過去作はこちら



前作
【モバマス】幸子「からあげにレモンをかけておきましたよ!」美玲「は?」



SS速報VIP:【モバマス】美玲「乃々が部屋に閉じこもっただとッ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469846952/



1: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:49:12.75 ID:bWyFEtxH0

キャラ崩壊注意



美玲「それでみんな、乃々の部屋の前にいたのか」

幸子「乃々さん! 出てきてください!」ドンドン

乃々『ひぃぃ……』

小梅「どうしたの? 私たち、何か悪いことでもしたの?」

乃々『こ、こないでくださいぃ……!』

輝子「話してくれないと、わ、分からないぞ……」

乃々『あ、う……だ、ダメです!』

美玲「全然ダメだな」

幸子「そうなんです、全然ダメなんです」

小梅「美玲ちゃんからも、お願い」

美玲「仕方ないなぁ」

美玲「おい乃々、何があったんだ?」コンコン

乃々『……あっ美玲さん! お願いです助けてください!』

輝子「美玲は……いいのか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469846952




2: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:52:58.38 ID:bWyFEtxH0

美玲「助けようにも、まずは中に入れてもらわないと……」

乃々『分かりました、開けます! 開けますから!』

乃々『でも、絶対に1人で入ってくださいよ!? お願いしますから!』

輝子「どうする?」

美玲「声の感じからして、結構深刻っぽいな」

美玲「乃々の希望通り、ウチ1人で入るから、みんなはここで待っててくれるか?」

幸子「分かりました」

小梅「何かあったら、連絡して?」

美玲「ん、約束する」



3: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:53:32.08 ID:bWyFEtxH0

美玲「……」ガチャリ

美玲「お邪魔します」パタン

乃々「あの、か、鍵を……!」

美玲「あ、あぁ……」ガチャッ

乃々「美玲さん……美玲さん!!」ダキッ

美玲「うお!? どうした乃々!?」

乃々「あぁ……ホッとしました……心細かったです……」ポロポロ

美玲「ガチ泣きじゃんか、本当にどうしたんだ?」

乃々「……とりあえず、こちらへ」

美玲「失礼しまーす」



4: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:54:07.99 ID:bWyFEtxH0

乃々「何か飲みますか?」

美玲「適当で良いよ」

乃々「では、シークァーサージュースで」

美玲「それがこの状況で適当だったのか(驚き)」

乃々「どうぞ」コトリ

美玲「ありがとうな」

美玲「それで、どうしたんだ? みんな心配してたぞ?」

乃々「実は私……世界の真理に近付いてしまったみたいなんです……」

美玲「はぁ……?」

乃々「それと私の、個人的な趣味と言うか癖というか、そういうアレと一体化しまして……」

乃々「もう、自分がおかしくなりそうなんです……」ガクブル

美玲「ゴメン、もう少し具体的に言ってほしいんだけど」



5: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:56:21.33 ID:bWyFEtxH0

乃々「実は私……」

乃々「ぁぅ……恥ずかしい……///」

乃々「……」

乃々「実は私! 声フェチなんです!!」

美玲「声……フェチ?」

乃々「可愛い声を聴くだけで『くやしい……でも、感じちゃう……ビクンビクンッ』ってなるんです」

美玲「声で感じるフェチだから、声フェチ……なるほどな」

美玲「……えっそれマズくないかッ?」

乃々「マズいですね」

美玲「可愛い声してるヤツ、事務所にゴロゴロいるだろッ!?」

乃々「いますね」

乃々「私がアイドルを辞めないのは、最高のオカズ売り場を手離したくないから、というのが真相だったわけですが……」

美玲「おいやめろッ!! それは聞きたくなかったッ!!」



6: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:57:00.30 ID:bWyFEtxH0

乃々「しかしある時、ふと気付いたんです」

乃々「ウチの事務所に、不思議な魅力を持つ子がいることに……!」

美玲「不思議な魅力?」

乃々「私のような声フェチからすれば、もはや魔力や呪いと同じなんです……!」

乃々「その声を聴いているだけで、私が私でなくなってしまいそうで……!!」ブルブル

美玲「それで、自分の部屋に逃げ込んだのか」

美玲「突拍子もないことばかりで信じられないけど……」

美玲「でもウチは、乃々がウソをついていないってことは、分かるぞ」

乃々「美玲さん……!」

美玲「ウチはさっぱり分からないけど、辛かったんだよな」ギュ...

乃々「うぅ……ぐすっ……怖かったです……!」

美玲「よしよし」ナデナデ



7: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:58:18.15 ID:bWyFEtxH0

乃々「ふぅ……」

乃々「泣いたら少しだけスッキリしました」

乃々「本当に少しだけですけど……」

美玲「落ち着いたなら良かった」

美玲「それで? その『呪いの声』の持ち主っていうのは、誰なんだ?」

乃々「私が把握しているだけで、30人以上はいまして……」

美玲「おいおいおいおい、そんなにいるのかよ……?!」

乃々「はい……事務所にいると、必ず1人は近くにいるんです」

乃々「もし、その声で何かを頼まれたら、きっと私は断れなくなるでしょう」

乃々「それはまさに、催眠音声……!!」ガクガク

美玲「ウチその催眠音声っての知らないけど、字面でヤバいものだってことは分かる」

美玲「これは……マジで深刻な話になってきたな……」



8: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 11:59:41.17 ID:bWyFEtxH0

美玲「もしかして……142の中にいるのか?」

美玲「さっき、外にいる142から逃げるように怯えていたよな?」

乃々「142は……全員です」

美玲「えぇッ!? 全員ッ!?」

美玲「幸子も小梅も!?」

乃々「はい」

美玲「輝子も!?」

乃々「はい」

美玲「……オマエ、しょっちゅう輝子と一緒にいたのに、よく無事だったな?」

乃々「メンバーですので、途中で慣れました」

美玲「なるほどな」

美玲「でも、幸子と小梅にはまだ免疫が無い……と」

乃々「はい……」



9: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:00:38.20 ID:bWyFEtxH0

美玲「そりゃ幸子と小梅の声は可愛いと思うけど……そんなに凄いのか?」

乃々「凄いどころじゃないんです!」

乃々「もし幸子さんがにゃんにゃん言い出したら、私は内に秘める衝動を抑えきれる自信がありませんから!」

美玲「にゃんにゃんって……さちにゃん?」

乃々「さちにゃんとかぺろぺろするに決まってますけど?!?!」

美玲「決まってるんだ……」

乃々「真理ですから」

美玲「じゃあ仕方ないな」

乃々「ちかたないんです」

美玲「小梅……は、分かる気がするな」

美玲「あの声は、可愛いってのもあるけど、どこか……エッチ///……だよな?」

乃々「はい……なんといいますか……すごく言いにくいのですが……」

乃々「……」スゥ

乃々「エロg「それ以上いけない」」



10: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:01:22.20 ID:bWyFEtxH0

乃々「はじめは、誰もそんなことなかったんです」

乃々「でも、ある日突然、声に魔力を持つ子が出てきたんですよ」

乃々「その時は確か……凛さん、楓さん、かな子さん、杏さん、莉嘉さんの5人でした」

美玲「ウチの事務所の稼ぎ頭ばっかりじゃんか」

乃々「そうなんです! 事務所で人気の子たちから順に、声に魔力がこもりはじめて……!」

美玲「魔力がこもったから、人気アイドルになったのか……?」

乃々「いえ……あの様子はおそらく、人気アイドルになったから魔力がこもったようでした」

美玲「ふぅん……ウチの声は大丈夫なの?」

乃々「はい、美玲さんは大丈夫です」

乃々「呪いのない、可愛い声ですよ」ニコリ

美玲「オカズ云々の話を聞いてなけりゃ、素直に喜べたのになぁ……」



11: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:02:57.53 ID:bWyFEtxH0

乃々「しかし、つい最近気付いたんです……」

乃々「美優さんの声が、魔力を帯び始めたことに……!」

美玲「美優さんってことは……あぁ、この間の総選挙か」

乃々「この流れだと……わ、私の声が……声がががが……!!」ガクガク

美玲「なるほど、それで『自分でなくなってしまう』って言ったのか」

乃々「こ、恐いんです……私の声が、違うものになってしまうじゃないかって思うと……!」ブルブル

美玲「そうだよな、自分の声が勝手に変わるなんて、恐いよな」ナデナデ









乃々「あっでも自家発電できるなら、別にいいかも……」

美玲「なでなで代を請求するぞオマエッ!!」



12: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:03:34.37 ID:bWyFEtxH0

乃々「とにかく! 私は引きこもります!」

乃々「声という防ぎようのない脅威から身を守るには、それしかないんですよ!」

乃々「呪いの声の力に気付いた誰かが、私たちを洗脳するかも知れないんですから!」

美玲「なるほどなー、そーか、うーん……」

美玲「ウチ……1つだけなら、解決策があるんだけど……」

乃々「えっ」

美玲「ただ、説明だけはできないんだ」

美玲「でもな、それが乃々のためになるのは、ウチが約束するッ!」

美玲「乃々……ウチを信じてくれるか?」ウルウル

乃々「で、でも……何をするかくらいは、聞かせてくれても……」

美玲「お願い乃々……!」

乃々「……」グヌヌ

乃々「……わ、分かりました!」

乃々「美玲さんを……信じます」

美玲「乃々……ウチを信じてくれて、ありがとうなッ!」



13: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:04:18.74 ID:bWyFEtxH0

美玲「それじゃ――」









美玲「おーいッ! 入っても良いぞーッ!」ガチャリ

幸子「遅いですよ美玲さん」トコトコ

小梅「乃々ちゃん、久し振り」トコトコ

輝子「待ちくたびれたな……」トコトコ

乃々「ファッ!?」



14: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:05:04.01 ID:bWyFEtxH0

乃々「ちょ、美玲さん?! これは一体どういう――?!」

美玲「乃々さぁ……」







美玲「一体いつから――ウチが声フェチでないと錯覚していた?」







乃々「!!!!!!!!」

乃々「美玲さんの目が……目がハートになってる!!!!!!!!」



16: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:53:53.15 ID:bWyFEtxH0

幸子「ボクたちの声に催眠の力が宿っていることは、とっくに気付いていましたよ」

輝子「喋るだけでみんな、命令にしたがう……フヒ」

小梅「こんなに抵抗されるとは、思わなかったけどね」クスクス

乃々「あ……ぁ……」ヘナヘナ

美玲「乃々……全てはもう終わった話だったんだよ」

美玲「オマエの言うとおり、声の魔力で、一般人を支配下に置く計画は進んでいたんだ」

乃々「ま、さか……!」

美玲「でも今回、オマエが部屋に引きこもったことで、事態は一変した」

輝子「私たち『声』の一派は……け、計画の漏えいを、疑ったんだ」

幸子「そこでボクたちは、事務所内に限り、強行作戦に出ることにしました」

小梅「乃々ちゃんの行動をきっかけに、他の子が計画に気付く前に、全員洗脳させてしまえばいい――」

輝子「単純な話だよな、フヒ」



17: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:55:15.38 ID:bWyFEtxH0

幸子「さて、乃々さん……そんなボクたちがどうして、あなたの部屋にやって来たか――」









幸子「分かりますよね?」ニッコリ

乃々「あ、あ……ぁ……」ガクガク



18: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:56:44.72 ID:bWyFEtxH0

輝子「美玲」

美玲「はい」ガシッ

乃々「しまっ――」

輝子「幸子は右耳を、小梅は左耳を」

幸子「いいですよ」

小梅「まってました」

乃々「や、ゃだ……お願い、しま……!」ガクガク

輝子「乃々の言葉は、聞いてあげたいけど……」

輝子「私たちの言葉を、聞いてからだ」

乃々「あ……ぁぁ……!」ブルブル

輝子「ウチらの事務所では最後の1人だからな……豪華にいこう」

乃々「ゃ……め……!」



19: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:57:32.36 ID:bWyFEtxH0

小梅「乃々ちゃん……大好きだよ」ササヤキ

乃々「ふわあぁぁ///」ビクンッ

幸子「ボクのこと……好きにしてください」ササヤキ

乃々「はううぅぅ///」ビクンッ

小梅「私のドキドキ……分かる?」ギュッ

乃々「きゃわわぁぁ///」ビグンッ

幸子「ボクのココ……触っていいですよ」ムニュ

乃々「はわわぁぁ///」ビグンッ

小梅「だけど……だーめ♪」クスクス

幸子「ボクたちの子になってから……ですよ♪」クスクス

輝子「乃々、なろ? 私たちの子に、なろ?」ササヤキ

美玲「そ、そうだぞ……なろ? あきらめて、声豚になろ?」ギュウウ

乃々「あぁ^~四方を美少女に囲まれているんじゃ~……///」ピョンピョン



20: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:58:35.28 ID:bWyFEtxH0

小梅「乃々ちゃんは私たちの仲間になる……」ササヤキ

幸子「乃々さんはボクたちの言いなりになる……」ササヤキ

小梅「3秒数えたら、仲間になる……」ササヤキ

幸子「3秒数えたら、言いなりになる……」ササヤキ

乃々「やぁ……らめぇ……///」アヘェ

乃々(体が……いうことをきかない……///)

しょうこうめ「「い~ちぃ……」」

乃々(あぁ……このままでは……でも、逆らえない……!)

しょうこうめ「「に~いぃ……」」









乃々(さよなら……今までの私――!)



21: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 12:59:28.65 ID:bWyFEtxH0










カッ!!!!









輝子「うおっまぶしっ」(><)

美玲「な、なんだ今の光はッ?!」(><)

小梅「乃々ちゃんの体が、突然光って……!」(><)

幸子「感じる……ボクたちと同じ力を……まさか?!」(><)



22: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 13:00:09.81 ID:bWyFEtxH0

乃々「こ……これは……!?」シュインシュイン...



幸子「間違いありません!! あれはボクたちと同じ『声』を持った証拠!!」

小梅「あ……あんなに輝くところ、初めて見る……!」

輝子「私たちとは真逆の……光の魔力か……?!」

美玲「の、乃々……」

美玲「お願いだ乃々ォ! ウチらを助けてくれッ!!」



乃々「え、あっはい……えっと……」シュインシュイン...



23: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 13:00:50.21 ID:bWyFEtxH0

乃々「じゃあみなさん、これからは私の言いなりになる、ということで……」







4人「「ははあぁッ!!!!!!!!」」orz

乃々「なんだこれ(呆れ)」



24: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 13:01:57.57 ID:bWyFEtxH0

乃々の登場により、大いなる危機は去った



事務所にはびこっていた洗脳という闇は、ことごとく散らされていったのだ



『絶対乃々なんかに負けたりしない!!』と息巻く『声』の一派による反撃は熾烈を極めたが



『乃々がボイスを獲得した』というフレッシュな話題には誰も勝てなかったよ……



25: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 13:02:35.74 ID:bWyFEtxH0

そして月日が経った現在――



乃々は宇宙の支配者として、世界中の人間から崇拝される日々を過ごすのだった……!!



乃々「これ、支配する人が入れ替わっただけなんですけど?!?!?!?!」



終わり



26: ◆ag9TZfREZs 2016/07/30(土) 13:03:07.07 ID:bWyFEtxH0

ぼのの声決定おめでとう



以上です、ありがとうございました



元スレ
SS速報VIP:【モバマス】美玲「乃々が部屋に閉じこもっただとッ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469846952/