1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:08:00.08 ID:jECrSJNG0

鈴「約束まで取り付けはしても急用でキャンセルばっかなのよねぇ」

鈴「でも今度こそ、絶対にデートしてみせるんだから!」

鈴「誘う前にある程度プランを立ててからにしよっと」

鈴「えっと、>>5とか>>7とか>>9とかどうかしら?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:13:59.17 ID:MF5XnYCH0

駅前の漫画喫茶



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:15:21.27 ID:LGdKmnEY0

青姦



8: 銀myLOVE ◆YINbe/LOVE 2012/06/14(木) 22:15:36.02 ID:exmqJNRT0 BE:1002960353-2BP(2000)

混浴温泉



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:21:12.53 ID:jECrSJNG0

鈴「駅前の漫画喫茶か、たまにはのんびり過ごすのもありね」

鈴「それに二人きりになるには案外よさそうよね。静かにしてなきゃだけど」

鈴「あとは……青姦? って何考えてんのよあたしはあああっ!!」

鈴「そういうのは無し無し! 脈絡もなくなんてことを誘うつもりよ!」

鈴「それと、混浴温泉? 温泉はいいけど……混浴かぁ」

鈴「まあいいわ、青姦よりも全然健全よ。水着ありのとこ探してみよっと」

鈴「こんなとこね。早速一夏を誘うわよ!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:27:44.60 ID:jECrSJNG0

鈴「一夏、いるー?」バンッ

一夏「うわっ! いるか聞くなら開けずにノックしろよ!」

鈴「いつものことじゃない。それよりさ、今度の日曜日って空いてる?」

一夏「んー、まあ暇だった気がするけど」

鈴「そ、じゃああたしと遊びにいかない?」

一夏「別にいいぜ。どうせならみんなm」

鈴「あー待った待った、二人で行くの! ふたりで!」

一夏「お、おう……それでもいいけど、どこに遊びに行くんだ?」

鈴「えっと……駅前の漫画喫茶か混浴温泉あたりを考えてたんだけど、どう?」

一夏「そうだなぁ、>>19



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:29:54.01 ID:m2BgV8HG0

お前と二人きりならいいよ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:36:41.82 ID:jECrSJNG0

一夏「お前と二人きりならいいよ。どこだってさ」

鈴「!? な、何言ってんのよ! 変なこと言ってんじゃないわよバカ!」

鈴(ってバカはあたしだあああ!! そんなこと言われるなんて思わなかったわよ!)

一夏「変なこと言ったつもりはないんだけどな。鈴が決めてくれていいよ」

鈴「……そ、そう? じゃあ、決めておくから、うん。……それじゃっ!」ダッ

一夏「あ、おい! もう行っちまった。お茶でも出そうかと思ったのに」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:43:58.86 ID:jECrSJNG0

鈴「はぁ、逃げるように出てきちゃった」

鈴「でも今度こそデートに行けるのよね! このチャンスをものにしないと!」

鈴「……二人きりならどこでもいい、かぁ。ふふん♪」

鈴「漫画喫茶と温泉、探しておかないとね! 日帰りの範囲内で混浴かつ水着ありの条件、厳しそうね」

鈴「都合よく見つかるかもしれないし、ネットで検索してみよっと」

鈴「どっちも行けるか、片方だけか。どうなるかしらね」



>>37
(最終的なデートプランは?)

①駅前の漫画喫茶
②混浴温泉
③どっちもいけそう



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:45:34.18 ID:RC/5C/VB0





43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:51:42.27 ID:jECrSJNG0

鈴「駅前の漫画喫茶に決定! 混浴はさすがにここからじゃ厳しかったわね」

鈴「べ、別に混浴したかったわけじゃないわよ? 一夏がしたいっていうなら……」ゴニョゴニョ

鈴「とにかく、のんびり過ごすって決めたんだから、たまには労ってやらないとね!」

鈴「あとでメールでもして一夏に知らせておかなきゃ」

鈴「……はぁ」

鈴「日曜日、楽しみだなぁ」



48: >>42いや、無理じゃね? 2012/06/14(木) 23:00:37.73 ID:jECrSJNG0

――日曜日

鈴「待ち合わせ場所はIS学園前、のはずだけど」

一夏「よっ、来たな。まだ時間じゃねーけど早いんだな」

鈴「そ、そっちこそ早いじゃない? 女の子を待たせないなんて、いい心がけね?」

一夏「このくらいは普通だよ。それより駅前の漫画喫茶でいいんだよな。行こうぜ」

鈴「そうね、行きましょっか」

鈴(誰かにデートしてるとこ見られたらいやだしね!)

一夏「二人きりで遊ぶのって久し振りだなぁ。いつ振りだっけ」

鈴「さ、さあ? あたしがIS学園に来てからではないわよね」

一夏「いつも専用機持ちで固まってるしな。二人きりになるの自体が珍しいのか」

鈴(そうよね、今は二人きりだし積極的にいってみようかしら?)


>>53
①手を繋いでみる
②腕にくっついてみる
③やめとく



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:03:40.54 ID:yLhCZknm0

圧倒的2だが俺は1



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:12:46.25 ID:jECrSJNG0

鈴「い、一夏? たまには手を繋いでみてもいい……かなー、なんて」

一夏「ん? 手ぐらい繋いでもいいけど、どうしたんだ?」

鈴「ど、どうしたって、なにが?」

一夏「鈴のことだし、何も言わずにひっついてきても驚きはしないけどさ、むしろ今驚いた」

鈴「……なによー、いつもは馴れ馴れしいって言いたいの?」

一夏「そうじゃねーよ。なんか違和感っていうか、雰囲気が違うっていうか」

鈴「どっちでもいいでしょ! ほらっ、早く手を出しなさいよ!」

一夏「そうそう、鈴はいつもそんな感じだよな。ほいっ」ギュッ

鈴「……」

一夏「なんでそこで黙るんだよ。大丈夫か?」

鈴「なんでもないわよ! いちいち突っ込まなくていいの!」

鈴(……一夏の手って、結構大きいのね。少しは男の子っぽくなったじゃない)



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:21:53.89 ID:jECrSJNG0

――駅前

一夏「漫画喫茶ってどの辺にあるんだっけ?」

鈴「あー、こっち。すぐ着くわよ」

鈴(今のあたしたちって、恋人同士とかに見えてるのかしら?)

鈴(あれからずっと手を繋いでるし、見えなくもない、はず)

鈴「~♪」

一夏「えらくご機嫌だな、鈴」

鈴「ま、まあね。えっと、ほら、天気も良いことだし?」

一夏「それもそうだな。でも鈴の割りにインドアだよな、漫画喫茶って」

鈴「たまにはね。一夏も休みの日まで身体動かしてたら、いつか倒れちゃいそうだし」

一夏「鈴……よくわかったな、最近ますます訓練尽くしで俺が疲れ気味だってこと」

鈴「え? あ、えと、当たり前でしょ! 幼馴染なんだから!」

鈴(あれっ、結構いい雰囲気だったり? よ、よし! このまま頑張るわよ!)



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:30:39.47 ID:jECrSJNG0

――漫画喫茶、店内

一夏「へー、ペアシートっていっても結構広いなここ」

鈴「ゆったりくつろいで読めるわね。結構快適じゃない」

一夏「鈴はこういうとこよく来たりするのか?」

鈴「全然、今日は偶然そんな気分になったのよ。それより飲み物持ってきてあげよっか」

一夏「お、悪いな。同じやつでいいから適当に俺の分も頼むよ」

鈴「りょーかい。それじゃ一夏は読みたい本選んできたら?」

一夏「そうするよ。何読もっかなぁ」

鈴(あたしもさっさと飲み物取ってきて、面白そうな本探してみよっと)



一夏が持ってきた漫画 >>64
鈴が持ってきた漫画>>68



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:33:20.07 ID:m2BgV8HG0

最終兵器彼女



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:37:03.73 ID:MF5XnYCH0

LIAR GAME



72: >>70それ面白いよな 2012/06/14(木) 23:44:39.98 ID:jECrSJNG0

鈴「一夏は何読んでるの?」

一夏「最終兵器彼女。たまに読み返したくなるんだよな」

鈴「ふーん。物騒なタイトルの漫画ね。ミリタリー? 恋愛物?」

一夏「どっちもだな。タイトル通り、彼女が最終兵器になって戦うハメになるんだ」

鈴「……なかなかシュールね」

一夏「まあ、設定がぶっ飛んでるところはあるんだけどさ。中身はかなりシリアスだぞ?」

鈴「そうなの? 兵器っていったらあたしも専用機持ちだし、いつでも兵器になれるわね」

一夏「……そうか、案外この漫画って未来を予知して描かれたんじゃ」

鈴「ないわよ。ISもぶっ飛んでるといえばぶっ飛んでるけどさ」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 23:52:03.08 ID:jECrSJNG0

一夏「鈴は何を持ってきたんだ?」

鈴「LIAR GAME。戸田恵梨香ね」

一夏「戸田恵梨香は降ろされたみたいだぞ、続編の映画ではな」

鈴「えっ、そうなの?」

一夏「現場の空気をよく乱してるらしいしな。そりゃそうもなるさ」

鈴「ふーん。まあどうでもいいけど、原作読んでみたかったのよね」

一夏「意外だな。鈴はスポ根漫画とか好きそうだけど」

鈴「いいのよ、たまにはね。時間もたっぷりあるしいろいろ読んでみるつもり」

一夏「なるほど。俺もいろいろ読むとするか」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:01:23.72 ID:EVQLnYwW0

一夏「……」ペラッ

鈴「……」

鈴(夢中になって読んでるわね。あたしも後で読んでみようかしら? 最終兵器彼女だっけ)

一夏「……」スッ

鈴(あ、飲み物口にした。喉はちゃんと渇くのね)

鈴(あたしも飲もうかな。飲み放題っていろんなの飲まないと損する気になるし)

鈴(あたしの紙コップ……あれ? 空っぽだ)

一夏「……」ペラッ

鈴(ま、まさか……一夏が飲んじゃった? 同じやつでいいっていうから、紛れちゃったじゃない!)

鈴(……ここで自分の分を新しく持ってきたら変よね。どうしよう?)


>>85
①一夏の分を飲んで二人分を新しく持ってくる
②正直に一夏がコップを間違って飲んだことを伝える
③気付くまで待ってみる



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:03:48.71 ID:Rtp+7Gig0

1



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:11:46.27 ID:EVQLnYwW0

鈴(しょ、しょうがないわね。一夏があたしの分飲んじゃったんだもん)

鈴(あたしが一夏の分飲んじゃえば、おあいこよね?)

鈴「……」スッ

鈴(一夏と……間接キス……)

鈴(……………………) コクン

一夏「……お、そろそろ飲み物なくなったか。今度は俺が取ってくr」

鈴「――っ!! げほっ、ごほっ!」

一夏「だ、大丈夫か? そんなに慌てて飲まなくても」

鈴「あ、慌ててなんかないわよ! もう……けほっ、けほ」

一夏「落ち着いたか? それより、リクエストがあるならそれ持ってくるけど」

鈴「んー、特に無いわね。だから、その……同じやつでいいわよ」

一夏「了解。行ってくる」

鈴(まったく、空気読めないんだから……)



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:17:04.93 ID:EVQLnYwW0

鈴「……」ペラッ

一夏「……」ペラッ

鈴(そろそろ違う本読んでみようかな。一夏もいろいろ読んでるみたいだし)

鈴(あたしがスポ根読むの似合うっていうけど、一夏の中のあたしってどういうイメージなんだろう?)

鈴(あたしがコッテコテの少女漫画とか持ってきたら、笑われたりするのかな)

鈴(……試してみるか)



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:19:42.75 ID:EVQLnYwW0

一夏「……」ペラッ

鈴「ね、ねぇ一夏。この漫画知ってる?」

一夏「ん? ……あー、何だっけそれ」

鈴「花ざかりの君たちへ。これもドラマ化してたわね、全然ノリが違ったけど」

一夏「ふーん。それにしても、鈴が少女漫画か」

鈴「……なによ、そんなにおかしい?」

一夏「>>94



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:26:47.07 ID:dRHFcNOF0

似合わないな



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:38:00.53 ID:EVQLnYwW0

一夏「似合わないな。イメージじゃない」

鈴「……そう」

鈴(なによ、はっきりと言ってくれるじゃない。……なんかイライラするわね)

一夏「たしかその話の主人公って、男装した女の子が男子校に入学するんだよな」

鈴「そうだけど、それが?」

一夏「思い出したんだよ。だとしたら、その主人公はどっちかっていうとシャルっぽいなって」

鈴「はぁ?」

一夏「鈴っぽい主人公の漫画もありそうなもんだけど、それではないなって思っただけだ」

鈴「……ふーん? なによ、最初からそう言えばいいのに」

一夏「ん?」

鈴「なんでもない!」



101: 少々強引過ぎたか 2012/06/15(金) 00:47:55.45 ID:EVQLnYwW0

一夏「――そろそろ時間か。鈴、店を出る準備しようぜ」

鈴「もうそんな時間? ほんとだ、漫画読んでるとあっという間ね」

一夏「俺がコップ捨てておくから」

鈴「あたしがコップ捨ててくるわね」

 ピタッ

鈴「!?」サッ

一夏「おっと」

鈴(て、手が触れて……! い、いまさら何動揺してんのよあたし、ここまで手を繋いできたのよ!?)

一夏「じゃあ俺が捨ててくるから、読んでる本戻してこいよ」

鈴「あ、うん。そっちは頼んだわね」

鈴(少しは顔色変えなさいよ、もう……!)



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:52:01.28 ID:EVQLnYwW0

一夏「暗くなる前に帰れそうだ。いい気分転換になったぜ」

鈴「そう? よかったじゃない。明日からまたビシバシ鍛えてあげるからね、覚悟してなさいよ?」

一夏「ははっ、お手柔らかにな。……そうだ」

鈴「?」

一夏「手、繋ぐか? ここに来る時もそうだったし」

鈴「え? ……えーっと」

鈴「>>107



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 00:56:32.04 ID:CQe949jS0

ここここここk恋人繋ぎじゃだだだ駄目かなな?



110: >>109まったくだ 2012/06/15(金) 01:05:16.33 ID:EVQLnYwW0

鈴「ここここここk恋人繋ぎじゃだだだ駄目かなな?」

一夏「恋人繋ぎ? あー、あんな感じ?」

鈴「あんなって……あー、うん」

鈴(いいなぁ、あんなカップルになってみたい。あたしもいつか、一夏と……) ギュッ

一夏「これでいいか?」

鈴「」

一夏「鈴?」

鈴「――う、うん。それじゃ、帰るわよ? ついて来なさい?」

一夏「……おい、鈴。そっちじゃないぞ、おいってば、鈴。鈴?」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:19:45.05 ID:EVQLnYwW0

鈴「……あれっ、もうIS学園?」

一夏「お前ずっと上の空だったよな」

鈴「そ、そんなことないわよ!」

一夏「どうだかな。それより、今日は楽しかったよ」

鈴「べ、別にあたしは何もしてないけどね。一緒に漫画読んでただけだし」

一夏「それでもだよ。鈴だったから気兼ねなく漫画読んでいられたし」

鈴「どういう意味? あたしなんか蔑ろにしてもいいって聞こえるけど」

一夏「違うって。一緒にいるだけでも十分っていうかさ」

一夏「二人きりで会話もなく別なことしてても、自然でいられる。気疲れしないって意味だよ」

鈴「……あ、あたしも、そんな感じ。その、一緒にいるだけでも、楽しかったわよ?」

一夏「そりゃよかった。なあ、また今度どこかに遊びに行こうぜ。二人きりで」

鈴「ふ、二人? い、いいいいけど、今度は別なところね。いろんなとこに行ってみたい、し」

鈴(二人きりってどういう意味か、一夏はちゃんとわかってるのかしら?)

鈴(まったく、あたしばかり意識しちゃってたら、カップルになんか見えないわよね)

鈴(……今度デートする時は、絶対に一夏から誘ってもらうんだから! 待ってるからね、一夏!)



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:21:07.09 ID:EVQLnYwW0

終わりです。山もなく谷間もなかったけどいいよね



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/15(金) 01:51:35.57 ID:R7ztg8xL0

激しく乙
鈴の可愛さが溢れてた


元スレ
鈴「一夏をデートに誘うわよ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339679280/