1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 05:46:01 ID:7pIjbHi2

上条「なぁなぁインデックス」

インデックス「なぁに?とうま」

上条「インデックス超可愛い、本当に可愛すぎ!」

インデックス「え?えっ?!ほんとに?!」///

上条「うん・・・」

インデックス「わ、私もとうまかっこいいと思う!」///

上条「インデックス・・・」

インデックス「とうま・・・」

上条「うっそー!!!あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃwwwwwwwww」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 05:50:08 ID:7pIjbHi2

インデックス「え・・・?」

上条「今日はエイプリルフール!嘘ついてもいい日なんだよwwwwwwwww」

インデックス「」

上条「さーて次は誰に嘘つきに行こうかなwwwwww」

上条「まあ街とかその辺あるいてりゃ誰かと会うだろwwwwwww」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 05:53:54 ID:7pIjbHi2

―――
――

上条「(誰か知り合いいねーかな)」キョロキョロ

上条「(いねーなあ、会いたい時に限って誰とも会えねーとか・・・不幸だ)」

上条「ふぅ・・・疲れた、ベンチで休もう」

美琴「あ、アンタこんなとこで何してんの?」

上条「(お、ラッキーwwwww御坂かwwwwwこりゃいけるなあwwwwww)」

上条「おう御坂、こんなところで会うなんて奇遇だな」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 05:58:45 ID:7pIjbHi2

美琴「そ、そうね!奇遇ね!(ホントは後をつけてきたんだけどね)」

上条「御坂は今日何してたんだ?」

美琴「そうねえ、街をブラついてたわ」

上条「ふーん?そうなんだ」

美琴「まあ要するに暇人って感じ」

上条「そっか・・・なぁなぁ御坂」

美琴「なによ?」

上条「(インデックスの時みたいにあまくはねーよな、どうするかな)」

美琴「?」

上条「御坂ってさ、好きな人とかいる?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 06:03:55 ID:7pIjbHi2

美琴「へっ?!い、いきなりなに聞いてんのよ!」カァァァ///

上条「ちょっと気になってさ、いるのかなーって」

美琴「な、なんでそんなことアンタに言わなきゃいけないのよ!」///

上条「俺は、好きな人いる」

美琴「へ、へー?ど、どんな人?!」

上条「その人はさ、lev5の超能力者で」

上条「俺より年下で」

上条「スカートの下に短パン履いてて」

上条「いつも怒ってばっかに見えるけど」

上条「ホントはスゲーいいやつなんだ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 06:09:37 ID:7pIjbHi2

美琴「え?!(それって私のこと?!え、でもまさかね!そんなことあるはずないわ!)」

上条「能力は電気を自在に使えるんだ」

美琴「!」

上条「名前は御坂美琴」

上条「俺はその人のことが本当に大好きなんだ・・・」

美琴「あ、え、い、う、え?!あの、そのっ、えっとっ・・・」/////

上条「御坂・・・いや、美琴」

美琴「ひゃい?!」

上条「・・・好きだ」

美琴「」プシュー///

上条「・・・やっぱ俺みたいな不幸なやつじゃお前に釣り合わないよな」

美琴「あ、えっ、そ、そっそっそんなこと、ない!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 06:17:07 ID:7pIjbHi2

上条「え?本当か?美琴」

美琴「う、うんっ・・・私もアンtっじゃなくって・・・当麻のこと、好k」

上条「テレッテッテーテーレレレレー・・・ボッカーン!!!」

美琴「?!」

上条「・・・うっそっだっ・・・ぴょよよよよよよんん!!!!あっひゃっひゃひゃひゃひゃひゃひゃyはyひゃひゃやwwwwwwww」

美琴「はい・・・?」

上条「今日が何月何日かわかるかにゃん?4月1日・・・そう、エイプリルフールにゃんwwwwwww」

美琴「」ドサッ

上条「さーて次は誰に嘘つきに行こうかなwwwwwww」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 06:39:33 ID:7pIjbHi2

上条「誰かいねーかなあ」

御坂妹(10032)「こんにちは、とミサカは綺麗にお辞儀をします」

上条「お、御坂妹じゃん」

上条「(こいつに嘘って通じるのかなあ、でもダメならダメで笑い話になるか)」

御坂妹「アナタはこんな所で何をしているのですか、とミサカはあまり興味なさげに尋ねてみます」

上条「ただブラついてただけだ、それより御坂妹、今日これから暇か?」

御坂妹「はい、これといって用事はありません、とミサカは今後の予定について述べます」

上条「だったらちょっと付き合ってくれないか?一人で暇なんだ」

御坂妹「そんなの見れば分かります、とミサカはため息混じりにあなたを見つめます」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 06:48:22 ID:7pIjbHi2

―――
――

上条「ここなら落ち着いて話せそうだな」

御坂妹「こんな人気のない所で何をするのですか、とミサカは胸とスカートを
    抑えながら警戒の眼差しを向けます」

上条「ちょっと二人っきりで話をしたくってさ」

御坂妹「何の話ですか?とミサカは少し緊張した面持ちで尋ねます」

眠いので寝ます、もし誰か見ててくれたならうれしい、かな。
夜起きたら続き書きます。



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 23:40:39 ID:7pIjbHi2

>>1です、続き書きます

上条「俺最近悩んでることあるんだよな」

御坂妹「悩み事ですか、どんな悩み事ですか?とミサカはアナタの話に耳をかたむけます」

上条「それが最近気になる人がいるんだ」

御坂妹「それはちょっと気になる話ですね、とミサカは全神経を耳に集中させます」

上条「その人は電気の能力が使えるんだよ」

御坂妹「ああ、お姉様ですか?とミサカは少し落胆します・・・」

上条「違うよ、御坂じゃない」

御坂妹「他に電気の能力を持つ人がいるのですか?とミサカは必死に思い出してみます」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 23:47:05 ID:7pIjbHi2

上条「いるんだよ・・・御坂妹は、その・・・気になる人っていうかそう言う人はいるのか?」

御坂妹「はい、います!とミサカは少し赤面しながらうったえます」

上条「ああ、ソレガオレダッタライイナア・・・」ボソッ

御坂妹「え?ちょっと聞こえなかったのですが、とミサカh」

上条「その気になってる人が俺だったらいいなっていったんだよ!」

御坂妹「ということはアナタの気になる人っていうのは・・・」

上条「そうだよ、御坂妹・・・お前のことだよ」

御坂妹「えと、そのこういう時なんて言ったらいいかわからないです、とミサカは未だに状況を把握できずにいます」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/01(月) 23:55:58 ID:7pIjbHi2

上条「俺は御坂妹のことが好きだ!愛してるってことだ!」

御坂妹「あの、その・・・ありがとうございます、私もアナタの事が
    好きです、と赤面しながらつぶやきます」カァァ///

上条「御坂妹のそんな顔はじめて見た・・・可愛いよ、御坂妹・・・」

御坂妹「・・・これが幸せってことなんですね・・・」///

上条「♪あ~東から太陽昇って西に落ち~♪」

御坂妹「・・・?」

上条「♪ま~た太陽昇って4月1日~♪」

御坂妹「確かに今日は4月1日ですが」

上条「♪御坂~妹が~好き~♪」

御坂妹「そんな大声で歌われると恥ずかしいです・・・」///

上条「♪で~も~~~~~~~~~~~~・・・それはウソぉぉぉぉぉ↑↑↑~~~~~!!!!♪」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:03:36 ID:xb1K44tE

御坂妹「え、嘘とはどいうことですか、とミサカは・・・ミサカは・・・」

上条「♪今日はぁ~↑エイプリルゥゥッゥゥゥゥ・・・フゥウゥルゥゥゥ~~↑↑↑♪」

上条「♪お天道様がぁ~嘘をついても見逃してくれるぅ~↑そんなめでたい日ぃぃ~↑♪」

上条「♪俺の嘘は百発百中狙った獲物は逃さねえ!き↓み↑のハートにストライクぅぅぅぅぅ↑↑↑♪」

上条「♪チャラチャラチャラララチャン~♪・・・ありがとうございました」

御坂妹「」パクパク

上条「あ、歌の通り嘘だから、じゃーな」

御坂妹「」ズサッ

上条「さ、次行くか」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:13:29 ID:xb1K44tE

上条「だっれっかいっないっかなー」キョロキョロ

秋沙「・・・」テクテク

上条「(お、姫神じゃん・・・アイツについてみるか)」

上条「おーい!姫神ー!」

秋沙「あ、上条君」

上条「こんな所で会うなんて奇遇だな」

秋沙「奇遇。上条君は何してたの?」

上条「姫神を探してたんだ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:21:28 ID:xb1K44tE

秋沙「え。私を?」

上条「朝からずっと探してたんだけどなかなか見つからなくってさ、ホントまいったよ」

秋沙「よく見つけられたね。私。影薄いから」

上条「うん、何かこの辺あるいてそうな気がしたんだ」

秋沙「でも。見つけてくれてうれしい」

上条「?、俺に見つけてもらうためにブラついてたのか?」

秋沙「・・・そうかも。しれない」


やっべもう4月2日じゃん、あー1日のうちに書きたかったなあw



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:28:24 ID:xb1K44tE

上条「・・・ちょっとそこのベンチで話さないか?」

秋沙「うん」

―――
――

上条「姫神ってさ、普段何してんの?」

秋沙「普段?特になにもしていない」

上条「へ、へー?」

秋沙「私と話して。楽しい?つまらないでしょ。私なんかと話しても」

上条「そんなこと・・・ない!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:37:49 ID:xb1K44tE

秋沙「・・・本当?上条君。私のことなんて嫌いだと思ってたから」

上条「何言ってるんだ姫神、嫌いなやつと一緒に喋りたいなんて思うわけないだろ」

秋沙「うれしい。上条君にそう言ってもらえて」

上条「姫神には笑ってて欲しい」

秋沙「うん。そうする」ニコ

上条「(あれ、姫神可愛い・・・まあ関係ないけどなww)」

上条「姫神はさ、好きな人とかいるか?」

秋沙「うん。いるよ。とっても大切な人」///

上条「その人はどんな人なんだ?」

秋沙「すごくかっこよくて。私をいつも助けてくれるの」

上条「へー、まるでヒーローみたいだな」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:41:42 ID:xb1K44tE

秋沙「うん。私のヒーロー。でもその人の周りにはいっぱい可愛い人がいるから。
   きっとこの想いは通じないと思う」

上条「あきらめるのか?」

秋沙「え?」

上条「お前にとってその人は誰よりも大切な人じゃないのかよ?」

秋沙「そう。大切な人」

上条「だったらそんな簡単に諦めていいのかよ?!」

秋沙「だって私じゃ叶わないもの」

上条「俺は諦められねーよ!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:47:00 ID:xb1K44tE

秋沙「上条君はいるの?好きな人」

上条「いるよ、でも今その人に好きな人がいることを知っちまった」

秋沙「え。どういうこと?」

上条「俺の好きな人が好きなのは超イケメンでヒーローみたいなやつ・・・俺なんか
   かないっこねーよ・・・でも!俺は諦めねえ!いつか振り向いてもらう
   その日まで!だから・・・だからお前も諦めんじゃねーよ!」

秋沙「え。上条君の好きな人って・・・」

上条「そうだよ、お前だよ・・・姫神」

秋沙「・・・う。うれしい」ポロポロ

上条「え?姫神、どうして泣くんだ?」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 00:52:35 ID:xb1K44tE

秋沙「だって。私も上条君のこと・・・好きだから」ポロポロ

上条「姫神・・・!」ギュッ

秋沙「?!」

上条「姫神、今からお前の耳にあることを囁くからそのまま聞いててくれ」

秋沙「・・・」

上条「う・そ」

上条「今日はエイプリルフールでーす!www今のは嘘でしたーあははってあれ?」

秋沙「・・・」

上条「抱きしめたら気絶したのか・・・?」

上条「どうすっかなー、とりあえずベンチで寝かせとけばいいか」

上条「でもこのままじゃ姫神ウソってこと知らないままになっちまうなあ」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:09:38 ID:xb1K44tE

上条「あ、いいこと思いついた、顔にマジックで書いとこうwww」

上条「そしたら鏡で顔見たときわかるだろwwww」

上条「えーと・・・今日のことは全部ウソでした、by上条っと」キュッキュッキュッ

上条「よし、これでいいだろ」

上条「さってと、もう昼過ぎか、少ない金を使って飯でも喰いに行きますか」

―――
――

上条「あーうまかった、外食なんていつぶりだろう」

上条「ん?あれは神崎?」


五和だしたいけど知らないっていうねw



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:30:30 ID:xb1K44tE

上条「神崎ー!」

火織「上条当麻、久しぶりですね」

上条「そうだな、神崎は今日暇か?」

火織「ええ、これといって用はないですが」

上条「だったら俺の家こないか?俺も暇してるんだ」

火織「良いのですか?私が行っても」

上条「だめだったら誘わねーよ」

火織「そうですね、分かりました」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:35:04 ID:xb1K44tE

――上条宅前

上条「ちょっと待っててくれないか?」

火織「どうしたのですか?」

上条「すぐ済ますから」

ガチャ

上条「・・・」

インデックス「」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:35:55 ID:xb1K44tE


上条「(まだ気絶してるのか、こいつをどうにかしねーと)」

上条「(神崎にバレたら殺される)」

上条「(んー、あ、ベランダの隅に置いておけばバレないか)」

上条「よっと」

インデックス「」ズズー

ガラガラ

上条「よいしょっと」スッ

インデックス「」

上条「これでよしっと」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:40:03 ID:xb1K44tE

上条「お待たせー、悪いな神崎」

火織「何をしていたのですか?」

上条「ちょっとな」

火織「あの子の姿が見当たりませんが?」

上条「ああ、インデックスはちょっと小萌先生の所に行ってるんだよ」

火織「そうなのですか、それで上条当麻、私に用があるのでしょう?」

上条「え?どうして」

火織「用もないのに貴方が私を家に呼んだりするはずがありません」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:44:51 ID:xb1K44tE

上条「(さすが神崎、鋭いな)」

上条「あははー、いや別に用ってわけじゃ・・・」

火織「・・・あれは、インデックス?」

上条「?!いやっ、違うんだ、あれは何でもない!」

火織「どいてください!」

上条「うわっ」

ガラガラ

インデックス「」

火織「何でこんな所にインデックスが寝ているのですか?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:53:50 ID:xb1K44tE

上条「いっ、いやー何でかなー?あはは・・・」

火織「上条、当麻・・・?」ビキビキ

上条「違う、違うんだ!俺は何もしてない!」

火織「何が違うんですか?!何もしていないのにどうして動揺しているのですか?!」

上条「こっ、これは・・・!神崎に大事な話があるんだ!」

火織「だ、大事な話?それはインデックスがこうなっていることと関係があるのですか?」

上条「そうだ、神崎に大事な話をするためにインデックスには少し眠ってもらっただけなんだ!」

火織「な、なんだかおかしい気がしますが、まあその話とやらを聞かせてもらいましょう」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 01:58:23 ID:xb1K44tE

上条「神崎は年下の男に興味はあるか?」

火織「いきなり何を聞いてるんですか?!」

上条「大事なことなんだ!答えてくれ!」

火織「そ、それはまあ、私は年下でも構わないですが・・・」

上条「本当か?!」ズイッ

火織「顔が近いです!嘘を言って何になるというのですか・・・」カァァ///

上条「よかった・・・じゃあ俺にもチャンスはあるってことだな?」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 02:03:18 ID:xb1K44tE

火織「チャンスって何のチャンスですか?」///

上条「神崎の恋人になれるチャンス、かな」

火織「よ、よくそんな恥ずかしいことを平静と言えますね」///

上条「俺が神崎のことを好きって気持ちが恥ずかしい?そんなわけないだろ!」

火織「あ、あの・・・」///

上条「神崎!好きだ!俺の恋人になって欲しい!」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 02:08:46 ID:xb1K44tE

火織「あの、その・・・気持ちはうれしいのですが貴方にはあの子がいますし・・・」

上条「もちろんインデックスも好きだ!」

火織「やっぱり・・・」

上条「でもそれは家族としての好きだ!神崎、お前に対する気持ちは異性としての好きなんだ!」

火織「え?いいのですか・・・?私で・・・いいのですか?」///

上条「ああ、むしろ神崎じゃないとだめだ!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 02:14:21 ID:xb1K44tE

火織「上条、当麻・・・」ッポ///

上条「神崎、これからは俺のことは当麻って呼んでくれないか?」

火織「と、とう、ま・・・当麻・・・私も貴方のことが好k」

上条「キエッェエエエエエエエエエエエエwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

火織「?!」

上条「かっかっかかっかかかっかかっかかかかかかっか神崎さあああんwwwwwwwwww」

火織「は、はい?」

上条「今のはぜーーーーーーーーんぶ・・・ウソだちぃwwwwwwwww」

上条「今日は4月1日、エイプリルフールだちぃwwwwww」

上条「嘘ついてもいい日だちぃwwwwww」

火織「・・・え?」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 02:26:22 ID:xb1K44tE

上条「間抜け面ありがとうだちぃwwwwww」

火織「・・・」ゴゴゴゴゴゴゴ・・・

上条「あれ?ほかの人だったら気絶して終わりだったちぃ?なんで神崎は気絶しないちぃ?!」

火織「・・・言いたいことはそれだけですか?」グスッ

上条「あ、え?いや、気絶してくださいちぃ!」

火織「よくも私の心を弄んでくれましたね・・・ワイヤーをはっておいてよかったです・・・」ゴゴゴゴ・・・

上条「はやまるなちぃ!今日は嘘をついてもいい日で怒られる筋合いはないちぃ!!」

火織「問答無用!!!!」チャキッ

上条「や、やめるちぃ!!!!」

火織「七閃っ!!!」

キュイーンッ!!!

上条「ああああああああああああああ不幸だちぃいいいいいいいい!!!!wwwwww」

終わり

見ててくれた方ありがとうございました。
ノリで書いたので見るに耐えないものになったことをご了承ください。



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/02(火) 20:01:58 ID:jPfDbpec

ゲス条過ぎワロタwww


元スレ
SS深夜VIP:上条「なぁなぁ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1364762761/