144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 12:41:34.38 ID:QCw1bIXP0

鈴「ね、ねぇ一夏? 私なんかと結婚して……本当に後悔してない?」

一夏「どうしたんだ? 突然」

鈴「い、いいから答えなさいよ」

一夏「後悔なんてするわけないだろ。鈴はその……俺にはもったいないと思うぐらいだし」

鈴「わ、わかってるならいいわ。そうよ、そう。私が結婚してあげたんだから感謝しなさいよね」

一夏「はは、わかってるよ。ありがとう、鈴」

鈴「ふ、ふん」

一夏「じゃあ、仕事行ってくるな」

鈴「え? もう?」

一夏「もうって、いつもより遅いぐらいだぞ」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 12:42:39.99 ID:QCw1bIXP0

鈴「で、でも」

一夏「……? どうしたんだ」

鈴「べ、別に。次からはもっと早く起きなさいよね。朝食とか準備してるのこっちなんだから」

一夏「でも洗濯とかしてるの俺だぞ」

鈴「朝食の方が大変なの! 色々準備しなきゃならないんだから。酢豚とか」

一夏「……前から言おうと思ってたけど朝から酢豚ってのは」

鈴「何? 文句あるの?」

一夏「い、いや。じゃあそろそろ行くな」

鈴「ま、待って!」

一夏「今度は何だよ」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 12:44:16.59 ID:QCw1bIXP0

鈴「え、えーっと。その……あのさ」

一夏「うん?」

鈴「昨日……」

一夏「って、やばい! もう完全に遅刻だ!」

鈴「え!?」

一夏「悪い。帰ったら聞かせてくれよ。じゃあ行ってきまーす」

鈴「あ、ちょっと!」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 12:45:15.17 ID:QCw1bIXP0

鈴「……行っちゃった」



鈴「ねえ、一夏。本当に私なんかと結婚して後悔してない?」



鈴「後悔してないんだったら……昨日、誰と一緒にいたの?」



鈴「……一夏。寂しいよ」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 12:56:52.15 ID:QCw1bIXP0




千冬「首だ」

一夏「え?」

千冬「聞こえなかったか? 首だといったんだ。解雇だ」

一夏「そんな……待ってくれよ千冬姉」

千冬「織斑理事長」

一夏「お、織斑理事長、首だけは勘弁してください」

千冬「勘弁してくださいだと? どこの世界の教師が遅刻しそうだからといってISで飛んでくるやつがいるんだ。それで生徒に示しがつくと思ってるのか?」

一夏「う」

千冬「それに織斑教員。聞くところによると昨日ISによる訓練のために着替えていた更衣室に乱入したと聞くが?」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:04:15.30 ID:QCw1bIXP0

一夏「あ、あれは違うって! 授業の教室を間違えただけで」

千冬「ほう? もう1年になるのに教室を間違えたというのか?」

一夏「いや、その休み時間に話し込んじゃって授業に遅刻しそうだったから慌ててたんだ」

千冬「で、間違えたと?」

一夏「ああ……いや、はい」

千冬「そんな言い訳が通ると思ってるのか。大体、休み時間に休みすぎて授業に遅刻なんてそれこそ問題だ」

一夏「それはシャルが」

千冬「シャル? デュノア教員が遅刻したなんてことは聞いていないぞ」

一夏「だってシャルの教室は目の前だったから」

千冬「デュノア教員はいるか? ちょっと来い」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:12:41.74 ID:QCw1bIXP0

シャル「なんでしょうか理事長」

千冬「昨日、織斑教員と何か話していたそうだな」

シャル「え、あ、はい」

千冬「何を話していた? そのせいで遅刻したそうだ。内容如何によっては首にしようと思っているんだが」

シャル「……すみません理事長。一夏……コホン、織斑教員に私が無理を言って色々と学園のことを教えてもらっていたんです。まだ僕……私は若輩者ですから」

千冬「あなたもここの卒業生だろう。何を教えてもらうことがある」

シャル「申し訳ありません。生徒のときには考えなかった教師としての心構えなどについて心配になったものですから」

一夏「ほら、シャルって恥ずかしがるところあるからさ。教師として」

千冬「お前は黙ってろ」

一夏「……はい」



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:20:39.86 ID:QCw1bIXP0

千冬「……まあいい。だが、次が最後だ。次に遅刻しそうだなどという理由でISを使ったら問答無用で首にする」

一夏「つ、次ってことは今回は大目に見てくれるってこと? ……ですか?」

千冬「ああ。学校終了後にデュノア教員の雑務をすべてお前が片付け、その上でグラウンドを50週する程度で許してやる」

一夏「な!? なんでシャルの分まで俺が?」

千冬「文句あるのか? それならここの職場からはさよならということになるが」

一夏「……何もありません」

シャル「それでは私はこれで」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:31:08.35 ID:QCw1bIXP0




シャル「災難だったね」

一夏「本当だよ。雑務にグラウンド50週なんて」

シャル「まあまあ。僕も手伝ってあげるからさ。それに今日の僕の雑務なんてそうたいした量じゃないよ」

一夏「そうか、助かったよ」

シャル「きっとわかってていったと思うよ理事長は。今日一夏が来る前に僕に仕事のことで話てたからね」

一夏「たまたまだろ? じゃなきゃ首だなんて普通言わないぜ」

シャル「首になんてするわけなかったと思うよ」

一夏「いや、千冬姉ならやりかねない」



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:37:51.99 ID:QCw1bIXP0

シャル「最初は遅刻したから首にするって言ってたのに、僕の理由の内容を聞いてから首にする、最後には次遅刻にISを使ったら首にするって言ってたよね?」

一夏「ああ」

シャル「それってまた遅刻してもISを使わない限り首にはしないって僕には聞こえたけどな」

一夏「……うーん、それもたまたまだろ?」

シャル「もう、相変わらず鈍いんだから」

一夏「シャルは鋭すぎるんだよ」

シャル「そんなわけないよ。卒業まで皆の好意に気づかなかったくせに」

一夏「あれは、その。普通気づかないって」

シャル「卒業の二日前にセシリアと僕。前日にはラウラと箒だっけ?」

一夏「ま、まあいいじゃないか。その話は」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:43:15.26 ID:QCw1bIXP0

シャル「えー? 僕は生徒に話したいぐらいだけどなあ。織斑先生は代表候補生に告白されまくりのモテまくりでしたって」

一夏「勘弁してくれよ。ただでさえ……」

シャル「ただでさえ?」

一夏「……あー、いやなんでもない」

シャル「……」

一夏「……」

シャル「もしかして……生徒に告白でもされた?」

一夏「そんな! そんなわけ、ないだろ!」

シャル「……わっかりやすいなあ」

一夏「ち、違うって! 別に何もないからな!」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:55:31.15 ID:QCw1bIXP0

シャル「……」

一夏「本当だって! 確かに、その、こここ」

シャル「告白?」

一夏「そう……まあされたけど、ちゃんと断ってるし」

シャル「なんて断ってるの?」

一夏「え?」

シャル「何て言って断ってるの? まさか教師と生徒だからダメなんて希望を持たせる断り方してるんじゃない?」

一夏「……ダメなのか?」

シャル「はー……ねえ一夏。じゃあ教師と生徒じゃなくなったらいいの? もしその子がこの学園を辞めてまた告白してきたらどうする?」

一夏「そこまでしてくる女の子なんていないって。教師に惚れるなんて一過性のものだろ。ただの憧れだよ」

シャル「ひどいこと言うなあ」



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 13:59:01.54 ID:QCw1bIXP0

一夏「千冬姉はそうやって断ってたらしいぞ」

シャル「……まあ理事長女の子からも人気あったもんね。でも、そうか。だから憧れだって思ってるんだ」

一夏「どっちにしても俺には鈴がいるからな」

シャル「……」

一夏「さ、もうすぐ教室だ。それじゃあシャル。またな」

シャル「一夏」

一夏「うん?」

シャル「あんまり、女の子の……女のことなめない方がいいかもしれないよ?」

一夏「千冬姉見てるからな。なめるわけないさ」

シャル「どっちにしても気をつけたほうがいいよ。ただでさえ勘違いされやすいことばかりしてるんだから。一夏は」

一夏「わかってる、了解。じゃな」

シャル「……わかってないよ。今も気づいてないじゃない」



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:06:44.72 ID:QCw1bIXP0




一夏「もしもし、鈴か?」

鈴「おっそい! あんたまだ帰らないの!?」

一夏「帰らないんじゃなくて帰れないの。千冬姉に仕事頼まれちゃってさ」

鈴「じゃあさっさと終わらせて帰ってきなさい」

一夏「いや、終わったらグラウンドを50週しなきゃならないんだ」

鈴「はあ!? なに生徒みたいなことさせられてるのよ。あんた教師になったんじゃなかったの?」

一夏「そうなんだけど。ほら、朝遅刻したから」

鈴「あ……」

一夏「な? だから仕方ないんだって」

鈴「……」



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:11:29.38 ID:QCw1bIXP0

一夏「じゃあ切るな。もしあんまり遅いようだったら夕飯先に食べててくれよな」

鈴「家庭崩壊の音が聞こえてくるわね」

一夏「え?」

鈴「妻に一人で先に夕飯を食べさせる。夫はいつまでも帰ってこない。そう、最初は些細なことだった。気づいたときにはもう取り返しがつかないところにまで……」

一夏「な、なんだそれ」

鈴「そう相場が決まってるのよ!」

一夏「そんなこと言われても」

鈴「まあ昼にやってたドラマの受け売りなんだけどね」

一夏「ドラマって。鈴もそんなの見るんだな」

鈴「あんた私をどういう風に見てんのよ」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:16:52.19 ID:QCw1bIXP0

一夏「いやあんまりそういうイメージないからさ」

鈴「まあ……あんたが学校に言ってる間、暇だからね」

一夏「……そうか」

鈴「べ、別に寂しくなんかないわよ!?」

一夏「別に何も言ってないけど」

鈴「そ、そう」

一夏「……何なら学園来るか?」

鈴「え?」

一夏「そうしたらグラウンドで走ってる俺を見られると思うし、一緒にいられるだろ」

鈴「い、一緒にって寂しいなんて私言ってないって言ってるじゃない」



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:23:18.49 ID:QCw1bIXP0

一夏「そういうつもりはなかったんだけど。でも鈴も久しぶりに学園に来てみたくないか? 千冬姉もいるしさ」

鈴「千冬さん……結婚式のあの顔が忘れられない……」

一夏「なに?」

鈴「あんたは知らないでしょうけど、結婚式のときものすっごい悲しそうな嬉しそうな顔しててすごく気まずかったのよね」

一夏「そ、そっか。まあ無理に合う必要はないけどさ」

鈴「というか、結婚式以来ずっと千冬さんと話してないわ」

一夏「……ほ、ほら。シャルもいるぞ!」

鈴「シャルロット?」

一夏「ああ、ほら言わなかったか? 一ヶ月前に赴任してきたんだ。今じゃ同僚だぜ」

鈴「……あ」



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:28:07.46 ID:QCw1bIXP0

一夏「あ?」

鈴「あんたそんな大事なこと黙ってんじゃないわよ!」

一夏「おい大声出しすぎだ。耳が痛い」

鈴「シャルロット!? どうして、なんでIS学園にいるの!?」

一夏「落ち着けって。久しぶりに会えるだろうからうれしいのはわかるけどさ」

鈴「嬉しいわけないでしょ!」

一夏「じゃあどうしたんだ?」

鈴「どうしたって、あー、もう!」

一夏「落ち着けって鈴」

鈴「……順を追って話しなさい。なんでシャルロットがいるの?



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:34:48.68 ID:QCw1bIXP0

一夏「だから一ヶ月前に赴任してきたの。教師として」

鈴「何で?」

一夏「何でって……そこまでは知らないけど、普通に教師になったから赴任してきたんじゃないか? シャルは代表候補生だったし、IS学園にも適してるだろ」

鈴「そうじゃなくてさー、あーイライラする!」

一夏「じゃあシャルに直接聞いてみたらどうだ? 今呼ぶからさ」

鈴「あ、え? ちょっと」



一夏「シャル、ちょっといいか? これ電話。鈴からなんだけど」

シャル「僕に?」

一夏「なんでIS学園にいるんだーって」

シャル「……ああ、なるほど」

一夏「久しぶりだし、話してくれないか」

シャル「……うん、いいよ。僕も話したかったんだ」

一夏「じゃあ俺、向こうに行ってるから終わったら言ってくれ」



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:39:06.68 ID:QCw1bIXP0

シャル「……もしもし鈴?」

鈴「……」

シャル「おーい、聞こえてるよね?」

鈴「何か用?」

シャル「鈴が呼んだんじゃない」

鈴「別に呼んでないわよ。一夏が勝手に」

シャル「あ、そうなんだ」

鈴「そうよ。だから一夏に代わって。まだ話してる途中なんだから」

シャル「……」

鈴「何してるのよ。早く一夏に代わりなさいよ」

シャル「鈴って……いつ一夏に告白したの?」



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:48:25.64 ID:QCw1bIXP0

鈴「は、はあ!?」

シャル「ほら、卒業の時いつものメンバーが一夏に告白したよね? セシリアと僕が二日前。前日にラウラと箒。鈴はいつしたのかなと思って」

鈴「そ、そんなのあんたに関係ないでしょ!」

シャル「気になったからね」

鈴「なんで気になるのよ」

シャル「うーん、言っちゃったら怒らない?」

鈴「怒る?」

シャル「まあいいや。私ね、5人の中じゃ鈴だけは一夏と一緒にならないだろうと思ってたからびっくりしたんだ」

鈴「……何ですって?」



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:49:24.46 ID:QCw1bIXP0

シャル「あ、ごめん」

鈴「……」

シャル「……」

鈴「あんたなんでIS学園にいるのよ。フランスの実家は?」

シャル「実家のこと……」

鈴「質問に答えたらどうなの? なんで教師になったんだって聞いてるんだけど」

シャル「一夏に会いたかったから」

鈴「!?」

シャル「なんて」

鈴「あんた」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 14:56:35.98 ID:QCw1bIXP0

シャル「一夏は同僚の先輩だよ。とっても大切な」

鈴「……一夏に近寄るな」

シャル「ごめんね仕事だから近寄るだけじゃじゃなくてそばにいることもあるんだ」

鈴「やめなさいよ!」

シャル「聞いてなかったの? し・ご・となの」

鈴「……あんたもしかして昨日も一夏と一緒にいたんじゃないでしょうね?」

シャル「よくわかったね? 一夏から聞いたのかな」

鈴「……」

シャル「大丈夫大丈夫、何もなかったからさ。昨日は」

鈴「あんたみたいなのをなんていうか知ってる?」

シャル「なに?」

鈴「負け犬っていうのよ。振られたくせにいつまでもみっともない。だから妾にしかさせてもらえなかったのよ



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 15:06:40.84 ID:QCw1bIXP0

シャル「……すごいこと、言うんだね」

鈴「妾の子が私に話しかけてんじゃないわよ。一夏にさっさと代わりなさい」

シャル「そんなこといっていいの? 私が――」

鈴「気にしない。所詮、選ばれなかった女のいうことだから」

シャル「……後悔することに、なるからね」

鈴「シャルロット。あんた『僕』って言わなくなったのね。それとも一夏の前ではまだそうなの」

シャル「……」

鈴「だからあなたはダメだったんじゃない?」

シャル「うるさいな。家で待ってるだけのくせに」

鈴「……もう話すことはないわ」

シャル「そう。今日は一夏は帰らないかもしれないから」

鈴「そうね。そうなるといいわね」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 15:26:23.99 ID:QCw1bIXP0




一夏「つ、疲れた」

シャル「お疲れ様、はいタオル」

一夏「おお、ありがとうシャル」

シャル「飲み物はいる?」

一夏「頼む」

シャル「はい」

一夏「はー、生き返る」

シャル「もう遅くなっちゃったね」



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 15:30:50.95 ID:QCw1bIXP0

一夏「そうだなグラウンド50週なんてここの生徒だったとき以来だよ」

シャル「でもいろんな子が応援してくれてたじゃない」

一夏「恥ずかしいかったけど」

シャル「ふふ、人気者だなぁ一夏は」

一夏「からかうなよ」

シャル「からかってないよ。本当のことだし」

一夏「もういいって。それより早く帰らないと」

シャル「鈴が心配する?」

一夏「心配というか怒られるな」

シャル「鈴ってどういう奥さん?」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 15:36:44.43 ID:QCw1bIXP0

一夏「いきなりだな……どうしたんだ?」

シャル「さっき鈴と話してて懐かしくなっちゃって。なんだか信じられなくてさ。あの鈴が奥さんだなんて」

一夏「まあ、俺も信じられなくなるときはあるよ」

シャル「家でも素直じゃないの?」

一夏「よく突っかかってくるな」

シャル「うわー、想像で着ちゃうところが凄い。あんた私の酢豚が食べられないっていうの! ……見たいな感じ?」

一夏「似てる似てる」

シャル「でも……素直じゃないところも含めて鈴が好きなんだもんね?」

一夏「あー……ま、まあ」

シャル「照れちゃって」




182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 15:46:00.31 ID:QCw1bIXP0

一夏「照れてない」

シャル「かーわいい……でも、ちょっと羨ましいよ」

一夏「シャル?」

シャル「ほら、まだ僕独身だからさ。いつかは誰かと一緒になりたいなって思うときあるんだ」

一夏「そっか……すぐにいいやつが見つかるさ。シャルなら」

シャル「だといいなあ」

一夏「そうだって。こんなに美人で可愛くて、性格も完璧な女の子シャル以外に会ったこと無い」

シャル「それは美化しすぎだよ」

一夏「いやいやそんなことないぞ。シャルがこの学園に転向してきてくれてどれだけ助かったか」




185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 15:54:46.31 ID:QCw1bIXP0

シャル「……」

一夏「何ならいいやつ紹介してやろうか? ダンって言って俺の昔からの知り合いなんだけど」

シャル「一夏」

一夏「お、シャルも興味出てきたか?」

シャル「そうじゃなくて……昔さ」

一夏「昔?」

シャル「あの時……全部完璧だと思ってたならどうして」

一夏「ん?」

シャル「ううん。なんでもない」

一夏「そうか?」



186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 16:01:39.14 ID:QCw1bIXP0

シャル「ねえ、今から何か食べに行かない?」

一夏「おおいいな。って言いたいけど、鈴に殺されちまう」

シャル「鈴も呼べばいいのに」

一夏「もうご飯作ってるだろうからさ。また今度行こうぜ」

シャル「そんなこと言っていいの? 社交辞令なんて言わせないよ?」

一夏「言わないって」

シャル「じゃあさ、明後日仕事終わったら二人で食べに行かない?」

一夏「二人? せっかくだから鈴も呼ぼうぜ」

シャル「だーめ。いいじゃないたまにはさ。それに僕なら鈴だって知り合いだから安心するでしょ?」

一夏「うーん……そうだなあ。でも鈴に聞いてみないことには」



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 16:04:15.30 ID:QCw1bIXP0

シャル「……ひどいよ一夏。走り終わるまでずっと待ってたのに……うう」

一夏「わ、わかったって。鈴にはなんとか許可をもらっとくよ」

シャル「ふふ、ありがとう」

一夏「でも、なんで明後日なんだ?」

シャル「……一夏、本気で言ってる?」

一夏「え?」

シャル「明日はクラス代表のトーナメントがあるじゃない。教師は生徒みたいにただトーナメントに出場したり観戦したりするだけじゃだめなんだよ?」

一夏「……そーいや、明日だっけ」

シャル「……今日の授業でもいってなかったっけ? 大丈夫なの一夏、そんな調子で」

一夏「たぶんな」

シャル「……とにかく。明後日の食事忘れないでよね? 二人っきりで行くんだからね?」



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:00:55.56 ID:QCw1bIXP0




鈴「一夏」

一夏「……う」

鈴「一夏!」

一夏「……んー」

鈴「一夏! 朝よ! 起きなさい!」

一夏「うわあ!

鈴「ったく、早く起きなさいよね。もう朝食できてるわよ」

一夏「……もっと優しく起こしてくれよ。布団を剥ぎ取らずにさ」




206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:01:19.67 ID:QCw1bIXP0

鈴「そんなことより! 今日クラス代表戦じゃないの?」

一夏「あー……あ! そうだ! 今何時?」

鈴「まだいつもよりは一時間早いわよ」

一夏「そっか。よかったー……ってよく知ってたな代表戦だって」

鈴「ふふん」

一夏「何だその笑い」

鈴「べーつにー」

一夏「嫌な予感がする」

鈴「失礼ね。それよりさっさとご飯食べちゃってよ。片付かないじゃない」

一夏「今日は……あれ? 焼き魚にご飯に……どうしたんだ! 鈴、熱でもあるのか!? 酢豚がないじゃないか!」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:01:55.49 ID:QCw1bIXP0

鈴「ないわよ。いちいちうるさいわね……ま、飽きないようにね……飽きられると、困るから」

一夏「ふーん」

鈴「それと、昨日さ、シャルロット何か言ってなかった?」

一夏「シャル?」

鈴「うん」

一夏「別に何も……」

鈴「あのさ、シャルロットにあんまり」

一夏「あーでも、そういや明後日、ああ明日か食事に行こうって言われたっけ」

鈴「……あんたなんでそれ昨日帰ってきたときに言わないのよ」

一夏「いやだって、そんなたいしたことじゃないし」




208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:02:28.16 ID:QCw1bIXP0

鈴「あのねえ! あんたにはたいしたことじゃなくても……!」

一夏「え?」

鈴「……もういい」

一夏「なんだよ」

鈴「で、場所は?」

一夏「そこまでは聞いてないな。まだ決めてないんじゃないか?」

鈴「私あんまり遠いとこだと困るんだけど」

一夏「そうだな。明日の準備も……あー」

鈴「どうしたのよ」

一夏「そのことなんだけどさ」




209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:02:48.18 ID:QCw1bIXP0

鈴「うん」

一夏「……まあお願いしたら大丈夫だとは思うんだけど、シャルが二人で食事したいって」

鈴「……」

一夏「……」

鈴「ねえ、ちょっとこっちにきて」

一夏「へ」

鈴「いいから早く」

一夏「こ、こうか?」

バチーン!

一夏「いってえ!!」



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:03:21.22 ID:QCw1bIXP0

鈴「まだよ」

バシーン!

一夏「痛いって!」

鈴「いい音が出る頬ね」

一夏「な、何なんだよいきなり」

鈴「私を差し置いて他の女と二人っきりで食事をしたいなんていうものだからついね」

一夏「他の女って、シャルだぞ」

鈴「シャルロットだから叩いたのよ」

一夏「え」

鈴「もういいわ。どうせ……」




211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:03:43.67 ID:QCw1bIXP0

一夏「まあ、だったら俺がシャルに頼んでみるよ。鈴も一緒でいいだろって」

鈴「当たり前よ! ……と、言いたいところだけど、いってもいいわ」

一夏「そうか?」

鈴「ええ。どうせ、向こうからやめようって言ってくるから」

一夏「なんで?」

鈴「いいから。早くご飯食べちゃって。それにもう時間危ないわよ」

一夏「あ!」

鈴「……今日は忙しくなるわよ、一夏」







219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:48:00.93 ID:QCw1bIXP0




シャル「各国の上の人たちに挨拶は済ませた?」

一夏「なんとかな。それにしてもいろんな国の人が来すぎてて異世界に来たみたいだ」

シャル「メルヘンなこというなあ一夏は」

一夏「そ、そうか?」

シャル「ふふ、ちょっと似合わないな」

一夏「俺のことはいいから! シャルはフランスの人に挨拶終わったのか?」

シャル「別にフランスだけじゃなく挨拶したよ。あんまり歓迎はされなかったけど」

一夏「それって」



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:48:25.80 ID:QCw1bIXP0

シャル「うんまあ、デュノア社のことがあるからね」

一夏「……ちょっと納得いかないけどな」

シャル「心配してくれてるの?」

一夏「当たり前だろ。大事な友達のことなんだから」

シャル「……そうだね」

一夏「どうした?」

シャル「ううん。それより一夏、鈴は何か言ってなかった?」

一夏「同じこというんだな」

シャル「え?」

一夏「今日の朝、鈴にシャルが何か言ってなかったかって聞かれたよ」




221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 20:48:49.90 ID:QCw1bIXP0

シャル「あ、そうなんだ」

一夏「鈴には行っていいって言われたぞ」

シャル「……へえ、そう」

一夏「?」

シャル「自信あるってことかな」

一夏「何が」

シャル「ううん、こっちの話」

一夏「何だよ、気になるなあ」

シャル「えへへ」

一夏「そういえばさ」




226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:11:51.00 ID:QCw1bIXP0

シャル「ん?」

一夏「昔を思い出さないか? 俺たちも出たよなタッグでさ」

シャル「なつかしいなあ。あの時はラウラに二人で向かっていったっけ」

一夏「そうそう。向こうには箒もいてさ」

シャル「強かったよね、二人とも」

一夏「俺たちも、強かったさ」

シャル「うん……」

一夏「ラウラには殺されるかと思ったよ」

シャル「何言ってるんだよ。キスされたくせに」

一夏「はあ!? いや、あ、あれはもっと後のことだろ」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:13:44.76 ID:QCw1bIXP0

シャル「そうだったっけ。あんまりにも強烈な印象だったからよくわからないな」

一夏「さ、さあそろそろ教室に様子見に行こうかな。緊張してるかもしれないし」

シャル「そうだね。告白された子が心配だもんね」

一夏「なぜ知ってる!?」

シャル「え……冗談で言っただけなんだけど。そうなの?」

一夏「あー、嘘嘘。俺も冗談さ。シャルがどういう反応するかと思って」

シャル「一夏って嘘つきの才能ないよね」

一夏「……誰にも言うなよ」

シャル「言わないよお。どんな子か顔は見るけど」

一夏「……嫌な笑顔だ」



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:14:52.91 ID:QCw1bIXP0

シャル「なーに言ってるの。僕の反応が見たかったんでしょ」

一夏「はあ。もう行こうぜ」

シャル「そうだね。今日は一夏のクラスの様子をじっくり観察させてもらうよ」

一夏「補佐なんて必要なほど俺って頼りないかな」

シャル「頼りないって言うか愛されてるんじゃないかな」

一夏「なんだそれ」

シャル「ほら、早く行こう」





一夏「おーす、皆来てるか? 準備できた人からアリーナに移動してくれ」

シャル「忘れ物内容にねー」



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:15:52.46 ID:QCw1bIXP0

一夏「それと代表はいるか?」

代表「あ、一夏先生。来てくれたんですね」

一夏「クラスの担任で来ない方がおかしいだろ」

代表「そ、それでも嬉しいです」

シャル「一夏先生って呼ばれてるんだ……」

一夏「な、なんだよ」

シャル「ううん。なんでもないよ。名前で呼ばれてるなんて思わなかったからびっくりしただけ。他の子は織斑先生なのに」

一夏「あー、それは……」

代表「い、いけませんか!?」

一夏「こら、先生につっかかちゃダメだ」



233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:17:27.06 ID:QCw1bIXP0

代表「で、でも……! 最近、一夏先生、デュノア先生といつも一緒にいるから」

一夏「仕事です」

シャル「そうそう仕事だよ。ちょーっと仲がいいけど」

代表「……!」

一夏「シャル、へんな言い方するなって」

代表「ううう、ひどいよお一夏先生」

一夏「え? 俺?」

シャル「うんうん。一夏はひどい」

代表「私、先に行きます……約束、忘れないでくださいね! 一夏先生」

一夏「あー、って行っちゃったか。まあ緊張はしてないみたいだし、大丈夫か」



235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:18:30.57 ID:QCw1bIXP0

シャル「あの子が代表性かあ」

一夏「ああ、かなりの実力者だぜ。シャルと一緒フランスからやってきたんだ」

シャル「だろうね。同じだなって思ったし」

一夏「やっぱり国が同じだとわかるの?」

シャル「国というか……昔の僕に似てるなって」

一夏「そうか?」

シャル「うん」

一夏「ふーん」

シャル「で、一夏」

一夏「ん?」

シャル「約束って何?」



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:19:34.71 ID:QCw1bIXP0

一夏「え?」

シャル「さっきあのこ約束がどうって言ってたじゃない。あの子振られたのに全然そんなかんじじゃなかったよ?」

一夏「いやー……それは」

シャル「それは?」

一夏「その…その時、私が優勝したら思い出をくださいって言われちゃって」

シャル「思い出って……ええ! ひ、ひどいよ一夏! そ、それでなんて答えたの!?」



240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 21:21:40.85 ID:QCw1bIXP0

一夏「思い出くらい全然かまわないって言ったけど。写真は別に嫌いじゃないし」

シャル「え?」

一夏「あー、わかってる。期待を持たすようなことするなって言うんだろ。それは勿論わかってる。でも優勝したら写真ぐらいいいと思ってさ。そう何度もあることじゃないし」

シャル「いや……一夏。思い出って、写真って意味じゃないと思うよ」

一夏「え? 思い出って言ったら写真に決まってるじゃないか」

シャル「……」

一夏「どうしたんだ、そのうんざりした顔は」

シャル「あの子が優勝しないように祈ってた方が一夏のためだと思うよ……」



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:01:40.76 ID:QCw1bIXP0




千冬「織斑、デュノア遅いぞ」

一夏「ごめ、すいません」

シャル「すいません」

千冬「丁度、織斑のクラスの代表の番だな」

一夏「代表は、緊張」

シャル「してる、みたいだね。気負いすぎてる。さっきは大丈夫に見えたけど」

千冬「向こうは……ほう、A.I.Cか」

一夏「代表は遠距離タイプだから、どうかな」



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:04:52.40 ID:QCw1bIXP0

シャル「……」

千冬「どうした?」

一夏「シャル?」

シャル「あ、ううん。なんでもない」

千冬「よし、始まったか」

一夏「うーん……動きが硬いなあ」

シャル「やられっぱなしだね」

一夏「普段はもっとやれるんだけど……やっぱ緊張が効いてるな」

千冬「そんなものなんのいい訳にもならん」

一夏「そのうちほぐれてくるさ」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:08:02.49 ID:QCw1bIXP0

シャル「でも……防戦一方だ。もっと距離をとらないと」

一夏「……」

シャル「向こうも近距離が有利だと気づいてるみたいだね。徹底してそばを離れようとしない」

千冬「当たり前の選択だな。遠距離しか脳のないやつは少しも怖くない。ましてA.I.Cがある」

一夏「……遠距離だけ、か」

千冬「なんだ? お前の代表がやられているのが気に食わないか?」

一夏「そんなことないさ」

シャル「あ」

一夏「どうせ向こうがそう来るのはわかってたから」


ショウシャ ○○ダイヒョウ!



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:10:19.29 ID:QCw1bIXP0


千冬「あれは……雪片弐型、か?」

一夏「違う違う。でも、俺も最初そう思った」

千冬「どういうことだ」

シャル「あれデュノア社の」

一夏「ああ、模して作ったものらしい。遠距離タイプは近寄られて習われるからそのためにつけたんだってさ」

千冬「簡単に言ってくれる」

一夏「でも、すごいやつだろ?」

シャル「一夏、敬語」

一夏「おっと」

千冬「ふん。遠距離と近距離が得意なわけか。まるでお前らを合体させたみたいなやつだな」



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:18:21.02 ID:QCw1bIXP0

シャル「……そうですね」

一夏「だったら無敵だな、なあシャル」

シャル「そうだね。負けてほしくないな」

千冬「そろそろ次が始まるぞ」

一夏「次は三組の代表と……二組の鳳鈴音って子か……って、ええ!?」

シャル「え!? 鈴?」

千冬「なんだ、知らなかったのか。今日はゲストで呼ばれてるんだぞ」

一夏「ゲストも何も、鈴はクラスの代表でもなんでもないぞ!」

千冬「まあな。だが、データは良く取れる。上の方からもお願いされてな。それにあいつのISも当時のものだ。別段優れているものを使うわけではない」

一夏「信じられねえ……」



262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:24:01.60 ID:QCw1bIXP0

シャル「よく理事長は許しましたね」

千冬「私にも逆らえないことはあるさ」

シャル「その割には、嬉しそうですが」

千冬「お前は嬉しくなさそうだな」

一夏「っておい、もう鈴勝っちゃったぞ……手、振ってるし」

千冬「織斑。次は昼からだから様子を見に行って来い」

一夏「そのまま窓を破ってきそうだけど」

千冬「義妹のことじゃない。お前のクラスの代表のことだ」

一夏「ああ、なるほど」

シャル「僕も行っていいですか」

千冬「……変なことはしないようにな」

一夏「変なこと?」

千冬「お前は気にしなくていい。さっさといけ」



266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:35:12.68 ID:QCw1bIXP0




鈴「やっほー、一夏」

一夏「鈴!」

鈴「へへー、驚いた?」

一夏「驚いたっていうか、なんでお前」

鈴「中国のIS関連のやつにちょっと頼まれてね。で了解したって訳」

一夏「だから朝にやにやしてたのか」

鈴「ふふん。それよりどうだった? 私の戦いぶり。まだまだ私もやれるわよね」

一夏「いじめみたいだったぞ……」



267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:36:11.40 ID:QCw1bIXP0

鈴「そ、そんなひどくなかったでしょ! 人を極悪人みたいに言うのは止めなさい」

一夏「いやお前、0距離でシールド破壊しまくってたじゃないか」

鈴「そ、それは向こうがあんまり隙だらけだったから、どうぞやっちゃってくださいって意味なのかと思って」

一夏「うわあ……」

鈴「な、なによ!」

一夏「別に」

シャル「はいはい二人とも。そこまで」

鈴「……あら、いたの」

シャル「うん。ずっとね。それより一夏、代表のところに行かないと」

一夏「ああ、そうだな」



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:45:32.39 ID:QCw1bIXP0

鈴「なになに? あんたのクラスの生徒も出てるの? 何組の子よ?」

一夏「一組。鈴と次当たる子だよ」

鈴「へーえ、そうなんだあ」

一夏「やめろよ。本当に大人気ないことだけはやめろよ」

鈴「でも、手加減するのも失礼な話だからさ」

一夏「……」

鈴「ふふふふ」

シャル「大丈夫だよ、一夏」

一夏「シャル?」

シャル「二人であの子に鈴の対処法を教えよう。それで鈴を倒してもらおうよ」



273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:56:53.57 ID:QCw1bIXP0

鈴「……何ですって?」

シャル「だって手加減するのは失礼なんでしょう。だったら僕たちは教師として勝てるようにアドバイスしないと」

鈴「あんた、どこまで目障りね」

シャル「職務を全うしてるだけだけどね」

一夏「おいおい、どうした。何変な空気出してるんだよ。久々の再開なのに」

鈴「……」

シャル「……そうだったね。久しぶり、鈴。元気だった?」

鈴「ええ。一夏といつも仲良く過ごしてたわ」

シャル「それは、何よりだよ」

鈴「さ、クラスのこのところに行くんでしょ? もう行ったら」



274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:57:57.63 ID:QCw1bIXP0

シャル「そうだね。一夏、行こう」

一夏「あ、ああ」

鈴「……」

シャル「じゃあね、鈴」

一夏「また後でな」

鈴「一夏」

一夏「ん?」

鈴「い、いいいい一度しか言わないからよく聞きなさい」

一夏「あ、ああ。何だよ」



276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 22:59:07.43 ID:QCw1bIXP0

鈴「……る」

一夏「え?」

シャル「……」



鈴「一夏、大好き。あ、愛してる」



一夏「……」

シャル「……」

鈴「……ちょ、ちょっと黙んないでよ」

一夏「ああ、すまん。白昼夢をちょっと」



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 23:00:25.53 ID:QCw1bIXP0

鈴「な、なんですって! 人がせっかく」

一夏「ああ、悪い……うん、鈴。俺も愛してるよ」

シャル「……」

鈴「そんなこと言われなくても、わ、わかってるわ。さ、さあ早く行きなさいよ」

シャル「行こう、一夏」

一夏「鈴、飯は一緒に食べようぜ」

鈴「うん。じゃあね一夏」

一夏「おう」

シャル「……し……いな」

一夏「え? 何か言ったかシャル」

シャル「ううん、なんでもない」



420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:04:06.02 ID:lq13pVg20




ソレデハ、マモナクシアイヲカイシシマス。 センシュハチュウオウヘ


鈴「あなたが一組、一夏のクラスの代表候補生ね?」

代表「……」

鈴「あ、あのさー始める前にちょっと聞きたいんだけど、い、一夏ってクラスの担任ちゃんとで

きてる?」

代表「……」

鈴「いや、別に気になるって訳じゃないんだけど、そのちゃんとできてなかったら私も困ると思

って」

代表「……」

鈴「ど、どうなの? 皆にちゃんと教えれてる? 昔から抜けてるとこあるし大体勉強なんか

全部感覚でやってるようなやつだから心配――」

代表「黙ってください」



421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:06:56.42 ID:lq13pVg20

鈴「え?」

代表「あなたが……一夏先生の……」

鈴「な、何よ」

代表「奥さん……」

鈴「……」

代表「一夏先生……結婚してるのは知ってましたけど……でも、それでも……」

鈴「……あなた、ううん、あんた一夏のこと、好きなの?」

代表「好きです。あなたより、ずっと」

鈴「へえ」

代表「好きで好きで、いつも一夏先生のこといつも考えてますよ。それにあなたみたいに酷いことなんか絶対言わない」



422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:08:03.89 ID:lq13pVg20

鈴「……」

代表「なんであなたみたいな、胸も小さい、優しくもない少し顔が可愛いだけの酷いことばかり言う人が……許せない」

鈴「……酷いこと、ね。なんかシャルロットに吹き込まれた?」

代表「ええ。あなたのこと良く聞かせてもらいました」

鈴「だから、似てるのね」

代表「似てる? 誰にです?」

鈴「シャルル・デュノア」



424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:09:15.08 ID:lq13pVg20

代表「シャルル?」

鈴「わからなければいいわ……それに、これでいいのよ、私は」

代表「そうやって……一夏先生に甘えてばかり!」

鈴「優しくすることが正解なんじゃない。厳しくすることも正解じゃない」

代表「はい?」

鈴「私は、私らしくするって決めてるのよ。だって一夏はそんな私が好きなんだから。それを、『私』を、私は大事にしたい」

代表「意味がわかりません」



426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:14:05.56 ID:lq13pVg20

シアイヲカイシシテクダサイ


鈴「もう時間切れね、行くわよ」

代表「……私が勝ったら、一夏先生と別れてくれませんか?」

鈴「……」

代表「いいですね? 約束ですよ」

鈴「……」

代表「黙ってるってことは了解、ってことですね」

鈴「……ま、真面目な話よりこっちの方がいいか」

代表「え?」

鈴「嫌に決まってるじゃない! バーカ! だーれが別れるもんか! 小娘がいい気になってるんじゃないわよ! この未開通女!」



429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:21:49.79 ID:lq13pVg20

代表「な……!」

鈴「さあ、行くわよ!」

代表「――早っ」

鈴「ほらほらほらあ!」

代表「ぐっ!」

鈴「あっははは! 弱い弱い! 崩山も風も外しておいてよかった! こんなんじゃ試合になんないわよ!」

代表「こ――のおっ!」

鈴「おっと」

代表「はあ、はあ」

鈴「あらそれ雪片弐型? 珍しいもの持ってるわね」



433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:27:19.35 ID:lq13pVg20

代表「……」

鈴「でも……龍咆!」

ボウッ

代表「きゃ」

鈴「ほーらほーら。逃げないと当たっちゃうわよ」

代表「……」

鈴「って、距離とられすぎたか」

代表「……」

鈴「もう喋んないの? 急に静かになっちゃったわね」

代表「……行きます」



434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:28:34.97 ID:lq13pVg20

鈴「へえ。そこから何か出来るの?」

代表「――もう容赦しませんよ」

鈴「あら手加減してくれてたの? 奇遇。私もなの」

代表「スターライトmkⅦ」

鈴「Ⅶにもなるのかあぁ、セシリアが使っていたときはⅢだったのに」

代表「――行きます」

鈴「当たるかしら」

代表「――――」



437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:36:55.03 ID:lq13pVg20

ヒュン

鈴「! サイレント!」

代表「だけじゃないですよ」

鈴「誘導ぐらい珍しくないわよ!」

代表「それだけじゃないです!」

鈴「!? レーザーが消えた!?」

代表「音のない追跡拡散弾です。ついでにレーザーそのものもステルスですので時代遅れのおばさんにはきついですか?」

鈴「っち! でも、舐めてると後悔するわよ!」

代表「どっちがですか!」



441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:42:52.86 ID:lq13pVg20

ヒュン

鈴「見えないってのは厄介ね……! 発射音のない攻撃だと、反応が遅れてどんどんシールドが削られちゃう!」

ブン

代表「いい的代わりです!」

鈴「……」

代表「このこのお!」

ヒュン ヒュン ヒュン

鈴「……落ち着け……」

代表「降参ですかぁ!?」

鈴「まず高速で動いて……私が追跡されるってことは逃げれば後ろに光線があるってこと……!」

代表「どんどん行きますよ!」



442: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:47:46.64 ID:lq13pVg20

ヒュン  ヒュン  ヒュン  ヒュン

鈴「だああ! 打ちすぎよ!」

代表「追跡なんて、寄生虫のあなたみたいですね!」

鈴「黙れストーカー!」

代表「ほらほら! 早く逃げないと当たっちゃいますよ!」

鈴「近づいてあんたにこれを当てて自爆させてあげるわ!」

代表「そう来ると思ってました」

ブウン

鈴「! ラピッドスイッチ!」

代表「デュノア教官直伝ですよ!」

鈴「雪片弐型!」

代表「いっきます!」

ドオオオオオオオン



444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:54:10.22 ID:lq13pVg20

鈴「ふう、危ない」

代表「よく避けられましたね」

鈴「近距離に長距離。中距離もラピッドスイッチでなんとかなる。いいバランスしてるわね」

代表「ええ。元は長距離だけだったんですけど」

鈴「フランスのあんたがイギリスの武器を使うとは知らなかったな」

代表「時代は進歩してるんですよ。ISから遠ざかっていた人は知らないでしょうけど」

鈴「でも時代遅れの雪片弐型は使うのね」

代表「これは……一夏先生と似てるから。これを使ってると一夏先生と一緒にいるような気がして」

鈴「……」



445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 21:56:09.72 ID:lq13pVg20

代表「すごく優しいんです」

鈴「……本当にシャルロットみたいねあんた」

代表「デュノア教官?」

鈴「その優しさだけを見てるとこなんか特に。あと顔に似合わず色々やってくるとことか」

代表「……よく大人ぶる大人がいますけど、そういう人って子供だった自分を忘れてると思いませんか」

鈴「……賢しいこというわね」

代表「私たちは子供で、子供の心を持っているんです。それはかけがえのないものなんですよ」



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:00:47.42 ID:lq13pVg20

鈴「だからこそ色々学ぶべきよ。子供の心だけで生きていけるわけない」

代表「今は、これでいいんです!」

ヒュン

鈴「――じゃあ、これからは変わりなさいよ」

カチャ

代表「そんな青龍刀なんかで! この距離で出してどうするんです!」

鈴「っでやあ!」

ビュン

代表「投げて当たるわけないでしょう!」



451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:07:45.47 ID:lq13pVg20

鈴「龍咆!」

キン キン キン

代表「な……砲撃で青龍刀の柄に当てて、刀をビットみたいに動かしてる……!」

鈴「スピードプラスに方向転換」

代表「よ、予測できない! なんで!?」

鈴「超能力みたいでしょ。言っとくけど双天牙月はシールドでは防げないようにパワーアップさせてるからね」

シュン

代表「こ、こんなもの! 雪片弐型で!」



452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:10:41.35 ID:lq13pVg20

ガン

代表「どうです!?」

鈴「――バカね。囮よ」

代表「え」

鈴「龍咆! ほらほらあ!」

ドンドンドン ガンガンガン

代表「あ、っきゃあ」


シアイシュウリョウ ショウシャ ファンリンイン



456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:15:38.64 ID:lq13pVg20

鈴「勝ちー!」

代表「……負けた」

鈴「まあ当然の結果ね」

代表「……」

鈴「ふふん。これで少しは懲りた?」

代表「……ううう」

鈴「な、泣くことないでしょう!」

代表「うううううううう」

鈴「ちょ、ちょっと」

代表「ううううえーーん! ううううう負けちゃったよおおおお!」」



459: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:20:00.27 ID:lq13pVg20

鈴「み、耳が痛い!」

代表「うわああああああああん! 一夏先生に思い出もらえないよおおおおお!」

鈴「思い出? 写真か何か? それぐらい一夏なら」

代表「違うよお! 一夏先生と一晩過ごすのお!」

鈴「……」

代表「うわあああああああ!」

鈴「……よしあいつ○そう」

代表「うわああああああ!」



462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:27:18.70 ID:lq13pVg20

鈴「……はー、でも」

代表「ひっぐ、ひっぐ」

鈴「あんたはまだ見込みあるよ」

代表「ひっぐ……え?」

鈴「言っとくけど、一夏のことじゃないわよ。あんた自身のこと。あんたはもっともっといい女になる。いい女になれないやつもいるんだから」

代表「……」

鈴「またやり直せばいいわ。いい女になってまた来なさい。その時また返り討ちにしてあげるから」

代表「うわああああん!」

ダッ

鈴「ちょっと、逃げることないでしょ! ……あーあ、行っちゃった。まあ、いいか」



464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:29:13.41 ID:lq13pVg20

鈴「…………」」



鈴「……なにえらそうに言ってるんだろ、私。本当はいつも怖いくせに」



鈴「……やだな。一人になるといつも弱気になる…………」



鈴「……一夏、見ててくれたかな……」



474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:40:39.79 ID:lq13pVg20




一夏「おい鈴!」

鈴「あ、一夏! 見た見た? 私の活躍」

一夏「見たというか、見てしまったというか。とにかく大人気ないことはするなって言っただろ! また0距離で龍咆連発しまくって」

鈴「そんなの避ければいいじゃない。止まってる方が悪いのよ」

一夏「早すぎるんだよ。なんだよアレ、高速で打ちまくって。一気にシールド削られまくってるじゃないか。昔あんなに風に使えたか? ハメ技みたいだぞ」

鈴「私の技量が上がったのよ」

一夏「嘘付け」

鈴「それよりさあ、他になんか言うことないの?」



476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:45:32.51 ID:lq13pVg20

一夏「代表を慰めてやってくれよ。さっきからずっと泣いてるんだ」

鈴「それは試合中にやったわ。逃げられちゃったけど。それより他に!」

一夏「……すごかったよ。昔を思い出した」

鈴「と、当然ね。私を誰だと、って違ーう! 他に!」

一夏「えー、何だよ。他になんかあるか」

鈴「ほおほお。言うわね……本当に他に言うことはない?」

一夏「うーん……ないな」

鈴「よし、じゃあ次の言葉が遺言になるから」

一夏「ええ!?」

鈴「一夏、あんた代表の子にいやらしい」



479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:49:38.12 ID:lq13pVg20

シャル「おーい、一夏ー!」

一夏「おー、どこに行ってたんだシャル」

シャル「うん、ちょっと」

鈴「ちょっと! 私が話してる途中よ!」

一夏「ああ、悪い。で、なんだよ」

鈴「だから、あんた代表の子にいやらしいことを……って、待って。ははーん」

一夏「なんだよ」

鈴「そっか、わかった。そういうことね」

一夏「何がだ?」

鈴「シャルロット、あんたが仕組んだんでしょ?」



482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 22:55:11.85 ID:lq13pVg20

シャル「え?」

鈴「あんた、代表の子に優勝したら一夏と、その、へ、変なことできるとか吹き込んだんでしょ」

シャル「何のこと?」

鈴「とぼけても無駄よ。あの子言ってたわよ。優勝したら一夏と、ひ、一晩過ごせるとかなんとか」

一夏「何だそれ。俺はそんなこと」

鈴「一夏は黙ってて」

シャル「……」

鈴「あんたも相当ね。教え子にそんな変なこと吹き込むなんて、汚いというかなんというか」

シャル「僕が……私が、汚い……?」



485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 23:02:44.09 ID:lq13pVg20

一夏「おい鈴。そういう言葉は」

鈴「だって汚いのよこいつは! こそこそこそこそ! 自分で来たらどうなの!」

一夏「シャルはそんなこといってないって。どうしたんだよ急に」

鈴「黙っててって言ってるでしょ。それにね最初に喧嘩売ってきたのはシャルロットよ」

一夏「シャルが? いつ?」

シャル「……」

一夏「とにかく喧嘩するなって。それに鈴、さっきのは言葉が悪い。シャルに謝れよ」

鈴「嫌よ」

一夏「鈴」

シャル「いいよ、一夏」



487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 23:07:04.73 ID:lq13pVg20

一夏「シャル?」

鈴「……」

シャル「……汚いのはどっちだよ」

鈴「……何ですって?」

シャル「私、ずっと考えてたの。鈴はいつ一夏に告白したのかなって。5人の中で鈴だけがわからなかった」

鈴「それで?」

シャル「わからないなんておかしい。それで私思ったの。きっと鈴はなんか変な嘘とかで一夏を騙したんだって」



492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 23:15:49.92 ID:lq13pVg20

一夏「シャル、それは」

鈴「……だったらどうなの? 一夏と私はもう結婚、してるんだけど」

シャル「結婚」

鈴「何よ、その馬鹿にしたような笑いは。あー、そっか。一夏の妾にでもなるつもりなんだー」

一夏「おい鈴! 言っていいことと悪いことが!」

シャル「そうだよ」

鈴「な」

シャル「私は妾になるつもりなの、一夏の。鈴の旦那様の浮気相手になろうと思ってるんだよ」



499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 23:22:37.02 ID:lq13pVg20

鈴「願望は聞きたくないわ」

シャル「でも今だけだよ。もうすぐ、私が一夏の奥さんになるから」

一夏「ちょ、鈴もシャルも何を」

シャル「それで、私はきれいな存在になるんだ……!」

鈴「なにそれ、馬鹿じゃない」

シャル「ふふ。強気に出てるけど知ってるんだよ? 鈴は別れるってことに過剰反応するの。だから結婚結婚っていうんだよね?」

鈴「……」

シャル「御両親のトラウマかな?」

鈴「あんた、いい加減にしときなさいよ?」



507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 23:30:27.36 ID:lq13pVg20

一夏「だーー! いい加減にするのは鈴とシャル両方だ!」

ザワザワ

一夏「人もいるんだから落ち着け……ほら、二人ともお互いに謝ってまた仲良くやろう」

鈴「……」

シャル「……」

一夏「おいおい……友達同士だろ? 変なことで喧嘩するの止めようぜ」

鈴「さて、もうすぐ次の試合が始まるから私行くわ」

一夏「おい鈴」

シャル「私もちょっと用があるから」



509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/10(火) 23:31:33.95 ID:lq13pVg20

一夏「おい! ……なんなんだよ二人とも」



一夏「……どうやら片方は勘違いしてるなあ」



一夏「あの時、決めたもんな。こういうとき俺がしっかりしないと……」



一夏「約束、だもんな」



634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:02:53.33 ID:gWwnUK7S0




一夏「鈴、お疲れさん」

鈴「……一夏」

一夏「やったな、あとは決勝だけか?」

鈴「……うん」

一夏「暗い顔、鈴には似合わないぞ」

鈴「誰のせいだと思ってんのよ」

一夏「俺だな」

鈴「わかってないじゃない」



636: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:05:37.44 ID:gWwnUK7S0

一夏「いや、俺のせいなんだよ」

鈴「……違うわ。皆悪いのよ」

一夏「とにかく。話をしに来たんだって。鈴だってシャルと仲直りできた方がいいだろ?」

鈴「どうだろうね」

一夏「鈴」

鈴「……」

一夏「……」

鈴「……じゃ、私先に帰るから」

一夏「待てって。まだ話すことがあるんだ」

鈴「何? 疲れたから早く帰りたいのよ」

一夏「結婚しよう」



639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:12:22.94 ID:gWwnUK7S0

鈴「は、はあ!? いきなり何言ってんの?」

一夏「あのときの言葉、忘れたか? 俺たちは夫婦なんだぜ?」

鈴「わ、忘れるわけないじゃない! ……急に何よ」

一夏「……だから、俺の奥さんは鈴だって言ってるんだよ。こういうのははっきりしておかなくちゃ」

鈴「……一夏」

一夏「一緒にシャルのとこ行こうぜ? それで仲直りしよう」

鈴「……」

一夏「さ」

鈴「……だめよ」



641: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:17:39.11 ID:gWwnUK7S0

一夏「なんでだよ。ちゃんとすれば、また一緒に楽しく出来るって。それに鈴、シャルは別に代表に」

鈴「私、謝っちゃだめだと思うの」

一夏「おい、何言ってんだよ。大体、さっきは鈴が最初にシャルに」

鈴「謝っちゃったら、本当に私たちだめになっちゃう」

一夏「どういうことだ」

鈴「……言いたくない」

一夏「鈴。隠し事は止めよう」

鈴「……ねえ、一夏」

一夏「なんだ?」

鈴「私と結婚して、後悔してない?」



643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:23:18.17 ID:gWwnUK7S0

一夏「してない」

鈴「…………そう。私は少し、してる」

一夏「え……」

鈴「……持てないのよね」

一夏「何を?」

鈴「代表に、私らしくしてる、なんて言ったけどあれ言い聞かせてたのよ。だからいつも一人になると……」

一夏「よくわからないけど、俺の奥さんは鈴だ。それは間違いないだろ」

鈴「奥さん、ね」

一夏「そう、奥さん」

鈴「……友達みたいな妻だよね」



644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:30:09.37 ID:gWwnUK7S0

一夏「と、友達があんなことするわけないじゃないか」

鈴「それってキス? 一緒に寝ること?」

一夏「そ、そういうの」

鈴「それじゃ、どっちが妾かわからない」

一夏「どっちがって俺はシャルとそんなことしたことないぞ」

鈴「……」

一夏「とにかくさ、まずシャルに会おうぜ。話さないことには始まらない」

鈴「それ、やめなさいよ」

一夏「それ?」

鈴「その『シャル』って呼ぶの」



649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:36:23.75 ID:gWwnUK7S0

一夏「いや、シャルはシャルだろ」

鈴「なんかヤダ」

一夏「じゃあどうやって呼べばいいんだよ」

鈴「それは、デュノアとかさ」

一夏「デュノアって……」

鈴「……」

一夏「はあ、もうさっきから何なんだよ。意味わからないぞ」

鈴「あー、もう! いい! もう帰る!」

一夏「おい鈴!」

鈴「うっさい馬鹿! 馬鹿一夏! このアホ! そ、そそそ早漏! 下手糞!」



650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:42:09.96 ID:gWwnUK7S0

ダッ

一夏「おい! …………って行っちゃったか」

シャル「一夏って下手糞なの?」

一夏「うわああ!」

シャル「そんなに驚かなくても」

一夏「シャ、シャル? いつからいたんだ」

シャル「うーん、さっき、かな。一夏が下手糞だって言うのは聞いたよ」

一夏「……本当にそうなのかな? 結構傷つくんだが」

シャル「さあ、僕にはわからないからなあ」

一夏「……帰ったら鈴に聞こう。これは聞いておかなければいけない気がする」



651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:47:16.00 ID:gWwnUK7S0

シャル「そこまで気にされたら本当は下手でも、嘘つかれるんじゃない?」

一夏「そうか?」

シャル「僕は鈴じゃないからわからないけどね。それとも、僕にもわかるようにしてくれる?」

一夏「え? どうやってだ?」

シャル「……まあわかってたけど。一夏、鈍感すぎない? よく結婚できたね」

一夏「本当だよ。俺なんかよく結婚できたよな」

シャル「……」

一夏「それとさ、シャル」

シャル「……なに」

一夏「鈴のことだけど」



653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:50:21.88 ID:gWwnUK7S0

シャル「ごめんね」

一夏「え」

シャル「大人気ないこと言っちゃったよね。僕が悪いのに、一夏にも迷惑かけちゃって」

一夏「俺は別にかまわないんだけど」

シャル「独身女がさ。みっともないったらないよね。鈴に嫉妬しちゃってさ」

一夏「あー、いや」

シャル「さすが妾の子というか、ほんと、どうしようもないな」

一夏「シャル」

シャル「うん。鈴の言うことも当然だよ。全部僕が悪いんだ」



656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 21:57:38.04 ID:gWwnUK7S0

一夏「待てって。それとそういう言い方止めろよ。俺はシャルが、その、どんなだろうと気にしないし」

シャル「……本当に?」

一夏「ああ。シャルはシャルだ」

シャル「えへへ。ありがとう」

一夏「それにシャルだけが悪いわけじゃ」

シャル「でもね、一夏」

一夏「ん?」

シャル「そう言ってくれるのは、一夏だけなんだよ」

一夏「俺だけじゃないさ。皆」

シャル「皆? 皆って誰?」



657: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:00:41.86 ID:gWwnUK7S0

一夏「だから他の、例えば千冬姉とかさ」

シャル「ああ、理事長はそうかも。でも、本当にそういうの少ないんだよ。特に僕の国ではさ」

一夏「……フランスで何かあったのか?」

シャル「フランスではなかったよ。ただ、僕の周りでは、少しね」

一夏「……だから、こっちに?」

シャル「目は口ほどにものを言うって日本の言葉だっけ? もう大体顔を見れば僕のことどう思ってるかわかるようになっちゃった」

一夏「……」

シャル「デュノア社だからね。隠してるつもりなのかどうか知らないけど、皆知ってるから」



658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:03:47.31 ID:gWwnUK7S0

一夏「その、何か言われたりするのか」

シャル「うんまあ、こそこそとは。けれどね。嫌われるのも疎まれるのも、問題じゃなかった気がする」

一夏「どういうことだ?」

シャル「……」

一夏「シャル?」

シャル「…………息苦しくなるの。とっても近くに心臓の音が感じられて馬鹿みたいに周りが気になっちゃうんだよ」

一夏「……」



661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:07:31.91 ID:gWwnUK7S0

シャル「あはは、どうしたのそんな顔して。一夏は何も悪くないんだよ?」

一夏「つらい思いをしてきたんだな」

シャル「逃げたとは、思わない?」

一夏「思わないさ。仕方ない」

シャル「……うん。そういってくれると嬉しい。こういうとき、立ち向かっていけって言われることほどつらいものはないから」

一夏「誰にでも、弱い一面はあると思う」

シャル「ふふ、一夏は本当に優しいね。僕、一夏のこと大好きだよ」



664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:11:51.72 ID:gWwnUK7S0

一夏「俺もシャルのこと好きだぞ」

シャル「僕は男として一夏が大好きだって言ってるんだけどな」

一夏「え」

シャル「あー、顔赤くしちゃって。僕ね、こっちに来たのは一夏に会いににきたってのもあるんだよ?」

一夏「か、からかうなって」

シャル「からかってないよー」

一夏「そ、そういうこというから鈴と喧嘩になっちゃうんだよ。奥さんとか」

シャル「えへへ……そうだね」

一夏「とにかく、わかってるならいいんだ。鈴と仲直りしてくれよ? 喧嘩なんかみたくないぜ」

シャル「鈴次第かなあ」

一夏「おいおい、シャル頼むよ」

シャル「――じゃあ『シャルロット』って言ってくれない?」



667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:17:17.83 ID:gWwnUK7S0

一夏「え?」

シャル「ねえ、シャルロットって言って?」

一夏「なんで?」

シャル「お願い」

一夏「……それは、もうだめだってあの時言っただろ?」

シャル「じゃあ仲直りもなしかな」

一夏「……シャル」

シャル「あーあ、ただ言うだけで仲直りするのにな。もったいないなあ」

一夏「はあ。言うだけだぞ?」

シャル「え! 言ってくれるの? うんうん。言うだけ言うだけ」



669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:25:09.47 ID:gWwnUK7S0

一夏「あー、えっと」

シャル「やさしーく言ってよね。もう蜂蜜みたいに甘く」

一夏「そんな器用なことできねえよ」

シャル「じゃあ恋人に言うみたいに」

一夏「こ、恋人?」

シャル「もう。いちいちどきどきして。言うだけだって言ってるじゃない」

一夏「わ、わかったよ」

キョロキョロ

シャル「鈴は帰ったよ。ちゃんと確認したから」



670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:26:52.60 ID:gWwnUK7S0

一夏「う」

シャル「ほら、早く。これ以上待たせると言葉に愛してるも追加してもらうから」

一夏「何だそれ!」

シャル「もう早く!」

一夏「……ット」

シャル「うん?」

一夏「――シャルロット」

シャル「――――」



671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:28:09.61 ID:gWwnUK7S0

一夏「こ、これでいいか?」

シャル「もう一回」

一夏「シャ、シャルロット」


チュ


一夏「――ん!」

シャル「んむう……! くちゅ……ん……はあ」

一夏「ん! ちょ……! シャ、シャル!」



677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:34:57.91 ID:gWwnUK7S0

バッ

シャル「きゃ!」

一夏「あ! ご、ごめん!」

シャル「ふふ。いいよ。いいことできたし。はあ、心が温まるなあ」

一夏「な、何言ってんだ! いや、何するんだよ!」

シャル「キス」

一夏「キスって、何を考えて」

シャル「嫌だった?」

一夏「嫌というかしちゃだめだろ!」

シャル「いいじゃない。誰も見てないと思うよ」



680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:36:00.04 ID:gWwnUK7S0

一夏「そういう問題じゃない! 俺、結婚してるんだぞ」

シャル「固いこと言わないで。それに約束は守るからさ」

一夏「固いことってお前」

シャル「……それとも汚い女とするのは嫌?」

一夏「だから汚いなんて思ってないって」

シャル「でもそんなに嫌がられるなら僕はそう思っちゃうなあ」



684: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:43:03.59 ID:gWwnUK7S0

一夏「ぐ……!」

シャル「嘘嘘、冗談だよ。まあ、もういいじゃない。終わったことだよ。二人だけの秘密」

一夏「秘密って……と、とにかく。明日鈴の決勝戦があるからその時にでも仲直りしてくれよ」

シャル「えー? 仲直りって何だったっけ」

一夏「シャル!」

シャル「あ、嘘。ごめん。怒らないで一夏。僕、一夏に見捨てられたら生きていけないよ」

一夏「シャルが変なことするし、言うからだ」

シャル「大丈夫、明日鈴と話すよ」

一夏「ならいいけど……それとこのこと、鈴には」

シャル「勿論言わないよお。僕たち二人だけの秘密って言ってるじゃない」



689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:48:43.05 ID:gWwnUK7S0

一夏「……本当に頼むぜ? 鈴、思いつめちゃうとこあるからさ」

シャル「へー、そうなんだ? 昔、皆でいたときはそんな風に見えなかったけど」

一夏「…………鈴は後悔してるって言ってたんだ……」

シャル「え?」

一夏「いやなんでもない。しっかりしなくちゃな」

シャル「一夏はいつも優しいよ」

一夏「俺の優しいとこが嫌いっていう人もいるさ」

シャル「誰? 贅沢なこというなあ」

一夏「さ、あとは片づけして帰ろう」

シャル「送ってくれる?」

一夏「ダメ」

シャル「ケチ」



692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:51:20.83 ID:gWwnUK7S0

一夏「……シャル」

シャル「うん?」

一夏「明日、一緒に食事に行くって言ったよな?」

シャル「うん。僕楽しみにしてるからね?」

一夏「……」

シャル「……どうかしたの」

一夏「……いや」





代表「……見ちゃった……」



702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 22:59:45.27 ID:gWwnUK7S0




一夏「なんでしょうか織斑理事長、もうすぐ決勝戦が始まりますよ」

千冬「どういうことだ」

一夏「なんだ、じゃない何がです?」

千冬「惚けるのか?」

一夏「意味がわかりません」

千冬「……デュノア教官とのことだ」

一夏「シャル?」

千冬「お前、昨日校内でデュノア教官とよくないことをしていたそうだな」



705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:05:36.26 ID:gWwnUK7S0

一夏「よくないことってなんだよ?」

千冬「恋人同士がする様なことだ」

一夏「恋人同士……? って、あ!」

千冬「学園内はその噂で持ちきりだ。全く、決勝戦の日に色恋の話題で持ちきりにするとは」

一夏「ご、誤解だって千冬姉!」

千冬「理事長だ」

一夏「誤解です! 織斑理事長! あれは、その」

千冬「したのか? してないのか? どっちだ。簡潔に答えろ。出なければ首だ」

一夏「いや、た、確かに、キスはしたけど、あれは事故みたいなもので」

千冬「……したんだな?」



713: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:09:43.69 ID:gWwnUK7S0

一夏「あ、ああ。でも待ってくれ事情があるんだ」

千冬「……ふう。デュノア教官を呼べ」

一夏「え? し、信じてくれるのか?」

千冬「デュノア教官を呼べといっている。早くしろ。首にするぞ」

一夏「わ、わかったよ」

千冬「……」

ガチャ

一夏「おーいシャル! 千冬、じゃなかった理事長が呼んでるからちょっと来てくれ」



718: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:12:45.24 ID:gWwnUK7S0

シャル「あ、うん」

一夏「呼んできたぜ」

千冬「よし、お前はもう行っていいぞ」

一夏「え? なんで? 事情を説明させてくれるんだろ?」

千冬「事情なんぞ聞かなくてもわかる」

一夏「千冬姉……! 俺のこと信じてくれるんだな!」

千冬「馬鹿者。そうじゃない、ったく、いいからお前はさっさと退室しろ」

一夏「えー」

千冬「早く行け」

一夏「わ、わかったよ」



721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:18:12.90 ID:gWwnUK7S0

ガチャ

千冬「……二人だけだな」

シャル「え? あ、はい」

千冬「何か言うことはないか」

シャル「どういうことでしょう?」

千冬「昨日のことだ」

シャル「昨日の……何だろう」

千冬「演技はいい。昨日の一夏とのことだ」



724: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:23:00.79 ID:gWwnUK7S0

シャル「……」

千冬「ここからは理事長ではなく、あいつの姉として話させてもらう……どういうつもりだ」

シャル「……理事長も見てたんですか?」

千冬「いや、監視カメラに残っていた。『も』ということは生徒が、一夏のクラス代表の子か、その子が見ているというのも知っていたな?」

シャル「……視線は感じてました」

千冬「で、アレか。馬鹿なことをする」

シャル「……」

千冬「あんなことをしてどうするつもりだ? 一夏の気が引けるとでも思ったか? お前が思ってるよりはるかに一夏は義妹のことを愛してるぞ」



728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:30:28.98 ID:gWwnUK7S0

シャル「……」

千冬「くだらない姦計を練ってる暇があったら」

シャル「これは私たちの問題です」

千冬「なに?」

シャル「一夏と私と鈴の問題なので口を出さないでくれますか」

千冬「……ほう」

シャル「家族だから口を出すんですか? 色恋の話に? ひょっとして理事長は一夏が好きなんですか」

千冬「好きだといったらどうする」

シャル「ブラコン」

千冬「ははっ」



732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:36:20.33 ID:gWwnUK7S0

シャル「何がおかしいんです」

千冬「いやいや……だが関係はないといっても、学校でこんなことをされたら困る。さっきは一夏の姉として話すといったが理事長でもあるからな」

シャル「噂になってることですか」

千冬「そうだ。どうせこうなることはわかってたのだろう」

シャル「理事長が呼び出してくるだろうとも思ってました」

千冬「ならばどうする? こんなに噂になったらこの学園にいることもできなくなるぞ」

シャル「……そうかもしれません」

千冬「お前、自分のやっていることわかってるのか? お前の親と同じことをやっているんだぞ」

シャル「そんなわけない!」

バン



733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:37:50.38 ID:gWwnUK7S0

千冬「怒鳴っても事実だ」

シャル「……確かに今は、そうかもしれない。でも、そのうち別れてもらって、私が……」

千冬「ありえない話だが、一夏がお前と一緒になったって同じだろう。横から出てきて奪ったって言われるに決まってるさ」

シャル「外の言葉はもういいです。もうどうしたって、何もしなくたって言われるんだから。でもきれいになったっていう事実があれば私は……」

千冬「……」

シャル「それに一夏さえいれば、もう」



739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:45:48.14 ID:gWwnUK7S0

千冬「……で? 勝算は?」

シャル「……勝算」

千冬「私個人の意見だが、おそらく0%だな」

シャル「0%」

千冬「そうだ。一夏がお前に靡くことはないよ。姉である私が言うのだから間違いない」

シャル「……ふふ」

千冬「なんだ」

シャル「あなたがよく愛を語れますね。家族愛しか知らない人が」



743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:47:51.67 ID:gWwnUK7S0

千冬「……よく口が廻るな」

シャル「頭が回らなくなったことはありますか?」

千冬「なに?」

シャル「家族なんて、私は信じない。私は自分が信じると決めた人しか信じません」

千冬「……もっと周りを見ろ。お前が思ってる以上にお前のことを見てくれる人はたくさんいる」

シャル「私もそう思ってたよ。きっと誰かが見ていてくれるって……でも、いなかった。本当に優しいのは一夏だけ」



749: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11(水) 23:49:35.97 ID:gWwnUK7S0

千冬「デュノア」

シャル「だから、私は諦められなくなっちゃったんです。どう思われてもどうなっても、私は一夏が好きですから。愛してます。絶対諦めません」

千冬「0%に挑むというのか」

シャル「騎士にはわからないかもしれませんね。数字なんか関係ありません。これは感情の話ですから」

千冬「……」

シャル「それに、たぶんあなたが思ってるより、うまくいくと思います」



898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:00:25.42 ID:jLyt+kKr0




シャル「一夏ー!」

一夏「……シャル」

シャル「って、どうしたの沈んじゃって」

一夏「……千冬姉の話は終わったのか」

シャル「うん」

一夏「……だったらわかるだろ?」

シャル「え?」

一夏「来た時には、なんかチラチラ見られるなーってぐらいにしか思わなかったんだ。それが今じゃ」

ウワ、オリムラセンセイダ ゲー、キモチワルイ サイッテー マタウワキシテルヨ オトコッテホントクズネ



900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:01:49.45 ID:jLyt+kKr0

シャル「ああ、噂のこと」

一夏「そうだよ! 女誑しとか見損なったとか! あることないこと!」

シャル「まあまあ」

一夏「ってわけだ、シャル」

シャル「え?」

一夏「しばらく一緒にいないようにしよう。変に騒ぎ立てられるのはごめんだ」

シャル「えー、いいじゃない別に。堂々としてればさ」

一夏「そんなわけにいくか! それに今日はもうすぐ鈴も来るんだ。また変な方向に行きそうで不安だ」

シャル「そういえば僕も鈴と話さなきゃならないんだっけ」

一夏「! そうだぞ! きちんと仲直りしてくれよな。約束だぞ」



902: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:03:15.88 ID:jLyt+kKr0

シャル「はいはい」

一夏「じゃあなこっからは別行動ってことで」

シャル「うーん、だめだよ」

一夏「だめって、何か他に用があるのか?」

シャル「そうじゃなくて、よく考えてよ一夏。ここで僕たちがこそこそ別行動してたら逆に、やっぱりな、って感じにならない?」

一夏「どういうことだ?」

シャル「だってこんな噂が立った後だよ? 一夏の補佐で一緒にいなきゃならないはずの僕がいなかったら怪しまれないようにするためにそうしてるみたいじゃない」

一夏「う、うーん……そうかなあ」

シャル「そうだと思うよー。まあ一夏が気にしないっていうならそれでいいと思うけど。でも一緒にいたほうが鈴を見つけたときに誤解を解きやすいよ」



904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:07:14.96 ID:jLyt+kKr0

一夏「……やっぱり鈴の耳にも入るかな?」

シャル「うん」

一夏「……まあ、じゃあそうするか」

シャル「ふふ。そうそう。そうしよう」

一夏「でも少し離れて歩こうぜ。これ以上変に噂が広まるのは避けたいし」

シャル「むー、いいじゃないこの際」

一夏「ダメだって」

シャル「わかったよ。一夏のケチ」



906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:12:51.38 ID:jLyt+kKr0

一夏「ケチって……そういやシャル、話変わるけど今日はどれぐらいの人が見に来るんだ? 決勝戦だから昨日より多いのか」

シャル「たぶん昨日より少ないと思う。一番大事なのは一回戦だから」

一夏「そうなのか?」

シャル「各国の人たちは人を見に来てるんじゃない、ISを見に来てるからね。上にいけばいくほど、それは関係なくなるから」

一夏「関係ないって……操縦の参考や、それに耐久や戦略なんかも参考にならないか?」

シャル「本気で言ってる? 戦略なんか、学園にいる人たちが軍に関与してる人たちにかなうわけないよ。操縦も一度見れば大体わかると思うよ」

一夏「……そういうものか」

シャル「生徒たちからすれば勝ち上がっていくほど興味もわくだろうけど、上の人たちは逆、一回戦が一番興味あるんだよ」

一夏「そういや、俺が生徒のときも一回戦は絶対やらされたっけ」



907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:16:39.30 ID:jLyt+kKr0

シャル「そういうこと。でも、そこそこは来るんじゃないかな。見ておきたい人もいるだろうし」

一夏「決勝の鈴の相手って誰だ? 何組?」

シャル「もう一夏。見てなかったの? 怒られるよ? ……まあシードだから仕方ないのかな。決勝戦はゲスト同士の対決だよ。どのクラスも負けちゃったからね」

一夏「ゲスト? 誰だ?」

シャル「一夏もよく知ってる人」

一夏「だから誰?」

シャル「それは、あ、待って。トーナメントの紙持ってたはずだから」



908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:18:27.72 ID:jLyt+kKr0

一夏「お、ほんとか」

シャル「あった。はいこれ」

一夏「えーっと」

代表「一夏先生!」

一夏「おー、代表じゃないか。どうしたんだ」

代表「なんでキスしたんですか!?」

一夏「え?」

シャル「声が大きいよ」

代表「私、見ました。一夏先生がデュノア教官とキスしてるところ。なんでキスなんかしたんですか!?」

ザワザワ ザワザワ



912: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:24:49.38 ID:jLyt+kKr0

一夏「いやあれは、って代表見てたのか」

代表「そんなことはどうでもいいじゃないですか! デュノア教官のこと、先生は好きなんですか!?」

シャル「声が大きいって。ちょっと向こうで話そう」

代表「触らないで!」

バチン

シャル「きゃ!」

一夏「シャル! 大丈夫か!」

シャル「う、うん。僕は大丈夫だよ。心配してくれてありがとう一夏」



913: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:26:16.68 ID:jLyt+kKr0

代表「……! いつからですか! いつから二人は……! デュノア教官は昨日私に話してる口で一夏先生と毎日キスしてたんですか!?」

シャル「……」

一夏「落ち着けって代表。何か勘違いしてるみたいだけど、俺たちは」

代表「勘違いなんかじゃない! 私見たもん! キスしてるところ!」

一夏「だからそれは」

シャル「キスしたからなんだっていうの」

一夏「シャル?」

代表「やっぱりしたんですね! 昨日あれだけ私に頑張ってって言ってくれたのに……! この嘘つき! 阿婆擦れ!」

シャル「別に嘘は付いてないよ。頑張ってって思ってたのは本当のこと。僕、私がいつ一夏と結ばれるのを応援するなんていったの?」



917: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:31:52.19 ID:jLyt+kKr0

代表「……!」

一夏「やめろって! ……代表、前にも言っただろ? 俺のこと、その、思ってくれるのは嬉しいけど先生と生徒がそんな関係になるわけにはいかないって」

代表「だったら私、この学園止めます!」

一夏「何を言ってんだ、そんな」

シャル「……だから言ったのに」

代表「だって、先生と生徒だからいけないんでしょう!? だったらそうじゃなくなれば構わないですよね!?」

一夏「そういう問題じゃない。俺は結婚してて、もうすでに奥さんがいるんだって」

代表「じゃあデュノア教官は何でキス出来るんですか?」



919: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:34:48.05 ID:jLyt+kKr0

一夏「だからそれは、その事故で」

シャル「僕からキスしたって言ったら? 一夏」

一夏「おいシャル」

代表「!」

シャル「僕を庇おうとしなくていいよ。本当のこといった方がいいと思うし」

一夏「いや、俺も悪いんだってあれは」

シャル「ううん。僕が我慢できなくなっちゃって」

代表「何なんですか……何なんですか、二人とも! もう意味わからない! なんでそんなに庇いあったりするのよ! 一夏先生! そんなの優しくないですよ!」



921: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:38:46.04 ID:jLyt+kKr0

シャル「優しいよ、一夏は」

代表「そんなの、そんなのなんか違うじゃないですか! キスなんて……! 私、あの人なら仕方ないって思えたのに!」

一夏「だから落ち着け。ちゃんと説明するから。キスって代表は言ってるけどそれは」



鈴「――――何してんの?」



 



928: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:43:58.01 ID:jLyt+kKr0

一夏「鈴!」

鈴「何? キス? 誰が誰としたって? 言いなさいよ」

代表「一夏先生と」

一夏「おい!」

鈴「……シャルロット、ね」

シャル「……」

一夏「待て待て鈴。ちゃんと説明させてくれ。怒るのはそれからでも遅くないだろ?」

鈴「……ほんと、馬鹿ね」



929: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:45:53.42 ID:jLyt+kKr0

一夏「代表はキスって言ってるけどな? あれは、っておい鈴!」

鈴「私、もうすぐ決勝戦だから」

シャル「聞かなくていいの?」

鈴「さよなら、シャルロット」

一夏「待ってくれ鈴! だー、もう、俺も一緒に行く!」

ダッ

シャル「さ、決勝戦が始まるからアリーナに移動して」

代表「……」

シャル「……ふう」



930: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:47:37.37 ID:jLyt+kKr0

代表「奥さん……悲しそうだった……」

シャル「そうだね」

代表「話しかけないでください。独り言ですから……私は、許しませんから」

シャル「そっか。それで、一夏のことは諦めるの?」

代表「……知りませんでした」

シャル「ん?」

代表「一夏先生、すごく奥さんのことが好きなんですね」

シャル「一夏はね」

代表「あなたは……そういうの、ばっかり」



 



932: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:51:04.75 ID:jLyt+kKr0




一夏「鈴」

鈴「……」

一夏「鈴!」

鈴「……」

一夏「鈴っ!」

鈴「何よ、うるさいわね」

一夏「説明させてくれって。色々事情があるんだ」



938: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:53:42.52 ID:jLyt+kKr0

鈴「……」

一夏「あのな、キスとか言ってたけどあれは。いや待て、最初から話した方がいいか」

鈴「別に話さなくていい」

一夏「だめだって。俺、鈴と喧嘩したくないんだよ」

鈴「……喧嘩、ね」

一夏「そう、仲良くいるほうがいいだろ?」

鈴「……」

一夏「昨日、シャルと鈴が喧嘩したよな? だから俺」

鈴「仲直りさせようとしたら話してたらシャルロットにキスされた?」



940: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 21:56:51.43 ID:jLyt+kKr0

一夏「え」

鈴「図星ね」

一夏「いや、なんで」

鈴「別に誤解じゃないじゃない。したんでしょ?」

一夏「でも、それは」

鈴「それは? あんたシャルロットを庇おうとでもしてるの?」

一夏「う」

鈴「一夏のそういうところ私、大っ嫌い」



944: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:00:27.33 ID:jLyt+kKr0

一夏「……ごめん」

鈴「簡単に謝るやつも嫌いよ」

一夏「……」

鈴「それに…………」

一夏「え?」

鈴「…………ちょっと、疲れちゃったのよ」

一夏「疲れたって、何がだよ」

鈴「……何だろうね……」



951: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:05:13.57 ID:jLyt+kKr0

一夏「大丈夫か? これから決勝戦なのに」

鈴「一夏、あの時のこと覚えてる?」

一夏「あの時って」

鈴「あんたが4人の告白を断ったとき」

一夏「う……」

鈴「一夏らしかったけどね」

一夏「らしいって、別に皆が嫌いってわけじゃなかった」

鈴「でも女の子としては、女性として一緒になるとは考えられなかった」



957: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:09:03.90 ID:jLyt+kKr0

一夏「……そうだよ」

鈴「私ってさ、卑怯だと思わない?」

一夏「卑怯?」

鈴「シャルロットが騙したっていってたけど本当にそうなのかもしれない。私、一夏に告白したわけじゃないからさ」

一夏「それは俺だって同じだ」

鈴「うん……変な関係だったよね」

一夏「でもそれは、最初だけだろ」

鈴「そうね最初だけ。でもだから最近のこととも言える」



963: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:15:45.45 ID:jLyt+kKr0

一夏「……好きだよ、鈴」

鈴「……4人ともいなくなって、私と一夏だけになって、なんとなく、なんとなく。それで告白。なんか変だと思うわ」

一夏「……鈴は、俺が嫌に、もう嫌いなったのか?」

鈴「……好き、だと思う。最初は浮かれちゃってどうしようもなかったぐらいだし」

一夏「俺もだよ」

鈴「本当なの? 私ね、一緒にいた時もずっと好きだったのよ?」

一夏「俺だって」

鈴「言わなくていい。知ってるから」

一夏「……」

鈴「最後だけ取り繕ったんじゃダメなのよ。やっぱり過程がないと」



965: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:19:34.76 ID:jLyt+kKr0

一夏「これから、これから作っていけばいいじゃないか。俺たちまだ始まったばかりだろ」

鈴「…………」

一夏「…………」

鈴「一夏。私ね、私らしくしようっていつも思ってる」

一夏「うん」

鈴「一夏の奥さんなんだもの。代表にも言ったんだけど私らしくして、一夏が好きな『私』を大事にしようって」

一夏「それでいいじゃないか」

鈴「……でも、でもね」

一夏「鈴?」

鈴「最近、怖いの」



968: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:22:19.39 ID:jLyt+kKr0

一夏「え……?」

鈴「怖くて怖くて不安になるの。私、いつも家にいるし、一夏とは離れ離れ。どうしたらいいのかよくわからなくなっちゃうの」

一夏「それは……仕方ないだろ」

鈴「うん。仕方ない。仕方ないけど……でも、やだ。嫌。寂しい。もっと一夏に相応しい人が現れるんじゃないかって思っちゃうの」

一夏「……鈴、泣いて」

鈴「だってそうよ! 私たち、近くにいたから一緒になっただけじゃない! 告白だって!」

一夏「……」

鈴「もうやだ! わけわかんない! 疲れた! 怖いの! 嫌い! 一夏なんか大嫌い!」



972: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:28:25.13 ID:jLyt+kKr0

一夏「……」

鈴「もう別れる! あんたなんかシャルロットのとこにでもどこにでも行っちゃいなさいよ!」

一夏「……鈴」

鈴「やだ、来ないで。触んないでよ。やめて」

一夏「鈴」

鈴「やめてよ。嫌い。もう嫌いになったんだから。撫でたりしないで」

一夏「…………」

鈴「来るなあ、馬鹿ぁ」

一夏「――じゃあ、もう一回好きになってくれ」



977: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:32:44.29 ID:jLyt+kKr0

鈴「うううう、さわるなぁ」

一夏「泣くなよ。いつも言ってるだろ。俺が好きなのは鈴だ。シャルじゃなくて鈴だ」

鈴「……っぐす……ひっぐ……」

一夏「でもそんなに不安にさせてたんだな。悪い。俺、気づかなくて。鈴だけを見るって、しっかりするって約束したのに」

鈴「馬鹿、馬鹿ぁ」

一夏「本当に馬鹿だよな……でも、鈴。俺だって昔からお前のこと好きだったんだ」

鈴「……」

一夏「4人の告白を断ったのは、女の子として見れなかったからだけど。鈴がもし告白してきてくれてたら付き合ってたと思う」



979: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:34:53.14 ID:jLyt+kKr0

鈴「……なんで、私から告白しなきゃなんないのよ」

一夏「そうだな。こういうときは男から。でも、あの時は勇気が出なかったんだよ」

鈴「……私も、怖かった。一夏は絶対友達としか思ってくれてないと思ったから」

一夏「はは、それ俺と同じだ」

鈴「…………」

一夏「…………」

鈴「……んふふ」

一夏「はは、お互い様だな」

鈴「そうね……」

一夏「じゃ、じゃあさ」



981: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:36:31.42 ID:jLyt+kKr0

鈴「なによ」

一夏「もう一度、告白していいか?」

鈴「え、え?」

一夏「ほら、前にしたときはその自信が持てなかったんだろ? じゃあ今度は、もっと本気で、いやあの時も本気だったけど」

鈴「こ、告白、するの? 私に?」

一夏「あ、ああ」

鈴「そ、そう。が、がががが頑張ってね?」

一夏「え? あ、うん。って俺が鈴にするんだぞ?」

鈴「し、知ってるわよ! ちょ、ちょっと緊張しちゃって」

一夏「あー。だよな。緊張するよな」

鈴「う、うん」

一夏「えっと、あー、ゴホン」



984: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:39:00.93 ID:jLyt+kKr0

鈴「……」

一夏「……って告白するっていって告白するのも変な話だな」

鈴「ちょっと、今更何言ってるのよ」

一夏「そうだな。じゃあ、告白するぞ」

鈴「うん……ど、どうぞ」

一夏「鈴」

鈴「は、はい!」

一夏「俺、鈴のこと愛し――」




シャル「――――、一夏」



  



993: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:43:31.08 ID:jLyt+kKr0

一夏「シャル!? どうしてここに」

シャル「どうしてって、もう決勝戦始まるから」

千冬「そういうことだ。何をいちゃいちゃしてる。ここは職場だぞ。家でやれ家で」

一夏「千冬姉まで!?」

鈴「どうしてここに?」

千冬「対戦表は見たか?」

鈴「見てませんけど。だって誰が相手でも同じだし」

千冬「……ほーう」

一夏「そうだ、鈴の決勝の相手は誰なんだ? ゲストなんだろ?」



995: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:45:30.16 ID:jLyt+kKr0

シャル「一夏、紙渡したよね?」

鈴「見せなさい」

一夏「ああ」

ピラ

鈴「って、えええええええええ!」



決勝戦   鳳 鈴音 VS 織斑千冬


 



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:52:03.63 ID:jLyt+kKr0

一夏「ま、マジかよ」

千冬「そういうことだ、よろしく頼むぞ。義妹殿?」

鈴「で、でも千冬さんは」

千冬「まあ、待て」

鈴「え?」

千冬「私が出場の予定だったが、変更だ」

鈴「変更って、私が優勝?」

千冬「そうじゃない。代役を用意する」

鈴「代役!? それはナイスアイデア! 千冬さん以外なら誰でもいいわ」

千冬「だそうだ、デュノア教官。お前が出場しろ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:54:38.90 ID:jLyt+kKr0

シャル「え?」

一夏「シャルが?」

千冬「そうだ、その方が接戦になるだろう。それに、色々と都合がいい」

鈴「……」

シャル「……」

千冬「だろう? 二人とも」

シャル「はい」

鈴「千冬さん以外なら誰でもいいわ」

一夏「いやでも」

千冬「一夏。もう決まったことだ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 22:57:14.66 ID:jLyt+kKr0

鈴「大丈夫だって、一夏。すぐに終わるからさ」

シャル「そうだよ。すぐに終わるから待っててね」

千冬「よし、じゃあ行って来い」


シアイヲカイシシマス センシュハカイジョウヘキテクダサイ


鈴「一夏、見てなさいよ」

シャル「一夏、終わったら……ううん、なんでもない」

千冬「さ、私たちは上に行くぞ」

一夏「ああ……頑張れよ」


 
 



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:00:51.52 ID:jLyt+kKr0




シアイヲカイシシマス センシュハチュウオウヘ


鈴「さて、と」

シャル「ねえ鈴。賭けない?」

鈴「何を」

シャル「一夏」

鈴「勝ったら?」

シャル「一夏と一緒になる。負けたらもう二度と一夏に会わない」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:03:37.82 ID:jLyt+kKr0

鈴「……」

シャル「いいよね?」

鈴「それ、私にメリットあんの?」

シャル「……うーん」

鈴「すでに一夏の妻の私には意味ないわよ」

シャル「でも受けてほしいな。また職場でキスとかされたくないでしょう?」

鈴「あんたそこまで計算して」

シャル「ん?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:05:05.80 ID:jLyt+kKr0

鈴「……したらいいじゃない」

シャル「え?」

鈴「したらいいわ。できるものならね。それに」

シャル「……」

鈴「もうそういう話じゃ私は動じない」

シャル「……ふーん」

鈴「さっきの私と一夏の話、聞いてたんでしょ? だったらわかるわよね?」

シャル「……告白、してなかったんだね」

鈴「そうよ。あんたは何か勘違いしてたみたいだけど、本当はどっちもしなかった。正確には結婚する直前には一夏がしてくれたけど」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:07:57.50 ID:jLyt+kKr0

シャル「漁夫の利を得たんだ」

鈴「そう。ずっとそれが不安だった。だからあんたも私にちょっかいかけてきたんでしょう? 直接言うと勝ち目ないから。でも……」

シャル「でも?」

鈴「私はもう怖くなんてないの。信じてる、一夏を。そして私を」

シャル「……ねえ鈴」

鈴「なによ」

シャル「心ってすぐ変わっちゃうものなんだよ。いらなくなったら捨てるけど、必要になったらひょっこり現れる」

鈴「……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:12:46.34 ID:jLyt+kKr0

シャル「そういうものなんだよ。今は少し鈴に気持ちが向いてるけどね、そんなの」

鈴「無理ね」

シャル「……どうして」

鈴「さあね、何でかしら。でも私にはあんたが一夏と一緒になるなんて想像もできないわ。まだ他の3人の方ができるわよ」

シャル「……鈴はちょっと今舞い上がっちゃってるんだね」

鈴「そうよ? シャルロット、あんた舞い上がったことある? とっても幸せな気分なの知ってる?」

シャル「知ってるよ。一夏とキスしたからね」

鈴「ふふ。かわいいわね。キスぐらいではしゃいじゃって。何? あんた処女?」

シャル「……」

鈴「なんてね。そんなのどうでもいいわ。シャルロット、覚えておくといいわ。キスもセックスも心には敵わないの」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:16:17.21 ID:jLyt+kKr0

シアイヲカイシシテクダサイ


シャル「私が勝ったら、一夏と別れてもらうからね?」

鈴「べー」

シャル「――いつまでも調子に乗って!」

ダダダダダダダ

鈴「闇雲に撃っても当たらないわ」

シャル「じゃあ、こういうのはどうかな!?」

鈴「ブルー・ティアーズ!?」

ヒュンヒュンヒュンヒュン

シャル「ISから離れてるとどんなに進化したかわからないでしょ」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:17:21.90 ID:jLyt+kKr0

鈴「ブルー・ティアーズなら知ってるわ! 使ってる間はあんたが無防備になる!」

シュン

鈴「双天牙月!」

シャル「――だからわかってないんだよ」

キュイイイン

鈴「な!? A.I.C.!?」

シャル「同時に使えるようになったんだ」

ダダダダダダダ

鈴「きゃああ!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:19:11.47 ID:jLyt+kKr0

シャル「どんどん行くよ!」

ダダダダダダダダ

鈴「なんで? ブルー・ティアーズもA.I.C.も専用機の技、ううん、それよりも集中力がものすごく必要になるんじゃなかったの? しかも両方なんて」

シャル「だから言ったじゃないか。どんどん進化してるんだって。常人程度の集中力でよくなったんだよ」

鈴「くっ!」

シャル「第3世代に乗ってる鈴に勝ち目はないと思うなあ」

鈴「やってみなきゃわからないじゃない! 龍咆!」

ドン

シャル「わかるよ」

キュウン



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:25:10.77 ID:jLyt+kKr0

鈴「なら直接!」

キン

シャル「だって、龍咆も双天牙月も私に当たらないから」

鈴「……A.I.C.! そこまで変わったの!?」

シャル「ブルーティアーズもね」

ヒュンヒュンヒュン

鈴「きゃあああああ!」

シャル「どうする? また代表にやったみたいに双天牙月を反射させて攻撃する? 私のA.I.C.は双天牙月を通さないから無駄だと思うけど」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:26:14.61 ID:jLyt+kKr0

鈴「……ちょっとまずいわね」

シャル「ちょっとじゃなくてもう無理だよ鈴」

鈴「……」

シャル「ねえ、もう降参してくれない? こんな有利すぎるの私も卑怯だと思うし。さすがに悪いから」

鈴「……」

シャル「ただ、約束は守ってもらうよ。一夏と別れてね」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:28:09.20 ID:jLyt+kKr0

鈴「……ああ、そうか。その手があったか」

シャル「……何? 何やっても鈴の第3世代じゃ勝てないよ」

鈴「勝てるわ」

シャル「無理に決まってるよ。龍咆も双天牙月も効かないんだよ? わかってるよね?」

鈴「そうね。しかも私、崩山も風も外してるから実は今、第2世代ぐらいの力しかないの」

シャル「じゃあなおさら無理だと思うけどな」

鈴「ううん、これで勝てるわ」

ガチャ



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:31:21.89 ID:jLyt+kKr0

シャル「龍咆? だから効かないって」

鈴「ふふ、どうかしらね」

シャル「……」

鈴「ねえ、シャルロット」

シャル「何?」

鈴「私、昨日一夏とセックスしたの」

シャル「――――」

鈴「昨日だけじゃない。一昨日も、その前も。最近毎日してるのよ。一夏ってどういう風にしてくれるか知ってる? すっごく気持ちいいのよ」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:35:03.59 ID:jLyt+kKr0

シャル「……」

鈴「まずゆっくり服を脱がしてきてー、それからキスが多いかな? あ、シャルロットもキスはしたことあるんだっけ。でもものすごい濃いキスってある?」

シャル「……」

鈴「ないか。まあまだ塞がってるんだもの、しょうがないよね。じゃあ私、親切だから教えてあげるね。口で舌を咥えながらこすったり――」

シャル「――うるさいな」

鈴「まあまあ、そう言わずに聞いてよ。今度は胸の愛撫とか教えてあげようか? 私の胸小さいけどさ、一夏ったら」

シャル「うるさい!」

ダッ!



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:37:57.34 ID:jLyt+kKr0

鈴「――引っかかった」

シャル「ブルーティアーズ!」

鈴「んふふ」

ヒュンヒュン

シャル「行くよ! その口を黙らせてやる!」

鈴「おー、怖い。そうそうシャルロット、一夏に初めて挿れられたときってね」

シャル「うるさい」

鈴「――すっごく痛かったのよ」

ドンドンドン ガンガンガン

シャル「A.I.C! ……? え? A.I.C.が働かない!?」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:42:13.80 ID:jLyt+kKr0

ドンドンドン ガンガンガン

鈴「ほらほらほらあ!」

シャル「シールドが……! なんで!?」

鈴「あっははははは! さーて、なんでだろー?」

シャル「なら、ブルーティアーズで!」

鈴「一夏って激しいのよー。いっつも私に動物みたいに腰ぶつけてきてさー」

シャル「うるさいって、黙れって言ってるんだよ!」

鈴「ふふ」

シャル「! ブルーティアーズも動かない!? なんで?」

ドンドンドン ガンガンガン

鈴「あははははは楽っしいー。ああこれはほんとにハメ技かもね」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:46:56.26 ID:jLyt+kKr0

シャル「く」

鈴「どうするのよ、もう何秒も持たないわよ?」

ドンドンドン ガンガンガン

シャル「なんで!? なんでぇ!?」

鈴「3」

ドンドンドン ガンガンガン

シャル「…………」

鈴「2」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:48:53.26 ID:jLyt+kKr0

鈴「3」

ドンドンドン ガンガンガン

シャル「…………」

鈴「2」

ドンドンドン ガンガンガン

シャル「……なら……」

鈴「1」




シャル「――降参します。わた、僕の負けです」


 



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:52:15.47 ID:jLyt+kKr0

シアイシュウリョウ ショウシャ ファンリンイン


鈴「ま、こんなものねー」

シャル「……何をやったの?」

鈴「別に私は何もしてないわよ」

シャル「だったらなんで!」

鈴「集中してなかったからでしょ」

シャル「集中?」

鈴「忘れちゃったの? ブルーティアーズもA.I.C.も集中力がいる。常人程度にはなったといっても必要なことには変わりない」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:53:50.02 ID:jLyt+kKr0

シャル「じゃあ、それを乱すためにあんなことを言って」

鈴「正解。でもまだまだ私の甲龍も捨てたものじゃないわね。何世代も上の機体に勝てるんだから」

シャル「……」

鈴「逆にシャルロット、あんたは機体に頼りすぎなんじゃない? ブルーティアーズやA.I.C.がなくたって普通に避ければいいでしょ」

シャル「……」

鈴「昔の方が強かったかな。さて」

シュン

シャル「IS、解除していいの?」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/12(木) 23:58:03.74 ID:jLyt+kKr0

鈴「はあ? もう試合は終わったのよ? 私の勝ちでね」

シャル「…………そうだね、試合終わっちゃった」

鈴「元々守る気もなかったけど、私が勝ったんだから一夏にちょっかいかけるのやめなさいよね」

シャル「でも」

鈴「なによ」」

シャル「…………そうしたら一夏、寂しくなっちゃうよ」

鈴「別にあんたがいなくなったって私がいるから心配――」




シャル「ううん、今から鈴がいなくなっちゃうから寂しくなるんだよ」



 



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:02:50.90 ID:ztXl6tN20

鈴「な!」

バン

シャル「ごめんね。だから降参したの。ISのエネルギー残しておきたかったから。あ、IS起動させようとしたら撃つから」

鈴「あ、んた」

シャル「でもどっちにしろ撃つんだけど。じゃあね、鈴」



ダダダダダダダ


 



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:11:29.76 ID:ztXl6tN20

シャル「――」

シュウウウ

鈴「……」

シャル「――来ちゃったんだね」

鈴「……」

シャル「一夏」

一夏「シャル……」

鈴「……死ぬかと思った。こ、こら! もっと早く助けに来なさいよね」

一夏「充分早かったじゃないか。壁まで破壊してきたんだぜ」

鈴「あんたも最新のIS持ってるんだから、それぐらいできて当然よ」

シャル「……」

鈴「で、でも、あの、その、ありがと。嬉しかった」

一夏「当たり前だろ。夫は妻のどんなピンチにも飛んで来るんだぜ?」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:16:34.92 ID:ztXl6tN20

鈴「……う、うん」

シャル「……」

シュン

鈴「あら、もう解除しても平気なの? まだ私死んでないけど?」

シャル「ねえ、一夏」

鈴「む、無視するんじゃないわよ。大体ねえ、あんた試合が終わってから攻撃してくるなんて、そういう往生際の悪さが」

シャル「一夏」

一夏「……なんだ、シャル」

シャル「僕、一夏のことが好き。愛してる」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:21:01.13 ID:ztXl6tN20

一夏「……」

シャル「ねえ、僕じゃダメかな? なんでも、どんなふうにでもなるからさ」

鈴「あんた、妾になれるとでも」

一夏「鈴、ちょっと黙っててくれ」

シャル「ダメ? 髪が長い人がいいなら鈴みたいに伸ばすし、性格も」

一夏「やめてくれ」

シャル「一夏……ねえ一夏。僕と結婚したら……後悔、する?」

一夏「シャル。俺、鈴が好きだ」

シャル「……」

一夏「この気持ちは鈴にしか向けられないし、向けたくない。もうつらい目に合わせたくないんだ。鈴と一緒に歩いていきたいんだよ」

シャル「……」

一夏「鈴を、愛してるんだよ」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:28:38.54 ID:ztXl6tN20

シャル「…………」

一夏「だからごめん。俺はシャルじゃだめだ」

シャル「……うう、ううううう」

一夏「ごめんな」

シャル「ひどいよお、一夏ぁ。そんなの優しくないよぉ」

一夏「ああ、もう優しいのはやめだ」

シャル「うっぐ……うううう」

一夏「他にも男なんていっぱいいるさ」

シャル「やだよぉ、一夏が、一夏がいい。一夏がいいんだよお。他の人じゃやだああああ」

一夏「ごめん」

シャル「私じゃだめぇ? なんでもするからぁ。きれいになりたいよぉ」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:34:39.74 ID:ztXl6tN20

一夏「もうきれいになってるさ。セシリアとラウラ、箒は覚えてるか?」

シャル「う……う……」

一夏「あいつらが一度だって、シャルのことそんな風に言ったか? 皆、いいとこの奴らなんだからシャルがどういう生まれだったか知ってたと思うぞ」

シャル「……」

一夏「それがどういうことか、わかるよな?」

シャル「でも」

一夏「それにさ、約束するよ。シャルの生まれを悪く言うやつがいたら俺がすぐ駆けつけるって」



182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:39:34.62 ID:ztXl6tN20

シャル「……一夏は簡単にいうけどそんな」

一夏「わかってる。そんなに簡単な話じゃないって事は。そういうやつらってどこにでもいつまでもつきまとうから」

シャル「じゃあ、どうすればいいの」

一夏「見つかるまでは、また昔みたいに遊ぼうぜ。勿論、友達としてだけどな。食事も鈴と俺とシャルの三人で行こう」

シャル「友達……」

一夏「言っておくけど、鈴のことは愛してるけど、友達としてならシャルのことだって好きなんだからな?」

鈴「あんた優しいのはやめるってさっき」

一夏「これは優しさじゃなくてけじめだよ」



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:45:47.18 ID:ztXl6tN20

鈴「……ふん。でも一夏に必要以上に近づかないでよね。キスは当然ダメだし、手をつないだりするのもダメよ。そもそも触るのがダメね」

シャル「……話しかできないじゃない」

鈴「それで充分でしょ! 必要以上に近づいたらまた私と一夏の赤裸々な性体験を強制的に聞かせるから」

シャル「それは、いやだな」

一夏「俺も嫌だ」

鈴「ま、でも……それが出来るなら、もう全部水に流すわ」

シャル「……鈴……」

鈴「シャルロット、変なこと言ってごめんなさい。また、仲良くしましょう。昔みたいに、ね」

シャル「……うううう」



198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:50:37.09 ID:ztXl6tN20

一夏「シャル……」

鈴「ちょっと! 泣くことないでしょう!?」

シャル「うううううえ、うえええ、り、鈴、ありがとう。ごめんね」

鈴「いいわよ、もう」

シャル「っぐ……ぐっ……」

一夏「じゃあ、戻ろうぜ」

シャル「……ひっく、僕、先に行ってるね」

一夏「ん? どうした?」

シャル「やっぱり簡単には、諦められない。でも、そうする努力をしようとは思うんだ。そこから始める。だからちょっと一人になりたいの」



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:55:15.72 ID:ztXl6tN20

鈴「そう。でも、私の表彰式には出なさいよ」

一夏「あー、そうか優勝したんだもんな」

鈴「ちょっとなによそれ、ちゃんと見てなかったの?」

一夏「見てたさ、最初のほうは千冬姉に色々言われてて見れなかったけど」

鈴「あんたねー」

シャル「じゃ、私、行くね。また後で」

ダッ



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:56:23.85 ID:ztXl6tN20

鈴「……行っちゃった」

一夏「なんだよ、その言い方」

鈴「ううん。もう戻ってこないかもしれないと思って」

一夏「え!? なんで?」

鈴「……なんとなく。でも、きっと大丈夫よ。信じてるから」

一夏「……」

鈴「……」

一夏「……」

鈴「ねえ」

一夏「ん?」

鈴「私なんかと結婚して、本当に後悔してない?」



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 00:59:25.15 ID:ztXl6tN20

一夏「笑いながら言うなよ。そんな自信たっぷりに」

鈴「あはは」

一夏「鈴は? 後悔してないか」

鈴「してるわよー。なんでこんなに、あっちにふらふら、こっちにふらふらしてるようなやつと結婚したんだろうって」

一夏「おいー、ここはしてないって言うとこだろ」

鈴「そんなの知らない」

一夏「知らないって何だよ知らないって」

鈴「でも」

一夏「でも?」

鈴「だからこそ、私じゃないとダメかもね」



212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 01:02:16.16 ID:ztXl6tN20

一夏「……ああ、そうだな。鈴じゃないとだめかもな」

鈴「かも、はいらないわよ、かもは」

一夏「はは。おっと、人が集まってきた」

鈴「聞こえてたかしら」

一夏「当たり前だろ。見えてたとも思う。ま、もみ消すさ。約束だからな。そのために俺みたいな教師がいる」

ザワザワ ザワザワ

鈴「んふふ。そうね。さ、いきましょう一夏。千冬さんが待ってる」



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 01:03:19.02 ID:ztXl6tN20

一夏「ああ」



ザワザワ ザワザワ ザワザワ ザワザワ



鈴「そういやさー、昨日……………千冬…………で……………」


ザワザワ ザワザワ ザワザワ ザワザワ


一夏「…………が…………だから…………」



鈴「なに…………でも…………のよ」



一夏「……えー………………鈴……」




   END

 



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 01:04:26.68 ID:ztXl6tN20

今日までありがとう。感想ありがとう
本当にやる気出た。保守もありがとう。
それでは失礼します



218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 01:05:14.13 ID:Yyjtxig/0

乙だった
すげえ面白かったぜ



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 01:05:33.49 ID:ZsGjHXH1O

なんか気になる終わり方じゃないかー
乙乙!



225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/13(金) 01:06:57.50 ID:tyiRBm750

終わってしまった…乙!


元スレ
鈴「ね、ねぇ一夏?私なんかと結婚して……本当に後悔してない?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1304850205/
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1305208128/