SS速報VIP:ヒーロー「正義の味方になりたくて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472831716/



1: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 00:55:16.39 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「なりました、ヒーローに」

警察「ちょっとお兄さんどこに向かって話してるの?まだ職務質問終わってないよ」

ヒーロー(コスプレ)「世知辛い。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472831716




2: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 00:57:06.85 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「いやだからね、ヒーローなんですよ僕」

警察「冗談は格好だけにしてくれるかな?」

ヒーロー「いやいやお巡りさんも男の子なら子どもの頃に憧れたでしょ?テレビの向こうのヒーローに」

警察「ああ、格好良かったなぁ」

ヒーロー「でね、僕はその夢を実現しようと思ったんですよ」

警察「なんでその歳までその夢本気で持ってんのかなぁ」

ヒーロー「男は誰だってヒーローになれる機会を伺って生きてるものでしょう?」

警察「だからってコスプレで深夜徘徊しようと思わないかなぁ」

ヒーロー「深夜徘徊ではありません、パトロールです」

警察「それ僕の仕事だしそれで僕に捕まってりゃ世話ないよね」

ヒーロー「ごもっともで」



3: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 00:59:17.79 ID:KXHwvwdO0

警察「大体正義感を満たしたかったら僕みたいに警官とかになればいいんじゃないかな」

ヒーロー「法に囚われないヒーローのロマンを何処に置いてきたんだお巡りさん」

警察「大人の階段を上り始めた辺りにだよ」

ヒーロー「僕は一生シンデレラなんかにならなくていい」

警察「階段の前くらいには立てよ」

つづく。



4: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:08:27.01 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「まったく昨日は酷い目にあった」

子ども「ねぇオッサン、オッサンはなんで変な格好してるの?」

ヒーロー「オッサンはね、ヒーローだからだよ。あとオッサンじゃなくてヒーローだよ」

子ども「歳は?」

ヒーロー「君よりふた周りは上かな」

子ども「オッサンじゃん」

ヒーロー「ヒーローだよ」



5: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:09:14.17 ID:KXHwvwdO0

子ども「ヒーローって何すんの?」

ヒーロー「正義と秩序を守るんだよ」

子ども「どうやって?」

ヒーロー「悪と戦って」

子ども「悪って何?」

ヒーロー「……哲学だね」



6: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:11:28.60 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「じゃあ人助けをしよう」

子ども「オッサンが助けてくれるの?」

ヒーロー「ああなんでも言ってくれ」

子ども「明日までの宿題が終わらないんだ」

ヒーロー「…それは自分でやりたまえ」



7: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:16:21.05 ID:KXHwvwdO0

子ども「助けてくれるんじゃないのかよウソツキ」

ヒーロー「君の将来の助けになるまい」

子ども「ごもっともで」

つづく。



8: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:17:12.24 ID:KXHwvwdO0

幼女「うえーん、うえーん、」

ヒーロー「やぁ一人で公園でどうしたんだい?」

幼女「……え…っ…?」(ぴたっ

ヒーロー「やぁやぁ、僕の顔に何か着いてるかな?」

幼女「びえーん!!怖いよー!!」

ヒーロー「怖くないだろ格好良いだろ」



9: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:23:42.95 ID:KXHwvwdO0

警察「…で、通報があったんだけど」

ヒーロー「また会いましたねお巡りさん」

警察「はぁ…またあんたか…」

ヒーロー「世の中狭い」

警察「ごもっともで」



10: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:24:43.67 ID:KXHwvwdO0

警察「で、こんな小さな子に何したの?」

幼女(うるうる…

ヒーロー「声をかけただけですよ、泣いていたので」

警察「今の世の中見知らぬ子どもに声を掛けるだけで事案になるんだよ」

ヒーロー「それでも僕は泣いてる人を無視する大人でありたくない」

警察「立派だけど」

ヒーロー「…へへっ!」

警察「得意気な顔やめろ」



11: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:27:39.41 ID:KXHwvwdO0

警察「…で、お嬢ちゃんどうしたの?」

幼女「……ママが居なくなっちゃった…」

ヒーロー「それは大変だ、探してあげないと」

警察「あんたは黙ってろ」

ヒーロー「…で、いつまで一緒にいたのかな?」

幼女「……びえーん怖いよー!!」

ヒーロー「怖くないだろ格好良いだろ」

警察「仮面は取って話しかけろよ」

ヒーロー「アイデンティティなので」

警察「じゃあすっこんでろ」



12: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:31:36.63 ID:KXHwvwdO0

母親「幼女!探したのよ!」

幼女「ママー!」

ヒーロー「噂をすればお母さんか」

警察「良いタイミング」

ヒーロー「この為に人集りを作ったと言っても過言ではない」

警察「嘘をつくな」

ヒーロー「何故バレた」

警察「バレいでか」



13: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:32:38.77 ID:KXHwvwdO0

母親「お巡りさんが娘を保護してくれたんですか!?」

警察「いえ保護したのはそこの彼です、そして僕は彼をしょっぴきに来ました」

ヒーロー「どうもヒーローです」

母親「ひぃ!不審者!」

ヒーロー「ヒーローですってば」

警察「不審者だろ」

ヒーロー「世知辛い。」

警察「次はしょっぴくからな」

ヒーロー「望むところだ」

警察「やめろ」

つづく。



14: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:35:03.00 ID:KXHwvwdO0

おばあちゃん「助かったよお兄さん」

ヒーロー「いえいえ当然の事をしたまでですよ」

警察「…何やってんの?」

ヒーロー「やぁやぁお巡りさん縁がありますね」

警察「こんな縁要らん」



15: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:36:27.21 ID:KXHwvwdO0

警察「で、何やってんの?」

ヒーロー「陸橋を渡るおばあちゃんの荷物を持っただけですよ」

おばあちゃん「助かったよぉ、アメちゃんどうだい?」

ヒーロー「いえいえ見返りなんて」

おばあちゃん「貰ってくれたらおばあちゃん嬉しいんだけどねぇ」

ヒーロー「なら頂きましょう、ありがとうございます」

おばあちゃん「いいえぇ」



16: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:37:43.05 ID:KXHwvwdO0

警察「…いつもこんな事してんの?」

ヒーロー「はい」

警察「……なんで?」

ヒーロー「ヒーローだからです」

警察「あんたがいい人なのはわかったけど」

少女「はい、兄さんはいい人なんです」

警察「うわ誰だびっくり」



17: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:39:20.88 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「やぁやぁ妹よ今高校の帰りかい?」

少女「うん、今日の晩御飯は兄さんの好きなカレーだよ」

ヒーロー「やったぜ」

警察「あんた妹いたのか」

ヒーロー「可愛いでしょ?」

警察「美少女だけども」

少女「えへへ…///」

ヒーロー「かわいい」

警察「かわいい」



18: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:40:37.48 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「あげませんよ」

警察「俺はロリコンではない」

少女「来年で卒業です」

警察「待つよ」

ヒーロー「あげないぞ」



19: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 01:41:44.13 ID:KXHwvwdO0

警察「お兄さんいつもこうなの?」

少女「はい、いつもこうです」

警察「大変でしょ」

少女「はい、とても」

警察「家族に迷惑かかってんぞ」

ヒーロー「やめないぞ」

警察「あんた本当に困った人だな」

少女「でもそんな兄さんが格好良くて好きです」

警察「あんたら本当に兄妹だな」

つづく。



26: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 11:56:56.90 ID:KXHwvwdO0

悪党「へっへっへ、オレは悪いヤツだぜ」

幼女「ママー、変な人がいるー」

母親「しっ、目を合わせちゃいけません!」

悪党「今日も悪事を働いてやるぜ!」



27: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:05:36.37 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「そこまでだ!」

悪党「出たなヒーロー!」

ヒーロー「お前の悪事もここまでだ!」

悪党「ククク、オレはお前みてぇな偽善者が大嫌いなんだぜぇ!」



28: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:06:40.71 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「さぁ覚悟しろ!」

悪党「フフフ…本当にオレに攻撃しても良いのかな…?」

ヒーロー「…どういう事だ……?」

悪党「クク…オレはまだ何も悪事を働いてねぇんだぜぇ!?」

ヒーロー「なんだと!?」

悪党「ヒャハハハハハ!これじゃあオレに手を出せまい!!」

ヒーロー「く…っ!なんたる策士……!」



29: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:09:33.91 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「というかお前が悪い事をしている現場に出会った事がないぞ!!」

悪党「ったりめぇだろ!オレはテメェみてぇな偽善者が嫌いなだけだからなぁ!一般市民に手を出す理由がねぇぜ!!」

ヒーロー「なんだと…!?なんと言う信念!」

悪党「ヒヒヒ!恐れ入ったか!」



30: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:12:17.82 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「じゃあ本当に何も悪い事はしていないんだな!?」

悪党「ああ!意味がねぇからなぁ!!」

ヒーロー「くそ…っ!どうすればいいんだ…!」

悪党「ヒャハハハハ!テメェがヒーローな限り何もできねぇぜぇ!!」



31: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:13:21.01 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「く……っ!なんたる強敵…!だが、一つだけ答えろ!!」

悪党「あぁっ!?なんだってんだぁ!?」

ヒーロー「何も悪い事をしないなら…悪とはなんだ!?」

悪党「ヒャハハハハハ!!そいつは哲学だぜぇ!!」

ヒーロー「何て事だ!悪党が解ってないとはますます哲学でしかない!!」

警察「お前らただただ目立って迷惑だから帰れ」

つづく。



32: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:15:47.41 ID:KXHwvwdO0

警察「でね、また君のお兄さんが大変でね」

少女「あはは、でも兄さんが楽しそうでなによりです」

警察「まぁいつも楽しいんだろうなぁ」

ヒーロー「何してるんですかお巡りさんに妹よ」

警察「デート?」

少女「兄さんの話」

警察「そうだけども」



33: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:17:21.44 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「いつの間に二人で喫茶店で談笑するような関係に」

警察「こないだメアド交換した」

ヒーロー「なぜ黙ってた妹よ」

少女「お巡りさんが話しとくって」

ヒーロー「聞いてないぞ」

警察「言ってないからな」

ヒーロー「このやろう」

警察「役得役得」



34: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:19:22.45 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「というか仕事は?」

警察「今日は非番」

ヒーロー「僕は毎日パトロールだというのに」

警察「それ趣味じゃん」

ヒーロー「そうですけど」

警察「休めば?」

ヒーロー「僕が休んだら誰が平和を守るんですか」

警察「この国は法治国家だ馬鹿野郎」



35: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:20:28.25 ID:KXHwvwdO0

少女「はい兄さん、スポーツドリンク」

ヒーロー「助かるよ」(ごくごく

警察「なんで持ってるの?」

少女「頑張ってる兄さんに会ったら差し入れ出来るように常備してます」

ヒーロー「良い妹でしょ?」

警察「あんたには勿体ないな」



36: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 12:23:03.57 ID:KXHwvwdO0

ヒーロー「じゃあ僕は引き続きパトロールに行ってくるよ」

少女「行ってらっしゃい兄さん」

ヒーロー「行ってきます」

警察「デートが終わるまでは戻って来なくていいぞ」

ヒーロー「お巡りさん」

警察「何?」

ヒーロー「僕の大事な妹だって事をお忘れなく」

警察「あいよヒーロー」

つづく。



44: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:22:40.64 ID:kkr4r4QxO

不良A「んだコラ俺らに文句つけんのかよ姉ちゃん」

婦警「ですから通行人の迷惑に」

不良B「よく見たら姉ちゃん中々可愛いじゃねぇか」

婦警「ちょっ、何するんですか」

不良C「いいからちょっとこっち来いよ」

女性「誰か助けて」

不良A「ひひひ、誰も助けになんかこねぇよ」



45: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:24:13.86 ID:kkr4r4QxO

ヒーロー「僕を呼んだか」

不良B「なんだぁテメ…本当になんだテメェ」

婦警「不審者が増えた」

ヒーロー「ヒーローだよ」

不良C「変な格好しやがって」

ヒーロー「変じゃないだろ格好良いだろ」



46: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:26:35.15 ID:kkr4r4QxO

婦警「ここは危険です」

ヒーロー「でも君が助けを求めてた」

不良A「あぁんオレらの邪魔するってのかぁ?」

ヒーロー「彼女が嫌がっている」

不良A「うるせぇこいつやっちまおうぜ」

不良B「イー!」

不良C「イー!」

ヒーロー「かかって来い」

婦警「なんか始まった」



47: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:29:24.60 ID:kkr4r4QxO

…………

不良A「やられたー」

ヒーロー「ざっとこんなもの」

婦警「危ない所をどうも」

ヒーロー「お怪我はありませんか?」

婦警「はい、お強いんですね」

ヒーロー「鍛えてますから」



48: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:32:12.78 ID:kkr4r4QxO

警察「後輩が不良に絡まれてるって聞いたんだけど」

婦警「あ、先輩」

ヒーロー「やぁやぁお巡りさんもう解決しましたよ」

警察「またあんたか」

ヒーロー「縁がありますね」

警察「こんな縁要らん」

ヒーロー「妹」

警察「やっぱ要るわ」

ヒーロー「あげないぞ」



49: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:35:34.27 ID:kkr4r4QxO

婦警「この人が助けてくれました」

警察「だろうね」

ヒーロー「えっへん」

警察「得意気な顔やめろ」

ヒーロー「マスクで顔見えないでしょう」

婦警「ごもっともで」

警察「わかるわ」



50: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:36:35.29 ID:kkr4r4QxO

ヒーロー「それじゃあ後はよろしくお巡りさん」

警察「おい待てお前も事情聴取」

ヒーロー「何処かで僕を呼ぶ声が」

警察「気の所為だ」

婦警「大丈夫です先輩、私が全部見てました」

警察「…ならいいか」

ヒーロー「ではさらば」



51: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/03(土) 20:37:50.18 ID:kkr4r4QxO

婦警「あの、お名前は」

ヒーロー「見ての通りヒーローです」

婦警「また会えますか」

ヒーロー「助けを求めている人がいる限り僕は何処にだって現れる」

警察「格好良いけども」

ヒーロー「…へへっ!」

警察「得意気な顔やめろ」

婦警「素敵///」

警察「………は?」

つづく。



55: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 00:44:53.46 ID:o1ilwBZTO

世界観的には普通の法治国家ですのでフィクション的な悪の組織とかは出さないつもりです

あとどんなキャラ付けでどう関わるかは僕が決めちゃうのでガッツリ設定とか展開書かれても答えられないですすみません

あとキックアス普通に好き
キックアスというか特撮とアメコミが好き

それではもう一編



56: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 00:47:51.68 ID:o1ilwBZTO

市民「火事だー!」

母親「家の中にまだ子どもが!」

子ども「助けてー!」

ヒーロー「任せろ!」

母親「ひぃ不審者!」

ヒーロー「ヒーローです!!」



57: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 00:50:32.46 ID:o1ilwBZTO

ヒーロー「くそっ!火が強くて近づけない!」

???「ひひひ…テメェの正義はそんなモンかよぉ偽善者ぁ?」

ヒーロー「その声は!」

悪党「オレ様だぁ!!」

ヒーロー「悪党!何故ここに!?」



58: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 00:53:24.75 ID:o1ilwBZTO

ヒーロー「しかし今はお前に構っている場合じゃない!!」

悪党「ククク…そんな事言って良いのかな?」<ガション

ヒーロー「そ…それは…!」

悪党「ヒャハハ!大量の消化器だぜぇ!!」

ヒーロー「何故そんな物を!」

悪党「どんな状況にも対応出来るようにオレの車には色々積んであるんだぜぇ!!」



59: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 00:59:10.90 ID:o1ilwBZTO

悪党「オレがこいつを使って火を退けるからテメェはガキの所に突っ込むんだなぁ!」

ヒーロー「なんのつもりだ…!」

悪党「ヒヒヒ…考えてる余裕があるのかなぁ……?」

ヒーロー「やむを得まい…消化器は任せたぞ悪党!!」

悪党「ヒャハハハハハ!!言われなくてもよぉ!!」



60: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 01:06:01.42 ID:tGpvmKCj0

…………

母親「子どもー!」(だきっ

子ども「ママー!」(だきっ

母親「子どもを助けて頂いてありがとうございました御二方!」

子ども「ありがとうおっちゃん達!」

ヒーロー「どういたしまして、あとおっちゃんじゃなくてヒーローだよ」

悪党「おっちゃんじゃねぇぜ悪党だぜぇ!」



61: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 01:07:48.06 ID:tGpvmKCj0

ヒーロー「そして僕からもありがとう、お前のおかげで助かった悪党」

悪党「ケッ、オレに礼なんざ必要ねぇぜ、オレは偽善が嫌いで見てられねぇだけだからよぉ」

ヒーロー「…どういう事だ……?」

悪党「ニブいヤツだなぁ…偽善者の偽善を偽善で済まさせねぇだけだっつってんだぜぇ!!」



62: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 01:09:13.06 ID:tGpvmKCj0

ヒーロー「ならば問わせてくれ」

悪党「あぁ?なんだぁ?」

ヒーロー「それがお前の信念ならば、尚更悪とはなんなんだ!?」

悪党「ヒーッハハッハー!!そいつぁいよいよもって哲学だぜぇ!!」

警察「お前ら本当は仲良しだろ」

つづく。



66: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 11:48:31.70 ID:tGpvmKCj0

ヒーロー「今日も平和」

婦警「お疲れ様です」

ヒーロー「やぁやぁ婦警さん」

婦警「『婦警』でいいです」

ヒーロー「そういう訳には」

婦警「むぅ」

ヒーロー「うん?」

婦警「でもそんな礼儀正しいあなたも素敵」

ヒーロー「んんっ?」



67: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 11:49:31.72 ID:tGpvmKCj0

婦警「ご一緒しても?」

ヒーロー「僕に?」

婦警「はい」

ヒーロー「お仕事は?」

婦警「私もパトロール」

ヒーロー「じゃあ行きましょう」

婦警「うへへ///」



68: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 11:50:24.40 ID:tGpvmKCj0

婦警「平和ですね」

ヒーロー「平和です」

婦警「…………」

ヒーロー「…………」

婦警「……あの、」

ヒーロー「はい」

婦警「平和ですね///」

ヒーロー「そうですね」



69: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 11:55:38.02 ID:tGpvmKCj0

婦警「こうして歩いてるとデートみたい」

ヒーロー「婦警さんみたいに綺麗な方となら嬉しいです」

婦警「口説かれた///」

ヒーロー「そうかもしれない」

婦警「もうお嫁に行くしか」

ヒーロー「そうでもない」

婦警「こやつ冗談だと思っておる」



70: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 11:57:52.49 ID:tGpvmKCj0

ヒーロー「あそこが僕の家です」

婦警「知ってます」

ヒーロー「何故だ」

婦警「うへへ///」

ヒーロー「ちょっと怖い」

少女<兄さーん(手を振る

ヒーロー「妹ぉーっ」(手を振る

婦警「…むぅ」



71: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 12:01:50.35 ID:tGpvmKCj0

婦警「仲が良いですね」

ヒーロー「自慢の妹」

婦警「ヒーローさんはもっと素敵ですけどね///」(ぼそっ

ヒーロー「ありがとう」

婦警「聞こえるとは」



72: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 12:04:23.80 ID:tGpvmKCj0

婦警「忘れて下さい///」

ヒーロー「せっかく褒めてくれたのに」

婦警「ニブチンか」

ヒーロー「んん?」

婦警「でもそんなあなたも素敵///」

ヒーロー「んんんっ?」



73: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 12:05:29.23 ID:tGpvmKCj0

ヒーロー「それではこの辺で」

婦警「今度はご自宅にお邪魔します」

ヒーロー「ちゃんと妹を紹介しましょう」

婦警「家族に紹介来た」

ヒーロー「ニュアンスがおかしい」

婦警「先輩の彼女」

ヒーロー「違うからな」



74: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 12:06:15.91 ID:tGpvmKCj0

婦警「しかし何故」

ヒーロー「僕はあまり家にいませんが妹がいます」

婦警「さらに何故」

ヒーロー「今日と同じ」

婦警「あー」



75: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 12:07:16.89 ID:tGpvmKCj0

婦警「なら今度はお弁当作ってきます」

ヒーロー「何故に」

婦警「食事に戻らなくてもパトロールが続けられます」

ヒーロー「一理ある」

婦警「そうでしょう」

ヒーロー「でもお仕事は」

婦警「私もパトロール」

ヒーロー「僕に付き合わなくても」

婦警「……付き合う///」

ヒーロー「聞いてない」

婦警「うへへ///」

つづく。



78: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:15:58.31 ID:6t/gpR4hO

悪党「へっへっへ、俺は悪いヤツだぜ」

少女「悪い人なんですか?」

悪党「オレ様はワルだぜぇ!」

少女「悪い人は何をするんですか?」

悪党「それは今から考えるんだぜぇ!」



79: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:17:42.05 ID:6t/gpR4hO

悪党「っていうかなんだテメェ」

少女「少女です」

悪党「おう」

少女「はい」

悪党「………」

少女「………」

悪党「……おい、」

少女「はい」

悪党「だからなんなんだぜぇ」

少女「少女です」



80: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:18:41.97 ID:6t/gpR4hO

少女「なんだか兄さんに似ていたので声をかけてしまいました」

悪党「その兄さんってなぁ相当なワルみてぇだなぁ」

少女「はい、とても困った人です」

悪党「会ってみてぇモンだぜ」

少女「でもとてもいい人で格好良いです」

悪党「前言撤回だぜぇ」



81: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:20:35.82 ID:6t/gpR4hO

悪党「っていうか格好良い以外オレと全然似てねぇぜ」

少女「そっくりですよ」

悪党「どの辺がだぜぇ」

少女「こうして街を歩き回って自分のする事を探してるあたりとか」

悪党「あいつとオレ以外にもそんなヤツがいるとは知らなかったぜぇ」



82: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:23:09.77 ID:6t/gpR4hO

子ども「うえーん、うえーん、」

少女「どうしたのボク?」

子ども「風船が木に引っかかっちゃったの」

悪党「ヒャハハハハ!ざまぁねぇぜぇ!」

少女「お姉ちゃんが取って来てあげる」

悪党「おっと、テメェがそんな事する必要ねぇぜ?」

少女「えっと?」

悪党「オレが行くからテメェらは下で見てるんだなぁ!ヒーッハハッハー!!」



83: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:25:27.88 ID:6t/gpR4hO

子ども「ありがとうおじちゃん!」

悪党「おじちゃんじゃなくて悪党だぜぇ!」

少女「悪い人的にはああいうのは取ってあげるものなんですか?」

悪党「ククク…家までしぃーっかりその風船を持ってるんだぜガキィ…」

子ども「うん!」

悪党「ヒャハハハハハ!!そして今度はいつ飛んで行っちまうか解らねぇ恐怖に怯えるといいぜぇ!」

子ども「ちゃんと持ってるもん!」

悪党「ハーッハッハッハー!!そうだといいなぁ!!」

少女「なんて悪い人」



84: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:30:29.29 ID:6t/gpR4hO

女の子「タマー!何処に行ったのタマー!」

少女「どうしたのお嬢ちゃん?」

女の子「あのね、タマがいなくなっちゃったの」

少女「それは大変、お姉ちゃんも探してあげる」

悪党「タマとやらの写真はねぇのかぁ?」

女の子「これがタマ」

少女「可愛いワンちゃん」

悪党「犬なのかよ」



86: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:31:51.03 ID:6t/gpR4hO

悪党「しゃあねぇなぁ」

少女「手伝ってくれるんですか?」

悪党「ククク…犬コロとよく遊んだ場所とかねぇのかぁ?」

女の子「隣町の公園、わたし隣町から引っ越して来たばかりなの」

悪党「ヒャハハハハハ!そいつはガキの足じゃ行けねぇか!!残念だったなぁ!!」

少女「私が行きます」

悪党「ヒヒヒ…オレの車の方が早ぇぜ案内しなぁ!!」

ブロローン



87: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:33:15.94 ID:6t/gpR4hO

少女「私も乗せてもらいました」

女の子「タマー!」

タマ「わんわん!」

悪党「ケケケケ!!犬コロが見つかっちまったなぁ!!」

少女「これで一安心です」

悪党「ヒヒヒ!帰りも乗っけてやるから犬コロも乗せなぁ!!」

ブロローン



88: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:34:16.24 ID:6t/gpR4hO

女の子「ありがとうお姉ちゃん達!」

少女「どういたしまして」

悪党「ククク…これからもその小汚ねぇ犬コロの世話で貴重な時間を使っちまうんだなぁ!!」

女の子「うん!タマを大事にするね!」

タマ「わおーん」

少女「しかし兄さんなら車に乗せようとしたところで職務質問でした」

悪党「ヒャハハハハハ!!そんなマヌケなヤツならやっぱり会ってみてぇモンだぜぇ!!」



89: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:36:21.95 ID:6t/gpR4hO

悪党「今日も悪ぃ事したぜぇ!」

少女「そうだったでしょうか」

悪党「ヒヒヒ…何を見てやがったんだテメェ?」

少女「あれが悪い事なら悪とはなんですか」

悪党「もうオレに聞くのが間違いだぜぇ!!」



90: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/04(日) 19:38:00.56 ID:6t/gpR4hO

悪党「だがこいつだけは言えるぜ」

少女「なんでしょうか」

悪党「オレはいちいち"善い事しよう"なんて考えなきゃ出来ねぇ偽善者が嫌いなんだぜ」

少女「ふむ」

悪党「だからそいつらに歯向かって生きてるオレは間違いなく悪党って事だぜぇ!!」

少女「なるほどなんて悪い人」

つづく。



92: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 00:25:42.40 ID:IvosBENzO

店員<アーットヤーッシャー

<ウィーン

若者「あ、雨降ってる」

雨「しとしと」

若者「傘持ってない」

雨「しとしと」

若者「傘立てのやつ適当に持って行こう」

ヒーロー「待ちたまえ」

若者「なんか出た」

ヒーロー「ヒーローです」



93: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 00:28:44.77 ID:IvosBENzO

ヒーロー「盗みは良くない」

若者「傘がないと困る」

ヒーロー「君が持っていけば君以外の誰かが困る」

若者「みんなやってる」

ヒーロー「だからやって良いというものでもない」

若者「濡れると困る」

ヒーロー「その点は僕も困った」




94: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 00:32:16.75 ID:IvosBENzO

若者「このくらい見逃すべき」

ヒーロー「その理屈は変だ」

若者「あんたの格好程じゃない」

ヒーロー「変じゃないだろ格好良いだろ」



95: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 00:35:33.05 ID:IvosBENzO

若者「もういい、濡れて帰ればいいんだろ」

ヒーロー「他の方法を考えれば…」

若者「うるさいバーカ」

ヒーロー「…………」

雨「しとしと」



96: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 00:43:25.58 ID:IvosBENzO

雨「しとしと」

少女「こんな所でどうしたの兄さん?」

ヒーロー「やぁやぁ妹」

少女「浮かない顔してる」

ヒーロー「僕は間違っているかな」

少女「…何があったか知らないけど、むしろ正しすぎるくらい」

ヒーロー「正しいというのは良い事なのかな」

少女「少なくとも悪い事じゃない」



98: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 00:52:12.25 ID:IvosBENzO

ヒーロー「自分の正しさを押し付けてしまってるかな」

少女「それは駄目なことなの?」

ヒーロー「僕はそう思ってる」

少女「そうなんだ」

ヒーロー「正しいという事は苦しくて辛い、だから強制しちゃいけない、理解されなくても当たり前」

少女「兄さんもやめたって良いんだよ」

ヒーロー「僕はそうやって自分の心に嘘を吐くのがもっと辛い」

少女「ままならないね」

ヒーロー「ままならない」



99: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 00:58:25.25 ID:IvosBENzO

少女「でも私はそんな頑張ってる兄さんが格好良くて好き」

ヒーロー「そう言ってくれるから頑張れる」

少女「力になれて嬉しい」

ヒーロー「大切な家族だから」

少女「照れる///」

ヒーロー「かわいい」

少女「気分が良いから今夜は肉じゃが」

ヒーロー「大好物」

少女「知ってて言った」

ヒーロー「やったぜ」



100: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 01:02:11.81 ID:gHmJLo+10

少女「ところで兄さん」

ヒーロー「なんだい妹」

少女「私の傘入ってく?」

ヒーロー「ありがとう、僕の傘はさっきの人にあげてしまった」

少女「ふふっ、兄さんらしい」

ヒーロー「お邪魔します」

少女「邪魔なんかじゃないよ」

雨「しとしと」

つづく。



101: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 10:54:26.40 ID:gHmJLo+10

婦警「お邪魔します」

少女「いらっしゃい」

婦警「ヒーローさんは」

少女「パトロール」

婦警「あの人らしい」

少女「ごもっともで」



102: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 10:55:18.84 ID:gHmJLo+10

婦警「ご両親は」

少女「いませんが」

婦警「えっ」

少女「だいぶ前に」

婦警「ごめんなさい、悪い事を訊きました」

少女「気にしてないので謝る事ないです」



103: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 10:56:31.07 ID:gHmJLo+10

少女「兄さんがいるから寂しくないです」

婦警「仲良いですよね」

少女「大好きですから」

婦警「格好良いですもの」

少女「解ってらっしゃる」

婦警「うへへ///」

少女「ふふっ」



104: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 10:57:51.16 ID:gHmJLo+10

少女「だから兄さんは過保護」

婦警「なるほど」

少女「私以外にも過保護」

婦警「私も助けられた」

少女「ちょっとやきもち」

婦警「かわいいですね」

少女「大人の余裕ですか?」

婦警「まだそんな関係では」

少女「まだという事は」

婦警「そのうちに」

少女「あげませんよ」

婦警「義姉さんと呼んで」

少女「あげないぞ」



105: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 10:58:46.35 ID:gHmJLo+10

少女「ファンとしてなら認めてあげます」

婦警「大ファンです」

少女「でも一番のファンは私」

婦警「ふふっ」

少女「うふふ、」



106: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 10:59:39.23 ID:gHmJLo+10

少女「もっと兄さんを語りましょう」

婦警「望むところだ」

少女「貴女とは気が合います」

婦警「はやり義姉さんと」

少女「お友達から始めましょう」

婦警「いいでしょう」

少女「でもあげませんよ」

婦警「いただきます」

少女「ふふっ」

婦警「うへへ」



107: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 11:00:21.03 ID:gHmJLo+10

…………

ヒーロー「妹よ」

少女「なに兄さん」

ヒーロー「僕の歯ブラシ変えてくれた?」

少女「知らないけど」

ヒーロー「新品になってるけど」

少女「……ズルいぞあの女」

ヒーロー「?」

つづく。



110: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:13:23.13 ID:cbcR889bO

正義の味方は格好良い

清く正しくまっすぐで、強く優しく逞しい

そんな正義の味方になりたくて

まずヒーローになる事にした

ヒーロー「でもヒーローと正義の味方って同じなんですかね?」

警察「俺に聞くな」

ヒーロー「いけず」

警察「理不尽だろ」



111: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:14:51.69 ID:cbcR889bO

ヒーロー「僕はやっててちょっと違うって思いました」

警察「語らなくていいぞ」

ヒーロー「正しいのが正義の味方、誰かを救えるのがヒーロー」

警察「語るなっちゅーに」



112: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:18:10.42 ID:cbcR889bO

ヒーロー「両立出来るものでしょうか」

警察「無理だ」

ヒーロー「言い切りますね」

警察「言い切るぞ」

ヒーロー「何故に」

警察「正義は人を救わない、正義は誰かを犠牲にしてでも何か守る為にある」

ヒーロー「深そうな事言いますね」

警察「これでも昔はヒーローになりたかった」

ヒーロー「なれば良かったのに」

警察「お前みたいに?」

ヒーロー「僕みたいに」

警察「御免被る」

ヒーロー「世知辛い」



113: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:19:42.98 ID:cbcR889bO

警察「ヒーローになるのは諦めた、だから正義の味方になろうと思った」

ヒーロー「それで警察」

警察「そういう事」

ヒーロー「今もヒーローに」

警察「もうなろうとは思わない」

ヒーロー「そうなんですか」

警察「そうなんだ」



114: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:22:27.48 ID:cbcR889bO

ヒーロー「正義の味方にはなれましたか?」

警察「警察ってのはそういう組織」

ヒーロー「なら僕の憧れはお巡りさんだ」

警察「ならお前も警察になればいいんじゃないかな」

ヒーロー「法に囚われないヒーローのロマンを何処に置いてきたんだお巡りさん」

警察「その時点でもう正しくはないだろ」

ヒーロー「ごもっともで」



115: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:28:23.37 ID:cbcR889bO

警察「でもそれでいい」

ヒーロー「その心は」

警察「正義の正しさは融通が利かない、そして正しいだけで人が救えないならヒーローとは程遠い」

ヒーロー「けれど正しくあろうとする心を失えばヒーローじゃない」

警察「そうとも限らん」

ヒーロー「じゃあ正しいのが正義の味方、格好良いのがヒーロー」

警察「急に緩くなったな」

ヒーロー「ダメですか」

警察「ならお前はヒーローじゃないな」

ヒーロー「何を言うんだ格好良いだろ」



116: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:29:38.37 ID:cbcR889bO

警察「ただの正義の味方の方が楽で良い、正義だけの味方でいればいい、人を救えなくても、守っていればそれでいい」

ヒーロー「それでも僕は諦めたくない、だからヒーローになろうと思った」

警察「辛くて苦しいぞ」

ヒーロー「身に染みてます」

警察「中途半端じゃ許されないぞ」

ヒーロー「それでもヒーローになるって決めた」

警察「正義の味方になれないぞ」

ヒーロー「それでもできるだけ正しくいます」

警察「…やっぱり辛くて苦しいぞ」

ヒーロー「覚悟してます」

警察「それなら良いが」



117: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:31:45.48 ID:cbcR889bO

警察「じゃあ俺からのアドバイス」

ヒーロー「聞きましょう」

警察「もしヒーローと正義の味方の間で押しつぶされそうになったら、正しい事には胸を張れ」

ヒーロー「その心は」

警察「正義の正しさは守る事だけは得意なんだ、自分自身を守ってやれよ」

ヒーロー「キザな事言いますね」

警察「お前のせいだ」

ヒーロー「一度は言ってみたいセリフ」

警察「13位くらい」

ヒーロー「微妙」

警察「そんなモン」



118: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:33:54.34 ID:cbcR889bO

ヒーロー「ヒーローが救って」

警察「正義の味方が守る」

ヒーロー「完璧ですね」

警察「完璧だな」

ヒーロー「隙がない」

警察「お前が完璧なヒーローならな」

ヒーロー「痛いところを」

警察「元々なんの話だっけ?」

ヒーロー「僕がヒーローになった理由」

警察「そうかそれで、なんだっけ?」

ヒーロー「僕は元々、」



119: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:34:34.88 ID:cbcR889bO

ヒーロー「正義の味方になりたくて」

おしまい。



120: ◆F3ZstZRsaF8J 2016/09/05(月) 20:39:14.09 ID:cbcR889bO

というわけでこれにて終了です

おまけは何か思いついたら書こうと思ったけど今の所案は無し

そのまま何の思いつかなければ多分このまま依頼出します

いっそ何か見足りない部分とかなかったか訊きたいとすら思う

それでは



125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 22:42:36.63 ID:3s6WlTZF0

どいつも良い味出してたな



元スレ
SS速報VIP:ヒーロー「正義の味方になりたくて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472831716/