1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:15:16.58 ID:8HaVwBSh.net

凛「んー…」ムニャ

凛「いま何時…?わ、2時!?」

グゥ

凛「……おなかへったにゃ」

凛「ちょっとコンビニでもいくかにゃー…」



5: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:20:40.70 ID:8HaVwBSh.net

ガチャ

凛「うー、この時間だともう肌寒いよ」

凛「なにか羽織ればよかったかな」

凛「もう秋かあ…」

凛「…………、」

凛「そういえば夏休みの課題でまだ出してないやつあったにゃ」

凛「ここまで来たらもう出しても出さなくても一緒な気がするけど」



7: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:24:40.20 ID:8HaVwBSh.net

凛「静かだなあ…」

凛「朝はもっとうるさいのに」

凛「同じ道とは思えないにゃ」

ピーポーピーポー

凛「どこかで救急車のサイレンが聞こえる」

凛「夜中まで大変だにゃー」

凛「…ん?消防車?パトカー?」

凛「なんか違うって聞いたことあるけど…」

凛「凛知らないや」



9: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:28:41.20 ID:8HaVwBSh.net

凛「ちいさーなしーぐなるー♪」

凛「りんりんりんがべー♪」

凛「…結構大きな声で歌ってるけど…」

凛「誰もいないよね…」クルリ

凛「……、」

凛「街灯がチカチカしてるのが逆に怖いにゃ」

凛「エリーチカチカ」

凛「…みとめらーれない♪」

凛「りんりんりんがべー♪」



12: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:33:18.73 ID:8HaVwBSh.net

ウィーン

「いらっしゃーせー」

凛「ついでに雑誌も見てこうかな」

凛「あ、この子かわいい」

凛「ボーイッシュってやつだにゃ」

凛「うわ~何着ててもかわいい…」

凛「…いいなあ…」

チラ

凛「窓に映る凛は…」

凛「寝癖ついてるにゃ!!」



13: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:37:45.20 ID:8HaVwBSh.net

ジャー

凛「う~直んなかったにゃ」

凛「まあ誰に会うわけでもないし…」

凛「べつにいっか」

凛「ジュース!」

凛「炭酸って気分じゃないなあ」

凛「カルピス…ありにゃ」

凛「あ、このお茶、かよちんがごはんに合うって言ってたやつだ」

凛「これにしてみよっかな」ガチャ



16: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:40:48.32 ID:8HaVwBSh.net

凛「たべもの!」

凛「おにぎりかー」

凛「かよちんのおにぎり食べてると、コンビニおにぎりじゃ物足りなくなるにゃ」

凛「サンドイッチはちょっと割高だし」

凛「カップラーメン…」

凛「……、」

凛「太るにゃ」

凛「…新発売…」

凛「…………、」

凛「太るにゃ!」ダッ



17: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:45:04.38 ID:8HaVwBSh.net

凛「スナック~…」

凛「チョコ~…」

凛「パン~…」

凛「…サラダチキン」

凛「チマタのおしゃれ女子はこれにかぶりつくと聞くにゃ」

凛「パッと見あんまりおいしそうじゃないけど…」

凛「やっぱりやめとくにゃ」



18: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:49:53.80 ID:8HaVwBSh.net

凛「久々にさけるチーズ食べてみよっと」

凛「こんくらいかなー」

ウィーン

「いらっしゃいませー」

「おつかれさまです」

「あ、おつかれっす」

「すぐ着替えますんで、」

凛「あっ」

にこ「え?」

凛「にこちゃんにゃ!」



21: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:54:54.96 ID:8HaVwBSh.net

にこ「凛じゃない、こんな時間に何やってるの」

凛「深夜徘徊だよ」

にこ「そういうことじゃなくてね」

凛「目が覚めちゃったから」

にこ「そう、」

凛「にこちゃんは?」

にこ「バイトよバイト」

凛「へえー」

にこ「来月はライブが多くてねー」

凛「軍資金だね」

にこ「そうそ」

凛「大変だにゃー」

にこ「もう買うんでしょ?気をつけて帰りなさいよ」

凛「うーん」

にこ「なによ」

凛「せっかくだからにこちゃんにレジしてもらうにゃ」

にこ「えー…」



23: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 21:59:30.01 ID:8HaVwBSh.net

ガチャ

にこ「うわ、ほんとに待ってる」

凛「店員さん、レジお願いしまーす」

にこ「はいはい」

凛「愛想ないなあ」

にこ「商品お預かりしまーす」

凛「スマイルひとつください」

にこ「すみませんが売り切れですね」

凛「誰が買ってったの?」

にこ「商品お預かりします」

凛「シフト何時まで?」

にこ「はやく商品渡しなさいよ」



27: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:02:06.10 ID:8HaVwBSh.net

ピッ

凛「ねーにこちゃん」

ピッ

凛「にっこにっこにーは?」

ピッ

凛「あれで接客しないの?」

ガション

にこ「348円になります」

凛「あの寒いやつ」

にこ「お客様」



29: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:07:17.43 ID:8HaVwBSh.net

凛「はい500円」

にこ「誰の何が寒いって?」

凛「500円入りまーす!って言わないの?」

にこ「言わないわよ500円ごときで」

凛「おつりはいらないにゃ」

にこ「いや返すからね」

凛「チップだから」

にこ「152円ででかい顔してんじゃないわよ」

凛「凛わりと小顔のはずだけど」

にこ「私も」

凛「にこちゃん顔ちっちゃいもんねー」

にこ「まあね」

凛「背もちっちゃいけど」

にこ「いいからはやくこの152円受け取って」

凛「胸もね」

にこ「お客様」



31: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:14:40.76 ID:8HaVwBSh.net

にこ「152円のお返しです、お確かめください」

凛「はあい」

チャリン、チャリン、チャリン…

にこ「ちまちま数えてんじゃないわよ」

凛「お確かめくださいって」

にこ「そうだけどさ」

凛「合ってたにゃ」

にこ「ええ」

凛「レシートください」

にこ「家計簿つけてるの?意外ね」ハイ

スッ

にこ「貰っといて捨てんな」

凛「シフト何時まで?」

にこ「あんたが帰り次第よ」

凛「じゃあもうちょっといるね」

にこ「はやく帰って」

凛「お給料でないよ?」

にこ「今日ウザ絡みすごいわねあんた」

凛「深夜テンションかなあ」

にこ「そうね」



33: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:19:42.75 ID:8HaVwBSh.net

ウィーン

凛「凛帰るね」

にこ「そうして」

凛「寂しいだろうけど、我慢してね」

にこ「べつに」

ウィーン

凛「また明日会えるからね」

にこ「そうね」

凛「また一緒にライブやろうね」

にこ「ええ」

ウィーン

凛「強盗とか気をつけてね」

にこ「あんたもね」

凛「来月のライブ、いけるといいね」

にこ「ありがとう」

ウィーン

凛「にこにこにーやって」

にこ「帰って」

凛「あの寒いやつ」

にこ「明日覚えてなさいよマジで」



35: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:24:35.87 ID:8HaVwBSh.net

凛「結構話しちゃったな」

凛「まさか友達と会うなんて」

凛「たまには夜中に出歩くのも悪くないにゃ」

凛「ふしぎーさがしだすー♪」

凛「さいのーめざめてよー…」

凛「あっ」

凛「寝癖ついてたんだった」

凛「あーもー…にこちゃんのばかー…」



37: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:28:38.84 ID:8HaVwBSh.net

凛「このまま帰るのももったいないなあ」

凛「ちょっと歩こうっと」

凛「どこいこっかな」

凛「あっちの公園にしようかな」

凛「ちいさーなしーぐなーる♪」

シャーッ

凛「……、」

凛「自転車が追い抜いていったにゃ…」

凛「聞かれたかな…」

凛「うわー…」

凛「……、」

凛「…りんりんりんがべー♪」ボソボソ



38: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:33:43.50 ID:8HaVwBSh.net

サワサワ

凛「ん、風が…」

凛「夜の公園ってちょっと不気味だなあ」

凛「小さい頃は7時とかでもう夜中だったのに」

凛「まさか夜中の2時にこんな…」

キュッ

凛「凛も大人になったのかな」

ゴクゴク

凛「あ、おいしい」プハー

凛「明日かよちんに言うにゃ」

サワサワ

凛「……、」

凛「なんかいくらでもぼーっとできそうだにゃー…」



39: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:37:40.33 ID:8HaVwBSh.net

キーコ キーコ

凛「やっぱ」キーコ

凛「ブランコは」キーコ

凛「乗っとかないと」キーコ

凛「公園って感じ」キーコ

凛「しないにゃ」キーコ

キーコ キーコ

凛「…ちょっと風切ると寒いねえ…」

凛「…ほっ!」ピョン

スタッ

ガシャン ガシャン

凛「さけるチーズ食べよっと」



40: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:42:58.26 ID:8HaVwBSh.net

凛「さきさき」

凛「もぐもぐ」

凛「さきさき」

凛「もちゅもちゅ」

凛「さきさき」

凛「もにゅもにゅ」

凛「無限にチーズが生成されるにゃ」

凛「さきさき」

凛「無限にチーズを食べるにゃ」

凛「もぐもぐ」

凛「これはまさに…」サキサキ

凛「チーズの無限回廊や!」モグモグ

凛「……、」

凛「彦摩呂じゃなくて希ちゃんの顔が浮かんだにゃ」

凛「……、」モグモグ

凛「お肉の宝石箱や!」

凛「完全に希ちゃんだ」モグモグ



41: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:48:51.88 ID:8HaVwBSh.net

凛「無限のはずのチーズがなくなっちゃった」

凛「でもおなかは満たされました」

キュ

凛「そういえば、」

ゴクゴク

凛「ご飯に合うお茶なのにチーズ食べてた」

凛「まあおいしいからいいや」

凛「今度かよちんのおにぎりと一緒に飲みたいな」

ピーポー ピーポー

凛「またサイレンだ」

凛「忙しいんだなあ…」

凛「…………、」ウトウト



43: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:53:37.00 ID:8HaVwBSh.net

凛「んー…、」

凛「おなかいっぱいになったら睡魔が来た」

凛「ここで寝たら…」

凛「風邪ひくよねえ」

凛「あー、帰るのめんどいなあ」

凛「こういうとき真姫ちゃんなら、お迎えの車とか呼べるのかな…」

凛「あの、細長い…リムジン?」

凛「リムジンがどこからともなく来て」

凛「おひげの執事さんが来るんだねえ…」



44: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 22:58:12.67 ID:8HaVwBSh.net

凛「もしもし、セバスチャン?」クルクル

凛「ええ、そう、マッキーよ」クルクル

凛「いま公園にいるのだけど…歩くの疲れちゃった、迎えに来てくれない?」クルクル

凛「ええ、そう、もちろんベンツのリムジンでよ」クルクル

凛「キンキンに冷えたトマトジュースもほしいわね」クルクル

凛「40秒よ!40秒で迎えに来て!」クルクル

凛「少なくとも5分はかかる距離?」クルクル

凛「なにそれ、意味わかんない!」クルクル

凛「……、」

凛「セバスチャンって名前の執事さん、実在するのかにゃー?」



45: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:03:51.96 ID:8HaVwBSh.net

凛「エリーチカチカエリーチカ」

凛「あわせてチカチカエリーチカ…」

凛「あれ、道路に人が」

凛「あの人も深夜徘徊かな」

凛「わかるよ、深夜はそういう気分になるよね」

凛「…なんか、髪が長くて…」

凛「ゆっくり歩くあの歩き方は…」

凛「まるで、」

凛「…怪談に出てくる、」

凛「……もうすぐ街灯に照らされて、顔が…」


凛「海未ちゃんだにゃー!」

海未「ぅえっ!?」



47: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:11:05.27 ID:8HaVwBSh.net

凛「海未ちゃーん!おーい!」

海未「えっ、なっ、凛!?」

凛「そうだよ!海未ちゃーん!」

海未「ちょっ、静かに…!」

凛「えー、なにー?聞こえないよー!」

海未「あああ、凛、ちょっと…!」

凛「やっぱり海未ちゃんだった!」

海未「静かにっ」

凛「むぐっ」

海未「こんな時間に大声を出してはいけません…!」

凛「むぐむぐ」

海未「わかりましたか?」

凛「むぐ」ペロ

海未「わひゃぁ、手のひらを舐めないでください!!」

凛「海未ちゃんもうるさいにゃー」



49: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:16:32.39 ID:8HaVwBSh.net

海未「どうしたんですか?こんな時間に」

凛「海未ちゃんは?」

海未「どうも眠れなくて、歌詞を考えていたのですが」

凛「うん」

海未「そしたら余計目が冴えてしまって」

凛「難儀なことだにゃ」

海未「意味わかって言ってますか?」

凛「たぶん」

海未「あなたは?」

凛「夜食食べてたんだ」

海未「む、」

凛「あっ」

海未「太りますよ」 凛「太りません!」

海未「凛、」

凛「太らないの」

海未「しかし」

凛「太らないの」



50: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:19:58.94 ID:8HaVwBSh.net

海未「夜更かしは健康によくないんですけどね」

凛「たまにならいいでしょ」

海未「そうですね、たまになら」

凛「お酒と一緒だね」

海未「はい?」

凛「お酒もたまに飲むぶんにはいいって」

海未「あなた飲んでないでしょうね」

凛「飲んでないよ」

海未「ほんとですか?」

凛「えー疑り深いよ」

海未「ちょっとはーってしてください」

凛「はあ…」

海未「そうじゃなくてですね、」

凛「いまのはため息だにゃ」



53: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:24:32.86 ID:8HaVwBSh.net

海未「ほら、はやく」

凛「…起きてから歯磨いてないから…」

海未「私は気にしませんよ」

凛「凛が気にするの」

海未「怪しいです」

凛「じゃあ海未ちゃんは~ってやってよ」

海未「いいですけど」

凛「こいにゃ」

海未「は~っ」

凛「……、」

凛「海未ちゃんフリスク食べたにゃ!」

海未「残念、ミンティアですよ」シャカシャカ



59: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:29:07.63 ID:8HaVwBSh.net

海未「凛もいりますか?」

凛「いまのもっかいやって」

海未「はい?」

凛「いまのやつ」

海未「いりますか?ミンティア」

凛「その前の」

海未「…残念、ミンティアですよ」

凛「そこでシャカシャカ」

海未「残念、ミンティアですよ」シャカシャカ

凛「ドヤ顔が足りないよ」

海未「残念、ミンティアですよ」ドヤシャカ

凛「それ」

海未「なんなんですか?」

凛「ドヤ顔でシャカシャカする海未ちゃんがかわいかったから…」

海未「意味が分かりません」

凛「いっこちょうだい」

海未「聞いてますか」



60: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:34:39.50 ID:8HaVwBSh.net

凛「ちょーだい」

海未「いいですけど」シャカ

凛「ありがとー、何味?」パク

海未「ドライハードです」

凛「ん゛っ」

凛「からいやつじゃん!」

海未「苦手でした?」

凛「眠気覚めるやつじゃん」

海未「そうですね」

凛「寝たいんじゃなかったの」

海未「これしか持ってなくて」

凛「眠気来ないの絶対ミンティア効果だよ」

海未「眼覚めちゃいました?」

凛「おめめぱっちりだにゃ」

海未「凛の目はもとからぱっちりしててかわいいですよ」

凛「海未ちゃん平気なの」

海未「ええ」

凛「意外ー…」ヒリヒリ



61: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:39:51.71 ID:8HaVwBSh.net

凛「さっきコンビニににこちゃんいたよ」

海未「にこも夜更かし組ですか」

凛「バイトしてた」

海未「へえ、感心ですね」

凛「なんか子ども扱いしてるみたい」

海未「いやいや、本当に」

凛「ライブの軍資金にするんだって」

海未「お金のかかる趣味は大変ですね」

凛「海未ちゃんの趣味って?」

海未「えー、なんでしょう、読書…?」

凛「ラブアローシュート?」

海未「凛」

凛「ラブアローシュートってお金かかる趣味かな?」

海未「凛」

凛「無償の愛だからお金はかかんないか」

海未「めげない人ですね」



63: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:43:20.85 ID:8HaVwBSh.net

凛「アガペー」

海未「意味わかって言ってます?」

凛「たぶん」

海未「じゃあ説明してください」

凛「あがめるんでしょ」

海未「ん?」

凛「ぺーを」

海未「ぺーとは」

凛「林家ぺー」

海未「愛関係なくないですか」

凛「林家ぺーの愛をね」

海未「あがめる」

凛「そう」

海未「嫌な宗教ですね」

凛「ラブアロッシュして」

海未「やりませんよ」

凛「ねー、ラブアロッシュしてよ」

海未「変な略しかたしないでください」



64: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:50:25.46 ID:8HaVwBSh.net

凛「読書の話しよっか」

海未「それがいいです」

凛「いま読んでるのなに?」

海未「君の名は。です」

凛「それ映画でしょ?」

海未「小説も出たんですよ」

凛「映画は見たの?」

海未「いいえ、まだ」

凛「邪道じゃないの?それ」

海未「そうですかね?」

凛「今度一緒に映画見に行こうよ」

海未「君の名は。見ますか?」

凛「うん」

海未「映画も趣味にしたらお金かかりますね」

凛「たまになら」

海未「ええ、そうですね」



65: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/25(日) 23:55:55.67 ID:8HaVwBSh.net

凛「海未ちゃん映画よく見る?」

海未「いえ、そう頻繁には」

凛「休みの日とか何してるの?」

海未「穂乃果たちと一緒にいますかね」

凛「仲いいね」

海未「まあ、そうですね」

凛「凛とも仲良くしようよ」

海未「仲良くしてるつもりなんですが」

凛「今以上に」

海未「ふふ、ええ、じゃあそうしましょう」

凛「うん!」

海未「盃がわりにミンティアでもどうですか?」

凛「激辛はもういいにゃ、それより、」

海未「はい?」

凛「ちょっと歩こうよ」



69: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:03:11.70 ID:OyVCacR5.net

凛「星見えないね」

海未「人工の光がありますからね」

凛「この時期って何座が見えるの?」

海未「ええと、…おひつじ座?」

凛「どれ?」

海未「いや、そこまでは私も…」

凛「そっか」

海未「はい、すみません」

凛「海未ちゃんもわかんないことあるんだね」

海未「当たり前ですよ」

凛「そっかあ」

海未「日々勉強です」

凛「立派だにゃー」

海未「このあいだ真姫から聞いたのですが」

凛「うん?」

海未「夏休みの宿題、はやく出しましょうね」

凛「……立派だにゃー…」

海未「ええ、日々勉強ですよ」



70: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:08:56.46 ID:OyVCacR5.net

…………

ピーポー ピーポー

…………

凛「また…」

海未「救急車ですか?」

凛「これ救急車?」

海未「そうですね」

凛「消防車は?」

海未「ウーウーってやつです」

凛「もう一回言って」

海未「うーうー」

凛「かわいい」

海未「ええ?」

凛「海未ちゃん、沈黙って気になる?」

海未「沈黙ですか?」

凛「さっきみたいな」

海未「ああ、人といるときの」

凛「そうそう」

海未「凛なら、あまり」

凛「えー?」

海未「褒めてるんですよ」



72: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:12:49.11 ID:OyVCacR5.net

凛「凛は結構気にしちゃうな」

海未「気ぃ遣いですからね、凛は」

凛「そうかな」

海未「ええ、そう思います」

凛「うーん」

海未「……、」

海未「あなたが思ってるより、みんなあなたのこと好きですよ」

凛「なにそれ」

海未「本当に」

凛「変な海未ちゃん」

海未「そうでしょうか」

凛「そうにゃ」

海未「そうでしょうか」



73: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:18:10.57 ID:OyVCacR5.net

海未「ここ、どこですか?」

凛「どこだろ」

海未「どこへ向かってたんですか?」

凛「とくに考えてなかったよ」

海未「…迷いました?」

凛「…や、さすがに…」

凛「えっと、あっちから来たってことは」

海未「スマホ見ますか」

凛「それじゃつまんないにゃ」

海未「……、それもそうですね」

凛「うんっ」

海未「とりあえず進んでみましょうか」

凛「右?左?」

海未「じゃあ、私が勝ったら右で」スッ

凛「凛が勝ったら左ね」スッ

海未「じゃんけん、」

凛「ほいっ」グー

海未「ぽいっ」グー

凛「まっすぐにゃ」

海未「ここT字路ですよ」



74: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:21:40.44 ID:OyVCacR5.net

海未「ああ、ここは」

凛「知ってるとこ出た?」

海未「はい、たぶん…、希の家の近くじゃないですか?」

凛「えっ、ほんと?」

海未「たしか」

凛「どっち?」

海未「あっちだと思いますが」

凛「ゴー!」

海未「ちょっと、この時間に行くのは」

凛「外から眺めるだけだにゃ」

海未「それはそれでどうなんですか」

凛「いこっ」

海未「もう…」



78: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:30:31.47 ID:OyVCacR5.net

海未「あの部屋だったと」

凛「来たことあるの?」

海未「一度だけ」

凛「一人暮らしだっけ」

海未「そうですね」

凛「電気ついてるよ」

海未「ええ」

凛「…これはアタックだね!」

海未「いやいや、」

凛「リリホワオールナイトと洒落こむにゃ」

海未「待ってください!」

凛「えー」

海未「やめておきましょう」

凛「じゃあLINEしてみよ、ね」

海未「それもダメです」

凛「なんでー」

海未「だって、その、」

凛「ん?」

海未「希は一人暮らしなんですよ!?」

凛「それはもう聞いたよ」

海未「一人暮らしの17歳ですよ!?」

凛「うん」

海未「ダメでしょう!?」

凛「まるでわかんないにゃ、どゆこと?」

海未「いやっ、…わかるでしょう?」

凛「ええー?いこうよ」

海未「いやいや」

凛「いこうよお」

海未「いやいやいやいや」



80: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:35:48.30 ID:OyVCacR5.net

凛「意味わかんないよ、どういうこと?」

海未「だからあ…そのお…」

凛「そのだ?」

海未「うみい…ではなくて、」

凛「園田でしょ?」

海未「そうですけど、いや、だから」

凛「わけがわからんにゃ」

海未「か、」

凛「か?」

海未「彼氏とか連れ込んでるかもしれないでしょう!?」

凛「…………、」

海未「……ですから、」

凛「なお面白いにゃ」スッ

海未「ちょっ、凛!」

スマホ タプタプ

凛『希ちゃん、起きてる?』

凛「にゃっ」

海未「ああー!」

凛「深夜だよ、静かにしなくちゃ」



82: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:39:52.25 ID:OyVCacR5.net

希『起きてるよ』

希『どした?』

凛「秒で返事が来た」

海未「お取込み中ではありませんでしたか…」

凛「残念」

海未「どうなってるんですかその肝っ玉は」

凛『いま大丈夫?』

希『ちょっとお客さんが来とるんよ』

凛『絵里ちゃん?』

希『ううん、』

希『男の人』

海未「ああー!!」

希『嘘やけど』

凛「海未ちゃん」



85: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:44:25.83 ID:OyVCacR5.net

ガラガラ

凛「あっ」

海未「す、すみませんっ、大声を…」

希「やっぱり海未ちゃんや」

凛「希ちゃん!」

希「おー、凛ちゃん。一緒におったんやね」

凛「うん!」

希「おふたりさん、上がってく?」

凛「いいの?」

希「ええよ、外は冷えるでしょ」

凛「わーい!」

海未「だ、誰もいませんか!?」

希「海未ちゃんは何を心配しとるん?」



88: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:49:17.39 ID:OyVCacR5.net

希「くつろいでくれてええよ、お茶でも淹れてくるから」

海未「いや、そんな」

凛「凛もペットボトルのお茶あるよ」

希「そう?」

凛「でもくれるなら飲むにゃ」

海未「凛、」

希「ふふ、じゃあ淹れてこよか」

海未「まったく…」

凛「遠慮は不要だよ」

海未「それは希が言うことです」



94: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 00:55:53.43 ID:OyVCacR5.net

凛「希ちゃんなにしてたの?」

希「えりちと話し込んじゃった」

凛「電話?」

希「ううん、LINEやけどね」

凛「いいなー」

希「ええ?そう?」

海未「あの、希」

希「なに?」

海未「…そこの、押入れを、開けてもいいでしょうか?」

希「別にええけど、ちょっとごちゃごちゃしとるよ?」

海未「ありがとうございます…」

スーッ

海未「…………、」

凛「彼氏を隠すにしても、押し入れはないと思うにゃ」

海未「いやっ、そういうことでは!」

希「何の話?」



96: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:02:37.20 ID:OyVCacR5.net

希「海未ちゃんも妄想力たくましいねえ」ズズッ

海未「いや、そんな…」

凛「そんなことあるよ」ズズッ

海未「でもそういうこともあるでしょう」

希「まあ、あるかもしれんね」

海未「あるんですか!?」

凛「海未ちゃんめんどくさいにゃ」

海未「まあ、希に恋人がいても不思議ではないですが…」

希「そう?」

凛「美人さんだからね」

希「あ、海未ちゃん」

海未「はい?」

希「そこのヘアブラシとって」

海未「…ああ、はい」

希「ありがと」

凛「どしたの?」

希「凛ちゃん、寝癖ついとるよ」クシクシ

凛「……気配りもできるしにゃー…」



98: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:07:29.96 ID:OyVCacR5.net

希「はい、できたよ」

凛「…ありがと」

海未「暗かったので気づきませんでした」

凛「そのまま気づかないでほしかったな」

希「あはは、ごめんな」

凛「ううん」

ブーブー

希「おっと、えりちや」

海未「遅くまで、何の話ですか?」

希「中身のない話やよ」タプタプ

凛「そういうのって、なんか、いいね」

海未「そうですね」

希「そう?」タプタプ

ブーブーブー

希「あらら」

凛「電話?」

希「うん」

海未「私たちにお構いなく」

希「ごめんな」タプ



100: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:11:27.45 ID:OyVCacR5.net

絵里『希?』

希「はいはい、のんたんやよ」

絵里『ごめんね急に』

希「ええよ、どしたん?」

絵里『どうもしないけど、』

希「うん」

絵里『声が聞きたくなった?』

希「なんで疑問形なん?」

絵里『っていうと語弊があるわよね』

希「ふふ、そやね」

凛「仲いいね」ズズ

海未「ええ」ズズズ



101: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:15:22.53 ID:OyVCacR5.net

絵里『あなたもう寝る?』

希「ううん、まだ」

絵里『繋いでていい?何もしゃべらないかもしれないけど』

希「ええよ」

絵里『ありがとう』

希「……、」

凛「水晶玉があるよ」

海未「綺麗ですね、やっぱり未来とか見えるんでしょうか」

希「そういえばえりち、」

絵里『なに?』

希「彼とはうまくいっとるん?」

海未「ああー!?!?」

絵里『え?』

凛「海未ちゃん」



104: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:22:15.94 ID:OyVCacR5.net

絵里『なに!?今の声!』

海未「え、絵里!」

絵里『誰…、あ、海未?』

海未「絵里にはお付き合いしている方がいるんですか!?」

絵里『いないわよ』

希「おらんよ」

凛「あ~わかるにゃ~」ズズズ

海未「い、いない…?」

絵里『ええ、それよりあなた、いま』

海未「絵里ともあろう人が…?」

絵里『なに?嫌味?』

海未「何も信じられなくなってきました」

希「あはは、ごめんな」

絵里『なにがなんだかって感じよ』

凛「海未ちゃん反応しすぎ」

絵里『希ぃ、説明してよ』



107: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:27:49.85 ID:OyVCacR5.net

希「ごめんごめん、海未ちゃんと凛ちゃんが遊びに来たんよ」

絵里『えー、ずるいわよ』

凛「行動力の差だよ、絵里ちゃん」

絵里『その声は凛ね?』

凛「うん」

絵里『いつからいたの?』

凛「今きたとこ」

絵里『そう、…希』

希「うん?」

絵里『私も行っていい?』

希「ウチはいいけど、明日も普通に学校やよ?」

絵里『それはリリホワもそうでしょお』

海未「それはそうなんですけどね…」

絵里『でしょ?私も行く!』

希「こうなったら聞かんね」

絵里『よくわかってるじゃない』

凛「あ、じゃあ、」

希「うん?」

凛「凛たちが迎えに行ってもいい?」



111: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:35:44.38 ID:OyVCacR5.net

希「もう夜は冷え込むるようになったんやね」

海未「ですね、油断してました」

凛「もう3時半だよ」

海未「大夜更かしになってしまいました」

凛「おおよふかしってなに?」

希「でっかい夜更かしやんね」

海未「そうです」

凛「ちっちゃい夜更かしは?」

海未「12時くらいまでのやつです」

凛「ちっちゃい」

希「ちっちゃいなあ」

凛「次どっち?」

希「右」

凛「はーい」

海未「希はよく絵里の家に?」

希「よくってほどやないね」

凛「そうなんだ」

希「うん、逆はよくあるんやけど」

凛「絵里ちゃんが来るんだ」

希「そうそう、向こうは亜里沙ちゃんもおるしね」

海未「ああ、そうですね」

希「そうそう」



113: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:41:02.95 ID:OyVCacR5.net

凛「次は?」

希「その細いとこいこか、近道なんよ」

凛「希ちゃん通れる?」

海未「こら凛、」

希「ちょっと、ウチそんな太ってないんよ?」

凛「それはわかってるけど、胸とか」

希「…ああ、」

凛「おっぱいとか」

希「それは同じものやね」

凛「あとバストとかね」スイスイ

希「スイスイ通っていくなあ」

凛「うるさいよ!」

海未「声が大きいですよ、凛」

希「海未ちゃん、」

海未「はい?」

希「さっき『こら』って言ったやんね?」

海未「…言いました」

希「つまり海未ちゃんもそう思ってた、と…」

海未「……、…はて?」

希「わしわしかな?」

海未「絵里が待ってますよ!」スイスイ

希「スイスイ行くなあ」

凛「うるさいにゃ!!」

希「凛ちゃんじゃないよー」



118: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:46:37.33 ID:OyVCacR5.net

凛「絵里ちゃん!」

絵里「凛!こんばんは」

凛「こんばんはー」

絵里「ごめんなさいね、わざわざ」

凛「ううん、全然」

希「やっほーえりち」

絵里「ああ、希、」

海未「…ごきげんよう…」ワシワシ

絵里「…あなたのごきげんは悪そうね」

希「気にせんでええよ」

海未「うう…」ワシワシ

凛「海未ちゃんなにやったの」

海未「凛のせいです…」

凛「遺憾の意にゃ」

希「意味わかって言っとる?」

凛「たぶん」



119: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:52:27.37 ID:OyVCacR5.net

絵里「うちに上げても全然いいのだけど…、せっかくだしどこか行く?」

凛「どこかって?」

海未「ほ、補導とかされませんか?」

希「今更やない?」

凛「そうだよ」

海未「それはそうですが」

絵里「カラオケでも行きましょうか?」

凛「それはオールの流れじゃない?」

希「たしかになあ」

凛「じゃあファミレス!」

海未「それも下手すれば徹夜ですね…」

絵里「それはそれでいいんじゃない?」

希「おっ、ええね」

海未「絵里、」

絵里「いいじゃない、なんだかテンション上がってきたわ!」

凛「まあとりあえず歩くにゃ」



121: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 01:57:57.94 ID:OyVCacR5.net

凛「あ、ちょっとコンビニ寄っていい?」

絵里「私はいいわよ」

希「ウチも」

海未「何か買うんですか?」

凛「まあ、ちょっとね」

海未「別に構いませんが」

凛「ありがとー」

絵里「あっちにあるわよ」

凛「ううん、そっちじゃなくてあっち」

海未「店舗にこだわりがあるんですか?」

凛「そんな感じ」

希「こっちって、」

絵里「なにかあったっけ?」

希「ふふ、ううん、ねえ、凛ちゃん、別にねえ」

凛「そうそう、別になんもないにゃ、別に」

ウィーン

にこ「いらっしゃい、ま、せー…」



124: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:02:57.55 ID:OyVCacR5.net

凛「いらっしゃったにゃ」

希「お客様やよ」

絵里「あら、にこじゃない」

海未「そういえば言ってましたね」

にこ「ちょっと、なんで増えてんのよ」

凛「凛ちゃん軍団だよ」

絵里「凛がいっぱいいるみたいね」

希「かわいい軍団やね」

にこ「邪魔しないでよ」

凛「邪魔しに来たのに」

にこ「帰って」



129: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:07:29.28 ID:OyVCacR5.net

海未「あまりお仕事の邪魔をしては、」

絵里「でも私にこにピッてやってもらいたいわ」

凛「わかるにゃわかるにゃ」

絵里「でしょ?凛も何か買いましょ」

凛「ふふ、すまんにゃ絵里ちゃん…」

絵里「えっ」

凛「凛はもうにこちゃんにピッてしてもらったんだ」

絵里「ええーずるいわよ!」ダッ

希「最近は月水金の深夜ならにこっちに会えるんよ」

海未「なぜシフトを把握しているんですか?」

希「スピリチュアルやね」

にこ「絵里が買ったら帰ってよね」

凛「わかったわかった」

海未「……私もにこにピッてしてもらいたいですね…」スタスタ

にこ「あんたもかい」



132: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:14:15.22 ID:OyVCacR5.net

絵里「わくわくするわね…」

にこ「商品お預かりします」

絵里「はい!」

にこ「この距離ででかい声出さないで」

ピッ

絵里「ハラショー!」

にこ「うるさいっての」

絵里「ごめんなさい、興奮しちゃって」

にこ「20円になります」

絵里「20円ね、」カパ

絵里「…………、」

絵里「万札しかなかったわ」

にこ「……、悪気はないのよね、絵里には」

絵里「え、ええ…ごめんなさい…」

にこ「いいのよ…」

にこ「一万円入りまーす…」

凛「あっ、凛の500円じゃ言ってくれなかったのに」

にこ「うるさいわよ、いま札数えてんだから」



135: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:20:48.72 ID:OyVCacR5.net

絵里「いやあ、いいものだったわ」

希「よかったなあ」

絵里「よかったあ」

にこ「お次のお客様どうぞ」

海未「よろしくお願いします」

にこ「商品お預かりします」

海未「不束者ですが…」

凛「お見合いが始まったにゃ」

ピッ

海未「…」ジッ

ピッ

海未「……」ジッ

ピッ

海未「…………」ジッ

にこ「…265円になります」

海未「はい」サッ

にこ「ちょうどお預かりします」

海未「不束者ですが…」

にこ「小銭に不束者もなにもないわよ、レシートどうぞ」

海未「ありがとうございます、……」

にこ「…………、以上なんだけど」

海未「ああっ、そうでした」



137: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:26:05.92 ID:OyVCacR5.net

凛「ファミレス行くんだけど、にこちゃんんも来ない?」

にこ「見てのとおりよ」

希「たしかに行きたいオーラ全開やね」

にこ「見てのとおり仕事よ」

凛「えー」

海未「凛、無理を言ってはいけませんよ」

絵里「そうよ、ピッで我慢しましょう」

にこ「あんたたちにとってのピッてなんなのよ」

凛「気が向いたら来てね」

にこ「向かないと思うけど」

絵里「それじゃ、頑張ってね」

にこ「早めに切り上げなさいよ」

海未「そうですね…」

希「まあ流れでやね」

にこ「絶対朝までじゃない」

希「わからんよ?」

凛「じゃあね、にこちゃん」

にこ「はいよ」

凛「また来るにゃ」

にこ「来なくていいから」

ウィーン



139: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:30:23.78 ID:OyVCacR5.net

「いらっしゃいませ、何名様ですか?」

凛「4名です」

「おタバコ吸われますか?」

凛「吸いません」

希「すいませんけど、吸いません」

「禁煙席ご案内します」

絵里「ちょっと希、」

海未「恥ずかしいのでやめてください…」

凛「50点ってとこだにゃ」

希「厳しいなあ」

海未「聞いてください」



141: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:40:25.27 ID:OyVCacR5.net

「ご注文お決まりになりましたらそちらのボタンでお呼びください」

絵里「なににする?」

凛「ドリバは必須だよね」

希「居座るにはね」

海未「居座るんですか?」

希「居座らんの?」

絵里「居座りましょう」

凛「珍しく絵里ちゃんが味方だにゃ」

絵里「珍しいかしら?」

希「いつも厳しいからね」

絵里「ええー、そう?」

海未「そうですよ、最後の砦だと思っていたのに…」

凛「海未ちゃんも諦めるときだよ」

海未「…明日起きれるでしょうか」

希「寝れるかどうかを心配するべきやない?」

絵里「私、このわらび餅っていうのが気になるわ」

海未「…絵里、」



142: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:47:20.21 ID:OyVCacR5.net

「ご注文以上でよろしかったでしょうか?」

凛「はい!」

「かしこまりました、ドリングバーのグラスあちらにございますのでご利用ください」

希「それじゃ、ご利用しにいこか」

海未「はい」

絵里「私は待ってるわ」

凛「えー、みんなでいこうよ」

絵里「一度に行っても混雑するし」

海未「たしかにそうですね」

凛「じゃあ凛は留守番組に入るにゃ」

希「はーい」

海未「わかりました」


凛「絵里ちゃんごめんね、」

絵里「え?」

凛「希ちゃんと電話したかったんでしょ」

絵里「ああ、いいのよ、別に。用があったわけでもないし」

凛「そう?」

絵里「後輩と一緒にでかけられるのも嬉しいわ」

凛「…そっか」

絵里「そうよ」



144: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:53:03.32 ID:OyVCacR5.net

…………

ピンポーン

…………

絵里「あんまりお客さんいないのね」

凛「時間も時間だからね」

絵里「そうね…」

凛「うん」

絵里「ふふ」

凛「んー?」

絵里「いいえ、なんていうか、不思議ね」

凛「なにが?」

絵里「海未の言うとおりよね、いつもはこういうのを止める側なのに」

凛「それはそうだね」

絵里「悪いことしてるみたい」

凛「実際ちょっと悪いことだけど」

絵里「見つかったら問題ね、生徒会長が」

凛「絵里ちゃん職員室に呼ばれちゃうにゃ」

絵里「でも、なんだろ、」

凛「うん?」

絵里「それでもいい、って感じ」

凛「…いいの?」

絵里「ええ、きっと、そう、」

絵里「幸せなのね、私」



146: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 02:58:59.07 ID:OyVCacR5.net

凛「変な絵里ちゃん」

絵里「そうよね、ごめんなさい」

凛「ううん、全然いいよ」

絵里「深夜テンションってやつかしら」

凛「かも」

絵里「かもね」

凛「えへへ」


希「ただいま」

絵里「おかえりなさい」

凛「なににした?」

希「ウチはメロンソーダ」

絵里「そういう色じゃないんだけど」

希「とジンジャーエール」

絵里「また混ぜたの?」

希「やめられへんかった」

凛「希ちゃんなかなかやるにゃ」

海未「張り合わなくていいんですよ」

凛「海未ちゃんは?」

絵里「その黒さ…いったい何を混ぜれば…」

海未「黒烏龍茶ですが」

絵里「ただの健康志向だったわ」

海未「いけませんか?」

凛「おもしろみがないにゃ」

希「0点やね」

海未「なんなんですか…」



151: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:05:51.40 ID:OyVCacR5.net

凛「帰還にゃ」

絵里「戻ったわよ」

海未「おかえりなさい」

希「さて、凛ちゃん」

凛「ふふふ…」

希「…カップ?」

凛「エスプレッソ?のカルピスソーダ割にゃ」

希「こ、コーヒー系とは…」

海未「それ絶対ひとりで処理してくださいよ…」

凛「処理って言わないでほしいんだけど」

希「さながら産業廃棄物やね」

絵里「昔エスプレッソーダとかいうのがあったわね…」

海未「あれは不味かったです」

絵里「ええ」

凛「それ言ってよ絵里ちゃん」



153: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:13:05.36 ID:OyVCacR5.net

…………

スー…スー…

凛「絵里ちゃん寝ちゃったね」

希「えりち、元から夜更かしできるタイプじゃないから」

海未「付き合わせて、申し訳なかったですかね」

希「そんなことないと思うよ」

海未「ですが、」

凛「うん、きっとそうだよ」

海未「凛?」

凛「きっと」

海未「…そうだといいのですが」

凛「……これなかなか減らないにゃ」

希「ウチのは案外大丈夫やったよ」

凛「ううー…」

海未「手伝いませんからね」

凛「わかってるよう」

希「にこっちももう帰って寝とるころやね」

凛「何時?」

希「4時」

海未「早いですね…」

希「楽しい時ほど、っていうやん?」

海未「まあ、…否定はしませんが」

凛「んふふ」

海未「なんですか」

凛「なんでもないにゃー」



154: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:19:33.53 ID:OyVCacR5.net

…………

スー…スー…

希「次の脱落者は海未ちゃんやったかあ」

凛「予想できたことだね」

希「せやね」

凛「このまま朝までここにいちゃおうか」

希「それもええかもしれんね」

凛「うん」

希「にこっちの予言通りやけど」

凛「それはちょっと癪だにゃ」

希「わかる」



156: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:23:18.72 ID:OyVCacR5.net

凛「…かよちんがああいう性格だから、」

希「うん?」

凛「かよちんがああいう性格だからさ」

希「うん」

凛「こういうのしたことなかったんだ」

希「……そうなんやね」

凛「……そうなんよ」

希「それ、ウチの真似?」

凛「そうなんよ」

希「そうなんよしかレパートリーないん?」

凛「そうなんよ」

希「それだけで乗り切るつもりなん?」

凛「そうなんよ」

希「んふっ、それ案外強いなあ」

凛「そうなんよ」

希「あはは、なに、どうしたん急に」

希「…真面目な話して気恥ずかしくなったん?」

凛「…そうなんよ」

希「ふふ」

凛「なにさ」

希「凛ちゃんはかわええなあ」



159: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:26:12.03 ID:OyVCacR5.net

ジャー

凛「ただいまー」

スー…スー…

凛「希ちゃん?」

凛「寝ちゃったか」

凛「これで凛が勝者だね」

凛「凛だけ一回寝てるから当然かも」

凛「みんな寝ちゃった」

凛「…えへへ」



160: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:29:20.30 ID:OyVCacR5.net

凛「海未ちゃんの寝顔かわいいなあ」

凛「起きてるとあんなに厳しいのに」

凛「弓射るときとかかっこいいのに」

凛「寝顔はこんななんだもんね」

凛「ラブアローシュート!」ツン

凛「腹立たしいこのほっぺ」

凛「ラブアローシュート!ラブアローシュート!」ツンツン

海未「んん…」モゾ

凛「にゃふふ」



162: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:33:05.91 ID:OyVCacR5.net

凛「絵里ちゃーん、起きてる?」

凛「寝てますなあ」

凛「エリチカおうちかえらなくていいの?」

凛「絵里ちゃんもいつもキリッとしてるのに」

凛「まあ寝てる時までキリッとしてたら、それはもうそういう顔だよね…」

凛「この金髪、本当に染めてないのかな」

凛「ハーフ?クォーター?ずるいにゃー」

絵里「むにゃ…」

凛「にゃふふふ」



165: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:36:29.62 ID:OyVCacR5.net

凛「のんたーん」

凛「おお希よ、こんなところで寝てしまうとは情けない」

凛「希ちゃんは寝てても希ちゃんだね」

凛「美人さんだなあ、ほんと」

凛「このおっぱい…なんだこれ…」

凛「わしわしでみんなのおっぱい吸い取ってるんじゃない?」

凛「希ちゃーん、凛のおっぱい返してよー」

希「んー…?んー…」

凛「にゃふふふふ」



167: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:39:57.62 ID:OyVCacR5.net

凛「もう5時かあ」

凛「日の出って何時だっけ?」

凛「まだ暗い…?ちょっと明るい?」

凛「なんだかんだで徹夜するの初めてだなあ」

凛「帰ったら…シャワー浴びて…着替えて…」

凛「授業は面倒だけど…かよちんと会えるし…μ'sの練習もあるし…」

凛「かよちんに今日のこと話したいな」

凛「あー、でも4人の秘密っていうのもいいなあ」

凛「…にこちゃんもいるから5人だね」

凛「にゃふふふふふ」



169: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:44:09.28 ID:OyVCacR5.net

凛「んー…っ」グググ

凛「凛も寝ちゃおっかなあ…」

凛「寝過ごしたら寝過ごしたで…、ふわあ…」

凛「4人一緒に遅刻だし…それも悪くないよね」

凛「ふわあ…、んん、本格的に眠くなってきた」

凛「寝るっ!おやすみ~!」

凛「にゃふふふふふふ」

凛「……、」

凛「きっと今日も、幸せな一日になるにゃ」





凛「夜の街を徘徊する」

第一夜 終わり



174: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 03:47:48.23 ID:OyVCacR5.net

長い間お付き合いありがとうございました。
何も考えずにスレ立てたので投稿ペース遅くて申し訳なかったです。
またふと第二夜を書き始めるかもしれませんので、そのときもよかったら。

りんがべー>ω</



209: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:20:44.21 ID:gCovteJ2.net

ジャー

凛「あ、スマホ光ってる」

凛「ええっと」タプ

花陽『ところで』

花陽『今度映画見に行かない?』

凛『見たいのあるの?』

花陽『うん』

花陽『最近はやってる』

凛『なんてやつ?』

花陽『なんだっけ』

凛『えー』

花陽『入れ替わるやつ?』

凛『わかった』

凛『アニメのやつ』

花陽『そうそれ』

花陽『どうかな?』

凛『それ海未ちゃんと見ちゃったにゃ』

花陽『えーー』

凛『ごめんごめん』



210: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:24:06.08 ID:gCovteJ2.net

花陽『はなよ聞いてないよ』

凛『かよちんに言ってない』

花陽『えーーー』

凛「んふふ」

凛『ごめんって』

花陽『ずるい』

花陽『私も海未ちゃんと映画いきたい』

凛『いやーごめんにゃー』

凛『そっち』

凛『そっちね』

花陽『りょうほう』

凛『りょうほうかあ』

花陽『りょうほうです』



211: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:27:38.57 ID:gCovteJ2.net

凛『怒った?』

花陽『一緒にいってくれる?』

凛『まよう』

花陽『まようのー??』

凛『二回目だもん』

花陽『そっか』

花陽『そうだね』

凛『そうにゃ』

花陽『考えといて!』

花陽『明日までだよ!』

凛『うん』

凛『明日!?』

花陽『うそ』

花陽『でもはやめに』

凛『わかった』

花陽『おねがいします』



212: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:31:17.24 ID:gCovteJ2.net

凛『あ、日にち変わった』

花陽『え』

花陽『ほんとだ』

花陽『ごめんね』

凛『ううん』

花陽『遅くまで』

凛『りんは全然いいよ』

花陽『でももう寝なくちゃだよ』

凛『えー』

花陽『明日も学校です』

凛『そうだけど』

花陽『授業中寝てたら』

花陽『ついてけなくなっちゃうよ?』

凛『かよちんが教えてくれれば』

花陽『りんちゃん』

凛『問題ないにゃ』

凛『はい』



213: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:35:55.09 ID:gCovteJ2.net

花陽『寝ましょう』

凛『でーもー』

花陽『また明日にしよ』

凛『―ω―』

花陽『おやすみりんちゃん』

凛『無視にゃ』

花陽『寝る顔文字じゃないの?』

凛『ちがうよ』

花陽『えー』

凛『わかった』

凛『ねる』

花陽『そうしよ』

凛『おやすみかよちん』

花陽『おやすみなさい』

凛「…むう」タプ



215: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:39:42.31 ID:gCovteJ2.net

凛「かよちんのいけず」

凛「いけずってなんだろ」

ゴロン

凛「いまいち眠くないなー…」

凛「……、」タプタプ

凛「………、」タプ

凛「…………、」

ムク


凛「…よしっ」

ガチャ





凛「夜の街を徘徊する」

第二夜



216: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:43:41.94 ID:gCovteJ2.net

凛「今度は軽く上に着てきたけど」

凛「正解正解」

凛「どんどん秋に近づいていくなあ」

凛「もう秋なのかな?」

凛「でも紅葉してないし」

凛「大学生は9月いっぱい夏休みっていうし」

凛「まだ夏だよねえ」

ブワッ

凛「…にしてはちょっと風が冷たいにゃ」



217: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:45:55.33 ID:gCovteJ2.net

凛「どうしよっかな」

凛「なんにも考えずに出てきちゃったけど」

凛「かよちんち行ったら驚くかなあ」

凛「…それ以前に怒られそう」

凛「それにもう寝るんだろうし」

凛「やめとこ」

凛「触らぬかよに祟りなしにゃ」



218: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:50:00.86 ID:gCovteJ2.net

凛「このコンビニは…」

凛「お、にこちゃんだ」

凛「やってますなあ」

凛「でもいまの凛は映画パワーで財布がピンチなのです」

凛「ピッはまた今度してもらうにゃ」

凛「残念だけど…」

凛「こっちも見つかったら小言言われそう」コソコソ

凛「…バイトかー…」



219: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:53:01.17 ID:gCovteJ2.net

凛「バイト、しなきゃねえ…」

凛「お小遣いじゃどうにもならないときあるし」

凛「おかーさんにおねだりするのも」

凛「そろそろ効かなくなってきたし…」

凛「大学行ったら一人暮らし…?」

凛「あんまり考えたくないなあ、」

凛「μ'sのない毎日」

凛「ううー」



220: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 03:57:49.26 ID:gCovteJ2.net

凛「アイドル研究部入ってなかったら」

凛「毎日どうしてたのかな」

凛「陸上部で走って…」

凛「…走って?」

凛「運動は好きだけど」

凛「あんまりって感じだなあ」

凛「……あんまり、」

ピーポー ピーポー

凛「……、」

凛「はあ」

凛「なんか身も心も冷えてきたにゃ」

凛「ああ…」

凛「もう自販機にあったか~いが…」



221: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:00:03.39 ID:gCovteJ2.net

凛「はっ!?」

凛「この手にあるミルクティーは」

凛「財布がピンチとか言っといて」

凛「凛は…」

凛「凛はなんと…」

凛「なんと意志の弱い…」

凛「……」ズズズ

凛「あったか~いにゃ~」



222: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:04:36.88 ID:gCovteJ2.net

凛「猫舌って言うけど」

凛「ほんとに猫って熱いのだめなのかな」

凛「海未ちゃんなら知ってるかなあ」スッ

凛「…きっともう寝てるよね」

凛「……、」

凛「また歌詞考えて夜更かししてたり」

凛「…ないかなあ?」スッ

凛「………、」

凛「やめとくにゃ」

凛「…うん」

タッタッタッ

凛「わぷっ」

凛「ランニングマンがいた」

凛「ボクサーとかかな」シュシュ



223: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:09:46.71 ID:gCovteJ2.net

凛「…凛ちょっとひとりごと多い…?」

凛「なんか恥ずかしい」

凛「まあ深夜テンションだよね、きっと」

タッタッタッ

凛「あれ、さっきの」

凛「なんで戻ってきたんだろ」

凛「なんか怖いなあ…、」

タッタッタッタッ

穂乃果「やっぱり凛ちゃんだった!」

凛「え、わ、穂乃果ちゃん!」



225: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:13:45.45 ID:gCovteJ2.net

穂乃果「どうしたの?こんなとこで」

凛「割とこっちのセリフだにゃ」

穂乃果「私はランニング」タッタ

凛「それは見ればわかるけど」

穂乃果「そっちが訊いたんじゃーん」

凛「いつもこの時間に走ってるの?」

穂乃果「ううん、たまたま。寝つけなくて」

凛「あ、凛も」

穂乃果「そうなんだ」

凛「うん」

穂乃果「それって奇遇だねえ」

凛「まあそうかなあ」

穂乃果「それって運命感じちゃうね」

凛「言い直さなくてもいいにゃ」



226: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:18:04.97 ID:gCovteJ2.net

穂乃果「私帰るとこだけど、凛ちゃんどうする?」

凛「もうちょっとぶらぶらしてる」

穂乃果「そう?」

凛「うん」

穂乃果「でも危ないよ」

凛「お互い様だよ」

穂乃果「言えてる」

凛「でしょ」

穂乃果「あ、うちくる?」

凛「いいの?」

穂乃果「いいよお、大歓迎」

凛「でもこんな時間に悪いよ」

穂乃果「えっどうしたの、らしくない」

凛「どういう意味だにゃ」



227: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:22:24.93 ID:gCovteJ2.net

穂乃果「いつももっとずうずうしいじゃん」

凛「ちょいちょい」

穂乃果「うん?」

凛「しれっとひどくない?」

穂乃果「でも長所だと思うよ」

凛「とてもそんな感じじゃないよ」

穂乃果「じゃあ、」

凛「うん」

穂乃果「遠慮がない」

凛「進展がまるでない」

穂乃果「そうかなあ」

凛「凛にも常識はあるから…」

穂乃果「そうだよね、私にもあるもん」

凛「それ凛なんて言えばいい?」

穂乃果「えっあったの!?みたいな」

凛「凛にも常識はあるから…」



229: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:29:34.64 ID:gCovteJ2.net

穂乃果「なんか私楽しくなってきちゃった」

凛「穂乃果ちゃんいつにもましてアレだね」

穂乃果「アレってなに」

凛「凛の口からそんなこと言えないよ」

穂乃果「凛ちゃん」

凛「にゃっ」

穂乃果「言っとくけど凛ちゃんもアレだかんね!」

凛「アレってなに」

穂乃果「バカ」

凛「濁してよ」

穂乃果「なんなら凛ちゃんのほうが私よりアレだから」

凛「いやいや」

穂乃果「いやいやいや」

ワン!ワン!

穂乃果「うひっ」ビク

凛「……、」

穂乃果「なにさ」

凛「わん!!」

穂乃果「ぎゃっ」ビク



230: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:32:46.41 ID:gCovteJ2.net

穂乃果「これはエリチカ状態だよ」

凛「なにその状態」

穂乃果「認められないの」

凛「もう許してあげようよ」

穂乃果「みんなに訊いてみよう」スッ

凛「なにを?」

穂乃果「どっちがよりかしこいか」

凛「やめよう」

穂乃果「なんで」

凛「やめよ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「なんで!」

凛「いたたまれない感じになるにゃ」

穂乃果「意味わかって言ってる?」

凛「あんまり…」

穂乃果「私もあんまり…」

凛「……、」

穂乃果「……、」

凛「ドロー」

穂乃果「ああっ」



231: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:35:37.76 ID:gCovteJ2.net

ブーブー

凛「あれ、」タプ

穂乃果『私と凛ちゃん、どっちがかしこいと思う!?』

凛「穂乃果ちゃん」

穂乃果「てへ」

凛「ぺろ」

穂乃果「かわいい」

凛「じゃなくてさあ」

穂乃果「耐えられなかった」

凛「耐えて」

穂乃果「手遅れです…」

凛「知ってる…」

穂乃果「…既読つかないね」

凛「みんな寝てるんじゃない?」

穂乃果「そっかな」



232: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:40:26.49 ID:gCovteJ2.net

ブーブー

凛「あ、」

真姫『急になに?』

穂乃果「真姫ちゃん信じてた」

凛「夜更かしさんだ」

穂乃果「いま凛ちゃんと一緒に…」

凛「ストップ」

穂乃果「うん?」

凛「凛はもう寝てるってことで」

穂乃果「なんで」

凛「バレたらかよちんに怒られるにゃ」

穂乃果「それじゃ穂乃果がひとりで暴走してるバカみたいになるじゃん」

凛「だいたいあってるから大丈夫」

穂乃果「ぜんぜん大丈夫じゃない」



233: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:46:26.90 ID:gCovteJ2.net

真姫『まだだれか起きてるのね』

凛「えっ?」

穂乃果「誰だろ」

凛「凛のことじゃない…?」

穂乃果「バレてる?」

凛「なんで?」

穂乃果『え』

穂乃果『どうして?』

真姫『どうしてって』

穂乃果『間?』

穂乃果『勘?』

真姫『既読2だから』

穂乃果「凛ちゃん」

凛「はい」

穂乃果「アウト」

凛「ああっ」



235: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:48:59.20 ID:gCovteJ2.net

凛「まだ特定はできないはずにゃ…」

真姫『突然こんな話』

真姫『凛と一緒なの?』

穂乃果「アウト」

凛「ああっ」

凛『天才まきちゃん』

真姫『知らなかったの?』

穂乃果「完全にピノキオだね」

凛「天狗」

穂乃果「……、」

凛「アウト」

穂乃果「ぐうっ」



236: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:54:41.04 ID:gCovteJ2.net

真姫『お泊り会?』

穂乃果『いや、』

凛『そんな感じ!』

穂乃果「往生際悪いなあ」

凛「往生したくないんだにゃ」

穂乃果「意味わかって言ってる?」

真姫『穂乃果の家?』

凛『そうだよ』

真姫『ふうん』

凛『うらやましい?』

真姫『べつに』

凛『いや~お泊りたのしいにゃ~』

真姫『あっそ』

凛『穂乃果ちゃんといるとたのしいにゃ~』

穂乃果『ヒューヒュー!』

真姫『あなた当事者でしょ』

凛『雪穂ちゃんもかわいかったにゃ~』

穂乃果「あっ、」

凛「え?」

絵里『雪穂ちゃんはうちに泊まりに来てるけど』



237: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 04:58:09.25 ID:gCovteJ2.net

真姫『どういうこと?』

穂乃果『えりちゃん』

凛『えりちゃん』

絵里『凛』

凛『えりちゃん』

絵里『あなたまた外出てるのね?』

凛『えりちゃん』

絵里『あんまり遅くに出歩くと危ないって』

凛『えりちゃん』

絵里『言ったでしょ?』

絵里『何回言うのよ』



238: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 05:00:35.90 ID:gCovteJ2.net

穂乃果「やっちゃったね」

凛「うー…」

凛「なんで絵里ちゃん起きてるの!」

凛『えりちゃんも』

凛『一緒にオールしたじゃん』

絵里『たまにはって話だったでしょ』

凛『たまにだよ』

絵里『あれまだ先週の話よ』

穂乃果『まあまあ絵里ちゃんおちついて』

真姫『あなた当事者でしょ』



267: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:38:35.14 ID:awoASfr3.net

凛「絵里ちゃんの裏切り者ぉ…」

穂乃果「まあまあ凛ちゃん」

凛「穂乃果ちゃんのその立ち位置何?」

穂乃果「いやあ」

凛「あっ、」

穂乃果「今度はなに?」

凛「既読4になった…」

穂乃果「あーあーあー」

ポコン

凛「次は誰が、」

花陽『凛ちゃん?』

凛「あーーー」

穂乃果「あーあーあーあーあーあー」



269: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:44:08.25 ID:awoASfr3.net

絵里『こんばんははなよ』

花陽『こんばんは』

花陽『凛ちゃん?』

穂乃果「呼んでるよ」

凛「うん…」

穂乃果「凛ちゃんの好きなかよちんが」

凛「うん…」

穂乃果「凛ちゃん」

凛「うん?」

穂乃果「花陽ちゃん、好き?」

凛「凛、かよちん、好き…」

穂乃果「返事してあげなきゃ」

凛「うん…」

穂乃果「……」

凛「……」

穂乃果「ポニョ、そうすけ、好き…」

凛「噛むよ」



271: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:50:26.86 ID:awoASfr3.net

凛『はい』

穂乃果「はいて」

凛「はいだよ…」

花陽『こんばんは凛ちゃん』

凛『はい』

凛『こんばんは』

花陽『いまどこ?』

凛『公園のへんです』

花陽『わかりました』

真姫『あーあ』

真姫『私しらないから』

凛「……、」

穂乃果「なにがわかったのかな」

凛「凛がはたらいてる悪行でしょ…」

穂乃果「そっか…」

穂乃果「ファイトだよ」

凛「にゃ」ガブ

穂乃果「いたい!」



273: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:55:41.76 ID:awoASfr3.net

穂乃果「とりあえず公園まで戻ろっか」

凛「そうしよっか…」

穂乃果「もうだめだよ、あんまり夜遅くに外でちゃ」

凛「そうだね…」

凛「待って」

穂乃果「うん?」

凛「穂乃果ちゃんじゃない?」

穂乃果「そりゃ穂乃果だけど」

凛「いや、穂乃果ちゃんがLINEしなければ」

穂乃果「凛ちゃん」

凛「なに」

穂乃果「それはさ、結果論だよ」

凛「難しい言葉使えばうやむやになると思って」

穂乃果「難しいかなあ」



274: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 01:00:09.66 ID:awoASfr3.net

…………

リーリーリー リーリーリーリー

…………

穂乃果「鳴いてるね」

凛「なにが?」

穂乃果「わかんない」

凛「すずむし?」

穂乃果「なのかな?」

凛「わかんない」

穂乃果「そっか」

リーリーリー リーリー

凛「穂乃果ちゃんどうしよう凛かよちんになんて言えばいいかなあ!」

穂乃果「あっ、ゆっくり焦ってたんだね!」

凛「当たり前にゃ!」

花陽「凛ちゃん!」

凛「ピャー!」



280: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 01:25:52.73 ID:awoASfr3.net

凛「かよちん…」

花陽「凛ちゃん、ほんとにいた」

凛「うん、いる」

花陽「寝るんじゃなかったの?」

凛「いや、あんまり眠くなくって」

花陽「明日も学校だからって」

凛「…うん、」

花陽「言ったよね」

凛「うん、…ごめんね、かよちん」

花陽「うん」

凛「…うん」

凛「…ごめんなさい」

花陽「もう…」ギュ

花陽「手、冷たいよ」

花陽「夜は冷え込むね」

凛「…、うん、もう秋だね」

花陽「で、なんで穂乃果ちゃんはさっきから真顔で気を付けしてるの?」

穂乃果「あっ、ばれてた!?」

凛「意味わかんないにゃ」



281: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 01:32:05.36 ID:awoASfr3.net

穂乃果「いや、どうにか闇夜に溶け込めないもんかなと…」

花陽「そのオレンジのパーカーじゃ無理があるんじゃないかな…」

穂乃果「だよねえ」

花陽「穂乃果ちゃんも」

穂乃果「あい?」

花陽「こんな遅くに、やめたほうがいいよ」

穂乃果「私はランニングを」

花陽「関係ありません」

穂乃果「なはは…」

花陽「無理するとまた体調崩しちゃうよ?」

穂乃果「また、ね」

花陽「またです」

穂乃果「…はい、ごめんなさい」

凛「まったく穂乃果ちゃんは」ヌッ

花陽「凛ちゃん」

凛「はい…」ススス



283: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 01:37:56.08 ID:awoASfr3.net

花陽「トレーニングするのは立派だけど、無理は禁物、です」

穂乃果「私のほうが先輩なのになあ」

花陽「じゃあ先輩らしくしてくださいっ」

穂乃果「おおう…ぐさりと…」

凛「かよちんも言うようになったねえ」

花陽「あ、べ、別に見下してるとかじゃ、」

穂乃果「あはは、うん、わかってるよ」

花陽「そう…?」

穂乃果「うん」

穂乃果「さて、ま、それじゃ、」

花陽「うん、」

穂乃果「帰りますか」

花陽「ちょっと歩こっか」

凛「え?」



285: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 01:57:53.77 ID:awoASfr3.net

…………

サワサワサワ

花陽「ここらへんはやっぱり暗いねえ」

穂乃果「花陽ちゃん、」

花陽「なに?」

穂乃果「えっと、帰らなくていいの?」

花陽「あ、帰りたかった?」

穂乃果「そういうわけじゃないけど」

花陽「なら、ちょっとだけ」

穂乃果「うん。うん?」

凛「連れ戻しに来たんじゃないの?」

花陽「うん?」

凛「凛のこと」

花陽「ああ、」

凛「うん」

花陽「だって、ずるいよ、凛ちゃん」



286: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:06:50.62 ID:awoASfr3.net

凛「なんかしたっけ?」

花陽「前も夜中にお出かけしてたんでしょ?」

凛「うん、海未ちゃんたちと」

花陽「そう、それだよ、」

凛「どれ?」

花陽「私呼ばれてないよ」

凛「え、うん、」

花陽「呼んでよお」

凛「こないだはもう2時とかだったし、」

花陽「今日は?」

凛「かよちんが寝ろーって、」

花陽「むう」

凛「あー、いやあ、うん、」

花陽「私も凛ちゃんと夜更かししたいもん」

凛「…そっか」

花陽「そうだよ」

凛「えへへ」



287: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:12:31.01 ID:awoASfr3.net

凛「で、穂乃果ちゃんはなんで真顔のまま歩いてるの?」

穂乃果「や、どうにかして空気と一体化できないかなって」

花陽「それも無理じゃないかなあ」

穂乃果「だってなんかいい雰囲気なんだもん」

花陽「ええ?」

穂乃果「ふたりだけの世界っていうかさあ」

凛「そう拗ねるにゃよう」

穂乃果「拗ねてませんー」

凛「ほんとー?」

穂乃果「ほんとー」

凛「怪しいなあ」

穂乃果「拗ねてないけどふたりの間に入るから」ズイ

花陽「ふふ」

凛「じゃあ凛たちはちょっと下がろっか」

穂乃果「なんでさ!」



292: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:23:29.86 ID:awoASfr3.net

穂乃果「ふたりってよく一緒に出かけるの?」

花陽「んー、どうだろ?」

穂乃果「練習の帰りはいつも一緒だよね」

凛「うん!」

花陽「そこからあちこち寄ったりはするけど」

凛「昨日はタワレコね」

花陽「あのアイドルの新譜がね!」

穂乃果「そっか、そっかあ」

凛「どして?」

穂乃果「んーん、青春してますなあ」

花陽「ほぼ同い年でしょ?」

穂乃果「人生の先輩だからね」

凛「先輩禁止にゃ」

穂乃果「ここはよくない?」



293: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:33:06.65 ID:awoASfr3.net

花陽「穂乃果ちゃんは?」

穂乃果「ん?」

花陽「ことりちゃんとか、海未ちゃんとかと」

穂乃果「最近はあんまりねー、」

凛「そうなの?」

穂乃果「ほら、ふたりとも、衣装とか、歌詞とか」

凛「ああ、」

穂乃果「そう、だから忙しいみたい」

花陽「そうなんだ…」

穂乃果「でもLINEはするし、たまには電話もするし」

穂乃果「それに、学校で毎日会ってるしね」

花陽「まあ、…そっか」

穂乃果「そうそう」



294: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:35:14.13 ID:awoASfr3.net

穂乃果「だから私は、」

穂乃果「毎日、楽しいよ」

花陽「…私も、かな」

穂乃果「あ、もちろん、ふたりもね」

花陽「うん?」

穂乃果「花陽ちゃんも凛ちゃん、3年のみんなも」

穂乃果「毎日会えて嬉しい!」

花陽「そっか、ありがとう」

穂乃果「いえいえ」

凛「穂乃果ちゃんはこれだからにゃー」

穂乃果「ええ、なにが?」

凛「にゃふ、なんでもないよ」

穂乃果「えー?」



295: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:41:54.59 ID:awoASfr3.net

穂乃果「このままどっかいっちゃおうか」

凛「海未ちゃんたちとはファミレス行ったから、」

穂乃果「おう!」

凛「今回はカラオケ!」

穂乃果「カラオケ!いいねえ~」

花陽「だめです!」

穂乃果「えー」

凛「えー」

花陽「そんながっつりはだめです、ちょっと散歩するだけにしようよ」

凛「ちょっとだけ!」

花陽「ちょっとって、」

穂乃果「ちょっとフリータイムで歌うだけ!」

花陽「それちょっとかなあ」

穂乃果「ちょっとだよお」

花陽「やっぱりだめです」

穂乃果「なんか海未ちゃんみたい」



296: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:42:19.48 ID:awoASfr3.net

凛「ラブアロッシュ病に感染しちゃったんだね」

穂乃果「なにそれ」」

凛「ラブアロッシュ?」

穂乃果「それ」

凛「海未ちゃんの得意技」

穂乃果「ラブアローシュート」

凛「そうそうそう」

穂乃果「採用」

凛「やったにゃ」

花陽「…明日海未ちゃんに言うね」

凛「かよちんの鬼!」

穂乃果「はなよ!」

花陽「…そうですけど?」



298: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:47:31.87 ID:awoASfr3.net

花陽「とにかく、もう帰ろ?」

凛「…しょうがないにゃあ…」

穂乃果「いいよ」

凛「ぶー」

花陽「また明るいうちにでかけようね」

凛「うん」

穂乃果「まあ、お店とかどこもやってないしね」

凛「えっ?」

穂乃果「えっ?」

凛「わかってないなあ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「なにさ」

凛「それが深夜徘徊の醍醐味だよ」

穂乃果「すっかり上級者ぶっちゃって」

凛「ノンノンノン」



299: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 02:58:24.80 ID:awoASfr3.net

花陽「それで、」

穂乃果「なに?」

花陽「どっちから来たっけ?」

…………

ホー ホー ホー

…………

凛「穂乃果ちゃん」

穂乃果「凛ちゃん」

凛「穂乃果ちゃん」

穂乃果「花陽ちゃん」

凛「ほ、」

穂乃果「んん?」

凛「んー」

花陽「え、っと、…あっち?」

…………

凛「穂乃果ちゃん」

穂乃果「凛ちゃん」



300: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:06:50.92 ID:awoASfr3.net

穂乃果「スマホは?」

凛「地図?」

穂乃果「そう」

凛「読めないんだよね」

穂乃果「現在地出るのに!?」

凛「じゃあ穂乃果ちゃん読んでよ」

穂乃果「や、私家に置いて来てて、」

花陽「あれ、LINEやってなかった?」

穂乃果「ああ、いやあ、うん、」

凛「かよちんは?」

花陽「スマホ、持ってきてなくて…」

…………

リーリーリーリー

凛「穂乃果ちゃん」

穂乃果「花陽ちゃん」

花陽「凛ちゃん」

凛「……」

穂乃果「……」

花陽「……」



303: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:25:51.31 ID:awoASfr3.net

穂乃果『あのお』

絵里『あら』

絵里『戻ってきた』

希『やっほ~ほのかちゃん』

穂乃果『やっほ~』

絵里『どうしたの?』

穂乃果『じゃなくて』

穂乃果『そう』

穂乃果『あのね』

絵里『うん』

穂乃果『道に迷いました』

絵里『?』

希『?』

凛『?』

穂乃果『?じゃなくてね』

穂乃果『特に凛ちゃんね』



304: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:28:43.76 ID:awoASfr3.net

絵里『花陽は?』

花陽『いるよ』

希『やっほ~』

花陽『やつまほ~』

花陽『やっほ~』

希『かわいい』

穂乃果『かわいい』

穂乃果『じゃなくてね』

絵里『うん』

穂乃果『あれからちょっと散歩してたら』

穂乃果『道に迷ったの』

凛『?』

穂乃果『??』



305: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:31:50.52 ID:awoASfr3.net

絵里『散歩?』

絵里『凛も?』

穂乃果『うん』

凛『いるよ』

希『やつまほ~』

凛『やつまほ~』

花陽『やめてください』

穂乃果『一回やっほーやめてくれるかな』

絵里『話が進まないわ』

希『でもうちミューズヤッホー係やから』

絵里『いつ就任したのよ』



306: かよちんは穂乃果ちゃんのスマホから返信したってことで補完しといてください…ミス(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:37:53.39 ID:awoASfr3.net

絵里『地図アプリを使ったら?』

穂乃果『私たち読めないズ』

絵里『ええ…』

凛『なんとかしてほしいにゃ』

絵里『なんとかって』

希『近くになんかある?』

穂乃果『閑静な住宅街』

凛『うん』

希『ニュースかな?』

真姫『しょうがないわね』



307: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:41:37.40 ID:awoASfr3.net

凛『まきちゃん』

穂乃果『まきちゃん』

希『まきちゃん!』

絵里『どうするの?』

真姫『車を出してもらうわ』

穂乃果『いいの!?』

凛『リッチ~』

真姫『行くのやめようかしら』

穂乃果『凛ちゃん』

凛『まきさま!』

真姫『まったく』

真姫『地図で現在地スクショして送っといて』



308: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:52:29.53 ID:awoASfr3.net

ブロロロロ…

真姫「ほんとに、しっかりしてよね」

穂乃果「いやあ、ごめんごめん」

花陽「ありがとね、真姫ちゃん」

真姫「別に、いいけど」

凛「リムジンじゃないんだね…」

真姫「凛はなんなのよ」

花陽「あはは…」



309: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 03:53:34.73 ID:awoASfr3.net

穂乃果「ねえ、運転してるのって、お母さん?じゃないよね?」コソ

真姫「和木さんよ」

穂乃果「何者?」

花陽「何者って…」

真姫「うちで長いことお手伝いしてくれてる人」

穂乃果「ほええ」

花陽「やっぱりお金持ちなんだねえ」

真姫「そう?」

穂乃果「和木さん、わざわざありがとうございます!」

凛「セバスチャンじゃなかった…」

真姫「意味わかんないんだけど…」



310: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 04:00:50.26 ID:awoASfr3.net

真姫「で、」

穂乃果「ん?」

真姫「なんで花陽も一緒になってウロウロしてたわけ?」

花陽「ああ、あはは、」

真姫「ミイラ取りがミイラになってどうするのよ」

凛「朱に交わって赤くなっただけにゃ」

真姫「意味わかっていってるわけ?」

凛「それ最近はやってるの?」



311: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 04:06:34.87 ID:awoASfr3.net

花陽「私も凛ちゃんと散歩したくって」

凛「凛もかよちんと散歩したくって!」

真姫「はあ、そう」

凛「次は真姫ちゃんも一緒にね」

真姫「…当たり前でしょ」

凛「うん!」

真姫「ちゃんとプラン立てといてよね」

凛「行き当たりばったりが楽しいんだよ」

真姫「そういうもの?」

真姫「それで、」

花陽「うん?」

真姫「なんで穂乃果は真顔のまま微動だにしないの?」

花陽「あっ、」

凛「拗ねてるにゃ!!」

穂乃果「……」シラー



312: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 04:29:04.77 ID:awoASfr3.net

ガチャ

穂乃果「ありがとう、真姫ちゃん、和木さん!」

花陽「またね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「うん」

凛「また明日ね」

穂乃果「帰ったら寝るんだよ」

凛「そっちも」

穂乃果「うん、たぶんね、えへ」

真姫「それじゃあ」

穂乃果「おやすみ、みんな」

バタン

ブロロロロ…



313: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 04:40:58.67 ID:awoASfr3.net

ガチャ

花陽「ありがとうございました」

凛「じゃあ、凛もここで」

真姫「別に、送るわよ、すぐそこでしょ?」

凛「すぐそこだから」

真姫「ふ、そうね」

凛「ほんとありがとね、真姫ちゃん」

真姫「和木さんに言いなさいよ」

凛「ありがとうございます!」

真姫「じゃあ、また、」

凛「また一緒に出かけようね」

真姫「…また明日」

花陽「おやすみなさい」

真姫「ええ、おやすみ」

凛「おやすみなさーい」

バタン

ブロロロロ…



316: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:09:31.96 ID:awoASfr3.net

…………

サワサワサワサワ

花陽「…んっ、」ブル

凛「じゃあ、かよちん、」

花陽「凛ちゃんちまで一緒に行く?」

凛「ううん、風邪ひいちゃうよ」

花陽「大丈夫だよ」

凛「凛がやなの」

花陽「…そう?」

凛「ごめんね、今日は」

花陽「ううん、楽しかった」

凛「…えへへ」

花陽「ありがとう」

凛「凛も、」

花陽「うん?」

凛「楽しかった!」

花陽「…うん!」

…………

サワサワサワ

…………

花陽「おやすみ、凛ちゃん」 凛「おやすみ、かよちん」

りんぱな「…えへへ」



317: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:20:08.13 ID:awoASfr3.net

ジャー

凛「んー…ふわあ…」

凛「さすがに…ねむ…」

凛「いま何時…?」

ポチ

凛「…なに、すごい通知…」

タプ

ことり『だからね』

ことり『ことりをのけ者にするのはよくないとおもうの』

絵里『そんなんじゃないわよ』

絵里『ねえ』

希『そうやよ』

ことり『いいえ!』



318: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:24:50.94 ID:awoASfr3.net

ことり『だって』

ことり『海未ちゃんは絵里ちゃんと希ちゃんと凛ちゃんで』

ことり『ファミレス行ったって言ってたし』

絵里『うん』

ことり『なにかまちがってますか!』

絵里『いいえ』

希『間違ってはないけど、』

絵里『間違ってないわ』

絵里『でも』

希『それはたまたま』

ことり『まちがってないでしょ?』

希『凛ちゃんが』

希『うん』

ことり『まちがってないでしょ!』



319: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:30:44.08 ID:awoASfr3.net

ことり『今日はまきりんぱなだったんでしょ』

穂乃果『私もいたよ』

ことり『ずるいよ!!』

ことり『ほのかちゃんもずるい!!』

穂乃果『えっへっへ』

ことり『ことりもだけハブ』

ことり『(;8;)』

にこ『私の名前ないんだけど』

希『そうやよ』

希『にこっちもおらんかった』

ことり『でも海未ちゃんは会ったって言ってました』

絵里『そうよ』

絵里『ああ』

にこ『まあ会ったけど』

ことり『(・8(・8・)8・)』

ことり『ことりも凛ちゃんと深夜散歩したい』

希『りんさんぽ』

絵里『希』

ことり『りんさんぽしたい!』

絵里『そこはいいのね』



320: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:35:36.29 ID:awoASfr3.net

絵里『これからいくらでも機会はあるわよ』

希『そうやよ』

にこ『また適当に行けばいいじゃない』

穂乃果『にこちゃんもいきたいもんね』

にこ『べっつにー』

にこ『どうしてもって言うならー』

ことり『どうしても!』

にこ『行ってやらないこともー』

にこ『最後まで言わせなさいよ』



321: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:39:22.52 ID:awoASfr3.net

真姫『通知すごいんだけど』

希『まきちゃんおかえり』

希『やっほ~』

真姫『ところで』

真姫『海未は?』

穂乃果『寝てると思うよ』

穂乃果『いつものように』

希『すごいスルー』

絵里『そうね』

真姫『はいはいやっほー』

希『~←やないと』

真姫『~』

希『そういうとこ好きやよ』



323: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:51:51.57 ID:awoASfr3.net

ことり『絶対!』

ことり『ことりも行くからね!』

花陽『うん!』

花陽『今度はことりちゃんもいこうね』

ことり『はなよちゃんだあ』

絵里『おかえりなさい』

希『やつまほ~』

花陽『やっほ~』 

希『まがないなあ…』

にこ『ウザ絡みやめなさいって』

穂乃果『あ』

ことり『なに?』

穂乃果『既読7』



324: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 05:54:33.61 ID:awoASfr3.net

凛「…にゃふふ」

凛「凛は、」

凛「……幸せものだにゃー…」

凛「にゃふふふ」


タプタプ


ペコン


凛『次はぜったい9人みんなでいくにゃ!』

凛『>ω</』





凛「夜の街を徘徊する」

第二夜 終わり



326: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 06:00:48.92 ID:awoASfr3.net

第二夜もお付き合いありがとうございました。
例によって投稿ペース遅くて申し訳ありません。
いちおう、これで徘徊は終了です。

別で書きたい話が少しあるので、またふとスレを立てるかもしれません。
そのときもよかったら。

りんがべー>ω</



328: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 06:34:02.15 ID:8m8WE7nF.net

おつおつ



331: 名無しで叶える物語(さくらんぼ)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 06:40:58.96 ID:8oU5GSGP.net


この空気感好きだわ



335: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 07:24:52.77 ID:V28uPzwq.net

凛ちゃんのにゃふふ笑いが可愛い
乙です


元スレ
凛「夜の街を徘徊する」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1474805716/