1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:40:15 ID:m38yEe9M


心「さとうしんことしゅがーはぁとだよぉ☆」

菜々「けんぷふァァッッー!!」(吐血

P「菜々さん!? 菜々さんしっかりしてください! 気を確かに持って!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:42:13 ID:m38yEe9M

心「あれぇ、おかしいなぁー?反応が聞こえないぞ?もう一回、アナタのはぁとをシュガシュガ――」

菜々「あめいじんぐッッ!!」(白目

P「菜々さァーんッッ!?」

P「もう止めるんだしゅがーはぁと! それ以上菜々さんを追い詰めちゃいけない!」

心「あれあれぇ? どうかされたんですかぁ安部さん? 挫けないで☆」

菜々「あ、安部さん言わないでください!あと敬語も使わなくていいですから!?」

心「あ、でもやはりそこは人生の先輩として、礼儀を欠くわけには……」

菜々「アイドル! アイドルとしての先輩、ですよね!」

菜々「ほ、ホラ。だいたい菜々は17歳ですよ、リアルJKなんですからね!」

心「…………ハッ☆」

菜々「は、鼻で笑われました!?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:46:30 ID:m38yEe9M

心「まぁ、本人がそこまで言うのなら遠慮はしないよぉ☆これからよろしくねっナナちゃん!」

菜々「は、はぁ……よろしくお願いします……ところでPさん、これはいったい……」

P「うむ、実はだな。これから二人にはユニットを組んで大々的に売り出していきたいなと思っているんだが……菜々さん、顔。あからさまに嫌そうな顔しない」

菜々「で、ですけどぉ……心ちゃんがイヤとかじゃないんですけど……」

心「しゅがーはぁと、だよ☆」

菜々「……はぁとちゃんがイヤとかじゃないんですけど、その……キャラが被っているというか……芸風が似ているというか……」

P「そこがいいんじゃないか!相乗効果だよ相乗効果!年齢もほぼ同世代だし!」

菜々「だから、菜々は永遠の17歳なんですって!!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:50:42 ID:m38yEe9M

心「ふふん☆ 少しはデキるかと思っていたけど…どうやら期待外れだったみたいだね、ナナちゃん☆」

菜々「なっ……それはどういう意味ですか、はぁとさん!?」

心「真のアイドルとは☆」

心「真のアイドルとは、己を偽らぬモノ☆ 己の心の在りようを曝け出し、なお輝けるモノ☆」

心「それこそが真のアイドル! 自身を偽る見せ掛けだけの偶像なんて、それこそ二流よ☆」

P「バスト:ぼんっ ウエスト:きゅっ ヒップ:ぼんっ♪…………」 

心「もう、プロデューサーってばぁ☆ そこは隠してるんじゃなくて、私のお茶目な部分を見せてるのー☆」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:53:34 ID:m38yEe9M

心「けど私ははっきりと宣言するね☆私の実年齢は、二十六歳!」

菜々「……そ、そんな自ら真齢を明らかにするなんて……!?」

※真齢(しんれい):アイドル界(熟)において相手に知られると致命的とも言われる真の年齢の事。
            その流出を防ぐために本来は「永遠の○○歳」「○○さんじゅうななさい」など、多様な表現を用いられる
            ミンミン書房刊【死闘!愛怒流魔星】より抜粋



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 20:58:44 ID:m38yEe9M

心「そう、アイドルとしては既に崖っぷちと言っても過言ではない年齢でしょうね」

菜々「うぐっ!?」

P「……なんで菜々さんの方がダメージ受けてるんです?」

心「そんなことは百も承知☆けどね、私はきっとトップアイドルになってみせるんだから☆」

心「そう、それが例えどんなに困難な道程だとしても……私は自分から逃げたりしない☆」

菜々「ぐはぁっーッッ!!??」

P「菜々さん!? 菜々さんしっかりー!?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:02:42 ID:m38yEe9M

心「フフ……どうやらここまでみたいだね☆ 私と対等に戦いたければ、まずは真齢を曝け出すことだね☆」

菜々「それは……それだけは、できません……」

心「ふふ……やはり、貴女は所詮その程度なのね☆」

心「ならここで私が引導を渡してアゲル☆ 喰らいなさい!」

心「シュガシュガ☆ハァトビィィィィムッッ☆」

P「な、なんだってー!? シュガーハァトのハート型に構えた両手からハート型のビームが!?」

P「菜々さん、危なァーいッッ!?」

ズガーン!!!!



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:24:51 ID:m38yEe9M

心「フッ……シュガシュガハートビームの直撃よ☆ どんな相手だって、一溜まりも…………なっ!?」

P「菜々さん!? シュガーハァトのシュガシュガハァトビームの直撃を受けた筈なのに、無傷だって!?」

心「ば、馬鹿な……ありえない……真齢を封印したままのアイドル力で私の攻撃に耐えられる筈が……ハッ!?」

菜々「ミミミン…ミミミン…ウーサミン……ミミミン…ミミミン…ウーサミン……」

心「そんなバカな……攻力2000……7000……12000……まだ高くなる!?」ピピピピ

心「攻力19000……そんな、真齢を隠したままこんなトップアイドルクラスのパワーを持ってるだなんて……キャッ!」ピピピピボンッ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:34:10 ID:m38yEe9M

菜々「私は……真齢を隠しているわけではありません」

心「それこそ信じられない☆じゃあ貴女は……真の17歳だって言うの!?」

菜々「いいえ、菜々は永遠の17歳……それは変わりません」

心「なら……なんでっ!?」

菜々「その答えをハァトちゃんは既に知っている筈です……」

心「私……が……?」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:35:45 ID:m38yEe9M

菜々「そう、貴女は言いました。――スリーサイズを隠しているわけじゃない、それもまた己自身だと」

心「……ッッ!?」

菜々「そう、私にとって永遠の17歳であることが偽らざる自分自身……これが歌って踊れるスーパーアイドル、ナナの真の姿なんです!」

心「……そう、そんな答えもあったんだね……でも、私は負けない☆真齢を明かした私にもう後戻りは許されないんだから☆」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:38:04 ID:m38yEe9M

心「いくわよナナちゃん☆シュガシュガ☆ハァトビィィィィムッッ☆」

菜々「受けて経ちます! ウサミンラブリーウィーンク! キャハ☆」

P「菜々さんのウインク(古い)から放たれた星型のビームがシュガシュガハァトビームと拮抗しているゥー!?」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:40:33 ID:m38yEe9M

心「スゥイーティー♪ハイッ☆ スゥイーティー♪ハイッ☆」

菜々「ミミミンミミミンウーサミン!! ミミミンミミミンウーサミン!!」

P「二人のアイドル力……略してID(イデ)が相乗効果でどんどん高まっていく!? このままじゃあ!?」

その時、IDは発動した



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 21:42:29 ID:m38yEe9M

!!次回予告!!

突如として現れた第三のアイドル!川島瑞樹!!
互いに反目しあう二人のアイドルの前に現れた彼女の真の目的は!?
やめて! アラサーの特殊能力で、アンチエイジングをしなければ、
闇のゲーム(徹夜明け)でお肌が荒れちゃってるアイドルの精神までエイジングしちゃう!
お願い、誕生日が来ないで! 今ココで一年が経過しちゃったら、ナナベベさんの立場はどうなっちゃうの?
ツヤとハリはまだ残ってる。これを耐えれば、結婚適齢期に勝てるんだから!
次回、「プロデューサー死す」。マッチフェススタンバイ!


元スレ
SS深夜VIP:心「アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1392982815/