SS速報VIP:モバP「あいうえおの歌?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477759023/



1: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:37:04.30 ID:LKEb+U5V0

【あ い う え お菓子は好きですか?】



ちひろ「プロデューサーさーん。星花ちゃんのレッスンはもう終わってますよね?」


モバP「はい。……あ、まだ帰ってないってことですか?」


ちひろ「何か聞いていますか?」


モバP「確か、お菓子を買いに行くって……」


ガチャ


星花「ただいま戻りましたわ」


モバP「ほら、噂をすれば」


ちひろ「おかえりなさーい。もう、心配したんですよ?」


星花「ふふふ。あ、そうですわプロデューサー様、ちひろさん。このお菓子をどうぞ」


モバP「俺たちに?」


ちひろ「貰ってもいいの?」


星花「はい。日頃のささやかなお礼にと」


モバP「ならありがたく。ほらちひろさんも」


ちひろ「ありがとうね。星花ちゃん♪」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477759023




2: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:38:04.02 ID:LKEb+U5V0



モバP「おお! こんな大きいキャンディー久しぶりに見たな……」


星花「以前撮影で訪れた駄菓子屋に行ってきましたの」


ちひろ「きなこもち……懐かしいですね」


星花「それにほら! みてください」


「「?」」


星花「5円チョコといって、硬貨がチョコレートになってるんですの!」


星花「初めて見ましたわ……」


モバP「……なんだか」


ちひろ「かわいいですね、プロデューサーさん」


モバP「ええ」


星花「?」







3: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:39:22.92 ID:LKEb+U5V0



【か き く け こうちゃを飲みましょう♪】



桃華「では、皆様いいですわね?」


星花「はい」


雪乃「えぇ」


桃華「では、紅茶好きの会第3回開催を祝して」


「「「乾杯(ですわ)」」」


雪乃「……おいしいですね」


桃華「もちろんですわ! 今回のために、色々と用意しましたの」


星花「いいですわね♪ あ、忘れてましたわ。今回のために……」


ガサゴソ


雪乃「スコーンですか?」


桃華「いい匂いですわ」


星花「紅茶にあうようにと、今朝焼いてきましたの」


雪乃「紅茶にとても合いますね……。あとでレシピを教えてもらってもいいですか?」


星花「もちろんですわ♪」


桃華「わ、わたくしも!」






4: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:40:39.47 ID:LKEb+U5V0



桃華「わたくし、実は星花さんみたいなレディーに憧れがありますの」


星花「わたくしに……ですか?」


桃華「わたくしが思う、レディーですの! 妖艶で、とてもきれいで」


雪乃「確かに……。私も、そのセクシーさが欲しいですわね」


星花「よ、妖艶なんてそんな……違いますわ」


桃華「でも、プロデューサーちゃまはなんていいますかね」


星花「そ、そんなことは」





モバP「なんか話振られたような」


ちひろ「でもいいですねー。あの会、不定期にやってるみたいですけど」


モバP「楽しそうに紅茶を飲む3人……新しい仕事でもいいな」


ちひろ「はいはいここまでお仕事もちこまないでくださーい。私たちも仕事パパッと終わらせて参加しましょうか」


モバP「いいですねー。なら、スタドリを! 景気づけに」


ちひろ「ダメです! この後紅茶飲むのに……」


モバP「そ、そうでした……」






5: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:42:44.50 ID:LKEb+U5V0



【さ し す せ そろって銭湯へ】



モバP「今日は暑いですねぇ……」


ちひろ「クーラーは我慢してください。……私も暑いんですから」


モバP「はーい。……こうも暑いと、レッスン中のアイドルも大変ですね」


ガチャ


星花「ノーブルセレブリティ、た、ただいま戻りましたわ……ふぅ」


琴歌「あ、暑いですわ…」


ゆかり「確かに、暑いですね」


モバP「おーお疲れ様。クーラーは我慢してくれ。ほら、冷たい麦茶」


星花「ありがとうございます……」


ゆかり「ン……ン……フゥ。こう暑いと、お水がおいしいです」


ちひろ「そういえば、三人は寮生活でしたね」


琴歌「はい。……それがどうかしましたの?」


ちひろ「実は、寮のお風呂が故障していて……」


琴歌「えええ!」







6: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:43:26.56 ID:LKEb+U5V0



モバP「そこでちひろさんたちと話し合ったんだが、ここの近所の銭湯に行ってもらうということになったんだ」


星花「銭湯?」


ゆかり「あの、恥ずかしいですけど、銭湯に行ったことはなくて……」


モバP「あ、二人は行ったことがなかったか。でも大丈夫」


琴歌「私、以前に行ったことがありますわ!」ドヤッ


「「おおーー!」」


モバP「ということで、二人とも琴歌について行って銭湯に行ってくれ。もう予定もないし、上がっていいぞ」


琴歌「プロデューサー様がこうおっしゃっていますわ! ささ、早速!」


星花「こ、琴歌さん」


ゆかり「ゆ、ゆっくりでも」


琴歌「いいえ、善は急げですわ!」


ガチャ


ちひろ「銭湯、いいですねぇ」


モバP「ちひろさーん? 仕事は残ってますよー?」


ちひろ「プロデューサーさんもですよー?」



「「はぁ……」」





7: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:45:32.12 ID:LKEb+U5V0



【た ち つ て ドーナツ美味しいね!】



「あと少しだねー」
「何買おうかなー?」


星花「あら?」






ガチャ


星花「ただいま戻りましたわ♪」


ちひろ「おかえり星花ちゃん。あら、ご機嫌ですね」


星花「駅前で新しいお店ができたみたいで、つい買っちゃいましたわ♪」


ちひろ「何を買ったんですか?」


星花「ドーナツです」


法子「ドーナツ!?」


星花「あら法子さん。お疲れ様ですわ」


法子「お疲れ様、星花ちゃん! それで、ドーナツって」


ちひろ「駅前に新しいドーナツ屋さんができたらしくて、星花ちゃんが買ってきたの」


法子「えーいいなー。そこの店はノーマークだったし……」






8: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:46:31.80 ID:LKEb+U5V0




星花「なら、おひとついかがですか?」


法子「いいの!?」


星花「ええ。もとよりちひろさんやみなさんにもと、少し多めに買っていますから」


法子「ありがとー!」


星花「ドーナツみたいにみなさんを幸せに、でしたわね♪」


法子「! そうだよ! ドーナツみたいにみんなを幸せにするの!」


ちひろ「そのためには、美味しくドーナツを食べましょうねー」


法子「そうだった! 新しくできたドーナツ屋さんのドーナツチェーック! あーん。モグモグ……。まーる♪」


星花「お口にあってよかったですわ」


法子「ドーナツはおいしいものだよ!」


ちひろ「あらあら~。なら、お茶を淹れてきますね」






9: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:47:16.87 ID:LKEb+U5V0



【な に ぬ ね ノートは綺麗にね】



幸子「ふふーん! カワイイボクが来ましたよ! って、あれ……。誰もいませんね」


幸子「……ま、まぁみんながいなくったって、カワイイボクはお勉強をしますよ!」











ちひろ「ただいまもどりましたー。遅くなってすみません」


ちひろ「……ってあれ? 誰もいませんか?」


幸子「…………」


ちひろ「あ、幸子ちゃん。……お勉強中ですか。邪魔をしてはいけませんね」


幸子「…………」







星花「ただいま戻りましたわ」


ちひろ「あ、星花ちゃん。しー」


星花「?」


ちひろ「ん!」


星花「! ……♪!」


ちひろ「!! しー!!」


幸子「もう! 喋るなら喋ってください!! 別に静かにしなくてもいいですから!」


「「は、はい!」」






10: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:49:16.99 ID:LKEb+U5V0



幸子「もう! カワイイボクでも流石に怒りますよ!」


星花「ちひろさんとアイコンタクトで、声を出さない様に……」


幸子「それがいらないんですよもう!」


ちひろ「ご、ごめんなさい……。! なら、お詫びに……」


「「……?」」


ちひろ「じゃん! プロデューサーからのお土産です! お詫びもかねて食べちゃいましょう!」


星花「まぁ♪」


幸子「い、いいんですか!?」


ちひろ「そ・の・か・わ・り。ノートが書き終わったらですけど」


幸子「ふふーん! このボクにかかれば、ちょちょいのチョイ!……と言いたいんですけれど」


星花「あら、どうかしましたの?」


幸子「少しわからないところが……」


星花「なら、わたくしも一緒に手伝いますわ♪」


幸子「い、いいんですか!?」


星花「解らないところだけですよ?」


ちひろ「ふふっ。お茶とお土産の準備してきますねー」






11: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:50:00.07 ID:LKEb+U5V0



【は ひ ふ へ ポカポカお昼寝を】



星花「……あら?」


美穂「……スゥ……スゥ」


星花「お昼寝ですわね。……けど、冷房がかなりきいているような」


ゴォー


美穂「…………スゥ」


星花「心なしか、寝心地が悪そうに見えますわ……」


星花「!」





星花「ちひろさん。毛布はどこにありますの?」


ちひろ「毛布ですか? ええっと……。あ、仮眠室にあったような」


星花「少し拝借してもよろしいですか?」


ちひろ「ええ。持って帰るとかはしないでくださいね?」


星花「大丈夫ですわ。すぐそこで使いますの」



ちひろ「?」






12: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:51:22.20 ID:LKEb+U5V0



星花「毛布を持ってきましたわ」


美穂「……スゥ…………ウ……スゥ……」


星花「美穂さん、毛布をどうぞ」


美穂「……スゥ……フフ」


星花「あら、いい笑顔ですわ♪」


星花「なら、もっと寝やすくするために、わたくしのバイオリンでも……」


♪~~


美穂「……スゥ……フフ……スゥ……」


星花「♪」


♪~~






ちひろ「毛布なんて珍しいと思ったら、こういうことだったんですね」


モバP「いいなぁ……俺もあの空間いたら安眠できるだろうな」


ちひろ「ダメですよ。私も寝たいですけど、まだ仕事が溜まってますから」


モバP「うぅ……ちひろさん……ひざまくらぁ……」


ちひろ「はいはい。ちゃんと終わったらやりますから」






13: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:52:54.88 ID:LKEb+U5V0



【ま み む め モグモグハンバーグ】



響子「星花さん、もっとこう!」


星花「こ、こうですの?」


響子「そうです! ハンバーグをそうやってパンパン空気抜きしないと、焼くときに崩れちゃうんです」


星花「なるほど……勉強になりますわ」






みく「まだかにゃ……」


モバP「みく、何してるんだ?」


みく「あ、Pチャン! 響子ちゃんと星花ちゃんが、一緒にハンバーグを作ってるにゃ」


モバP「ははーん。みくはハンバーグを美味しく食べるんだな」


みく「ハンバーグには少しうるさいにゃ。やっぱり、ジューシーじゃないと」


ちひろ「いいですねー」


モバP「ほんとになー。ちひろさんも俺も昼食まだなのに……」


みく「うぅ……。なら一口ずつあげるにゃ」


「「やったー」」





星花「けれど、本当に美味しく作れるのでしょうか……。今まで作ったことのない料理を」


響子「大丈夫です! 料理だって誰かのために作ろうと思うから、美味しく作れるんです!」


星花「なら、わたくしはみくさんのことを思って……」


響子「それなら、どんどんおいしくなーれ!って思うのもいいですよ?」


星花「なら、わたくしの想いを奏でますわ♪」


響子「演奏したらダメですよ!?」







14: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:53:50.49 ID:LKEb+U5V0





響子「はい、できました!」


星花「おぉ……! 肉汁があふれでてますのね」


響子「早速持っていきましょう!」





みく「いい匂いがしてきたにゃ」


モバP「ちひろさん……!」


ちひろ「プロデューサーさん、よだれよだれ!」


モバP「つ、つい……」


星花「あら、プロデューサー様とちひろさん?」


みく「一緒に食べたいって。……大丈夫?」


星花「ええ。想いにあふれていますから」


みく「?」


星花「ですわよね?」


響子「はい!」


みく「不思議にゃ」




モバP「あぁ……美味しい……!」


ちひろ「本当に、おいしい……けど、これ終わったらまたお仕事……」


モバP「それは言わない約束ですよ」






15: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:56:16.96 ID:LKEb+U5V0



【や ゐ ゆ ゑ 横から覗いたら】



モバP「…………」


ちひろ「んー……」


星花「あら? どうかしまして?」


ちひろ「あぁ星花ちゃん。えっとね」


モバP「ちひろさん、まだです!」


星花「あら、どうかしまして?」


ちひろ「! えー、ちょっとこちらへ……」


ちひろ「(プロデューサーさん、今のうちに)」


モバP「(わかりました!)」


星花「?」




ちひろ「そういえば、今日のお仕事はどうでした?」


星花「日本語を色々と学ぶ番組でしたの。勉強になりました♪」


ちひろ「昔から、いろは歌だったりあいうえおの歌みたいな形で、日本語を歌ってるものもありましたからねー。知れば知るほど楽しくなると思います」


星花「えー、コホン」


星花「それで、何を隠していたんですの?」


ちひろ「うっ。流石にわかっちゃいますか……」


星花「そろそろ教えてくださっても……」


ちひろ「……わかりました」






16: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:58:02.11 ID:LKEb+U5V0



ちひろ「プロデューサーさーん」


モバP「ちひろさん。ちょうどよかった! 終わりましたよ」


星花「それで、何をしていましたの?」


モバP「それは……これだ!」


涼宮星花LIVE企画書


星花「……わたくしの、ライブ?」


モバP「先日の4thライブに参加できなかったからな。俺としても、もう少し力があれば……」


ちひろ「そこで、ライブを用意したんです! 私とプロデューサーさんで、頑張ったんですよ?」


星花「……こんな大きなライブに、わたくしが」


モバP「もちろん、星花をメインにしたライブだ。他の出演者は、桃華に雪乃さん、ノーブルセレブリティの琴歌にゆかり」


ちひろ「法子ちゃんに幸子ちゃん、美穂ちゃん響子ちゃんみくちゃんも参加します」


モバP「星花、これからも頑張っていこう!」


星花「……もちろんですわ! わたくし、新たな音を奏でますわ♪」


【わ い う え お話終 わ り】






17: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 01:59:10.43 ID:LKEb+U5V0


星花さんメインで書きたかったので書きました。
星花さんを少しでも知ってほしいです。
拙い文章でしたが、読んでいただきありがとうございました。





18: ◆yFZjL1dM4k 2016/10/30(日) 02:00:12.37 ID:LKEb+U5V0

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/30(日) 02:13:16.70 ID:fWHmV5fro

おつ!


元スレ
SS速報VIP:モバP「あいうえおの歌?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477759023/