SS速報VIP:青フード銀髪ショート低身長猫型美少女アンドロイド「きみはじつにばかだな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472362406/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 14:33:26.52 ID:I14pb/AP0

男「少女~!また友に苛められたよ~」

少女「また?全く君といい友といい懲りない奴だな」

男「いつものように友を一発でやっつけられる道具を出してよ!」

少女「ダメ!」

男「な、なんでだよ」

少女「ここ最近の君はボクに頼りっぱなしじゃないか。今のままだったら到底未来なんて変えられないよ」

少女「たまには自分でなんとかするんだ」

男「そんなぁ~」


猫型(ただし耳はない)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472362406




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 14:39:36.01 ID:I14pb/AP0

男「せっかくどら焼き買ってきてあげたのに」

少女「まぁ話くらいは聞こうじゃないか」

男「あのね、今度友たちがプールに行くらしいんだけど」

男「僕も連れて行ってっていったら、『悪いな男、このチケットは3人用なんだ』って言われて…」

男「あんまりだと思わないかい?」

少女「……うーん、君はプールに行きたいのかい?」

男「べつに」

男「ただ誘われてない僕の前でこれみよがしにプールの話をするあいつらがムカつくんだ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 14:43:00.08 ID:I14pb/AP0

少女「……なんでその話から友をやっつけたい、というところまで飛躍したの?」

男「なんかもう最近いちいちムカつくことしかしてこないしあいつら」

男「ここらで一発格の違いを見せつけてやろうと思って」

少女「何度もいうけど君がそんなんじゃ到底未来なんて変えられないよ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 14:47:51.20 ID:I14pb/AP0

男「別にいいよ未来なんて変わらなくても」

男「ぶっちゃけ女さんのことそんな好きじゃないし」

少女「いちいち世界観をぶっ壊してくれる発言をしてくれるね君は」

男「だからさっさと道具出してよ~。なんかあるでしょ~?喧嘩に絶対負けないモビルスーツとか~」

少女「本気で殺る気じゃないか」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 14:52:37.43 ID:I14pb/AP0

男「話は変わるけどどら焼き食べる?」

少女「1ミリたりとも話は変わってないね、でもいいだろう。そこまでいうなら一つ道具を貸してやる」

男「やったぜ」


テッテレー

少女「スーパー手袋!」


男「なにそれ」

少女「はめるとものすごい力がでる手袋だよ」

男「すごい!これなら友にも勝てる!」

男「ありがとう!どら焼きあげるよ!」

少女「使いすぎには気をつけてね」もぐもぐ



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 14:56:36.55 ID:I14pb/AP0

男「やい友!」

友「?なんだ男じゃねぇか。どうした?そんなに俺たちとプールに行きたかったのか?」

金持ち「無駄だよ~、ボクちんがもらったチケットは3枚!どうしても行きたければ自分で買うんだね!」

女「やめましょうよ。男さんがかわいそうよ」

男「そんなことはもはやどうでもいい!」

男「僕と決闘しろ!」

友「は?どうした急に」

男「そっちが来ないならこっちから行くぞ!」

男「はぁぁぁぁ!」ボカッ

友「ぐはっ!!??」バキバキメキメキゴシャゴシャグジュグジュ

女「き、きゃああああ!?」

金持ち「と、友!どうした友!」

男「はははは!すごいや!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 14:59:48.99 ID:I14pb/AP0

男「金持ちも食らえ!」バキッ

金持ち「ぐええっ!!??」バキバキメキメキゴシャゴシャグジュグジュ

女「い、いやぁぁぁぁぁっ!?男さん、やめてぇ!」

男「やめる?こんな楽しいことやめられるわけないじゃないか!」

男「ははっ、はははっ、ははははは!」バキッ バキッ メキッ

男「死体蹴り楽しィィィィィ!!!」


女「だ、誰か!助けてください!友達が!友達が!」

大人「ちょっと君!何してるんだ!」

男「うるさい!」ボカッ

大人「うげえええ」バキバキメキメキゴシャゴシャグジュグジュ

男「僕は自由だ!!!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:02:59.86 ID:I14pb/AP0

男「この力があれば僕は何にでもできる!!」

男「生意気な先公も!」

男「性格の悪いクラスメイトも!」

男「みんな僕には逆らえない!」

男「……そうだ」

男「あの何かにつけて僕を見下してくる気色の悪いアンドロイドだって!」

男「ひゃっほうそうと決まれば話は早い!」

男「みんな消えちゃえええええええええwwww」



手袋[ピーッ]「活動限界を超えました」

男「へ」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:05:58.65 ID:I14pb/AP0


original-001114-010
 




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:07:24.91 ID:I14pb/AP0





少女「………ふう」


少女「やっぱり、どら焼きには煎茶だね」




~あんなことできたらいいな編 完~



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:16:30.07 ID:I14pb/AP0

わいのわいの


男「ねぇ、何の話をしてるの?」

友「おっ男。いいところに来た」

男「?」

女「あっ……男さん」

金持ち「あっそうだ!男!お前前に友の歌聞きたいって言ってたよな!」

男「は?何のこと?」

友「そうだったのか!心の友よ!」

男「話が見えないんだけど?」

友「いやぁ、今度の日曜、そこの公園で俺のリサイタルやんだけどよ」

友「よかったな男!特等席のチケットはお前にやるよ!」

男「え、別にいらない……」

金持ち「わぁ!羨ましいな男!」

女「そうね!友さんのリサイタルを特等席で聴けるなんて、めったに無い機会よ!」

男「はぁ……」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:18:44.41 ID:I14pb/AP0

男「というわけで貰ってきたんだけど」

少女「貰ってきちゃうのか」

男「僕まだ生きてたいし、少女にあげるよ」

少女「遠まわしに死ねと言ってるのかい?」

男「少女はロボットだから大丈夫でしょ」

少女「アンドロイドって人間以上にデリケートなんだよ」

男「そっか、ならなおさら都合がいいや」

少女「もうボク帰っちゃおうかな……」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:22:42.45 ID:I14pb/AP0

男「困ったなぁ、バックれたらまた友にぼこぼこにされる」

男「少女、友をボッコボコにできるひみつ道具出してよ」

少女「いいけど君に貸したら調子のるでしょ」

男「否定しきれないのが困ったなぁ」

少女「未来の最高級耳栓を貸してあげようか?」

男「いや別に友の歌聞きたくないわけじゃないから」

少女「は」

男「日曜日に家でごろごろするという小学生にとって一番大事な時間を奪われるのが嫌なんだ」

少女「そんな小学生は君くらいだ」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:25:41.14 ID:I14pb/AP0

男「バックれたら友に殺される、律儀に行けば輝かしい青春の1ページを失う。どうすればいいんだ…」

少女「友の歌をまともに聴ける人間なんて貴重じゃないか。行ってあげなよ」

男「なんで僕が友なんかのために動かなきゃならないのさ」

少女「一応聞くけど君たち友だちだよね?」

男「名ばかりのね」

少女「本当に名ばかりだね……」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:32:04.21 ID:I14pb/AP0

男「こんなときのために少女がいるんだよね」

少女「もはやボクは便利屋扱いかぁ」

男「何か適当にひみつ道具出してよ」

少女「はぁ……なんかもう面倒くさいな」


テッテレー

少女「どくさいスイッチ!」



男「物騒なスイッチだね」

少女「君の存在よりはましさ。使い方は教えないよ」

男「え~なんでさ~」

少女「『友』」ポチッ

男「………….」

少女「どうしたの?」

男「いや、僕は何を少女に相談してたんだっけ」

少女「解決したからいいじゃないか」

男「???」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:35:38.42 ID:I14pb/AP0

男「……………」

女「男さん、どうしたの?」

男「いや、この紙切れ、何がわかる?」

女「……?なにか見覚えがあるような」

金持ち「んー……なんだっけ、これ」

男「気付いたら握ってたんだけど身に覚えがなくて」

女「不思議な話ね」

金持ち「まぁどうでもいいんじゃない?それよりも女さん!今度ボクの別荘に泊まりに来ない?」

女「素敵!行くわ!」

男「ぼ、僕も行きたい!」

金持ち「悪いな男。別荘は二人用なんだ」

男「畜生ォォォッ!!!」



~俺の歌を聞け二分だけでもいい編 完~



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:43:08.34 ID:I14pb/AP0

男「学校から帰ったら家が更地になっていた」

男「理由を聞こう、少女」

少女「何故ボクだと決め付ける?」

男「こんな真似が出来るのは君だけだから」

少女「バレてしまっては仕方ないな」

少女「一緒に死体を埋めるのを手伝ってくれないか」

男「何でよりにもよってパパが有給取ってる数少ない日にやるかなぁ」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:48:09.83 ID:I14pb/AP0

少女「仕方が無いさ。鼠は神出鬼没だからね」ザクザク

男「鼠一匹のために家ごと吹き飛ばすクレイジーガールがいなければこんなことにはなってないんだけどね」ザクザク

少女「鼠は一匹見たら30匹はいるんだよ」

男「鼠30匹のために居候してる家の主人と家内を惨殺するクレイジーガールがいなければこんなことにはなってなんだよね」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 15:55:04.87 ID:I14pb/AP0

少女「むっ……そういう君こそ、親が殺されたというのにも関わらず随分と冷静じゃないか」

少女「君には心というものがあるのかい?」

男「口を開けば宿題しか言わないママンとそんなママンの尻に敷かれてるだけのATMが消えたところでどうとも思わないよ普通」

少女「そうだったこいつ自分がクレイジーであることに何の疑問も抱いてないんだった……」



男「そんなことよりこの一件で僕の漫画とかフィギュアとか全部吹っ飛んだんだけど」

少女「その件については問題ないよ。未来の技術でぱぱっと復元するから」

男「そう、ならよかった」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 16:02:21.67 ID:I14pb/AP0

少女「死体は埋め終わったけど」

男「これからどうするの」

少女「ふふふ」


テッテレー

少女「タイムふろしき!」

少女「ビッグライト!」


少女「タイムふろしきをビッグライトで大きくして」

少女「家があった場所を丸々包んで戻せば……」


少女「はい、元通り!」

男「わーすげー」

少女「じゃあ家に入ろうか」

男「鼠が出る度にこれが起きるのかぁ……」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 16:08:19.28 ID:I14pb/AP0

男「ホントだ。僕のフィギュアも全く元通りになってる」

少女「スペアポケットもタイムマシンも大丈夫そうだね」

男「タイムマシン……」ピーン

男「タイムマシンで過去に戻って、少女が家を吹き飛ばす前に鼠を退治すれば、ママンとATMって生き返るんじゃ?」

少女「ははは、無理無理」

少女「タイムマシンで戻った時間軸の過去を改変しても、変わるのはその世界の未来のみ」

少女「ボクたちの未来は変わらないよ」

男「そっか、なら仕方ないね」

少女「ママは死んじゃったし、これから毎日グルメテーブルかけの料理かな」

男「やったー!」

少女「お金についても未来の男の貯金から引っ張ってくればどうにかなるでしょ」

男「案外なんとかなりそうだね」

少女「当たり前でしょ。ボクを誰だと思っているんだい」

男「あはははは!」

少女「ははははは!」



~君がいた夏は遠い夢の中編 完~



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:09:35.62 ID:XgGDmGV60

男「………ぁぁぁぁぁぁっっっ!!」

少女「急にどうしたの」

男「お前さぁぁぁぁぁぁっっっ!!」

男「いつまでさぁぁぁっっっ!!」

男「僕の部屋で寝るのさぁぁぁっっっ!!!」

少女「正確には君の部屋の押入だけどね」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:12:32.55 ID:XgGDmGV60

男「いや、押入かどうかはこの際どうでもいいんだ」

少女「ほう」

男「君は僕の家に来てから毎晩毎晩当たり前のように僕の部屋で寝る。僕が家に帰ってもだいたい僕の部屋にいる。いないと思ったら突然どこでもドアで帰ってくる」

少女「何か問題があるのかい?」

男「あるよ……あるんだよ……大ありなんだよォ……」

男「未来のアンドロイドならそのくらいの知識はあるだろォ……」

少女「全く何のことかさっぱりだね」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:27:50.57 ID:XgGDmGV60

男「じゃあもう何でもいいから僕を1人にしてくれ」

男「2時間くらい家を開けておいてくれ」

少女「はあ」

少女「わかった。じゃあこれを貸してあげるよ」


テッテレー

少女「透明マント~」



男「あっ!それハリーポッターで読んだことある!」

少女「しゃらっぷ。文字通り透明になれるマントだよ。これを被れば見られたくないことや知られたくないこともし放題さ。声も聞こえなくなるから安心していいよ」

男「やっぱお前わかってんだろ」




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:33:41.01 ID:XgGDmGV60

男「まぁなんでもいいや。サンキュー少女!」バサッ

少女「頑張ってね」


透明男(ふふふ……これはいいものを手に入れたぞ)

透明男(さっそく銭湯に行くとするか)



【銭湯】

ワイワイガヤガヤキモチイイワネェオクサンドコカラキタノ

透明男(ひゃっはぁぁぁぁぁぁ)

透明男(天国だぁぁぁぁぁぁぁぁ)

透明男「ってババアばっかりじゃねぇかクソ!!」

透明男「女子高生や女子中学生はどこだよぉぉぉ!!!」

ハリー「こんな田舎町にそんなものあるわけないでしょ」

透明男「!!!」

ハリー「こんにちは、同士……いや、同士とは違うかな。君はこの光景では満足出来ないようだし」

透明男「お前も、透明マントを……」



37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:38:46.82 ID:XgGDmGV60

ハリー「これも何かの縁だ。覗き同士、仲良くしよう」

透明男「僕を君みたいな変態と一緒にしないでくれ!」

ハリー「女子高生が大量に集まる都会の銭湯を紹介してあげようと思ったんだけど……」

透明男「いやぁ、やっぱり持つべきものは友達だねぇ」



透明男「丸眼鏡から教えてもらった銭湯に行くぞ!」

透明男「少女が僕の家に来てから数ヶ月……たまりにたまったこれを発散する時がきた……」

透明男「未来の僕の趣味全開のアンドロイドと同居とか心臓に悪すぎるんだよマジで」

透明男「僕が小学生じゃなきゃ襲ってたね」

透明男「ついたついた」



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:44:42.98 ID:XgGDmGV60

【女湯】

透明男(さっそく入るぞ……)


???『女湯に入る男性を確認』

透明男「は!?」

???『姿は視認できず。しかしサーモグラフィにははっきりと映っています』

???『コマンド004 警報発令』


『侵入者発生!侵入者発生!乙女の裸を守れ!』


透明男「なんだなんだなんだぁ!?」


???『コマンド045 侵入者の排除に移ります』


ジャキジャキジャキジャキ


透明男「…………ッ……」

透明男「うそ、だろ」



バババババババババババババ

透明男「がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:48:02.90 ID:XgGDmGV60



ハリー「………ふっ」


ハリー「熟女目当て以外の覗きなんて撲滅すればいいのさ」


ハリー「ははっ、はははっ、ははははは!!!」




~穢れた血それが誇りよ編 完~






41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:51:14.25 ID:XgGDmGV60

先生「じゃあテストを返すぞー」

先生「源くん」

女「はい」

先生「剛田くん」

友「はい」

先生「骨川くん」

金持ち「はい」

先生「出木杉くん」

出木杉「はい」

先生「野比くん」

男「はい」

先生「野比くん」

少女「はい」



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:54:53.60 ID:XgGDmGV60

先生「え~このテストは確かに高校数学に足を踏み入れた部分もあり難しかったとは思う」

先生「だが平均点30点というのはあまりにも低すぎる。満点の野比を見習うように」

少女「どうも」

先生「そしてまた0点だった野比は放課後職員室まで来なさい」

男「はい」

出木杉「先生、いい加減男くんと少女さんは名前で呼んでくださいわかりづらいので」



43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 22:59:51.14 ID:XgGDmGV60

男「来ましたけど」

先生「来たか。帰っていいぞ」

男「何がしたいんですかあなたは」

先生「生徒の時間を無意味に奪うのが好きでね」

男「そうですか。ではこれどうぞ」

先生「これは……紙細工か?よく出来ているな」

男「日頃の感謝です。どうぞ受け取ってください」

先生「ありがとう。教師冥利に尽きるよ」




少女「ゆとりが始まってから小学校から定期テストは消えたなんて言い訳いつまでも通用すると思っているのかい?」

男「甘いな。僕に抜かりはない」

男「バレそうになっても君がいるじゃないか」

少女「よくボクが手伝うと思えるよね」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:03:07.33 ID:XgGDmGV60

ピンポーン

少女「誰か来たよ」

男「居留守だって言っといて」

少女「それもう居留守じゃないよね」



少女「どうしたの」

友「いや、少女ぉ、お前勉強できるんだろ」

女「私たち次のテスト結構やばくて……」

金持ち「教えて欲しいなぁ、なんて…」

男「!!!」



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:05:17.98 ID:XgGDmGV60

ママ「どうしたの、お友達?」

男「ままままぁまぁママ追いついて?」

ママ「落ち着くのはあなたの方よ?」

男「いやちょっとさぁ、うちにさぁ、お友達来ちゃったからさぁ、おもてなしのさぁ、茶菓子買ってきてくれない?」

ママ「あら、お菓子なら台所に……」

男「黙れ!!!」

ママ「!?」

男「いいから黙って買ってくるんだよぉ!!」

ママ「ど、どうしたの……反抗期……?」オロオロ



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:09:50.42 ID:XgGDmGV60

男「危なかった。テストの存在を親に知られるところだった」

友「テストじゃなくテストの存在そのものを隠してるってなかなかだなお前」

男「そうだ。そんな僕の最高にクールな隠蔽計画がお前らによって壊されようとしている。早く去れ」

金持ち「最高にフールなやつがなんか言ってるな」


女「そういうことなら私の家に来る?」

少女「いいよ、男の言う事は気にしなくて」

友「でもよぉ、俺らが用あるのって少女だけだし、ぶっちゃけ男いらないし」

金持ち「誘ってないやつが1人別部屋にいるところで勉強会なんて気まずくてできないよ」

男「そういう会話は本人の目の前でやるべきじゃないと思うんだよね」



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:13:12.30 ID:XgGDmGV60

少女「そういうことなら…」


テッテレー

少女「どこでもドア~」


男「おい少女、僕たち友達だよな?」

少女「誰も来ない静かな場所で、みんなでお勉強しよう」

男「ねぇ」

友「わーいわーい」

女「あはっ!いいわね!」

金持ち「やっぱり少女はすごいや!」

少女「じゃあ男、お留守番よろしく」バタン

男「…………」



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:18:39.67 ID:XgGDmGV60

ママ「あら?お友達は?」

男「僕に友達なんていないけど?」

ママ「あらそう。せっかくモロゾフのプリン買ってきたのに」

男「僕が食べるよ。勿体ないしね」

ママ「あらそう」


男「」パクパクパクパク


男(僕は無心でプリンを食べ続けた)

男(とめどなく涙が溢れた)

男(勉強会をしたかったわけじゃない)

男(ただ、ただ)

男(自分が滑稽だということに気付いてしまったのだ)



50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:24:25.94 ID:XgGDmGV60

先生「えー、今回のテストはだいぶ出来がよかった」

先生「特に友くんら辺の奴ら!だいぶ成績が上がってて先生びっくりしたよ」

先生「ただ少女くん!前回100点だった君が80点なのはいただけないな!」

少女「公開処刑とか良くないと思います」

先生「100点だった男くんを見習うように」

少女「!?」

友「!?」

女「!?」

金持ち「!?」

出木杉「!?」



男「……………」



男「ドヤァァァァァァァwwwwWwwwwWwwww」



~愛と憎しみは紙一重編 完~




54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:48:46.15 ID:XgGDmGV60

少女「じゃあそういうことだから」

男「どういうことなのか詳しく」

少女「はいはい」


テッテレー

少女「ツーカー錠!」


少女「ツー」

男「カー」

少女「行ってきます」

男「行ってらっしゃい」



55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:52:16.85 ID:XgGDmGV60

男「メンテナンスかぁ、アンドロイドも案外大変なんだな……」

男「メンテナンスってことはやっぱり裸になるんだろうか……」

男「裸になった少女を隅から隅までメンテナンス……やばい少し興奮してきた」

男「はぁはぁ……今ならいいよね……バレないよね……」




黄フード茶髪ボブリボン猫耳美少女アンドロイド「……何してるの男さん」



56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:54:15.89 ID:XgGDmGV60

男「うわああああああああああ!!!???」

妹「そんなに驚かなくても……」

男「のっ、ノックくらいしろ!!」

妹「タイムマシンにそんな機能はないわ」

男「なん、なんっ……でも、なんで突然……」

妹「お姉ちゃんから頼まれたの。男さんの様子を見ていて欲しいって」

男「あ、ああそう……」



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/28(日) 23:57:45.85 ID:XgGDmGV60

男「じゃあ僕少しでかけてくるね……」

妹「待って男さん。どうして私と距離を取りたがるの?」ガシッ

男「少し出掛けてくるだけって言ってるじゃないですかぁ!離してくれよぉ!」

妹「お姉ちゃんから聞いてた通りその性格は相変わらずみたいね……わかったわ。私が鍛え直してあげる」

男「余計なお世話なんだよ全力でぇ!!」



58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:02:25.41 ID:g8uoU8nZ0

少女「………ただいま」

妹「あ、お帰りお姉ちゃん」

少女「妹。男の様子はどうだった?」

妹「うん、もうすっかり更生したよ。ほら見て」


男「妹様。お食事の用意が出来ました」


少女「……今回もしかし派手にやったねぇ」

妹「たぶんまた1週間くらいで元に戻っちゃうんだろうけど……何回も繰り返せば、いつか、ね……」

少女「アレを元に戻すのにボクがどれだけ苦労してるか知らないなコイツ……」

妹「ふう!いいストレス発散にはなったかな。じゃあねお姉ちゃん!また呼んでね!」

少女「まあアレが文字通り壊れないためには仕方のないことなんだよねぇ……」



59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:08:15.20 ID:g8uoU8nZ0

男「妹様はお帰りになられましたか。では少女様、妹様の分も楽しんでください」

少女「……ふう」

少女「よし、ボクは今から君を殴る」

男「心得ました。存分にお殴りくださいませ」

少女「ふんっ!!」

男「べほま!!」

男「はっ!?俺は何を……」

少女「おっ、もう解けた」

男「って、あの野郎……!また懲りもせず僕を…!」

少女「また来るって言ってたよ」

男「ああああああああああ!!!」



60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:14:05.46 ID:g8uoU8nZ0

男「アレお前の妹だろ!?なんとかならないの!?」

少女「あれは未来の君が息子のために作った教育用ロボなんだけど」

少女「君の息子が成人して役目を追えると、アイデンティティが崩壊し始めてね」

少女「定期的に誰かを調き……教育しないと、オーバーヒートしてしまうんだ」

男「そんなガラクタは壊してしまえ」

少女「まぁそういうなよ。あれでも未来の君の大事な娘の一人だ」

男「今の僕には関係ない」

男「わかった。君ができないなら僕が壊してくる。タイムマシン借りるよ」

少女「うん」



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:17:33.35 ID:g8uoU8nZ0

妹「誰を壊すって?」

男「」

妹「調教が甘かったようね……」

男「たす、けて、少女」

妹「さぁー??今度は、1ヶ月は解けないようにしてあげるからねー??」

男「いやダイヤダイヤダイヤだ」





少女「………」ズズーッ

少女「…ふう」

少女「きみはじつにばかだな」



~泣いて笑って夢を見てた編 完~


おしまい



62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/29(月) 00:20:45.31 ID:g8uoU8nZ0

俺何やってんだろって思い始めてしまったのでやめます



元スレ
SS速報VIP:青フード銀髪ショート低身長猫型美少女アンドロイド「きみはじつにばかだな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472362406/