならいいでござる。切るでござるよー』

桐乃「ああ、うん。ばいばい」ヒ゜ッ

桐乃「ふーむ……やっぱりあたし達がモデルっぽいわ……」ヘ゜ラヘ゜ラ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 14:54:31.24 ID:YU9kR+f70

桐乃「ちょっとびっくりしたけど、黒いのの漫画ちは違った画風で面白いわ……」ヘ゜ラ

桐乃「……ほう……ふーん……」

桐乃「ミスをした妹を……兄がおしおきねー……ありきたりだけどそういうのもアリね」

桐乃「お、おう……エロい……」

桐乃「ふーん……」ヘ゜ラヘ゜ラ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:13:51.11 ID:YU9kR+f70

桐乃「なかなかSMってのもいいわ……」

桐乃「実際されたらどんなんだろ……」

桐乃「……………」スッ

カ゛チャ
京介「Zzz……」

桐乃「ちょっと起きなさいよ」

京介「……あ?なんだ?」

桐乃「お願いがあるんだけど」

京介「んー…?」

桐乃「お、お尻…ペンペンして」

京介「……はぁ?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:16:43.81 ID:YU9kR+f70

京介「……お前、なに言ってんの?」

桐乃「だ、だから何回も言わすな!お、お尻ペンペンしてって言ってるの!」

京介「や、だから意味わかんねーよ。なんで俺がお前のお尻ペンペンしなきゃいけねぇんだよ」

桐乃「そ、それは……試してみたくて……」

京介「はぁ?」

桐乃「も、もらった同人誌が、その、そういう系で……」

京介「はー……で?」

桐乃「そ、それでお尻ペンペンが出て来たから、ちょっと、試したくなって…」

京介「なんでっ?」

桐乃「わかんないわよ!やってみたかっただけ!」

京介「はぁ……」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:21:47.50 ID:YU9kR+f70

桐乃「あんたがやりたくないっていうので引き下がってたら何かむかつくから、絶対やってもらうんだから」

京介「えー……マジで?」

桐乃「おおマジよ!」

京介「あー……妹が変態になってしまった」

桐乃「失礼ね!なってないわ!」

京介「はいはいみんなそう言うんだよ」

桐乃「ていうか、どっちかっていったらあんたのほうがそういう趣味もってそうなんですけど!」

京介「お前も失礼じゃねぇか!俺がそんな趣味もってるわけねぇだろ」

桐乃「ふーん……どうだか……」

京介(あやせの手錠は良いと思うけどなぁ……うん……アレは別だ……)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:31:00.57 ID:YU9kR+f70

桐乃「もう、絶対この部屋から出ないからね。してくれるまで」

京介(文章だけで見ると変態なのに……なんでこんなに偉そうなんだ……)

京介(ん……まてよ?これはどっかのエロゲで見たような……)

桐乃「なにやってんの!早くしなさいよ!」

京介「……ああはいはいわかったよ」

桐乃「!」ハ゜ァ

京介(何でお尻ペンペンでここまで明るい顔になるんだ)

桐乃「早く早く!」

京介「じゃあいくぞー……それ!」ハ゜シーン

桐乃「あうぅっ!」

京介「……どうだ?」

桐乃「うう……あともう一回だけ……」

京介「……はいはい。それ!」ハ゜シーン

桐乃「はうっ!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:35:59.33 ID:YU9kR+f70

桐乃(うーん……あんまり気持ち良さは感じなかったけど……)

京介「これで終わりか?もう寝ていい?」

桐乃(繰り返せば気持ちよくなってくるのかも……どんな気持ち良さなんだろう……)

京介「おい、聞いてんのか」

桐乃(よし……またやってもらわないと)

京介「おーい」

桐乃「…………」

桐乃「明日もやってもらうから」スタスタ

京介「はっ?」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:44:32.10 ID:YU9kR+f70

桐乃「ぶっちゃけ全然良さはわかんないわ」

桐乃「こういうの得意そうなのって誰かいなかったっけ?」

桐乃「………かたっぱしから聞いてみるか」


京介「あー……なんだったんだ?全く……」

京介「無駄に疲れて眠たくなった……」

京介「さっきよりぐっすりいけそう……」Zzz



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:51:40.70 ID:YU9kR+f70

桐乃「………」prr

あやせ『どうしたの桐乃?』

桐乃「あのさ、お尻叩いてもらって気持ち良さを感じたことってある?」

あやせ『……お兄さんに何かされたんだね!!わかった!!!今すぐ行く!!!』

桐乃「ちょ、違うって!」フ゛ツッ

桐乃「……切れちゃった。何か悪いことしたかな……」



あやせ「桐乃ばっかりズルいです!!私もお尻叩いてもらわないと!!!」タ゛タ゛タ゛タ゛



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 15:55:34.48 ID:YU9kR+f70

桐乃「んーと……」ヒ゜ッヒ゜ッ
prrrrr

黒猫『どうしたのかしら?』

桐乃「あんたさ、誰かにお尻叩いてもらって気持ちよくなったことある?」

黒猫『……あなた、新手の精神病にでもかかったのかしら』

桐乃「何なのよ!失礼ね!さっき兄貴に叩いてもらったんだけど、何もわかんないのよ……」

黒猫『なんですって?今なんと言ったの?』

桐乃「だから、さっき兄貴に……」
フ゛ツッ…

桐乃「急に切ったなぁ……あの黒いの…」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:00:25.37 ID:YU9kR+f70

黒猫「あの女ばかりズルいわ。私だって先輩に罵られながらお尻叩かれたいのに!!」タ゛タ゛タ゛タ゛



桐乃「あとは……」
prrrr

沙織『どうしたでござるか?同人誌のことでござろうな』

桐乃「違うわよ。……あんた、お尻叩かれて気持ち良くなったことある?」

沙織『……きりりん氏もそっち側に……いいんでござるよ。そういうお友達も出来るでござろうし』

桐乃「は?なに言ってんの?」

沙織『……これで失礼するでござるよ、きりりん氏……』
フ゛ツッ

桐乃「……意味わかんないわ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:03:21.07 ID:YU9kR+f70

京介「あーよく寝た。喉渇くな……」ヘ゜タヘ゜タ
ヒ゜ンホ゜ーンヒ゜ンホ゜ーン

京介「はーい」

あやせ「お兄さん!」ハァハァ
黒猫「先輩!」ハァハァ

京介「な、なんだお前ら。どうしたんだ」

あやせ「桐乃から聞きました!妹に変態行為をしていたそうじゃないですか!」

京介「あ、あれは頼まれたからやって……」

黒猫「あの女から聞いたわ。あなた最近変態的プレイにハマってるそうじゃない」

京介「だから頼まれて……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:08:44.66 ID:YU9kR+f70

京介「どうしたんだよ。何で来たんだ」

あやせ「本当に変態行為かどうか確かめるために、私にもやってください!」
黒猫「あなたの変態性をちゃんと見極めるために、私にもやりなさい!」

京介「は!?は!?」

あやせ「早くしてくださいお兄さん!本当は私だってこんなこと言いたくないんです!」

黒猫「恥をかかせないで頂戴。私だって不本意なのよ!」

京介「だったら言わなきゃいい話だろ!」

あやせ「そういうことじゃないんです!」
黒猫「わかってないわあなたは!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:17:02.70 ID:YU9kR+f70

京介「とりあえず落ち着け!な?」

黒猫「……そうね。邪魔者がいたら集中でき……落ち着いてられないわ」キ゛ラッ

あやせ「そうですね……邪魔者がいたら愛でてもらえ……落ち着けませんもんね」シ゛ロッ

京介「え?」

あやせ「さっきっから邪魔だと思ってたんですよ……」
黒猫「あら奇遇ねぇ?私もちょっと目障りだと思ってたところなのよ……」

京介「え?ちょっと……」

あやせ「ちょっとそこの土手まで来なさい」サ゛ッ
黒猫「望むとこよ」サ゛ッサ゛ッ

京介「……何か知らないけどどっか行ってくれた。良かった」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:23:22.70 ID:YU9kR+f70

桐乃「…………」prrr

加奈子『どうしたんだー?』

桐乃「ちょっ聞きたいんだけど、お尻叩かれて気持ち良くなったことある?」

加奈子『…………』
フ゛ツッ

桐乃「……あ、切られた。何か言いなさいよ全く……」

桐乃「あーあ何か喉渇いちゃった。お茶飲もう」トントントン

京介「…………」ク゛ッタリ

桐乃「……なにやってんのあんた」

京介「……いや、色々あってな……」

桐乃「ふーん」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:33:31.57 ID:YU9kR+f70

桐乃「さーてエロゲやろっと」カチカチッ

桐乃「この前買ったやつやってみようかな」

桐乃「正直タイトルだけ見てポチッちゃったけど……」

桐乃「さっきみたいなグロルート入ったら嫌ね……」

インストール中……
インストールが完了しました!

桐乃「よっしゃ始まるぞー……」カチカチッ



京介「はぁ……疲れた……なんだったんだ……」ヨロヨロ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:36:40.62 ID:YU9kR+f70

あやせ「はぁ……はぁ……」

黒猫「なかなかやるわね……」

あやせ「どうでしょう、一時休戦にしましょう」

黒猫「……ええ。そうね。また戦りましょう」

あやせ「望むところです」

黒猫「………」スッ
あやせ「……」カ゛ッ

あやせ「では、さよなら」
黒猫「ええ……」


あやせ「流れで握手なんかしちゃったけど、お兄さんにこれから触れる手が汚れちゃいましたね」フキフキ

黒猫「先輩に触れる手が他の女で汚れてたら失礼だわ……」ハ゜ッハ゜ッ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:44:01.97 ID:YU9kR+f70

京介「またあいつら来たらやだな……」

京介「あーあ休日を無駄に過ごしていく」

京介「何かないかな……かといってさっきみたいに疲れるのもやだし……」
ヒ゜ンホ゜ーン

京介「!?」ヒ゛クッ

京介「はーい……」カ゛チャ

あやせ「………」ニコニコ

京介「あ、あやせ……さっきまでのはもういいのか?」

あやせ「ええ。もう帰ってもらいました」

京介「そ、そうか……」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:49:33.74 ID:YU9kR+f70

京介「……で、なんだったっけ?」

あやせ「とぼけないでくださいよ。桐乃にやったことを責任もって私にもしてください」

京介「あ、ああ……そうだったな……」

あやせ「あ、あんまり触らないでくださいよ?」

京介「どういうことだよ……」

あやせ「な、なんでいいんです!桐乃は?」

京介「上でエロゲでもやってんじゃねぇの?」

あやせ(……好都合じゃないですか……)

京介「……俺はどうすりゃいいの?」

あやせ「そ、そうですね!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 16:57:42.49 ID:YU9kR+f70

あやせ「ちょっと失礼しますね」

京介「?あ、ああ。」
トントントン
カ゛チャッ

あやせ「桐乃?ちょっといい?」

桐乃「うわっ!?あやせ来てたの!?」

あやせ「た、大変なのよ!桐乃の好きな何とかうぃっち☆メルルの田村ゆ◯りさんが中野ブロードウェイで
    王国民と大行列作って歩いてたのよ!」

桐乃「マジで!?行くー!ちょっと行ってくる!」タ゛タ゛タ゛タ゛


京介「……うわっ!?」

桐乃「ちょっと遅くなる!行ってきまーす!」ト゛ト゛ト゛

京介「……どうしたんだ?」

あやせ「ちょっと色々言っただけです」

京介「……お前すげぇな」

あやせ「いやぁ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:02:11.23 ID:YU9kR+f70

あやせ「さぁ……誰もいないですよ……家で二人っきりですよ……」

京介「あ、ああ……そんな意味ありげに言うなよ……」

あやせ「さ、さぁ。桐乃にやったように、よく再現してやつてみてください!」

京介「……気が進まないな」

あやせ「いいですから!そういうの!早くやってください!」

京介「はいはい、わかったよ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:05:17.34 ID:YU9kR+f70

あやせ「準備はいいですね?さぁ」

京介「よーし……それ!」ハ゜シーン

あやせ「くぅんっ////」

京介「あれ?桐乃と反応が違うな……それ!」ハ゜シーン

あやせ「あああっ///」

京介「……」

あやせ「ど、どうしたんですかお兄さん…?」ハァハァ

京介「いや、二発で終わりだったから。再現して二発で終わりで……」

あやせ「なにいってるんですか!今のでちゃんとしたっていうんですか!もっとですよ!」

京介「えー……」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:08:49.83 ID:YU9kR+f70

京介「それ!」ハ゜シーン
あやせ「はぁん!////」

京介「うら!」ハ゜シーン
あやせ「あぅぅ//」

京介「まだかよ!」ハ゜シーン
あやせ「まだです!」


京介「はぁ……はぁ……ちょっと休憩……」

あやせ「はぁ……はぁ……そうですね……私もイキすぎて死んでしまいそうです……」

京介「ん?なんつった今?」

あやせ「な、なんでもありません」

京介「ああそう……手ぇいてぇ……」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:14:49.84 ID:YU9kR+f70

あやせ(正直まだ罵倒してもらってない……せめて一言でも罵ってくれれば……)

あやせ(……そうだ!)

あやせ「ねぇ、お兄さん」

京介「ん?なんだ?」

あやせ「実は昨日、お兄さんオカズにしてオ◯ニーやってました」

京介「……え?」

あやせ「もうテクノブレイクするかと思うぐらいしました」

京介「なに言ってんだお前!?気持ち悪!最低だなお前!」

あやせ(うおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!)



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:17:21.27 ID:YU9kR+f70

あやせ「さぁ!今のうちに!」

京介「何が!?」

あやせ「いいから!!!!!!」

京介「わ、わかったよ!やるよ!」

あやせ「なるべくならさっきの言葉を言いながらにしてください」

京介「は!?えっと……気持ち悪!最低!」ハ゜シーン

あやせ「はぁぁぁぁぁぁん////」

京介(こいつもよくわからん……)



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:20:12.75 ID:YU9kR+f70

1時間後

あやせ「ふぅ……まぁこれぐらいにしてあげます」

京介「つ、疲れた……なぜか最後お尻ペンペンじゃなくて足で踏むまでになったけど……」

あやせ「次はもっと上手くしてください!では!」タタタ

京介「………次あんの!?」

京介「……疲れた。俺は何か疲れてるんだ」

京介「さっきまでの夢だったんだよ……夢……」

京介「あーもう……一日に何回寝ればいいんだ……」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:25:42.12 ID:YU9kR+f70

京介「ふぁぁ……よく寝た」

桐乃「ただいま!ちょっと!田村ちゃんいなかった……杉◯さんならいたけど」

京介「へー……そりゃ良かったな」

桐乃「聞いて聞いて!銀さんの声やってもらったの!ずこいでしょ!」

京介「ふーん……」

桐乃「ところで……あやせと一緒になにやってたの?」

京介「べ、別になんでもねぇよ」

桐乃「嘘でしょ!帰る途中あやせと会ったけど、よだれ垂らして無視されたわよ!」

京介「なんだと……」

桐乃「なにやったの?」

京介「なんでもねぇって!」

桐乃「ふーん……」シ゛ロッ

桐乃「まぁいいわ!あたし兄貴のこと何か全然興味ないから!」

京介「あっそ……ったく」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:29:46.99 ID:YU9kR+f70

京介(なにがやりたかったんだろう……あやせは……)



桐乃「さーて、エロゲの続きやろ」

桐乃「………」カチカチッ

桐乃「……おおっ!?あの同人誌と同じような展開になってきた……」

桐乃「やっぱりお尻ペンペンで喜んでる……」

桐乃「うーん……どうしようかな……やっぱり慣れなのかな?」

桐乃「……あ!そうだ!自分で試して慣れればいいのよ!」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:35:46.14 ID:YU9kR+f70

桐乃「よーし……それっ!」ハ゜シン

桐乃「やっぱり自分だと手加減しちゃうな……もっと!」

桐乃「それっ!それっ!」ハ゜シン!ハ゜シン!

桐乃「うーん……気持ちよくならない……」

桐乃「せい!せい!」ハ゜シンハ゜シン

京介「うるせぇ!ト゛スッ

桐乃「ぴゃっ!?」

京介「またエロゲの声かてめーは!」

桐乃「うるさい!関係ないでしょ!」

京介「うるせぇんだよお前の声!」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:44:21.08 ID:YU9kR+f70

京介「全く……」

京介「おちおち勉強もしていられねぇ……」

京介「……お尻叩くときに、何か清々しいものを感じたけど、なんだったんだろ……」

京介「うーん……あやせ叩くときにはあんまり感じなかったけど……桐乃を叩いたとき……」

京介「なんかこう……スカッと……」

京介「まぁ仕返しみたいなものだからかな」

京介「……もう一回叩きたいなぁ」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:50:59.94 ID:YU9kR+f70

桐乃「……うーん……やっぱり誰かに叩いてもらおうかな……」
カ゛チャ
桐乃「兄貴」

京介「なんだよ」

桐乃「お尻ペンペンして」

京介「だー!わかったよ!やってやるよ!」

桐乃「やけに素直にね……そうよ!それでいいのよ!」

京介「はいはい!こい!」

桐乃「い、いくわよ!」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:57:11.14 ID:YU9kR+f70

京介「ふー……はい!」ハ゜シーン!

桐乃「くっ!」

京介「………」シ゛ーン

桐乃「も、もう一発!」

京介「お、おう!」ハ゜シーン

桐乃「いったい!」

京介「ふぉぉ……?」ムラムラ



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 17:59:41.99 ID:YU9kR+f70

桐乃「ふーむ……ちょっとエロゲやってくる!」タ゛タ゛ッ

京介「……ふぉぉ……?」ムラムラ

桐乃「ていっ!」カチカチッ

『三日もペンペンしてもらえないから……体がうずいちゃうよぉ……』

桐乃「……なるほど!」カチカチッ

桐乃「ふむふむ……へー……」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:03:50.27 ID:YU9kR+f70

桐乃「兄貴!!」ハ゛ターン

京介「な、なんだよ」

桐乃「三日たったらお尻ペンペンして!」

京介「……はぁ?」

桐乃「いいから!」

京介「……はいはいわかったよ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:08:47.58 ID:YU9kR+f70



京介「ふぁぁ……寝るか」
prrrrr

京介「はいもしもしー」

黒猫『私だけど、夜遅くごめんなさいね』

京介「ああ、かまわん」

黒猫『あのウザい女、家に来たかしら』

京介「あやせのことか?」

黒猫『名前などどうでもいいわ。来た?』

京介「ああ、来たけど……」

黒猫『……チッ。ありがとう。おやすみ』
フ゛ツッ
京介「え?あ、ああ……」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:14:02.34 ID:YU9kR+f70

京介「なんだったんだ……?」

京介「まぁいいか。寝よ」

京介「………Zzz」



桐乃「うーん……なかなか奥が深いんだ……お尻ペンペン……」

桐乃「ふーむ……ほうほう……」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:17:48.14 ID:YU9kR+f70



京介「ふぁぁ………」

京介「思いっきり寝るとむしろ疲れるよなぁ」

京介「……ん?おはよう」

桐乃「………」

京介「……ふん。」

桐乃「ねぇ」

京介「あん?」

桐乃「今あんたのこと無視したでしょ?」

京介「ああ。そうだな」

桐乃「おしおきは?」

京介「は?」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:22:15.27 ID:YU9kR+f70

桐乃「生意気な態度なのにおしおきもないの!?」

京介「いきなり何言ってんだお前!?」

桐乃「何かしなさいよ!」

京介「そう言ってる時点でもうおしおきじゃねぇだろ!どけ!学校行くんだよ!」

桐乃「ちょ、ちょっと待ちなさい!」

京介「邪魔だ!どけ!」

桐乃「どかない!」

京介「……どけ!このクソ妹!」ト゛スッ

桐乃「ぐぼっ!?」ト゛サッ

京介「はぁ…はぁ……あ!?」

桐乃「…………」ヒ゜クヒ゜ク

京介「しまった!悪い桐乃!大丈夫か!?」

桐乃「………」コヒューコヒュー

京介「みぞおちにいってしまった……」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:26:52.02 ID:YU9kR+f70

桐乃(なに……なにこの……ちょっと苦しくて……楽しい……?いや……)

京介「大丈夫か桐乃!?おい!」

桐乃(……き、気持ちいい……)

京介「おい!」

桐乃「うっ…だ、大丈夫よ……うるさいわね……」ヨロッ

京介「は、はぁ……大丈夫だったか……悪かった桐乃……」

桐乃「い、いいって……」

桐乃「それより……帰ったら覚悟しときなさいよ……」

京介「わかったよ!何でもしてやるから!」

桐乃「……そう……何でもね……」ヨロヨロ

京介(大丈夫かあいつ……)



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:33:20.63 ID:YU9kR+f70

桐乃「ふぅ……なんだったのかしら……」

あやせ「おはよー!桐乃!」

桐乃「あ、あやせ、何で昨日蒸ししたの?」

あやせ「え?どこで?」

桐乃「帰りで会ったでしょ!」

あやせ「え?そうかな?」

桐乃「よだれ垂らしてたでしょあんた!」

あやせ「え?そそそそそんなことないよ!」

桐乃「嘘つけ!」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:47:51.76 ID:YU9kR+f70

放課後

黒猫「ちょっと待ちなさい!」

京介「ん?」

黒猫「あなたよ先輩!」

京介「ああ、黒猫。どうしたんだ?」

黒猫「もしかして、あの邪魔な女にお尻ペンペンしたのかしら!?」

京介「……し、したけど」

黒猫「あぁぁぁぁぁぁ!!あの後にUターンしたのね……」

京介「ど、どした!?」

黒猫「あなたの家、まだ誰もいないわね?」

京介「あ、ああ」

黒猫「やってもらうわよ!今日はね!!」

京介「えぇ!?」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 18:57:05.34 ID:YU9kR+f70



京介「どうする気だよ……」

黒猫「言ったでしょう?あなたは私にこれからお尻ペンペンをするのよ」

京介「やっぱり……」

黒猫「では……」スルスル

京介「なに!?何で脱いでんの!?」

黒猫「私はね……直接してもらうのが大好きなのよ。恥をかかせないで頂戴」

京介「いやいやいや、いやいやいやぁぁぁぁぁ!!」

黒猫「さぁ……」

京介「……生尻にですか……」

黒猫「当たり前でしょ!早く!」

京介「くっ……やってやる!」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:02:12.87 ID:YU9kR+f70

京介「うおおおおお!」ハ゜シーン

黒猫「ふぅぅん////」

京介「そりゃ!」ハ゜シーン

黒猫「あああ////」

京介「はぁ……疲れた…」

黒猫「…なに?もう終わりなの?変態な上にヘタレね」

京介「お前が変態だろ!」ハ゜シーン

黒猫「!!あぁぁぁぁぁ/////」

京介「ここで尻出しておいてどの口が言うんだ!」ハ゜シーンハ゜シーン

黒猫「くあぁぁぁぁぁぁ////」

ハ゜シーンハ゜シーンハ゜シーン



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:08:01.78 ID:YU9kR+f70

ーーーー
黒猫「……ごめんなさい。取り乱してしまって……」

京介「お、俺も悪ふざけが過ぎたっていうか……」

黒猫「……すごい、嬉しかったわ。じゃあね」スタタタタ

京介「……は?」

桐乃「……さっき黒いのとすれ違ったんだけど、なんなの?」

京介「……いや、わけがわからん」

桐乃「ああそう」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:11:54.86 ID:YU9kR+f70



京介「何か最近腕が痛い……」

京介「寝て治さないと……」コ゛ロ

京介「ふぁぁ……Zzz」


桐乃「今日わかったことは……腹パンされたとき謎の快感っと……」カキカキ

桐乃「ちょっとググってみよう……」カタカタ

桐乃「ふーん……私みたいな人ってけっこういるんだなー」

桐乃「へー……」

桐乃「…………なるほど」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:17:26.43 ID:YU9kR+f70



桐乃「おい!起きろ!」

京介「……あ?なんだ?」

桐乃「起きろっつってんだよクソ兄貴!」

京介「朝っぱらからなんなんだよ。どうしたんだ?」

桐乃「うるせぇ!」

京介「は?」イラッ

桐乃「早く起きろ!」

京介「なんだよ!」ト゛スッ

桐乃「はあっ///」ト゛サッ

桐乃(ぐぉぉぉお……きたきたきたぁ……この感覚……たまらん……)

京介「なんなんだよお前は!全く……」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:21:36.40 ID:YU9kR+f70

京介「行ってきまーす」

桐乃「ちょっと待ったぁ!」

京介「なんだよ」イラッ

桐乃「待てって言ってんの!」

京介「遅刻するって」

桐乃「あんたのことなんか知らないわよ!」

京介「ああもう!!」ト゛スッ

桐乃「はぁっ///」ト゛サッ

京介「よっしゃ!学校行こう!」タッタッタッタ

桐乃(これだ……この方法だ……!!)ハァハァ



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:25:10.90 ID:YU9kR+f70

地味子「最近来るの遅いねぇ?」

京介「なんか桐乃の奴がウザいんだ……」

地味子「……ん?」チラッ

京介「ん?」

あやせ「………」ハァハァ
黒猫「…………」ハァハァ

地味子「………ねぇ、電柱の影から誰かこっち見て……」

京介「ない。気のせいだ」

地味子「……そうかなぁ……」トコトコ



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:34:00.61 ID:YU9kR+f70

放課後

京介「…………」キョロキョロ

京介「……よし、走るか」タ゛タ゛タ゛タ゛タ゛

あやせ「ああっ!?」
黒猫「なんで!?」

あやせ「……あ」

黒猫「……ふっ、おとといはよくも騙してくれたわね……」

あやせ「本当の決着、つけましょうか……」

黒猫「望むところね」

あやせ「うらぁぁぁぁ」

黒猫「ふんっ!!」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:35:45.14 ID:YU9kR+f70

京介「ただいまー」

桐乃「帰ってくんな!」

京介「………」イラッ

桐乃「聞こえなかったの?目障りだからさっさと部屋行ってくれない?」

京介「……ふんっ」タッタッ

桐乃「………あれ?」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:38:25.02 ID:YU9kR+f70

桐乃「なんで……?何で殴ってくれないの?」

桐乃「……あ、気がついたらいつも通りになってる」

桐乃「あたしは馬鹿か……そんなんじゃ戻ったに過ぎない!」

桐乃「うーん……押してダメなら引くって言葉があるように……逆のことをすればいいのかな…?」

桐乃「と、となると……うーん……」

桐乃「…………」ホ゛ッ

桐乃「ヨ、ヨーシ!イクゾー!」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:46:11.86 ID:YU9kR+f70

桐乃「……ちょっと」カ゛チャ

京介「なんだよ」

桐乃「……ご、ごめんね」

京介「…珍しいな、お前が謝るなんて」

桐乃「しょ、しょうがないじゃん」
  (殴ってもらうためなんだから……)

京介「何か企んでねぇだろうな?」

桐乃「そ、そんなわけないでしょ!?」

京介「ああそう……」フイッ



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:51:16.52 ID:YU9kR+f70

京介「…………」

桐乃「…………」

京介「なんだよ。後ろに立たれたら怖いんだけど」

桐乃「あ、え、えーっと……」

京介「……?」

桐乃「えーっとえーっと……」

京介「なんだよ!」

桐乃「お兄たん!」

京介「はい!?」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 19:58:05.01 ID:YU9kR+f70

京介「なんだ!?どうした!」

桐乃「お兄たん!お兄たん!お兄たん!お兄たん!」

京介「………うるせぇぇぇぇぇ!!」ト゛スト゛スト゛ス

桐乃「きたぁぁぁぁぁぁぁぁん////」ト゛サッ

京介「……ったく……なんなんだお前は!」

桐乃「くっうぅぅぅぅ///」

京介「答えろよおい!なんなんだよ!」ケ゛シッ

桐乃「うほぅぅぅぅぅ///」コ゛ロコ゛ロ



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 20:01:35.38 ID:YU9kR+f70

桐乃「ゲホッ……実は……」

京介「……実は?」

桐乃「……やっぱりいい!あんたはあたしを見たら腹パンしてくれればいいの!」

京介「どういうことだよ!」

桐乃「知らない!」

京介「はぁ?……もういいわ」

桐乃「ちょっと!」

京介「……」

桐乃「ねぇねぇお兄たーん」スリスリ

京介「うるせぇ!!」ト゛スッ

桐乃「あぁん///」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 20:05:44.46 ID:YU9kR+f70

桐乃「ああぁ……ゲホッ、やっぱり最高……」

京介「全く……うるさいな……」

桐乃「ねぇ、もう一発殴りなさいよ」

京介「…………」


桐乃「ちょっと!聞いてんのお兄たん!」

京介「は?

ト゛スッ

桐乃「あぁああん/////」

終われ
誤字脱字すいません死にたい死んでしまいたい



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 20:12:54.72 ID:HuiCpLHv0

周囲に変態しかいないとか京介が歪んじゃったのも仕方ないね
唯一まともなかなかなちゃんマジ天使



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/22(水) 20:20:51.80 ID:8rFcksnV0

おつかれさまですの☆
おもしろかったですの



元スレ
桐乃「ちょっと!聞いてんのお兄たん!」京介「は?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369199676/