10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 17:59:49.17 ID:H9CMKzpD0

京介「はあっ!? ちょっと待て、なんだその頭の沸いた話は?」

桐乃「言い訳禁止! ちゃんと本人から聞いたんだから!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 18:17:10.38 ID:H9CMKzpD0

>>10から

京介「…言い訳するなって言われても…根も葉も無いどころか、そもそも何の話をされてるのかもわからんのだが」

桐乃「何の話って、それを私の口から言わせたいわけ?」

京介「そういう意味じゃねえよ。大前提として俺とあやせの間でゴムを使うような間柄になったことがないって話だよ」

桐乃「…サイッテー。いくらなんでもそのしらばっくれ方は無いわー…」

京介「いやいやマジでマジで! 妹の友達、それも付き合ってもいない女の子に手を出すほど俺の理性は崩壊してねえよ!」

桐乃「現在進行形で妹に手を出してる奴に言われてもねえ…」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 18:25:22.21 ID:H9CMKzpD0

京介「現在進行形で兄にその身を委ねようとしてる奴に言われたくもないな」

桐乃「それとこれとはま~ったく、一切、ぜんっぜん、関係ありまっせーん! 
…ていうかさ、あやせと、その、えーっと…ヤっちゃった? ことを責めるつもりは、6割くらいしかないのよ」

京介「6割はあるのか…」

桐乃「話の腰を折らないでよ。んでまあ、私と京介、一回付き合って、別れたじゃん?
その『別れた期間』に、京介が何をしてても、私には文句を言う権利は無いって言うか…。
いやでも私の親友に手を出しといて、今こうして妹と二股かけようとしてる点においてはぶっ殺してやりたいけどさ」

京介「オーケー落ち着け。それが事実だとしたら、恐らく俺は今既にあやせに殺されている」

桐乃「あやせがそんなことするわけないじゃん」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 18:31:29.58 ID:H9CMKzpD0

京介「お前の目は節穴か? 節穴だな? あやせならやる。絶対やる」

桐乃「…随分とあやせのことを理解してんだね」

京介「だからなんでそういう話に持っていくんだよ! ああもう話が進まねえ」

桐乃「あんたがはぐらかすからでしょ」

京介「俺がいつはぐらかしたってんだ。俺の主張は一貫して『あやせとそういう関係になったことは無い』だ」

桐乃「じゃああやせが嘘をついたとでも言いたいの?」

京介「えっ? その情報ってあやせから直接聞いたのか? お前の妄想じゃなくて?」

桐乃「死ね。何、妄想でこんなこと言い出すほど私の頭が弱いって思ってんの? この完璧超絶美少女の私を?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 18:37:24.59 ID:H9CMKzpD0

京介「合間合間に自画自賛を挟むお前のその癖が超うぜえ」

桐乃「事実を事実として語ってるだけですー。まあ、なーんにも誇れるもののないアンタには僻むことくらいしか出来ないだろうけど?」

京介「誇れることならちゃんとあるぞ。そんな完璧超絶美少女が、今俺の前で裸でいる経緯とか、誇らしくて仕方がない」

桐乃「…アンタって時々本当に凄まじいジゴロになるよね」

京介「馬鹿にしてんのか」

桐乃「どっちかって言うと恐怖してんのよ。地味子はまあギリギリとしても、
十分『美少女』のレベルに入る女子から片手じゃ足りない程度の告白されてるとか、冷静に考えなくてもアンタの外見からじゃ絶対ありえないし」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 18:48:20.63 ID:H9CMKzpD0

京介「俺にモテ期がもう二度と来ないことは承知してんよ。…あああああ、なんて、なんて俺はもったいないことを…!」

桐乃「…そのあたりの本心をダダ漏れに出来るってのも、才能って呼ぶべきなのかな?」

京介「知らねえよ。というかそんな才能は本気でいらん。…あーくそ、また話が脱線したな…。で、あやせが何て言ってたって?」

桐乃「お兄さんとえっちした、って」

京介「してないよ!? というかもしかしてあれか? あいつはまだあれを『えっち』だと力説してんの?」

桐乃「やっぱり心当たりあるんじゃん! 最低! クズ! 窓から飛び降りて詫びろ!」

京介「お前も大概にしろよ!? というかお前、わかっててからかってるだろ?」

桐乃「なんのことだかー」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 19:05:04.61 ID:H9CMKzpD0

京介「はぁ…。わーったよ、付き合ってやる。で? あやせは他に何て言ってたんだ?」

桐乃「恥ずかしがってあんまりちゃんと話そうとしなかったんだけど…避妊しなかったって」

京介「はいダウト。お前絶対表現を歪曲してんだろ」

桐乃「っ! に、ニュアンスはそんな感じだったもん!」

京介「本当のところは?」

桐乃「…私が『ちゃんとゴムつけてた?』って聞いたら、顔真っ赤にして『ふぇ? ごごごゴム? 何それ!?』って…」

京介「お前その情報だけで俺が避妊せずあやせとコトに及んだって話を作り上げたの? やっぱりただの妄想だよそんなもん!」

桐乃「妄想じゃないもん! …元から本当にアンタがあやせと避妊せずにしたとか、思ってなかったし…」

京介「え、ちょっと待って、俺があやせとヤったってのはお前の中で確定事項になってるの?」

桐乃「だーかーらーっ! なんでそこだけすっとぼけんのよ! 私はそのことについてはギリ自制心保ててるんだから、素直にその罪は認めなさいよ!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 19:12:39.52 ID:H9CMKzpD0

京介「ヤってないもんはヤってないから認めようが無いって何回俺は言えば良いんだよ…」

桐乃「じゃあどこまでヤったの!? 脱がせただけ? 触っただけ? それとも口でして貰っただけとか?」

京介「全部してねえよ。特に最後のどっから出てきた。
ああいや最初の『脱がせただけ』は若干正しい…のか…? 脱がせたのは俺じゃなく、とあるクズが預かってた赤ん坊だけどな」

桐乃「…話が全く見えないんだけど」

京介「あー…。えーとな、一人暮らししてた頃に、あやせとちょっと買い物に行ったことがあったんだよ。
で、その時知り合いが預かってた赤ん坊を、何の因果か俺たちがちょっとだけ面倒見ることになってな。
その赤ん坊があやせにだっこされてる時、あやせの服をこう、ぐいっと引っ張ったら、おっぱいがぽろんと…」

桐乃「それで?」

京介「それでも何も、以上だよ。後日あやせから告白された時にその時の件をほじくりだされて責められたけど、それくらいだ」

桐乃「…えーと、あやせはその行為を『えっち』と認識してた、ってこと…なの…?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 19:21:27.54 ID:H9CMKzpD0

京介「多分そうなんじゃねーの? 何分本当にそれくらいしか心当たりがないもんでな」

桐乃「あやせのことがちょっとわかんなくなったよ…」

京介「…なあ、前々から思ってたんだけどさ、あいつちょっと天然入ってるよな?」

桐乃「入ってる入ってる! マジで周りの賛同は一度も得られなかったけど、あやせ絶対天然だって!」

京介「だよなあ! しっかりもののお姉さんぶってるけど、時々凄まじい突拍子のなさを見せるもんな!」

桐乃「アンタに対してやってるのは、かなり計算も混ざってると思うけどね」

京介「俺のラブリーマイエンジェルに何てこと言いやがる!」

桐乃「…アンタのそのあけっぴろげなところは決して嫌いじゃないけど、それ今言う台詞?」

京介「…いや、すまん。正直俺も今テンションおかしいんだよ。いざ初体験! って所でグダグダ10分近くお預け食らってるからな。
襲いかからないだけ紳士だと思ってくれ」

桐乃「…ん。それについては、私もごめん。いざってなったら、その、ちょっと、思ってたより、怖くて、つい…」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 19:29:36.27 ID:H9CMKzpD0

京介「…わーってるよ」

桐乃「わぷ! ちょ、急に頭抱かないでよ…!」

京介「いーじゃんこれくらい。…んでまあ、お前の彼氏は、お前がいざというとき意外とビビりだってことくらい、知ってんよ」

桐乃「…うん」

京介「茶化して和ませようとしたんだろ?」

桐乃「うん」

京介「本当は、俺があやせとヤってないことも、解ってたんだろ?」

桐乃「それについては結構マジでヤってたんじゃないかと思ってた」

京介「台無しだなオイ!」

桐乃「違う違う。あやせなら色んな搦め手を使い倒した挙げ句、絶対抵抗出来ない形で押し倒したり出来そうだし」

京介「それは親友に対する評価として正しいのか…?」

桐乃「でも、本当に違うみたいだったから。色々、安心、した」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 00:49:45.63 ID:9SMNdGIO0

>>25から

京介「はあ。なんつーか、意外と信用ねえんだな、俺」

桐乃「当然っしょ? アンタのどこを信頼しろってのよ」

京介「はいはい、わーってるよ。俺が優柔不断でフラフラしてることは、俺が一番知ってんだよ。
…でもな。お前が好きだと、お前が欲しいと、お前と添い遂げたいと、そう思ったことだけは、信じろ。それだけ、信じてくれ」

桐乃「キッショ! マジキモい! 気持ち悪すぎて吐きそう!」

京介「ピンポイントで人の心を抉るレスポンス、ありがとよ」

桐乃「キモいキモいキモい! きもちわる、すぎて、涙、出そうだ、し…」

京介「…あー、そりゃ悪かったな。吐きたきゃ吐けよ。…泣きたけりゃ、泣けよ」

桐乃「別に泣きたくなんかない! ただ、…ただ! …勝手に、出てくる、だけだよ…!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 00:59:35.51 ID:9SMNdGIO0

京介「はいはい、ご自由に。…もうしばらくこうしててやっからさ」

桐乃「…うん…。ひぐっ、ぅあ、ああああぁ…」

京介「…参ったな。泣いてるお前、すげー可愛い」

桐乃「ぐすっ、ば、ばかじゃ、ないの?」

京介「本当に妹に手ぇ出しちまったあたり、底なしの馬鹿だよ」

桐乃「や…! ちが、違うもん…! 私が、抱いて、欲しいって、言った、から…!」

京介「お前が言わなくても同じだよ。俺が我慢出来なくなって、何やかやで同じことになってたっつーの」

桐乃「…うそつき。私から、言わない限り、絶対、我慢、した、くせに」

京介「お前は俺を信用しなさすぎだけど、こういう時だけ信用しすぎだ。…泣いてるとこ悪いけど、俺のがこうなってんの、わかるだろ」

桐乃「ひゃっ!? …ぅ、ぁ…。…月並みな台詞だけど、これ、本当に、私の中に入るの…?」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 01:08:51.29 ID:9SMNdGIO0

京介「童貞にんなこと聞かれてもな…。お前の大好きなエロゲーだったら、お前より幼い子にも」

桐乃「エロゲーと現実を一緒にするな!」

京介「よりによってお前がそれを言うか!? …まあ、痛いし、苦しいかもしれんけど、入りはするんじゃねーの」

桐乃「…信じられない…。だってこれ、すごい大きいよ?」

京介「自尊心をくすぐられるけれど、別に特別でかくはねーよ。つーか手ぇ離せ。暴発しそう」

桐乃「え、ぁぁ!? スケベ! 変態! 馬鹿!」

京介「いや、大好きな…つーか、愛してる女に握られて、興奮しねえ男はいないっての。スケベで変態なのも否定はせんが、それはお前が可愛いからだ」

桐乃「~~~ッ! この、馬鹿…! 何かお腹の奧がムズムズするじゃない…」

京介「お前はお前で自分の言葉の破壊力をもうちょっと考えるべきだな。…悪いけど、そろそろ我慢の限界だぞ?」

桐乃「はん。やっぱり馬鹿だ。馬鹿じゃないの? こちとらとっくに覚悟は決まってるっつーの」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 01:17:53.29 ID:9SMNdGIO0

京介「お前の心臓はそうは言ってないけどな。さっきから鼓動がものすごいぞ」

桐乃「お互い様でしょ。アンタの心臓も、さっきからそろそろ割れそうなくらいうるさい」

京介「ああ、そうかよ。そうだろうな。…つーわけで、いいか? っと、ちょい待て。ゴムつける」

桐乃「…………ス」

京介「?」

桐乃「きっ、キス! キス、しながら、して…」

京介「…はあ。はいはい、わかりましたよ、お姫様」

桐乃「誰がお姫様なっ、ん、むぅ~っ!」

京介「…ぷはっ。愛してるぞ、桐乃」

桐乃「ひ、ひきょ…うぁぁぁ、ぁ、ぁ、ぁ、ぁ、ぁ…っ…!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 01:28:30.37 ID:9SMNdGIO0

そんなこんなで。結局俺たち兄妹は、一度兄妹の垣根を越えて、理性を持って壁を降り、そしてまた同じように揃って崖を飛び降りた。

俺と、俺の妹の、現実から逃避するような行為は、けれどもシーツに残った赤い染みのように、しっかりと形を持ってしまって。

どうやったって引き返せない一線を越えてしまった以上、俺たちの先にきっと、道はもうない。

けれど。けれども、思うんだ。道はないから引き返そうと、そう思った俺たちは、それでも道のない道を歩もうと足掻いている。

だからこれはきっと必然で。

だからこれはきっと、希望で。

だから、これは、きっと、誰も後を追わない道だとしても。

俺たちはきっと、この先を、歩いて行けるんだと、そう信じたい。

妹離れ出来なかった兄と、兄の背中を追いかけた妹の物語の幕を閉じるのは、きっとこの言葉が相応しい。

俺の妹は、この世の誰よりも、可愛い。

-了-



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 01:36:41.67 ID:9SMNdGIO0

以上。最終巻を読んで思ったのは、「この先の二次創作を作るor途中でパラレル分岐するのには最も相応しい終わり方だな」でした。
というわけで桐乃ENDを。地の文が無い書き方は始めてしたのでかなりあっさりした終わり方になりましたが、そのあたりも含めて桐乃の可愛さを認識してもらえたら嬉しい…なあ…。
保守ありがとうございました。



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 01:30:18.68 ID:OzRu/2kn0

追いついたと同時に終わったか

乙でした

やはり桐乃は最強に可愛いなぁ



元スレ
桐乃「ふーん、あやせとは生でして、私にはゴムつけるんだ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372754796/