7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 09:31:48.29 ID:ZYolZFez0

シャル「一夏知らないよね?」

一夏「あぁ…うん、知らない…ぞ」

シャル「…」ジーッ

一夏「…」ダラダラダラダラ

シャル「一夏のすけべ!」

一夏「ぐっ…悪かった…」

シャル「でも…一夏の手の届く場所に置いておいたボクも悪いんだよね」

一夏「いや、それは」

シャル「だから次からは…言ってね?そ、そうしたら何時でも貸してあげるから」

一夏「なっ…!?」

シャル「あ…い、一夏…おっきくなってる」カァァ

一夏「う…」

みたいな展開から皆(メイン五人、千冬姉、山田先生、のほほん's、蘭)に使用済みおぱんつを貰える話を誰か書いて下さい



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 11:40:02.39 ID:ZYolZFez0

シャル「…」

一夏「…ごめん」

シャル「…」スッ

一夏「えっ…」

シャル「あ…あまり見ないでよ///」スルスル

一夏「!(ぴ…ピンク、シャルの今日のパンツはピンクだ!それに生脱ぎを見れるだなんて)」ゴクリ

シャル「うんしょっ…、はい」パサッ

一夏「…(暖かい…シャルの温もりが…)」ギンギン

シャル(わわっ!さっきよりおっきくなってる、す…凄いなぁ///)

一夏「か…嗅いでも良いか?」

シャル「」アングリ
シャル「そ…そうなるよね、よく考えたらパンツの使い方なんてそのくらいだもんね」アセアセ


一夏(いやまあ…巻き付けて扱いたり舐めたりもするんだけどさ)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 11:48:55.20 ID:ZYolZFez0

一夏「すぅー…んっ、はぁ…ふっ…」スンスン

シャル「し…深呼吸!?うぅっ…予想以上に恥ずかしいよ一夏ぁ」モジモジ

一夏「んっ」カチャカチャ ジジッ

シャル「!(あ…あれが一夏の…ぺ…ぺにす?)」ドッキンバックン

一夏「シャル…臭い」

シャル「え…」ガーン

一夏「凄く饐えた匂い…シャルの汗の匂いと混じって…ふっ、あぁ…堪らない」シュッシュッ

シャル「な…あう…///」

一夏「何でこんなに酸っぱくてエロいんだよ…シャル」シュッシュッシュッシュッ

シャル「やぁ…もう解説しないでよぉ、恥ずかしくて死んじゃいそうだってば!」

一夏「くぅ…中毒になる、シャルのパンツのキツい匂いの中毒になっちまう!」シュッシュッ

シャル「一夏のえっち!バカぁ!/////」

一夏「うっ…く、射精る!シャルのクサマンで絶頂く!」ビュッビュッ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 11:54:40.48 ID:ZYolZFez0

――処理後。

シャル「もう…、酷いよ!女の子の下着嗅いで"臭い"って」プンスカ

一夏「でも臭かったんだ…臭くて凄く興奮したんだ、シャルの匂い最高だったよ」

シャル「一夏って変態さんだったんだね…」

一夏「否定…できないよなぁ」

シャル(それでも嫌じゃないボクもボクだよね、あーあ…惚れた弱みってヤツかなぁ)


シャル編・終了



24: 誰得とか要らないとか言う奴は腹シールドピアサーな 2012/05/15(火) 12:07:12.29 ID:ZYolZFez0

――箒部屋。

箒「今なんとおっしゃいましたか…姉上」フルフル

束「うん、だからねー?いっくんは女の子のパンツをクンクンペロペロしたり被ったり穿いたりするのが大好きなんだよ
あ、映像要る?箒ちゃんにはちょーっとだけ刺激強いかも知れないけど☆」

箒「…幼なじみとして破廉恥窮まりない行為を看過出来ないだけです、映像は証拠物件になるので送っておいて下さい…ではまた」ピッ

箒「一夏にそんな特殊性的嗜好が有ったとはな…これは一度根性を叩き直す必要があるな!」ゴゴゴゴゴッ

箒編・開始



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 12:15:09.18 ID:ZYolZFez0

一夏「…」ガタガタ

箒「…」ギロッ

一夏(なんで映像が有るんだ…まずい、風紀に厳しい箒の事だこのままじゃ…)

――想像開始

箒『一夏ァァァァァァッ!貴様の様な変態男は、き…ききき去勢してやる!紅椿部分展開ッ!!覚悟ォォォォッ!』ブォンッ

グチャッ

一夏『■〆♂$¥×@♀○ーーーーーーーーッ!!?』

――想像終了

一夏「」ゾワァッ

箒「一夏…」

一夏「はひっ!?」

箒「一夏ァァァァァァッ!貴様の様な変態男はぁぁぁぁぁぁぁ!」

一夏(こんな時に限って白式はメンテ中…駄目だヤバいヤバいヤバい)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 12:21:37.07 ID:ZYolZFez0

箒「…しが、…てやる」

一夏「"私が殺してやる"!?」ビクンッ

箒「だ…だから…わ、わわわ私が…み、見せてやる!」

一夏「…はい?」

箒「だからッ…私がお前にパンツを見せてやると言ったんだ!何か文句が有るか!」

一夏(どんなキレ方だ…ん?というかパンツを見せてやる…って、箒が?それならいっそ…)

箒「ふーっ!ふーっ!」←暴走熱冷却中

一夏「なぁ…箒」

箒「なんだ!?」

一夏「今パンツ見せてくれるって言ったのか?」

箒「そうだ!」

一夏「それじゃあ…頼みがあるんだけど」

箒「?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 12:35:15.14 ID:ZYolZFez0

――闘技場外。

箒「言われた通り来たぞ…」

一夏「お、おう」ドキドキ

箒(よりによって何故このタイミングで)

一夏「もう一回聞くけど良いんだな?」

箒「くどいッ!二言は無い!」
一夏「じゃあ…スカートめくってくれ」

箒「…っ!///」スッ

一夏「どれどれ」スンスン

箒「ち…近過ぎだ…」ムワッ

一夏「…(ムレてる、あぁ…甘酸っぱさが良いな)」カチャカチャ ジィィッ

箒「…そんなに顔を近付ける必要はあるのか?」

一夏「映像観たんだろ?」

箒「飛ばし飛ばしだ!あんなもの一から十まで観ていられるか馬鹿者!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 12:43:57.99 ID:ZYolZFez0

一夏「そっか…じゃあ訳分からないよな」シュッシュッ

箒「…?」(※一夏がしゃがんでる上スカートめくってるので一夏の雪片弐型が見えていません)

一夏「あのな箒…俺は今、箒のスカートの中の匂いを嗅いでるんだ」

箒「なに?」

一夏「顔が近ければ近い程箒の恥ずかしい匂いが嗅ぎ易いからな」

箒「ま…待て…やめ」ガシッ

一夏「…二言は、無いんだよな」

箒「んぅっ…!?は…離れろ!嗅いで良い訳な…やぁっ」

一夏「ふーっ…はふっ、折角…練習後を見計らって呼んだんだ」スンスン

箒「くっ…お前が此処まで変態だったのなら無理にでもシャワーを浴びて…た!」

一夏「後の…祭だな」シュッシュッシュッシュッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 12:54:26.65 ID:ZYolZFez0

箒「くぅっ…ん、やめろ…やめないか一夏ぁッ!」

一夏「箒、俺はよくよく考えたらあの頃からお前の汗の匂いが好きだったのかも知れないな」シュッシュッ

箒「そんな事…言われて、嬉しい訳が…んっ」ピクッ

一夏(さっきより汗じゃない"別の匂い"が強くなったな、箒の…ちょっとキツい女の子の匂い)スーッハーッスーッハーッ

箒「い…息っ、鼻息が当たってる!」カァァッ

一夏「くっ…はぁ、絶頂くぞ!箒のツンっとしたあそこの匂いで!うぅっ」

箒「なっ…やめろ馬鹿!馬鹿ぁぁぁっ!」ビクンッ

一夏「…ッ!」ドクンドクッビュクッ

箒「はぁっ…はぁっ…」

一夏「ぷはっ…大丈夫か?箒」

箒「だ…大丈夫な訳…はぁっ、あるか…んっ」モジモジ



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 13:01:45.45 ID:ZYolZFez0

――処理後。

一夏「いや、俺もやり過ぎたけどさ…だからってあんなに殴らなくてま良いだろ?」

箒「…」ジトッ

一夏(やっぱ全面的に俺が悪いよな…そりゃ)ションボリ

箒「た…たまになら良い」

一夏「え…?」

箒「お前みたいな変態を野放しにしたら学園の生徒達が次から次へと被害に合うだろうが!」

一夏(…積もる性欲の余り、シャルのパンツを失敬した俺に否定の余地は無いな、うん)

箒「だ…だからたまになら、また相手をしてやろう
かかか勘違いするな!これは幼なじみが犯罪を起こさない様に幼なじみのよしみで面倒を見てやるというだけの話だ!」

一夏「お…おう?」

箒「ふんっ…///」スタスタ


箒編・終了



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 13:26:41.72 ID:ZYolZFez0

「以上が衛星監視映像による報告です」

「うむ、他に情報になりそうなものはあるか?」

「私の手元のジャパニーズコミッ…ごほん、資料によりますとシノ曰く"下着は汚れてる方が喜ばれるらしいぞ"という話です」

「シノ…?篠ノ之箒の事か?」

「違いますが違わない様な気もします」

「…?まあいい、要約すると"織斑一夏は下着が好き"だと言うのだな?」

「はい」

「了解した、これにて通信を終了する」

「御武運を!」ピッ

「…ふむ、もう少し調べてみるか…ジャパニーズカルチャー、これがカギか」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 13:37:52.91 ID:ZYolZFez0

チュンチュン…チチチッ

ぷにゃんっ!

一夏「ん…なんだ…?」

しまぱん「オイッス」

一夏「!?」

ラウラ「…むにゃ」

一夏「…なんだラウラのお尻か、ってなんで毎回朝に潜り込んでるんだ…」チラッ

一夏「…(全体的にちっさくて子供みたいなのに…柔らかいんだよなぁ、ラウラって)」ムラムラオリムラ

一夏「しまぱんか…シャルに買って貰ったのかな」ムラムラムラムラムラムラムラムラ

一夏「もう一寝入りしようかなー?(棒読み)」ポフッ

一夏(この体を横にした体勢から…目の前のお尻をそっと掴んで…)

一夏(顔面ダイブッ!)ムギュウッ

ラウラ「んっ…」

一夏「スーハーッスーハーッ」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 14:00:15.52 ID:ZYolZFez0

ラウラ「むう…」スヤスヤ

一夏(意外と起きないな…無垢なラウラにこんな事をする、凄い背徳感だ)

ラウラ「嫁ぇ…」

一夏(…ラウラの匂いは少し薄いかな、でも全く無い訳じゃない)スンスンッ

一夏(…ん、そういえばこの体勢なら…ラウラの尻の匂いが…)ソッ

一夏(んっ…これは、中々…普段抱き留めると良い匂いがするラウラも"ココ"は人並みには臭いんだな)ドキドキ

ラウラ「…ッ!」

一夏(鼻を押し付けて…スーッ)

ラウラ「…や、やめ!そこは汚い!嗅ぐなぁ!」ガバッ

一夏「!!?」ビクゥッ

ラウラ「な…何故そんな所を嗅ぐのだ!女性器ならまだ我慢出来るが!」カァァッ

一夏(やり過ぎた!)



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 14:13:01.83 ID:ZYolZFez0

一夏「…って"女性器なら"?もしかして起きてたのか」

ラウラ「そうだ、まさか本当に嗅ぐとは思わなかった
その上、"そちら"まで…これがジャパニーズ"HENTAI"というヤツだな?嫁よ」

一夏「うっ…」グサリ

ラウラ「咎めるつもりは無いがな」

一夏(そうだ…)

一夏「知っているかラウラ?」

ラウラ「む?」

一夏「犬はな、お尻を嗅いでお互いの事を伝えたりするんだ!コミュニケーションの一種なんだぞ」

ラウラ「本当か!?
いや、だが…私達はイヌ科ではなくヒト科だぞ」

一夏「でも犬は人のお尻も嗅ぐんだぞ」

ラウラ「ふむ…?」

一夏「その犬は人とコミュニケーションを取りたがっているという事なんだ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 14:24:00.93 ID:ZYolZFez0

一夏「つまり俺はラウラとコミュニケーションが取りたかったんだ!」

ラウラ「な…なるほ…ど?」

一夏「という訳で」ムニュッ

ラウラ「ひゃっ…!ま、待て…まだ心の準備というものがだな」

一夏「ラウラぁ…」スーッ

ラウラ「ふぁっ…」

一夏「はぁっ…」スルスル ボロンッ

ラウラ「くぅっ…何なのだ、この屈辱…それに少しだけ嬉しく恥ずかしくもある…今までに無い感情だ///」

一夏「ラウラのお尻だけじゃなくて…一晩着用して付いた微かに嗅ぎ取れる程度のラウラのフェロモンも…良いな、ディ・モールト良い」シュッシュッ

ラウラ「うぅっ…」

一夏「…なんだか朝から高ぶってるせいかもう…」ビクンビクンッ

ラウラ「…な、なんだ?どうした」

一夏「射精る!ラウラの白くて綺麗な背中に射精すぞッ!」ドビュッビュプンッ ビチュビチャンッ

ラウラ「ひうっ!…熱っ…あ、あぁ…背中が…焼ける様だ///」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 14:28:17.58 ID:ZYolZFez0

――処理後。

ラウラ「ふぅ…さっぱりしたな」

一夏「悪い…」

ラウラ「ふふっ…まさか子供を作り為の種を背中に浴びせられるとはな」

一夏(性欲溜まり過ぎて病んでるのかな…?俺)

ラウラ「次は普通に出すと良い、私の中に…な」

一夏「へ…?」

ラウラ編・終了



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 14:36:53.86 ID:ZYolZFez0

――昼食時、屋上。

セシリア「聞きましてよ!」

一夏「セシリア?一体何を…」

セシリア「一夏さんが、せ…せ…性欲を持て余している事をですわ!」ズギャーンッ

箒「ブフッ!?」

シャル「セシリア!?」

一夏「なっ…どこからその話…じゃなくて」

セシリア「私だけ除け者だなんて言いませんわよね?」

一夏「いや…でも…」

セシリア「問題はありませんわね?抜け駆けした皆さん」ジトッ

箒シャル「うっ…」
ラウラ「確かに不公平だな、もぐもぐ」

セシリア「という訳ですので今晩お邪魔致しますわね」

一夏「わ、分かった」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 14:43:44.90 ID:ZYolZFez0

―― 一夏の部屋

コンッコンッ

一夏「ど…どうぞ」ソワソワ

セシリア「こんばんは、一夏さん」

一夏「制服のまま…なのか?」

セシリア「一夏さんが学園の制服をお好きな様ですので」

一夏「うっ、そうだな
それより…早速、で良いのか?」

セシリア「えぇ、一夏さんのお気に召すままどうぞ」ドキドキ

一夏「じゃあ…デスクに手を付いて…」

セシリア「はい」

一夏「そのまま腰を突き出してくれ」

セシリア「こ…こうですの?」

一夏「そうそう」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 14:57:31.95 ID:ZYolZFez0

セシリア「この体勢で…その、嗅ぎますの?レディの大切な所を…///」ドキドキ

一夏「あ、あぁ…嗅ぐぞ」グイッ

セシリア「きゃっ!い…一夏さんっ!」

一夏「むぐっ…んむ」スースーッハァッ
セシリア「ん…そんな…遠慮無しに…あぁっ」

一夏(流石セシリア…圧倒的なヒップライン…弾力も桁違いだ)カチャカチャ ボロンッ

セシリア「一夏さん!そんなにっ…んぅっ、ガッつかないで下さいまし」

一夏(無茶言うなよ、こんな最高のお尻…しかも蒸れた黒ストッキングで装飾された極上ヒップ、思うままに顔を押し付けて肉圧を堪能したいに決まってるだろう)グリグリスンスン

セシリア「あぁん…私の…私の…お尻が一夏さんに…乱暴されてますわ!」ゾクゾクッ

一夏(耳に入るセシリアの艶っぽい声も堪らない…我慢出来ない)シュッシュッシュッシュッ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 15:07:20.14 ID:ZYolZFez0

セシリア「一夏さん…一夏さん!
私で…私の恥ずかしい匂いでイって下さい!私も…一夏さんの鼻で…果ててしまいますっ!///」

一夏(セシリア…セシリア…)グリグリ

セシリア「あぁ…一夏さん!あぁ…あっ…んんッッッ」ビクンビクンッ

一夏(くっ…)ビュブッビュルルッビュクンッビュッ

――処理後

セシリア「あ…あの…皆さんには内緒にしておいて下さい」

一夏「イった事か?」

セシリア「は…はい」カァァッ

一夏「ああ、分かったよ」


セシリア編・終了



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 15:19:13.76 ID:ZYolZFez0

「誰か忘れてない…?」

ジャーンジャーン

一夏「げぇっ…鈴音!?」

鈴「こっからはあたしのターンってヤツね」

一夏「鈴…なんで俺は縛られてるんだ」

鈴「拘束しとかなきゃ逃げるからよ」

一夏「理由さえ普通なら逃げないぞ」

鈴「ヒューヒュヒュッヒュヒュー♪」

一夏「吹けてない吹けてない、口笛吹けてないからな」

鈴「とりあえず鈴ちゃん編始まりだしスターライトなんちゃらかけとくわね」

一夏「STRAIGHT JETな、主題歌名くらい覚えておけよ」

鈴「あたし外国語苦手なのよ」

一夏「お前日本語流暢じゃないか」

オチ編もといおふざけ編もとい鈴編・開始



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 15:33:41.86 ID:ZYolZFez0

鈴「でね、私もヒロインとしてこの扱いどうなのよって思うワケ
なんでバンダイ製のガチャポンでラインナップに一人だけいなかったんだろうって、シークレットやVer違いの金型作る位なら私のフィギュアの金型かHGFCのドラゴンやシュピーゲルでも作れってさぁ」

一夏「待て待て、なんだこの展開…てっきり鈴とも"しっぽり"するものだとばかり思ってたらオチ担当か?
全国のファンインリンファンが悲しみの涙に明け暮れるぞ

というかガンプラとの二択で良いのか」

鈴「…どうせ二組ですしー、どうせAGEの量産機プラモ以下ですよー
酢豚キャラを強いられているんだ!(集中線)」

一夏「やさぐれとる!?」

鈴「第一あたしが公式でも押されてるお尻強調もムッツリメシマズラブリーゆかな淑女に取られちゃったしね」



77: 言い忘れましたがうんこタイムです、ごゆっくり 2012/05/15(火) 15:41:45.29 ID:ZYolZFez0

一夏(鈴は鈴で苦労してるんだな)ホロリ

鈴「でね、言ってやった訳よ…ラウラ、お前のワイフは一夏(ヒトナツ)の恋だからワイフじゃなくてラバー止まりだろう?ってね」ドヤァッ

鈴「というかちゃっかりしてるわよねラウラって、今流行りの百合キャラまで出来んのよ…織斑先生にシャルロットに名前知らないけど軍服のアニオタ女
きたない、流石ネオドイツの忍者きたない!」

一夏「アニオタ女ってクラリッサさんの事かぁぁぁぁぁぁぁッ!!」

鈴「そうそう、そのクラリスって人」

一夏「ばっかもーん!それはルパンだ!」

鈴「インターポールさん乙」

一夏「…」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 15:51:06.73 ID:ZYolZFez0

鈴「ふぅっ…ウォーミングアップは終わりよ」

一夏「何のだよ…」グッタリ

鈴「ほら一夏、あーん」

一夏「何を…?ムグッ」

鈴「美味しい?あたしのパ・ン・ツ」

一夏「!」ボッキーン

鈴「何その超反応…OP-D(女の子の パンツ 大好き)システムか何か?」

一夏(くっ…なんておしっこ臭いんだ)ハァハァ

鈴「そっかそっか、わざとおしっこ拭かないでいた甲斐があったわね
おかげで私のあそこはかぶれてデリ○アを買うハメになったわ、恥ずかしかったんだから!」

一夏(このパンツは嬉しいけどそんな事言われても困る)ホロリ



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 16:09:05.03 ID:ZYolZFez0

鈴「…あ、インキンタムシは関係無いわよ?あたし無毛だし
語源も麻雀牌の白でピッタシカンカンよね、パイパン設定」

一夏(設定とか言うな!)フガフガモグモグ

鈴「吸っても良いけど咀嚼しないでよ、パンツを」

鈴「んじゃまあ」カチャカチャ ジィィッ ボロンッ

鈴「これはまた…おっきいわね」

鈴「という訳で私のシークレットウェポン、足を使うわね」スッ

一夏(! スレンダーツンロリ系美少女の女の子上位パンツくつわ付き足コキだと!? 濡れるッ!)

鈴「一応お尻だけじゃなくて脚を含めた下半身と細さには自信はあんのよね」シュッシュッ

一夏(あひぃん…なんだかドMの扉が見え隠れしてる…)

>>81
テーマ的には出来るだけ下半身重視でこだわりたかった、まあラウラ編が物足りなくて背中ブッかけやっちゃったけどさ



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 16:21:05.98 ID:ZYolZFez0

鈴「どう?気持ち良い?」

一夏(気持ち良いけど…それ以上に)フーッフーッ

鈴「やっぱパンツの方に夢中なワケね?一夏のへんたーい」ニュルッ ニチッ ニッチュニッチュ

一夏(呼吸が辛くなる度に鼻腔を通るおしっこ臭、例え口で息をしようとも数日モノであろう鈴の匂いは俺を逃がしてはくれない
そして言葉責め…堪らん)ビクンッビクンッ

鈴「すっごくヌルヌルしてる…どんだけおもらししてんのよ」チュッ チュクッ チュルルッ

一夏「んんっ!んんっ!」ンフーッンフーッ

鈴「あはっ、イきたい?ダーメ」ピタリ

一夏(寸止め…そんな…くぅっ)

鈴「そんなにだらし無い顔しないでよ、一夏ってば可愛いわね…ほら」ネチュッニチニチ

一夏(! 歳下っぽい鈴から可愛い扱いされるとか…なんという屈辱だ!ご褒美です
しかも再開してくれるだなんて…優しいS責めかよ!)



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 16:29:56.10 ID:ZYolZFez0

鈴「ほらっ…イっちゃえイっちゃえ」

一夏「ぐもっ…んむぅぅぅぅぅぅぅぅッ!」ゾクゾクッ

鈴「! (うわっ…大丈夫なのこれ、一夏のアレすっごい痙攣してるけど…)」

一夏「~~~ッッ!!」ビュブッ!ビュルルルッ!ドピュンッドプゥッ!

鈴「ひゃっ!?」ビチャッ

一夏「…」フーッ フーッ

鈴「こ…ここまで…飛んできた
これが…」ペロッ

鈴「んっ…ちゅぷ、んくっ」ゴックン

鈴「に…苦しょっぱい…、それに生臭い…変なの」ドキドキ



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 16:35:11.75 ID:ZYolZFez0

――

鈴「という感じならどうなのよ?」

一夏「えっ?ここまで想像だったのか!?」ガビンヌ

鈴「えー、だってかぶれたりすんのヤだし」

一夏(だからお前は"二組"なんだ、とは言えないな)

鈴「それに…」

一夏「?」

鈴「は…始めてする"えっち"は優しくリードされたいもん」

一夏(なんだ、ただのメインヒロインか)


IS<イチカガヒロインノパンツデ・シコシコスルオハナシス> ~ 完 ~



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/15(火) 17:03:32.64 ID:dYD+E1pbO


鈴ちゃんかわいい


元スレ
シャル「ボクの下着がなくなってる・・・」 一夏「そ、そうか」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337040752/