※う○こ注意



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:17:38.98 ID:5RvOEHW+0

京介「頭大丈夫か?」

桐乃「バカじゃん!キモッ!」

京介「……」

桐乃「あたしのマンコしゃぶらせてあげるからあんたのおちんちんしゃぶらせてって言ってるの」

桐乃「ギブアンドテイクよ。わかる?日本語通じてる?」

京介「俺の妹はエロゲーのやりすぎで頭がイかれちまったらしい。兄貴とシックスナインしたいとか」

桐乃「ハァ? なに勘違いしてんの?」

桐乃「あたしはおちんちんの味が知りたいの」

桐乃「お礼にJCのマンコしゃぶらせてあげるから、あんたのおちんちんしゃぶらせろって言ってるの」

京介「俺はマンコしゃぶりなんかしたくない!臭そうじゃんかよ!」

桐乃「なっ! じゃあ一つだけ何でも言うこと聞いてあげる! だからおちんちんしゃぶらせて!」

京介「じゃあ、あやせからフェラしてもらいたい」

桐乃「オッケー!わかった!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:17:47.00 ID:5RvOEHW+0

桐乃「もしもしあやせ?」

あやせ「うん、あやせだよ」

桐乃「アニキのおちんちんしゃぶりたくない?」

あやせ「」

桐乃(ヤバっ!ストレートに聞いてしまった…)

あやせ(わたしはお兄さんのこと大好きだけど、桐乃のことも大好き…)

あやせ(お兄さんのおちんちんしゃぶりたい)

あやせ(桐乃もわたしに負けないくらいお兄さんのこと好きだって知ってる)

あやせ(いくら桐乃からのお誘いとはいえ、わたしがお兄さんのおちんちんしゃぶったら桐乃が悲しんじゃう)

あやせ(桐乃を悲しませずにお兄さんのおちんちんをしゃぶりたい。そしてついでに桐乃のマンコもしゃぶりたい)

あやせ(なにか妙案はないかな…。ぐぬぬ…)

桐乃「突然ごめんね。あたしどうかしてた。やっぱいいや」

あやせ「待って!ちょっと考えさせて!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:17:49.00 ID:5RvOEHW+0

桐乃「うん、わかった」

あやせ「折り返し電話するから待ってて!(必死)」

あやせ「チャンスなのになりふり構ってられない!」

あやせ「もしもしお姉さんですか?」

麻奈実「うん、麻奈実だよ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:17:52.00 ID:5RvOEHW+0

麻奈実「どーしたのあやせちゃん」

あやせ「あの、もしもの話しなんですが、桐乃からのお兄さんのおちんちんしゃぶらないかってお誘いを受けたらお姉さんならどうしますか?」

麻奈実「きょうちゃんのおちんちん?」

麻奈実「おいしそうだね」

麻奈実「桐乃ちゃんが許してくれるなら、きょうちゃんのおちんちんしゃぶりたいな」

あやせ「分かりました。桐乃が許すならしゃぶるっていうのがお姉さんの答えですね」

麻奈実「そうだよー。あと、お礼におまんこしゃぶらせてあげるんだー」

あやせ「ギブアンドテイクってやつですね!」

麻奈実「そうだよー。親しき仲にも礼儀ありっていうでしょ?」

あやせ「ありがとうございます!」ガチャッ

あやせ「お兄さんのおちんちんしゃぶったあと、お礼にわたしのマンコを桐乃にしゃぶらせればいいわけか!」

あやせ「さすがお姉さん!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:17:57.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「この際、桐乃のマンコをしゃぶるのは我慢して、お兄さんのおちんちんしゃぶって、桐乃にマンコしゃぶらせるプランでいこう」

あやせ「もしもし、桐乃?」

桐乃「あ、あやせ?」

あやせ「お兄さんのおちんちんしゃぶってもいいかな?」

桐乃「待ってました!」

あやせ「どうしてそんなに嬉しそうなの?」

桐乃「いや、アニキが喜ぶから。アニキが嬉しいとあたしも嬉しくなるし…」

あやせ「桐乃はお兄さん思いの優しい子だね。そんな優しい桐乃と出会えてとても嬉しいよ」

桐乃「あやせは、その…。こんなお願いされて嫌じゃないの?」

あやせ「全然!桐乃の役に立てるならすごく嬉しいもん!」

桐乃(あやせ絶対無理してるよ…)

あやせ「あのさ、お兄さんのおちんちんしゃぶるから、桐乃はわたしのマンコしゃぶってくれるかな?」

桐乃「えっ?」

あやせ「ギブアンドテイクってやつだよ。わたしばっか良い思いしたら申し訳ないから」

桐乃(こいつ、あたしと同じで京介のおちんちんしゃぶりたいわけねチクショー!)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:17:58.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「じゃあ、いまから桐乃の家に行くね!」ガチャッ

桐乃「あやせのマンコなんてしゃぶりたくない(´・ω・`)」

桐乃「てか、ギブアンドテイクって言うんなら京介にしゃぶらせれば良いのに…」

桐乃「あやせのマンコしゃぶらないと京介のおちんちんしゃぶることはできない…」

桐乃「うああ!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:00.00 ID:5RvOEHW+0

麻奈実「あやせちゃん、もしかしてきょうちゃんのおちんちんしゃぶるのかな…?」

麻奈実「ゆるせない!」

麻奈実「きょうちゃんのおちんちんは5年後に私のものになるはずなのに…(予定)」

麻奈実「桐乃ちゃんからのお誘いってことは3Pなのかな…」

あやせ「こんにちは~」

麻奈実「は、はーい」

あやせ「あ、お姉さん、店番ですか? どら焼きください」

麻奈実「あやせちゃんもしかして…?」

あやせ「あ、はい。今から桐乃のうちに行くのでお土産をと思いまして」

麻奈実「がーん!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:01.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ(がーんって昭和のコメディみたい)

麻奈実「さっきの話って、もしもの話しじゃなかったの?」

あやせ「……。はい///」

麻奈実「がーん!」

あやせ「せっかくお兄さんのおちんちんをしゃぶらせてもらうのに手ぶらで行くわけには行きませんから///」

麻奈実「うん……。いま用意するからちょっと待っててね……」

あやせ「はいっ!」ニコッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:05.00 ID:5RvOEHW+0

@高坂家

あやせ「こんにちはー!」

桐乃「い、いらっしゃい…」

京介「いらっしゃい!ふひひひ」

桐乃「キ、キモ!」

あやせ「お兄さんキモいですよ?」

京介「ラブリーマイエンジェルのあやせたんからフェラしてもらえんだから仕方ねーだろ!」

あやせ「べ、別にお兄さんのおちんちんしゃぶりたくて来たわけじゃないんですよ」

あやせ「親友の頼みだから仕方なくしゃぶってあげるんです」

京介「フェラのついでに童貞捨てるの手伝ってくれるとか、そんなイベントはなし?」

あやせ「おちんちん噛みちぎりますよ?」

京介「ま、まあいい!こんな所で立ち話もなんだ。俺の部屋で早速始めたまえ」

桐乃「カッコつけんなし」

あやせ「まあ、あせらないでくださいよ。お土産も持ってきたんですから、ゆっくりやりましょう」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:08.00 ID:5RvOEHW+0

京介「て、よりにもよって田村屋のどら焼きかよ」

あやせ「好きですよね」

京介「嫌いじゃないが、もしかして今からのこと麻奈実にしゃべってないよな?」

あやせ「おもいっきり自慢してきました///」

桐乃「ぷっ!あやせグッジョブwwwww」

京介「ちょ!俺、学校で下級生からはセクハラ先輩って呼ばれてんよに明日からフェラチオ先輩になっちゃうよ」

あやせ「あ、このどら焼き美味しいですね」もぐもぐ

京介「無視すんなよ」

あやせ「さあ、食べ終わったし、始めましょう」

京介「俺まだ食ってないんだけど」

あやせ「のろま」

桐乃「クズ」

京介「うるせー、さっさとしゃぶれ」ぬぎぬぎ

あやせ「わっ///」

桐乃「わっ///おっきいー!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:11.00 ID:5RvOEHW+0

京介「どうして桐乃もいんだよ?食い終わったんならとっとと出てけ」

桐乃「いいじゃん。立会人ってやつ?」

あやせ「まあ、いいじゃないですか。このあと桐乃がわたしのマンコしゃぶってくれるんで時間のロスがなくなって合理的ですよ」

京介「そうか。まお、ギャラリー多い方が盛り上がるしな」

あやせ「じゃあいきますよ」ぴちゃぴちゃ

京介「うっ!」

桐乃「感じてるの?ばーーーーか!」

あやせ「お兄さんのおちんちん…」クチャクチャ

あやせ「美味しいです…」ジュプププ

京介「ヤバイもういきそう」

桐乃「我慢しろ!」ズブッ

京介「あ、アナルに指突っ込むな~」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:15.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「んん…」シコシコちゅばっちゅばっ

京介「手コキフェラとかどこで覚えてきたのおおおおお」

桐乃「どお?お尻もきもちぃでしょ?」

京介「手コキフェラと前立腺マッサージとか卑怯すぎるぞお前らららら」ピクピク

あやせ「先っぽの方がとても美味しいです」レロレロ

京介「あやせたんあやせたん」ハアハアハア

桐乃(イラッ!)

京介「あ、桐乃、ダメ!」

ドピュッビュビュ

あやせ「きゃー!」

京介「す、すまん」

あやせ「もう!顔にかかちゃったじゃないですか!」

京介「いや、あやせの先っぽ攻撃と桐乃の指テクがヤバくてついつい…」

あやせ「せっかくお兄さんのカルピス美味しくいただこうと思ったのに」

桐乃「あんた、こんなに早くイっちゃうなんて早漏なの? 中途半端なことして恥ずかしくないの?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:19.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「ぶち殺されたいんですか?」

京介「す、すまん! 許してくれ!」

あやせ「どうする桐乃?」

京介「そこでなぜ桐乃に振るの!?」

桐乃「どーしよーかなぁ~?」

京介「うわっ! ムカつく!」

桐乃「自分ばっか気持ちよくなるのってズルくない?」

あやせ「ずるいよね」

京介「この俺にどうしろと?」ビクビク

京介(まさかマンコしゃぶれって言うんじゃないだろうな…臭そうだからやだっつーの!)

桐乃「察しなさいよ」

あやせ「鈍いですよお兄さん」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:22.00 ID:5RvOEHW+0

桐乃「京介のおちんちんであたしたちのオマンコ突いて欲しいんですけど」ヌギヌギ

京介「ゴクリ!」

あやせ「さあ、どうぞ。早漏のおにいさん」ヌギヌギ

京介「妹とはヤバいよな……」

桐乃「妹の親友からフェラしてもらってたくせに何言ってんの?」

京介「とりあえず、あやせは欲求不満だろうからとりあえずあやせを先に」

桐乃「ちっ!」

あやせ「さあどうぞ!」くぱあ

京介「じゃ、じゃあ入れるよ…」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:24.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「ちょっと待ってください!お兄さんゴムは?」

京介「持ってないけど?」

あやせ「サイテー!」

京介「てかお前らが俺に挿入しろって言ったんだろうが!」

桐乃「ダサッ! どうしてコンドームくらい持ってないの?」

京介「持ってるわけないだろ!」

桐乃「ほら」スッ

京介「え?」

京介「どうしてお前がコンドームなんか持ってるんだよ」

桐乃「……。まあいいじゃん」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:25.00 ID:5RvOEHW+0

京介「御鏡の野郎か! あやせたんとのセックスが終ったらぶち殺す!」チンポムクムク

桐乃(勘違いしてるけど、エロゲーよりすごいエッチしてくれそうだし黙っとこ)

京介「いくよ」ズズ

あやせ「んん……」

京介「うおおおおおおおおおおお! あやせたんのオマンコのキツキツ感たまんねーーーーーーー!」

桐乃「京介っ!」チュ

京介「んんん…」ギシギシ

京介(桐乃っが俺にキス? てか乳首コリコリしたらやばいって!)

あやせ「お兄さん、動き止めないで!」

京介「桐乃! お前は綾瀬の隣で四つん這いになれ!」

桐乃「こ、こう?」

京介「おまえは手でイかせてやる!」

桐乃「あ、あとでおちんちんも入れなさいよ!」

京介「わかった!」ズッコンバッコン



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:26.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「…。おにいさん……。……いきたい」

京介「何!?もうイキたいのか!」

あやせ「ト、トイレに行きたいんです!!!!」

京介「ションベンならここでやっちまえ!」パンパン

あやせ「ちがっ! あああ……!」ゴロゴロ

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!


京介「ギャーーーーーーーーーー!!!!」

あやせ「イヤーーーーーーーーーー!!!!」

桐乃「えええええ!」


麻奈実「そろそろどら焼きに仕込んだ下剤が効いてくるころかな?」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:30.00 ID:5RvOEHW+0

京介「ぬおおおおおおおおおお! 俺のチンポが糞まみれになっちゃったじゃんかよ!」

桐乃「さっさと洗ってこいクズ!」

京介「わかった……」

あやせ「ふぇええええん! 中学生なのにウンコ漏らしちゃったよぉぉぉぉおおおおお」グズグズ

桐乃「どうしちゃったのあやせ? 体調悪かったの?」

あやせ「……。急にウンコしたくなっちゃって……」

桐乃「そ、そう……」

あやせ「私のこと嫌いになっちゃった?」

桐乃「あのさ、ウンコ漏らしたくらいで嫌いになるとかマジありえないから!」

桐乃「あたし、エロゲー大好きじゃん?」

あやせ「こんな時に……何言ってるの?」

桐乃「スカトロ*シスターズってエロゲー持ってるし、その……、かわいい娘がウンコするシーンとか慣れてるっていうか」

あやせ「桐乃大好き!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:31.00 ID:5RvOEHW+0

桐乃「いいって! それより、京介が帰ってくるまであたしたちだけで続きしよ?」

あやせ「うん///」

チュッ!

あやせ「んんっ……」チュパチュパ

桐乃「んっ…んっ…」ピチャッ

あやせ「桐乃……大好き……」レロレロ

桐乃「あたしも……京介の次にあやせのこと好き……」チュパピチャ

あやせ「ひどい!」 クリッ

桐乃「ひゃぁ///」

桐乃「急にクリちゃんさわらないでよ~!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:32.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「桐乃が嫌なこと言うから」サワサワ

桐乃「ん……あっ……」ピクッ

あやせ「感じてる桐乃可愛い///」モミモミ

桐乃「ん……く……」

あやせ「気持ちいい?」クリックリッモミモミ

桐乃「うん……んぁ……」ピクピク

あやせ「桐乃のアソコすごいぐちょぐちょになってる」クチュクチュッ

桐乃「ふあぁ…うっ…んっ…」ビクビク



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:34.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「本当は桐乃にわたしのマンコしゃぶってもらうつもりだったけど、わたしが桐乃のしゃぶってあげるね」ハムッ

桐乃「ふぁああ!はぅん! (ラッキー!あやせのマンコしゃぶらなくてもよくなった!)」ビクンビクンッ

あやせ「桐乃の……クチャクチャ……マンコおいしい……」レロレロクチャ

あやせ「桐乃のマンコずっとしゃぶってたい……」ブジュジュジュジュ



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:35.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「美味しいお汁いっぱい出てくるね……」ピチャクチャ

桐乃「ちょ……何言ってんの…!」ビクビクビク

あやせ「んんん……」レロレロクリクリ

桐乃「あっ、な、なんか、なんかヘンな感じ……ひぁっ……イクぅっ……」

あやせ「桐乃!」

桐乃「あやせ…!あやせ!」ビクンビクンビクンッ

ピシャーッ!
ちょろちょろ……



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:36.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「桐乃もお漏らし? 仲間だね!」

桐乃「いや、おしっこじゃないし……」

あやせ「おしっこじゃないなら何?」ニヤニヤ

桐乃「いじわる!」

あやせ「ふふふ。気持ちよかった?」

桐乃「うん///」

あやせ「じゃあもう一回戦しよ!」

桐乃「う、うん……」

桐乃(こいつ、とんだ性欲魔人だ……)



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:37.00 ID:5RvOEHW+0

あやせ「では遠慮なく……」ハムッ

桐乃「やぁ……やめ……」チョロチョロ

あやせ「お漏らしかわいい///」グチョグチョ

桐乃「あぁ……あやせっ! 気持ちぃよぉ……」ビクビク

あやせ「うん、あやせだよ!」レロレロヌチャヌチャ

桐乃「ふぁあぁぁぁああ! あやせ…もうらめぇ! イきたい…」ビクビク

あやせ「だめ! いくらなんでも早いよ~」ジュポッ! ジュポッ!

桐乃「ちがっ! あああ……!」ゴロゴロ


ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!
ブチチブリブチブリリビチュチュチューーーーーーー!!!

あやせ「きゃあああああああああああああああああああ!」

桐乃「いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:38.00 ID:5RvOEHW+0

麻奈実「どら焼きみんなで食べたのかな? きょうちゃんごめんね。あやせちゃんと桐乃ちゃんを懲らしめるためだから」



京介「ふぅ……。やっとチンポがきれいになったぜ…」

京介「ってなんじゃこりゃーーーーーーーーーーー!」

あやせ「ふええええん!」

桐乃「ぅぅぅ……ぐす……ひっく……」

京介「どうして俺のベッドが糞まみれに!?」

京介「なぜあやせたんのお顔が糞まみれに!?」

京介「顔面に下痢便シャワーを浴びたあやせたんには申し訳ないが、あやせは茶髪でも可愛いな!」

桐乃「死ね!死ね!死ね!」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:41.00 ID:5RvOEHW+0

京介「てなことがあったんだ」

黒猫「不可解な事件ね」

沙織「プレイ中にきりりん氏とそのご学友が絶頂にイクのではなくトイレニ行きたくなるという事件ですな」

黒猫「これは何かの呪いね」

京介「呪い? 俺は無事だったぞ?」

沙織「飛び散ったウンコの処分はどうしたんでござるか?」

京介「2人して精神的なダメージを負ったわけだろ」

京介「かわいそうで見てられなくてな……」

京介「俺ばっかり無傷なのもアレなんで、ウンコーヒーにして飲んでやった」

黒猫「シスコンの次はスカトロに目覚めたの!? 想像の斜め下を行く行動だわ……」

沙織「京介氏らしいでござるな」

京介「まあ、桐乃もそれで元気出たんだし大したことねーよ」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:45.00 ID:5RvOEHW+0

沙織「やっぱり、きりりん氏のウンコーヒーは美味でござったか?」ワクワク

京介「そりゃあもう! あやせたんとのブレンドウンコーヒーだったから格別な!」

沙織「くぅ~! 美少女二人のウンコーヒーとかうらやまし~!」

黒猫「それより、その日、ビッチとあなたとで何か違う行動があったのか気になるわ」

沙織「と言いますと?」

黒猫「たとえばビッチが何か腐ったものを食べたとか」

京介「そういえば……」

京介「あやせがお土産で持ってきたどら焼き、俺は食ってないぞ!」

京介「あのとき、桐乃とあやせだけが食って早々にプレイ開始だった!」

沙織「そのどら焼きが臭いますな!糞だけに!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:46.00 ID:5RvOEHW+0

京介「糞まみれの部屋を掃除すときに残りのどら焼きは捨てちゃったんだよな」

京介「糞まみれだったし」

黒猫「妹のウンコーヒー飲んだくせにウンコ餡のどら焼きは食べられないの? とんだ腰抜けね」

京介「いや、美少女のウンコと言えど、せいぜい小さじ三杯までだろ?」

黒猫「」

沙織「とにかく田村屋の娘が第一容疑者でござるな!」

黒猫「そうね。あのベルフェゴールを懲らしめないとね」

京介「まだ麻奈実が犯人と決まったわけじゃないだろ?」

黒猫「だからこそ犯人かどうか、無罪かどうか、調べるのよ」

沙織「きりりん氏が大好きなお兄ちゃんの前で下痢便スプリンクラーしちゃったこの仇!絶対取るでござるよ!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:49.00 ID:5RvOEHW+0

@高坂家

京介「で、どうしてここにいんの?」

黒猫「どうしてって? 当日の状況を再現するために決まってるじゃない」

沙織「ほらほら、こうやって例のどら焼きも買ってきたことですし」

京介「いや、そのどら焼きがウンコ誘発どら焼きとは限らんだろ」

黒猫「問題ないわ」

黒猫「私は田村先輩に、今日あなたとセックスすることになってて、お土産を買いに来たって伝えたの」

京介「なんてこと言ってくれるんだ!」

黒猫「あなたの話の中で、あやせとかいう女がどら焼きを買うときに田村先輩にフェラのことをしゃべったというのが出てきたから>>30

沙織「ニンニン。徹底した再現ドラマですな」

沙織「つまり、同じことを言ってもなお普通のどら焼きが出てきたのであれば麻奈実氏は無罪!」

黒猫「そういうこと。さあいただきましょう」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:52.00 ID:5RvOEHW+0

京介「いただきましょうじゃねえよ!」

黒猫「再現するって言ったでしょ?」

京介「また部屋が糞まみれになるなんて俺は嫌だからな!」

沙織「しかし、食べないとビチグソどら焼きかどうか判断付きかねますぞ?」

黒猫「便意をもよおしたらトイレに駆け込めばいいだけの話でしょうが。頭悪いの?」

京介「いや、それができねーから桐乃とあやせはスプリンクラーになっちまったんだろうが」

沙織「指で栓をしておけば大丈夫でござるよ」モグモグ

黒猫「いざとなれば直飲みしてもらうわ」モグモグ



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:54.00 ID:5RvOEHW+0

京介「だ、大丈夫か?」

沙織「しばらくたたないとわからないでござるよ」

黒猫「さあ、どら焼きを食べた後はフェラよね」

京介「まさか」ゴクリ

黒猫「再現するって言ったでしょ」ヌギヌギ

沙織「おおおお!さすが黒猫氏!」

京介「黒猫の下着姿かわええええ……」

黒猫「あんまりジロジロ見ないでちょうだい……恥ずかしいじゃない……」

沙織「ふむ、瑠璃ちゃんのパンティはsokyのものでござるな?」

沙織「ジュニアショーツコレクターの中では高品質低価格の日本製おぱんちゅとして高評価の!」

黒猫「安物よ」

沙織「安いのに高品質!ソフトな肌触り!イオンのトップバリューブランドのおパンツでは束になってもかなわないのがsokyでござるよ!」

京介「そんなにすごいパンツなら間近で見らねば!」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:57.00 ID:5RvOEHW+0

沙織「さあさあ京介氏、触ってごらんなされ」

京介「むむっ! 桐乃のパンツとは感触が違いすぎる!」サワサワクチュクチュ

黒猫「ああっ……や、やめなさい…」

沙織「いきなりクロッチを触るとは京介氏もプロでござるな!」

沙織「成長途上の大切なおまんこを優しくガードする大切なクロッチ」

沙織「ここにsokyの愛が感じられるのでござるよ」

京介「確かに肌触りがいい」スリスリ

黒猫「や、やめて……この人間風情がぁああぁ///」

沙織「お尻に頬ずりしてみれば一目瞭然」

沙織「ジュニアショーツの最高峰ってことがよくわかるでござろう」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:18:58.00 ID:5RvOEHW+0

京介「がまんできん!」ボッキ!

沙織「仕方ないでござるな。京介氏は瑠璃ちゃんにセクハラし続けてくだされ」

沙織「京介氏の怒れるマグマはわたくしが処理して差し上げますわ」ヌギヌギ

黒猫「ふぇぇぇぇx……」トロトロ

沙織「さあ京介さんのおちんちんいただきますわ」ハグジュポポヌポ

京介「い、いきなり激しく吸うなんて聞いてないぞ!」

沙織「んんん」ブジュジュジュジュヌポ

黒猫「手を休めないで……私のこと触りたいでしょ? もっと触りなさいよ」

京介「お、おう! おっぱいさわっていい?」サワサワモミモミ

黒猫「もう触ってるじゃない……ぁん」ジュワー



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:01.00 ID:5RvOEHW+0

京介「黒猫のおっぱいカワイイな」モミモミ

黒猫「ど、どうせ小さいって言いたいんでしょ」

京介「いや、舐めたくなるくらい可愛いよ」ペロペロチュパ

沙織「京介さんのおちんちん臭くて興奮しますわ」ヂュポンジュブブブブ

黒猫「ん……あっ……」ピクッ

桐乃「うっさい! エロゲーの音こっちまで漏れてきてるっつーの!」カベドン

京介「うぉっ! 沙織、アマガミは卑怯でござるぅううう!」

黒猫「隣から……ぁぁ……なんか言ってきてるわ……」ビクッビクトロー

京介「知るか……」チンコピクピク



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:03.00 ID:5RvOEHW+0

沙織「そろそろですわね……」チュパチュパ

京介「ああ、そろそろ射精しそうだ!」

沙織「ウンコもれそうですわ……」ゴロゴロピー

京介「そっちのそろそろかよ!」

沙織「と、途中で申し訳ないのですが……、少々席を立たせていただき……」ブリ

京介「いま、変な音が…!?」

沙織「指で栓をしましてよ!」

沙織「お手洗いをおかりしますわ……」ダッシュ

京介「沙織が便意をもよおしたということは麻奈実のやつやっぱり?」



ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!


桐乃「ぎゃあああああああああああああああ!あんた何やってんのおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」

沙織「も、申し訳ないでござるううううううううう!トイレときりりん氏の部屋を間違えたですわーーーーーーーー!」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:05.00 ID:5RvOEHW+0

桐乃「ふえええ……」グズグズ

沙織「本当に申し訳ないでござる……」

沙織「一週間ぶりのお通じだったがゆえ、このような惨劇になってしまい……」

京介「ヒョウ柄の壁だと思えば……」

桐乃「うっさい! フルチンでなんてこと言ってくれんのよ! 死ね!」めそめそ

黒猫「沙織がスプリンクラーになったということは、あのブスメガネ黒よ!」ゴロゴロピー

京介「マジかよ…ショックだ」

桐乃「どういうことよ?」

沙織「つまり拙者たちはきりりん氏スプリンクラー事件の真相を調査していたのでござる」

黒猫「そ、そういう…てn こと……」ゴロゴロピー



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:06.00 ID:5RvOEHW+0

京介「黒猫?」

沙織「おお!ついに瑠璃ちゃんも来ましたか!」

桐乃「ちょ、ちょっと待って!これ以上部屋汚されたくない!」

黒猫「あああああ安心しなさい…私は今朝ウンコしたわ!」

桐乃「そういう問題じゃない!」

京介「全裸でウンコ我慢してる女の子も萌えるな!」チンコピーン!

沙織「京介氏! いまはそんなこと言ってる場合では!」

黒猫「もう…だめ…来世で会いましょ」

ブリブ……



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:09.00 ID:5RvOEHW+0

桐乃「え?」

沙織「おおおおおお!」

黒猫「」クッタリ

京介「ど、どうだ!」

沙織「な、なんというスゴ技でござるか!」

京介「ウンコ我慢してる黒猫で勃起しちまったからな!」

沙織「黒猫氏のアナルにおちんちん挿入してスプリンクラー回避とは!」

京介「ああ、ほんの少しだけ漏らしちまったけど90%は抑えたぜ!」

京介「しかも、こいつのアナル、締め付けが良くて超気持ちい!」カクカク



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:10.00 ID:S2rXhnFJ0

桐乃「アナルセックスとかキモッ!」

京介「しかたねーだろ!緊急事態なんだし、今チンポ抜いたら大惨事だぞ」パンパン

黒猫「ぅぅ……はやくトイレに連れて行ってちょうだい……」

黒猫「便意がなくなったわけじゃないのよ…」

京介「ああ、まかせとけ」カクカクパンパン

京介「い、いかん!」ドピュドピュ

黒猫「ちょっと! こんなときに何射精してるのよ!」

京介「だって締め付けが気持ちよかったんだもん……」

黒猫「腰を振るから射精するのよ!」

京介「や、やばい!チンポがしぼんでいく」

沙織「任せなされ!」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:12.00 ID:S2rXhnFJ0

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!

桐乃「やめてーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

沙織「ふう、ちょうどいいところにきりりん氏の通学カバンがあって助かりましたぞ」

京介「教科書、ノート、メルルのDVDが尊い犠牲になったか……」

桐乃「あのメガネ絶対に許さない!」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:14.00 ID:S2rXhnFJ0

@中学

加奈子「あっれ? 桐乃のカバン臭くね?」

桐乃「え?そ、そんなことないよ?」

あやせ「か、加奈子が気づかないうちにウンコ漏らしてるんじゃない?」

加奈子「マジで!? ちょっと便所行ってくんべ」

桐乃「助かった……。てかそんなにウンコ臭いかな?」クンクン

あやせ「お姉さんがまさかそんなことをするなんて」

桐乃「あの腹黒ブスメガネ絶対に許さない!」

桐乃「ウンコ漏らした屈辱よりも、ウンコが飛び散った部屋を掃除する方が精神的に来る!」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:15.00 ID:S2rXhnFJ0

あやせ「で、どうするつもり? 何かいいプランは?」

桐乃「ない……」

あやせ「どうしよう……」

加奈子「やっぱウンコ漏らしてなかったし。あやせ加奈子のこと嫌いだろ?」

あやせ「そうだ!」

桐乃「え?」

加奈子「ん?」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:16.00 ID:S2rXhnFJ0

@公園

あやせ「ご相談があります!」

京介「は、はい!」

あやせ「桐乃の友達でウンコ漏らしてないのは加奈子だけという現実をどう思いますか!」

京介「そりゃあ不公平だな」

あやせ「でしょ!ですよね?」

京介「つまり……何が言いたい?」

あやせ「名付けてブリジット大作戦です!」

京介「ブリジットちゃんがなんだって?」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:18.00 ID:S2rXhnFJ0

あやせ「いえ、ブリジットちゃん的な意味ではないんですが」

あやせ「ウンコぶりぶり的な意味と暗号的な意味を込めてブリジット大作戦です」

京介「それと加奈子とどう関係があるんだ?」

あやせ「加奈子にウンコを漏らしてもらいつつ、お姉さん、いえブスメガネに報復しようというプランです」

京介「いやな予感しかしないんだが」

あやせ「このまま黙ってていいんですか?」

あやせ「このままではお兄さんの周りの人が全員ブリジットちゃんになっちゃうんですよ!」

京介「まあ、何とかしてみようとは思うが……」

あやせ「だから、最後のブリジットちゃんは加奈子です!」

あやせ「加奈子が千葉中央駅付近の平和を守るんです!」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:19.00 ID:S2rXhnFJ0

あやせ「というわけで、マネージャー役よろしくお願いしますね」ニコッ

京介「お、おう!」


@喫茶店

京介「田村屋のキャンペーンガールをやってもらおうと思うんだよ」

加奈子「で? なんで加奈子が和菓子屋のキャンガやらないといけないのさ?」

あやせ「売り上げがヤバいから可愛い女の子に宣伝してもらいたい」

ブリジット「かなかなちゃんのメルルで不況なんてやっつけちゃえ~!」

加奈子「ん~、可愛い子ってうちの事務所じゃ加奈子だけだしぃ~。そこまで言うならやってあげてもいいかな~」

あやせ「」イラッ



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:22.00 ID:S2rXhnFJ0

京介「と、当日はよろしく頼むよ」

加奈子「オッケー! メルルのコスすんのはちょっとアレだけど、まあやってやんよ」

ブリジット「かなかなちゃんがんばってね!おうえんしにいくよ!」

加奈子「ハァ? お前も来いっつーの!」

ブリジット「マネージャーさんわたしもいってもいいんですか?」

ブリジット「かなかなちゃんといっしょにおしごとできるならギャラなんていりません!」

京介「ああ、いいとも! 二人で盛大にやってくれ!」

あやせ「ブリジットちゃん、よろしくね!」ニコッ

ブリジット「はい!あやせさま!」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:23.00 ID:S2rXhnFJ0

@当日

あやせ「とりあえず下剤入りのお菓子を用意しました」

京介「これを加奈子たちに食わせりゃいいんだな?」

あやせ「はい。ところでお姉さん、いえブスメガネには話しつけてるんですか?」

京介「そこらへんは抜かりない!」

京介「アイドルの卵が勝手にキャンギャやりに来るって伝えといた」

あやせ「加奈子、ちゃんとウンコ漏らしてくれますか心配です……」

京介「食べ物屋で下痢便スプリンクラーしようと思うお前の思考の方が俺は心配だ」

あやせ「何か言いました?」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:24.00 ID:S2rXhnFJ0

京介「いえ、何も」

あやせ「わたしも万が一に備えて下剤飲んでおきますから、ぜひブリジット大作戦成功させましょうね!」

京介「成功の暁には性交させてくれる件、忘れるなよ!」

あやせ「大丈夫です。処女卒業の最中にウンコ漏らして中止になったあの屈辱はなんとしてでも上書きしたいですから」

京介「ゴクリ!」

加奈子「ちーす」

ブリジット「おはようございます」

京介「おお!加奈子、ブリジットちゃんおはよう!」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:25.00 ID:S2rXhnFJ0

あやせ「じゃああの車の中で着替えて」

加奈子「んーわかった」

ブリジット「ではのちほど~」

京介「俺は麻奈実にもうすぐ準備できるって伝えてくるよ」

あやせ「お願いします」ペコリ



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:26.00 ID:S2rXhnFJ0

加奈子「着替え終わったよー」

ブリジット「じゅんびオッケーです」

あやせ「じゃあ店の前でこのお菓子食べながら適当にアドリブで宣伝してて」

加奈子「なんか適当じゃね?」

あやせ「うん、適当でいいの」

加奈子「目が怖いよ?」

あやせ「怖くないよ?」

ブリジット「さあ、はじめようかなかなちゃん!」モグモグ

加奈子「そっこー食ってるし」

ブリジット「見よ我が剣技~!」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:30.00 ID:S2rXhnFJ0

@数十分後

ブリジット「み、見よ…我がけ…ん…ぎぎぎ…」ゴロゴロ

加奈子「ブリジット顔色悪くね?気分悪いのか?」

ブリジット「へ、へいき…」

京介(ヤバい!ブリジットちゃんに切迫便意迫る!)

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!

京介「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:32.00 ID:S2rXhnFJ0

加奈子「お、おい…ブリジット?」

ブリジット「え?え?ふぇーん!」シクシク

京介「な、なに!?」

あやせ(え?)

京介「ぬ、抜かった!」

あやせ「ど、どういうことですか! 説明してください!」

京介「あやせと桐乃がウンコ撒き散らした時のことを思い出してほしい」

あやせ「///」カーッ

京介「エロいことしてるとこじゃなくて、もっと根本的な!」

あやせ「全裸?」

京介「ああ、そうだよ。ブリジットちゃんは可愛いおぱんちゅをはいている!」

京介「ウンコ漏らしたのはいいが、パンツの後ろでウンコがせき止められてもっこりなってるだろ?」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:33.00 ID:S2rXhnFJ0

あやせ「ノーパンじゃなかったからスプリンクラーにならなかったなんて…」グスン

京介「失敗だ!」

あやせ「そんな…」

京介「ちょっと俺はブリジットちゃんのフォローに行ってくる!」

あやせ「はい…」ショボーン



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:34.00 ID:S2rXhnFJ0

京介「ブリジットちゃん、パンツ履き替えてこよう」

ブリジット「ふぇーんしくしく…」

加奈子「お、おい!加奈子はどうすればいいんだよ!」

京介「ブリジットちゃんが帰ってくるまで一人でダンスてわもしてろ」

加奈子「お、おう!」

京介「さあ、こっちの人がいない所に…」

ブリジット「はい…」グスン

京介「さあ、換えのパンツだ」

ブリジット「ありがとうございます…」ヌギヌギ

京介(おお!ツルツルおまんこキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!)

京介(桐乃と一緒に風呂に入ってる頃はよくパイパンおまんこ見てたよな)

京介(今でも時々パイパンおまんこを懐かしく思うよ)

京介「ブリジットちゃん、ウンチついたままだと気持ち悪いだろ?」

ブリジット「はい…」グズグズ

京介「俺が拭いてあげるから後ろ向いて四つん這いになってくれ」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:35.00 ID:S2rXhnFJ0

京介(く、臭い…。だが、ツルツルおまんこに触れるチャンス!)

京介「ブリジットちゃんお漏らししちゃったね」フキフキ

ブリジット「は、はい……」

京介(ロリマンコが目の前に! くそー!桐乃のロリマンコとの思い出と重なってしまう!)

京介(俺はロリコンではないはずなのに勃起してやがる!)

京介(このチャンスを逃したら俺は…)

京介「ブリジットちゃん、ちょっと痛いけど我慢してね」

ブリジット「はい。。。」

京介(後ろを向いてる今なら挿入するチャンス!)

ズブブブ

京介(うっ! 黒猫のアナル並みに締め付けが強い!)

ブリジット「ふぇぇぇぇええええええええええ!痛いです!あああっ!)



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:37.00 ID:S2rXhnFJ0

京介(痛いと言いつつも俺の腰の動きに合わせて動いてくるぞ)カクカクズコバコ

京介(痛みを避けるように無意識的に快感を求めているのか?)ズコバコ

ブリジット「ふぇぇぇうぇ……」ジュワー

京介(初潮前なら中に出してもいいよな?)

ブリジット「で、でちゃうよ~」

京介「え?何が?(やべーイキそう!)」

ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!

京介「だ、第2波ぁああああああああああああ!」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:39.00 ID:S2rXhnFJ0

京介「子供には下剤の量が多すぎたのか……」

ブリジット「ふぇ~ん……ぅぅx……ぐすっ……ひっく…

京介「ブリジットちゃんはもう帰したほうがよさそうだな」

京介「射精と第2波の到達が同時とは」

京介「しかしこのままではブリジット大作戦がただのブリジットちゃんが真のブリジットちゃんに目覚めて終わりという結末になっちまう」

京介「ぐぬぬ……」

ブリジット「マネージャーさんごめんなさい……。その、ウンチいっぱいかけてしまって……」

京介「いや、気にするな。今日は体調悪いみたいだしもうお帰り」

ブリジット「はい……」トボトボ

京介「小さい子にトラウマだけを植え付ける結果に終わってしまうのか……



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:41.00 ID:S2rXhnFJ0

京介「俺の股間はまたしてもウンコまみれ」

京介「ちくしょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

京介「俺は妹や友達の仇さえも取れないというのか!」

京介「情けないにもほどがあるぜ……」

京介「ブリジットちゃんのウンコに萌えただけの変態で終わってしまうというのか!」

沙織「京介氏、なぜ泣き叫んでいるでおじゃる?」

京介「え?」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:42.00 ID:S2rXhnFJ0

黒猫「人目がない裏路地だからってギャーギャー騒いでたらうるさいじゃないの」

桐乃「あんたとあやせが何かコソコソとやってると思ったら何?かたき討ち?バカじゃないの?」

京介「お、おまえら?どうして?」

沙織「水臭いでござるよ、京介氏」

黒猫「私たちはあなたの何?」

桐乃「あんたとあたしは兄妹でしょ?」

沙織「友の仇をたった二人で取ろうなんて京介氏らしいと言えば京介氏らしいですが」

黒猫「わたしたちは仲間なんじゃないの?」

桐乃「妹に黙って、妹の親友と勝手な行動はしないでくれる?」

京介「ああ、そうだな。おまえらの言うとおりだ!」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:43.00 ID:S2rXhnFJ0

沙織「友人の痛みは友人全員で負担しあうものですぞ」

桐乃「たった2人の兄妹なのに隠し事なんて許さない!」

京介「みんな……ありがとう……!」

黒猫「ほら、ぐずぐずしてないで。ピンチなんでしょ?」

京介「あやせがピンチだ! みんな助けてくれるな?」

沙織「もちろんでおじゃる!」

黒猫「ふっ……仕方ないわね……」

桐乃「あたりまえじゃない! アニキと親友のピンチなんだもん!」

京介「さあ!行くぜ!」

黒猫「まってなさい!ベルフェゴール!」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:44.00 ID:S2rXhnFJ0

あやせ「加奈子は全然脱糞の気配ないし、お兄さんは戻って来ないし……」

あやせ「ぅぅぅ……」

桐乃「あやせ!」

あやせ「桐乃!」

桐乃「下剤まだ残ってるんでしょ?」

あやせ「う、うん」

桐乃「全部出して!」

あやせ「はい。でも、どうするの?」

桐乃「あたしたちで飲むの!」

あやせ「え?」

黒猫「なかなかいい味のお薬ね」

沙織「槙島製薬の強力下剤は美味しいのに良く効くでござるよ」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:49.00 ID:S2rXhnFJ0

京介「俺にも一つくれ」

あやせ「お兄さんまで!?」

桐乃「あやせはもう十分頑張ったんだから、これから先はあたしたちのターンね」

あやせ「だめ! わたしもいっしょに脱糞する!」

桐乃「そうこなくっちゃ!」

桐乃「ブリジット大作戦2は店先じゃなくて店内で盛大に脱糞!」

桐乃「みんな準備OK?パンツ脱いだ?」

沙織「はい!」

黒猫「ええ」

あやせ「……うん///」

京介「ああ! 俺はさっきからずっとフルチンだ!」

桐乃「行くわよ!」

加奈子「おりょ? 桐乃? 加奈子も疲れたから店ん中入るぅ~! 何か糞もしてーし」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:50.00 ID:S2rXhnFJ0

京介「頼もう!」

いわお「へいらっしゃい!」

いわお「お?あんちゃんフルチンでどうしたんだい?」

京介「フルチンは大人の正装だ!」

黒猫「いえ、勝負服よ!」

いわお「何か今日のあんちゃんかっけーな!」

いわお「女をぞろぞろ連れてるし、フルチンだし!」

京介「まあそんなことより、ねえちゃん呼んで来い! いいもの見せてやる!」

加奈子「で、何がはじまんの? いい具合に腹痛いから便所行きたいんだけどさ」

沙織「ふふふ……拙者あの脱糞の日以来ウンコしてないが故、もうすでにマキシマムでござる……ぅっ!」ゴロゴロピー

黒猫「くくく……。私の体ももう下剤に蝕まれてしまってるわ……」ギュルルルル

桐乃「ヤバイ……なんか汁が少し漏れた……」グリュリュリュ

あやせ「が、がまんよ……」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:52.00 ID:S2rXhnFJ0

麻奈実「いらっしゃ~いきょうちゃん」

京介「よ、よう! 麻奈実!」グルグルブリ

麻奈実「あやせちゃん!? 桐乃ちゃんまでどうしたの」汗ダラダラ

あやせ「お姉さん酷いです! お土産のお菓子に下剤を混ぜるなんて!」

桐乃「あんたのせいで部屋中下痢便飛び散ってダルメシアンみたいになったんですけどー!」

黒猫「だから呪い殺しに来たのよ。感謝しなさい」

沙織「拙者もう限界でござる……」

京介「さあみんな行くぞ!」

全員「おおおおお!!」

加奈子「え?何?」

京介「しまった!加奈子パンツはいたままじゃん!」

加奈子「ちょっとやめろ、パンツ引っ張るなって! ウンコ漏れる!」

京介「脱げ―――――――!」

沙織「発射ーーーーーーーーーーーーー!」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:53.00 ID:S2rXhnFJ0

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!
ブリュブリュビチブリブリブリ!!!!

京介「ちょっと待て!」

ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!

京介「俺がしゃがんでるときに発射すんなよおおおおおおおおお!!」

沙織「いや、拙者はちゃんと発射の合図を出したでござる」ブリブリブリュウウウウウ!!



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:54.00 ID:S2rXhnFJ0

ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ビュリュンブリュン!!!

加奈子「おまえが引っ張るから加奈子ウンコ漏らしちゃったじゃんかよおおおおおおお!」ブリブリブリュリュリュブリ

ブピィーーーー!!
ブリブリドボボボォオ!!!!
ビチュチュブリブリミチチブリブリ!!!!
ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!
ブリュブリュビチブリブリブリ!!!!

あやせ「体が勝手にお兄さんの顔面に向いちゃいます///」ブリブリブリ

ブボポボポボボボボボボーーーー!!!!
ブピィドボボボォオビチュチュ!!!!
ブリュブリュビチブリブリブリ!!!!



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:55.00 ID:S2rXhnFJ0

京介(

後から麻奈実から聞いた話だが、
美女5人から顔面に糞を噴射されてる俺はやめろと言いながらも幸せそうな顔をしていたそうだ。
そりゃそうさ。
童貞を捨てたあの日、俺はあやせからチンポに向かってウンコかけられ、
妹のウンコーヒーを飲んだんだ。
そして、次の日には沙織のウンコにまみれた部屋で黒猫とアナルファックだ。
そして今日、ウンコ漏らすブリジットちゃんに生挿入で射精。
これでおれがスカトロに目覚めないわけがない。
お前らもそう思わないか?

俺と麻奈実の関係はあれから何も変わっちゃいない。
麻奈実は「きょうちゃんがすかとろまにあだったなんて知らなかったな」
などとほざいていたが、俺がそっちに目覚めた原因を作ったのはお前なんだぞ?
まあ、お前には感謝してるよ。
新たな楽しみが増えるのはいいことだ。)



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:19:56.00 ID:S2rXhnFJ0

桐乃「ちょっと京介!舌が止まってる!」

京介「お、おう悪ぃ!」

京介「偉いぞ桐乃。ウンコするときちゃんと俺を呼んでくれるんだから」ペロペロ

桐乃「フン! トイレットペーパー使うのがもったいないだけよ!」ジュワー

京介「そうか。でもマンコ濡れてきてるぞ」

桐乃「ちがっ! 京介のおちんちんがほしくなっただけ!」

京介「はいはい」ペロペロ


京介(

こんな感じで俺は妹のアナルを舐めたり、妹のマンコに挿入したり、尻に敷かれているわけである。
大好きな尻に敷かれるのも悪くはない。
そして時々あやせの尻に指を入れたり、黒猫とアナルファックしたり。
こんなパラダイスのきっかけを作ってくれた麻奈実には感謝しても感謝しきれねーと思っているさ。
そんなこんなで俺は今日も妹の尻を追いかけている)

                                                 終



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:20:03.00 ID:AQf1O2Fh0

これは良い糞スレ



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 19:20:04.00 ID:62KLnlOo0

エロスレと思って開いたら不覚にも笑わされた
これぞまさしく糞スレ!



元スレ
桐乃「アニキのおち○ちんってどんな味がするの?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373797058/