SS速報VIP:みほ「優花里さんにおち○ちん生えてた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474775262/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 12:47:42.44 ID:ViybZzWJO

みほ「ゆ、ゆかり殿ーーー!!!」

優花里「ににに西住殿!これは誤解です、誤解なんです!!」

みほ「まさか優花里さんが男の子だったなんて……」

優花里「ちがっ!違います!男の子ではないです!」

みほ「ちょっとスキンシップ激しいなーと思ってたけど、あれは私たちをオカズに……」

優花里「わー!わー!!違います!友情!友情です!!」

みほ「装填手(意味深)……」

優花里「やめてください!!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474775262




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 12:49:42.43 ID:ViybZzWJO

みほ「えぇ………優花里さん、ふたなりさんだったんだ」


優花里「そ、そうなんですよぉ……どうか皆さんにはこのことを内密に……」


みほ「確かに、力持ちだなーとは思ってたけど……で、でも、私たち一緒にお風呂にもよく入ってるのに、全然気づかなかったな……」


優花里「だってそれは、バレたら絶対引かれるので必死に挟んだりなんだり……というか西住殿引きましたよね、キモいですよねごめんなさいもう触ったりしないんでせめて絶交とかはしないでください」


みほ「わーわーわー!優花里さんやめて!頭を上げて!」


優花里「はひ、戦車道もやめましゅ……」


みほ「ゆっ、優花里さん!」ガバッ



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 12:51:39.24 ID:ViybZzWJO

優花里「へっ」


みほ「……それは、びっくりしたけど、別に引いてないよ?優花里さんがふたなりさんでもそうでなくても、優花里さんは優花里さんでしょ?」


優花里「に、にしずみどにょぉ……」


みほ「だから、やめるなんて絶対言わないで。私には、私たちには優花里さんが必要なの」


優花里「西住殿……!」


みほ「安心して。ね?」


ムククッ


みほ「えっ」


優花里「あっやばっ……」


みほ「ひいい、そ、装填手(意味深)……」


優花里「ごめ、ごめんなさい!か、感動のあまり!いや!ついうっかり挟み忘れて……いやその!というかそれやめてください!!」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 12:53:28.93 ID:ViybZzWJO

みほ「たまにキューポラから出てると下の方から視線を感じたのはやっぱりぃ……」


優花里「心配だから!西住殿心配だったから!」


みほ「私が笑うと前かがみになってたのも今思えば……」


優花里「そ、それは生理現象だから仕方ないでしょう!!?」


みほ「えっ」


優花里「西住殿に笑いかけられたらそりゃあ、誰だって、豆だってそうなるでしょう?」


みほ「えっ、う、うーん?(豆……?)」


優花里「だから仕方ないんですよう……。それにご自分は自覚ないでしょうけどね、戦車道おちんぽ会内バキバキにガン攻めしたいランキング1位ですよ!?」


みほ「ちょっと待って、理解が追いつかない」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 12:55:04.15 ID:ViybZzWJO

優花里「ちなみに2位は河嶋先輩です」


みほ「……分かる気が……じゃなくて、えっ、何、戦車道ってその、おち……ふたなりさんが多いの!?」


優花里「何を今更。戦車道女子の二割はふたなりですよ」


みほ「ええっ!?」


優花里「ちなみにあんこうチームは西住殿と武部殿以外全員ふたなりです」


みほ「ええええっ!!!」


優花里「ちなみにおちんぽ会現総帥は西住まほ殿です」


みほ「ええええええええええっ!!!!!」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 12:58:15.62 ID:ViybZzWJO

優花里「……知らなかったんですか!?」


みほ「知らないよ!身内にそんな、……しかも総帥って!」


優花里「でかさと懐の深さで決まるんです」


みほ「ぜ、全然、全然知らなかった……高校一年生まで一緒にお風呂入ってたのに」


優花里「(高1まで!?)姉君殿のチンポステルススキルは逸品ですからね……やむをえませんよ」


みほ(チンポステルススキル……)


優花里「ちなみに私は少佐クラスです」


みほ「た、多分優花里さんのが大きいんだろうなってことは分かるけど……」


優花里「ムフ……ちなみに逸見殿は二等兵です」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 12:59:16.22 ID:ViybZzWJO

みほ「え、エリカさん……。というかその情報は今関係ないですよね。エリカさんがかわいそうです」


優花里「す、すみません。私としたことが。西住殿に見栄を張りたいあまり部下チンを馬鹿にするような真似を……浅ましい……!!」


みほ(部下チン……)


優花里「……と、とにかく!ふたなりは別に異常なことじゃないんですよ。それに、普通な皆さんの平穏を乱すようなこともしません……」


みほ「ち、近いよぉ」


優花里「近くないですよ、いつも通りです。……害は、決して与えませんから。……だから、そっとしておいてやってください」


みほ「う、うん……わかった」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:00:00.93 ID:ViybZzWJO

優花里「たとえたまに部屋から栗の花のような香りがしても……」

みほ「う、うーん?」

優花里「たとえ、アルバムがかぴかぴになってたとしても……」

みほ(そういえば………)

優花里「たとえ、枕に変なシミがついてしまっていたとしても………」

みほ「………」

優花里「たとえ、『背中を流してやろう』と執拗に迫ってきたとしても……」

みほ「お姉ちゃんだこれ!!!」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:06:41.68 ID:ViybZzWJO

優花里「害は!!害は与えませんから!!!」


みほ「いや、害出てるよ!こ、こわいよぉ!お姉ちゃんがこわい!!私は今夜枕をどうすればいいの!?」


優花里「わっ、私の腕で良ければ……!!」


みほ「なんでこの流れでいけると思っちゃったの!?」


優花里「だっ、大丈夫ですよぉ。友達です、西住殿とは友達なんですからぁ」


みほ「目がケモノのそれだよぉ………」


優花里「にっ、にっ、西住殿ぉ……!!しゅしゅ、しゅきでしゅううう!」


ガバッ


みほ「わー!!!わぁー!!!」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:08:06.53 ID:ViybZzWJO

優花里「に、にしずみどのおおおぉぉ!!」


カクカクカク


みほ「いやあああああ!!!」


優花里「ずっと好きだったんですぅぅぅう!!!」


カクカクカク


みほ「なんで今言っちゃうのお!!!」


優花里「ううう、好きです、好きですぅ西住殿ぉ……!!!」ポロポロ


みほ「ゆ、優花里さん……」


優花里「か、家族になってくださいぃぃぃ……」


みほ「えっ……!!」


優花里「あ、赤ちゃん孕んでくださいぃぃぃ」


カクカクカク


みほ「わ゛ぁー!!!わ゛ぁーーーー!!!」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:09:02.92 ID:ViybZzWJO

ガシャーン!!!


みほ「窓!窓から黒森峰!!」


エリカ「大丈夫!?みほ!」


みほ「エリ……逸見さん!?なんで!?」


エリカ「ふん、偶然黒森峰も近くを航行しててね……たまには顔でも見ようと思ったら、よ」


みほ「逸見さん……」


エリカ「今は苗字で呼んで欲しくない気分ね」


みほ「二等兵……」


エリカ「ちょっ」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:11:31.55 ID:ViybZzWJO

優花里「嘘つけ!どうせ盗聴でもしてて慌てて駆けつけたんでしょう!!」


エリカ「少佐……いや、秋山!!あんたはやっちゃいけないことをやった!!」


優花里「何を……おちんぽ会鉄の掟ですか!?」


エリカ「そうよ。おちんぽ会鉄の掟第2条。『ノンケと普通のレズには死んでもチンポを出すな』」


優花里「うんざりです!こんなものが付いてるからって、好きな人に想いを伝えることも出来ないなんてうんざり!!私の方がみほさんにお近づきになるチャンスが多いからって、がんじがらめに……もう限界です!!」


エリカ「伝え方が問題だっつってんのよ。それに、がんじがらめなのは何もあんただけじゃなかったわよ。……第一あんたがそんな真似したら、傷つくのはみほだけじゃない。……慎ましく暮らしてる罪なきふたなりにも累が及ぶわ!」


優花里「何を!そもそも慎ましく暮らしてるなんてのがおかしいんです!人の目を気にして、いつバレないかビクビクと……おかしいのは我々を怖がる普通のやつらの方だ!!我々はこういう風に生まれたんだ!!大手を振って……チンポを振って!!他の子達のように、堂々生きていけない理由がありますか!!」


みほ「なんで言い直したの……」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:13:43.65 ID:ViybZzWJO

エリカ「……私達は、絶対的に少数なのよ。戦車道が特異な環境というだけ……世間的には、どうしたって奇異の目で見られる」


優花里「それがおかしいんです!そもそも、ふたなりは種として優れているんです……そうだ!男の力強さ、女の強かさ!両方を受け入れられて、両方を屈服させ得る!ふたなりこそが優れた人種!だから導いてあげるべきなんです!!私達のふたなり道に!!!」


エリカ「それって、まるで……。いいわ、それがあんたのふたなり道ってわけね」


優花里「そうです!男の子にも混じれず、女の子にも混じれなかった私の、ふたなり道!やっと見つけました!!」


みほ「ふえぇ……辱められてる気がするよ」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:15:16.26 ID:ViybZzWJO

エリカ「短絡的ね。幼稚園の駄々っ子だってもう少し上手にやるでしょうね」


優花里「逸見だって分かるでしょう!好きな人と心を通わせたい!口付けたい!バッキバキに犯したい!私は西住殿の……いやみほの苗字を秋山にしたいんです!!」


エリカ「………」


みほ「ふぇっ………」


エリカ「………それがその強姦紛いなわけ?だったら私は、あんたを止める!私のふたなり道で!!」


ガシャーン!!!


みほ「窓!窓から黒森峰!!」


まほ「その勝負、合意と見てよろしいですね?」


みほ「お姉ちゃん!!!」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:16:47.77 ID:ViybZzWJO

まほ「ああ、お姉ちゃんだ。そして今の私は、ふたなりチンポバトルの公式レフリーでもある」


みほ「お、お姉ちゃん………」


エリカ「隊長……いえ、総帥!」


まほ「エリカ、強く……いや、今の私はレフリーに過ぎん。……さて、双方心構えはよろしいか!」


優花里「いつでも」


エリカ「どこでも!」


みほ「わけわかんないけどここではやめてね!?」


まほ「バトルフィールドはみほベッド。ルールはバーリトゥード。二本先取で勝利だ」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:18:45.63 ID:ViybZzWJO

優花里(ゴク……)ギシ……


エリカ(………!)ギシ……


みほ「やめてぇ!」


まほ「チャージ3回、フリーオプションバトル、オーケー?」


優花里「上等です」バッ


エリカ「一瞬で終わらせてあげるわ」ババッ




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:19:40.85 ID:ViybZzWJO

みほ「わ゛ぁーーー!!!えっち!!変態!!服着てよぉ!!!」


優花里(………!!)ムククッ


エリカ(………!!)ムクククッ


みほ「なんでそうなるの!!」


まほ(………!!)ムククククククッ


みほ「なんでそうなるの!!!!!」


ダージリン「この勝負………荒れるわね」


オレンジペコ「そうですね」


みほ「なんでいるの!!?」


まほ「それではぁぁ!!チィィィンポバトルゥゥゥ………ファイッ!!!!」


みほ「いやああああああ………」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:21:53.97 ID:ViybZzWJO

~~~~~~~~~~


エリカ「ハァ……ハァ……ハァ……」


優花里「……スー……ハー……」


みほ(…………)


優花里 (ニヤリ)


エリカ「くっ……」ガクッ


みほ(………!!)


優花里「……逸見殿……………お見事。……んぅっ!あっあっあぁっ……」ドサ、ヌチュッ


まほ「………勝者!逸見エリカ!!」


エリカ「う、おお……おおおおおお!!!」




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:23:15.97 ID:ViybZzWJO

オレンジペコ「おめでとう!!」


ダージリン「おめでとう……!」


まほ「見事だ、エリカ。……よくやった」


パチパチパチパチ


みほ「す、すごかった……」


まほ「ああ。まさに手に汗握る戦いだったな」


みほ「お姉ちゃん……」


まほ「………すまなかったな、今まで」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:24:00.83 ID:ViybZzWJO

みほ「何が……?」


まほ「お前にその、………黙っていたこと」


みほ「………ううん、いいの」


まほ「え?」


みほ「2人を見ててね、わかったんだ。……ふたなりさんだって私達と同じなんだって。苦しいことは苦しいし、楽しいことは楽しいし、……す、好きな人も、できちゃうし」


まほ「みほ………」


みほ「ううん、むしろ全力で、一途で、1人だけ好きになるって、ふたなりさんだからなのかな。……ちょっとだけ、カッコよかったかも」


まほ「………」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:25:28.38 ID:ViybZzWJO

みほ「やってることはただのえっちなキャットファイトだけどね……」


まほ「みほ………綺麗になった」


みほ「え?」


まほ「さぁ、行ってやれ。エリカが待ってる」


みほ「お姉ちゃん……いいの?」


まほ「いいって、何が」


みほ「だってお姉ちゃん、その……」


まほ「……ふっふふ!この自意識過剰め。私を誰だと思ってる。みほ以外にもいい子をたくさん知ってるんだぞ。お姉ちゃんは。……いい、行きなさい。エリカが待ってる」


みほ「……はい!」


エリカさん、エリカさーん!!


まほ「……ふふ、ふ、さよならみほ。……けど、たまには……顔を見せてくれよ」




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:26:14.62 ID:ViybZzWJO

~~~~~~~~~~


みほ「エリカさーん!!」


エリカ「み、みほっ…!」


ガバッ


エリカ「みっ、みみみみっほ!!」


みほ「エリカさん………かっこよかったよ」


エリカ「みほ……!!」ジワ……


みほ「大きさじゃ、ないんだね」


エリカ「うるさいわよ!!」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:27:05.38 ID:ViybZzWJO

優花里「はぁぁぁ……逸見殿、強かったなぁ」


みほ「!!!」


エリカ「……あなたも、強かったわ」


優花里「……やめてください。勝者が敗者にかける言葉はない。……あなたはどちらの立場もよく知っているはずです」


エリカ「………」


優花里「けど、私に勝ったんだから、み、みほ殿を……し、しあわ、せ、に……!」


みほ「……優花里さん」




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:28:08.83 ID:ViybZzWJO

フワッ


優花里「!!!」


みほ「優花里さんも、ありがとう。私は、優花里さんのいうふたなり道はなんだか変だなって思ってた。けど、優花里さんの真剣な顔、とっても素敵だった。かっこよかったよ」


優花里「み、みほ殿………。や、やめてください、期待させるようなこと。あなたにはもう、逸見殿が………」


みほ「え、なんで?」


エリカ・優花里「「えっ」」




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:28:55.68 ID:ViybZzWJO

みほ「だって2人は、お互いの道をかけて戦ったんでしょう?」


エリカ「そ、そうよみほ。だから……」


みほ「この勝負で、私をどうするとかって、決めてたっけ?」キョトン


エリカ「」


優花里「と、ということは、みほ殿……!!」


みほ「うん。でも、2人とも素敵で、その、我ながら、なんだかなっていうか、その、さ、……最低かなって思っちゃうんだけど……ほんとに2人とも素敵で、その………」


エリカ・優花里「「………」」


みほ「ふ、2人とも、まずはお友達からって、だめですか?」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:30:00.48 ID:ViybZzWJO

まほ「マジでか」


エリカ「うぐぐ、しかし、うぐむ……」


優花里「そ、それは……しかし、良いのでしょうか!?」


ダージリン「いいのよ」


まほ「ダージリン!?」


ダージリン「いいのよ。恋と戦争では、あらゆることが正当化される……ということよ」


オレンジペコ「………」


ダージリン「それに、サンドイッチはね…」


オレンジペコ「はい?」ガシッ


モゴゴ……


みほ「あ、あはは………」



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:30:53.26 ID:ViybZzWJO

エリカ「……いいわよ」


優花里「逸見殿!?」


エリカ「勘違いしないで。納得しているわけではないわ。……でも、秋山。あなたがみほの笑顔を取り戻してくれたこと、居場所のひとつになってあげたこと……私ができなかったことをしてくれたことに、私は少なからず感謝と、嫉妬をしている」


優花里「………」


みほ「エリカさん………」


エリカ「そんな私のふたなり道での好敵手を、この戦いだけで白黒つけるのはもったいない……そう感じただけよ。……次は、私が完膚なきまでに勝つわ」


優花里「………上等です。エリカ殿。私こそ、次は負けません」


みほ「ふ、2人とも……」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:31:58.61 ID:ViybZzWJO

まほ「待て、それなら私も……」


ダージリン「こら、まほさん。水差さないの。それにあなたにはもう、安斎さんに小梅さんに直下さんに……それから私。たーくさんいるじゃない」


まほ「う、その……」


みほ「………お姉ちゃん?」


まほ「み、みほ、その……」


オレンジペコ「英雄色を好む、ですね」


ダージリン「おやりになるわね、ペコ。そして今回の場合、血は争えないとも言うのかしらね。……さて、私達はこの方を少々教育して差し上げましょうか」


オレンジペコ「はい!」


まほ「待て!やめろ!」


ダージリン「好きよね、鞭」


まほ「やめてぇ!」


ズリズリズリ……



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:32:45.58 ID:ViybZzWJO

みほ「…………身内の知りたくなかった性癖が………」


優花里「まぁ、普段激務なできる人ほどそういう方向に走ると言いますし」


エリカ「……そして、あなたがいなくなってからでもある」


みほ「うっ………」


優花里「まあまあ、姉君のことはひとまずとして……」


エリカ「こ、これから、どうする?」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:33:36.54 ID:ViybZzWJO

みほ「これから?」


エリカ「これから」


優花里(コクコク)


みほ「これから、えーっと……」ギシ……


優花里(ゴク………)


エリカ(ゴク………)


みほ「じゃあ、まずは……」


優花里「まずは」


エリカ「まずは……!」


掃除!!!洗濯!!!!染みにしたら絶対許しませーん!!!!!

は、ハイイイィィィィ……




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:34:31.42 ID:ViybZzWJO

その後滅茶苦茶手を繋いで添い寝した
優花里とエリカは当然眠れなかった



38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:38:25.68 ID:ViybZzWJO

くぅ~疲れました!
以上になります!
途中感想くれた方、ありしゃす!
ねこにゃー「気に入った!うちにきて、ファックされていいぞ!」




39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 13:40:54.09 ID:TX9Qj8YZ0

ノンケと普通のレズには死んでもチンポを出すな

強いこだわりを感じる



45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/25(日) 14:22:08.37 ID:dgXMRGop0

アホすぎて笑った。
大好きだわ。


元スレ
SS速報VIP:みほ「優花里さんにおち○ちん生えてた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474775262/