関連
あやせ「聞いてるんですか!?お兄たん!」京介「は?」

桐乃「ちょっと!聞いてんのお兄たん!」京介「は?」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 15:33:22.61 ID:VvoYu5uu0

桐乃「でさー……」

あやせ「うふふっ……なにそれおかしいよー」

加奈子「………」

桐乃「……加奈子?どうしたの?」

加奈子「最近さー、なーんかつまんなくね?」

桐乃「そうかな?」

あやせ「毎日楽しいけど」

加奈子「マジでー?加奈子ちょっと面白いもの探してくるわ」スタスタ

桐乃「……まーた変なこと言い出したよ」

あやせ「そうね……なにかあったのかな」

桐乃「さぁね」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 15:36:28.81 ID:VvoYu5uu0

加奈子「あー……学校にいても何も面白くねぇぜ……」

加奈子「……なぁあやせ、帰っていい?」

あやせ「いいわけないでしょ」

加奈子「えー?ちょー暇なんですけど」

桐乃「なにが不満なのよあんたは……」

加奈子「だからさー、毎日同じことしてちょー暇なんだっつーの」

桐乃「それが理解できないって」

あやせ「なにしたいの?」

加奈子「いや、別に?」

桐乃「なんなのよ!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 15:40:19.66 ID:VvoYu5uu0

加奈子「ちょー暇な学校終わったぜー」

あやせ「先生の前でそういうこと言わない!」

加奈子「はぁー?だってせんせーだって思ってるよな?がっこーつまんねーって思ってるよな?」

先生「はぁ……そっすね……」

桐乃「先生も何で弱気なの!?」

あやせ「とにかくそういうこと言わないの!」

加奈子「ちょ意味わかんないですけどー」

桐乃「わかれよ!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 15:45:26.71 ID:VvoYu5uu0

放課後

加奈子「あー面白いこと転がってねぇかなー」

加奈子「なぁそこのオバちゃん。何か面白いことあった?」

「え、いや、別に?」

加奈子「なーんだ。つまんねぇのー」テクテク

京介「あ」

加奈子「ん」

京介「よ、よう。なにやってんだ?」

加奈子「見てわかんねーのかよー。帰ってんだよ」

京介「あ、ああそうか。」

加奈子「あ、そうだ。なんか面白いことあった?」

京介「は?」

加奈子「最近つまんねーって思うわけよ。ちょー暇なんですけど」

京介「へー……」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 15:48:56.31 ID:VvoYu5uu0

加奈子「なんか面白いもの持ってねぇ?」

京介「うーん……俺も学校帰りだしなぁ……」コ゛ソコ゛ソ

京介「あ、けんだまあった」

加奈子「なにそれ」

京介「穴に棒を入れるなかなかテクニックのいる遊びだ」

加奈子「なにそれ!ちょー面白そうなんだけど!ちょっと貸して!」

京介「ああ、いいぞ」

加奈子「うっへへー」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 15:57:37.30 ID:VvoYu5uu0

加奈子「ほっ!やっ!難しいぜこれ。やめた」

京介「はやっ!」

加奈子「もっと面白いもんねぇかよー」

京介「うーん……あとメンコとか……麻雀セットしかもってないな」

加奈子「なにそれ。ちょーつまんなそうなんですけど」

京介「俺の鞄は終わりだよ」

加奈子「うーん……そうだ。今日家ちょっと邪魔するぜー」

京介「なんで!?」

加奈子「何か面白いもんあるかなーって思ったんだよ」

京介「なんなんだそれ……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:01:48.58 ID:VvoYu5uu0

加奈子「っていうわけで邪魔するぜー」

京介「へいへい。」

加奈子「ゲームどこにあったっけなぁ」カ゛サカ゛サ

京介「何で俺んちのこと把握してんだよ」

加奈子「加奈子ちゃんは天才なんだぜー」

京介「確実に能力の使いどころ間違ってる」

加奈子「かたいこと言ってんじゃねぇよー」

京介「これ十分柔らかくしたんだけど」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:05:28.89 ID:VvoYu5uu0

加奈子「お、スーファミあんじゃん」

京介「まぁソフト少ないけどな」

加奈子「別にいいぜー。早くやれよ。ほら」

京介「え?俺も?」

加奈子「あったりまえじゃん。むしろやらないとかちょーありえないんですけど」

京介「はいはい……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:10:07.79 ID:VvoYu5uu0

加奈子「あー。ぷよぷよだ。やろうぜー」

京介「言っとくけど、俺けっこう強いぞ?」

加奈子「望むところじゃん」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

京介「……………」

加奈子「ひゅー。24れんさ!ぱよえーん!」

京介「……負けた……」

加奈子「なー。そろそろ飽きたぜぷよぷよ」

京介「そりゃお前がずっと勝ってるからな……」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:14:00.30 ID:VvoYu5uu0

桐乃「ただいまー」

加奈子「お、桐乃邪魔してるぜー」

桐乃「加奈子!?なんでいんの!?まさかあんた、連れ込んだんじゃないでしょうね!」

京介「……桐乃ちょっとこっち来い」クッ

桐乃「ちょっ、どこに連れてくつもりよ……」


桐乃の部屋

京介「するわけねーだろ!いい加減にしろてめーは!」ト゛コット゛コッ

桐乃「あぁんぁ!/////」ト゛サッ

京介「ふぅ……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:20:16.47 ID:VvoYu5uu0

京介「いやー参った参った」

加奈子「どうしたんだよ。桐乃は?」

京介「何でも無いけど?ベッドで寝てるぜ」

加奈子「えー。帰ってきてちよーそっこーで寝てんだけど。ウケる」

京介「代わりのゲーム見つかったか?」

加奈子「ううん。どれもやったことあるもんばっかだぜ。品揃え悪いな」

京介「うちはゲーム屋じゃねぇ」

加奈子「いいじゃん。何かゲーム買ってこいよ」

京介「バシりかよ!」

加奈子「なんでもいいからさー。アクションとかな。ロープレは長いから」

京介「断る」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:23:18.19 ID:VvoYu5uu0

加奈子「……ってなに食ってんだよそれ」

京介「あん?ショートケーキだけど」

加奈子「ずっけー!ずりーわー!加奈子にも食わせろ!」

京介「だってこれ俺のケーキ…」

加奈子「いいからいいから遠慮とか!頂きます!」サッ ハ゜ク

京介「あー!」
  (俺の使ったフォークを何のためらいも無く……)

加奈子「んー……美味い……全部食っていい?」

京介「あーもう好きにしろ」

加奈子「やったぜー!」ハ゜クハ゜ク



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:28:00.61 ID:VvoYu5uu0

加奈子「ふー……やっぱあいものサイコーだぜ」

京介「……まぁいいよ。お前が満足そうな顔で」

加奈子「なにそれ。チョーウケる」

加奈子「てかさてかさー。今日泊まってくぜ」

京介「は!?なんでだよ!?」

加奈子「ここにいるとおもしれーんだよな。家帰ってもつまんねー」

京介「いやいや、急にはダメだって!」

加奈子「大丈夫だって。かなこちゃんを信じろよ」

京介「どういうわけで大丈夫って言えるんだよ!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:31:23.10 ID:VvoYu5uu0



京介「なんで親父は許したんだろうか」

桐乃「どうでもいいけど、あんた、加奈子に手出さないでよね」

京介「てめーに言われるまでもねーんだよ!クソが!」ト゛コ゛ッ

桐乃「あんん///」ト゛サッ

京介「ったく……ベッドまで運んでやるか。こんなところで寝られても迷惑だ」タ゛キッ

桐乃「ハァハァ……」

京介「あー気持ち悪い」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:35:11.47 ID:VvoYu5uu0

加奈子「……おーい京介」

京介「何だよ」

加奈子「ここで寝ていいか?」

京介「はぁ?」

加奈子「ていうか、ここで寝るからな」

京介「だから、何でそうなったんだ!?」

加奈子「だって怖いんだよもんよー……」

京介「はぁ?」

加奈子「桐乃がこぇぇんだよ……」

京介「……どういう状況だ」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:40:37.18 ID:VvoYu5uu0

加奈子「なんかよー……お前の写真がいっぱい天井に貼付けてあったんだよ」

京介「どういうこと!?」

加奈子「ちょうどベッドの上あたりで、寝るときに見えるようになったぜ……」

京介「……………」

加奈子「ここで寝ていいか?」
京介「ああ、許可する」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:44:25.17 ID:VvoYu5uu0

加奈子「なんでそんなとこいんだ?」

京介「お前にベッド使わせてやるよ。俺は床でいい」

加奈子「ふーん……」

京介「おやすみ」

加奈子「…………」スンスン

加奈子「おー……すげー匂いするぜー……」スンスン

京介「ちょっと、やめてくれる?」

加奈子「おい!これすげー面白いぜー!おい!」スンスン

京介「やめろっておい!恥ずかしい!」

加奈子「あははは!お前の反応も面白い!」スンスン

京介「まくらの匂いを嗅ぐな!もうやめろ!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 16:57:46.78 ID:VvoYu5uu0



京介「……なんでまだお前いんの?」

加奈子「おいおい、どうしたんだよ。今日は土曜だぜー?」

京介「ああ……そうだったな……」

桐乃「ちょっと用事あるからあたしは行くわ。手ぇ出すなよ!」

京介「誰が出すか!さっさと行け!」

桐乃「ふん!」サッサッ

加奈子「あー……つまんねー……なんかしようぜ」

京介「何かって何だよ。そういえば暇つぶしで来てるんだったな」

加奈子「そうだぜ。何かしろよ」

京介「何かってなんだよ!」

加奈子「それ考えるんのが京介の仕事だろー」

京介「なんなんだよ……」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:01:16.08 ID:VvoYu5uu0

加奈子「……あ、この富士山のカレンダー、去年のやつじゃん」

京介「ほんとだ。替えてなかったな」カタカタ

加奈子「…………」

京介「ん?なに見てんだ?」

加奈子「山、行こうぜ」

京介「……はぁ?」

加奈子「かなこ、急に山行きたくなったぜ」

京介「なにいってんの?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:04:08.17 ID:VvoYu5uu0

加奈子「だから、山見たから山行きたくなったんだよ」

京介「お前はなんだ、ゲームやったらゲームの中に行きたいのか」

加奈子「かなこだってそこまで馬鹿じゃねぇよ」

京介「山っつったってどこ行くんだよ。近場に山ってあったっけ」

加奈子「それはお前が探すんだろー」

京介「お前いい加減にしろ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:07:58.66 ID:VvoYu5uu0

京介「いやいや、登山とかいっぱい準備しないといけないし」

加奈子「大丈夫だって。あそこの倉庫あるだろ?あそこにいっぱい色々入ってたし」

京介「なに勝手に見てんだよ」

加奈子「かてーこと言うなって。な?いいだろ?」

京介「……はいはい行けばいいんだろ行けば。夕飯には帰るぞ」

加奈子「わかってるってー」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:12:52.10 ID:VvoYu5uu0



加奈子「やっほー!」

京介「まだ四合目だぞ」

加奈子「いいからやってみたかったんだよ」

京介「そういう感動は後にとっとけって」

加奈子「ぶーぶー」

京介「うるせーぞーおい」

加奈子「むっ……」

京介「無理に口閉じなくていいからな?」

加奈子「どっちなんだよ!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:15:25.16 ID:VvoYu5uu0

六合目

加奈子「かなこちよっと疲れたぞー」

京介「早いって……」

七合目

加奈子「あしつれー」

京介「大丈夫か?」

八合目

加奈子「……………」

京介「おい、大丈夫かって……」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:19:28.47 ID:VvoYu5uu0

加奈子「……無理……マジ無理……誰だよ山行こうとか言った奴…」

京介「お前以外にいるのかよ!」

京介「ああもう!ちょっと来い!」

加奈子「んー?」ヨロヨロ

京介「よっと」

加奈子「わわっ!なにやってんだ!」

京介「おぶっていくしか進めないだろ?」

加奈子「んー……これよく考えたら楽だな。行けー!それー!」

京介「まだまだ元気だったな……」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:23:34.14 ID:VvoYu5uu0

加奈子「ほらほらー、あともうちょっとー!」

京介「はぁ……はぁ……よーし……到着……」

加奈子「うわーい!頂上だー!やっほー!」スタタッ

京介「めちゃくちゃ元気じゃねぇかてめー!」

加奈子「わーい!やっほー!やっほー!」

「わーい1やっほー!やっほー!」

加奈子「うひゃひゃひゃ!楽しいぜー!」

京介「……お前が満足ならそれでいいよもう」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:33:59.94 ID:VvoYu5uu0

加奈子「やっほー!やっほー!」

「やっほー!やっほー!」

加奈子「うひゃひゃ!」

京介「全く……おーいメシだぞー」

加奈子「うぇーい!おにぎりだー!」

京介「俺が作ってきたんだから、ちゃんと俺にお礼をな…」

加奈子「…………」モク゛モク゛

京介「おい!話聞けよ!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:40:19.90 ID:VvoYu5uu0

京介「そろそろ降りるぞー。いつまでやってんだ」

加奈子「やっほーい!やっほーい!」

「やっほーい!やっほーい!」

加奈子「ふー……飽きた。やめよ」

京介「……やまびこも不憫だな」

加奈子「でも夕日が綺麗だぜー?ほら」

京介「……ああ、本当だ。綺麗だな」

加奈子「おい京介」

京介「ん?」

加奈子「かなこ、今日はちょー楽しかったぞ。面白かった!」

京介「ん、そうかい。そりゃ良かった」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:44:31.19 ID:VvoYu5uu0

加奈子「よっしゃー!降りるぜー!ちょー降りるぜー!」

京介「……なんかとらドラでこういうセリフ……」

加奈子「そんなんねぇよ。早く来いよ」

京介「……ああ、疲れたせいだ」

加奈子「気をつけろよー……うわっ!?」

京介「こっちのセリフだよ!大丈夫か加奈子!?」

加奈子「いってて……ちょーよゆー……」

京介「とてもそうには見えん…」

加奈子「ここはいいから早く行け!」

京介「お前を置いていけるか!マジの意味でもそう言いたい!」

加奈子「大丈夫だって」

京介「そうか……急ぐぞ。暗くなったらいけないからな」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:50:36.29 ID:VvoYu5uu0

加奈子「ほっ!ほっ!ほっ!」

京介「おいおい、そんなに飛ぶように降りたらいけないって……」

加奈子「ちょーよゆーだって言ってぇぇぇえええええええええ!?」ス゛ルッ

京介「落ちたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!余裕じゃねぇぇぇぇぇぇ!」

加奈子「あああぁぁ………」ヒューン

京介「……………」ホ゜カーン

京介「だ、大丈夫か加奈子!おい!」

京介「あっちのほうに落ちたんだよな……早く行かないと……」タ゛タ゛タ゛



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:54:10.15 ID:VvoYu5uu0

京介「おい!大丈夫か!どこだ!」

加奈子「おーい……」

京介「か、加奈子か!?おーい!ここだー!」

加奈子「お前が来いよー!足がー!」

京介「どうしたんだ!?今いく!」サ゛ッサ゛ッ



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 17:58:33.53 ID:VvoYu5uu0

加奈子「いてェー!ちょーいてェ!」

京介「おいおい……お前赤くなってるぞ!」スッ

加奈子「ちょっ!さわんな!いたぁぁぁ!」

京介「す、すまん!ちょっとこれ、捻挫か打撲でもしたんじゃないのか……?」

加奈子「マジかよー!勘弁してほしいんですけど!」

京介「と、とりあえず冷やそう……」シ゛ャッ

加奈子「お、おい!急に水かけんなよ!びっくりしただろ!」

京介「わ、悪い……」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:02:54.07 ID:VvoYu5uu0

京介「悪かった……俺が登山に行くこともっと反対してたら……」

加奈子「なーに言ってんだよ。行きたかったのはかなこちゃんなんだぜ?」

京介「それはそうだが……」

加奈子「京介は何も悪くねぇって」

京介「でも……でも……」

加奈子「いいんだってーの。面白かったしな。京介、サイコー」

京介「な、なんだよそれ……」

加奈子「なんでもねぇって」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:08:18.89 ID:VvoYu5uu0

加奈子「よっしゃー。京介が何か元気になるようなことやってやるよ」

京介「なんだそれ……」

加奈子「いくぞー。あやせのマネ!」

京介「!?」

加奈子「お兄たん!お兄たん!うわぁぁぁぁぁぁぁ!かっこよすぎですよお兄たぁぁぁぁぁん!」フ゛ンフ゛ン

京介「…………」ホ゜カーン

加奈子「ど?」

京介「……何のマネだったっけ」

加奈子「あやせ」

京介「あやせは……頭ブンブン振りながらそんなことを言うのか」

加奈子「そうだぜー。トイレでいっつもやってんだぜー」

京介「………はぁ」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:11:12.33 ID:VvoYu5uu0

京介「……何か元気吸い取られた」

加奈子「あははははは!おもしれー顔!」

加奈子「えーっと続いて……桐乃のマネ」

京介「もう何がきても驚かねーよ」

加奈子「オ、オニーチャンスキー……オニーチャンスキー……違うかなぁ……?」クネクネ

京介「……は?なにやってんの?」

加奈子「桐乃のマネ」

京介「……それはちなみにどこでやってるのを見たんだ?」

加奈子「トイレだぜ」

京介「……」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:14:35.88 ID:VvoYu5uu0

京介「はー……もう何か疲れたわ」

加奈子「そうか?かなこちゃんすげー元気だぜ」

京介「もう大丈夫か?立てるか?」

加奈子「んっ……まぁ大丈夫だぜ」

京介「肩貸してやるから、早く降りようぜ。この季節だから、もうすっかり真っ暗だ」

加奈子「やべーじゃん!早く降りないと!」

京介「やっと危機感でてきたか……」

加奈子「早く早く!いっちにー!いっちにー!」

京介「なんで二人三脚になってんだよ!」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:21:08.77 ID:VvoYu5uu0

加奈子「ぜー……ぜー……」

京介「はー……はー……」

加奈子「もう……もう疲れたぜ……あるきたくねー……だるい……」

京介「ちょ、ちょっと座って休もう……」

加奈子「そ、そうするか……」

京介「そろそろ何合目かな……」

加奈子「そんなこと覚えてねーっての……」

京介「あー限界……ちょっと眠い……」

加奈子「それちょっと思ってたわー……」

京介「よし!ちょっとだけ!ちょっとだけ寝よう!」

加奈子「わかった……Zzz」

京介「……はぇぇよ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:23:33.61 ID:VvoYu5uu0

加奈子「Zzz……」

京介「……何か心配で寝れないな……」

加奈子「ん……」カ゛シッ

京介「ん?」

加奈子「Zzz……」キ゛ュー

京介「こいつは……起きてんのかー?」

加奈子「Zzz……」

京介「……ガチ寝でこれかよ……」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:27:37.45 ID:VvoYu5uu0

加奈子「へへっ……お兄たんか……照れるぜー……Zzz」

京介「どんな夢だよ……」

加奈子「何でもいうこと聞けよー……お兄たん……」

京介「……何か落ち着かない。こいつおんぶして降りるか」スッ

加奈子「んー……Zzz」

京介「ったく…重い……」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:32:06.40 ID:VvoYu5uu0

加奈子「……ん?ここは?」

京介「ふもとだよ。さっさと駅行って電車乗って帰るぞ」

加奈子「マジでぇ!?やったー!」

京介「はいはい。随分元気だなお前は」

加奈子「へへっ、ありがとうな」

京介「どういたしましてっと……」

加奈子「……へへっ」

京介「なに笑ってんだよ、大変だったんだぞ?」

加奈子「なんでもねぇよ」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:35:08.01 ID:VvoYu5uu0

京介「ただいまー」
加奈子「今帰ったぜー」

桐乃「あ!ちょっと!遅すぎるっての!なにしてたのよあんたら!」

京介「いや、ちょっと山登りに」

桐乃「はぁ?」

加奈子「ちょっと遭難して」

桐乃「はぁぁ?」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:40:45.22 ID:VvoYu5uu0

京介「はぁって言われてもなぁ?なぁ?」

加奈子「そうだぜー。ちょっと登山して遭難しただけ」

桐乃「それがわかんないって言ってんのよ!」

加奈子「京介、かなこちゃんのやったアレやってやれ!」

京介「分かった。……オニイチャーン、スキー……こうかなぁ?」

桐乃「」

京介「よっしゃ!固まったぞ!今のうちだ!」タ゛タ゛ッ

加奈子「よっしゃ!よっしゃ!うひゃひゃ!」

桐乃「なんで……何でバレ……」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 18:52:12.12 ID:VvoYu5uu0

京介「いやー今日疲れたなー」

加奈子「だなー。足怪我したときもー無理だと思ったもん」

京介「そうだな。よく頑張ったなお前」

加奈子「えへへへ……照れるぜー」

京介「ゆっくり休めよ」

加奈子「言われなくてもそうするってばよ」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:01:24.58 ID:VvoYu5uu0

加奈子「あー……疲れたぜ……」

京介「俺もだ」

加奈子「ありがとうな、久しぶりに面白かったぜ」

京介「ああそうか。そりゃ良かった」

加奈子「……なぁ、桐乃のマネして、『お兄たん』って呼んでいいか?」

京介「はぁ?なんでそうなるんだよ」

加奈子「うっせーな。それだけこのかなこちゃんが感謝してるってことだぜ?」

京介「感謝のしかたがいまいちわからんが、別にいいよ」

加奈子「やったぜー!」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:08:08.18 ID:VvoYu5uu0

加奈子「かなこはこれから妹だから、何でも言うこと聞かなきゃいけないんだぞ!」

京介「なんでだよ!」

加奈子「なんでもなんだっつーの!」

京介「はー……もう好きにしろよ」

加奈子「あははは!わーい!」

京介「お前もさっさと寝ろよ」

加奈子「わかった!お兄たん!」

京介「なに考えてんだ…」

加奈子「Zzz……」

京介「寝るの早いなもう」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:14:56.28 ID:VvoYu5uu0

ーーーーーーーーー

加奈子「ふんふーん……」

あやせ「最近、加奈子楽しそうだね」

加奈子「べっつにー?ちょーいつも通りだぜ?」

桐乃「あーあ……委員会とかキツいなぁ……」

加奈子「かなこちゃん委員会杯ってないもんね!だから早く帰るぜー」

桐乃「あ、うん。ばいばい」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:17:31.19 ID:VvoYu5uu0

加奈子「ふんふんーふー」

京介「ん?」

加奈子「あ、お兄たんだ!」

京介「いつまでマネ続くわけ?」

加奈子「しらね」

京介「そうかよ……何のようだ?」

加奈子「かなこちゃんをおんぶしていけ!」

京介「なんでだよ!」

加奈子「妹の言うことだよ?」


加奈子「聞けよ、お兄たん」
京介「は?」


終わり。終わった。よっしゃ



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:22:18.75 ID:m9rivXxm0

黒猫メインがないじゃないですかー



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:41:12.41 ID:VvoYu5uu0

>>95
それはちょっと俺も思ってた



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:43:46.88 ID:m9rivXxm0

>>97
連日の連投でお疲れだろうから
無理にとは言わんよ
うん無理にとは…ちらッ



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 19:45:11.16 ID:VvoYu5uu0

>>98
じゃあやるよ。やればいいんだろコノヤロー



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 20:20:08.35 ID:d9DMBJAi0

次は黒猫編かよ
期待して待っとるぞー



元スレ
加奈子「聞けよ、お兄たん」京介「は?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369290802/