SS速報VIP:服部瞳子「なんやて、工藤!?」工藤忍「ええ…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479988634/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 20:57:15.24 ID:c/FHQdAl0

初投稿

短い


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479988634




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 20:58:15.60 ID:c/FHQdAl0

服部瞳子「なんやて、工藤!?」

工藤忍「ええと、どうしたんですか?」

瞳子「何でそんなに白々しいんや?オレやで、服部や!」

忍「ええ…?」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 20:59:44.51 ID:c/FHQdAl0

喜多見柚「トゥールットゥトゥルルルー」

桃井あずき「トゥールットゥトゥルルルー」

喜多見柚「トゥールットゥトゥルルルー」

あずき「トゥートゥ」

柚「オレは高校生探偵工藤忍。幼なじみの綾瀬穂乃香と…」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:00:39.26 ID:c/FHQdAl0

忍「ちょ、ちょっと待って。」

柚「ん?」

あずき「どうしたの?」

忍「何でコ○ン?」

柚「何でって」

あずき「言われてもねえ?」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:01:48.40 ID:c/FHQdAl0

柚「工藤と服部がいたらねえ?」

あずき「するよねえ?コナ○ごっこ。」

忍「しません。」

柚「ええー、そんなの絶対おかしいよー。」

忍「おかしくないです。少しも。」

あずき「でも、本当はやりたいでしょ?○ナン?」

忍「これっぽっちも。」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:03:54.74 ID:c/FHQdAl0

瞳子「ご、ごめんなさいね、工藤さん…」

忍「あ、い、いえ、瞳子さんが謝るようなことじゃ…」

瞳子「ごめんなさい。工藤さんと仲良くなりたかったのだけど、こんなんに年の離れた子と、どうやって接したら良いかわからなくて…それで柚ちゃんたちに聞いたら『コナ○』の真似すれば良いって…」

瞳子「でも、気を悪くしちゃったのなら、ごめんなさい。」

忍「気を悪くだなんて、そんな…」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:04:50.11 ID:c/FHQdAl0

忍「第一、あずきちゃんたちが言い出したいつもの冗談みたいなものですから、そんなに怒って無いですし。」

瞳子「そう?良かった。なら良いのだけれど…」

忍「服部さんってすごく、何と言うか、真面目ですね。」

瞳子「そう…かしら。」

忍「はい、柚ちゃんたちの言うことをそのまま実行してしまうところとか。ちゃんと謝ってくれるところとか。」

瞳子「…そうかもしれないわね。もう一度アイドルになれるチャンスを逃さないためにも、しっかりしなきゃとは思ってるかしら。」

忍「そうだったんですか…。」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:05:42.99 ID:c/FHQdAl0

忍「そう言えば、あずきちゃんと柚ちゃんにはどうやって話かけたんですか?どういうふうに接したら良いかわからないって言ってましたけど。」

柚「それはだね、忍クン。」

あずき「あずきたちから声をかける。その名も、『こっちから話かけて仲良くなろう大作戦』を敢行したのだよ!」

忍「まんまじゃん。」

柚「ホノカちゃんも一緒だったよ。」

忍「ええ、そうなの?」

瞳子「ええ、穂乃香ちゃんも一緒だったわ。」

あずき「しかも、穂乃香ちゃんも『コ○ン』の案に賛成してくれたよ。」

忍「ええ!そうなの?」

柚「最初の入りの時に幼なじみ役で出してくれるなら良いって言ってた。」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:07:20.08 ID:c/FHQdAl0

忍「穂乃香ちゃん…って、何でアタシも呼んでくれなかったの?」

あずき「だってからその日は忍ちゃん、仕事なかったし…」

忍「まあ、仕事がなかったならしょうがないか…っておい。」

忍「仕事なかったなら呼んでよ~。」

柚「でも、せっかくのお休みに事務所に呼び出すのもなーって思って。」

忍「そっか、そうだったんだ。なら仕方ないね。…ありがと。」

あずき「あずきたちの『気が利くオンナ大作戦』成功だね。」

忍「久々に決まったね、大作戦。」

あずき「もー、だから、いつも決めてるでしょー!?」

忍柚「あははははっ」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:08:30.35 ID:c/FHQdAl0

瞳子「…」

忍「?」

忍「どうしたんですか?」

瞳子「いやあ。なんだかみんながうらやましいなって。」

瞳子「昔はそんなことなかったから…」

瞳子「こういう、他愛もないことや、冗談を言い合える間柄がうらやましくって。」

忍「…じゃあ、今からなれば良いんですよ。」

瞳子「えっ?」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:10:37.59 ID:c/FHQdAl0

忍「なれば良いんです。そんな間柄に。同じ事務所の仲間と。だって、アタシたちのアイドル人生はまだまだずっと先まで続いてるんですよ?」

瞳子「!……そうね…」

忍「だから、何十年かかっても問題ないんです。少しずつでも良いんです。」

忍「だから。だから、まずはアタシたちとから、他愛もないことや、冗談の言い合える間柄になりませんか?」

瞳子「…ええ。そうするわ。ありがとう。」

忍「はいっ!これからよろしくお願いします、瞳子さん!」

瞳子「ふふっ。こちらこそよろしくお願いね、忍ちゃん。」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/24(木) 21:11:58.72 ID:c/FHQdAl0

終わりです。

ありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:服部瞳子「なんやて、工藤!?」工藤忍「ええ…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479988634/