SS速報VIP:千早『んッ……も、揉んでも楽しくないと……思いますが……』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472923555/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:25:55.88 ID:pOCVIWEZ0

P「……的な」

春香「あー」

P「な?」

春香「はい」

P「やっぱコレよ」

春香「わかります」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472923555




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:26:44.97 ID:pOCVIWEZ0

春香「つまり」


千早『あ、あの……ンッ、同じところ、ばっかり……』


春香「……っていう」

P「ナイス」

春香「っしゃ」

P「イイわ」

春香「ですよね」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:27:14.58 ID:pOCVIWEZ0

P「……でもさ」

春香「でも?」

P「それとは別に」


千早『……プロデューサーはこの行為が楽しいですか?』


P「……的な」

春香「うーん」

P「ダメ?」

春香「とは言いませんが」

P「じゃあ?」

春香「それなら」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:27:50.68 ID:pOCVIWEZ0

千早『……まぁ、プロデューサーが喜んでくれてるなら、いいですけど……』


春香「……このぐらいで」

P「あー……」

春香「どうです」

P「いや、いい」

春香「いい?」

P「グッド」

春香「ああ。ありがとうございます」

P「なんで礼」

春香「なんとなく」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:28:23.71 ID:pOCVIWEZ0

P「……じゃあさ」

春香「はい」


千早『……あの、物足りなくは、ないでしょうか?』


P「……ってのは?」

春香「言いそう」

P「うむ」

春香「五回目……ぐらいで」

P「ぐらいで?」

春香「言いそうです」

P「たしかに」

春香「すっかり慣れた頃ですね」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:29:16.30 ID:pOCVIWEZ0

春香「だから、こう」


千早『時々……不安になるんです。飽きられてないかとか……』


春香「……とか」

P「あー」

春香「最中に、普通に」

P「ナチュラルに」

春香「言っちゃうタイプっぽいです」

P「抱きしめよ」

春香「ホントそれです」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:29:56.10 ID:pOCVIWEZ0

P「……それとはまた別にさ」

春香「はい」

P「たとえば執拗に……」


千早『あ、あの……ンッ、さ、さすがに……長すぎませんか……あっ』


P「……って感じに」

春香「うわー」

P「どう?」

春香「イイ……ですね……」

P「っしゃ」

春香「吐息の数が、次第に」

P「そう。増えていく」

春香「うわー……」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:30:34.15 ID:pOCVIWEZ0

春香「つまり」


千早『ンッ……! そんな……囁きながら……しないで……あっ、ンはァ……!』


春香「……って……?」

P「それよ」

春香「うあー」

P「なっ……?」

春香「いいですねー……」

P「うん」

春香「捗る」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:31:10.81 ID:pOCVIWEZ0

春香「……じゃあ、派生で」

P「ん?」

春香「そこから」


千早『……えっ? なんで急に、止め………………。……! い、いえっ……』


春香「……で赤面」

P「最高」

春香「いじわるを」

P「それな」

春香「しちゃいたい」

P「マジわかる」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:31:53.66 ID:pOCVIWEZ0

春香「……で、急に再開すると」


千早『あっ// ……な、なんなんですか……///』


春香「……って」

P「うわあー」

春香「ねっ」

P「超わかるわ」

春香「期待とか、意表とか」

P「こうな。あわさってな」

春香「変な声出しちゃう」

P「イイわー」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:32:40.73 ID:pOCVIWEZ0

P「――……………………あ」

春香「なんですか?」

P「いや、むこう」

春香「ん?」


千早「どうも、ありがとうございました」


P「終わったか」

春香「みたいですね」

P「っしゃ」

春香「行きますか」


春香「千早ちゃーん!!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:33:18.62 ID:pOCVIWEZ0

千早「あっ、春香」

春香「お疲れさま、千早ちゃん! すごくよかったよ!」

千早「そ、そう? というか、聴いてたのね……なんだか恥ずかしいわ」

P「よく頑張ってたな、千早。今日は調子よかったんじゃないか?」

千早「はい。スタジオ入り直前まで、ボイトレ室を借りられたので……いい調子で臨めたと思います」

P「そうか! 次の収録からも、備え付けのボイトレ室借りられるよう手配するよ」

千早「いいんですか? じゃあ、可能だったらでいいので……お願いします」

春香「じゃあ次、私行ってきますね! プロデューサーさん!」

P「ああ。まだ結構時間あるから、納得いくまで頑張ってこい!」

千早「頑張ってね。春香」

春香「はーい! じゃ、行ってきます!」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:33:49.73 ID:pOCVIWEZ0

P「…………」

千早「……」

P「……」

千早「…………」

P「…………」

千早「……あの」

P「ん」

千早「考えていたんですが」


春香『わわっ! と、突然はダメですよぅ……♪ ……ンッ、あっ……//』


千早「……っていう」

P「それな」

 おわり



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:34:18.86 ID:pOCVIWEZ0

あざした



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:37:02.07 ID:yzToJxcoO


春香にはジト目で怒られたい



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 02:43:25.47 ID:nIZVLJcgo

最高じゃないか……



元スレ
SS速報VIP:千早『んッ……も、揉んでも楽しくないと……思いますが……』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472923555/