みほ「はぁ~」

沙織「どうしたのみぽりん?」

みほ「私って一人暮らしでしょ?」

華「そうですね」

みほ「みんなは女の子の一人暮らしといえば何をイメージする?」

優花里「女の子の一人暮らし....かわいい部屋とかですかね!」

麻子「眠い....」

沙織「みぽりんの部屋のぬいぐるみがいっぱいでかわいいもんね!」

みほ「ありがとう!」

みほ「でも私が言いたいのはそういうことじゃなくて」

華「あ、もしかして」

みほ「はい華さん!!」

華「一人暮らしが寂しいから彼氏がほしいんですか?」

みほ「ち、違うよ////」

沙織「えぇーそうなのみぽり~ん?」

優花里「に、西住殿!!そんな彼女がほしいだなんて////」

麻子「言ってないぞ」

優花里「そんなこと言われたら....あぁっ!!!!」ビクン

みほ「あ、あはは....」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472872238




2: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:21:54.73 ID:vmZD574/0

みほ「ま、まぁ彼氏とか彼女とかはあながち的外れではないかも....」

沙織「そうなの?」

華「....」

華「わたくし、わかってしまいました....」

優花里「あぁっん!!いぃっ!!!」ビクンビクン

麻子「うるさい」ドスッ

優花里「」パタリ

沙織「それでみぽりんは何を悩んでるの?」

みほ「あのね、私って一人暮らししてるけど....」

みほ「一度も....」

みほ「自炊をしたことがないの!!!」

華「はい?」

みほ「私の今日の朝ごはん知ってる?」

みほ「からあげくんだよ!!!!」

沙織「別にいいんじゃない?」

みほ「今日のお弁当見る?」パカッ

みほ「ファミチキだよ!!!!」

華「これはもしや....」

みほ「今日の晩御飯はね....」

みほ「おでんだよ!!!!」

麻子「コンビニ飯ばかりか....」



3: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:22:30.02 ID:vmZD574/0

沙織「で、でも毎日それってわけじゃ....」ドサッ

華「みほさん、何か落ちましたよ?」ヒョイ

華「こ、これは!?」

麻子「レ、レシートの束が....!?」

沙織「広辞苑並みの厚さに!?」

みほ「ちなみにこれ」

みほ「1か月分なの....」

三人「!!?!??!??!???!?!?」

沙織「み、みぽりん....コンビニでこんなに買い物してたらお金がいくらあっても足りないんじゃ....」

みほ「私ね....」

みほ「西住流の家元なの....」

華「お金は無尽蔵にあるんですね....」

麻子「勘当されたんじゃなかったのか?」

みほ「和解してからは法外な金額が毎月振り込まれるようになっちゃって....」

沙織「みぽりんのお母さんって厳しそうに見えてアレだよね....」

華「家元の親はどこも同じなんですね....」

麻子「いやそれはどうだろう....」



4: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:29:46.60 ID:vmZD574/0

みほ「そういう事情があってからは毎日三食コンビニで済ませるようになっちゃって....」

沙織「絶対体に悪いよそれ....」

華「だからみほさん、最近傷の直りが遅かったんですね」

麻子「コンビニ業界を敵に回すような発言はやめてくれ」

みほ「うぅ....それはわかってるんだけど....」

みほ「やっぱりコンビニって楽しくてついいろいろ買っちゃうの....」

沙織「まぁ部屋の中の充電器の数を見たらわかるよ....」

麻子「よりによってなんで数あるコンビニの商品から充電器ばかりを....」

みほ「ほら!バッテリーもこんなに!!」

華「戦車の中では使わないでくださいね....」

みほ「ということで私....」

みほ「自炊を始めようと思います!!!!」

三人「....」

沙織「だったら私が教えるよ?」

みほ「それも最初は考えたんだけど....」

みほ「いつもいつも沙織さんにばっかり頼ってたら悪いし....」

麻子「さおりは家でいつもゼクシィに蛍光ペンでラインを引いてるだけだから暇してるぞ」

沙織「ちょっと!!!!」

華「ゼクシィに載ってる女性の写真はいっつも穴だらけです♪」

みほ「えぇ....」



5: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:34:58.58 ID:vmZD574/0

沙織「私のゼクシィは置いといて....」

沙織「具体的に誰に料理を教えてもらいたいの?」

華「こう言っては何ですが、沙織さんより料理がうまい人もあまりいないのでは?」

みほ「うん、たぶんそうだと思う」

麻子「だったらなぜ沙織じゃないんだ?」

みほ「沙織さんの料理はその年では考えられないくらい安定してる....」

みほ「いや、しすぎている....」

みほ「沙織さんい料理を一から教えてもらったら....」

みほ「私は沙織さんの劣化コピーにしかなれないの!!!!」

華「まぁ♪」

麻子「なるほど」

みほ「つまり....」

みほ「料理がそれなりにできる行き遅れ女子になっちゃうの!!!!」

沙織「私まだ行き遅れたわけじゃないんだけど....」

華「未来は変わらないんですよ?」

麻子「世界線でも越えない限りはな」

沙織「まだ高2なのにこの言われよう....ひどすぎる....」



6: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:46:07.29 ID:vmZD574/0

みほ「ということで私は」

みほ「たくさんの人から料理を教わってみたいの!!」

華「様々な人から様々な料理を教わればレシピの幅も広がりますね」

麻子「初心者があまり手を広げすぎるのも....」

沙織「いいんじゃない?私も自分が作らないジャンルの料理を知りたいし!」

優花里「私は西住殿の手料理なら三角コーナーでも大丈夫です!!!」

みほ「おはよう優花里さん」ニコ

優花里「おはようございます!!」ビシッ

沙織「それじゃあ早速教わりに行こう!!」

華「はい!!!」

優花里「すみません、寝ていたので聞いていなかったんですが」

優花里「誰に教わりに行くんですか?」

麻子「誰に?」

四人「....」

みほ「大丈夫!!それは今から決めるの!!!」

みほ「とりあえず校庭に行ってみよう!!」

四人「校庭?」



7: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:52:32.78 ID:vmZD574/0

~校庭~

みほ「みんな、あれを見て!」

沙織「んん?」

華「校舎の窓一つ一つになにか書いてます」

優花里「『武部沙織』『秋山優花里』『五十鈴華』、これって私たちの名前ですか!?」

麻子「『ダージリン』『カチューシャ』『ケイ』、他校生の名前もあるのか」

みほ「そのほかにも『西住しほ』『役人』『戦車道連盟会長』『蝶野亜美』などなど」

沙織「それで、これ、何するの?」

みほ「うん!いまからⅣ号に乗ります!」

みほ「そしてみんな目隠しをします!!」

みほ「その場で10回旋回した後砲撃します!!!」

みほ「砲弾の当たった窓に書いてあった人のところへ料理を教わりに行きます!!!!」

四人「!!?!????!?!???!??!」

沙織「そ、それって大丈夫なの!?」

みほ「うーん、修理すれば大丈夫なんじゃないかな?」

華「そのレベルを超えている気がしますが....」

みほ「ささ!みんな早く乗って乗って!!!」

麻子「私は知らないからな.....」



8: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:56:54.81 ID:vmZD574/0

~Ⅳ号内~

みほ「みんな!目隠しはつけた?」

四人「はーい」

みほ「それじゃあ、パンツァー・フォー!!!!」

みほ「麻子さん、お願いします!!!」

麻子「まかせろ」グルングルングルン

沙織「ギャーーーーーーーー!!!!!」

華「これはなんとも....刺激的です♪」

優花里「戦車でこのように回転することはあまりないですね!!!!!」

みほ「停止!!!!」

麻子「了解」キキーーーーーーーーッ

みほ「優花里さん。装填!!!!」

優花里「これも目隠しをしてやる必要あるんでしょうか....」ガゴン

みほ「華さん、しっかり狙って!!!」

華「狙うも何も見えませんが....」

華「エイッ!!」ドカーーーーーーーン

みほ「脱出!!!!」



9: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 12:57:50.81 ID:vmZD574/0

料理人:>>10



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 12:58:07.62 ID:sKpRmkbpO

ペパロニ



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 13:02:56.06 ID:AmYn4qGko

細かいけどみぽりんは西住流の家元じゃなくて家元の娘じゃね?



13: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 13:06:21.37 ID:vmZD574/0

>>11
ごもっともな意見です。
序盤でこのようなミスをしてしまったことを深くお詫び申し上げます。
これからもガルパンファンとして精進していきますのでどうかこのSSにお付き合いください。



16: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 14:39:28.91 ID:xzAh/J1Y0

~アンツィオ学園艦~

沙織「や~~~~~っとついたぁ!」

華「時間がかかってしまいましたね」

麻子「しかしこの学園艦なんというか....」

優花里「クソぼろいですね!!」

沙織「コラ!」

みほ「一応建物とかはローマ風で綺麗だしいいんじゃないかな....」

華「氷山にぶつかったら沈没しそうですね」

麻子「このあたりに氷山はないから大丈夫なんじゃないか?」

沙織「真面目に議論しないでよ....」

みほ「じゃあみんな、さっき言った食材は持ってきた?」

沙織「一応持ってきたけど....」

華「なんで食材までいるんですか?」

麻子「食材代だけこっちで払って用意してもらえばいいんじゃないか?」

優花里「確かにそのほうが楽ですね」



17: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 14:40:00.12 ID:xzAh/J1Y0

みほ「みんな忘れてない?」

四人「?」

みほ「今回はいろいろな料理を知ることが目的なの」

みほ「つまり」

みほ「自分たちが食材だけ用意して、それに応じた料理を作ってもらえば」

みほ「その人も知らないような未知のレシピが生まれる!!!!」

みほ「教える側も教えられる側もWINWINだよ!!!!」

沙織「それって大丈夫なの....」

華「いきなり食材だけ持ってこられてアドリブで料理をしろというのは....」

麻子「なかなかに難易度が高いな....」

優花里「しかもその食材もそれぞれが考えなしに選んでいるわけですからね....」

みほ「大丈夫大丈夫!!ぺパロニさんは料理上手で有名だし!!!」

みほ「いざダークマターが生まれちゃっても貧乏なアンツィオ生は喜んで食べるよ!!!」

沙織「家元の娘の差別意識がすごい」

華「私もいるので大丈夫ですよ?」



18: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 14:40:37.67 ID:xzAh/J1Y0

みほ「おーいぺパロニさーん!!」

ペパロニ「どうもこんちは!!!」

麻子「声が大きい....」

ペパロニ「こんにちは!!!!!!!!!!」

麻子「ひぃっ!!」パリン

優花里「鼓膜が破れた音がしました....」

麻子「なにも聞こえない....何も聞かせてくれない....私の体が昔より....大人になったからなのか....」

沙織「鼓膜が破れたからでしょ」

ペパロニ「それで今日はいきなりどうしたんスか?」

みほ「実は、ペパロニさんに料理を教わりに来たんです!!!」

ペパロニ「わたしにッスか!?」

みほ「はい!!ペパロニさんって料理がとてもお上手なイメージなので!!」

ペパロニ「そんなぁ~照れるッスよぉ~////」



19: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 14:42:09.27 ID:xzAh/J1Y0

ペパロニ「でもそこまで言われたら断るわけにはいかないッスね!!!」

ペパロニ「何がいいッスか?ナポリタンには自信があるッスけど!!」

みほ「はい、今日はいつものメニューではなく」

みほ「私たちが材料を用意してきたのでそれを使ってほしいんです!!」

ペパロニ「そうッスか!!!どんな材料が来ても必ずおいしい料理を教えるッスよ!!!」

みほ「じゃあみんな、持ってきた材料を出して!!!」

三人「おー!!!」

麻子「....」

沙織「あっ、麻子今耳が聞こえてないんだった」

沙織「麻子、ざ、い、りょ、う!!!」

麻子「埋葬?」

沙織「材料!!!!」

麻子「了解」

みほの食材>>20
沙織の食材>>21
華の食材>>22
麻子の食材>>23
優花里の食材>>24



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 14:42:38.05 ID:4guKgX9Mo

アンコウ



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 14:47:02.07 ID:DhcLMM+RO

サツマイモ



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 14:50:39.98 ID:sKpRmkbpO

ジャガイモ



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 14:52:46.19 ID:maCLU4KYO

サトイモ



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 15:02:10.55 ID:PdCQ17CNO

ナガイモ



28: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 15:28:01.58 ID:xzAh/J1Y0

みほ「私が持ってきたのはこれ!!!」ドスン

<アンコウ>

ペパロニ「おー!さすが大洗ッスね!!」

ペパロニ「ただ私、あんこうなんて捌いたことないんスけど大丈夫っすかね....」

みほ「なるようになるよ!!」

ペパロニ「そうッスね!!」

沙織「なんかこんなに立派なもののあとには出しにくいんだけど」ガサゴソ

<サツマイモ>

ペパロニ「サツマイモッスかぁ~!甘いしホクホクしてるしなんにでも使えるッスね!!」

華「あら、少し似ているものを用意してしまいました....」

みほ「大丈夫大丈夫!」

華「それでは....」コロコロ

<ジャガイモ>

ペパロニ「おぉぅ....ジャガイモッスか....ま、まぁサツマイモやあんこうと合わせても特に問題は」

優花里「....」ポロッ

ペパロニ「ん?なんか落ちたッスよ?」ヒョイ

<サトイモ>

ペパロニ「....」

優花里「....」



29: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 15:29:52.85 ID:xzAh/J1Y0

ペパロニ「もしかして....」

麻子「....」

麻子「....」トス

<ナガイモ>

ペパロニ「Oh....」

五人「....」

ペパロニ「....」

ペパロニ「で、でもこの材料ならどう作ってもまずくなることはなさそうッス!!!」

みほ「そ、そうだね!!!」

沙織「確かに!!!」

優花里「それで、何を作るかは決まりましたか?」

ペパロニ「そうッスねぇ....」

華「無難にいくなら芋煮のようなものでしょうか....」

ペパロニ「そんな感じがいいのかもしれな

みほ『はい!!ペパロニさんって料理がとてもお上手なイメージなので!!』

ペパロニ「....」

ペパロニ「....無難」



30: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 15:33:25.09 ID:xzAh/J1Y0

麻子「常識的に考えたらそうなるんじゃないか」

みほ『はい!!ペパロニさんって料理がとてもお上手なイメージなので!!』

ペパロニ「....」

ペパロニ「....常識的」

みほ「どうかしましたかペパロニさん?」

ペパロニ「....」

ペパロニ「....わかったッス」

五人「?」

ペパロニ「この私に!」

ペパロニ「全てを任せてほしいッス!!!!」

五人「!?!!?!?!?!?」

ペパロニ「この限られた材料で」

ペパロニ「今まで見たこともないような私だけの料理をお教えするッス!!!!!」

五人「!!!!!!!!」

みほ「....」

みほ「....わかりました」

沙織「....ペパロニさんがそういうんなら」

華「....私たちがいうことは」

優花里「....何もありません」

麻子「....」コクリ

ペパロニ「み、みなさん!!!!」

ペパロニ「ありがとうございまッス!!!!」



31: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 15:40:40.39 ID:xzAh/J1Y0

みほ「それで、どういうものを作るんですか?」

ペパロニ「はい、今回は」

ペパロニ「アンコウの腹の中にイモ翌類を全部詰め込んで蒸し焼きにするッス!!!」

沙織「えぇっ!?芋煮じゃないの!?」

ペパロニ「無難なものを作っても西住さんのためにならないと思うんス」

沙織「い、いやでも」

華「素晴らしいです」ポロポロ

優花里「なんという心がけ」ポロポロ

麻子「....」ポロポロ

沙織「えぇ....」

ペパロニ「じゃあまずあんこうを捌いていくッス!!」

ペパロニ「でもこれどうやって捌くんスかねえ....」

沙織「みぽりん、ここだけ私がやってもいい?経験者じゃないとこれは難しいと思うの」

みほ「うーん....どうですかペパロニさん?」

ペパロニ「すみません、お任せするッス」ペコリ

沙織「おっけー!じゃあみぽりんもできるようにならなきゃだからよーく見ててね!」

みほ「うん!」

沙織「それじゃあ!!!」スパッ

<アンコウ(内臓全摘出)>

優花里「い、一瞬で!!?!?」

華「先月号の別冊付録がアンコウの捌き方講座でしたから」

麻子「ゼクシィすごい」



32: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 16:00:45.76 ID:xzAh/J1Y0

ペパロニ「ということでアンコウの下処理は完成したっスから次はイモっス」

みほ「このイモたちは全部皮をむけばいいんですか?」

ペパロニ「そうッスね、このピーラーを使ってくださいッス」

沙織「じゃあ私はこのジャガイモを剥いて芽も取っちゃうね」

ペパロニ「お願いするっ

みほ『はい!!ペパロニさんって料理がとてもお上手なイメージなので!!』

ペパロニ「....」

ペパロニ「(ここで芽を取るのは普通ッス)」

ペパロニ「(今回用意したイモたちはほとんどが芽に毒の含まれていないものッス)」

ペパロニ「(ただジャガイモの芽にはソラニンという毒があるので普通は取り除くッス)」

ペパロニ「(でも私は『今までに見たことのない料理』を教えるといったっス)」

ペパロニ「(ここでジャガイモの芽を取るのは....)」

ペパロニ「(....)」

ペパロニ「(決めたッス....)」

ペパロニ「(>>34ッス)」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 16:02:36.80 ID:E7sSZIcGO

取らない



35: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 16:10:45.09 ID:xzAh/J1Y0

ペパロニ「(取らないッス....)」

ペパロニ「武部さん!!!」

沙織「どうしたの?」

ペパロニ「その作業ちょっと待ってほしいッス!!!」

沙織「え?皮むき?」

ペパロニ「そこは今回の料理で重要なので私にやらせてくださいッス!!!」

沙織「べ、別にいいけど....」

沙織「(この鬼気迫る表情....よっぽどこの工程が大事なんだ....)」

沙織「じゃあ頑張ってね!!!」

ペパロニ「任せてくださいッス!!!」

ペパロニ「....」

ペパロニ「....じゃあまず皮をむくッス」ムキムキ

ペパロニ「そして....」

ジャガイモ「ニョーン」

ペパロニ「この明らかに芽が出ているジャガイモ....」

ペパロニ「....」ポイッ

ペパロニ「これで....この料理は....」

ペパロニ「誰も体験したことのない神の領域へと進化するッス!!!!」

ペパロニ「ふふふふふふ....」

ペパロニ「ふははははは....」

ペパロニ「はっはっはっはっはっはっは!!!!」



38: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 16:25:53.94 ID:xzAh/J1Y0

優花里「これで全部ですかね?」

華「イモ翌類はすべて皮をむいてアンコウのおなかの中にいれましたよ」

麻子「しかしこれ、どうやって蒸し焼きにするんだ....」

沙織「このアンコウ、2メートルを軽く超えてるもんね....」

みほ「ペパロニさん、大丈夫ですか?」

ペパロニ「そこはもちろん考えてあるッス」ニヤ

五人「?」

ペパロニ「これを使うッスよ」

<真っ二つとなったカルロ・ヴェローチェCV33>

優花里「あぁ!!なんてことを....」

みほ「これは....」

みほ「なるほど、壊れた戦車の車体を半分に切ってその中にアンコウを入れれば」

沙織「大きなアンコウも蒸し焼きにできるんだ!!!」

華「でも、戦車全体を熱するためには....」

ペパロニ「みなさん」

ペパロニ「アンツィオといえば?」

五人「....」

麻子「ピザか」

ペパロニ「正解っス!」

ペパロニ「アンツィオにある一番大きなピザ窯ならCV33くらい余裕で入るんスよ♪」

みほ「さすがアンツィオですね....」

沙織「規模が鉄腕DASHの企画レベルだよ....」



39: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 16:30:06.65 ID:xzAh/J1Y0

ペパロニ「じゃあCV33を窯の中に入れていくッスよ~」

五人「せーの!!!!」ググッ

コロコロコロコロ

華「入りましたね」

沙織「さすがに重いよ~」

優花里「今更なんですがいくらCV33とはいえ女子高生の力で動かせるものなんですかね?」

麻子「OVAではアンツィオ生二人で倒れた車体を起こしてたし大丈夫だろう」

みほ「そこは触れちゃダメだよ....」

ペパロニ「石窯に火を入れるのでみなさん散って下さ~い」

五人「は~い」



40: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 16:43:20.41 ID:xzAh/J1Y0

アンチョビ「はぁ~あいつらの相手は疲れるなあ....」

アンチョビ「遅めの昼食でも取るか....ん?」クンクン

アンチョビ「なんだかうまそうなにおいがするな....」

アンチョビ「誰だ?勝手に石窯を使ってるやつは....」

アンチョビ「まぁいい、説教ついでにそこで昼食を取ろう!!」

アンチョビ「しかしこの匂いはなんなんだ?」

アンチョビ「石窯を使ってはいるがピザではないみたいだ....」

アンチョビ「ふーむ....例えるならまるで....」

アンチョビ「芽の出たジャガイモを焼いているような....そんな匂いだ....」

アンチョビ「まぁいい!!いくらウチでもそんなことしてるバカはいないだろ!!」

アンチョビ「おーいそこのお前!!!私にもそれ分けてくれ!!!」

ペパロニ「あれ?姐さん!!?」

アンチョビ「なんだ、ペパロニだったのか」

アンチョビ「お前、勝手に石窯使っちゃダメだろ?」

みほ「すみませんアンチョビさん....」

アンチョビ「うぇっ!?なんでお前までいるんだ!?!?」

沙織「実はこういうことなんです」



41: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 16:43:54.28 ID:xzAh/J1Y0

アンチョビ「なんだそういうことか!!!」

アンチョビ「そういうことならわが校はいかなる協力もいとわないぞ!!!」

アンチョビ「その代わり....」

みほ「代わり....?」

アンチョビ「完成した料理は他の奴らにも振舞うってことでいいか?」

みほ「もちろんです!!!」

華「にぎやかなパーティになりそうですね!!」

優花里「とても楽しみです!!!」

麻子「....」コクコク

ペパロニ「....」ダラダラ

アンチョビ「よぉ~しそれじゃあ戦車道生に声をかけるとしよう!!!」

ペパロニ「あ、あの姐さん」

アンチョビ「なんだペパロニ!!!お前だけ独り占めしようったってそうはいかないぞ!!!!」

ペパロニ「いやちが

アンチョビ「お前ら~~~~~飯だぞ~~~~~~~」ゴーンゴーンゴーン

生徒A「なんだなんだ?」

生徒B「飯だってよ飯!!!」

生徒C「なに?どこだ!?」

生徒D「石窯らしいぞ!!!」

ザワザワザワザワザワザワザワ

アンチョビ「おーさすがに飯のことになると早いな」アッハッハ

ペパロニ「あわわわわわわ」ダラダラ



43: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:02:49.99 ID:xzAh/J1Y0

みほ「そろそろ焼けるんじゃないですか?」ワクワク

沙織「すっごいいい匂い!!」

華「楽しみです....」

優花里「CV33は大丈夫でしょうか....」

麻子「....」コクコク

アンチョビ「よーし取り出すか!!!」

アンチョビ「この紐を引っ張れ!!!」

全員「おー!!!!」

ペパロニ「....」ダラダラ

コロコロコロコロ

カルパッチョ「うわぁ....CV33が黒焦げです....」

アンチョビ「安心しろ!洗えば落ちる!!」

アンチョビ「さて上半分をどけなきゃな!!」

アンチョビ「発射!!!」ドカーン

パカッ

<アンコウの蒸し焼き~ローマ風~>

全員「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

アンチョビ「これは、やるな~ペパロニ!!!」

ペパロニ「はは....」ダラダラ

みほ「味付けはペパロニさんに任せたけどやっぱり正解だったね!!!」

沙織「おイモとアンコウにたっぷりのチーズとトマトソース!!」

華「これはもう完璧にイタリアンですね!!!」

優花里「あぁ~早く食べたいです!!!」

麻子「....」コクコク



44: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:25:04.33 ID:xzAh/J1Y0

みほ「アンチョビさん、全員揃いましたか?」

アンチョビ「あぁ!お前ら~準備はいいか!!!!!」

全員「おぉーーーーーー!!!!!!!」

アンチョビ「大丈夫そうだ」

ペパロニ「....」ダラダラ

みほ「それではみなさん」

みほ「いただ プルルルルルルルルル

沙織「も~みぽりん!」

みほ「あははごめんごめん....」ポチッ

みほ「あーーーーーーーーーーーーー!!!!」

華「どうかしましたか?」

みほ「そろそろ帰る時間だ!!!!」

優花里「なんと!?では我々は....」

麻子「食べている暇はないということか....」

みほ「みんなごめんなさい!!!!」ペコリ



45: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:25:48.40 ID:xzAh/J1Y0

沙織「まぁ私たちも時間を忘れて料理してたし」ニコ

華「仕方ないですね」ニコ

優花里「この後もいろいろな人に料理を教えてもらうわけですし、食べる機会はいくらでもありますよ!」ニッコリ

麻子「今回もレシピは学べたから問題はないな」コクコク

みほ「みんな....」ウルウル

アンチョビ「本当にいいのか?せっかく作ったのに」

みほ「はい、今回はほとんどペパロニさんが作ったようなものですから」

みほ「アンツィオの皆さんで食べてください!!!!」

全員「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

アンチョビ「じゃあお言葉に甘えさせてもらおう!!」

みほ「それじゃあ私たちはこれで」ペコリ

みほ「パーティーを楽しんでください!」

全員「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」



46: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:31:18.92 ID:xzAh/J1Y0

アンチョビ「よぉ~~~~しじゃああいつらには悪いが頂くとするか」

アンチョビ「っとその前に」

アンチョビ「ペパロニ!!!お前が音頭を取るんだ!!!」

ペパロニ「へ?」

アンチョビ「ほとんどお前が作ったようなもんなんだろ?」

ペパロニ「は、はぁ....」

ペパロニ「....」

ペパロニ「....」

ペパロニ「....」プツン

ペパロニ「....お」

ペパロニ「おまえらあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

ペパロニ「これはお前らが見たこともないような料理だああああああああああ!!!!!」

全員「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

ペパロニ「うますぎて倒れても知らないぞおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

全員「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

ペパロニ「それじゃあいくぞ!!!!!」

ペパロニ「いただきます!!!!!!!!!!!!!!」

全員「いただきます!!!!!!!!!!!!!!」

パクッッッッ パクッッッッ パクッッッッ パクッッッッ



47: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:39:04.04 ID:xzAh/J1Y0

~大洗学園艦~

みほ「本当にみんなごめんね....」

優花里「い~んですよ西住殿!」

沙織「そうそう!また機会はあるって!」

華「気を取り直して戦車喫茶でも行きませんか?」

麻子「....ん?」

バラバラバラバラバラバラバラバラ

みほ「わぁ~すごい!あんなにたくさんのヘリコプター初めて見たかも!」

沙織「しかも全部同じ色だ!」

華「白地に赤のラインが入っています、あまり見ないものですね?」

優花里「あれは....ドクターヘリですね....」

麻子「....」コクリ



48: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:40:04.60 ID:xzAh/J1Y0

みほ「じゃあなにか大きな事件とかあったのかな?」

沙織「でもあの数だと数百人規模で病人かけが人が出たってことになっちゃうよ?」

華「きっと訓練かなにかでは?」

優花里「恐らくそうだと思います!」

みほ「なぁ~んだ」ホッ

沙織「ささ!早く戦車喫茶いこ!」

華「今日は疲れたのでわたくしいくらでも食べてしまえそうです♪」

優花里「五十鈴殿は毎日それでは....」

四人「あはははははははは!!!!」

麻子「....」クルリ

バラバラバラバラバラバラバラバラ

麻子「....そういえばあっちはアンツィオの方向だったか」

麻子「....」

麻子「....まぁ関係はないだろ」クルリ

バラバラバラバラバラバラバラバラ



49: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:46:45.82 ID:xzAh/J1Y0

~次の日~

みほ「アンツィオで食中毒かぁ....アンチョビさんやペパロニさんは大丈夫かなあ....」

沙織「心配だね....」

華「私たちは料理を教わることでしか前に進めないんです!」

優花里「さぁ次の料理人を決めましょう!!!」

麻子「そいや」グルグルグルグル

優花里「それっ!」ガゴン

華「えいっ!」ドカーン




50: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 17:47:25.36 ID:xzAh/J1Y0

しばらく休憩するので安価だけ取っておきます
料理人:>>51



51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 17:47:33.48 ID:4guKgX9Mo

エリカ



57: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 22:40:26.07 ID:xzAh/J1Y0

先に説明しておくべきでしたが私は料理の心得がほとんどありません。
そのためスレはめちゃくちゃハチャメチャな展開になりがちで、まともなSSにはならないと思います。
注意が遅れてしまい申し訳ありませんでした。



59: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 22:45:25.20 ID:xzAh/J1Y0

みほ「エリカさんだ....」

沙織「エリカさんってあの....」

華「黒森峰の副隊長さんですね....」

優花里「西住殿に当たりが強いんですよね....」

五人「....」

麻子「どうするんだ?」

みほ「もちろん行くよ!」

みほ「砲弾は絶対だからね!!」

沙織「さっすがみぽりん!」

華「これを機に関係が良化するかもしれません!」

優花里「そうと決まれば早速!」

麻子「黒森峰の学園艦へ」

五人「GO!!!!!」



60: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 22:49:20.36 ID:xzAh/J1Y0

~黒森峰学園艦~

みほ「....」

みほ「ここも久しぶりだなぁ....」

沙織「大丈夫?」

みほ「うん!大学選抜戦の時にお姉ちゃんともいろいろ話せたし」

みほ「前ほど不安な気持ちはないかな」ギュッ

華「みほさん....」ニコ

みほ「たぶんエリカさんは寮にいると思うからそこに行こうか」テクテク

優花里「....」

優花里「ああ言ってますがやはり....」

麻子「不安じゃなければあんなに手を握りしめたりはしない」

沙織「でもせっかくみぽりんが頑張ってるんだもん!」

華「私たちもできる限りサポートしましょう!」

四人「....」コクリ

みほ「?」

みほ「みんなー?行くよー?」

四人「はーい」




61: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 22:56:12.10 ID:xzAh/J1Y0

~黒森峰学園学生寮~

みほ「....」ゴクリ

沙織「ここがエリカさんの部屋....」

華「なんだかイメージと少し違うような....」

優花里「こんなにファンシーなネームプレートは想定外ですね....」

麻子「意外といい奴なんじゃないか」

みほ「....」スッ

沙織「みぽりん?」

みほ「....」ブルブル

華「手が....」

みほ「....ごめん、もう少しだけ落ち着かせて」ブルブル

優花里「私がノックしましょうか?」

みほ「いや、私にやらせて」

優花里「わかりました」コクリ



62: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 22:57:00.81 ID:xzAh/J1Y0

みほ「....」スーハー

みほ「....」

コンコン

五人「....」

ガチャ

エリカ「何か用かしら?」

みほ「こ、こんにちはエリカさん」

エリカ「....」

エリカ「....何しに来たの」

沙織「じ、実は

みほ「沙織さん」コクリ

沙織「....」

みほ「あのねエリカさん」

エリカ「何?」

みほ「....」

エリカ「....」

みほ「私に料理を教えてください!!!!」

エリカ「....」

エリカ「はあああああああああああああああ!?!?!??!?!?」



63: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 23:00:03.44 ID:xzAh/J1Y0

エリカ「そういうことだったのね」

みほ「ごめんなさい、いきなり押しかけちゃって....」

エリカ「....」

エリカ「それで?」

みほ「それで?」

エリカ「何を教えればいいのって聞いてるの!!」

みほ「いいの??」

エリカ「まぁわざわざ大洗から来たんだし何もしないで帰すわけにもいかないでしょ」フン

みほ「ありがとうエリカさん!!!!」

エリカ「....」

エリカ「....」ニヤ

優花里「あ、今ニヤつきましたよ」

エリカ「してないわよ!!!!」

沙織「いやしてた」

エリカ「してない!!!」



64: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/03(土) 23:04:48.68 ID:xzAh/J1Y0

エリカ「もー全然話が進まないじゃない!!!」

麻子「噓をつくからだ」

エリカ「ついてないってば!!!」

エリカ「じゃなくて!!!」

エリカ「私はあんたたちに何を教えればいいのよ!!!」

みほ「特にこれといったメニューは決めてないんだけど」

みほ「私たちが用意した材料を使った料理をなんでもいいから作ってほしいの」

エリカ「えぇ....?私別にそこまで料理得意なわけじゃないんだけど?」

みほ「そんな!エリカさんのハンバーグおいしかったよ?」

エリカ「そ、そう....?」ニヤ

華「また笑っています」クスクス

エリカ「....」

エリカ「それで?材料ってのはなんなの?」

みほ「じゃあみんな、持ってきた材料を出して!」

四人「おー!」

みほの食材>>65
沙織の食材>>66
華の食材>>67
麻子の食材>>68
優花里の食材>>69



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:05:21.58 ID:JKFJhxkrO

牛ひき肉



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:05:37.29 ID:tKPO1bADO

アンキモ



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:05:56.55 ID:640CjUHCO

豚ひき肉



68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:06:05.90 ID:4guKgX9Mo





69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:07:01.78 ID:fVOPQRpI0

鳥もも肉



74: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:04:29.32 ID:8EqHtSri0

みほ「やっぱりエリカさんといえばハンバーグだから私はこれ」トス

<牛ひき肉>

エリカ「牛ひき肉、戦車道と違って食材選びは無難なのね」フン

????『無難....それでいいのか....?』

エリカ「ん?今何か声が」

沙織「私の持ってきたのはこれ!!!」ポン

<あん肝>

エリカ「これ何?なんかぬめぬめしてドロドロしてるんだけど」

沙織「あん肝!!」

みほ「もしかして昨日の残り?」

沙織「うん!昨日捨てられそうになってたから拾ってずっと懐で温めてたの!」

エリカ「懐って....あんたそれ大丈夫なの?」

沙織「新鮮だから大丈夫!」

エリカ「いや新鮮だったのは昨日まででしょ....」



75: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:05:03.60 ID:8EqHtSri0

華「私はすみません、みほさんと同じようなものなんですが....」ヒョイ

<豚ひき肉>

エリカ「今度は豚なのね....」

エリカ「ハンバーグは合い挽きでも作るし問題ないわね」

麻子「私はこれだ」ドザー

<米>

エリカ「ハンバーグはメインで主食もある、と」

エリカ「あんたたちなかなかいいじゃない」

みほ「ありがとうエリカさん」ニコ

エリカ「....///」

エリカ「最後はモジャ毛ね、早く出しなさい」

優花里「....」

エリカ「何してるのよ、早く」

優花里「....」

優花里「....」ポイ

<鶏もも肉>



76: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:05:57.69 ID:8EqHtSri0

エリカ「....」

エリカ「鶏もも肉ってなによ!!!!」

エリカ「あんたたち私がハンバーグ好きだからそれを作らせるつもりで材料選んだんでしょ!?」

エリカ「肉ばっかりじゃない!?!?!?」

エリカ「ハンバーグって肉だけでできてるわけじゃないのよ!?!?!?」

エリカ「玉ねぎは!?!?!?」

みほ「ないよ」

エリカ「卵は!?!?!?」

沙織「割れちゃうし」

エリカ「パン粉は!?!?!?」

華「パンなら道中で食べました」

エリカ「....」

エリカ「も~これどうするのよ....」



77: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:07:49.46 ID:8EqHtSri0

エリカ「しかも鶏もも肉なんてハンバーグ作らせる気ないでしょ」

優花里「すみません....」

優花里「(西住殿にあのような口をきいた罰です!苦しんでください!)」

エリカ「じゃあまず....」

エリカ「鶏もも肉をフードプロセッサーでひき肉にして」

みほ「はーい」

優花里「な!?」

エリカ「なんか文句あるの?」

優花里「い、いえ....」

エリカ「(私のほうが一枚上手みたいね)」ニヤ

優花里「(やられた!!!)」

優花里「(逸見殿もこれを機に西住殿との関係修復を狙っている....!!!)」

優花里「(....そうは)」

優花里「(そうはいきません!!逸見殿は一人で催眠音声でも聞いておけばいいんです!!!)」

優花里「(なんとか逸見殿を倒さなければ....)」



79: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:19:54.22 ID:8EqHtSri0

麻子「私の米は炊いておけばいいのか?」

エリカ「待って」

エリカ「それはフライパンで炒っておくの、弱火でね」

沙織「ごはん食べないの?」

エリカ「あんたたちがパン粉も卵も持ってこないからつなぎがいるのよ」

華「つまり、米を炒ってから砕いて米粉にするんですね」

エリカ「そうよ、私だって白米と一緒に食べたいけど今回はしょうがないわ」

みほ「なるほどー、代用品まで知ってるなんてさすがエリカさん!」

エリカ「....」

エリカ「あんたはこの三種の合い挽き肉を必死でこねなさい」

みほ「どのくらい?」

エリカ「それぞれが完全に混ざって粘り気が出てきたら私に言って」

みほ「はーい!」



80: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:20:27.85 ID:8EqHtSri0

沙織「ねえねえエリリン」

エリカ「エリカよ」

沙織「ハンバーグのほうは順調に進んでるみたいだけどこれはどうするの?」

<あん肝>

エリカ「あっ....」

エリカ「(あん肝ってどうすればいいのかしら....)」

エリカ「(そもそもあん肝って女子高生が扱うようなものじゃないでしょ!)」

エリカ「(どうしたら....)」

優花里「逸見殿」ニコ

エリカ「なによインモラル頭」

優花里「あん肝の通な食べ方、お教えしましょうか?」ニコ

エリカ「....」



81: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:20:55.78 ID:8EqHtSri0

エリカ「別にいらないわ」

優花里「いいんですか?逸見殿はあん肝の食べ方をご存じないのではありませんか?」

エリカ「....」

優花里「私も西住殿を喜ばせたいんですよ」ニコ

エリカ「....」

エリカ「いらないけど一応聞いておくわ」

優花里「あん肝はですね....」

優花里「刺身にするとおいしいらしいですよ」ニコ

エリカ「刺身!?」

エリカ「あんたそれ本当なの!?」

優花里「もちろんですよ」ニコ

優花里「ささ、新鮮なうちに調理してしまいましょう!!」ニコ

エリカ「えぇ....」

エリカ「....」



83: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:32:37.61 ID:8EqHtSri0

みほ「エリカさーん」

エリカ「できたの?」

沙織「うん!このくらいだよね?」

エリカ「いいんじゃないかしら」

華「あとは成形して焼くだけですね♪」

エリカ「ええ、まず丸い形を作ってから手のひらで軽く叩きつけるようにして空気を抜くの」

沙織「よーし行くよ!!!」

エリカ「何が?」

華「インコース低め....」シュッシュッシュ

みほ「サイン交換?」

沙織「....」コクリ

沙織「....」バッ

沙織「....!!!」ビシュッ

麻子「あれは....」

優花里「レッドソックスなどで活躍し今年引退された岡島秀樹投手の投球フォーム」

麻子「ひとよんで」

二人「あっちむいてほい投法!!!!」

華「ストライク!!!」パシッ

エリカ「手のひらで!!!軽く!!!」

四人「はーい」

みほ「もーみんなったら....」



86: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:40:18.19 ID:8EqHtSri0

エリカ「ずいぶん時間がかかったわ....」

沙織「今日はスライダーがいまいちだったね....」

華「スローカーブはキレてたと思います」

優花里「武部殿の直球と織り交ぜられたらなかなか打てないですよあれは!!」

麻子「....星野伸之」

三人「それだ!!!」

エリカ「....主にあんたたちのせいでね」

みほ「これを天板に並べればいいの?」

エリカ「そうそう、それぞれがくっつかないように間隔をあけるの」

みほ「はい!」

エリカ「じゃあ熱したオーブンに入れて」

エリカ「はい、あとは少し待てば焼きあがるわ」

優花里「疲れました....」

華「やっぱり料理は大変ですね」

沙織「あー中五日空けたい」

エリカ「そりゃあれだけ投げたらそうなるわよ....」

みほ「うふふ」

エリカ「....」

エリカ「....何がおかしいの」



87: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:46:13.55 ID:8EqHtSri0

みほ「なんだかエリカさんとこうやって過ごしてるのがおかしくって」クス

エリカ「私はそんなに堅物かしら?」

みほ「違うの」

みほ「色々あって」

みほ「心も、体も、お互い離れてたから」

みほ「普通の友達みたいに一緒に笑ったのって久しぶりだから」

エリカ「....」

エリカ「....でしょ」

みほ「?」

エリカ「....普通の友達じゃダメかしら」

みほ「....」

エリカ「....また昔みたい

みほ「エリカさん!!!!!」ガバッ

エリカ「ちょ、ちょっとあんた!!!!」

みほ「やっと会えたね!!!!」ギューッ

エリカ「....」

エリカ「....会ったのは何時間も前よ」

みほ「ううん、本当の再会は今だよ」ギューッ

エリカ「....」

エリカ「....」ギュッ



88: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 00:53:34.35 ID:8EqHtSri0

沙織「う゛う゛....よ゛がっ゛だね゛み゛ぼり゛ん゛....」ポロポロ

華「これだけでも今回の料理の旅は意味があったのかもしれません」グスン

麻子「....ああ」コクリ

優花里「....」

優花里「(逸見殿、よかったですね)」ニヤ

優花里「(幸せを感じることができて)」ニヤ

優花里「(それもハンバーグが焼きあがるまでの話ですが)」ニヤ

優花里「(そのあとはもちろんあそこは私の指定席となるんです)」ニヤ

優花里「(ド腐れあん肝を生で食べ、倒れたみなさんを私が颯爽と助ければ)」

優花里「(光秀の三日天下は終わり)」

優花里「(太閤秋山優花里の時代が来るのです!)」ニヤニヤ

チーン

エリカ「焼けたみたいね、ほらみほ、離れて」グイグイ

みほ「お願い、もうちょっとだけ」ギュッ

エリカ「....」

エリカ「....冷めちゃうから少しだけよ」

みほ「はーい」ギューッ

優花里「(こなくそ!!!!)」



89: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 01:11:49.83 ID:8EqHtSri0

エリカ「それじゃあ食べましょ」

エリカ「っとその前に忘れてたわ」ガサゴソ

五人「?」

エリカ「はいこれ」トン

<あん肝の刺身>

優花里「(来ましたね)」ニタア

エリカ「....」

エリカ「あらそんなに喜んじゃって」

優花里「え?」

エリカ「よっぽどこれが好きなのね」ニコ

優花里「へ!?」

みほ「そうなの優花里さん?」

優花里「いいいいえいえいえいえいえいえ!!!」

エリカ「みほ、この子優しいわね、自分の好きなものなのに遠慮しちゃって」ニコ

優花里「何を」



90: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 01:12:29.14 ID:8EqHtSri0

沙織「ゆかりん!一番最初に食べていいよ!」

優花里「いや私は」

華「たくさんありますし」ニコ

優花里「あのっ」

麻子「....」コクリ

優花里「私だけが食べるわけには」

みほ「優花里さん!」

優花里「はい!?」

みほ「あーん」ヒョイ

優花里「!?!?!??!??!?!?!?」

みほ「どうしたの?はい」スッ

エリカ「ほら、みほが食べさせてくれるみたいよ?」

優花里「....」ダラダラ

<あん肝の刺身>

優花里「....」ダラダラ

優花里「(西住殿の箸が触れたことで浄化されているはずです....)」

優花里「(浄化浄化浄化浄化浄化浄化浄化浄化浄化浄化浄化)」



91: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 01:13:02.24 ID:8EqHtSri0

優花里「に」

優花里「西住殿万歳!!!!!」パクッ

みほ「おいしい?」

優花里「は、はぅぇ」

エリカ「おいしいみたいね」

みほ「じゃあもう一口、あーん」

優花里「」

優花里「万歳!!!!!」パクッ

優花里「万歳!!!!!」パクッ

優花里「万歳!!!!!」パクッ

優花里「万....」パタリ

沙織「ちょっとゆかりん!?」

華「そんなにおいしかったんでしょうか?」

麻子「....」

麻子「病院に連れて行って胃洗浄をしてもらったほうがいい」

三人「えぇっ!?!?!?!?!?!?」

エリカ「....」

エリカ「(自業自得とはいえ最後まで己を貫いたわね....)」

エリカ「(秋山優花里、覚えておくわ)」



92: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 01:17:00.12 ID:8EqHtSri0

93: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 01:21:20.69 ID:8EqHtSri0

~大洗学園艦~

みほ「昨日は大変だったね....」

沙織「まさかゆかりんがいきなり倒れちゃうなんて....」

華「もう大丈夫なんですか?」

優花里「はいっ!!むしろダイエットができていい感じです!!!」

麻子「そんなダイエットしたくないな....」

みほ「昨日の今日でまた長距離移動するかもしれないけど本当に大丈夫なの?」

優花里「はい!!!いざという時のためにおむつも履いてきました!!!」

四人「....」

沙織「そ、それじゃあまた料理人を決めよっか!」

華「そうしましょう!!」

みほ「そうだね....」

みほ「パンツァー・フォー!!」

麻子「そいや」グルグルグルグル

優花里「それっ!」ガゴン

華「えいっ!」ドカーン



94: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 01:21:57.76 ID:8EqHtSri0

本日はここまでですが先に安価だけ取っておきます

料理人:>>96



96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/04(日) 01:24:15.09 ID:TWn1B5SIo


おばあ



103: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 22:53:22.89 ID:8EqHtSri0

アンコウの蒸し焼き~ローマ風~
 材料
・アンコウ(2m超え) 1匹
・サツマイモ
・ジャガイモ
・サトイモ
・ナガイモ 各アンコウの腹の中に収まる量
・チーズ
・トマトソース

1.アンコウを適当に捌く。内臓は全て取り出す。
2.イモ翌類の皮を剝き適当な大きさに切る。ジャガイモの芽は取らない。
3.イモ翌類とアンコウにトマトソースやチーズを適当にかける。
4.イモ翌類をアンコウの腹の中に詰め込む。
5.アンコウをCV33に入れ、それをさらに熱した石窯の中へ入れる。
6.火が通ったら取り出す。
7.119番をする。



104: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 23:03:52.12 ID:8EqHtSri0

米粉でつなぐハンバーグ
 材料(1人分)
・牛ひき肉 50g
・豚ひき肉 50g
・鶏もも肉 50g
・米    0.5合

1.鶏もも肉をフードプロセッサーでミンチ状にする。
2.三種のひき肉をボウルに入れて、適度に粘り気が出るまで混ぜ合わせる。その後米粉を加えさらに混ぜる。
3.形を整え、手のひらで軽く往復させるようにして空気を抜く。18.4404mの距離から構えているもう一人に向かって、自分の持ち球全てを確かめるくらい投げ込むとさらにおいしくなる。投げ込んだ後は次の登板まで5~6日空けるとケガをしにくい。
4.それぞれがくっつかない程度に間隔をあけ天板に並べたら、200度に熱したオーブンに入れ10分ほど焼く。
5.焼きあがったら中心に竹串を刺し、透明な肉汁が出てくるかを確かめる。



105: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 23:05:43.15 ID:8EqHtSri0

あん肝の刺身
 材料
・あん肝 適量

1.あん肝は調理する1日前から常温の場所に置いておく。自分の着ている服のポケットなど、人肌程度の場所が望ましい。
2.食べやすい大きさに切り分ける。
3.119番をする。



109: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 23:27:58.22 ID:8EqHtSri0

みほ「誰に当たったのかな?」チラ



沙織「んー?”お”?」

お ば

華「おば?そんな名前の人いましたっけ?」

お ば あ

優花里「”おばあ”...?あっ....」チラ

麻子「....」ガクガクガクガク

四人「おばあ!!!」

麻子「ウーン....」バタン

みほ「ま、麻子さん!?」

沙織「よっぽどおばあが怖いんだ....」

華「自分から意識を切りましたね....」

優花里「じゃあ今のうちに....」

みほ「そうだね、沙織さん!」

沙織「ナビは任せて!」

みほ「それじゃあみんな!」

四人「パンツァー・フォー!」

麻子「zzz...」グッタリ



110: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 23:44:51.49 ID:8EqHtSri0

~麻子の実家~

みほ「ここが麻子さんの実家....」

沙織「結構久しぶりだけどほとんど変わってないからよかった~」

華「じゃあ麻子さんを起こしますね」ユサユサ

優花里「ラッパでいきましょう!」プップー!

麻子「....」パチリ

麻子「....」ムクリ

麻子「....ここは?」キョロキョロ

沙織「ここ」ユビサシ

[冷泉]

麻子「....」

麻子「....」サー

麻子「....か、帰る」テクテク

沙織「ほら麻子、早くチャイム押して?」ガシッ

華「みほさんの料理道が進みませんよ?」ガシッ

麻子「ややややめてくれっ!!!」ジタバタ



111: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/04(日) 23:45:42.25 ID:8EqHtSri0

優花里「冷泉殿が珍しくアクティブですね!」

みほ「こうやって....」グイグイ

麻子「あぁ....」ピンポーン

麻子「もう終わりだ....」

沙織「もー何がそんなに怖いの?遅刻も全部消してもらったんだし」

麻子「おばあは何でも知ってるんだ....」

華「他にも何かやましいことがあるんですね....」

ガラガラ

久子「誰だいこんな時間に?」

麻子「ただいま....」

久子「....」

久子「どうしたんだい友達まで連れて」

みほ「実は....」



112: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 00:16:05.69 ID:zcmyhIFe0

みほ「ということなんです」

久子「へぇ....」

麻子「あ、おばぁが無理なら別に」

久子「いやあたしゃ暇だから別に構わないよ」

麻子「ぐぅ....」

久子「早く上がりな」

沙織「わ~い久しぶり~」

華「お邪魔します」

優花里「古き良き日本家屋といった感じですね!」

みほ「そうだね」

麻子「....」テクテク

久子「そんなことより麻子」ガシッ

麻子「....何」

久子「洗濯物くらい毎日たたみな!」

麻子「!?!??!?!?!!?」

久子「あと風呂場の端にカビが生えてただろう?気づいたときに擦らないとすぐ広がるんだよ!」

麻子「!?!??!?!?!!?」

久子「そんな生活してるから寝坊ばかりするんだよ!」

麻子「....ごめん」

久子「まったく....ほら、みんな待ってるよ」

麻子「うん....」テクテク

久子「....」




113: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 00:33:26.47 ID:zcmyhIFe0

久子「ふぅ....」

久子「....」

<仏壇>

久子「....麻子が久しぶりに帰ってきたよ」

久子「ちょくちょく会ってはいたけどこの家に帰るのはいつぶりかねえ....」

久子「....」チーン

久子「....やっぱり」

久子「麻子はかわいいねえ!!!!!!!」チーンチーン

久子「はぁ~毎日部屋の監視カメラで見てるけどやっぱり実物は違うねえ!!!!!!!!」チーンチーンチーンチーン

久子「目も鼻も口も髪も!!!!!!!!」チーンチーンチーンチーン

久子「手も足もおなかも!!!!!!!!」チーンチーンチーンチーン

久子「そして何よりぺったんこな胸も!!!!!!!!」チーンチーンチーンチーン

久子「何もかも可愛いねえ!!!!!!!!」チーンチーンチーンチーン

久子「....」ピタ



114: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 00:34:23.16 ID:zcmyhIFe0

ガラガラ

麻子「おばぁ、みんなが呼んでる」

久子「わかったよ、すぐ行く」

麻子「お願い」

ガラガラ

久子「....」

久子「『お願い』だったら聞かなきゃいけないねえ!!!!!!!」チーンチーンチーンチーン

久子「何しに帰ってきたかは知らないが麻子のためなら頑張らなきゃいけ」ドクンドクン

久子「おっと」ピタ

久子「....」スーハースーハー

久子「麻子のことになるとすぐ血圧が上がっちまう」

久子「....」

久子「....」ナムナム

久子「麻子のことはあたしに任せな」チーン



115: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 00:39:19.64 ID:zcmyhIFe0

久子「それで、材料は何だい?」

みほ「ちょっと待っててください」

みほ「みんな、持ってきた材料を出して!」

四人「おー!」

みほの食材>>116
沙織の食材>>117
華の食材>>118
麻子の食材>>119
優花里の食材>>120





116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:41:28.60 ID:bSq7LFTRo





117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:41:34.06 ID:gxHrimEd0

ヒマワリの種



118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:42:10.72 ID:hgr7Qo8WO

カレイ



119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:42:54.67 ID:LcOFF+f6O

大根



120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:43:14.64 ID:3mjlX9WMO

トウモロコシ



126: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 22:59:53.59 ID:zcmyhIFe0

みほ「私はこれです!」ドスン

<米>

久子「さすが隊長さんってところだね」

沙織「私は~これ!」ポロポロ

<ヒマワリの種>

久子「....」

久子「あんた、馬鹿にしてるのかい?」

沙織「メジャーリーガーはガムの代わりにこれを噛んでるんだって!」

久子「あたしは入れ歯だよ!!!」

華「私はこれを」ピチピチ

<カレイ>

久子「またこれは立派なカレイだね...」フム

華「今朝市場に行って仕入れてきました」ニコ



127: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:00:55.29 ID:zcmyhIFe0

麻子「私はこれ」ポイ

<大根>

久子「あんたにしてはまともじゃないか」

麻子「まさか私もおばぁに料理してもらうとは思わなかった」

久子「....」

久子「....///」

優花里「私はこれです!!」

<トウモロコシ>

久子「これも無難だけど、他のには合わなそうだね」

優花里「すみません....」

久子「まぁ大丈夫だろう、さぁ作るよ!」

五人「はーい」



128: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:01:49.71 ID:zcmyhIFe0

久子「じゃあまず、カレイと大根を煮つけにしようかね」

みほ「すごい....普通だ....」コソコソ

沙織「そりゃあ何十年も料理してきてる人だし....」コソコソ

華「普通の食材の安価は捌きにくいです....」コソコソ

優花里「やはり年の功は偉大です....」コソコソ

麻子「そんなに普通とは思えないが....」コソコソ

久子「まず大根は皮を剥いてだいたい5センチくらいの厚さで輪切りにするよ」トントン

みほ「どうして?すごくスムーズに料理してるけど?」

久子「そのあとは鍋に入れて大根を覆うくらいの水ね、あとほんだしも」パッパッ

沙織「そうだよ、怖いからってそんなこと言っちゃって~」

久子「大根に火が通ってきたら調味料を入れて一煮立ち、そのあと捌いたカレイをいれる」

久子「このとき皮は下向きにね」ポチャン

華「私も上手なお料理風景にしか見えませんが....」

久子「カレイを入れたら弱火で5分、そのあと蓋をして中火でだいたい30分くらいかね」コトコト

優花里「ほら、喋っている間にもう作業終了しています!」

麻子「おばぁの怖さを知らないからそういうこと言えるんだ....」

久子「あんたたち聞いてるのかい!!!!!!」

五人「はい!!!!!」ビシッ

麻子「ほら....」

久子「....」



129: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:02:22.10 ID:zcmyhIFe0

久子「....」

久子「(麻子が!麻子が後ろからあたしを見てるよっ!!!!)」ジュワ

久子「(やめてっ!!!!年寄りの小さい背中を見つめないでおくれっ!!!!)」ジュワ

久子「(背中にっ!!!背中に穴が空いちまうよっ!!!!!)」ジュワジュワ

久子「(あぁっ!!!!ダメッ!!!!)」チョロ

久子「(麻子の視線でイッちまうよっ!!!!!)」チョロチョロ

久子「(んんっっっ!!!!!!!)」ビクンビクン

久子「んはぁ....////」ハァハァ

久子「....」ハァハァ

久子「....」

久子「....こういう時着物は面倒だね」ボソ

沙織「おばぁどうかした?」

久子「いや、なんでもないよ」



130: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:02:56.59 ID:zcmyhIFe0

久子「次は....」

久子「トウモロコシとヒマワリの種で炊き込みご飯にしよう」

みほ「あの、今度は私たちがやってみてもいいですか?」

久子「あぁそうだったね、ほら」

久子「トウモロコシはまず半分に切る」

みほ「はい」トン

久子「切ったほうをまな板にあてて立てる」

沙織「は~い」ピタ

久子「そして芯と粒の境目に包丁を入れてそぎ落とす」

華「了解です」ショリショリ

久子「ヒマワリの種はこうやって殻を歯で割って中身を取り出す」ガリッ

優花里「こうですかね」ガリッ

久子「麻子、米は研ぎ終わったかい」

麻子「うん....」

久子「じゃあ今処理した材料を全部炊飯器に入れて、水と調味料を入れる」

五人「はーい」ポイポイ



131: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:04:12.80 ID:zcmyhIFe0

久子「これで終わり、あとはどっちもしばらくかかるからみんなは休んどいで」

みほ「えっ、でも私たちが見ておきますよ?」

久子「あんたたちも慣れないことして疲れただろう、少しの間だけでも休んどきな」ニコ

沙織「おばぁ優しい!」

麻子「私だけの時はこんなことないのに....」

久子「あんたが必要以上にだらしないからだろ!!!!」

麻子「ひっ....」チョロ

華「いつものおばぁ様ですね」クスクス

優花里「それじゃあお言葉に甘えて休みましょうか!」

みほ「そうしよっか」

テクテクテクテク

久子「....」

久子「....さて」

<炊飯器>

久子「あとはこれのスイッチを押すだけだね」

久子「....」



132: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:07:11.79 ID:zcmyhIFe0

久子「....」

久子「....」チラ

みほ「出来上がるの楽しみだね!」ワイワイ

沙織「うん、私の料理よりもおいしいよきっと!」ワイワイ

華「沙織さんもあと50年経てばあれくらいになるのでは?」ワイワイ

優花里「今でも相当ですし、とんでもないことになりそうです!」ワイワイ

麻子「食べさせる相手がいるかどうかはわからないけどな」ワイワイ

沙織「なんでそういうこというの~」ヤダモー

久子「....」チラ

<炊飯器>

久子「....」

久子「....」

チョロチョロ

久子「....」

久子「愛情愛情」ニコ



133: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:08:30.32 ID:zcmyhIFe0

ピーッ ピーッ

みほ「わぁ~おいしそう!」

沙織「この旅始まって一番まともだよ!」

華「さすがの腕前です♪」

優花里「メインの材料たった5つでこれだけ立派なものが作れるんですね!」

麻子「おばぁだからな」

久子「....////」ジュワ

みほ「じゃあおばあさん、いただきます!」

四人「いただきます!」

久子「たくさん食べな」ニコ

みほ「じゃあまずこのカレイと大根の煮つけから」パク

みほ「ん~しっかり染みてる!」ハフハフ

沙織「口の中でカレイがホロホロくずれて、うまみが広がっていく~」ハフハフ

華「大根はトロトロでホクホクです~」ガツガツ

優花里「こちらの炊き込みご飯もおいしいです!」

優花里「トウモロコシがメインなので味付けは洋風にしてあるんですね!」パクパク

麻子「ヒマワリの種は初めて食べたけど、この香ばしさが意外と合う」パクパク

久子「気に入ってくれたなら家でも作ってみるといいよ」ニコ

みほ「そうさせてもらいます!!!」



134: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:08:58.06 ID:zcmyhIFe0

優花里「はぁ~~~~、絶品でしたねぇ....」

沙織「おばぁの料理は変わらないおいしさだよ~」

華「ついつい食べ過ぎてしまいますね♪」

麻子「いや五十鈴さんはいつも通りじゃないか?」

みほ「確かに....」

みほ「あっ....」

華「どうしました?」

みほ「もう外もかなり暗いね....」

沙織「そうだね、そろそろ私たちも帰らなきゃ....」

みほ「おばぁさん、いきなり押しかけた上に長居してしまってすみません」ペコリ

久子「いいんだよ、久しぶりに孫の顔も見れたしね」ニコ

麻子「おばぁ....」

沙織「....」



135: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:09:33.11 ID:zcmyhIFe0

沙織「ほら麻子」トン

麻子「えっ....」

華「またしばらく会えませんし、ご挨拶を」ニコ

麻子「....」

麻子「おばぁ....」

久子「なんだい」

麻子「体には気を付けて」

久子「あんたに言われたくはないね」

優花里「似たもの同士ですね」クスクス

沙織「昔っからそうなの!」

麻子「また帰ってくるから」

久子「あぁ」

麻子「じゃあ」

久子「あぁ」



136: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:10:08.01 ID:zcmyhIFe0

みほ「お邪魔しました」ペコリ

沙織「また来ま~す」フリフリ

華「失礼します」ペコリ

優花里「ありがとうございました」ビシッ

テクテクテクテク

麻子「....」ピタ

沙織「どうしたの、麻子」

麻子「....」

麻子「....ちょっと忘れ物」ダッ

タッタッタッタッ

麻子「おばぁ」

久子「なんだい、忘れ物でもしたかい?」

麻子「....」テクテク



137: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:11:20.78 ID:zcmyhIFe0

麻子「....」ギューッ

久子「....ん?」

麻子「....」ギューッ

久子「....」

久子「!?!??!??!??!?!?!?!?!?!?!?」

久子「!?!??!??!??!?!?!?!?!??!??!?!??!?!?!?!?」

久子「!?!??!??!??!?!?!?!?!???!??!?!???!?!!!?!?!?!?!?!?!?」

麻子「....」パッ

麻子「また帰ってくるから」

久子「」

麻子「おばぁ?」

久子「」

久子「」バタン

麻子「えっ?ちょっとおばぁ!?!?」ユサユサ

久子「」



138: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:12:37.19 ID:zcmyhIFe0

沙織「麻子やばいよ!!!」

みほ「早く病院に電話しなきゃ!!!!」

華「とりあえず人工呼吸です!!!!!!」

麻子「え?いやこの場合人工呼吸は」

優花里「急いでください冷泉殿!!!」

麻子「....」

久子「」

麻子「....」

麻子「....ん」チュッ

久子「」

久子「」ビクンビクンビクン

沙織「ちょっ!?なんか悪化してない!?!?!?!?」

久子「」ビクンビクンビクン

久子「」ビクンビクンビクン

優花里「衛生兵!!!!!衛生兵!!!!!」



140: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:18:51.39 ID:zcmyhIFe0

~大洗学園艦~

みほ「はぁ....」

沙織「おばぁなんで突然倒れたんだろ....」

華「謎ですね....」

優花里「まぁ大事には至りませんでしたし....」

麻子「zzz...」

沙織「さすがに麻子は疲れちゃったみたいだね」ウフフ

みほ「いきなりおばぁさんが倒れたらそうなるよね....」

華「このまま麻子さんはお任せしても大丈夫ですか?」

沙織「うん、このまま家まで送って寝かせてくる」ニコ

優花里「じゃあ私たちはここで」ビシッ

沙織「うん、おやすみ~」

みほ「おやすみ」フリフリ

華「おやすみなさい」ペコリ

テクテクテクテク

沙織「麻子、よく寝てる」ウフフ

麻子「zzz...」

麻子「zzz...」ニコ

沙織「....よかったね」ニッコリ

テクテクテクテク



141: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:22:44.61 ID:zcmyhIFe0

~翌朝~

麻子「zzz...」

麻子「zzz...はっ」パチリ

麻子「...んぅ?ここは....?」ムニ

麻子「ん....?」チラ

<<<おばぁ(全裸)>>>

麻子「....」

麻子「....ん?」ムニムニ

<<<おばぁ(全裸)>>>

麻子「!?!!?!?!??!?!?!?!?!?!??!?」

久子「zzz...ん?」パチリ

麻子「お、お、おばぁ!!!!!!なんで!?!?!??!??!?」

久子「....麻子」

久子「昨日はよかったよ」ツヤツヤ

麻子「」



144: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:32:52.80 ID:zcmyhIFe0

カレイと大根の煮つけ
 材料(5人分)
・カレイ  1尾
・大根   半分
・ほんだし 大さじ1
 調味料
・砂糖   大さじ2.5
・みりん  大さじ1
・醤油   大さじ2.5

1.カレイを適当に捌く。
2.大根の皮を剥き厚さ5センチ程度の輪切りにする。
3.鍋に大根と水、ほんだしを入れて火が通るまで煮込む。水は大根を覆うくらいの量を入れる。
4.大根に火が通ったら調味料を入れ一煮立ちさせる。その後皮を下にしてカレイを入れる。
5.中火で数分煮たら、蓋をして弱火で30分程度煮込む。



145: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:41:45.58 ID:zcmyhIFe0

トウモロコシとヒマワリの種の炊き込みご飯
 材料(5人分)
・トウモロコシ 1本
・米      3合
・ヒマワリの種 100g
 調味料
・塩      小さじ1.5
・バター    30g

1.トウモロコシを半分に切り、その部分を下にして立てる。包丁を芯と粒の境目に入れそぎ落とす。
2.ヒマワリの種を歯で噛み、殻を割って中身を取り出す。
3.米をとぐ。
4.処理した材料と調味料をすべて炊飯器に入れ、炊く。



146: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:56:49.56 ID:zcmyhIFe0

~大洗女子学園校庭~

みほ「おはよー」

沙織「もうこれやるのも4回目かぁ」

華「さすがにもう慣れてきました♪」

優花里「いやそれは五十鈴殿くらいでは....」

麻子「....」

沙織「麻子?どうしたの?」

華「なんだかいつにもまして上の空といいますか....」

麻子「....」

麻子「早く、早く決めよう」ガクガク

優花里「お!やる気に満ち溢れてますね!!」

みほ「それじゃあ始めよっか!」

四人「パンツァー・フォー!!!!」

麻子「早く....どこか遠くへ....」



147: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/05(月) 23:57:19.61 ID:zcmyhIFe0

麻子「....」グルグルグルグル

優花里「それっ!」ガゴン

華「えいっ!」ドカーン

料理人:>>150



150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/05(月) 23:58:53.96 ID:TieghZcYo

クラーラ



151: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 00:10:49.93 ID:jS//w5sJ0

みほ「えーっと、”クラーラ”さん!」

四人「....」

みほ「あれ?みんなどうしたの?」

沙織「だって私たちって....」

華「クラーラさんとはほとんど面識がありません....」

優花里「いきなり訪ねて行って大丈夫でしょうか....」

麻子「早く....遠くへ....」

みほ「うーん....」

みほ「それじゃあこれから、ニギニギ作戦を開始します!」

三人「ニギニギ作戦?」

みほ「はい!」

優花里「西住殿、それはいったいどのような作戦なんでしょうか?」

みほ「はい!もしクラーラさんに断られた時のために」

みほ「その主であるカチューシャさんの弱みをニギニギしておく作戦です!」

三人「....」

みほ「それじゃあ早速、パンツァー!」

三人「フォー....」

麻子「遠くへ....遠くへ....」





152: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 00:17:59.40 ID:jS//w5sJ0

~プラウダ学園艦~

みほ「う~寒い~」

優花里「もう秋口ですからねぇ」

華「そのうえプラウダは緯度も高いですから....」

沙織「華、よくそんな薄着でいられるね....」

華「昨日たくさん食べたので♪」

麻子「石油式ストーブか何かか?」

華「あら?あれはクラーラさんじゃありませんか?」

沙織「道端に座り込んで何してるんだろう?」

優花里「何かを舐めているように見えますが....」

みほ「おーいクラーラさーん」タッタッタッタッ

クラーラ「....」ペロペロ

みほ「あの、クラーラさん?」ポンポン

クラーラ「....」ギロリ

みほ「ひっ」チョロ

クラーラ「あら、西住さんではありませんか」

クラーラ「どうしてこちらに?」

みほ「(見間違いかな....)」

みほ「あの、実は」



153: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 00:24:11.55 ID:jS//w5sJ0

みほ「というわけなんですが」

みほ「引き受けていただけますか?」

クラーラ「блин」ニコ

みほ「?」

クラーラ「いえ、こちらの話です」ニコ

みほ「はぁ....それでさっきの話は....」

クラーラ「もちろん大丈夫ですよ」ニコ

クラーラ「同志カチューシャの盟友の頼みを断ったとなればシベリア送りになってしまいますから」クスクス

みほ「よかったぁ~」フウ

クラーラ「では学園の寮にキッチンがありますからそちらを使いましょう」ニコ

五人「はーい」

沙織「う~寒いね~、あ、そうだ!」ギュッ

華「どうしたんですか沙織さん?」

沙織「えへへ、寒いから握ってもいい?」

華「もちろんです」ギュッ

優花里「それじゃあ私もっ!」ギュッ

麻子「....」ギュッ

みほ「...なんだか照れくさいね///」ギュッ

クラーラ「....」

クラーラ「....розовая」

みほ「どうかしました?」

クラーラ「いえいえ」



154: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 00:26:52.42 ID:jS//w5sJ0

~プラウダ学園学生寮~

クラーラ「それで、今回は何を?」

みほ「ちょっと待っててください」

みほ「みんな、持ってきた材料を出して!」

四人「おー!」



155: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 00:27:28.56 ID:jS//w5sJ0

本日はここまでとさせていただきますが、安価だけ取っておきます。

みほの食材>>156
沙織の食材>>157
華の食材>>158
麻子の食材>>159
優花里の食材>>160



156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 00:28:03.78 ID:sng9qRBko

ビーツ



157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 00:28:05.32 ID:F4wpYUFk0





158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 00:28:33.69 ID:NSKgLhtDO

牛タン



159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 00:29:02.82 ID:0r/E9jkfo

鹿肉



160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/06(火) 00:29:23.17 ID:CjWOxWqtO

松茸



163: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 21:51:49.37 ID:g8dQKjH30

みほ「私はこれを」ポン

<ビーツ>

沙織「なにこれ?」

クラーラ「ビーツですね」

クラーラ「主にボルシチを作るときに使います」

みほ「ボルシチの赤色はこれの色なんだよ!」

華「そうなんですか....」

沙織「みぽりんはロシア料理に絡めてきたんだね」

沙織「私だって!!」ピチピチ

<鮭>

優花里「ロシア....?」

クラーラ「鮭はロシアの名産ですから!」

麻子「そうなのか?」

クラーラ「いえわかりません」

麻子「....」



164: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 21:52:56.04 ID:g8dQKjH30

華「私も負けません!」ベチャ

<牛タン>

クラーラ「ロシアというより寄港地の青森の隣の岩手のさらに隣の宮城の名産ですね」

みほ「それって関係あるのかな....」

優花里「ロシアといえばこちらでしょう!」ズン

<鹿肉>

クラーラ「これはまたいい鹿肉ですね」ポンポン

沙織「また癖の強そうなのを....」

優花里「私、サバイバル術の一環で罠猟をしていまして、そちらにかかったものです!」

みほ「あれ、狩猟免許って....」

麻子「....私はこれだ」キノコ

<松茸>

クラーラ「これは、松茸....!!!」

華「このような高級品、どうされたんですか?」

麻子「今朝おばぁがくれた....」

沙織「今朝....?」

~昨夜~

久子『麻子、この立派な松茸!!!』

久子『これを麻子のアソコに入れちまったらどんな反応するかねえ....!!!』ジュルリ

麻子『zzz...』

久子『それっ!!!!』ズブリ

麻子『zz..んぅっ!』ビクビク

久子『どうだい!気持ちいいかい麻子!!!!』ズチャズチャ

麻子『ぁぁ!!んぃぃっ!!!!』プシャー

久子『麻子が喜んでくれてあたしも嬉しいよ』ペロペロ

麻子『ん....///んぅzzz...』プシャー



165: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 21:57:47.12 ID:g8dQKjH30

クラーラ「松茸って変わった香りがするんですね」クンクン

クラーラ「(よく言われているようないい香り....といった感じではないですね....)」

クラーラ「(なんだか普段から嗅いでいるような....慣れ親しんだ香り....?)」

みほ「以上が材料になります」

クラーラ「は、はい、かなり大変な料理になりそうです」ニコ

みほ「す、すみません....」

クラーラ「....Чёрт возьми」

五人「?」

クラーラ「いえ、腕が鳴る、と言ったんです」ニコ

みほ「そうですか!それじゃあ頑張りましょう!」

クラーラ「はい」ニコ



167: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 22:10:52.60 ID:g8dQKjH30

クラーラ「まず、ビーツと鮭ですが....」

クラーラ「定番のスープ....」

クラーラ「ではなく生で食べましょう」ニコ

みほ「えっ?てっきりボルシチ風のスープにでもするかと....」

クラーラ「私もそうしようと思いましたが」

クラーラ「上のほうですでにボルシチを言われてしまったので、それに従っているようで癪なんです(ロシア語)」

みほ「あの、なんと....」

クラーラ「いえ、腕がなる、と言ったまでです」

沙織「腕鳴らし過ぎて折れそう」

華「あの細腕ですしね」

クラーラ「ではまずビーツの皮を剥いて千切りにしてください」

みほ「はーい」



168: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 22:11:18.52 ID:g8dQKjH30

みほ「よいしょ」カキン

<ビーツ>

みほ「あれ?」カキン

<ビーツ>

みほ「....」

みほ「それ!」バキ

<包/丁>

沙織「包丁が!?」

優花里「ビーツってこんなに硬いんですか!?」

クラーラ「仕方ありませんね」スチャ

みほ「銃!?!??!??!?」

麻子「AK-47 カラシニコフか」

クラーラ「正解です♪」パァン

<ビーツだったもの>

クラーラ「それ」パァンパァンパァン

沙織「うわぁ....」

華「真っ赤なビーツが砕け散って飛び散って....」

優花里「これじゃあまるで血の海ですよ....」

クラーラ「さぁ、拾ってください」ニコ

麻子「怖い....」

みほ「任せてください!」ヒョイヒョイ

沙織「みぽりん順応性高すぎるよ....」

優花里「さすが戦車道家元の娘ですね!」

華「戦車道で血に慣れることはないと思いますが....」



169: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 22:14:57.55 ID:g8dQKjH30

クラーラ「とりあえずビーツは終わりましたね」

<残骸>

麻子「確かに終わったな....」

沙織「かわいそうなビーツ....」

クラーラ「それじゃあ次に鮭をおろします」シュパ

<鮭の切り身>

優花里「毎回当たり前のように魚をおろしてますけどよく考えるとおかしいですね」

華「戦車道を学ぶ上では必須なのでは?」

麻子「そうなのか西住さん?」

みほ「うーんどうなんだろ....私はまだおろせないけど....」

沙織「なーんだ....ちょっと安心!」

みほ「今は毎日ぬいぐるみで練習してるよ!」

華「もしかしてボコさんたちの包帯って」ムグ

麻子「それ以上言っちゃいけない」

みほ「?」



170: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 22:23:10.49 ID:g8dQKjH30

クラーラ「じゃあこのビーツと鮭は冷やしておきましょう」ホリホリ

みほ「なんで雪を掘ってるんですか?」

クラーラ「こうするんです」ポイッ

優花里「あぁ!鮭とビーツの残骸が!」

クラーラ「天然の冷蔵庫です」ニコ

沙織「そこにあるのって冷蔵庫じゃないのかな....」チラ

華「きっとあれがプラウダ流なんですね!」

麻子「単にストレスが溜まってるだけじゃないか....」

クラーラ「次はこの残った牛タン、鹿肉、松茸ですが....」

みほ「ですが?」

クラーラ「これってもう網焼きにするしかないのでは?」

五人「....」

みほ「網焼きって料理になるのかな....」

沙織「微妙....」

華「でもせっかくの高級食材ですよ?」

優花里「今回は料理修業は忘れるということに」

麻子「....」コクコク

五人「....」

五人「....じゃあそれで」

クラーラ「了解です」ニコ



171: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 22:30:43.68 ID:g8dQKjH30

クラーラ「これで終わりですね」

みほ「あれ?なんだかとんでもなく早い気が....」

クラーラ「блядь」

クラーラ「食材がよかったので私などが手を加える必要はありませんでした」ニコ

沙織「確かに~」

華「松茸なんて特に高校生には縁のないものですから」ウフフ

優花里「未体験の高級食材、実に楽しみです!」

麻子「ただの外食だな....」

クラーラ「それじゃあまずこのビーツと鮭を食べましょうか」

みほ「あの、味付けは?」

クラーラ「こちらを」スッ

<醤油><わさび>




172: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 22:31:11.01 ID:g8dQKjH30


沙織「これ、ただのお刺身....」

華「いいじゃありませんか沙織さん♪」

優花里「そうですよ!それに、ビーツのお刺身なんてめったに食べられませんよ!」

みほ「みんな、手を合わせて!」

六人「いただきます!!!!!!!」

優花里「じゃあ私はこのビーツから!!」アーン

麻子「ん、それってものすごく」

優花里「はむっ!」ガキン

優花里「....」

みほ「だ、大丈夫優花里さん!?」

優花里「な、なんのこれしき....砲弾にかじりついていると思えば余裕です....」ガキガキ

沙織「めちゃくちゃ硬いんだね....」

華「AK-47で撃ちまくっても形が残っているくらいですから....」

麻子「鮭の方は普通にうまい」モグモグ



174: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 23:08:31.36 ID:g8dQKjH30

クラーラ「それではメインの網で炭火焼をしましょう」ニコ

五人「はーい!!!!!」

クラーラ「ではまず牛タンと鹿肉から」ジュージュー

沙織「ん~おいしそう....」ジュルリ

華「もういいんじゃないですか!!!」ジュルリ

優花里「まだ血が滴ってますよ....」

麻子「鹿肉は食べたことがないな」

みほ「スーパーには出回らないもんね」キラキラ

クラーラ「そろそろいいですよ」ニコ

華「いただきます」パク

沙織「はやっ!?」

華「鹿肉っておいしいんですねぇ....」コウコツ

みほ「ほんとだ、もっと癖があるのかと思ってたけど意外と普通....」

沙織「牛肉くらいうまみがあるけど脂っこくない、むしろサッパリしてる~」

優花里「はい!止めを刺してからすぐに血抜きしたので!」

麻子「もうツッコまないぞ」



176: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 23:23:30.86 ID:g8dQKjH30

みほ「牛タンもおいしい!」

沙織「焼肉屋さんじゃ薄切りが多いけどやっぱり厚切りのほうがおいしく感じる!」

華「噛むたびにおいしさがあふれてきます....」コウコツ

クラーラ「みなさん、そろそろメインディッシュをいただきましょう」ポン

<松茸>

みほ「わぁ....おっきぃ....」ウットリ

沙織「立派な松茸....」

華「香りも....」クンクン

五人「(ん?)」

優花里「(なんだか....)」

みほ「(いい香りというより....)」

沙織「(嗅いだことあるような....)」

華「(松茸ってこのような香りなんですね....)」

麻子「(今朝嗅いだ気がするが....)」

五人「(....)」

五人「(....気のせいか)」



177: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 23:36:36.29 ID:g8dQKjH30

みほ「はぁ~おいしかった!」

沙織「今回はただの豪華なご飯食べに来ただけだったね....」

華「私は毎回これでも大丈夫です!」

優花里「それじゃあ西住殿のためになりませんよ....」

麻子「松茸....」

クラーラ「お帰りですか?」

みほ「はい、今日は本当にありがとうございました」ペコリ

クラーラ「いえいえ、こちらこそいい勉強になりました」ペコリ

みほ「また機会があったら遊びに来てもいいですか?」

クラーラ「пизда」

みほ「はい?」

クラーラ「歓迎します、という意味です」ニコ

みほ「ありがとうございます!」

クラーラ「今度はカチューシャ様にも会っていかれてください」ペコリ

みほ「はい!」

みほ「それでは!」ペコリ

テクテクテクテク

クラーラ「....」

クラーラ「....さて」



178: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 23:42:31.37 ID:g8dQKjH30

テクテクテクテク

クラーラ「....」

クラーラ「....はぁ」

クラーラ「せっかく苦労してここでニーナに漏らさせたんですが....」

クラーラ「邪魔が入ったおかげで雪と混じってカチカチに凍ってしまいました....」ペロペロ

クラーラ「これは....」

クラーラ「....」

クラーラ「持って帰ってかき氷にしましょう」ニッコリ

クラーラ「....」

クラーラ「次は本命のカチューシャ様をここにお連れして....」ニタア

クラーラ「....」ニヤニヤ

クラーラ「あら、溶けてしまいますね、早く帰りましょう」

テクテクテクテク



182: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 23:50:09.08 ID:g8dQKjH30

~大洗学園艦~

みほ「それじゃあみんな、また明日」フリフリ

沙織「ばいばーい」フリフリ

華「おやすみなさい」ペコリ

麻子「なぁ沙織」

沙織「どうしたの麻子?」

麻子「....」

麻子「....今日泊まっていいか?」

沙織「別にいいけど....どうかしたの....」

麻子「....今夜は」

麻子「....帰りたくない」キリッ

沙織「!!!!!!!」

沙織「(こ、これってもしかして....)」ポッ

沙織「....」

沙織「(私も、覚悟決めなきゃ!)」

沙織「わ、わかった、いいよ」

麻子「助かる」

沙織「(どうしよう....一番かわいい下着つけなきゃ....///)」

麻子「どうした?」

沙織「うん....」

沙織「私、頑張るね!」

麻子「あ、あぁ?」



184: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/06(火) 23:57:13.20 ID:g8dQKjH30

テクテクテクテク

優花里「そういえば、クラーラ殿のロシア語の正確な意味はなんだったのでしょうか....」

優花里「調べてみましょう」ポチポチ

優花里「えーっとたしか....”ブリャーチ”!」

Shiri「блядь:くそ!ビッチ!などと忌々しい感情を表すのに使われる汚い言葉です。」

優花里「んんっ!?!?!?!?」

優花里「私の滑舌の問題でしょうか?」

優花里「今度こそ....”ロザヴァヤ”」

Shiri「розовая:バラ色、ピンク色の意味で、レズの女性のことです。」

優花里「....」

優花里「”チョルト ヴァジミー”」

Shiri「Чёрт возьми!はくそ!畜生!という意味です。」

優花里「....」

優花里「西住殿にはそれとなくプラウダに行くのはやめるように言っておきましょう....」



185: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 00:02:20.23 ID:YMYSfoi80

~夜中~

沙織「....」ドキドキ

沙織「....」ドキドキ

沙織「....」ドキドキ

沙織「....ねぇ」チラ

麻子「zzz...」

沙織「」

沙織「....」

沙織「これは....」

沙織「誘ってるってことか!!!!」ヌギヌギ

沙織「は~い麻子バンザーイ!」ヌガセヌガセ

麻子「ぅ....zzz...」ヌギヌギ

沙織「よ~し準備オッケー☆」

沙織「麻子、いい?」ワキワキ

麻子「zzz....」

沙織「....」

沙織「無言は....」

沙織「肯定だ!!!!!」ブスリ

麻子「んぁぁっっっ!!!!!!」プシャー



187: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 00:09:25.03 ID:YMYSfoi80

~翌朝~

優花里「おはようございます西住殿!」ビシッ

みほ「おはよ~」

華「おはようございます」ペコリ

沙織「おはよう!!!!」ツヤツヤ

麻子「うぅ....」ヒョコヒョコ

優花里「武部殿、朝からお元気ですね!」

沙織「うふふ、そ~お?」ツヤツヤ

みほ「麻子さんはどうしたの?なんだか歩き方が少しおかしいような....?」

麻子「私にもわからないんだが、朝起きたらその....」

麻子「股関節というか股のあたりが変なんだ....」

華「やはり長旅で疲れがたまっているのでは?」

みほ「そうなのかな....ごめんね麻子さん....」ショボン

麻子「いや、おそらくそういうわけじゃないと思うんだが....」

麻子「(昨日も何かおかしかったが今日はますます変だ....)」

麻子「(なんというか、股に何か入っているように感じる....)」

みほ「今日、麻子さん大丈夫?」

麻子「あぁ、別に痛いとかそういうわけではないからな」

みほ「ううん、今日はできるだけ近場になればいいんだけどね....」




188: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 00:10:33.09 ID:YMYSfoi80

沙織「ま、
麻子なら大丈夫でしょ!」ツヤツヤ

沙織「料理人決めちゃお!」

みほ「そうだね....」

みほ「パンツァー・フォー!!」

麻子「そいや」グルグルグルグル

優花里「それっ!」ガゴン

華「えいっ!」ドカーン

料理人:>>190



190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 00:11:00.82 ID:4LheVkoe0

島田 愛里寿



192: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 00:21:36.76 ID:YMYSfoi80

島田愛里寿

みほ「えぇ....」

沙織「愛里寿ちゃんって確か....」

華「年下ですね....」

優花里「年下に料理を習うんですか....?」

麻子「そもそも島田さんは料理ができるのか?」

みほ「うーん....」

みほ「ま、まぁボコ好きに悪い人はいないっていうし!」

沙織「(あれを好きな人は悪いというか歪んでるんじゃないかな....)」

みほ「それじゃあ島田家に向かおう!」

四人「おー!」



193: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 00:40:34.30 ID:YMYSfoi80

~島田家~

優花里「おぉ....さすがに立派ですね....」

沙織「でも、門にチャイムとかないよ?」

華「これでは呼び出せませんね....」

麻子「西住さん、声をかけたらどうだ」

みほ「え?でも聞こえるかな?」

沙織「ものは試しだよ!」

みほ「うーんじゃあ....」

みほ「愛

愛里寿「どうした?」

みほ「うわぁっ!?」

愛里寿「みほさん?」

みほ「あははー....こんにちは愛里寿ちゃん」

愛里寿「なんでうちに?」

みほ「あのね....」



194: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 00:44:39.23 ID:YMYSfoi80

みほ「というわけなの」

愛里寿「料理....」

みほ「うん」

愛里寿「私、小さいころから戦車道しかやってこなかったから料理はあまり....」

みほ「そっかぁ....」ショボン

愛里寿「(はっ!?みほさんが落ち込んでいる!?!?)」

愛里寿「....」

みほ「じゃあやっぱり

愛里寿「やる」

みほ「え?」

愛里寿「実は私、戦車の中で料理を作るのがマイブーム」

みほ「えぇっ!?」

愛里寿「みほさん、私が料理道を教える!」

みほ「あ、うん、じゃあ大丈夫ってこと?」

愛里寿「もちろん!」

愛里寿「それで今日は何を?」

みほ「うん、ちょっと待っててね」

みほ「じゃあみんな、持ってきた材料を出して!」

四人「おー!」



195: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 00:45:36.82 ID:YMYSfoi80

本日は安価を取っておしまいとさせていただきます。

みほの食材>>196
沙織の食材>>197
華の食材>>198
麻子の食材>>199
優花里の食材>>200



196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 00:46:20.36 ID:N1QH7DVG0

ピーマン



197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 00:47:05.01 ID:ilktdI3pO

トマト



198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 00:47:08.37 ID:JDY63ifD0

パプリカ



199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 00:47:36.45 ID:w6njbiYPO

ししとう



200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/07(水) 00:48:32.77 ID:4LheVkoe0

秋刀魚



202: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 21:08:45.40 ID:YMYSfoi80

みほ「愛里寿ちゃんこれ好きかな?」ポン

<ピーマン>

愛里寿「....」

愛里寿「(みほさんが持ってきてくれた食材を悪く言えない!)」

愛里寿「大好き!」ガブッ

優花里「ダメですよ!」ガシッ

みほ「あ、愛里寿ちゃん、好きなのはわかったけど一応調理してからね?」

愛里寿「わかった」オェ

沙織「ピーマンが好きならこれもいけるかも!」チョン

<トマト>

沙織「どう?」ニコニコ

愛里寿「....」

華「あのぅ....大洗にいらしたときにトマトは苦手だとおっしゃっていたような....」

みほ「そういえば....」

愛里寿「(はっ!みほさんの前で好き嫌いがあるなんて言えない!)」

愛里寿「愛してる!」ガブッ

優花里「ちょっ!?だからダメですってば!!!」ガシッ

みほ「愛里寿ちゃんってそんなに生野菜好きなんだ~偉いね~」ナデナデ

愛里寿「////」オェ

麻子「幸せそうな顔をしているが今にも口から出てきそうな顔をしてるぞ」



203: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 21:09:31.32 ID:YMYSfoi80

華「これなら大丈夫ですね」ストン

<パプリカ>

愛里寿「....」

愛里寿「....お、おいしそう」ゲンナリ

優花里「さすがにもうかぶりつきませんでしたね」ホッ

麻子「私はこれだ」ポイ

<ししとう>

愛里寿「これは....またピーマン?」

華「これはししとうですね、生け花にもたまに使いますよ」ニコ

沙織「見た目はピーマンにも見えるけど、トウガラシの仲間なんだよ!」

愛里寿「辛い?」

沙織「普通は辛くないよ?」

愛里寿「よかった....」ホッ

五人「(かわいい)」



204: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 21:10:04.08 ID:YMYSfoi80

優花里「みなさん野菜ばかりじゃないですか!これじゃあまともな料理になりません!」

沙織「そんなに言うってことはゆかりんは相当自信あるんだ~」

優花里「はい!これを見てください」ピチピチ

<秋刀魚>

愛里寿「これは何?」

沙織「これは秋刀魚!秋が旬のおいしい魚だよ!!」

みほ「必ず誰か一人は生魚持ってくるよね....」

麻子「素人に生魚はハードルが高いと毎回言ってるのになぜ....」

愛里寿「材料はわかった....けど....」

みほ「どうしたの?」

愛里寿「(どうしよう....料理なんて全く分からない....)」

愛里寿「....」

愛里寿「(そうだ!!)」

愛里寿「みほさんたち、ちょっと待ってて」スタスタ

五人「?」



205: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 21:11:45.04 ID:YMYSfoi80

愛里寿「いつもはみんな私に従ってくれるけど....」

愛里寿「実際は私よりずっとお姉さんだし料理のことも詳しいはず....」

愛里寿「....」ピポパ

プルルルルル プルルルルル

ルミ「もしもしぃ?」

愛里寿「もしもしルミ?」

ルミ「隊長じゃないですかぁ~どうしたんですかぁ~」ヒック

愛里寿「(しゃっくり?)」

愛里寿「あのね、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

ルミ「なんですってぇ!?私に答えられることならなんでも聞いて下さ~い!!」ヒック

愛里寿「ピーマン、トマト、パプリカ、ししとう、秋刀魚を使った料理って何がある?」

ルミ「えぇっ??なんですかぁ???」ヒック

愛里寿「だから、ピーマン、トマト、パプリカ、ししとう、秋刀魚を使った料理って何がある?」

ルミ「う~ん....」

ルミ「....」

ルミ「とりあえず生で!!!!」ヒック

愛里寿「生....?」

愛里寿「わかった、ありがとう」

ルミ「はい??そんなことより隊長もこっちに来て一緒に飲み ピッ

愛里寿「生か....うん....そうしよう....」コクリ



206: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/07(水) 21:17:52.88 ID:YMYSfoi80

みほ「おかえり愛里寿ちゃん」

愛里寿「生」

五人「?」

愛里寿「今日の献立は生!!!」

五人「????」

愛里寿「とりあえず生で!!!!!」

五人「!?!?!?!??!??!?!??!?」

みほ「生?」

沙織「みんな野菜ばっかりだからしょうがないかも....」

華「前回に続いて料理教室はお預けですね....」

優花里「あのぅ....私の持ってきた秋刀魚は....?」

愛里寿「もちろん生!!!」

優花里「せっかく脂の乗った新鮮な秋刀魚を釣ってきたんですが....」

麻子「秋山さんは自給自足し過ぎだろう....」



211: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 18:27:27.09 ID:o/6uPAFY0

沙織「生ってことは野菜はサラダで秋刀魚はお刺身?」

愛里寿「サラダとかお刺身とか難しいことはよくわからない」

沙織「えぇ....」

愛里寿「そうだ、バーニャカウダにしよう!」

愛里寿「(おしゃれそうな名前だしきっとおいしいはず....)」

みほ「バーニャカウダって一昔前にはやった野菜料理だっけ?」

華「私カタカナは苦手なのでよくわかりません....」

沙織「みぽりんの言ってるのであってるよ!」

麻子「ということは今回はそれだけか」

愛里寿「じゃあバーニャカウダ作り、始め!」

優花里「あのぅ....」

愛里寿「何?」

優花里「先ほどから言っているんですがこれは....」ピチピチ

<秋刀魚>

愛里寿「....」

みほ「そういえばこれはどうするの?」

愛里寿「....」

愛里寿「バーニャカウダにする」

みほ「えぇっ....」

沙織「お魚のバーニャカウダなんて聞いたことないよ....」

華「なんだかカルパッチョみたいです!」

麻子「横文字使えるじゃないか....」




212: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 20:58:02.21 ID:o/6uPAFY0

愛里寿「とりあえず野菜を切って」

みほ「バーニャカウダだからスティック状に切ればいいの?」

愛里寿「(そうなんだ)」コクリ

みほ「じゃあみんな自分が持ってきた野菜を切ろう!」

三人「はーい」

優花里「私の秋刀魚も捌けばいいんですか?」

愛里寿「せっかくスティック状だしこれはそのまま食べよう」

五人「!?!?!?!??!?!??!?」

優花里「あの、捌かないんですかっ!?」

愛里寿「なぜわざわざ手間をかける必要がある」

優花里「」



213: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 20:59:58.66 ID:o/6uPAFY0

愛里寿「うーん....」

愛里寿「そうだ!」

愛里寿「せっかく5種類食材があるから1人1種類ずつ食べよう!」

五人「んんっ!?」

みほ「でも愛里寿ちゃん、私たち全員で6人いるから足りなくなっちゃうんじゃない?」

沙織「そうそう、やっぱり公平じゃなきゃね!」

華「その通りです!」

優花里「みんな仲良しです!」

麻子「....」コクコク

五人「(というか)」

五人「(捌いてすらいない生秋刀魚なんて食べたくない!!!!!)」

愛里寿「確かに....それもそう....」

沙織「じゃあっ!!!」

愛里寿「うん、わかった」

五人「ホッ....」

愛里寿「こうしよう」ズドン

<秋刀魚頭><秋刀魚尾>

愛里寿「これで6人分」ドヤ

五人「」



214: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 21:10:44.14 ID:o/6uPAFY0

愛里寿「ということで今から食材争奪くじ引きをする」

五人「....」

愛里寿「どうしたの?」

みほ「い、いや....」

沙織「ちょっとみぽりん!どうするの!?」コソコソ

沙織「とれたて新鮮な秋刀魚を皮ごと食べるなんて無理だよ!!!」コソコソ

華「少し怖いですけど....」

華「これこそ未知の料理....興味もありますね....」ジュルリ

優花里「私はちょっと遠慮したいです....」コソコソ

麻子「私もだ....」コソコソ

みほ「....」

みほ「みんな、今回の旅は料理を教わることにあるの....」

みほ「せっかく好意で教えてくれてる先生に逆らっちゃだめだよ!!!!」

三人「えぇー....」



215: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 21:11:11.04 ID:o/6uPAFY0

みほ「それに....」

みほ「みんな秋刀魚のそんな食べ方初めてだよね?」

沙織「まぁ....」

優花里「それは....」

みほ「だったら味なんてわからないよ!!!」

みほ「それにあんなに自信満々に愛里寿ちゃんが教えてくれてるんだよ!!!!」

みほ「おいしくないわけないよ!!!!」

三人「....」

三人「....」コクリ

沙織「わかったよみぽりん!」

優花里「食わず嫌いなんてよくありません!!」

麻子「....!!!」コクリ

愛里寿「あの、そろそろいい?」

みほ「うん、みんな早く食べたくてウズウズしてるよ!!!」

愛里寿「了解」

安価であんこうチーム&愛里寿から1人指名
そのレスのコンマで食材決定

00~15 ピーマン
16~30 トマト
31~45 パプリカ
46~60 ししとう
61~75 秋刀魚頭
76~90 秋刀魚尾
91~99 4種のチーズ

>>216



216: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 21:12:06.94 ID:kevGlm7xO

ゆかり



217: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 21:22:08.33 ID:o/6uPAFY0

みほ「じゃあ、誰から行く?」

優花里「はいはい!!!」

みほ「じゃあ、優花里さん!」

優花里「任せてください!」

優花里「(確率的には1/3ですから先に引いたほうが有利なはずです!!!)」

優花里「いざ!!!!」ガシッ

<4種のチーズ>

優花里「?」

優花里「あの、島田殿?この4種のチーズというのは?」

沙織「こんな食材持ってきてないよ?」

愛里寿「これはいったい....」

??「それは私が入れたのよ!!」

愛里寿「この声は!!!!!」



218: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 21:55:49.37 ID:o/6uPAFY0

千代「私!!!!!参上!!!!!!」ドン

優花里「世界中に道場を持つ島田流戦車道家元、島田千代殿!!!!」

愛里寿「あの、お母さん、今料理中だから邪魔しないで」

千代「ほらみんな見て~、愛里寿ったら最近反抗期なの~」クネクネ

愛里寿「ち、違う!!」

みほ「あの、それでこの<4種のチーズ>というのは?」

千代「みんなはす〇家って知ってるかしら?」

沙織「す〇家って牛丼屋さんのことですか?」

千代「そのとおりよ!」

華「さすがに私たちにはあまり縁のないところですね」

千代「そう、そうなのよね!!私も牛丼食べてみたいの!!!」

千代「だからこれを引いた人はす〇屋の”4種のチーズ牛丼”が食べられるのよ!!」

優花里「なんと!?」

優花里「(これは、思わぬ当たりを引いてしまいました!!!)」

※実際は”3種のチーズ牛丼”です



220: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 21:59:22.39 ID:o/6uPAFY0

千代「引いたのはあなたね?」

優花里「はい!!!」

優花里「いやーみなさんすみません!」

優花里「お手製のバーニャカウダ!!大変食べたいのですが島田流家元に言われてしまっては断ることなどできません!!」ニヤニヤ

千代「それじゃあ行きましょ!!!」ガシッ

優花里「はい?」

千代「す〇屋に行って食べるのよ!!!」

優花里「」

千代「さぁ行くわよ!!」ダッ

優花里「いや私はここで」ズルズル

優花里「あぁ....コミュ障の私が自分より20歳以上上の方と二人きりなんて無理ですぅ....」ズルズル

五人「....」

みほ「センチュリオンってあんな使い方もできるんだね....」

愛里寿「あんな使い方はしない....」

沙織「でもゆかりん戦車好きだしあんなこと言ってても意外と話は弾むんじゃない?」

麻子「沙織はコミュ障じゃないからわからないんだな....」

華「優花里さんは連れ去られてしまいましたがくじの続きを引きましょう?」

みほ「そうだね....」

安価であんこうチーム(優花里除く)&愛里寿から1人指名
そのレスのコンマで食材決定

00~17 ピーマン
18~32 トマト
33~48 パプリカ
49~64 ししとう
65~80 秋刀魚頭
81~96 秋刀魚尾
97~99 ???

>>220



223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 22:00:06.75 ID:FQDl8aJoO

沙織



224: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 22:04:50.19 ID:o/6uPAFY0

沙織「じゃあ次は私が行くね!」

沙織「(さっきはとんだイレギュラーだったけど今度こそ1/3....)」

沙織「(秋刀魚以外だったらなんでもいいから....)」ガシッ

<ピーマン>

沙織「ピーマン!!!!!」ガッツポ

みほ「ピーマンであんなに喜ぶなんて....」

華「案外ピーマン好きもいらっしゃるんですねぇ」ニコ

麻子「おそらくそういうことじゃないが....」

愛里寿「じゃあ沙織さんはピーマンに決まり」

愛里寿「次はだれが引く?」

安価であんこうチーム(優花里沙織除く)&愛里寿から1人指名
そのレスのコンマで食材決定

00~20 トマト
21~40 パプリカ
41~60 ししとう
61~80 秋刀魚頭
81~99 秋刀魚尾

>>225



225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 22:05:37.40 ID:ooyLXsxj0

まこ



227: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 22:15:02.95 ID:o/6uPAFY0

麻子「私が行こう」

麻子「(沙織め....あの中じゃ一番の当たりを引いたな....)」

麻子「(これで2/5か....まだまだ大丈夫なはずだ....!!!)」

麻子「南無三」ガシッ

<パプリカ>

麻子「パプリカ!!!!!!」ガッツポ

みほ「麻子さんはパプリカ好きなんだね」ニコニコ

華「好きなものが引けて何よりです」ニコニコ

愛里寿「まるでミュロン作の彫刻、『円盤投げ』のような躍動感....」

麻子「沙織!!!!!」ギュッ

沙織「麻子!!!!!」チュッ

みほ「二人の熱い抱擁....!!!」

華「感動的ですね....」ウルウル

愛里寿「まるで恋人同士のよう....///」

沙織「(愛里寿ちゃん鋭い!!!)」

安価であんこうチーム(優花里沙織麻子除く)&愛里寿から1人指名
そのレスのコンマで食材決定

00~25 トマト
26~50 ししとう
51~75 秋刀魚頭
76~99 秋刀魚尾

>>228



228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 22:15:20.46 ID:NSttHP0yO

五十鈴さん



232: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 22:20:45.38 ID:o/6uPAFY0

華「そろそろ私の出番ですね!」

華「(2つに1つは当たり....)」

華「いでよ秋刀魚!!!!」ガシッ

<ししとう>

華「....」グリグリ

みほ「華さんししとうに罪はないから!!!!」ニギ

愛里寿「落ち着いて!!!!」ニギ

華「許せません!!!!ししとうは五十鈴流では今後一切使用しません!!!!」

みほ「あぁ....生け花の幅が失われていく....」

愛里寿「悪いのはくじ....五十鈴流の門下生の人ごめんなさい....」

安価であんこうチーム(優花里沙織麻子華除く)&愛里寿から1人指名
そのレスのコンマで食材決定

00~33 トマト
34~66 秋刀魚頭
67~99 秋刀魚尾

>>233



233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 22:21:15.07 ID:bs68kH/wo

ありす



236: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 22:27:58.54 ID:o/6uPAFY0

みほ「私は最後でいいから愛里寿ちゃんが引いていいよ」ニコ

愛里寿「ありがとうみほさん」ガシッ

愛里寿「(私の嫌いなものはトマト....それ以外なら当たり....)」

愛里寿「(トマトは嫌だトマトは嫌だトマトは嫌だトマトは嫌だトマトは嫌だトマトは嫌だトマトは嫌だトマトは嫌だ)」

組み分け帽子「トマトォォォォォ!!!!!!!」

<トマト>

愛里寿「」

みほ「あ、あはは....」

安価のレスのコンマでみほの食材決定

00~33 秋刀魚頭
34~66 秋刀魚尾
67~99 両方

>>237



237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 22:28:28.29 ID:Bz/Sqp4Ko

うりゃ



239: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 22:32:22.82 ID:o/6uPAFY0

みほ「私くじ引く意味あるのかな....」ガシッ

<秋刀魚頭>

みほ「まあこうなるよね....」

みほ「あれ、でもあと一つは....」

愛里寿「お母さんが勝手に入れたせいで一つ余った」

<秋刀魚尾>

みほ「じゃあこれは....」

00~33 アンチョビ
34~66 おばあ
67~99 千代



241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 22:33:05.83 ID:i1z7lG+A0





244: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/08(木) 22:40:08.82 ID:o/6uPAFY0

愛里寿「みほさん、これは私に任せて」

みほ「余るのももったいないしかまわないけど....」

みほ「どうするの?」

愛里寿「せっかくのおいしい料理....」

愛里寿「私が一番尊敬する人にも食べさせたい....」

みほ「うふふ、愛里寿ちゃんはお母さんが大好きなんだね」ナデナデ

愛里寿「ち、ちがっ///」

<秋刀魚尾>



247: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 12:40:58.08 ID:P/fc5L9F0

愛里寿「これで完成」

<混沌のバーニャカウダ>

みほ「わー!おいしそう!」

沙織「(みぽりん戦車の乗り過ぎでおかしくなっちゃったんじゃないの!?)」

華「(ボクサーの方もパンチの撃たれ過ぎでおかしくなってしまうこともあるらしいですから....)」

麻子「(戦車の振動はそこまでひどくないだろ....)」

沙織「(ちなみに一歩はパンチドランカーじゃなかったよ)」

愛里寿「うん、おいしい料理は迫力が違う」ニコニコ

みほ「そうそう、特にこの....」ニコニコ

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

<秋刀魚頭>

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

みほ「まるで節分みたい!!」

華「(節分のあれは食べないような....)」



248: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 12:41:54.97 ID:P/fc5L9F0

みほ「よーしそれじゃあ食べよっか!」

沙織「(なんであれを前にしてあんなに嬉しそうなんだろう....)」

みほ「愛里寿ちゃん、お願い」

愛里寿「任せて」コクリ

愛里寿「この世の全ての食材に感謝を込めて、」

四人「....」ピタ

愛里寿「いただきます」

五人「いただきます」

沙織「じゃあまずわたしから」パクリ

沙織「というかバーニャカウダって言ってるけどソースは?」

愛里寿「....」

愛里寿「....」テクテク

沙織「あ、あれ!?愛里寿ちゃん!?」



249: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 12:42:34.54 ID:P/fc5L9F0

愛里寿「....」テクテク

愛里寿「これを」スッ

<マヨネーズ>

沙織「....」

沙織「愛里寿ちゃん、バーニャカウダソースは?」

愛里寿「これが島田家特製のバーニャカウダソース」

沙織「いやこれどうみても」

愛里寿「センチュリオン」

沙織「うんこれは素晴らしいバーニャカウダソース」

沙織「よーしじゃあいただきまーす!!」パクッ

沙織「うん!ピーマンの苦みにこのソースがよく合う!!」

沙織「程よい酸味!コクのあるまろやかな味わい!大量のコレステロール!」

沙織「マヨネーズだこれ!!!!!!」

沙織「やっぱりマヨネーズだこれ!!!!!!」

愛里寿「こいつ....殺して

みほ「大丈夫だよ愛里寿ちゃん!これも立派なバーニャカウダだよ!」ナデナデ

愛里寿「ふわぁ....」チョロチョロ



250: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 12:43:13.98 ID:P/fc5L9F0

麻子「じゃあ私も」パクリ

麻子「....」

麻子「うん、これは、」

麻子「パプリカにマヨネーズをつけたやつだな」

沙織「知ってた」

華「それでは私も」パクッ

華「....」モグモグ

華「ししとうってお花の時にしか使ったことはなかったんですが....」

華「これからは使った後に食べることにします!」

華「MOTTAINAIの精神は大事です!」

麻子「ダメだ....予想できる展開が続いている....」

沙織「エンタメ性皆無だよ....」



251: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 12:44:04.03 ID:P/fc5L9F0

愛里寿「今までどんな戦況も打破してきた....」

愛里寿「今回は強敵トマト....」

愛里寿「....」ガクガク

みほ「愛里寿ちゃん....膝が....」

沙織「(生の秋刀魚の頭を食べるみぽりんの膝はなんで震えてないんだろう)」

みほ「やっぱりこんなの

愛里寿「大丈夫」ニコ

みほ「愛里

愛里寿「....」コクリ

みほ「....」

みほ「....」コクリ

愛里寿「....」ジー

<トマト>

愛里寿「....」ゴクリ

愛里寿「....いざ」

ガブリ

愛里寿「....」モグモグ



252: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 12:44:57.09 ID:P/fc5L9F0

沙織「お?」

華「意外と?」

麻子「大丈夫なのか?」

愛里寿「....」ピタ

愛里寿「....」タラー

みほ「愛里寿ちゃんの口から血が!?」

沙織「いやトマトだから」

愛里寿「ゴフッ!!!!!!!」ドバァッ!!!

みほ「あ、愛里寿ちゃん!!!!!!」ダキッ

みほ「愛里寿ちゃん!!!愛里寿ちゃん!!!」ユサユサ

愛里寿「」

みほ「お願い!!目を開けて!!!」

麻子「いうほどトマトって血液には似てないだろ」

愛里寿「」パチリ

みほ「愛里寿ちゃん!!」

愛里寿「み、みほさん....」

みほ「ダメ!喋らないで!!」

愛里寿「みほさん....秋刀魚....」

みほ「秋刀魚?秋刀魚がどうかしたの!?」

愛里寿「秋刀魚尾を....お母さんに....」

みほ「愛里寿ちゃん!!!それは自分で

愛里寿「」ガクッ

みほ「愛里寿ちゃん!!!!!愛里寿ちゃぁーーーーーーーん!!!!!!」

華「感動です」ポロポロ

沙織「コントのほうがまだ感動するよ」

麻子「ラバーガールが好き」



253: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 15:51:09.05 ID:P/fc5L9F0

みほ「うぅ....愛里寿ちゃん....」

みほ「約束は....必ず守るよ....」

みほ「その前にこれを....」

<秋刀魚頭>

沙織「ここまで魚臭さが漂ってくるよ....」

華「魅力十分です!」

麻子「ししとうで我慢しておいたほうがいい」

みほ「愛里寿ちゃんの遺してくれたこれを食べて元気を出そう....」

沙織「遺してくれたって、そこで寝てるだけでしょ....」

みほ「この世の全ての食材に感謝を込めて、」

沙織「なにそれ流行ってるの?」

華「今最終章です」ニコニコ

麻子「クソみたいな展開だけどな」

みほ「いただきます!!!!」ガブッ

沙織「いった!!!!」

華「お味の方は!!!!」

みほ「(モグモグ)」

みほ「....うん」

みほ「口の中に一瞬で広がる海の香り」

沙織「磯臭いんだ」

みほ「秋刀魚の表面はすごくヌメヌメしてて」

麻子「生魚を皮ごとだからな」

みほ「それとマヨネーズが濃厚に絡みあう」

華「つまり....?」

ビターーーーーン!!!

沙織「んんっ!?何の音!?!?」

華「沙織さん、こちらです!!!!」

沙織「え?どこ....?」

沙織「ってうわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」

みほ「」

沙織「みぽりんが、あまりの不味さに!!!!!」

沙織「まるでギャグマンガのようなズッコケ方をしているぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!」

麻子「やはり軍神西住でもこれには耐えられなかったか....」

華「どんな味がするんでしょうか」キラキラ

沙織「まだ言うか」

沙織「しかし....」

<>



254: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 15:54:13.29 ID:P/fc5L9F0

麻子「これは....」

<秋刀魚尾>

華「どうしましょうか....」

沙織「肝心の二人は」

愛里寿「」

みほ「」ビターーーーン!!!

沙織「これだしなぁ....」

麻子「さすがにこの犬神家みたいなポーズは治してあげよう」ヨイショ

華「愛里寿さんはこれをお母様に食べさせてあげたいとおっしゃっていましたね」

沙織「でもこんなの食べさせようとしたら....」

麻子「まず間違いなくセンチュリオンだろうな」

三人「....」

麻子「私に考えがある」

沙織「さっすが麻子!」




255: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 16:02:17.34 ID:P/fc5L9F0

千代「ただいまー」ニコニコ

千代「あなた戦車のことすごく詳しいのね、島田流に来ない?」ペロペロ

優花里「あ、あの、顔を舐めまわすのはやめていただけませんか....」ベトー

千代「あらごめんなさい」ペロ

優花里「(言動と行動が一致していません!)」

優花里「(というか家元はいったいどれだけ食べるんですか!?)」

優花里「(五十鈴殿といい勝負するレベルって化け物ですよ....)」

優花里「(しかも我々よりも推定20歳以上年上....)」

千代「私は20も年上ではないわ」ニコ

優花里「」チョロ

スッ

千代「あら、あなたたちは....」

沙織「お待ちしていました家元」ペコリ

華「どうぞこちらへ」ペコリ

優花里「どうしたんですかお二人とも?」

千代「お料理はもう終わったの?」

沙織「はい、後片付けまで済ませてあります」

華「ただ一品を除いて、ですが」ニコ

千代「一品?」

沙織「実は、愛里寿さんがどうしても今日作った料理をお母様に食べさせたいということで」

華「一品だけ残してあるんです」

二人「お食べになられますか?」

千代「食べりゅ!!!!!!」

優花里「(まだ食べるんですか....)」



256: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 16:12:27.36 ID:P/fc5L9F0

千代「それで、愛里寿は?」

沙織「愛里寿さんはやっぱり恥ずかしいようで....」

華「みほさんと出かけてしまいました」ニコ

千代「あらあら////」

麻子「では早速料理のほうを召し上がっていただきます」

沙織「なんでも愛里寿さんが初めて作られた料理だそうですね」ニコ

千代「そうねぇ....あの子には戦車のことばかり教えてきたから....」

千代「それなのに自分で料理を作るなんて....」

華「よかったですね」ニコ

千代「えぇ....」ニッコリ

麻子「初めての手料理、味わって、残さず召し上がってください」ニコ

千代「当り前じゃない!」

麻子「それでは、どうぞ」パカッ

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

<秋刀魚尾>

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド



257: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 16:13:07.14 ID:P/fc5L9F0

千代「」

千代「....あの、これは?」

麻子「愛里寿さんが心を込めて作られたバーニャカウダです」ニコ

千代「へぇっ!?」

千代「いや、バーニャカウダってもっとこう....」

沙織「もしかして、召し上がらないんですか....?」

華「愛里寿さん、とても一生懸命頑張っていました....」

麻子「『お母さんに食べさせるんだ』と....」

千代「....」

千代「....わかったわ」

千代「これがどんな料理かはわからないけど」

千代「愛情は最高の調味料というわ」

千代「見た目からは想像もつかないような味がするはず!!!」

沙織「(いえ)」

華「(おそらく)」

麻子「(想像通りだろう)」

千代「いただきます!!!」

ガブッ

千代「....」

ビターーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!

華「ミッション!!」

麻子「コンプリート!!」

沙織「結局やってることテロだよねこれ!?!?!?!??!?」



258: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 16:21:41.66 ID:P/fc5L9F0

みほ「」オブサリ

華「みほさん軽いです」ウフフ

沙織「それよりあのままでよかったのかな....」

麻子「親子水入らずで仲良く寝ているし、幸せそうじゃないか」

沙織「二人とも白目剥いて泡吹いてるのによくそんなこと言えるね....」

優花里「しかし、私が牛丼を食べている間にそんなことがあったとは....」

華「私たち三人は特に何もなかったんですが....」

麻子「というか西住さん以外の私たちは何もしてないな....」

沙織「それなのにすごく長かったような....」

華「まるでこの1日が過ぎるのに10日ほどかかったように感じました....」

優花里「私も家元殿とす〇屋で240時間くらい語り合ったような気がします....」

麻子「それ以上はいけない」



259: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 16:26:16.53 ID:P/fc5L9F0

~翌朝~

みほ「うぅ....昨日は愛里寿ちゃんのところに行って....」

みほ「ダメだ....どうしても思い出せない....」

沙織「自己防衛本能だと思うよ....」

華「過ぎた日々のことは忘れて!」

優花里「新たな旅たちです!」

麻子「強引だな」

みほ「そうだね!」

みほ「なんだかすごく久しぶりな気がするけど次のターゲットを決めよう!」

四人「おー!!!!」

みほ「パンツァー・フォー!!」

麻子「そいや」グルグルグルグル

優花里「それっ!」ガゴン

華「えいっ!」ドカーン

料理人:>>260



260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 16:27:46.78 ID:vyfPv5Opo

アキ



262: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 21:25:34.30 ID:P/fc5L9F0

<アキ>

みほ「アキ?」

沙織「同じものばかり食べてると」

みほ「飽き」

華「もう夏も終わり」

みほ「秋」

優花里「広島」

みほ「安芸」

麻子「八代」

みほ「亜紀」

みほ「じゃなくて!」

みほ「継続高校のアキさん!!」

沙織「っていってもなぁ....」

華「私たちそんなに関わりありましたっけ?」

五人「....」

優花里「これはクラーラさん回のパターンになりますよ....」

麻子「知らないぞ、変なキャラ付けでめちゃくちゃになっても」



263: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 21:32:39.58 ID:P/fc5L9F0

~継続高校~

みほ「継続高校に来るのはみんな初めてだよね?」

沙織「そうだね~前に主な学園艦に一人ずつ行ってるけど」

華「継続高校は誰も行っていませんね」

優花里「まぁなんといいますかいままでの学園艦と比べると....」

麻子「ボロイな」

優花里「あぁ!せっかくオブラートに包むつもりでしたのに!」

みほ「確かにちょっと小さめだね....」

沙織「それにしてもアキさんたちいないね~」

華「あの時の三人組で一緒にいるかと思ったんですが....」

優花里「そもそもミカ殿もミッコ殿もいませんね....」

テクテクテクテク

みほ「あっ、あの人に聞いてみるね!」

みほ「すみませ~ん」

生徒A「はい?」

みほ「あの、アキさんって方をご存じですか?」

生徒A「あぁ、あの?」ユビサシ

みほ「はい?」チラッ

<我が校の生徒三名が行方不明!!!>

みほ「え?」

生徒A「あれ、ご存じないんですか?」

生徒A「なんでも戦車道の試合の帰り道に突然船ごと消えてしまったとかで」

みほ「....」

みほ「....まさか」



264: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 21:35:22.50 ID:P/fc5L9F0

みほ「ということらしいの」

沙織「えぇ~!!!!行方不明!?!?!??!?」

みほ「たぶん大学選抜の時だと思うんだけど....」

みほ「麻子さん、わかる?」

麻子「あの川を下ってここに帰る途中に遭難したとすると」

麻子「おそらくこの島だろう」ユビサシ

優花里「天才です....」

麻子「ご都合主義だ」

みほ「じゃあ救出ついでにそこで料理を教わってから帰ることにしよっか!」

華「ワイルドクッキングです!!」

沙織「早く家に帰してあげなよ....」



265: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 21:39:34.59 ID:P/fc5L9F0

~とある無人島~

アキ「も~ここで暮らし始めて何日~?」

ミカ「それを数えることに何か意味はあるのかな」ポロロン

ミッコ「そうそう!数えたところで助けが来るわけでもないしさ!」

アキ「それはそうだけど~....」

みほ「こんにちは~」

アキ「!?!?!?!?!???!??!!?!?」

みほ「ちょっといいですか?」

アキ「えぇっ!?無人島に突然現れたと思ったらすごく冷静!!!!」

みほ「アキさんにお料理を教えてもらいたくて」

アキ「救出じゃないの!?!?!??!?!?」

みほ「お料理教室が終わったら私たちのヘリで一緒に帰りましょう」

アキ「わけがわからないんだけど!?」

ミカ「じゃあアキ、頑張るんだよ」ポロロン

ミッコ「またすぐ会えるさ~」

バラバラバラバラバラバラバラ

アキ「....」

アキ「帰るの!?」



266: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/18(日) 21:44:00.86 ID:P/fc5L9F0

みほ「ではお料理を教えてください」

アキ「なんでミカ達だけ!?私も早く帰りたい!!!!」

沙織「まぁまぁ」

華「そうおっしゃらず」

優花里「これが終わればすぐに帰れますから」

麻子「....」コクリ

アキ「五人がかりで引き留めるの!?」

アキ「....」

アキ「も~わかったから早く料理作るよ?」

みほ「じゃあこちらの材料を使ってください、みんな!」

四人「おー!!!!」

みほの食材>>267
沙織の食材>>268
華の食材>>269
麻子の食材>>270
優花里の食材>>271



267: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 21:44:25.65 ID:96KaPw62O

松坂牛1kg



268: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 21:46:59.86 ID:vyfPv5Opo

フォアグラ



269: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 21:48:39.66 ID:+elMj7mS0

燕の巣



270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 21:49:19.68 ID:KH6GneG8O





271: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 21:49:53.47 ID:+E8bnbth0

ロバのチーズ



277: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:37:57.51 ID:Wuszk4gr0

みほ「私はこれです!」ズシン

<松坂牛1kg>

アキ「うぇっ!?」

みほ「松坂ぎゅうだと思ってたらいつの間にか松坂うしになってました!」

沙織「ソフトバンクにもいるよね」

優花里「それは松坂豚です」

沙織「カテゴリは一緒かな?」ヒョイ

<フォアグラ>

アキ「またもや!?」

優花里「今回はまた豪勢ですねえ....」

麻子「前の人のレスに影響され過ぎだろ....」

華「私はこちらを」ポイ

<ツバメの巣>

アキ「うぉっ!?ってあれ?」

みほ「これは....?」

沙織「土のようなものや木の枝のようなものがたくさん見えるけど....」

優花里「私もこのような食材は見たことがありませんね....」

華「こちらは....」

華「ツバメの巣です!」

五人「....」



278: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:38:33.11 ID:Wuszk4gr0

みほ「(ツバメの巣って高級食材のはずじゃ....)」

沙織「(あれがツバメの巣?全然食べ物に見えないんだけど....)」

優花里「(でも五十鈴殿が食べられないものを持ってくるはずありません!)」

麻子「....」

アキ「....」

アキ「(ツッコんじゃダメ!?)」

アキ「(あれにツッコんじゃダメなの!?)」

アキ「(確かにツバメの巣だけど軒下とかに勝手に作るやつでしょ!?)」

アキ「....ねえ」コソコソ

麻子「ん?」

アキ「あれ、大丈夫なの?」コソコソ

麻子「....」

麻子「五十鈴さんは食の探究者だからな」

アキ「へー....」

アキ「(なーんだ、だったら大丈夫そう!)」

麻子「(前回生の秋刀魚の頭を欲していたことは黙っておこう)」



279: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:39:15.39 ID:Wuszk4gr0

麻子「話は長くなったが私のを」ピチ

<鯛>

優花里「おぉ!これは立派な鯛ですねえ!」

みほ「おいしそう!」

沙織「生魚一匹は必ずなの!?」

優花里「トリにふさわしい食材をお見せしましょう!」ソイヤ

<ロバのチーズ>

みほ「これは?」

沙織「チーズだよね?」

優花里「はい!これはロバの乳を使ったチーズです!」

アキ「ロバァ!?」

華「どうしました?」

アキ「い、いや、ロバのチーズって言ったらめちゃくちゃ高級な奴じゃない!」

沙織「えぇっ!?そうなの!?」

麻子「価格的にはこの中のどれよりも高いぞ」

沙織「ヒィッ!?」ポイッ

みほ「危ない!」パシッ

優花里「あー大丈夫ですよ、それ私の自家製ですから」ハハハ

沙織「なーんだ!ビックリさせないでよねもう!」プンスカ

優花里「すみません」アハハ



280: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:39:56.57 ID:Wuszk4gr0

アキ「(平然と言ってるけどどうやって自分で作ったの!?)」

アキ「ねえ、あれって大丈夫なの?」

麻子「....」

麻子「秋山さんは、自給自足のプロだからな....」

アキ「なーんだ!だったら安心ね!」

麻子「....」

麻子「(プロ=安心ではないんだが....)」

麻子「(....黙っておこう)」

アキ「ということでこれらを使って無人島クッキングをしまーす!」

五人「わー」

アキ「....」

アキ「(私貧乏学校の生徒よ!?こんな高級食材の扱いわからないんだけど!?)」

アキ「(そもそもずっと無人島で質素な食事ばかりしてたからいきなりこんなもの食べたらお腹壊しそう....)」

アキ「(うーん....)」

アキ「(とりあえず....)」



281: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:40:24.56 ID:Wuszk4gr0

みほ「あの、献立は?」

アキ「あ、あー献立、そう、献立!」

アキ「えーっとフォアグラと松坂牛はソテーに!」

アキ「鯛は....」

アキ「お刺身に!」

アキ「ツバメの巣とロバのチーズはスープに!」

五人「了解!」

アキ「まず、フォアグラと松坂牛は適当な大きさに切って」

みほ「はーい」

アキ「鯛は....って丸ごと一匹....」

沙織「そうれ!」シュバ

華「お見事です」パチパチ

アキ「えぇ....」

沙織「私たちももう300レス近く料理修行をしてるからね!」

華「特に魚なんて慣れっこです!」

アキ「だったらなんで無人島に来たのよ....」

麻子「安価は絶対だからな」



282: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:40:58.31 ID:Wuszk4gr0

アキ「まぁここまでは順調ね....」

アキ「ただ問題は....」

ズモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモ

<ツバメの巣>

ズモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモ

アキ「(これ本当に大丈夫なのかしら....)」

アキ「えーっと、じゃあこれを一口サイズに切ってくれる?」

優花里「お任せあれ!」バリバリ

アキ「(食べ物切る音じゃない)」

みほ「チーズはどうしますか?」

アキ「ロバのチーズなんて食べたことないけどとりあえず細かく刻んでおいて」

みほ「はーい」トントン

アキ「....」

アキ「じゃあそれぞれ火にかけましょ」

沙織「火?」

華「そういえばコンロもIHもここにはありませんね?」

アキ「あれで」ユビサシ

五人「?」チラ

<木の板>ドン!

<木の棒>ドン!

みほ「えぇ....」



283: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:41:27.32 ID:Wuszk4gr0

沙織「この中で一番パワーがありそうなのは....」

四人「....」チラ

華「?」

華「私ですか?かまいませんよ」ニコ

優花里「さすがです五十鈴殿!」

華「でもこれ、どうやって使うんですか?」

麻子「これはこう板と棒を擦り合わせて摩擦熱で....」

華「?」

華「よく分からないのでいつもの起こし方でもいいですか?」

アキ「いつもの?」

華「それ!」パチン

ボォッ

五人「....」

五人「(指パッチン)」

アキ「ま、まぁ火も確保できたし早速火にかけてっと」

アキ「あとは火加減を見ながら放置ねー」

五人「はーい」



284: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:41:57.34 ID:Wuszk4gr0

アキ「ということで完成!」

みほ「じゃあ無人島最後の晩餐ということで、音頭はアキさんがお願いします!」

アキ「そ、そう...?じゃあ///」

アキ「えー思えばここまで長い道のりでしたが

みほ「いただきまーす!!!!」パクッ

四人「いただきまーす!!!!」パクッ

<松坂牛とフォアグラのソテー>

みほ「んー!自分で用意して置いてなんだけどやっぱり高い牛肉はおいしい!」

沙織「味付けは最低限しかしてないけど十分だよね~」

華「フォアグラって初めて食べたんですが、なんというか独特な味ですね....」ウマイッ

優花里「肝ですからねぇ....高級品は私にはまだ早いのかもしれません!」

<鯛の刺身>

麻子「自画自賛のようで申し訳ないがこの鯛もうまいぞ」

みほ「旬は春って言われてるけど今の季節でも全然おいしいかも」

沙織「そういえばこれどうしたの?」

麻子「最近おばあの機嫌が良くて....」

四人「....」



285: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:43:01.12 ID:Wuszk4gr0

アキ「ちょっと!?なんで私だけ置いて食べてるの!?」

アキ「私の音頭は!?」

優花里「すみません、大洗では音頭は遮るものだとされてまして....」

アキ「知らないわよそんなの!!」

アキ「私もお腹ペコペコなの!!!」

華「ではこちらをどうぞ」ニコ

ズモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモ

<ツバメの巣とロバのチーズのスープ>

ズモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモモ

アキ「ぇ....」

華「私もまだ食べたことがないんですが....」

華「断腸の思いで一口目をお譲りします」ギリッ

アキ「いやいやいやいやいやいやいやいや!!!!!!」

アキ「私は大丈夫!大丈夫だから!」

華「まぁまぁそうおっしゃらず」ニコニコ

華「はい、あーん」

アキ「....」

アキ「....もうしょうがないわね」

アキ「あ、あーん」パクッ

アキ「....」



286: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:43:42.21 ID:Wuszk4gr0

アキ「!!!」

アキ「こ、これは!!!!」

アキ『口の中に広がる大自然!』

アキ『これは....木?土?』

アキ『あぁ....ロバもいる....』

アキ『すごい!これだけ鮮明な景色が浮かぶ料理は初めて!!!!』

アキ『なんてこと!もう一口!もう一口ちょうだい!』

アキ『もう一口....もう一口....」

アキ「はっ!?」

アキ「ここは?」キョロキョロ

ミカ「ゲテモノ料理....それは人生に本当に必要なことかな?」ポロロン

アキ「ミカ!?またここに戻ってきたの!?」

ミッコ「何言ってんだ?」

アキ「ミッコまで!?」

アキ「私を置いて先に帰ったんじゃ!?」



287: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:44:15.43 ID:Wuszk4gr0

ミカ「あぁ、帰ったよ」

アキ「え?じゃあなんで?」

ミカ「君が帰ってきたんだろう?気絶したまま」ポロロン

アキ「....」

アキ「なーんだそういうことかぁ....」

アキ「ま、帰ってこられたしこれで一件落着!」

アキ「ってなるか!?」

ミッコ「アキがおかしくなった....」

ミカ「復讐....それは人生に本当に必要なことかな?」ポロロン

アキ「あいつら許さない....」

ミッコ「あぁ、大洗の五人は一人を除いて今も入院中みたいだよ」

アキ「へぇ!?」

ミカ「アキは無人島や普段の生活でゲテモノにも耐性があったんだろうね」ポロロン

アキ「全然うれしくないんだけど!?」

アキ「まあでもそういうことなら....」

アキ「....」

アキ「ん?四人?」



288: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:48:17.57 ID:Wuszk4gr0

ビーツと鮭の刺身
 材料(5人分)
・ビーツ 5個
・鮭   1匹

1.ビーツを一口大に切る。硬くて切れないときはAK-47カラシニコフを使ってもよい。
2.鮭を適当に捌く。
3.盛り付ける。
4.雪に埋めて冷やす。



289: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:51:23.23 ID:Wuszk4gr0

牛タンと鹿肉と松茸の網焼き
 材料(5人分)
・牛タン 300g
・鹿肉  500g
・松茸  2本

1.下ごしらえとして、松茸は前日の夜に女性のチョメチョメにツッコんでおく。
2.それぞれを食べやすい大きさに切る。網焼きでも火が通りやすいようにあまり大きくしない。
3.網で焼く。



290: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:54:46.15 ID:Wuszk4gr0

島田流特製バーニャカウダ
 材料(5人分)
・ピーマン 中2個
・パプリカ 中2個
・トマト   2個
・ししとう  2個
・秋刀魚   1尾
・マヨネーズ 適量

1.ピーマン、パプリカ、トマト、ししとうをよく洗い、スティック状に切る。
2.秋刀魚を頭と尾の半分に切る。この時下処理等は一切行わない。
3.マヨネーズを出す。



291: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:57:28.27 ID:Wuszk4gr0

松坂牛とフォアグラのソテー
 材料(5人分)
・松坂牛    1㎏
・フォアグラ 100g
・塩コショウ 適量

1.松阪牛を適当に切る。
2.フォアグラを適当に切る。
3.塩コショウを振って焼く。



292: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 19:58:12.67 ID:Wuszk4gr0

鯛の刺身
 材料(5人分)
・鯛 1尾

1.鯛を捌く



293: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 20:01:30.14 ID:Wuszk4gr0

ツバメの巣とロバのチーズのスープ
 材料(5人分)
・ツバメの巣(天然)   500g
・ロバのチーズ(天然)  200g
・海水        1000ml

1.ツバメの巣を食べやすい大きさに切る。枝や土もかまわずすべて切る。とにかく切る。無心で切る。
2.ロバのチーズを細かく刻む。
3.海水を汲んでくる。
4.海水の中に具材を入れ、煮込む。



294: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 20:02:21.77 ID:Wuszk4gr0

~数日後~

みほ「ひどい目にあったよ....」

沙織「本当の食中毒ってあんな風になるんだ....」

優花里「体中の水分が抜けきったと思っても延々と出るんですよね....」

麻子「....尻が痛い」

華「みなさん、大変でしたね....」

四人「....」

沙織「それでみぽりん、まだやるの?」

優花里「正直死にかけましたよ?」

麻子「....」コクリ

みほ「....」

みほ「逆だよ!」

みほ「このままじゃこの旅が!辛い思い出のままになっちゃう!」

みほ「私たちに必要なのはここで終えることじゃない!」

みほ「リベンジだよ!」

沙織「みぽりん....」

優花里「西住殿....」

華「みほさん....」

みほ「無限の彼方へ、さぁ行くぞ~!!」

三人「おー!!!」

麻子「帰っていいか?」



295: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 20:03:21.73 ID:Wuszk4gr0

みほ「よし!次のターゲットは!」

四人「おー!!!!」

みほ「パンツァー・フォー!!」

麻子「そいや」グルグルグルグル

優花里「それっ!」ガゴン

華「えいっ!」ドカーン

料理人:>>296



296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/20(火) 20:03:42.61 ID:DIpiSAPW0





298: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 20:16:53.34 ID:Wuszk4gr0

みほ「えーっと....」

みほ「澤さん!」

沙織「おぉ!今度は安心して任せられそうだね!」

華「一年生ですがとてもしっかりしていますからね」ニコ

優花里「あとは材料次第ですよ....」

麻子「....」コクリ

みほ「というかうちの学園艦でやるのって初めてだよね?」

沙織「そだねー」

華「いままで遠出ばかりでしたからね....」

優花里「疲れがたまるはずですよ....」

麻子「今回は料理人が無難、移動もなしか」

沙織「息抜き回になりそうでよかった~」

みほ「じゃあさっそく澤さんを呼んでくるね!」



299: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/20(火) 20:19:18.25 ID:Wuszk4gr0

梓「お話は伺いました」

梓「私でよければ是非お手伝いさせてください!」

みほ「心強いよ~」

沙織「今までのは何だったんだって感じ~」

華「沙織さん、失礼ですよ....」

梓「それで材料は?」

みほ「こちらです!」

みほの食材>>300
沙織の食材>>301
華の食材>>302
麻子の食材>>303
優花里の食材>>304



300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/20(火) 20:20:12.27 ID:AEG7aAs/o

うまい棒



301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/20(火) 20:20:22.38 ID:DIpiSAPW0

メンマ



302: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/20(火) 20:20:31.57 ID:+naA+Tsgo

チャーシュー



303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/20(火) 20:20:39.95 ID:Nt8VIP50O

ミル貝



304: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/20(火) 20:20:56.18 ID:nyBz38ZaO

黒アワビ



312: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:44:08.00 ID:oaANoCkG0

みほ「今回は少し冒険してみました!」

<うまい棒>

梓「!?」

沙織「これは....」

華「駄菓子の定番うまい棒ですね」モグモグ

優花里「ちょっ!?食べちゃダメですよ五十鈴殿!」

みほ「あはは、大丈夫大丈夫」サッ

<うまい棒三昧>

みほ「たっぷりあるから大丈夫!」

沙織「安いからね....」

麻子「これを材料とするならもはや何でもありだぞ....」

華「割と最初からなんでもありだったのでは?」

麻子「それもそうか」

沙織「もーみぽりんったら....スリルを求め過ぎだよ....」

みほ「沙織さんは何より安定を望むタイプだもんね」

麻子「早く安定した相手を見つけられればいいな」

沙織「(今晩はズッキーニでもぶち込んでやろう)」



313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 18:44:48.33 ID:oaANoCkG0

<メンマ>

梓「メンマ....ですか....」

優花里「武部殿もなかなかに攻めているような気がしますが....」

麻子「そもそもメンマなんてラーメンにしか入ってるの見たことないぞ?」

沙織「みんな知らないだけで意外といろいろな料理に使えるんだから!」

華「私の持ってきたもの、奇跡的に沙織さんの物と相性がいいです!」

<チャーシュー>

梓「おお!これは立派なチャーシューですね!」

みほ「うわぁ~~おいしそう~」

沙織「同じカテゴリなのにこの反応の違いは何なの!?」

麻子「竹を煮込んだものと豚肉を煮込んだもの、お前はどっちが食べたいんだ?」

沙織「肉」

麻子「まったく....沙織はダメだな」

麻子「これを見ろ」

<ミル貝>

梓「これはなんですか?貝?」

麻子「ミル貝だ」

梓「ミル貝?」

麻子「平たく言うと貝だ」

梓「はぁ....」

優花里「まぁ貝の味って説明しにくいですよね」

みほ「私もお寿司くらいしか食べたことないけどほかにも使えるのかな?」

梓「頑張ります!」



314: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:45:17.59 ID:oaANoCkG0

優花里「毎回毎回トリは嫌なんですが....」

<黒アワビ>

みほ「アワビ!?」

沙織「まーたゆかりんが高級食材もってきてる....」

優花里「いやぁ~これだけのメンバーのトリを務めるとなるとどうしても気合いが入ってしまいます!」

華「ちなみにこちらはどのようにして?」

優花里「大洗の海岸にて!」

麻子「密漁だぞ」

みほ「どう?できそう?」

梓「そうですね....」

梓「うーん....」

梓「なんとかやってみます!先輩方の頼みは断れません!」

沙織「頼もしいね!」

華「はい、いつかのように材料が無駄になることもなさそうです♪」

麻子「全部五十鈴さんが完食してるから無駄にはなってないと思うが」



315: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:45:46.56 ID:oaANoCkG0

みほ「それで、どうするの?」

梓「はい、まずは」

梓「うまい棒を縦に半分にして、それをさらに縦に半分、4つの棒状にしてください」

みほ「はーい」サクッ

華「いったいなにができるんでしょうか」サクッ

優花里「楽しみですね!」サクッ

梓「武部先輩と冷泉先輩はアワビやミル貝を食べやすい大きさに切ってください」

二人「はーい」

梓「3本が12本になったと思います、それで大丈夫です」

みほ「これは?」

梓「いったん置いておいてください」

みほ「はーい」

梓「余ったうまい棒は全てフードプロセッサーで粉末状にしてください」

優花里「了解です」ガガガ

梓「そこまで済んだら、大鍋に水を入れて....」

梓「残りの材料を全部入れてください!」

沙織「ん?」



316: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:46:15.11 ID:oaANoCkG0

沙織「あの、梓ちゃん?」

梓「はい?」

沙織「全部入れるっていうのは?」

梓「全部入れるというのは全部ぶち込むという意味です!」

沙織「....」

沙織「え?黒アワビも?」

梓「全部です」ニコ

沙織「....」

沙織「ちなみにこれ、何を作ってるの?」

梓「スープです!」

沙織「....」

沙織「あの、梓ちゃんって普段料理とかするの?」

梓「卵を割ろうとしたら殻が飛び散って目に入り失明寸前までいきました」

沙織「あっ....」

麻子「....」トントン

沙織「?」クルリ

麻子「....」フルフル

麻子「....諦めよう」

沙織「....」ハァ



317: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:46:46.66 ID:oaANoCkG0

梓「全部ぶち込みましたか?」

三人「はーい!」

梓「じゃあ煮込みましょう!」

三人「はーい!」

グツグツ

沙織「梓ちゃん、味付けは....」

梓「武部先輩、私知ってます!味付けは最後にするんです!」

沙織「まぁ基本的にはそうだよね」

沙織「(さっきはああ言ったけど煮込んでるものにおかしなものはなにもないし....)」

沙織「(味付けさえきちんとしてれば....)」

麻子「....」

麻子「なあ沙織」

沙織「なに?」

麻子「さっきうまい棒を粉末状にしてなかったか」

沙織「....」

沙織「....はっ!?」

沙織「....」クルリ

梓「火も通ったので味付けです!」

みほ「それ!」ドザー

華「おいしくなあれ♪」ドザー

優花里「砲撃!」ドザー

沙織「Oh....」

麻子「だから言っただろ、諦めろって....」



318: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:48:11.09 ID:oaANoCkG0

梓「さぁ!完成です!」

<煮込み>

沙織「料理名がただの煮込みってところに闇を感じる....」

沙織「いつの間にかスープじゃなくなってるし....」

麻子「そういえば今回のうまい棒は何味を使ったんだ?」

みほ「あれ?いってなかったっけ?」

華「そういえばまだ沙織さんと麻子さんは....」

優花里「わたしは明太子味が好きですかね」

沙織「牛タンでしょ!」

梓「ウサギさんチームではとんかつソースが人気です!」

麻子「納豆一択」

みほ「うんうん、やっぱりみんなそれぞれ好みがあるよね~」

みほ「だから私も一番好きな味を持ってきたの!」

沙織「それって?」

みほ「チョコ!」

沙織「」

沙織「と、いうことは....」チラ

<アマーーーーーーーーーーーーーーーーーイ>

沙織「うわぁ....とんでもないことになってるよ....」

麻子「結局こうなるのか....」



319: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:53:23.59 ID:oaANoCkG0

優花里「あれ?そういえば最初に切り分けたうまい棒は使わないんですか?」

梓「もちろん忘れていません!」

梓「一人2本ずつどうぞ!」

五人「?」

梓「これはお箸です!」

梓「ゴミが出ない、とってもエコなお箸です!」

沙織「もはやそんなことさせる意味が分からないよ....」

麻子「というかわざわざ最初に準備させたのがそれなのか....」

みほ「さすが梓ちゃん、まだ1年生なのに地球のことまで考えてるなんて....」

華「感動です」ポロポロ

優花里「こっちでも泣くんですね」

梓「料理初挑戦で先輩方に指導なんておこがましいにもほどがあると思いましたが....」

梓「精一杯頑張りました!みなさん!遠慮なくどうぞ!」

みほ「ありがとう梓ちゃん!」

みほ「それじゃあ!」

六人「いただきます!」

パクッ



320: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:54:59.46 ID:oaANoCkG0

みほ「ミル貝とアワビの持つ、貝特有の風味、旨味....」

優花里「チャーシューのジューシーな脂身....」

梓「メンマのシャキシャキとした食感....」

沙織「それを満遍なく包み込むチョコレート味」

麻子「うまい(棒)」

沙織「棒読みになってるよ」

梓「....」

梓「これじゃダメですね....」

みほ「澤さん....」

梓「すみません....私の力不足でした....」

梓「みなさん、もう大丈夫なのでこれは私が責任を持って」

ガツガツガツガツ

ガツガツガツガツ

梓「?」クルリ

華「....」ムシャムシャガツガツパクパク

梓「い、五十鈴先輩!?」

梓「これは失敗作ですから食べなくても!!」

華「....」ムシャムシャガツガツパクパク

梓「五十鈴先輩!!!」

華「....」ムシャムシャガツガツパクパク



321: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:57:18.36 ID:oaANoCkG0

麻子「無駄だ」

麻子「こうなってしまった五十鈴さんは、完食するまで止まらないぞ」

梓「でも....」

麻子「五十鈴さんをここまでさせるくらいに、」

麻子「お前の料理はおいしかったってことだ」ポンポン

梓「冷泉先輩....!!!!」

沙織「いい話風に占めようとしてるけど華、毎回こうだよね」

優花里「武部殿、何事も最初の経験が大事なんですよ」

華「....」ムシャムシャガツガツパクパク

梓「人に料理を食べてもらえることがこんなにうれしいなんて....」ジーン

沙織「でもこのままじゃまずいような....」

沙織「間違いは正さないと....」

みほ「ここで失敗の記憶だけが残ると、澤さんは料理のこと苦手になっちゃうと思う」

みほ「それを華さんが、身を挺して防いだんだよ!」

華「....」ムシャムシャガツガツパクパク

華「....」ムシャムシャガツガツパクパク

華「....」ムシャムシャガツガツパクパク

沙織「半分白目になりながら食に没頭してる華を見てよくそんなこと言えるね!?」



322: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 18:58:39.65 ID:oaANoCkG0

華「大変おいしかったです♪」ツヤツヤ

梓「ありがとうございます!」ペコリ

沙織「毎回私たちの分までよく食べられるよね....」

華「沙織さんは、目の前に素敵な殿方がいたら、抱き着くことを我慢できますか?」

沙織「それを肯定したら私ただの変質者になっちゃうんだけど」

梓「先輩方に料理を教えるつもりが、いつの間にか私が学ぶ側になってました....」

五人「....」

梓「私、これからも料理頑張ります!」

みほ「応援してるね」

梓「先輩も頑張ってください!」ガシッ

みほ「ありがとう!」ガシッ

華「感動です」ポロポロ

優花里「よき師弟です」ポロポロ

沙織「みんな情緒不安定すぎないかな....」

麻子「相次ぐ長旅とゲテモノ料理で神経が衰弱してるんだろう」

沙織「これ、まだ続けるのかな....」

みほ「私、まだ料理の腕が上がってないから....」

沙織「あげたいんだったらなんでこんなギャンブル形式にしなきゃよかったのに....」



323: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 19:01:51.13 ID:oaANoCkG0

~翌朝~

みほ「はい!本日もいい料理日和です!」

沙織「そんなの関係ないってこと今まで証明してきたよね」

華「まあまあ沙織さん、みなさん頑張っているんですから」ニコ

優花里「その通りですよ武部殿!」

麻子「....股が痛い」

みほ「次の料理人に向かって」

みほ「パンツァー・フォー!!」

麻子「そいや」グルグルグルグル

優花里「それっ!」ガゴン

華「えいっ!」ドカーン

料理人:>>325



325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 19:04:32.31 ID:Dpj0Vb3iO

ミカ



327: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 19:20:55.47 ID:oaANoCkG0

<ミカ>

五人「....」

沙織「これってかなりまずいんじゃない....?」

優花里「前々回のアキ殿の時のトラウマがよみがえりますね....」

みほ「....」

みほ「....いこう」

沙織「ですよね~」

みほ「アキさんのときは無人島っていう料理には向かない環境だったからあんなことになっちゃったけど」

みほ「もうミカさんたちは継続高校に帰りついてるからきっと大丈夫だよ」

みほ「....たぶん」

華「さすがのみほさんもいつもより弱気ですね」

麻子「まぁ胃洗浄なんて初めての経験だっただろうからな....」

みほ「だ、大丈夫だよ!ミカさんって実はいいところの出身だって噂もあるし....」

みほ「....きっと」

沙織「....」

沙織「不安は不安だけどいくしかないもんね....」

優花里「あんなことはもうないはずです!」

五人「....」



328: ◆bL5b7ovQmQ 2016/09/24(土) 19:24:08.53 ID:oaANoCkG0

~継続高校~

みほ「ということでまた来ちゃいました!」

ミカ「君たちも懲りないね」ポロロン

みほ「ちなみにミカさん、料理の経験は?」

麻子「(不安過ぎて先に聞いたな)」

ミカ「うーん料理か....」

ミカ「....」

ミカ「料理、それって

みほ「こちらが今回の材料です!」

沙織「(聞かなかったことにしたいんだね....)」

みほの食材>>329
沙織の食材>>330
華の食材>>331
麻子の食材>>332
優花里の食材>>333



329: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 19:24:31.43 ID:YaWOJIMOo

海老の頭



330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 19:25:32.65 ID:BCYyMzPeo

イカ



331: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 19:25:51.02 ID:5kQXg1i3O

エビの尻尾



332: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 19:26:48.00 ID:pvrgpDdmO

山葵



333: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 19:27:05.79 ID:YNCZrpuDO

フィッシュカツ



338: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:17:43.78 ID:8s5uCSI70

みほ「だいぶん時間が空いたような気がしますが材料発表です!」

沙織「これだけ空くと腐ってそう....」

麻子「ここの時は進んでないからおそらく大丈夫だろう」

優花里「?」

みほ「私はこれです!」

<海老の頭>

沙織「えっ....」

華「無数の海老の頭だけが大量に転がっています....」

優花里「これはなかなか強烈な絵面ですね....」

ミカ「....」

麻子「どうした?」

ミカ「....ぃ」

麻子「ん?」

ミカ「....怖い」ブルブル

麻子「....」

麻子「意外と普通なんだな」

ミカ「素であんなキャラなわけないだろう?」

麻子「えぇ....」



339: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:18:23.26 ID:8s5uCSI70

沙織「もーなんでみぽりんが率先してまともじゃない食材もって来るの....」

<イカ>

華「さすが沙織さんです」

麻子「これといって弄るところがないな」

沙織「料理にそんなの必要ないから!」

ミカ「....」

優花里「どうかしました?」

ミカ「....ぃ」

優花里「はい?」

ミカ「....気持ち悪い」ブルブル

優花里「えぇ....」

ミカ「....ヌメヌメしてる」

優花里「キャラ崩壊しすぎですよ....」

華「私はこれを」

<エビの尻尾>

沙織「いやいやいやいやいや!!!!」

沙織「天丼オチなんていらないから!!!」

華「いいお出汁が出ると思ったんです!」

麻子「それはそうかもしれないが....」

優花里「メイン5品目のうち2つが出汁要員ってどうなんですかね....」

ミカ「なんとかなるさ」ポロロン

麻子「あらためてみるとこのキャラしらじらしいな」

沙織「あらためてみなくてもわかるでしょ....」



340: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:18:55.92 ID:8s5uCSI70

麻子「まったく、仕方ないな」

<山葵>

みほ「わぁ~、立派な山葵」

華「これは贅沢ですね!」

沙織「いや待って!」

沙織「これも食材って言うより薬味だよね!?」

沙織「メインがないよ!?」

みほ「言われてみると確かに....」

出汁:海老の残骸
薬味:山葵

沙織「しかも先生は....」

ミカ「ポロロン」ポロロン

優花里「カンテレの音、口パクだったんですね!!!」

沙織「これだし....」

華「沙織さん、諦めるのはまだ早いですよ!」

沙織「華....」

華「きっと、きっと優花里さんが私たちの窮地を!!!!」

沙織「そうだね!なんだかんだ言ってもゆかりんは頼れるもんね!!!」

優花里「....」ダラダラ



341: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:19:30.30 ID:8s5uCSI70

沙織「さぁゆかりん!食材を出して!!!」

優花里「....」ダラダラ

優花里「....」スッ

<フィッシュカツ>

五人「....」

みほ「あの、これは?」

優花里「....フィッシュカツです」

沙織「これは、食材?」

華「というよりただのおかずのような....」

麻子「どういうことだ秋山さん」

優花里「す、すみません....」

優花里「今朝寝坊してしまいまして、冷蔵庫の物を適当に持って来たらこんなことに....」

みほ「も~だめだよ優花里さん....」

優花里「な!?」

優花里「に、西住殿だってまともな食材もってきてないじゃないですか!!!」

みほ「えぇっ!?私のは出汁を取れるから....」

優花里「私のなんかこれだけでもう1品完成ですよ!!!」

みほ「そんなのルール違反だよ!!!」

華「お二人とも、喧嘩は

優花里「五十鈴殿だってエビの尻尾のくせに!!!」

華「なんですって!?」



342: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:20:05.77 ID:8s5uCSI70

みほ「出汁要員は一人で十分だよ!!!」

麻子「なんて醜い争いなんだ」

沙織「いや麻子もあっち側の人間だからね」

ミカ「ポロロン!!!!」ポロロン

五人「はっ!?」

ミカ「争い、それは私たちに必要なことかな」ポロロン

五人「....」

ミカ「みんな、誰が何をもってきてもいいんだ」ポロロン

ミカ「それをおいしい料理にするのが」

ミカ「私の役目なんだから」ポロロン

四人「ミ、ミカ姉....」ウルウル

ミカ「さぁ、調理開始だよ」ポロロン

四人「はい!!!!」ビシッ

沙織「(さすがのカリスマ性....)」

ミカ「それでえーっと....」

ミカ「誰かイカ捌けるかな?」

沙織「(料理経験皆無なのは気になるけど....)」

沙織「私がやる!」

ミカ「じゃあお願いするよ」ポロロン



343: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:20:32.08 ID:8s5uCSI70

ミカ「あとは....」

ミカ「海老の頭と尻尾は水から煮て出汁を取ろう」

みほ「そうするしかないかぁ....」

華「すみません、私たちのせいで....」

ミカ「大丈夫、きっとおいしいお吸い物ができるさ」ニコ

みほ「ミカ姉....」キュン

華「ミカ姉....」キュン

沙織「おーい二人とも、キャラ変わってるよー」

ミカ「フィッシュカツは....」

優花里「はい....」ゴクリ

ミカ「食べる直前にチンしよう」ポロロン

沙織「ついに調理すら....」

ミカ「そのあとトースターで加熱したらよりおいしくなるよ」ポロロン

優花里「ミ、ミカ姉....」キュン

沙織「それはただの知恵袋だよ....」



344: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:21:10.90 ID:8s5uCSI70

ミカ「山葵はどうしようか....」

ミカ「うーん....」

ミカ「せっかくだし、すりおろしてフィッシュカツに付けて食べよう」

ミカ「魚だから醤油と山葵が合うだろうからね」ニコ

麻子「....」

麻子「ミカ姉....」キュン

沙織「私の麻子をよくも....」ギリギリ



345: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:21:39.79 ID:8s5uCSI70

ミカ「うん、料理はあまり経験がなかったけど、よく出来たんじゃないかな」ポロロン

四人「ミカ姉....」キュン

沙織「そのカンテレかぁ!カンテレのせいでみんながおかしく!!」

ミカ「ポロロン」ポロロン

ミカ「さ、冷めないうちに食べよう」

みほ「いただきまーす」パク

みほ「うーんこれはイカ!」

華「イカのお刺身、新鮮なので臭みもなくプリプリしています!」

優花里「天然モノだけあって山葵も違いますね!」

麻子「ただ辛いだけじゃない、深みのある味わいだ」

沙織「....確かにおいしいけど」パクパク

沙織「で、でもこんなの私が捌いただけじゃん!」

沙織「私は認めない!!」

ミカ「ふふ、フィッシュカツもおいしいよ」ポロロン

華「カツに醤油と山葵って初めてです!」

優花里「私のミスをカバーしてくれました....」

麻子「さすがミカ姉だ」

みほ「うんうん!」

ミカ「私の力じゃないさ、みんなが頑張ったからこそだよ」ポロロン

四人「ミカ姉!!!!」ウルウル

沙織「くそうくそう....」



346: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:22:23.66 ID:8s5uCSI70

ミカ「さぁ、このお吸い物もどうぞ」ポロロン

みほ「私の海老の頭と」

華「私のエビの尻尾で出汁を取ったものですね」

優花里「楽しみです!」

麻子「....」コクリ

四人「いただきます」ズズッ

四人「....」

みほ「甘い!」

華「....」ゴクゴク

優花里「なんだかメチャクチャに甘いんですけど....」

ミカ「あぁ、せっかくいい出汁が取れたから今回は」

ミカ「デ  ザ  ー  ト  に  し  て  み  た  ん  だ」ポロロン

みほ「えぇ....」

ミカ「出汁を取った後砂糖、ハチミツ、水あめ、チョコレート等々たくさんいれたのさ」ポロロン

麻子「それ、出汁取る意味あったのか」

ミカ「うん、甘くておいしい」ポロロン

沙織「....」



347: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:23:03.45 ID:8s5uCSI70

沙織「(ふ、ふふふ!!!)」

沙織「(勝った!!!このどうしようもない味覚、これでみんなはミカさんに幻滅して)」

みほ「も~ミカ姉ったら////」

華「これじゃあ私たちが食べられませんよ////」

優花里「でもミカ姉のそんなおっちょこちょいなところも////」

麻子「大好きだ////」

沙織「」

ミカ「(高校生にもなってこんなキャラを演じるのも嫌なんだけど)」

ミカ「(可愛い女の子がなぜか寄ってくる、だからやめられないんだ)」ポロロン

ミカ「さ、みんな、続きは私のテントでしようか」

みほ「え?でもあそこのテント、アキさんやミッコさんもいるんじゃ....」

ミカ「みんな一緒に、それで解決じゃないかな」ポロロン

四人「ミ、ミカ姉!!!!」キュン

沙織「....」

沙織「あのーミカさん」

ミカ「なにかな?」

沙織「私も交じっていい?」

ミカ「もちろんさ」ポロロン

沙織「(まあ、麻子が食えればそれでいっか)」

ミカ「....」ニタァ



348: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:23:43.24 ID:8s5uCSI70

~翌朝~

沙織「zzz....ミカ姉////....すごい////....」スヤスヤ

ミカ「....」

ミカ「大洗には可愛い子たちが多いからずっと気にはなってたんだ」ポロロン

ミカ「そうしたら向こうから来てくれるなんてね」ポロロン

ミカ「料理はマズかったけど私は満腹だよ」ポロロン

ミカ「そろそろ私も寝....」

ミカ「....」

ミカ「今度は大洗の学園艦ごとこっちにきてもらおうかな」ポロロン



349: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:29:43.59 ID:8s5uCSI70

~大洗~

みほ「ふわぁ~寝不足だよ....」

優花里「明け方まで盛ってましたからね」

沙織「で、みぽりん次はどうするの?」

みほ「うん、それなんだけどね」

みほ「正直もういいかなって」

華「もういい、とは?」

みほ「私たちもたくさんの人のところに行って」

みほ「たくさんの人達から料理を学んだよね」

麻子「それはそうだな」

みほ「だから、私はもう十分料理をマスターしたと思うの」

優花里「(今までまともに調理した回はほとんどなかったような....)」

みほ「だから....」

みほ「料理の旅には行かず!」

みほ「最後に....」

みほ「私を中心にこのメンバーだけでで料理を作って終わりにする!」

四人「!!!!」

みほ「あと、かなり前からマンネリ化してたのでそれもほんのちょっとだけ....」

四人「(そっちが本心か....)」

みほ「ということでみなさん!今から1時間後に一品材料をもってここに集合して!」

みほ「最後です!気合いを入れていこう!」

四人「おー!!!!」



350: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/03(月) 19:30:44.42 ID:8s5uCSI70

みほの食材>>351
沙織の食材>>352
華の食材>>353
麻子の食材>>354
優花里の食材>>355



351: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 19:31:29.80 ID:5zNazjA7O

フカヒレ



352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 19:31:43.75 ID:SKnMH+wyO

豚ひき肉



353: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 19:31:52.71 ID:77wKMpUvO

帆立貝



354: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 19:32:08.76 ID:Zp3vpZXJO

サザエ



355: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 19:32:19.38 ID:cjlIhaE00

タコ



360: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:41:55.64 ID:Zh29FThZ0

~1時間後~

みほ「みんな、用意はいい?」

沙織「うん」コクリ

華「はい」コクリ

優花里「もちろんです」コクリ

麻子「....」コクリ

みほ「わかった」コクリ

みほ「はあ私からいくね」

<フカヒレ>

沙織「おぉっ!!」

優花里「こ、これが西住流の本気ですか....」

みほ「いや優花里さんの方がとんでもないものもってきてたでしょ....」

沙織「みぽりんには負けるけど....」

みほ「大丈夫、何が来てもおいしくできるから!」

沙織「みぽりん....」ウル

華「みほさん、変わりましたね....」ニコ

麻子「そりゃああんだけ過酷な料理教室を受けたらな....」



361: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:42:32.68 ID:Zh29FThZ0

沙織「よ~っし!私のは、これ!」

<豚ひき肉>

四人「....」

麻子「普通だな」

沙織「ちょっとやめてよ!?」

優花里「普通ですね」

沙織「繰り返さなくていいから!!」

みほ「まあまあ....無難なのが一番だっていうのはみんなで学んだし....」

沙織「そうそう!みぽりんいいこと言った!」

みほ「でも普通だね」

沙織「それが一番傷つくよ!」

華「沙織さんの敵、私が討ちます!」

沙織「もういいよ....」

華「せいやっ!」

<帆立貝>

沙織「あ、華も普通なんだ」

華「だから弄れなかったんです....」



362: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:43:11.86 ID:Zh29FThZ0

みほ「おかしい....順調すぎる....」

麻子「最後だからってヒヨリ過ぎだろ」

麻子「もっと攻めていかないとな」

<サザエ>

沙織「どこが!?」

麻子「....」

麻子「....形」

沙織「サザエの形なんて今更なんですけど!?」

沙織「よく人のこと普通だとか言えたね!?」

麻子「お前、これがわからないのか?」

沙織「はぁ!?私サザエなんて何の縁もありませんけど!?」

麻子「....そうか」

麻子「(昨日の夜中にこっそり沙織の沙織にぶち込んでみたんだが覚えてないのか?)」

麻子「....」

麻子「(....熟睡してたから仕方ないか)」

沙織「?」

<タコ>

沙織「あっ!ゆかりん自分も普通だからってしれっと出してる!!!」

優花里「ち、違いますよ!!」

みほ「沙織さんがプレッシャーかけるからだよ....」

華「その通りですよ」

沙織「なんで私が責められてるの!?」

麻子「いいじゃないか、みんな一応料理を作る気があった証拠だ」

優花里「そうですよ!これで最後なんですから!」

みほ「そっか~最後かぁ....」



363: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:43:59.38 ID:Zh29FThZ0

みほ「結局何人の人に教わったんだっけ?」

麻子「おそらく8人だと思うが」

沙織「たった8人!?」

沙織「安価スレで360レス1か月もやって8人しか消化できてないの!?」

みほ「安価?レス?1か月?」

優花里「一つの回ががそれなりに長いうえに、食材安価5つでレス数水増ししてますからね」

麻子「途中には謎のコンマ安価やレシピもあってさらに水増ししてるな」

みほ「あの、さっきから何を....」

華「さてみほさん、まずは何から作りますか?」

みほ「え!?話題終わり!?」

華「(ニッコリ)」

みほ「わ、わかったから....」

みほ「....」

みほ「まずはフカヒレだよね」

みほ「とりあえずフカヒレといったらやっぱり姿煮かな」

沙織「すごい....まともだ....」

みほ「言っておくけど今までまともじゃない料理を作ってきたのは私じゃなくて他の人達だからね?」

華「そもそもタイトルの時点で『闇鍋』って言ってますし....」



364: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:44:41.43 ID:Zh29FThZ0

みほ「スープは、中華スープ醤油オイスターソース酒でいいかな」

優花里「西住殿の口から調味料の名前がすらすらと....」ウルウル

みほ「じゃあこの中にフカヒレをドボーン」ドボーン

みほ「少しの間煮込んだらとろみづけに水溶き片栗粉を入れてね」

華「とろみづけ....なんという上級テクニック....!!」

麻子「というか今まででこんなこと一つも習ってないような気がする」

五人「....」

みほ「....」

みほ「せっかくフカヒレの姿煮があるんだし、もう一品も中華風にしよう!」

沙織「おー!いいね~!」

みほ「まずは、タコを食べやすい大きさに切って....」

優花里「丸々一匹の魚介類というのもずいぶんおなじみになりましたね」

沙織「結局毎回捌いてるの私だけどね....」

みほ「初心者にはさすがにハードルが高くて....」

沙織「はい!いっちょ上がり!」

みほ「ありがとう沙織さん、次はこのホタテの身をを殻から外して」

沙織「これも丸ごとなのかぁ....」

麻子「ホタテなんてかえってこっちの方が手に入りにくいんじゃ....」



365: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:45:13.20 ID:Zh29FThZ0

沙織「それ!おまたせ!」

みほ「ありがとう沙織さん、じゃあこれと豚ひき肉を中華鍋で炒めます!」

華「こんなにバランスの取れた具材はかつてあったでしょうか....」ウルウル

沙織「本当だよ....」

みほ「ごま油を敷いた中華鍋に具材を投入して」ドバー

みほ「味付けは塩砂糖オイスターソース水と....」

みほ「これ!!!」

優花里「こ、これは!?」

みほ「創味シャンタンだよ」

沙織「みぽりんもついにそれ知っちゃったかぁ~....」

みほ「これを入れるとなんでも中華の味になるらしいから....」

麻子「中華の味というか創味シャンタンの味というか....」

華「味覇でもよさそうですね」

みほ「そしてしばらく炒めたら....」

みほ「とろみづけに水溶き片栗粉を!」

優花里「あれ?さっきもそれ聞いたような?」

沙織「覚えたてのテクニックは使ってみたいよね、わかるわかる」ウンウン

みほ「えへへ」エヘヘ

華「中華炒めですしとろみをつけても問題はないと思います」

麻子「むしろ味覇と水溶き片栗粉いれれば何でも中華風になるぞ」

沙織「みんなも試してみてね☆」



366: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:45:49.64 ID:Zh29FThZ0

みほ「あとはこのサザエだけど....」

みほ「サザエといえば....?」

華「つぼ焼き!!!」

沙織「食い付きが凄い」

優花里「五十鈴殿、先ほどから待ちきれなくてサザエの殻を噛み砕いてますからね」

麻子「うぇ....」

みほ「それが一番だよね!」

みほ「サザエは食べながら網で焼けばいいしもう食べ始めよっか!」

四人「さんせ~」

みほ「みなさん、いよいよこれが最後の晩餐です!」

みほ「飲み物は行き渡りましたか?」

四人「おー!!!!」

みほ「この長い旅、いろいろなことがありました」

沙織「うんうん」コクコク

みほ「色々なことの内訳はほぼ災難でしたが」

華「その通りですね」コクコク

みほ「それでも乗り越えられたのはみんなが一緒にいてくれたからです」

優花里「西住殿ぉ~」コクコク

みほ「結果、この旅は素敵な思い出になりました」

麻子「....」コクコク

みほ「っと、せっかくのご飯が冷めちゃうので食べましょう!」

みほ「せーの!」

五人「いただきます!!!!!」



367: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:46:16.65 ID:Zh29FThZ0

パクッ

沙織「う~ん!おいしい!」

みほ「フカヒレの姿煮なんて家庭で作るものじゃないから味付けは適当だったけど意外と....」

沙織「素材がいいからある程度適当でも大丈夫なのかもね!」

華「思い返せばこの旅、料理を学ぶはずなのにやたら高級食材が登場してましたね....」

麻子「大半が劇物へと変換されたけどな....」

優花里「最後の最後に高級食材をまともに調理できましたね!」

みほ「....」

華「ではこちらの海鮮中華炒めも....」パクッ

華「あら、おいしい♪」

沙織「お~立派な中華炒めだよ!」

優花里「さすが味覇!」

麻子「今日使ったのは創味シャンタンのほうだ」

みほ「こっちも感覚で味付けしたのにおいしいね....」

沙織「それだけみぽりんが成長したってことだよ!」

優花里「とろみづけも使いこなせるようになりましたしね!」

みほ「も~優花里さんったら....」

優花里「すみません~」

みほ「....」



368: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:46:42.66 ID:Zh29FThZ0

麻子「そろそろサザエも焼けるころじゃないか?」

沙織「本当だ!」

麻子「沙織、取りだしてくれ」

沙織「えぇ~、も~しょうがないなぁ~」

華「まるで、親子みたいですよ」クスクス

麻子「あーん」

沙織「はいっ」パクッ

麻子「....」モグモグ

麻子「おいしい」ニコ

華「おいしいですね♪」パクパクパクパク

優花里「いやーこんなに充実した食事を取れるとはこの旅を始めたときは思いませんでしたね!」

沙織「そうだね~、というか今までがまともじゃなさ過ぎただけじゃない!?」

華「でも沙織さん、他の方たちもご好意で付きあってくださったんですから」

沙織「そっか~、それにあれがあったからみぽりんも上手くなったんだもんね!」

みほ「....」

みほ「....うん」

麻子「....」

麻子「西住さん、どうかしたのか?」

みほ「....」



369: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:53:03.30 ID:Zh29FThZ0

みほ「今日のご飯、すごくおいしかった」

沙織「そうだよね~」

みほ「すごくおいしかった」

華「はい♪」

みほ「でも今まで食べてきたものと比べると」

みほ「足りないの」

優花里「何が足りないんですか?味付けは十分だと思うんですが?」

みほ「....」

みほ「刺激」

みほ「刺激が足りない」

四人「....」

沙織「い、いやみぽりん?これが普通の料理だよ!?」

麻子「そうだ西住さん!今までがおかしかっただけなんだ!!」

みほ「あの時、入院した時....」

華「アキさんの時ですか?」

みほ「うん....」

みほ「あの時、料理を一口食べたら、見たことのない世界が広がったの」

沙織「みぽりん、それが失神って言うんだよ!」



370: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:53:38.09 ID:Zh29FThZ0

みほ「あの時の刺激を....」

みほ「もう一度....」

麻子「いや二度とあんな刺激いらないんだが....」

みほ「足りない....刺激が足りない....」ヌギヌギ

優花里「ちょ!?西住殿!?」

優花里「おもむろにパンツなんて脱いでどうなさったんですか!?」

みほ「刺激....」

みほ「刺激がないなら....」

みほ「かければいい」チョロ

沙織「ぎゃぁ~~~~!!!!!みぽりんダメ~~~~~~!!!!!!」

麻子「みんな西住さんを止めろ!!!」

華「サザエのつぼ焼きが~~~~~~~!!!!!!」

優花里「聖水をかけてもらえるならむしろ得なのでは....」

沙織「変なこと言ってないでゆかりんも手伝って!!!!」

優花里「はっ、はい!!!!」

みほ「....」チョロ

みほ「あぁ....やっぱり....」チョロ

みほ「愛情は最高の調味料だよ....」ジョバー

四人「」

【完】



371: ◆bL5b7ovQmQ 2016/10/07(金) 19:56:17.45 ID:Zh29FThZ0

最後までお付き合いいただきありがとうございました
久々のSSだったのでかなりグダグダになってしまいましたがなんとか綺麗に締められたのでよかったです

よろしければ過去作やもう一つのSSも見ていただければと思います
このSSが読者の方の人生の糧に少しでもなれば幸いです



376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/07(金) 21:39:36.44 ID:Ss2UzVMeo

ありがと、乙でした



377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 10:49:36.06 ID:eYNPcA6zo

やっぱりチョロチョロじゃないか!(歓喜)


元スレ
SS速報VIP:【ガルパン安価】みほ「闇鍋式料理大会?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472872238/