SS速報VIP:佐久間まゆ「Pさんといちゃいちゃします」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473271726/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:08:47.06 ID:JLDwuEa60

P「……はい」

まゆ「……」

P「……」

まゆ「……」

P「……え? これ俺の方から何かしないといけないやつ?」

まゆ「……いざいちゃいちゃしようと思うと、何をすればいいのかわからなくて」

P「えぇ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473271726




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:09:25.21 ID:JLDwuEa60

まゆ「Pさんとしたいことはいっぱいあるんですけど……難しいですね」

P「そうか……俺はいきなり面と向かって『いちゃいちゃします』と言われてちょっとまゆが心配になったよ」

まゆ「言わないとできないかな、と思ったんです」

P「言ったらできるのか……?」

まゆ「……で、できないんですか?」

P「それ、そんなにショックか……?」

まゆ「ショックです……」

P「……いや、まあ、俺もまゆがしたいことは手伝うけどな」

まゆ「……まゆ、嬉しいです。ありがとうございます、Pさん♪」

P「え、ああ。どういたしまして」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:10:03.42 ID:JLDwuEa60

まゆ「では、いちゃいちゃしましょうか」

P「あ、うん。……しかし、いざいちゃいちゃするってなると確かに難しいな」

まゆ「難しいですね」

P「うーん……あ、まゆ」

まゆ「なんですか?」

P「今日の服、かわいいよ。いつもかわいいけど、あんまり言ってないからな」

まゆ「ありがとうございます。Pさんもかっこいいですよ」

P「そうか。ありがとう」

まゆ「いえいえ」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:10:30.75 ID:JLDwuEa60

P「……」

まゆ「……」

P「……なんか、これ、恥ずかしいな」

まゆ「まゆはもうこれだけで嬉しくて満足してしまいそうです」

P「そうなの? なんか、割りと冷静な風に見えるんだが」

まゆ「いきなり褒められてびっくりし過ぎて顔に出せないだけですね。一周回ってそう見えるんだと思います」

P「へぇ……まゆのかわいいところと言えば、その服もそうだけど、ぜんぶがかわいいよな。とろんとした目もかわいいし、結構ちっちゃいところもかわいい。性格もかわいければ、仕草もかわいいよな」

まゆ「……あう」

P「今のもかわいい」

まゆ「……Pさん」

P「なんだ?」

まゆ「まゆのこと、からかってますか?」

P「本心だよ」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:11:12.77 ID:JLDwuEa60

まゆ「……Pさん、ずるいです。まゆ、もっともっと、Pさんのこと、好きになってしまいます」

P「俺も今そんな気持ちだよ」

まゆ「……ずるいです」

P「まゆもな」

まゆ「……結婚、します?」

P「いやいやいやいきなりちょっと飛びすぎだろ」

まゆ「でも、相思相愛……」

P「なんで『Pさんの言ってることがわからない』みたいな顔してるんだよ……」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:11:39.16 ID:JLDwuEa60

まゆ「まゆの気持ちがわかるなんて……愛の力、ですね」

P「愛の力じゃない」

まゆ「えっ……まゆとPさんの間に、愛はないんですか……?」

P「そういう意味じゃないしそんな泣きそうな顔しないでくれ……」

まゆ「じゃあ、結婚するってことですか?」

P「だーかーらー!」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:12:10.11 ID:JLDwuEa60

まゆ「……まゆ、Pさんの言っていることがよくわかりません」

P「俺もまゆの言っていることがよくわからないよ……」

まゆ「では間をとって入籍だけする、というのは」

P「ダメ」

まゆ「ですか……」

P「……まあ、まだ、な」

まゆ「Pさん……はい♪」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:12:36.69 ID:JLDwuEa60

P「で、だ……いちゃいちゃ、だったか」

まゆ「いちゃいちゃ、ですねぇ」

P「……こちょこちょー」

まゆ「きゃっ……Pさん、いきなりなんて、ひどいです」

P「確かに年頃の女の子にいきなりこういうことするのはダメだな」

まゆ「……こちょこちょ~」

P「んっ、あ、ちょ、まゆ? やめ、ちょ、やめろって」

まゆ「うふ……仕返し、ですよぉ」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:13:04.49 ID:JLDwuEa60

P「くっ……それなら、俺も、こうだ」

まゆ「きゃっ♪」

P「ふっふっふ……逃がさないぞ、まゆ……」

まゆ「うふ……まゆだって、Pさんに負けるつもりはありませんよぉ」

P「ふっ……なら、受けてみるがいい。俺のくすぐり術を!」

まゆ「まゆをなめないでください……まゆだって、本気を出せば……とぉー」

P「甘い! ここだ――あっ」モニュ

まゆ「ひゃっ」

P「……」

まゆ「……」

P「……その、ごめん」

まゆ「い、いえ……まゆも、ちょっと、はしゃぎすぎちゃったので」

P「う、うん……」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:13:30.62 ID:JLDwuEa60

まゆ「……Pさん」

P「……な、なんでしょうか」

まゆ「……どう、でしたか?」

P「……やわらかかったです」

まゆ「……うふ。それなら、良かったです」

P「良かったのか……?」

まゆ「恥ずかしかったですけど……Pさんですから」

P「……そうか」

まゆ「はい♪」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:13:57.34 ID:JLDwuEa60

P「……ところで、割りともういちゃいちゃしたと思うんだが」

まゆ「もっと……は、ダメ、ですか?」

P「……いいけど」

まゆ「……やっぱり、Pさんは優しいですね」

P「……そんなことはない」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:14:24.27 ID:JLDwuEa60


――

P「……色々やったけど、まあ、最終的にはこれに落ち着くんだな」

まゆ「はい。……Pさんと手を繋いで、二人で寄り添って……それだけで、まゆは幸せです」

P「ある意味、こうして何もしないことこそが、いちばんのいちゃいちゃなのかもしれないな」

まゆ「そうですね。Pさんの言う通りかもしれません」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:14:51.13 ID:JLDwuEa60

P「……なあ、まゆ」

まゆ「なんですか? Pさん」

P「満足、したか?」

まゆ「それは……うふ。ずるい質問ですね」

P「ずるいか?」

まゆ「ずるいです。だって、Pさんには、まゆの気持ち……わかっているでしょう?」

P「ちょっとは、な」

まゆ「……満足は、していません」

P「うん」

まゆ「だから……Pさん。これからも、よろしくお願いしますね」

P「ああ。満足できるまでは、な」

まゆ「……それだと、まゆ、永遠に満足できないかもしれません」

P「そうか。……じゃ、俺もまゆも、長生きしなくちゃな」

まゆ「……はい♪」








14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 03:15:29.72 ID:JLDwuEa60

終わりです。ありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:佐久間まゆ「Pさんといちゃいちゃします」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473271726/