※ルビィは生えていません



1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:46:10.94 ID:ydSkK0rd.net

ルビィ「な…なんですかソレ…んっ///」ビク-ガクガク

曜「ルビィちゃんみたいな…」パンパン

曜「エッチな娘の事だよ///♡」パンパンパン

ルビィ「ルビィはっ♡こんな事したく…んっ///……ないのにっっ」

曜「あうっ♡」ドキ

曜「そういう反応がいちいち可愛いから…興奮しちゃうんだよ!///」パンパンパンパン

ルビィ「ん"っ"♡ああぁっ…♡あっ♡」ユサユサ

曜「イクっ!いくよルビィちゃん…んああああぁあっっ」ドピュルルルル、ピュルル

ルビィ「ふぁあああああぁああぁっっ―――!!///」ビクビクビックン

ルビィ「うぐぅ…///」ガクガク

曜「♡」

曜「本当に気持ち良かったよ…後片付けはやってあげるね♪」



2: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:46:37.01 ID:ydSkK0rd.net

―――
――


ルビィ「…」ジトメ

曜「ご、ごめんって……二人っきりになると興奮して」

ルビィ「いいですよ……慣れっこです」

曜「うう…本当にごめんね」

ルビィ「……お菓子くれたら許してあげます」

曜「ルビィちゃん……有難うね」

曜「それじゃゴミを持って行くよ」

ルビィ「はい」

ガラガラ……



3: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:47:03.63 ID:ydSkK0rd.net

ルビィ「…」

ルビィ「……」

(ロッカーみて)

ルビィ「………何でそこに隠れてるんですか?千歌ちゃん」

千歌「!!」ビク

ギイイィィ……

千歌「バレてたんだ……」

ルビィ「はい……」



4: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:47:39.75 ID:ydSkK0rd.net

千歌「二人がここで衣装を作ってるのは知ってたからロッカーに隠れて二人を驚かせようとしたら……」

千歌「その///曜ちゃんがルビィちゃんを///」

ビンビン

ルビィ「……それを見て興奮したんですか?」

千歌「やっ///これはっっ///」バ

ルビィ「……はぁ」サワ

千歌「ひっ///♡」ビク

ルビィ「ごめんなさい…流石に中はさっきやったばかりなので……口でしますね」スルスル

千歌「そ、そんなっ///私は別にっ///」ギンギン

ルビィ「そんな大きくして説得力ないです……あむ」

千歌「ひゃ♡」ビク

ルビィ「あむ…」パク



7: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:48:09.57 ID:ydSkK0rd.net

千歌「♡♡」ゾクゾクゾク

ルビィ「はむ…じゅる……ちゅむ」ジュルジュル

千歌「あぁ♡んんんっ…///♡」

ルビィ「ん…あむ……れろ」

千歌「~~~っっ」ビクビク

千歌「ご、ごめんルビィちゃんん!!♡でりゅうううう♡♡」ドピュルルルル

ルビィ「っっっ!……」ビクン

千歌「あ"ぁ"っ"♡」

ルビィ「………」ゴクン



8: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:48:39.71 ID:ydSkK0rd.net

ルビィ「……満足しました?」

千歌「ルビィちゃん…♡」ブルブル

ギュ

ルビィ「ふぁ♡」

千歌「ごめんねルビィちゃん……いつもいつも……」

ルビィ「いいんです…気にしないでください千歌ちゃん」

千歌「ルビィちゃん……辛かったら言ってね?力になってみせるから」

ルビィ「はい千歌ちゃん♡」

―――
――




9: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:49:19.24 ID:ydSkK0rd.net

黒澤家

ダイヤ「んっ♡はぁっ♡はぁ♡」パンパンパン

ルビィ「~~っっ♡♡」ガクガク

スズチュン、ジュチュジュチュ

ルビィ「ふあああぁあああ♡♡おきゅにっ♡おきゅにっ♡ん♡だめぇえ♡」ビクビク

ダイヤ「ふぅ!///そんな破廉恥な声を出して///余計に腰を振るのを止めれませんわ!///♡」パンパンパン

ルビィ「あっ♡あっ♡きゅるっ♡いっちゃううぅ♡」

ダイヤ「―――っっ!!!!」ドピュルルルルル、ビュルルル

ルビィ「あぁあああぁあああぁっっ♡♡♡」ビクビクビクビク



10: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:49:40.55 ID:ydSkK0rd.net

ルビィ「はひ…♡はぁ…♡はぁ…♡」

ルビィ「あ、あついのが…ルビィのにゃかに……♡」ポー

ダイヤ「全く我が妹ながら淫乱な娘ですわね♡」ナデナデ

ダイヤ「明日も頑張るのですよルビィ」

ルビィ「うう……」

ルビィ(明日か……明日は………)









11: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:50:06.62 ID:ydSkK0rd.net

翌日

学校

果南「ルビィ♪」ウシロカラハグ

ルビィ「か、果南さん!?」

果南「練習が終わったら部室に来てくれないかな?」ボソ

ルビィ「うぅ…///」



13: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:50:37.80 ID:ydSkK0rd.net

―――
――
ー 

練習後 部室

ガララ

果南「ごめんねルビィ……我慢できなくてさ」

ルビィ「もうそろそろ来ると思ってました」

果南「ルビィに負担をかけないように我慢してるんだけど……一度ルビィの気持ち良さ知っちゃうとさ……離れないんだよ」

果南「今もほら……」ポロン

ルビィ「うあぁ///」

ビンビン

果南「収まりがきかないんだよ……」

ルビィ(やっぱり大きい……///)



15: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:51:30.37 ID:ydSkK0rd.net

果南「ふふルビィも興奮しちゃった?」

ルビィ「し、してませ///……ひゃ!?///」ビク

果南「ほら…私のおちんちん見ただけで濡れてるじゃん」クチュクチュ

ルビィ「ち、ちがっ///」

果南「でも安心してよ…いきなりは挿入(いれ)ないからさ…んっ」チュ

ルビィ「あむっ///」

ルビィ(き…キス……)

果南「あむ♡…れろ♡…んちゅ♡…じゅるる♡」クチュチュ

ルビィ「ひゃむ♡…んぁあっ♡…ちゅ♡…あ♡…」



16: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:52:38.62 ID:ydSkK0rd.net

果南「んはっ♡……」ツゥー

ルビィ「ぷはぁ♡…」

果南「ほら…ルビィいつもの」グイ

ルビィ「ふぁ…♡」

果南「そうそう私にもたれかかって……そして私は胸を揉むよ」モミ

ルビィ「あっ♡」ビク

果南「中学の時から変わらずの流れだけど……飽きないってのがいいね」モミモミ

ルビィ「んんっ♡あ♡そんなもみかた♡♡」ビクビク

果南「こうされるのが好きなのは解ってるよ」モミモミ

ルビィ「ぁ♡ぅ♡……ふぁ♡」ガクガク



17: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:53:13.12 ID:ydSkK0rd.net

果南「もしかしてイキそう?」モミモミ

ルビィ「~~っっ///」コクコクコク

果南「ふふ♪」モミモミギュウウウ

ルビィ「ぃっ!ふぁああああぁあ♡♡」ブシャアアア

ルビィ「あ"っ"♡う"う"ぅ"………ふぅ……ふぅ……」プルプル

果南「♡」ゾクゾクゾク

果南(顔を真っ赤にして震えてるルビィが本当に可愛い♡)

果南「それじゃ…ルビィ♡」ビンビン

ルビィ「は…はい♡」



19: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:54:23.45 ID:ydSkK0rd.net

ズッズブ

ルビィ「あ♡ん♡どんどんはいって……♡」ズ…ズズ

ルビィ「おっきっ♡おっきいにょがぁっっ♡♡りゅびぃのなかにっ♡♡」

ルビィ「んんんん♡♡…ふああああぁ♡」ビクビクビク

果南「ふふふ何年経っても私のおちんちんが全部入る前に一回いっちゃうんだね♡」

ルビィ「だってだってっ♡こんなの♡耐えれない♡♡」

果南「ふふ…♪……んっ……ぜんぶはいったね♡」

ルビィ「うぅうう♡」

ヌチュヌチュ、ヌチュチュ…

ルビィ「はぁ♡あああぁ♡ふにゃああ♡♡」

果南「いい♡ルビィのなか♡♡本当にやめられないよ!♡」パンパン

ルビィ「ふぅう"♡…――っぃ♡まっまた…いっちゃううぅうう///」

ルビィ「ふぁああああぁぁぁあ♡♡♡」



20: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:55:21.40 ID:ydSkK0rd.net

果南「あぐぅ♡絞めつけが♡♡」ゾクゾク

果南「こんな小さな体なのに何回もイクなんて♡♡」パンパンドヂュヂュヂュ

ルビィ「ひぃ♡♡♡やめでえ"え"ぇ"♡」

ルビィ「お"がじぐな"っ"ぢゃう"っ"♡」

果南「また、そんな事いって♡」ゾクゾク

果南「もっと激しくしてほしいから…私が興奮させるような事言うんだね♡」パンパンパン

ルビィ「あんっ♡あ♡あっ♡」ガクガクガク

果南「っ♡」グチュグチュパンパンパン

ルビィ「ひぅう"う"っ♡はげしっ♡♡」

果南「ルビィ!♡ルビィイイ♡お願い♡」

果南「いつもの言って♡聞きたい♡」パンパンパンパン

ルビィ「っ♡」



21: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:56:17.21 ID:ydSkK0rd.net

ルビィ「あっ♡い、い…ルビィのなかに…ひゃん♡…あったかいのいれて///」

ルビィ「果南お姉ちゃああんっ♡」

果南「―――っっ♡♡♡」ゾクゾクゾク

果南「それはやっぱり反則級っ!イクっ…受け止めて……♡」

果南「ああぁああっ!!」ドピュルルルル、ドピュウウウ、ピュウウ

ルビィ「ふあああぁああああああぁっ♡♡」ガクガクガクブシャアアア

果南「うううううぅ///」ピュルピュル、ドピュウウウウウウウウウ

ルビィ「くりゅううぅ♡♡まだでてるぅぅう♡♡」

ルビィ「ああぁあああぁああああ―――!!」

果南「……」

ヌポリヌポヌポヌポ

ルビィ「んひゃあぁああああぁあっっ!!!?///」ビクビク

果南「ルビィは何回もイってるのに私は一回……もっとイかせて」ズチュズチュズチュ

ルビィ「む"り"ィ"♡♡…んああぁあ♡♡」

ルビィ「も"う"ほ"ん"どに"♡♡やめっっ♡♡」

果南「毎回毎回やめてないでしょ♡」パンパン



22: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:57:00.21 ID:ydSkK0rd.net

ルビィ「うごさないでぇ♡♡イッた♡イッたから敏感になって…んんん♡♡」

果南「本当にルビィは♡私をドキドキさせる言葉ばかり♡♡」ズチュズチュズチュ

ルビィ「んぁあっ♡ひぐぅ♡――ぃっ♡♡」

ルビィ「なんでっ…///いつもっ…酷いことされてるのに……んあぁ♡」

ルビィ「こんなにも♡気持ちいいって感じるなんて…///ふああぁあ♡♡」ビクビク

果南「エッチな娘だねルビィは♡ルビッチって言われてるだけはあるね♡♡」

ルビィ「誰がそんなこと…あぁああっ♡」

果南「きた♡イクっっ」ドピュウウウウウ

ルビィ「あぁあああぁぁああああ―――♡♡♡」ビクビクビクビクビク

ルビィ「ひぃあ……あへぇ♡」ガクガク

果南「はぁ…♡はぁ…♡」

果南「いつもやりすぎちゃうよね……何年経っても変わらないね」

ルビィ「…♡」

果南「気絶しちゃったか……ちょっと片付けしないとね」

果南「拭く物を教室から取ってこよ」

ガラララ

 
 
善子「はぁ……はぁ……///」



23: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:57:47.93 ID:ydSkK0rd.net

善子「凄いもの見ちゃった……///」

ルビィ「」

善子「うっ///」ビンビン

善子「ごめん…ルビィ……」ヌポォ

ルビィ「…う♡」

善子「ふああぁあああ///」ゾクゾクゾク

善子「す、すごい!やっぱり凄いルビィのなかぁっ///♡」パンパンパン

ルビィ「ぁ♡ぅ♡」

善子「ふうう――っ♡♡」ズポォズポォ

ルビィ「んっ……ほえ?」パチ

ルビィ「よよ善子ちゃん!?ふぁあ♡なにしてっっ///」

善子「うう///ヨハネ!ヨハネよ///私のリトルデーモンなんだから私がやりたい時にやらせなさいよ///」パンパンパン

ルビィ「そっそんな///……はう♡」ビク



24: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 15:58:56.41 ID:ydSkK0rd.net

善子「ううぅ」ピタ

善子(でも本当にいいの?果南さんとやってルビィ……疲れてるし……)

善子(ルビィの事を思うなら……ここは我慢して……)

ルビィ「……」

ギュ

善子「え!?ルビィ!!?」

ルビィ「いいよ……善子ちゃん」

ルビィ「ルビィは善子ちゃん……ううんヨハネ様のリトルデーモンだもん…好きにしていいよ///」

善子「ルビィィッ///」キュウウーン

善子「ルビィ♡すきぃ♡すきぃ♡」ヌチュ、ヌチュウ、ヌチュ

ルビィ「あぁあああ♡ひ♡…っ♡」

善子「はぁ♡はぁ♡はぁ♡」パンパンパン

ルビィ「んにゃ♡きもちいいのが♡どんどん♡ましてぇぇ……♡」

ルビィ「る、ルビィ…もう♡いっちゃぅぅ……♡」

善子「ん///……私も……ああぁああああ」ドピュルルル

ルビィ「やあぁああああぁああっっ♡♡」ビクン

ルビィ「ヨハネ……さまぁ♡」クター

善子「ルビィ…♡」



26: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 16:00:04.57 ID:ydSkK0rd.net

ガラララ

果南「終わった?」

善子「なっ!?果南さん見てたの!?」

果南「見てたし善子が最初っから覗いてたのも解ってたよ」

善子「うう///」

果南「ほら、片付け手伝って」

善子「わ、解ったわよ」

ルビィ「ルビィも手伝い…ふぁ♡」ブシュ

果南「いいよ二人でやるからルビィは休んでて」

ルビィ「あ、有難うございます……///」

果南「歩きにくいならオンブして帰ろうか?」クス

ルビィ「大丈夫です///」

果南「ふ~ん……成長してるんだね…中学の時はいつもオンブして帰ってたんだけど……」

果南「嬉しいのやら悲しいのやら」

ルビィ「///」



27: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 16:00:35.65 ID:ydSkK0rd.net

善子(やっといてアレだけどルビィも大変ね……)

善子「その…ルビィ……明日も……するの?」

ルビィ「う、うん……数少ないルビィの出来ることだから……」

ルビィ「ルビィはAqoursのマスコット(肉便器)だから」

善子「うう///」

ルビィ「善子ちゃん……ルビィの事気にせず……善子ちゃんが言った通り……やりたい時にやっていいんだよ」

善子「ルビィ…」ギュ

果南「そうやって皆の分までやってあげるんだね……本当に優しい娘だねルビィは」ナデナデ

ルビィ「♡」









28: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 16:01:20.20 ID:ydSkK0rd.net

ルビィ(沼津に住む女性はおちんちんが生えるのは当然の事)

ルビィ(でも例外もあってルビィみたいに生えない娘も居るみたい)

ルビィ(ルビィの役目は気持ち良くさせてあげること……お姉ちゃんと花丸ちゃんに教わったんだ)



62: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:31:45.53 ID:/5g5Icow.net

翌日
通学路

花丸「おはようルビィちゃん」

ルビィ「おはよう花丸ちゃん」

花丸「そ、その///いつもの聞かせてほしいずら///」

ルビィ「うん。あのね昨日ね……」

ルビィ(いつの頃か……ルビィは毎日花丸ちゃんに誰に気持ち良くさせられたか話すようになっていた)






花丸「そ、そう///果南さんと善子ちゃんに……///」

ルビィ「う…うん///」

花丸「気持ち……良かった?///」

ルビィ「……///」コクコク

花丸「ふ~ん///」ビンビン



63: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:32:15.76 ID:/5g5Icow.net

ルビィ「……」

ルビィ「………」

ルビィ「花丸ちゃんも気持ち良くなりたい?」


花丸「な!?お、オラは別に!!///」

サワサワ

花丸「ひっ///」ビク

ルビィ「こんなに膨らんで……」シコシコシコ

花丸「やっ♡パンツのうえから♡」ビクビク


ルビィ「わ…どんどん大きくなって……」

ルビィ「辛そうだからパンツ下ろしてあげるね」スルスル

花丸「ふああぁぁ……♡」ポロン

ルビィ「…」ギュ

花丸「っ♡」ビク

ルビィ「♡」シコシコシコ



64: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:32:47.84 ID:/5g5Icow.net

花丸「あっ♡んっ♡ああぁあ♡」

シコシコシコシコ

ルビィ「気持ちいい?」

花丸「いい///すごくきんもちがいい///♡♡」

花丸「くぅ♡…ふぐぅ♡……あっ♡あっ♡」

花丸「っっっ!!」ガシ

(ルビィの頭掴み)

ルビィ「え?」

グイ……ズポ

ルビィ「おごぉ!?///」

ルビィ(花丸ちゃんのノッポパンがルビィの口に!?///)

花丸「ごめん♡ごめんねルビィちゃん……止められなくて!///」ズチョズチョ

ルビィ「おごぉ…あむ……あぷっ!?♡」ジタバタジタバタ



65: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:33:17.09 ID:/5g5Icow.net

花丸「ああぁ♡止まらないずら♡」ユサユサ

ルビィ「んんん!?れろ…じゅるる♡」

ルビィ「ちゅうう♡じゅむ♡」

花丸「ルビィちゃん♡」ゾクゾク

花丸「いくずら…ああぁああああぁあああ」ドピュルルルル

ルビィ「んぐっ!?……ゴクッ」

花丸「はぁ♡…はぁ♡」

花丸「ご、ごめんルビィちゃん……ルビィちゃんが可愛いからつい……」

ルビィ「ううん……いいの花丸ちゃん」

花丸「///」



66: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:33:44.17 ID:/5g5Icow.net

鞠莉「あっ!やっぱりここに隠れてやってる!」

花丸「ま、鞠莉さん!?」

鞠莉「ルビィ……悪いけどお願いね」ポロン

ルビィ「ええ!?」

鞠莉「昨日果南からやったの聞いて……私も収まりきかなくて///」

ルビィ「うう///」

鞠莉「時間も時間だし、ほら服を脱いで」グイグイ

ルビィ「ふぁあああ///」スルスル

花丸(ルビィちゃんの裸///いつも見てるけど……やっぱり興奮するずら///)

鞠莉「相変わらず可愛い体してるわね……この体で私達を何回誘惑したのかしら?」

ルビィ「し、してないもん///」

鞠莉「」ズポォ

ルビィ「ふああぁあぁあぁっっ///」



67: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:34:17.83 ID:/5g5Icow.net

花丸(あ、あれは本で読んだ乱れ牡丹!すごいエッチずら///)

鞠莉「ほらほら花丸に見せてあげなさい」パンパンパン

ルビィ「ああぁあ♡いやぁ♡足をっ広げないでぇ♡」

ルビィ「花丸ちゃんに♡んあぁあ♡みえちゃううぅう♡」

花丸(大事な所がまる見えずら///)ジィー

ルビィ「あ"ぁ"♡あ"ぁ"っ"♡」ユサユサ

花丸「///」

鞠莉「ふふ♪いいのよ花丸」ズポズチュズチュ

花丸「ずら!?」

鞠莉「今、花丸がしたい事をすればいいわ…私は止めはしないわ」



68: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:34:55.94 ID:/5g5Icow.net

花丸「したいこと……ルビィちゃん……あむっ」

ルビィ「ひぃあっ♡ルビィの胸を…♡」

花丸「はむ…ちゅる…じちゅ…♡」クチュクチュ

ルビィ「んあぁあ♡…んっ♡」ビクビク

ルビィ(ルビィの…おっぱい吸われて……)

ルビィ「ああぁあああぁぁああ―――♡♡」

ブシャアアアア

鞠莉「あらあら♪イっちゃたのね……でもパーティ―はまだ始まったばかりよ」パンパン

ルビィ「ぃっ♡」ビク

ルビィ「あっ♡あっ♡ふぁっ♡♡」

花丸「ルビィちゃんの…ペロ…おっぱい…ジュル……おいしい」

ルビィ「はなっ♡まる…ちゃん♡」ビクビクビク

鞠莉「もっともっといくわよ!」

パンパンパン

ルビィ「ふああぁあ♡やぁっ♡はげしっ♡」ユサユサ



69: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:35:26.89 ID:/5g5Icow.net

花丸「♡」ゾクゾク

鞠莉「ほらルビィ何時もの言って♡」

鞠莉「言わないとホラ!」パンパンパンパン

ルビィ「あぁあああっっ♡♡あっ♡ああぁあ―――♡」ビクビク

鞠莉「どんどん激しくしちゃうんだから!♡」ズチュズチュジュポ

ルビィ「ひぐぅうう♡ふぅ"うう♡♡♡」

花丸(うわ♡うわあ♡ルビィちゃん可愛いずら♡)

ルビィ「りゅびぃのにゃかにぃ"い"♡♡い"れ"でぐだざい"ぃ"」

ルビィ「鞠莉おねちゃあぁ"あ ぁあああん!!!」ビクビクビク

鞠莉「っ♡♡♡」

鞠莉「きたっ♡いくわよルビィ♡」

鞠莉「いっっ♡」ドピュルルルルル、ピュルルルル

ルビィ「ふああぁあああぁあ―――っっ♡♡♡」

ブシュアアアアァアア

鞠莉「ひっ♡」ドピュ、ドピュ

ルビィ「ああぁ♡…まだルビィの…なかに……流れて♡♡」









70: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:36:20.81 ID:/5g5Icow.net

鞠莉「ふ~凄く気持ち良かったわ♡」

ルビィ「うう///」

花丸「ルビィちゃん偉いずら」ナデナデ

鞠莉「ね~ルビィ…昔みたいに鞠莉お姉ちゃんって呼んでくれないの?」

ルビィ「は、恥ずかしいです///」

鞠莉「あ~あ…残念ね」

ルビィ「……」

ルビィ「あのね……」

ルビィ「ルビィの役目についてなんだけど……」

鞠莉・花丸「えっ!?」ゾクゥ…

鞠莉(まさか……純粋なルビィを騙している事がバレちゃった!?)

花丸(ま、まずいずら」

ルビィ「ルビィはAqoursのマスコット(肉奴隷)で皆を気持ち良くさせるのが役目なんだよね?」

鞠莉「」タラダラ

ルビィ「?鞠莉さん…すごい汗…どうしたんですか?」

鞠莉「い、いえ……なんでもないわ……」



71: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 16:36:50.44 ID:/5g5Icow.net

花丸「そ、それで……どうしたの?」

ルビィ「えっと……実は悩みがあって……」

鞠莉「悩み?」

ルビィ「その……梨子さんなんだけど……」

ルビィ「梨子さんは……」

 
 
 
ルビィ「生えてないでしょ?」

鞠莉「そうね」

ルビィ「それでね……いつも気持ちいい事はルビィばっかりしてもらって……」

ルビィ「これって……いいのかなって……」

花丸「ず……ら」

鞠莉「まぁ本人がいいって言うならいいんじゃない?」

鞠莉(良かった……だましてる事がバレなくて)



80: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 14:59:27.89 ID:11DQht6Q.net

(物影)

梨子「……」







放課後

梨子「ねぇルビィちゃん」

ルビィ「何ですか?梨子さん」

梨子「朝にしてたでしょ?」ボソ

ルビィ「ぅ///」

ルビィ「…見てたんですか?」

梨子「ちょっと見えちゃって……それでね」

梨子「私も……したくなちゃった♡」



81: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:00:59.41 ID:11DQht6Q.net

ルビィ「ええ!?」

梨子「いいでしょ?」

ルビィ「で、でも……」

梨子「もう……知ってるのよ?私以外だと直ぐにするって」

梨子「どうして私だけ、ためらうのよ?」

ルビィ「だって……ルビィの役目は生えた人を気持ちよくさせる事だって……」

ルビィ「でも梨子さんは生えてないじゃないですか」

梨子「そうね……私は沼津生まれじゃないから……でもね思い出して見て」

梨子「ダイヤさんや花丸ちゃんは沼津生まれなら誰でも気持ち良くさせろって言った?」

 
ルビィ「……言ってません」

梨子「何て言われたの?」

ルビィ「お姉ちゃんが認めた人のみ……気持ち良くさせなさいって……」

梨子「認めれられた人は誰?」

ルビィ「Aqoursのメンバ―です……」

梨子「つまりダイヤさんはAqoursのメンバ―を気持ち良くさせなさいって言ったのね?」

ルビィ「そうです……」



82: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:01:53.58 ID:11DQht6Q.net

梨子「ほら……Aqoursのメンバーなら私も含まれるじゃない」

梨子「生えてる生えてない関係ないのよ」


ルビィ「でも……ルビィの役目は気持ち良くさせる事なのに……」

ルビィ「梨子さんの時は、いつもルビィばかり気持ち良くなって……」

 
梨子「ああ……な~んだ、そんな事を気にしてたの?」

ルビィ「///」

 
梨子「私はね……ルビィちゃんが気持ち良くなれば私も気持ちいいの」

梨子「だから…ね?♡」アゴクイ


ルビィ「あっ♡」ドキ

ルビィ(いつもコレされるとドキドキしちゃう……///)



83: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:02:24.14 ID:11DQht6Q.net

梨子「んん♡」

ルビィ「ちゅ♡」

梨子「んちゅ♡じゅるるぅ♡はむっ♡♡」

ルビィ「あむ♡ちゅ♡んん♡♡」

梨子「♡♡」スタスタ

ルビィ「んむっ///」ヨロヨロ…ドン

ルビィ(キスされたまま壁まで押されて///…激しぃ///)

梨子「あむっ…ん♡ちゅ♡れろぉ♡」

ルビィ「くちゅ♡じゅる♡ぁ♡♡」

梨子「♡♡」サワ

ルビィ「んむ!?」

ルビィ(む、胸を!?)

ルビィ「んんんむっっ♡」ジタバタ

ルビィ「ん♡ちゅ♡くちゅ♡ちゅぅ♡……」

ルビィ(だめ…ポーとしちゃう……抵抗できない)



84: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:03:08.91 ID:11DQht6Q.net

ルビィ「ちゅ♡ぐちゅ♡ぢゅく♡ぴちゃ♡くちゅくちゅ♡♡」

梨子「ぷは♡」ツゥー

ルビィ「ぷは♡」

梨子「♡」ペロ

梨子「ルビィちゃんとのキスはやっぱり好き♡♡」

ルビィ「はぁ…はぁ……だからといってキスしすぎですよ……///」

梨子「仕方ないじゃない……こんなに可愛い娘が目の前にいたら……」モミ

ルビィ「ひゃっ///」

モミモミモミ

ルビィ「ふぁ♡やぁ♡あっ♡」

モミモミモミモミ

ルビィ「くすぐったぃ♡やめっ♡んっ♡ふああぁぁっ♡」

梨子「直に触れたいから……脱がすね♡」スルスル

ルビィ「ふぁ…」

梨子「ルビィちゃんの裸……♡」

梨子(こんな小さな体がAqours全員に犯されてると考えると余計に興奮しちゃう///)ドキドキ

モミモミ

ルビィ「ふぁあ♡んんっ♡」



85: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:03:56.63 ID:11DQht6Q.net

クリクリ

ルビィ「ひゃああ!?///」ビク

梨子「ふふ……乳首をころころしちゃう」クリクリ

ルビィ「ふひゃあぁ♡あ"っ"♡だめぇ♡」

ルビィ「ちくび…♡そんなことしちゃっ♡」

梨子「興奮しちゃう?」

ルビィ「ち、ちがっ///」

梨子「ふ~ん……じゃあこれは?」

梨子「ちゅ♡ちゅうう~~~♡♡」

ルビィ「ふあああぁあぁあ♡♡」ビク

ルビィ「おっぱい♡すわないでぇ♡♡」

梨子「美味しい♡♡」



86: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:04:39.72 ID:11DQht6Q.net

梨子「もっと……いろんな所食べたいな~♡」ペロリ

梨子「あ~ん…あむ♡」パク

ルビィ「ひゃぁ♡おへそ♡」

梨子「あむ♡あむ♡あむ♡」

ルビィ「ひっ♡あっ♡ん♡」

梨子(脇♡)ペロアムペロ

ルビィ「くすぐったぃ///」ビク

梨子「(ルビィちゃんの指♡)ちゅ♡ちゅむちゅむ♡」

ルビィ「///」ドキドキドキ

梨子「はああぁぁ…♡ルビィちゃん美味しい♡」

ルビィ「うう…///」

梨子「それじゃ……ルビィちゃん……いいかな?」

ルビィ「う…うん///」

梨子「♡」スルスル

ルビィ(下着が脱がされてく…恥ずかしいよぉぉ///)プルプル

梨子「ルビィちゃんの大事なところがもう濡れてるね♡」

ルビィ「/////」



87: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:05:36.96 ID:11DQht6Q.net

梨子「ルビィちゃん……触るね」クチュ

ルビィ「ふぁあぁあ♡♡」ゾクゾク

ルビィ「ゆびぃが♡はいって♡んん♡」

クチュクチュ

ルビィ「なかまではいって♡…あ♡あぁぁん♡♡」ビクビク

ルビィ「あっ♡あっ♡あっ♡」

ルビィ「すごく♡かんじちゃう///♡」

 
梨子「♡」クチュクチュ


ルビィ「ふあああぁあ♡♡」

梨子「ルビィちゃんは我慢して立っててね」

梨子「私は座ってルビィちゃんのアソコを舐めるね」スス

ルビィ「えぇ!?ちょ!?」

梨子「じゅる♡ちゅちゅ♡ちゅむ♡」

ルビィ「ひゃあぁああ♡♡」ガクガクガク

ルビィ「そ、そんにゃに♡すったら♡たてないぃ♡」ガクガク

梨子「ちゅむ♡駄目よ♡我慢してね♡」

梨子「じゅる♡ちゅうちゅう♡んちゅ♡」

ルビィ「ふあ♡あっ♡あああぁぁぁっ♡」



88: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:09:20.37 ID:11DQht6Q.net

ジュルジュルルル


ルビィ「はぁっ♡やぁっ♡あっ♡ああっ♡ふああぁああ♡」

 
ルビィ「ふにゃぁ♡ぃ♡んん♡ひゃん♡」

ルビィ「り、りこしゃん♡ルビィも、もうげんかいいいぃ♡♡」ゾクゾクゾク

梨子「うん♡思いっきり吸ってあげる♡」

ジュルルルルルルル

 
ルビィ「ひゃあぁ♡あっ♡あっ♡ああっ♡」

ルビィ「ふああああああああぁあぁぁああっっ~~~~!!♡♡」

ブシャアアアアアアアアア

ルビィ「ふぁ♡あっ♡…ああぁぁ…♡」ビクビク

ヘナヘナ

(ルビィがへたり込む様に座った)

梨子「よく頑張ったね♡」ナデナデ

ルビィ「りこ…さん♡」



89: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:09:45.19 ID:11DQht6Q.net

またいつか書きます



90: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 15:18:00.40 ID:PFUImF7u.net

冷めてないルビッチもいいね



91: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 16:29:24.60 ID:i6Mlb+BZ.net

3年組の性癖被ってて草


元スレ
ルビィ「ルビッチ?」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1480229170/