2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:01:58.96 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「……えっと、ダイヤさん」

ダイヤ「……なんですの?」

千歌「えっと、その……クッキーありがとうございました。美味しかったです」

ダイヤ「も……もし良かったらまた」

千歌「じゃ、じゃあ私これで!」

ダイヤ「ちょっと、お待ちになって!」



4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:02:24.92 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「……」

ダイヤ「少し……話しませんか?」

千歌「……はい」

ダイヤ「その……数日前から露骨に私のこと、避けられてますわよね?」

千歌「う……はい」

ダイヤ「やっぱり、この前のことですの?」

千歌「いや、その……」



5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:02:50.76 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「……そうなのですわね」

千歌「ち、違います!確かにきっかけではありましたけど、実はもっと前からというか……」

ダイヤ「前から私と一緒にいるのは辛かったんですのね……それならそうと早く」

千歌「だから違いますって!楽しかったのは本当です!」

ダイヤ「だったらなんでそんなに避けるんですの!?」



6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:03:15.73 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「あーもー分からないんですかこのわからずや!」

ダイヤ「分かりませんわ!分からないのできちんとお話ください!」

千歌「ぬあー!」

ダイヤ「ひっ」

千歌「……とりあえず、お互い少し落ち着きましょう」

ダイヤ「そ、そうですわね」



7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:03:41.61 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「じゃあ私はちょっとトイレに……」

ダイヤ「そう言って逃げるんですの?」

千歌「ぎくっ」

ダイヤ「小賢しいですわよ……なんですの?嫌なら嫌とおっしゃってください」

千歌「だから、違いますって」



8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:04:07.07 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「違うとおっしゃるならきちんと理由を話して下さい!」

千歌「分かりましたって!!……誰にも言いませんか?」

ダイヤ「約束しますわ」

千歌「……実は」

ダイヤ「……ごくり」



9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:04:33.29 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「ちょっと恥ずかしくて……」

ダイヤ「……はぁ?」

千歌「なんですかその間の抜けた返事……とにかく、なんか恥ずかしくなったんです」

ダイヤ「えっと……この前のあれですの?」

千歌「まあ、当たってます」



10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:04:59.09 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「なら気になさらないでください。私が悪かったのですわ」

千歌「違います私が気になるんです!」

ダイヤ「気になさらないでって言ってるでしょう!?」

千歌「だからぁ、目が合うとドキドキするんですって!」



12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:05:27.67 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「は、ドキ……?」

千歌「会えない時は少し寂しくて、でも会うと恥ずかしくてたまらないんです!」

ダイヤ「は、はぁ……」

千歌「これだけ言っても分からないんですか!?」

ダイヤ「……申し訳ありませんわ」



13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:05:53.96 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「図星って……じゃあ言いますよ?1回だけですから、ちゃんと聞いてください」

ダイヤ「は、はい」

千歌「えっとですね……そのぉ……好きです」

ダイヤ「……は?」

千歌「1回だけなのでもう言いません!」



14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:06:36.70 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「いっ、えっ……その……どういう意味ですの?」

千歌「言葉通りです」

ダイヤ「likeではなく?」

千歌「loveです」



15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:07:03.16 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「す、少しお待ちになって……頭が混乱してますわ……」

千歌「……やっぱりドン引きですか?女の子同士で……」

ダイヤ「いえ、そんなことは……でも、少し、考える時間を下さらない?」

千歌「……分かりました、待ってます」



16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:07:29.17 ID:7XJ82r+M0.net

……………


果南「あれ、ダイヤどうしたの?」

ダイヤ「 果南さん……」

果南「どうしたの、そんな思いつめた顔をして」

ダイヤ「……笑わないでくださいます?」



17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:07:55.87 ID:7XJ82r+M0.net

果南「親友の相談だもん、笑わないよ」

ダイヤ「その……果南さんは、同姓の方に愛の告白をされたこと……ありますか?」

果南「え、うそ、ダイヤ告白されたの!?」

ダイヤ「い、いえ知人の話ですわ!」

果南「……ふーん、知人ねぇ」



19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:08:25.79 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「な、なんですの」

果南「べつにー?で、その知人さんはどうしたのさ」

ダイヤ「嫌ではなかった……のだと思いますわ」

果南「結構気が合ったってこと?」

ダイヤ「ええ、いつも何かと一緒にいることが多くてからかわれたりもしましたが、楽しかった……はずですわ」



20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:08:53.09 ID:7XJ82r+M0.net

果南「ふんふん……で、その人とはどうしたいの?」

ダイヤ「どうしたいの……とはなんですの?」

果南「そのままの意味。なんでも良いよ、友達でいたいとか、キスしたいとか、でも」

ダイヤ「キ、キキキキキキ!?」

果南「驚くことないでしょ。高校生にもなって」



22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:09:18.74 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「……そうですわね」

果南「……で、どうしたいの?」

ダイヤ「分かりません……分かりませんが、一緒に居たいとは、思っていますわ」

果南「結構純情だね……まあ、傍から見ててもダイヤと千歌はお似合いだと思うよ?」



23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:09:51.23 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「そうですか……って、はあ!?」

果南「ダイヤ、嘘つくの下手すぎ」

ダイヤ「……うぅ」

果南「しっかり答え出してあげなよ?あの子いい子だから」

ダイヤ「……はい、それくらい分かってますわ」



24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:10:16.40 ID:7XJ82r+M0.net

………………


ダイヤ(どうしたいか、ですか……)

ダイヤ(そんなの……)

千歌『……よしっ、試しにハグしましょう!』

千歌『わーい!ダイヤさん大好き!』

千歌『また、来てくれますか?』

千歌『……待ってます』

ダイヤ(……決まっていますわ)



25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:10:42.39 ID:7XJ82r+M0.net

………………


ダイヤ「……すみません、こんな時間に呼び出したりして」

千歌「いえ……この前のことですか?」

ダイヤ「ええ、よろしいですか?」

千歌「……はい」



26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:11:08.47 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「……確かに戸惑いましたし、女性同士でそんな……と考えましたわ」

千歌「ですよね、あはは……」

ダイヤ「けれど、私は千歌さんのそんな辛そうに笑う顔、見たくありませんの」

千歌「……そんなこと、ないですよ?」



27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:11:34.16 ID:7XJ82r+M0.net

ダイヤ「嘘が下手ですのね、顔に書いていますわ」

千歌「え、本当ですか?」

ダイヤ「ええ、分かりますわ。だってずっと一緒にいましたもの……私は千歌さんに、もっと明るく笑ってほしいですわ」

千歌「明るく……」

ダイヤ「……それに、そんな風に笑う貴女の隣にいるのは私でありたい……これが答えではいけませんか?」



28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:12:00.49 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「……私バカなので、もっと分かりやすく言ってください」

ダイヤ「え、ええっ……!?」

千歌「お願いしますっ」

ダイヤ「……その、お慕いしていますわ」



29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:12:29.36 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「あーもーだから回りくどいです!」

ダイヤ「だから好きって言っているでしょう!?」



30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:12:55.83 ID:7XJ82r+M0.net

ちゅっ



31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:13:22.09 ID:7XJ82r+M0.net

千歌「……どうですか?」

ダイヤ「な、な……///」

千歌「……えへへ、ダイヤさん、大好きです!」

ダイヤ「……もう、バカ……///」



32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイ e574-1gdI) 2016/09/08(木) 20:13:47.96 ID:7XJ82r+M0.net

これにておしまい

こじれる前に、気持ちは素直に伝えましょう

そんなテーマでした
ありがとうございました



33: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ (ワッチョイ 5391-Iod6) 2016/09/08(木) 20:18:38.70 ID:alzznXTb0.net

ダイちかいいぞ~



元スレ
ダイヤ「2人きりで」千歌「大事な話……みたいな?」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1473332485/