SS速報VIP:モバP「アイドルになりませんか?」アンリ・マユ「余がアイドルだと!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479805532/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:05:32.98 ID:NoMQm3Fa0

モバマス×左門くんはサモナーのクロスオーバーです
一人称間違い、口調間違いあると思いますがよろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479805532




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:06:02.58 ID:NoMQm3Fa0

左門「いやー、今日もいい天気だねー。こういうとき、空からヤバいし死ねる系の悪魔が降って来て天使ヶ原さんを爆発させてくれないかなー」

天使ヶ原「やめてよ!そういうフラグ建てるの!」

アンリ「うぬ、余の出番だな?天使ヶ原桜よ、親友のよしみで病気の種類を選ばせてやるぞ!おすすめは……」

天使ヶ原「いらないよ、そんな気遣い!」

モバP「あのー、ちょっとよろしいですか?」

天使ヶ原「はい?」

モバP「私、こういうものでして……アイドルに興味、ありませんか?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:06:55.45 ID:NoMQm3Fa0

天使ヶ原「346プロダクションのプロデューサーさん……ですか」チラッ

左門「彼は悪魔じゃないよ。普通の人間だ」

モバP(悪魔……?)

モバP「そこのお嬢さんを見て、是非ともうちのアイドルとしてどうかなと思いましてスカウトしたのですが……どうですか?」

左門「いいんじゃない、天使ヶ原さん。一応、アイドルの経験はあるんだからエグい内股でキレキレのダンスを披露してあげなよ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:07:23.62 ID:NoMQm3Fa0

モバP「え、すでにアイドル活動をされてたんですか?アイドルに関してはあちこちにアンテナ張ってたつもりだったんですが……」

天使ヶ原「あぁ、えーと……そのアイドルはアイドルなんですけど地下というか、地獄というか……」ボソボソ

モバP「あぁ、なるほど。地下アイドルは数が多いので、私も把握し切れてないんですよね。経験があるというのなら話が早い。ぜひ、うちで本格的にデビューしてみませんか?」

天使ヶ原「申し出はありがたいんですが……私は、皆と楽しく過ごせる今の日常が好きなので……ごめんなさい」ペコリ

左門「はぁー、出た出た。天使ヶ原さんの私普通の女の子がいいんですアピール。ちょっとアイドルとしてモテたからってコイてるよ」

天使ヶ原「別にコイてねーし!コ、コホン……そういうわけですから……」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:08:39.19 ID:NoMQm3Fa0

モバP「まぁ、無理強いするわけにはいきませんしね。そこの褐色のお嬢さんはどうですか?」

アンリ「うへへ、召介~♪」

天使ヶ原「あの、アンリさん……呼ばれてますよ?」

アンリ「ん?もしかして……もしかしてだが今、余に話しかけていたのか!?」

モバP「はい。もし良かったら、アイドルに……なりませんか?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:09:22.22 ID:NoMQm3Fa0

モバP「――というわけで、今日からうちの部署にアイドルとしてきたアンリ・マユさんだ」

アンリ「アンリ・マユだ!よろしく頼むぞ!」

モバP「そして、アンリさんの友達で今日一日付き添う天使ヶ原桜さんと左門召介くんだ」

天使ヶ原「よ、よろしくお願いします」

左門「よろしく」

天使ヶ原(アンリさんが心配で思わずついてきちゃったけど……アイドルの事務所だけあって可愛い子ばかりだなぁ)

天使ヶ原「それにしても、アンリさんもよくアイドルになるって決めたよね」ヒソヒソ

左門「あのプロデューサーとやらが、トップアイドルになれば皆の人気者になれるとか言ったからね」

天使ヶ原(友情の何たるかを知りたくて私達の学校に転校してきちゃうくらいだしなぁ)



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:12:22.97 ID:NoMQm3Fa0

ちひろ「また、ずいぶんと急にスカウトしてきましたね」

モバP「いやー、他のPの所にはナターリアとライラが居るので、うちにも褐色枠が欲しいと思いましてね。でもほら、外見はうちのアイドル達にも劣らないくらい美少女じゃないですか」

ちひろ「まぁ、それは確かにそうですね。えーと、アンリちゃん……だったかしら?私は千川ちひろ。主に事務担当です。よろしくお願いしますね?」

アンリ「う、うむ……苦しゅうないぞ!」

アンリ(なんだ……こやつからは、何やら得体のしれない威圧感を感じるぞ!こやつには逆らってはならないと、余のシックスセンスがわっしょいわっしょいと告げておる……っ)




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:13:52.58 ID:NoMQm3Fa0

蘭子「くくく、哀れな子羊が三匹迷い込んだか。我が名は神崎蘭子!血の盟約に従い、我と共に魂の共鳴を奏でん。フッ…宴の始まりぞ」

アンリ「……の、のぅ天使ヶ原桜よ。あれは、俗に言うリア充言語か?余にはさっぱりわからなかったのだが」

天使ヶ原「大丈夫です、私もよく分かりませんでしたから」

モバP「あー、彼女の言動は少し特殊だから気にしなくていいよ。大丈夫、熊本弁も慣れれば普通に分かるようになるから」

天使ヶ原「熊本弁ってあんなんだっけ……」

左門「ボクに聞かないでよ」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:14:32.72 ID:NoMQm3Fa0

凛「渋谷凛……よろしく」

天使ヶ原「あ、凛ちゃんだ!うわー、本物だぁ!」

左門「誰?」

天使ヶ原「知らないの?ニュージェネレーションっていうユニットの渋谷凛ちゃんだよ!私、ファンなんだー」

凛「そ、そう……ありがとう///」

左門「ふーん、渋谷さん……だっけ?」ズイッ

凛「な、なに?」

左門「君さぁ……今、生きづらくない?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:16:39.22 ID:NoMQm3Fa0

凛「は?それってどういう……」

左門「もっとさ、自分を解放したらどうかな?自分の欲を心の奥に押し込んだって体に毒だよ。自分をさらけ出して、自由に生きてみなよ。じゃないと、そこの天使ヶ原さん(ウンコ)みたいにつまらない存在になっちゃうよ」

天使ヶ原「今、見逃せないルビが見えたんだけど!ていうか、アイドルに向かってなに堕落させるような事言ってるの!」

左門「いやー、なんか彼女からはボク好みの匂いを感じてつい、ね」

天使ヶ原「まったくもう、ろくなこと言わないんだから。ごめんね、左門くんが変な事言っちゃって」

凛「ううん、別に気にしてないよ」

凛(もっと自分をさらけ出して……か)チラッ

モバP「? どうかしたか、凛」

凛「なんでもない」フィッ



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:17:34.11 ID:NoMQm3Fa0

菜々「……」

モバP「菜々さん?ほら、自己紹介してくださいよ」

菜々「ふぇ!?あ、安部菜々です!永遠の17歳でリアルJKです☆」キャハッ

アンリ「……安部菜々、といったか?おぬし、余とどこかで会った事ないか?」

モバP「あれ、二人は知り合いか?」

菜々「な、ナナは初めてお会いしますけども?」

アンリ「うーん、その滲み出る忌々しい聖なる気はどこかで覚えが……あ、うぬはもしかして、スプ……」

菜々「ナナはナナです!人間ですよ!受肉とかもしてません!にじゅ……も生きてない、えーと……17歳なんです!」クワッ

アンリ「お、おう……すまない。スプン……もとい安部菜々よ」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:19:38.10 ID:NoMQm3Fa0

モバP「とりあえず、今居るアイドルの紹介はこんなものか。他のアイドルとはおいおい会えると思うから仲良くしてやってくれ」

アンリ「うむ、余に任せるが良い!」

天使ヶ原(それからは、アンリさんのアイドルとしての生活が始まった)



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:23:18.87 ID:NoMQm3Fa0

マストレ「はい、ワンツー!ワンツー!そこでガッとして!次にチュッして!はい、最後にハァーン!」

アンリ「うむ!」

マストレ「そこ、まだ動きが甘い!」

アンリ「あぁう!?」ズデーン

藍子「だ、大丈夫?ほら、立てますか?」

アンリ「うむ、すまない。胸が可愛い人」

藍子「」

天使ヶ原(時には厳しいレッスンをしたり)



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:28:02.29 ID:NoMQm3Fa0

輝子「フヒヒ……机の下は……落ち着く……」

森久保「アイドルの仕事なんか忘れて、いつまでもここに居たい……」

アンリ「うむ、確かに机の下はなんか落ち着くのぅ……闇キャ(※)安住の地と言えよう!」※陰キャの上位互換

まゆ「Pさんは譲りませんからねぇ?」

アンリ「安心せい、余は召介一筋だからな!」

まゆ「召介さんって……確か、初日に一緒に来てた男性の方ですよねぇ?」






15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:30:57.41 ID:NoMQm3Fa0

アンリ「そうだ。召介は余と恋人同士でな!それはもう毎日のように愛し合っているのだ!」

まゆ「それは羨ましいですねぇ。まゆもPさんともっと愛し合いたいんですけど、なかなかうまくいかなくてぇ」

アンリ「ふむ……佐久間まゆは、つまりはプロデューサーと恋人になりたいのだな?余と召介のように」

まゆ「はいぃ」

アンリ「くくく、ならば余に任せておくが良い!余は恋愛の達人だからな!何でもアドバイスしてやろう!」

モバP「仲良くするのはいいけど、流石に机の下に4人は狭くないか?」

天使ヶ原(時には、机の下で友情を深めたり)



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:32:42.05 ID:NoMQm3Fa0

アンリ「高垣楓よ。うぬはなんだか……ストリングプレイスパイダーベイビーが得意そうだな」

楓「」


天使ヶ原(時には先輩アイドルと衝突したり)



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:34:19.96 ID:NoMQm3Fa0

楓「まぁ、できるけど」

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira123727.png




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:39:03.38 ID:NoMQm3Fa0

小梅「アンリ……さん……」

アンリ「白坂小梅か、どうした?」

小梅「今日も、魔界に居た時のお話……聞かせて」

アンリ「白坂小梅……うむ!余で良ければいくらでも話してやろう!」ウキウキ


天使ヶ原(時には年下のアイドルから慕われつつ、アンリさんはアイドルとしての力をぐんぐんつけていった)



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:41:25.84 ID:NoMQm3Fa0

天使ヶ原(そして、ついに初ライブの日がやってきて……それは起こってしまった)





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:44:37.70 ID:NoMQm3Fa0

アンリ「下郎どもー!今日は余のライブに来てくれて感謝するぞー!」

ファン「アンリちゃーん!」

アンリ「それでは早速ゆくぞ!一曲目『恋のインフルエンザ~インフルBBAとよばないで~』!」

ファン「「ぉぉぉおおおおおお!」」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:53:30.11 ID:NoMQm3Fa0

アンリ(あぁ……余の歌に下郎どもが聞きほれている……。これが……リア充……っ!)

ファン「アンリー!かわいいぞー!」

アンリ(余は……余は、もうリア充なのだな!もう……思い残す事など何も無い!)

天使ヶ原(そして、ライブが終わるとアンリさんはおもむろにマイクを持つと観客に向かって)

アンリ「余は……このように人に囲まれて幸せ者だ。……もう、思い残す事は無い。余は……余は……アイドルを引退します!」

ファン・天使ヶ原「「……」」

ファン・天使ヶ原「「えぇーーーー!?」」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 18:57:51.09 ID:NoMQm3Fa0

数日後

アンリ「召介ー♪」

天使ヶ原(あれから、アンリさんは何事もなくいつものアンリさんに戻っている。あの日、初ライブでいきなり引退宣言をしたことでかなりの騒ぎになったけど、不思議と騒動になる事は無かった。346プロダクションの方からも何もなく、まるで最初から何もなかったかのようになっている)

天使ヶ原(たぶん、左門くんがまた悪魔の力を使って何かしたのだろう。アンリさんがいったい何を思ってアイドルを引退したのかは分からない。だけど……)

アンリ「~♪」

天使ヶ原(アンリさんが幸せそうだから……まぁ、いいのかな?)



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 19:00:22.27 ID:NoMQm3Fa0

菜々「まったく……アイドルになったかと思えば、初ライブでいきなり引退するとか何考えてるんでしょうかね、あの人は」

菜々「おかげで、事後処理が大変でしたよまったくもう!」

スタッフ「菜々さーん、出番でーす!準備の方しゃしゃ◆△δΘっすー!」

菜々「はーい!……よーし、ウサミン17歳今日も元気に頑張っちゃいます♪」キャハッ

終わり



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/22(火) 19:02:12.93 ID:NoMQm3Fa0

以上です

左門くんの中では、アンリが一番好きなので左門くんの作者とは特に関係ないですがモバマスとクロスさせてみました
左門くんはサモナーは良い作品なので、是非読んでみてください




元スレ
SS速報VIP:モバP「アイドルになりませんか?」アンリ・マユ「余がアイドルだと!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479805532/