京介「暇だーなー……」コ゛ロコ゛ロ

京介「はー……」

京介「あー!暇だー!」
カ゛ン

桐乃「うるさいわよ!ゲームの邪魔しないで!」

京介「わ、悪ぃ……はぁ……」

カ゛チャ
京介「おい桐乃、お前これから予定とかある?」

桐乃「は?なんであんたが聞くわけ?」

京介「いいから答えろ!」ト゛コ゛ッ

桐乃「ぐぼぇぁぁぁん///」ト゛サッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:00:22.08 ID:h51kxmIA0

桐乃「ゲホッ、これからあやせと加奈子と買い物よ」

京介「えー?なんだよー……」

桐乃「な、なに?あたしに用でもあるっての?」チラッ

京介「いや、別に?さっさと行けば?」

桐乃「なんなのよー!じゃあ行くわよ!」スタスタ

京介「なーに怒ってんのあいつ」

京介「チッ、家に誰もいねーし、ますます暇だぜ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:03:33.00 ID:h51kxmIA0

京介「あーつまんね」コ゛ロコ゛ロ

桐乃「やっぱりあんたも行きたいの?」ヒョコッ

京介「……………」コ゛ロコ゛ロ

桐乃(……無視もアリだな……)

京介「んだよ。まだいたのか。さっさと行けよ」

桐乃「もういい!連れてってやんないから!」

京介「うるせぇ」

桐乃「ほんとに行かないんだ……」スタスタ

京介「寝よーかなーマジで」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:06:40.70 ID:h51kxmIA0

京介「つっても全然眠くねーし、ゲームはやり尽くしたし、桐乃のゲームも全部やったし」

京介「久しぶりにすることねぇなー……テストもこの前終わったばっかだし」

京介「うおぁぁぁぁぁぁぁ!!」

京介「……あー……暇だと大声あげたくなるのってなんでだろーな」

京介「ふーんふーーん……」コ゛ロコ゛ロ
ヒ゜ンホ゜ーン

京介「……ん?はーい」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:08:49.98 ID:h51kxmIA0

京介「……ん、どうしたんだ?」

黒猫「ちょっと頼みたいことがあってね。たまたま近くまで来たから寄っただけよ」

京介「へー。で、何の用だ?」

黒猫「ちょっと妹のために作りたいものがあるのよ……」

京介「はぁ……なにを作るんだ?」

黒猫「防音室」

京介「は?」

黒猫「防音室よ」

京介「いや、え、は?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:12:28.40 ID:h51kxmIA0

黒猫「妹があるアニメにハマってね。OP曲を毎日熱唱しててうるさいのよ」

京介「へぇ……どうやって防音室なんか作るんだ?」

黒猫「聞いたことないかしら?ダンボールの防音室なんだけど」

京介「そんなものがあるのか?」

黒猫「確かJOYSO◯NDとかが作ってたわ」

京介「便利だなー……」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:15:47.95 ID:h51kxmIA0

黒猫「これからちょっとうちに来てくれない?妹たちいないから好都合よ」

京介「ああ、そうするとしよう。暇だったしな」

黒猫「あらそう。いい暇つぶしにはなるんじゃない?」

京介「楽しみにしてるよ」

黒猫「じゃあ行きましょうか」

京介「わかった」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:18:17.79 ID:h51kxmIA0

黒猫宅

黒猫「とりあえず材料は用意したわ」

京介「けっこう量多いな」

黒猫「作り方もあらかじめプリントしておいたわ。あなたの分よ」

京介「あ、ああ。……ふーん……組み立て作業だな」

黒猫「一から作るからそんなに簡単じゃないわよ」

京介「まぁいいよ。さっさと作るぜ」

黒猫「やる気満々ねあなた……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:22:17.87 ID:h51kxmIA0

黒猫「こっちのでかい板をこっちに」

京介「はいはい」

黒猫「で、こっちの細長いのを両端に」

京介「はいはい」

黒猫「それで、こっちにかぶせる」

京介「………ってなんで俺ばつかやってんだよ」

黒猫「仕方ないじゃない。腕の長さからして物理的に無理だもの」

京介「いいように使われてる気がする」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:24:52.28 ID:h51kxmIA0

3時間後

黒猫「ふぅ……ようやく完成ね」

京介「お前ほぼ何もやってないよな?」

黒猫「うるさいわね。少しは達成感に浸らせなさい」

京介「それは俺が浸るものだ」

黒猫「それにしてもいい出来ね」

京介「……無視かよ」

黒猫「……まぁ、感謝はするわ。ありがとう」

京介「まぁまぁ、いいよ。楽しかったし」

黒猫「……そう」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:27:40.15 ID:h51kxmIA0

黒猫「……そうね、何かお礼しないと」

京介「いやいや、いいって。」

黒猫「私がしたいのよ。おとなしく施しを受けなさい」

京介「そうか?」

黒猫「……あなた、昼ご飯まだでしょう?」

京介「ああ、食ってないな」

黒猫「……そう。」

京介「ん?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:31:01.84 ID:h51kxmIA0

黒猫「……はい。どうぞこれ」

京介「は?」

黒猫「私が作ったものよ。食べたくないのかしら」

京介「いや、そういうわけじゃないが……唐突でな」

黒猫「あらそう。けっこう自然な流れだったと思うけど」

京介「そうだったのか?まぁありがたく頂くよ」

黒猫「……ふん。ありがたく頂戴しなさい」

京介「いや、するって今言ったから」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:33:53.41 ID:h51kxmIA0

京介「うん……美味いなこれ。やっぱお前才能あるわ」

黒猫「そ、そうかしら……」

京介「うん。毎日でも食べたいくらいだぜ」

黒猫「!!……いや、あまり期待はしてはいけないわね」

京介「なにが?」

黒猫「……やっぱりね。この人の発言にいちいち期待してたらキリがないわ」

京介「?……うん。美味い……」モク゛モク゛



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:47:16.02 ID:h51kxmIA0

京介「はー……くったくった」

黒猫「綺麗に食べたわね……」

京介「だってうまいし」

黒猫「それは嬉しいわね」

京介「疲れたしお腹いっぱいだし、帰って寝るかー」

黒猫「……待って、帰る必要はあるの?」

京介「は?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:49:26.07 ID:h51kxmIA0

黒猫「あなたはなぜ帰って寝るという行動を起こそうとしてるの?」

京介「いや、だって人んちだし……」

黒猫「ふーん……所詮私は他人の範囲ってこと?おちおち油断もしていられないって?」

京介「ち、ちが、そういうわけじゃなくて……じゃあどうしろってんだよ……」

黒猫「ここで寝ていきなさい」

京介「はぁ?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:52:01.84 ID:h51kxmIA0

黒猫「私の家で昼寝していきなさい」

京介「なんでそうなるんだよ!?」

黒猫「だってそうじゃない?わざわざ帰る必要がなくなるわ」

京介「いやいや、悪いって」

黒猫「……うるさいわね。わかりなさいよ」

京介「わからんって!」

黒猫(……もうちょっと居てほしいのに……)



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 14:55:39.47 ID:h51kxmIA0

京介「………」

黒猫「………」

京介(なんで俺は黒猫の家で布団敷いて寝てるんだ」

黒猫「………」モソ゛モソ゛

京介(そして何で一緒に寝てるんだ)

黒猫「ちょっと、こっち寄りすぎよ。あっちにいって頂戴」

京介「はいはい」スッ

黒猫「……」

京介「お前が寄ってきてんじゃねぇか!」

黒猫「な、なにを言ってるのよ。そんなことあるわけないじゃない」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:00:44.75 ID:h51kxmIA0

京介(あーでも強烈な眠気が……)ウトウト

黒猫「……………」シ゛ッ

京介(あ……はぁ……)

京介「Zzz……」

黒猫「……よし。」

黒猫(うふふふふふ、やっと寝たわね……薬は強いみたいだし、けっこうな間寝てるわね……)

黒猫「さーてどこから攻めようかしら……」

黒猫「……おっと、こんなときのために用意してたノートがあったわね……」スッ

黒猫「………」ヘ゜ラヘ゜ラ



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:04:49.36 ID:h51kxmIA0

黒猫「まず手始めに……」スッ

京介「Zzz……」

黒猫「…………」キ゛ュー

黒猫「うふふふふへへへへへ……」

黒猫「…………」スンスン

黒猫「ふぉぉぉ……いい感じに汗の匂い……」スンスンスンスン

黒猫「ぷっはぁ………」

黒猫「あー楽しくなってきたわ。次なにやろうかしら……多すぎて困るわ……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:11:31.39 ID:h51kxmIA0

ーーーーーーーーーーーーーーー

黒猫「よいしょっと……」

黒猫「……」ワシワシ

黒猫「やっぱりちゃんとなでなでしてもらったほうが楽しいわ……」

黒猫「ふぁぁ…布団に入ってると眠くなってくるわ……」

黒猫「く………Zzz……」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:15:59.93 ID:h51kxmIA0

京介「ふぁぁ……よく寝た……」

黒猫「Zzz……」

京介「やっぱり寝たか;…」

京介「……寝顔可愛いなぁこいつ」

京介「ちょっといたずらしたれ」コチョコチョ

黒猫「……んっ……うふふふ……やめてください先輩……恥ずかしいですよ……」

京介「……こいつ俺の夢見てんのか」

京介「寝顔は不思議だ。頭をなでてやりたくなる」ナテ゛ナテ゛

京介「かわぇぇ……」ナテ゛ナテ゛

黒猫「……ん?」

京介「……おはよう」

黒猫「!?ちょっ……」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:20:48.07 ID:h51kxmIA0

黒猫「あああああなたは何で私の頭を撫でてるのよ!」

京介「いや!それは、ほら……」

黒猫「全く……いいわ。許してあげる」

黒猫「そのかわり、あなた、うちでお風呂に入りなさい」

京介「はぁ!?」

黒猫「こんなに寝汗かいてて気持ち悪いわ。さっさと入ってきて頂戴」

京介「それは……着替えが無いって……」

黒猫「大丈夫。あなたの服はここにあるわ」

京介「それなに?」

黒猫「なんでもいいから着なさいこれを」

黒猫(将来結婚したときに着させてあげる予定のシャツだったとは言えないわ……)

京介「じゃあ入るわ」

黒猫「待ちなさい!私が先よ!」

京介「どっちだよ!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:25:47.09 ID:h51kxmIA0

黒猫「じゃ、じゃあくれぐれも覗かないでよ」

京介「わかってるよ」

黒猫「じゃ、入ってくるわ」

京介「はいはい」

京介「あーあー何でこうなった」

京介「……あ、あいつも寝汗かいてんじゃん。びっしょり」

京介「………」クンクン

京介「何で汗なのにこんな芳醇な匂いがするんだろな……」クンクン

京介「ふぉぉおあああああ!」



黒猫「先輩!来て!ちょっと!」

京介「うわぁ!?」

京介「なんだ!どうした!?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:29:47.99 ID:h51kxmIA0

黒猫「石けんがないわ!ちょっと戸棚からとって頂戴!」

京介「ああ、これか……」

京介「じゃあ渡すぞー」

黒猫「ああもうとりづらいわ。」カ゛チャ

京介「ちょ!見え……」

黒猫「なにが?」

京介「何でタオル巻いてんだよ!!!」カ゛ン

黒猫「ちょっと、うちの壁を殴るのはやめて頂戴な」

京介「すまん……どうしても許せなくて……」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:34:57.89 ID:h51kxmIA0

黒猫「いったい何を想像したのかしら?うふふ」

京介「別に何も考えてねーって……」

黒猫「嘘だって顔にかいてあるわよ?」

京介「うるせーな!急に開けたらそうなるだろ!」

黒猫「一緒に入ってあげてもいいわよ?」

京介「バカにすんなよ」

黒猫「あら?けっこう本気だったのに」

京介「あ、マジ?……いやいや、そうじゃなくて……誰か帰ってくるかもしれないし……」

黒猫「まだまだ帰ってこないわよ……ヘタレ」

京介「じゃあ入る」

黒猫(……え?ほんとに?)



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:47:10.03 ID:h51kxmIA0

京介「………」

黒猫「………」ワシャワシャ

京介「何で俺黒猫に髪洗ってもらってんだろうな」

黒猫「さぁ?私には全くわからないわね」

京介「嘘つけ………」

黒猫「ちなみに今私は何も巻いてないわ」

京介「!?」

黒猫「いいのかしら?後ろを向いたらアウトよ」

京介「……くっそう……」モンモン



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:50:51.30 ID:h51kxmIA0

黒猫「今度は私の髪も洗って頂戴。あ、ちょっと待ちなさいよ。タオル巻くから……」

京介「あ、ああ……」

黒猫「……………」シュルシュル

京介(音が生々しすぎて嫌だ……)

黒猫「できたわ。やってくれる?あなたのことだから、乱暴にしそうだけど」

京介「お前それ、セリフだけ見たら誘ってるようにしか聞こえないぞ……」

黒猫「あら、何のことかしら?」クスクス

京介(こいつ……直接脳内にイメージを……!?)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 15:59:42.90 ID:h51kxmIA0

黒猫「……意外と優しいわね」

京介「ああ、昔は桐乃の髪もよく洗ってたからな」ワシャワシャ

黒猫「……今はあの女の話はやめて頂戴」

京介「?なんで?」

黒猫「私は、あなたの話を聞きたいの。あの女のことじゃないわ」

京介「そ、そうか……そうだな。髪は大事だからな。お前みたいに綺麗なのはなおさらな」

黒猫「ば、何を言ってるの……!?」

京介「だって綺麗じゃねぇか。」ワシャワシャ
シ゛ャー
黒猫「……バカ……」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:13:27.61 ID:h51kxmIA0

黒猫「ふー……」ホカホカ

京介「二人同時に風呂上がりっていうのも珍しいな」

黒猫「そりゃそうでしょう。一緒に入ったもの」

京介「……何か今になって恥ずかしくなってきた」

黒猫「遅いじゃない」

京介「もう俺帰ろうかな……」

黒猫「………なんでかしら?」

京介「え?」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:17:51.63 ID:h51kxmIA0

黒猫「何で帰るの?」

京介「そりゃ俺がいたら迷惑だし、家も空けたら不審がられるし……」

黒猫「大丈夫よ。私たちはあなたを迷惑だと思ってないし、いざとなったらちゃんと細工もしてあるから」

京介「おいなにやってんだ」

黒猫「だからいいでしょう?」

京介「うーん………そうだ」

黒猫「なにかしら」

京介「お前が俺んちで泊まればいいんだ1」

黒猫「その手が!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:20:36.63 ID:h51kxmIA0

京介「と、いうわけで泊まります」

桐乃「はぁ1?意味わかんないんですけど!」

黒猫「うるさいわね。決まったことなのよ」

桐乃「勝手に決めんなっての!」

京介「うるせーなー細かいこというなよ」

桐乃「あんた言っとくけどこれ結構重要なことよ?」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:24:26.17 ID:h51kxmIA0

桐乃「あたしは認めないから!」

京介「黒猫、ちょっと俺の部屋先行ってろ」

黒猫「?ええ……」テクテク

桐乃(来る!!絶対くる!!さぁ!!)

京介「お前はどうでもいいわボケェェェェ!!」ト゛スッ

桐乃「あっはぁぁぁぁぁぁぁんお兄たぁぁぁぁぁぁぁん////」ト゛サッ

京介「ふぅ………」

黒猫「………」シ゛ッ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:27:55.17 ID:h51kxmIA0

京介「よーっす。ごめんな待たせて」

黒猫「…………」シ゛ッ

京介「?どうした?」

黒猫(なにあの女だけご褒美をもらってるの……?ありえないわ……)

黒猫(それにあの女、お兄たんですって……?)

京介「どうしたんだ黒猫?」

黒猫「ちょっと!」

京介「どうした!?」

黒猫「………いや、なんでもないわ」

京介「?」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:38:12.54 ID:h51kxmIA0

黒猫(やっぱりダメだわ……なんとかして殴ってほしいけど……)

京介「さっきっから何考えてんだ?」

黒猫「別にどうでもいいことよ。あなたには関係ないわ」

京介「ふーん……」

黒猫(どうしましょうか……ウザがられて殴られても嫌だし……)

黒猫(そういえばお尻ペンペンは喜んでやってくれたし、土下座すればやってくれるかも……)

京介「なぁどうしたんだ?」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:40:41.33 ID:h51kxmIA0

黒猫「……………」

京介「な、なんだ……?」

黒猫「お願い!!」ハ゛ッ

京介「!?」

黒猫「お腹を思いっきり殴ってちょうだい!!」

京介「!?!?」

黒猫「お尻ペンペンでもいいから!!罵って!!」

京介「!?!?!?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:45:02.17 ID:h51kxmIA0

京介「おいおいおいおい。なに言ってんだ!?」

黒猫「無茶は承知の上よ……」

京介「なんで目が坐ってんだよ……」

黒猫「やってくれなかったら私は……私は……」

京介「な、なんで窓際に……」

黒猫「……ここから飛ぶ」

京介「ちょ、ちょっと待て!!」

黒猫「……腹パンしてくれる?」

京介「するする!何でもするから!やめてくれ!」

黒猫「ん?今なんでもって言ったわよね?」

京介「あ、ああ…」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:47:59.31 ID:h51kxmIA0

黒猫「さぁ……きなさいよ……」スッ

京介「ほんとにいいのか?」

黒猫「望むところよ」

京介「望んでるのがありえん……よし!」

京介「うおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ト゛スッ

黒猫「ゴフッ……っ……ぐっぁぁ……」コ゛ロコ゛ロ

京介「や、やっぱり大丈夫か黒猫!おい!」

黒猫「ぁっ……ぐっ……きもひぃ……」

京介「……」ホ゜カーン



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:53:04.44 ID:h51kxmIA0

黒猫「はっ……はっ……ぐぅぅ……」コ゛ロコ゛ロ

京介「それは苦しくて動いてるのか!?」

黒猫「嬉しくてに決まってるじゃない!」

京介「えーと……これでいいのか?」

黒猫「さっき……何でもいうこと聞くって……いったじゃない……」

京介「まだあるのか!?」

黒猫「次はお尻ペンペンよ!早くして!私の好み覚えてるわね?」

京介「ああ、確か直接だったかな」

黒猫「よくわかってるわね。じゃあやるわよ」

京介「マジでー…?」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 16:56:07.36 ID:h51kxmIA0

黒猫「ほら」ヘ゜ロン

京介「ちょっ、いきなりお尻まくりあげんじゃねぇ!」

黒猫「これをこれから思いっきり叩くのよ?」

京介「お、おお……」ワクワク

黒猫「ふん、ノリノリじゃないの。早くやってちょうだい…」

京介「ふー……わかった。」

黒猫「よーし……うふふ………よーし……」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 17:05:53.82 ID:h51kxmIA0

京介「そうりゃ!」ハ゜シーン

黒猫「あぁんっ///」

京介「なんで色っぽい声出してんだよ!変態か!」

黒猫「はぁぁぁんっ////」

京介「まだ終わりじゃねぇぞほら!」ハ゜シーン

黒猫「おおおおぉぉほぁぁぁぁおおお///」

京介「そらそらそらそらそら!!」ハ゜ンハ゜ンハ゜ンハ゜ンハ゜ン

黒猫「も、もう限界……んひぃっ!?///」



京介「あー疲れた」

黒猫「ぜー……ぜー……こんな幸せな疲れは初めてだわ……」ハァハァ



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 17:17:49.00 ID:h51kxmIA0

京介「これでいいのか?」

黒猫「まだよ。」

京介「まだあんのかよ……次はなんだ?」

黒猫「……あなたのこと、これからお兄たんって呼ぶから」

京介「な、なにいってんだ!?どこでそれを……」

黒猫「さっきのが聞こえてたわ」

京介「…お前もかよ……」

黒猫「何か不満かしら?お兄たん?」

京介「あ……かわいい……」

黒猫「!?」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 17:22:52.48 ID:h51kxmIA0

黒猫「決めたわ!もう一生お兄たん!絶対よ!」

京介「え?なんで?」

黒猫「もう、こう言わせたからには一生そう呼べる距離が必要ね!」

京介「は?」

黒猫「結婚してずっとお兄たんって呼ぶわ!」

京介「はぁぁぁぁぁ!?」

黒猫「ふふっ、言うことなんでも聞くんだから、仕方ないわよねぇ?」

京介「……………」ホ゜カーン

黒猫「わかればいいのよ。じゃあ次の命令は……って」


黒猫「聞いているのかしら?お兄たん?」

京介「は?」


はぁ……終わり



元スレ
黒猫「聞いているのかしら?お兄たん」京介「は?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369371473/