SS速報VIP:武内P「島村さんが縛られている……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472060491/



1: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:41:31.39 ID:8g+C0DZJ0


~舞踏会後・地下CPルーム前~


武内P「……」カツカツ

P(午前の皆さんの送り迎えは、これで終わりだ)

P(島村さんはピンクチェックスクールの皆さんと一緒に、徒歩で戻ると聞いているし……)

P(待っている間に書類仕事を済ませておこう)フラッ

P「……ッ」

P(いけない……少し寝不足気味だ)

P(アイドルの皆さんがいないうちに、少しだけ仮眠をとっておくか……)ガチャ

P「……ん?」


卯月「ハッ!」

美穂「き、来たよ! 卯月ちゃん、響子ちゃん!」ヒソヒソ

響子「落ち着いて打ち合わせ通りに行きましょう! あくまで自然に!」コソコソ

卯月「は、はい!」ギシッ


三人「「「せーの……」」」スウッ


美穂「わー! 卯月ちゃんのプロデューサーさんに卯月ちゃんが縛られてるところを見られちゃったー!」

響子「ど、どうしようー! た ま た ま みんなに隠れて卯月ちゃんに後ろ手縛りの実験台になってもらってたのに た ま た ま 偶然に卯月ちゃんのプロデューサーに見つかっちゃいましたー!」

卯月「きゃー! は、恥ずかしいです!」モジモジ

美穂「あのっ! すぐほどきます! 卯月ちゃんを解放しますから……わー! 結び目が硬くてほどけないよ!」

響子「これは卯月ちゃんのプロデューサーといえどもほどけないかも……! あっ無理にほどこうとしない方がいいと思います!」

美穂「しょうがないね! ならほかの部屋に行って鋏を取って来るしかないよね!」

響子「この部屋には鋏がないですもんね! なぜか鋏がひとつも見つかりませんもんね!」

美穂「でもどの部屋にあるかわからないからなかなか戻ってこれないかも……」チラッ

響子「アイドルがプロデューサーに甘えても、誰にも見つからないし私たちも止めようがないよね……!」チラッ

P「ええと……」


美穂「待っててね卯月ちゃん! でもプロデューサーさんと一緒にいてもらうから大丈夫だよ!」ビッ

響子「誰も部屋に来なくても、しばらくプロデューサーと2人きりだから大丈夫だよね卯月ちゃん!」ビッ

卯月「はい! 島村卯月、頑張ります! ……あっ、縛られてるからピース出来ない!」ギシギシ

美穂「と言うわけで! 卯月ちゃんのプロデューサーさんは私たちが鋏を持ってくるまで縛られた卯月ちゃんと一緒にいてあげてください!」

響子「部屋から出たり卯月ちゃんから離れたりなんかしたら、卯月ちゃんが不安がります! そばにいてあげてください!」

美穂「卯月ちゃんを安心させるためには多少スキンシップを織り交ぜてもいいと思います! ボディタッチも、その、少しくらいなら!」

響子「抱きしめたりしても卯月ちゃんきっと喜びますよ! あとは頭を撫でてあげるとか!」


きょうみほ「「それでは!!」」バタン


ガチャ

ドア「」lock


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472060491




2: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:43:51.19 ID:8g+C0DZJ0


ピンスクの「三人そろって悪い人に騙されてそうだな」感はすごい。

いつもの拘束モノです。あと武うづです。




4: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:44:45.69 ID:8g+C0DZJ0


卯月「え、えへへ……」ドキドキ

P「……これは一体……?」サス



~数十分前~


美穂「プロデューサーさんに」

響子「思いっきり甘えたい?」

卯月「うん……」


卯月「や、やっぱり変かな……?」

美穂「ううん、おかしくなんてないよ! 卯月ちゃんのプロデューサーさん、すっごくたくましくて素敵だもんね!」

響子「私はプロデューサーに甘えられたいって思うけど……卯月ちゃんらしくてかわいいって思います!」

卯月「…そうかな?」

きょうみほ「「そうだよ!!」」


卯月「えへへ。2人ともありがとう!」

卯月「……でも、プロデューサーさんは迷惑だよね。アイドルとプロデューサーの関係だから……」

美穂「あっ……そっかあ」

響子「私は気にしなくてもいいと思うんですけど……2人はすっごく仲良しですし!」

卯月「でも……」




5: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:45:16.96 ID:8g+C0DZJ0


美穂「……はっ! そう言えば、蘭子ちゃんからこんな話を聞いたことがあるの」

きょううづ「「?」」

美穂「あのね。ちょっと前に智絵里ちゃんたちやきらりちゃんたち、それと蘭子ちゃんが攫われた事件があったよね」

卯月「ありました! プロデューサーさんが助けてくれて、無事解決しましたけど……」

美穂「その後! 蘭子ちゃん、プロデューサーさんにいつもよりすっごく甘えさせてくれたって話してたの!」

美穂「何でも……誘拐されたときの拘束が解けなくて、ひとりじゃ何も出来なくなったから、プロデューサーさんが身の回りの世話をしてくれて」

美穂「あと、たくさん撫でてくれたって」

響子「わあ! じゃあ、卯月ちゃんも縛っちゃえば卯月ちゃんのプロデューサーに甘える口実が出来るってことですね!」

卯月「!」


卯月「あ、でも……やっぱりプロデューサーさん、迷惑じゃないかな?」

美穂「えっ?」

卯月「蘭子ちゃんたちと違って、私はプロデューサーさんにたくさん迷惑かけちゃいましたし……」

卯月「それに舞踏会も終わって、今は二期生の皆のための準備をしていてすごく忙しいのに……」

卯月「自分から縛られて『お世話してください』って、すごく迷惑なんじゃ……」

響子「あ……そ、そうかも……私が卯月ちゃんの立場だったら、同じこと考えちゃうかも……」

美穂「卯月ちゃん、響子ちゃん……」




6: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:45:52.54 ID:8g+C0DZJ0


美穂「……大丈夫だよ!」

卯月「美穂ちゃん?」

美穂「だって私のプロデューサーさんが言ってたもん!」


――――――――――――――――――――


美穂P「ん? 自分の担当アイドルが縛られてて『お世話してください』って言ったらどう思うか?」

美穂P「メチャクチャ興奮する。喜んで……しかし紳士的にお世話するね」

美穂P「仕事があったら? むしろ効率が増すさ」

美穂P「スタドリ飲むよりずっと疲れが取れるしな」


――――――――――――――――――――


美穂「……って!」

卯月「そうなの!?」

響子「私のプロデューサーも、本当はそうなのかな……? 今度やってみようかな……?」


美穂「だから、忙しい今だからこそやるべきだと思う!」

卯月「美穂ちゃん……」

響子「……そうだね、卯月ちゃん。私が縛りますから、思いっきり甘えていってください!」

卯月「響子ちゃん……!」


卯月「はい!」


卯月「島村卯月、頑張ります!」




7: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:46:30.28 ID:8g+C0DZJ0


~現在・CPルーム外~


美穂(盗み聞き中)「……卯月ちゃん、大丈夫かな?」ドキドキ

響子(実は既に鋏を隠し持ってた)「……がんばれ!」ドキドキ


~CPルーム~


P「……島村さん……」サス


P(今、どう言う状況なのだろうか……)

P(PCSの皆さんで緊縛? して遊んでいたようだが……そもそも年頃の女性がそんな遊びをしていいのか……)

P(止める間もなく2人は出て行ってしまい、島村さんは動けないから……私がケアするべきだろう)

P(だが……私が島村さんに易々と触れていいものか……)


卯月「……」ギシギシ


卯月(美穂ちゃんを信じて、縛られましたけど……)

卯月(……これ、ちょっと恥ずかしい……!)

卯月(ううん、一度決めたんだから恥ずかしがっちゃダメです!)

卯月(お疲れのプロデューサーさんのためにも、今は思いっきり甘えて……!)


卯月「……」


卯月(……具体的に何をすればいいんでしょうか?)

卯月(さっき決めておけばよかった……!)ギシギシ




8: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:46:57.32 ID:8g+C0DZJ0


P「……っ」フラ

卯月「はっ!」


卯月(よく見るとプロデューサーさん、すごく疲れてる……眠そう……)

卯月(それなら……!)


卯月「あ、あの、プロデューサーさん!」

P「? 島村さん?」

卯月「その……プロデューサーさんが嫌じゃなければ……」



卯月「一緒に寝てください!!」



P「島村さん!?」




9: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:47:25.53 ID:8g+C0DZJ0


卯月「そ、その……変な意味じゃないんです!」ギシギシ

卯月「プロデューサーさん、今お疲れですし……」

卯月「私もこのままじゃ眠れないから、そこのソファでプロデューサーさんに抱きしめられながら眠れば、2人ともぐっすり眠れるんじゃないかなって……」

卯月「……迷惑ですか?」


P「……」

P「……皆さんには隠していたつもりだったのですが……見抜かれて、心配をかけさせてしまっていたようですね」


P「その……男の私が、島村さんに触れてしまうことになるのですが……」

卯月「! だ、大丈夫です! むしろ嬉しいです! たくさん抱きしめて撫でてくれたら、私すっごく安心できるんです!」

P「……信用、していただけるのですね」

P「では……私でいいのなら」スッ


――――――――――――――――――――




10: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:48:08.03 ID:8g+C0DZJ0


~CPルーム外~


美穂「……やったね!」グッ

響子「やりましたね美穂ちゃん!」パチン


――――――――――――――――――――


P(アイドルとプロデューサーの関係から見て、問題はある……しかし島村さんの疲れをとることを優先しよう)

P(私が手を出さないよう、気を張ればすむ話……島村さんのために、心を強く持たなければ)ドキドキ


P「島村さん。苦しくはありませんか」ギュ

卯月「は、はい! だだ大丈夫です苦しくないです!」ポフ

卯月「プロデューサーさんこそ、大丈夫ですか? ちゃんと眠れますか……?」

P「はい。プロデューサーとして如何なものかとは思いますが……とても心地いい温もりを感じます」

P「とても暖かい……島村さんの心の温かさを感じます」

卯月「!? え、えへへ……」テレテレ


P「それと……」スッ

ナデナデ

卯月「ふわあ……!」パア

P「失礼します。これで少しでも、島村さんが安心できれば良いのですが……」ナデナデ

卯月「プロデューサーさん…!」


卯月(すごく気持ちいいです! すごく安心します!)

卯月(それに、ぷ、ぷぷプロデューサーさんの胸板がこんなに近くに!)

卯月(両腕で抱きかかえられてて……あ。あったかいです)

卯月「えへへ……すごく気持ちいいです……♪」


P「それは良かった。島村さんが心地よさを感じていただけたなら、何よりです」

卯月「はいっ!」




11: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:48:35.38 ID:8g+C0DZJ0


P(……)

P(しまった……この体勢だと……)

P(胸があたる……)

P(……いや、この時点で無理に引き剥がすのは良くない。島村さんの安眠にかかわる)


P(我慢我慢……)ドキドキ




12: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:53:01.99 ID:8g+C0DZJ0


~数分後~


P「……」zzz

卯月「!」


卯月(やりました! 島村卯月、無事プロデューサーさんを寝かせることが出来ました!)

卯月(この身体じゃ抜け出せないけど……でも、抜け出す必要もないですよね)

卯月(プロデューサーさんの胸板……ちょっとだけ……)スッ


卯月「……♪」スリスリ

卯月(あったかい……いいにおい……)


卯月「えへへ……♪」



卯月「」スヤァ


この後滅茶苦茶快眠した。


おしまい




13: ◆AyvLkOoV8s 2016/08/25(木) 02:54:15.81 ID:8g+C0DZJ0


決して自慢できることではないしただ話したいだけなんですが、


つい先月「9月にデレステ始めてからいくら課金したかなー」と思いスタージュエルの購入履歴を調べてみたところ、

Googl Playのプレゼントやセブンイレブンキャンペーンも含めてもうすぐ1ありすと言った金額でした。

そしていろいろ調整した末の現在、残り9800円分の購入によって1年で総課金額ジャスト1ありすになります。


スマホゲーの平均課金額は2万ちょいらしいですね。驚きです。


やまなしおちなしいみなし、読んでいただきありがとうございましたm(__)m




元スレ
SS速報VIP:武内P「島村さんが縛られている……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472060491/