前作
神崎蘭子「我が手の魔力」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:21:07.84 ID:hAy5NJAz0

―――事務所―――

蘭子「煩わしい太陽ね(おはようございまーす)」

しーん・・・

蘭子「ふむ、にじり寄る沈黙の足音、か・・・(みんないないみたいですね・・・)」

TV「ヘンシン!」

蘭子「あら、隠者の声かしら?(誰かいるんじゃないですかー)」

トコトコ

光「(やっぱり仮面ライダーはかっこいいなぁ!)」キラキラ

TV「」エンディングテーマ

蘭子(邪魔するのは悪いからしばらく様子を見てよう)

TV「」オープニングテーマ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:22:25.97 ID:hAy5NJAz0

―――しばらくして―――

蘭子「」ジー・・・

TV「」ゥアーー!!

光「くぅ~~、やっぱり仮面ライダーは何回見ても面白いなぁー!」

蘭子(今がチャンス!)

蘭子「小さき英雄よ、この仮面の戦士は何者だ?(光ちゃん、このヒーローは何ですか?!)」

光「ああ蘭子、やみのまー」

光「これはな、結構前の仮面ライダーなんだけど――」

蘭子「ほう・・・?(へぇー)」キラキラ

光「(この目は・・・!)」

光「もしかして興味ある?!」

蘭子「うむ!我が魔眼がうずくわ!(はい! とっても面白そうだったから!)」

光「じゃあちょうど家から持ってきてたし、全巻貸すから、見たら語り合おうよ!」

蘭子「うむ!(はい!)」

光「あ、でも。つまんないって思ったら無理して見なくてもいいからな?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:23:32.17 ID:hAy5NJAz0

―――数日後―――

ドア「」ギイバッタン

蘭子「・・・・・・」

P「お、蘭子。やみのまー」

蘭子「・・・・・・」トコトコ

P「蘭子?」

蘭子「汝、死を欲するらしいなぁ・・・。望みを叶えてしんぜよう!(お前死にたいんだってなぁ・・・。望み通りにしてやる!!)」

P「誰だー、蘭子にファイズ見せたのはー」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:26:24.55 ID:hAy5NJAz0

蘭子「知っているのか!(ご存知なんですか?!)」

P「カイザの設定は心が踊るよなー」

蘭子「うむ!悲しき宿命を背負い戦う彼の者の姿には魂が震えたわ!(はい!草加さんの勇姿にはとっても感動しました!)」

P「知ってたからいいものの、他の人にはその台詞言うなよ?」

蘭子「心得ておる。汝にならば冗談も通じよう?(もちろんです!プロデューサーなら冗談で流してくれるって思って言ったんですよ)」

P「そうだよなー。蘭子が本心からそんなこと言うはずないもんなー」

P「ところで、誰に教えてもらったんだ?」

P「(まあ、だいたい予想はつくけど・・・)」

蘭子「声から優しさが減った・・・。まさか光ちゃん、怒られちゃうのかも?!)」

蘭子「か、過去の聖戦を、投影機が映し出したのよ(さ、再放送ですよ)」

P「そっかー再放送かー」

P「でも俺、ライダー大好きだから、再放送があればチェックするんだよ」

P「今はブレイドだったはずだ」

蘭子「うぅっ!」ギクゥ!



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:27:51.98 ID:hAy5NJAz0

P「さあ蘭子。教えてくれないか?」

蘭子「と、友を売ってまで助かろうなどとは思わぬ!(お、怒るなら私を怒ってください!)」

P「怒る訳じゃないよ。ただ仮面ライダーの話しをするだけだ」

蘭子「・・・・・・・・・・・・真か?(ホント?)」ウワメヅカイ

P「本当ホント」

P「(嘘は言ってない・・・)」

蘭子「小さき英雄が語り部よ(光ちゃんに教えてもらいました!)」

P「やっぱりか・・・」

P「光ー、ちょっと来てくれー」

光「なんだP! 未確認生命体でも出たのか?!」

蘭子「未確認・・・・・・?」キラキラ



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:30:03.73 ID:hAy5NJAz0

P「最近、蘭子にファイズ見せただろ?」ヒソヒソ

光「ああ、見せたぞ?」ヒソヒソ

光「特撮、特に平成ライダーは最高にカッコイイからな!」ヒソヒソ

P「俺も平成ライダーは全シリーズとも大好きだ」ヒソヒソ

P「けど、クウガだけは蘭子に見せないでくれ」ヒソヒソ

光「なんでだ? バックします? 振り向くな? タイタンフォーム?」ヒソヒソ

P「確かにトラウマシーンだけど・・・」ヒソヒソ

P「そうじゃなくってだな――」

ちひろ「Pさーん、あんまりサボってるとお給金に響きますよー」

P「ああ、もう! とにかくクウガだけは見せちゃダメだ。頼む!」ヒソヒソ

光「クウガも面白いのに・・・。わかった。Pがそこまで言うならクウガは見せない」ヒソヒソ

P「ありがとう」

P「ちひろさーん、すぐに作業に戻るので減俸だけはお許しをー!」スタコラサッサー



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:39:09.42 ID:hAy5NJAz0

蘭子「小さき英雄よ、他に仮面の戦士はおらぬのか?(光ちゃん、他の仮面ライダーも教えてください!)」

光「ああいいぞ! 次は何がいいかなー・・・」

蘭子「我が下僕が、剣に関するようなことを申していたが・・・(プロデューサーがブレイド? って言ってたような気がします)」

光「(つるぎって・・・、ブレイドかサソードか区別が付かないな・・・)」

蘭子「再戦を繰り広げているとも(再放送してるって言ってました!)」

光「ならブレイドだな!」

―――数日後―――

ドア「」ギイバッタン

蘭子「・・・・・・・・・・・・」

P「おう、おはよう蘭子」

蘭子「」トテトテトテ・・・

P「?」

蘭子「」ギュッ

アイドルたち「??!!?!?!?」ガタッ!!!

P「ど、どうしたんだ蘭子、急に抱きついてきて! 怖い夢でも見たのか?!」アタフタ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:46:16.98 ID:hAy5NJAz0

 
 
 
 
蘭子「この距離であれば結界は張れぬであろう!(この距離ならバリアは張れないな!)」
 
 
 



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:47:52.68 ID:hAy5NJAz0

P「お、次はブレイドかー」

蘭子「」コクコク

蘭子「王の鎧を纏いしは最強の戦士!しかしその大いなる力は身を焦がすであろう・・・。そして終幕の時には――!!(キングフォームはとっても強いんです!でも最終回では――(ネタバレにつき省略)――すごい良かったです!)」

P「そうだよなー。あとスペードのキングと戦うシーンとかも最高にアツイよなー!」

蘭子「うむ、確かに! しかし三つ葉の女王も捨てがたい・・・。(そうですよね! でもクローバーのクイーンも――(ネタバレにつき省略)――いいんですよねぇ・・・)」

光「剣崎たちの演技は熱が入りすぎて聞き取りにくいところもあるけど、それがまたいいんだよなー!」

P「オンドゥルルラギッタンディズガァー!」

蘭子「ウゾダドンドコドーン!」

光「ディヲバスティオ・・・」

P「それは無理があるぞ」

蘭子「」・・・コクリ

光「んなっ!!」ガビーン



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:49:35.89 ID:hAy5NJAz0

 
わいわいがやがや

???「(仮面ライダーかぁ・・・)」

ざわざわ〈ダダガッデグダダイダディャナザァン!〉

???「(あとでTSUTAYAに行こう・・・)」

蘭子「小さき英雄よ! 次なる戦士を示すのだ!(光ちゃん、次の仮面ライダーは何を見ればいいですか?!)

光「うーん・・・」

P「龍騎とかどうだ? あれ結構好きなんだよー」

光「龍騎かー! 確かにPは龍騎好きそうだ!」

蘭子「(プロデューサーのオススメ・・・!!)」

蘭子「で、では次は龍騎とやらを!」

???「(リュウキ、か・・・)」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:52:55.91 ID:hAy5NJAz0

―――TSUTAYA―――

???「(えーっと・・・)」

???「あ、あった」

???「(けっこう昔の作品なんだ・・・。ま、プロデューサーのオススメだから全部借りて行こう・・・)」

―――???宅―――

TV「ソードベント」

TV「オ、オレタァ?!」

???「(へぇ、意外と面白いかも)」クスッ

―――数時間後―――

TV「ダカラ、オレハマケラレナイ!」

???「(頑張れ、シンジ)」

―――さらに数時間後―――

TV「ドウシタ、キド!」

???「(レン・・・、シンジは今・・・)ポロポロ・・・



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:54:29.82 ID:hAy5NJAz0

―――朝―――

???「(なんだかんだで徹夜しちゃった・・・)」

???「面白かったな・・・」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:57:22.99 ID:hAy5NJAz0

 
―――数日後―――

蘭子「戦わなければ生き残れない!(龍騎、見終わりましたー!)」

P「おお、どうだった?」

蘭子「鏡の魔物、契約者、願いのための戦い・・・。全てが素晴らしい!(ミラーモンスターとかライダーの格好とか設定まで、全部素敵でした!)」キラキラ

蘭子「粗き虚構もまた一興・・・。(CGはちょっとアレでしたけど、それはそれで味があって良かったです!)」

光「サバイブはすっごいカッコイイし、それをあの二人しか使わないってところもいいんだよなー!」

凛「それを最初に受け取ったのはライアだったんだよね」

P「おお、凛も知ってるのか!」

凛「この前プロデューサーたちが話してたのが聞こえて、それで見てみたんだ」

P「そうか! どうだった?!」

凛「うん。良かったよ。最後の方とか泣いちゃうくらい」

蘭子「うむ。我も瞳からの雫が止まずに困らされたものだ・・・。(私もすっごい泣いちゃいました・・・)」

光「凛さんも仮面ライダーの良さをわかってくれたか!」

凛「まだ龍騎だけだけどね」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 21:59:34.05 ID:hAy5NJAz0

 
凛「個人的に、映画の方はいいとして、スペシャル版の方はちょっと好きになれないかな・・・」

P「あー、わかる気がする」

光「どっちにしろ救われないからなぁ・・・」

蘭子「『ライダーの戦いは終わらない・・・』」

わいわいがやがや

???「仮面ライダー・・・、ですかぁ?)」

P「変身!」ゾルダ ノ ポーズ

蘭子「変身!」タイガ ノ ポーズ

光「変身!」リュウキ ノ ポーズ

凛「へ、へんしん・・・」ナイト ノ ポーズ

わいわいがやがや〈ゴローちゃん×せんせいは鉄板だじぇ!〉

???「(Pさん、あんなに楽しそうに・・・)」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:01:22.44 ID:hAy5NJAz0

 
蘭子「次、次は!」キラキラ

光「P、次は何が良いと思う?」

凛「私も教えて欲しいな」

P「うーん・・・。ダブルかオーズはどうかな?」

P「割と最近のだし」

光「ならダブルだな!そうすれば劇場版も楽しめるし!」

蘭子・凛「ダブル・・・」

蘭子「心得た!(わかりました!」コクコク

凛「わかった」コクリ

???「(わかりましたぁ・・・)」ニコォ・・・



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:03:20.90 ID:hAy5NJAz0

 
―――数日後―――

蘭子「いくぜ、相棒」

光「ああ、これが最後の」

蘭子「最後の!」

蘭子・光「「変身!」」

〈サイクロン!〉〈ジョーカー!〉

蘭子・光「「さあ、お前の罪を数えろ!」」

蘭子「我ら二重を極めん!(バッチリ揃いましたね!)」イエーイ

光「持っててよかったガイアメモリ!」ハイ、ターッチ!

凛「最初は見た目、そんなに好きじゃなかったけど、だんだんかっこよく見えてくるんだよね…」

P「わかるわかる。『半分こ怪人だっせー』って、俺も思ってた」

凛「最後の話でさ、一人で変身してたけど、なんか物足りない感じがしたもん」

P「だよなー。やっぱり二人じゃないとなー」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:06:33.72 ID:hAy5NJAz0

 
光「みんな、一番好きなフォームはなんだ?!私はヒートメタル!(ワザ的に)」

P「ファングジョーカーだな(設定的に)」

蘭子「月光と切り札!(ルナジョーカー!)【語感的に】」

凛「サイクロントリガーかな(色的に)」

まゆ「ルナメタルが素敵でしたぁ(戦い方的に)」

P「おお、まゆも見たのか!」

まゆ「はい。仮面ライダーって、子供向けなのかと思って侮ってましたけどぉ・・・、とっても感動できますねぇ」

光「そうなんだよ!翔太郎とフィリップが喧嘩しちゃったあととか――(ネタバレにつき省略)――もう最っ高!」

蘭子「そして永遠を司る地球の記憶・・・。あれも悲しき宿命の戦士よ・・・。(仮面ライダー・エターナルも――(ネタバレにつき省略)――かっこいいですよね!)」

P「俺はナスカも好きだったなぁ・・・」

凛「色がいいよね」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:09:21.48 ID:hAy5NJAz0

まゆ「まゆは妹さんの回もいいと思ったんですけどぉ・・・」

光「そうそう。電話のところであたし、ちょっと泣けたよー」

P「あとダブルを語る上で欠かせないのはアクセルだな」

凛「トライアル、いいよね(色が)」

P「マキシマムドライブがいいよな」

光「『9.8秒。それがお前の、絶望までのタイムだ!』」

まゆ「最初は復讐のために戦っていたんですよねぇ」

蘭子「出会いは敵として・・・。しかし気づけば心の友となる。(そのせいで最初は怖い人って印象でしたよねー)」

光「俺に質問をするなァッ!!」

凛「そうそう、それそれ。でも二人のことを理解していって、強化フォームになる回では・・・、ね?」

P・光「(ダイスケの真似じゃなかったか・・・)」

まゆ「サイクロンアクセルエクストリーム、でしたっけ?」

P「設定ではそれが一応最強なんだよな、たしか」

わいわいがやがや〈翔太郎×竜くんは外せないじぇ!〉



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:13:23.20 ID:hAy5NJAz0

蘭子「次は、えーっと・・・」

凛「オーズ、だったよね」

P「そうそう。劇場版でチラッと出てたろ?」

蘭子「三色の戦士か!」

凛「タカ・トラ・バッタ。・・・だったっけ? でもすぐにメダル? 交換しちゃったよね」

まゆ「最初の変身のあと、たしか歌が流れてましたよねぇ?」

光「」チラ

P「」チラ

光「」コクリ

P「せーの」コゴエ

光・P「「歌は気にするな」」

蘭子・凛・まゆ「「「?」」」

P「見ればわかるよ」

光「」ウンウン

???「・・・・・・・・・・・・」ジー・・・



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:20:46.70 ID:hAy5NJAz0

―――数日後―――

凛「おいエイジ!コイツを使え!」ヒュン!

蘭子「」パシッ!

蘭子「」コクリ!

蘭子「」ガシャン、ガシャン!

蘭子「」キンキンキン!

まゆ「タカ・トラ・バッタ!」

光「タ・ト・バ!タトバタットッバ!」

P「ついにベルトに手を出したか・・・」

凛「蘭子がね」

蘭子「ふふん」ドニャァ・・・



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:22:17.39 ID:hAy5NJAz0

凛「(・・・・・・龍騎のベルトって、まだ売ってるかな)」

まゆ「(・・・・・・ダブルのベルトは、売ってるでしょうかぁ?)」

P「俺はファイズギア持ってるぞ」

光「なんだって? それは本当かい?!」

P「ベルトの仕様ではファイズが一番好きでさ。つい買っちゃったっ」テヘペロッ

光「こ、今度触らせて!」キラキラキラ

P「おう、いいぞ」

凛・まゆ「「・・・・・・・・・」」

凛・まゆ「「(ファイズも見よう・・・)」」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:24:47.20 ID:hAy5NJAz0

やいのやいの

蘭子「むう・・・・・・(みんなの注目がプロデューサーに・・・)」

蘭子「(こうなったら・・・!)」

蘭子「」ネックレス チラ

光「!!」

光「そ、それは最終戦の(ネタバレにつき略)・・・!」

凛「アンク・・・」

蘭子「我が母君も『無限の超越』に心を打たれて、電子の海より顕現させ、我に授けたのよ(お母さんもオーズを気に入って、ネットで買ったコレをプレゼントしてくれたんです!)」

P「おお、見せてくれ!」ズイ!

蘭子「う、うむ!しかと目に焼き付けよ!」

P「」ズイズイ

蘭子「(近い近い近いですプロデューサー!)」カオマッカ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:26:51.28 ID:hAy5NJAz0

まゆ「『アレ』エイジさんはわかってて変身したんでしょうかぁ?」

P「それは意見が別れるところなんだよな・・・」

蘭子「其方はどう見る?(プロデューサーはどう思いますか?」

P「俺はわかってなかったって思ったよ」

光「あたしも!」

凛「私はわかってたって、思ったよ」

まゆ「まゆもわかってたと思いますぅ・・・」

蘭子「我は・・・、王の器は知っていたなら戦うことをやめていたと思うぞ(エイジさんはわかってなくて、知ってたら戦わなかったんじゃないでしょうか?)」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:28:16.16 ID:hAy5NJAz0

 
 
 
雪美「私も・・・・・・そう、思う」ヒョコッ



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:31:03.95 ID:hAy5NJAz0

光「雪美も見たのか!」

雪美「・・・・・・・・・・・・」コクリ

雪美「最後・・・、泣いちゃった。Pは・・・?」

P「あれは泣いちゃうよなー!」

光「エニーシンッゴーズそーのこっこーろがー」~♪

凛「(私は今のところ全部泣いてる・・・)」

まゆ「(まゆもですよぉ・・・)」

凛「(いい話だもんね・・・。って、勝手に心を読まないでよ)」

まゆ「(うふふふふ・・・)」

光「特撮はすっごいだろ?!子どもから大人まで楽しめるんだ!」

光「それにオーズはネットとかで『平成後期のクウガ』って言われてるくらいで、昔クウガを見た人は共通点とか探したりしながら楽しむこともできるんだ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:34:21.63 ID:hAy5NJAz0

蘭子「クウガ?」

P「あ、こら」

凛「じゃあ次は、そのクウガってのにしようか」

まゆ「そうですねぇ」

雪美「私も・・・・・・クウガ、見る」コクリ

P「しまった。迂闊だった・・・」

光「ごめんP。でも何でクウガはダメだったんだ?」

P「・・・そのうちわかる」

<後藤×伊達・・・、いや伊達×後藤!いや・・・、決められないじぇ!!>



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:39:23.08 ID:hAy5NJAz0

凛「クウガ、見たよ」

まゆ「電車とタクシーとトラック・・・。乗り物が怖くなりましたぁ・・・」

凛「特に電車だね」

雪美「・・・・・・・・・・・・怖かった」ギュウ・・・

P「クウガは子どもにはキツイよなぁ・・・。大丈夫か?」

雪美「」フルフル

???「」コソッ

???「」ニヤリ

P「(あ、麗奈が悪巧みをしてる顔になってる・・・)」

麗奈「振り向くな!」

凛・まゆ・雪美「」ビククーン!!



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:41:04.13 ID:hAy5NJAz0

光「こら麗奈! それは大人も震え上がるトラウマネタなんだぞ!」 

麗奈「恐怖に震え上がる様はサイコーね! ゥアーッハッハッハガッ・・・ゲホゲホッ!」

凛「麗奈か・・・。おどかさないでよ・・・」ドキドキ

まゆ「凛ちゃん凛ちゃん!まゆの首、切れてませんよねぇ?!」ユッサユッサ

凛「大丈夫、だからッ揺すらないで!」

雪美「P・・・、怖かった・・・・・・」グスン・・・

P「麗奈ー。雪美が怖がるからトラウマネタは禁止なー」

麗奈「はーい。反省してまーす」スタコラサッサー

光「まったく・・・」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:49:16.60 ID:hAy5NJAz0

凛「クウガはさ、確かに怖いシーンも多かったけど、かっこいいシーンも多いよね」

まゆ「そうですねぇ。あ、Pさんのかっこよさほどではありませんよぉ?」

雪美「最初は・・・白かった・・・」

光「グローイングフォームだな!」

凛「次は赤いクウガだったよね」

光「マイティフォームだな!」

まゆ「その次は、青色でしたねぇ」

光「ドラゴンフォームだな!」

P「その次はペガサスフォーム。で、タイタンフォームだ」

光「緑、紫、の順だな!」

光「それから金の力に目覚めて、最後には凄まじき戦士になるんだ!」フンスフンス

凛「青のクウガ。いいよね(色的に)」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:50:38.61 ID:hAy5NJAz0

P「『こんな奴らのために!』」

光「!」

光「『これ以上誰かの涙を見たくない!』」

凛「『だから見てて下さい!』」

まゆ「『俺の』」

みんな「「「「『変身ッ!!!』」」」」

みんな「「「「(きまった・・・)」」」」

雪美「・・・・・・・・・・・・」

雪美「(乗れなかった・・・)」シュン・・・



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:52:12.59 ID:hAy5NJAz0

凛「あれ、蘭子は?」

まゆ「そういえばまだですねぇ・・・」

ドア「」ギィ バッタン

蘭子「ジャリビ・ンラ・レヨ(闇に飲まれよ!)【お疲れ様です】」

みんな「」アゼン・・・

P「やっぱりか・・・」

光「あー・・・」ソウイウコトカ・・・

凛「今のって・・・」

まゆ「未確認生命体の言葉、ですねぇ・・・」

雪美「ワタ・・・ギモギャ・・・・・・ベレス(私も喋れる)」

P・蘭子・光・凛・まゆ「「「「「??!?!?!」」」」」

雪美「」ニコ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:53:13.31 ID:hAy5NJAz0

光「・・・なんかごめん」

P「いいさ。過ぎたことだ」

光「・・・・・・あたしに任せてくれ!」

光「蘭子、雪美!」

蘭子・雪美「「?」」

光「『ここではリントの言葉で話せ!』」

蘭子・雪美「「?!?!」」

凛「ああー・・・」

まゆ「あのシーンですねぇ・・・」

P「(その手があったか!)」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:54:50.01 ID:hAy5NJAz0

P「夢を追う男、五代雄介、か・・・」

蘭子「夢想といえば?(夢っていえば?)」

光「ファイズでしょ!」

蘭子・P「」ウンウン

まゆ・凛「「・・・・・・・・・」」

まゆ・凛「「(ファイズ見なきゃ・・・)」」

わいわいがやがや〈一条さんは大変な物を奪って行きました。腐女子の心です。・・・だじぇ〉



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 22:56:20.05 ID:hAy5NJAz0

P「そうそう、五代さんは二千の技を持ってるわけだけど、その中で一番好きな技を、せーので言ってみないか?」

光「いいね!」

蘭子「ふん、我らの心は一つとなるだろう(みんな一緒の答えになっちゃいますけどね)」

凛「まあ、アレだよね・・・」

まゆ「アレしかありませんよねぇ」

雪美「アレ・・・・・・しか、ない」

みんな「「「「「「せーのっ!」」」」」」

みんな「「「「「「笑顔!」」」」」」



奈緒「(キックじゃねーのかよ!)」

おしまい。



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 23:03:18.14 ID:hAy5NJAz0

以上で終了です。
最近仮面ライダーにハマったクチでして、あまり深い話はできていません。
本当はディケイドの話とかも書きたかったんですけど、あれは揉めるので割愛しました。
仮面ライダーの話でナンジョルノとやいのやいの言い合いたいなー、そこに興味を持ったほかの子が来て盛り上がったりしたいなー。
なんて妄想から制作しました。


>>43申し訳ないです・・・。精進します。

>>46平成ライダー面白いですよ! 今やってる仮面ライダー鎧武も、まだまだ序盤ですが私は楽しんでます!



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13(木) 23:05:14.77 ID:pptW4gqX0

乙b



元スレ
神崎蘭子「仮面の騎士」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392293795/