1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:39:38.70 ID:nH7FSmK9.net

曜「善子ちゃん善子ちゃん」ユサユサ

善子「…ん、なによ急に それから私はヨハネよ」

曜「いや急じゃないんだけど… 何か考え事?」

善子「あ、それならごめんなさい… まぁ、そんなところよ」フゥ

曜「そっか… 私でよければ相談に乗るよ?」

曜(できれば堕天使とかの難しい話は避けてくれるといいけど)

善子「じゃあ、まあせっかくだし…」

曜(人付き合いとかの相談だとやりやすいかな、ってこれは善子ちゃんに失礼か…)


 


善子「家庭教師ってエロくない?」

曜「エロい」



4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:42:14.23 ID:nH7FSmK9.net

曜「エロい」

善子「いやなんで二回言ったの」

曜「善子ちゃんが聞き逃したらよくないかなって思って」

善子「ヨハネよ! …意味はわからないけど、それは理由を聞いてしまった私のミスだからこの際いいわ」ハァ

善子「それでその家庭教師だけど、もう存在がエロいなって考えてて」

曜「へぇ… 混ぜてよ」

善子「もちろん」



6: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:44:30.42 ID:nH7FSmK9.net

曜「といっても、具体的にどういうこと?」

善子「なんていうか… もう全部がそういう意味に変換できるってことよ」

曜「…うん?」

善子「んー、例でいくわね」
 
善子「例えば、私が勉強頑張ったとするでしょ? そしたら…」

―――
――




7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:46:43.05 ID:nH7FSmK9.net

花丸『善子ちゃん、えらいえらい!』

花丸『でも、満点とっちゃうまで頑張るなんて…』

花丸『そんなに――マルのご褒美が、欲しかったの…?』

花丸『ふぅん…♡』クスクス

花丸『…いいよ、ぜーんぶ…あげるずら♡』


――
―――



8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:49:05.83 ID:nH7FSmK9.net

善子「…ってなるでしょ?」

曜「ヨーソロー!」ハイタッチ

善子「」パシン

曜「それにしても、はぁ… 花丸ちゃんは淫乱だなぁ」

善子「ほんとよね」

曜「あー… これは嫌でも勉強頑張っちゃうね」

善子「そうでしょ? でも、勉強さぼってると…」

―――
――




9: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:52:05.81 ID:nH7FSmK9.net

ルビィ『ねぇ、善子ちゃん…?』

ルビィ『どうしてちゃんと勉強してくれないのかな?』

ルビィ『そんな、いけないいけない善子ちゃんには、オシオキが必要だよね…♡』ウットリ

ルビィ『でも安心して… 善子ちゃんが、ルビィの言うこと全部聞いちゃうようになってもらうだけだから♡』

ルビィ『だから――頑張ルビィ、しようね♡』


――
―――



10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:55:31.20 ID:nH7FSmK9.net

善子「…ってなるじゃない?」

曜「攻め攻めルビッチちゃんすき」

善子「わかる」
 
曜「勉強すれば花丸ちゃんのご褒美、しなければルビィちゃんのオシオキ…」

曜「あーあ、二人ともえっちすぎるヨーソローなぁ!」

善子「全くよね…」ハァ



13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:58:15.84 ID:nH7FSmK9.net

曜「うんうん、なんかわかってきたかも」

曜「ただそういうことなら、二年生だって負けてないよ!」

善子「へぇ? それはぜひ参考に聞いておきたいんだけど」ワクワク

曜「そうだね… ご褒美やオシオキもいいけど、教えてもらってる時のことも考えると…」

―――
――




14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:01:20.46 ID:nH7FSmK9.net

千歌『ふふ、変態さんの曜ちゃんはぁ… 消しゴム拾うふりして、どこを見てたのかなぁ?』

千歌『あは、謝らなくていーんだよー? …ね、よーちゃん』

千歌『千歌の普通"じゃない"トコロ――』ススス…

千歌『――見るの、やめる…?』ピト

千歌『…♡』クスクス


――
―――



16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:04:43.08 ID:nH7FSmK9.net

曜「…とか?」

善子「やめない!」ガタッ

曜「」ビクッ

善子「シチュエーションまでありきたりな普っ通ーなやつでありながら、そこで自分の普通じゃないところを全面に出していくのね!」

善子「千歌さんもいい感じじゃない…たぎるわ…!」フルフル

曜「えへへ…///」テレリ

曜「あ あとはベタに立場が変わっちゃうのとかどうかな…」

―――
――




17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:07:53.33 ID:nH7FSmK9.net

梨子『じゃあ私が曜ちゃ――きゃんっ!』ドサ

梨子『いたた… もう、落ち着いて? これか…らぁっ!?♡』ビクッ

梨子『んっ、だめっだめ…っ♡ だめだ、よ曜ちゃっ…!♡』

梨子『わたしが…私がっ!♡ 曜ちゃんに教える…って言ったのにぃ…♡』

梨子『やぁぁ…♡ とまって、とめて?♡ 教えられるの、いやぁ…♡』


――
―――



19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:13:14.13 ID:nH7FSmK9.net

善子「バカヤローソロー!」スパァン

曜「微妙に違う!?」

曜(あ、でもいいビンタ…///)ゾクゾク

善子「なーにが『だめっだめ…っ♡』よ! こっちからすすんで手出すことの方がダメに決まってるじゃない! だいたいね…!」プンスコ

曜(梨子ちゃんのマネ結構似てる…///)ドキドキ

善子「いい? こんな風に、立場逆転も、相手の掌の上なのがいいのよ…」

―――
――




20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:16:47.69 ID:nH7FSmK9.net

ダイヤ『…さて、以上でわたくしの講義は終わりですわ』

ダイヤ『しかしここからはまた別のレッスンがありますわ 得た知識を経験に変えて定着させるための…』

ダイヤ『そうですわね… 分かりやすく言うのであれば――』

ダイヤ『――ここからは、カラダで覚える時間ですわ♡』シュル

ダイヤ『ふふふ、善子さん♡ ぜひわたくしでたっぷりと復習してくださいな…♡』ギュ


――
―――



23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:22:35.65 ID:nH7FSmK9.net

曜「私が間違ってた」

善子「よろしい」

曜「ダイヤさんもえっろいんだね… 私の中のヨーソローも思わず硬度10になっちゃうよ」※生えてません

善子「ほんとよね…」※穿いてません

曜「…うん、よし! 相手の掌の上なら、こういうのはどうかな…」

―――
――




36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 01:44:33.60 ID:fwtKBPga.net

鞠莉『あらら、曜? 疲れてなーい? ちょっとbreaktimeにしましょー!』

鞠莉『ふぅ… ところで、こういうのは日本語で「息抜き」って言うわよね?』

鞠莉『ねぇ、曜…♡ いっそ、イロイロ抜いちゃわない?♡』ムギュ

鞠莉『おねーさんとイイコトするか、それともイケナイコトするか――ふふ♡』

鞠莉『シャイニーな方を選んで頂戴…♡』


――
―――



37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 01:51:08.70 ID:fwtKBPga.net

善子「マリーは反則」

曜「正直鞠莉ちゃん以上に家庭教師似合う人なんていないんじゃないかな…」

善子「確かにそうね それにあの87センチを押し当てられたら理性を保てる気がしない」ゴク

曜「そうだね… 次は果南ちゃんか」

善子「ハグが大好きなエロエロお姉さんね」

曜「うん …でも私、果南ちゃんの家庭教師はあんまり想像できないかなぁ」

善子「あら、付き合いが長いせいかしら? 私が思うに、果南さんはこういうのが似合うのよ…」

―――
――




40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 01:57:51.88 ID:fwtKBPga.net

果南『ここがこうなって… って善子ー? 聞いてる?』フリフリ

果南『うそ ぜったい聞いてなかった』

果南『はぁ… 休んでた遅れを取り戻したくて、それで同じように休学が長い私から色々と聞きたい… だったっけ?』

果南『って言っても大したことは何もしてないから結局普通に勉強見てる訳だけどさ』

果南『でも頼んできたのは善子なんだから、もうちょっと集中して?』

果南『…よろしい ふふ、素直な善子には私がハグをしてあげよう』ギュ

果南『~♪』グリグリ



41: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:07:31.35 ID:fwtKBPga.net

果南『善子は細いなぁ…って私が鍛えてるだけか でも、ちゃんと食べてる?』ムギュムギュ

果南『…そ、ならよかった』ギュー

果南『…え? 当たってる…? 何のこ――』ハッ

果南『っ!?』ガバッ

果南『……』

果南『…よ』

果南『…善子のえっち///』ジト



43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:15:44.57 ID:fwtKBPga.net

果南『…な!? いやいやなんで私のせいなの!?』

果南『だ、だってハグしたらそりゃちょっとはしょうがないじゃん!』

果南『お、おっぱ…/// ごほんっ!じゃなくて、む胸が当たるくらいはさ!』

果南『それを善子が変な方に受け取ってるだけで…! 私はべつに…その、そういうつもりは…///』モゴモゴ

果南『…あーもうこの話はおしまい、おしまい!///』ブンブン

果南『ほら、勉強に戻るよ! さっさとここ終わらせるんだから!』

果南『…え? 終わったらご褒美のハグ?』

果南『はぁ…わかった でも、また変なこと言ったらもうしないからね…?』


――
―――



46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:23:44.55 ID:fwtKBPga.net

善子「…って、あれ?」

曜「うーん… これはこれでありだけどちょっと違うね」

果南「…///」

善子「おかしいわ… 果南さんだといちゃラブにしかならない…」ブツブツ

曜「私の場合はそもそも果南ちゃんに勉強見てもらうイメージがないからだけど…」

果南「…///」プルプル

善子「んー、じゃあ私はなにか他の理由が――」

曜「? どうかし…あ゛」

果南「…なにやってんの///」カオマッカ

善子「」

曜「」



47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:36:13.27 ID:fwtKBPga.net

果南「そろそろ練習始めるよって声かけにきたら…」

果南「二人して衣装そっちのけで何の話を…///」ハァ

善子「…や」

善子(やばいやばいやばいやばい!)ダラダラ

善子(と、とりあえず何か言い訳…! 曜さん助けて…!)

善子「い、いや、ちが…くはないけどこれは、その…! ねぇ曜さん!」アセアセ

曜「へぁ!? そ、そうそう! ようそろようそろ!」アセアセ

善子(ダメだ私以上に使えないぞこの人)



49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:44:10.78 ID:fwtKBPga.net

果南「…///」ジト

善子(ああああ生のジト目果南さんきたあああ!)

善子(やっぱり可愛いぃ! …けど今だけはぜんっぜん嬉しくない!)

善子「いやその… そう! そもそも衣装は意外と早く終わっちゃってるのよ! ね!? 曜さん!」

曜「はっ…衣装… そうだよ果南ちゃん! だから暇つぶしに皆が家庭教師したらどうかなーなんて話をね!」

善子(衣装で戻ってきた… まいっか)

果南「ふーん…?///」



50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:54:37.25 ID:fwtKBPga.net

曜「ほ、ほら善子ちゃんはサボり多いから、それでね!」

善子「善子じゃなくてヨハネ! あとサボりじゃなくて不登校だからぁー!」

曜「あーそっかー! 曜ちゃんうっかりー! てへぺろっ! てへぺろっ!」

善子「ほんとよー! まったくー! ていうか急に中の人ネター?」

曜「ちょっとメタいよーよしこちゃーん! あっはははは… はは…」

果南「……」
 
ようよし「……」


 


ようよし「…それじゃあお先っ!」ソソクサ

果南「あっこら待て!」ダッ


<ギャーギャー…


この後めちゃくちゃ練習した
おわり



57: おまけ:ピュアピュア果南ちゃん(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 08:45:44.39 ID:fwtKBPga.net

夜:果南ハウス

果南「はぁ… まさか二人にあんな一面があったとは…」

果南「これからは衣装にはルビィも混ざってもらおう… いや逆にルビィが危険かな?」ブツブツ

果南「それにしても…」

曜『私の場合はそもそも果南ちゃんに勉強見てもらうイメージがない』

果南「まったく失礼なやつめ… 昔の恩を忘れたのか曜は!」プンスコ

果南(そ、それから…)

善子『おかしいわ… 果南さんだといちゃラブにしかならない…』

善子『果南さん"だと"いちゃラブにしかならない』

果南「…///」カァァ

果南「ど、どういう意味なんだろ…? 無意識だけど私のこと…とか?///」ドキドキ

果南「…///」

果南「ふぅ… まさか、ないよね もう寝よ寝よ」ゴロン


果南「…ん」スヤァ



58: おまけ:ピュアピュア果南ちゃん(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 08:48:58.72 ID:fwtKBPga.net

善子『果南さん…』ズイ

果南『よ、善子…なんか近い、よ…?』

善子『近い方がいいの…その方が』

善子『私のドキドキが、ちゃんと伝わるから』ギュ

果南『うっ、よ、善子…?/// ていうかホントに近いってば!///』

善子『ねぇ果南さん、私、果南さんのこと…』スー…

―――
――


果南「…いやそれはまだ早くないかな!?///」ガバァ

果南「はぁ…はぁ…/// …夢、か」

果南「…ってうあああああ『まだ』ってなんだよもおおお!」ゴロゴロ

果南「善子のばか! 今日1日どんな顔して過ごせばいいんだよ…! うぅ…///」

果南「会ったら絶対ハグしてやるんだからね…///」ブツブツ


ピュアピュア果南ちゃん:おわり



60: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 09:58:33.53 ID:pBJyiH/p.net

ピュアピュア果南ちゃんかわいすぎて反則



61: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 10:47:42.77 ID:ChBSnqcy.net


この二人のコンビほんと好き



62: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 11:30:51.74 ID:BGlLoJzI.net

ピュアピュア果南ちゃんの破壊力凄まじい…


元スレ
曜「おーいってば」善子「……」ボー
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1478349578/