SS速報VIP:提督「デートしよう暁」 暁「ランチに行くの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481118546/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:49:06.16 ID:96y1xdIMO

暁「……」ソワソワ

提督「何そわそわしてんだ」

暁「べ、別にそろそろ休憩したいなーとか思ってないし!」

提督「ほーそうか。じゃあこのままぶっ続けでしよう。朝までしよう」

暁「あ、朝まで?」

提督「ん? どうした? まさか一人前のレディともあろうものが休憩したいのか?」

暁「へっちゃらだしっ!」

提督「よしよしそうかそうか。じゃ俺は休憩するから後は任せた」

暁「え?」

提督「あー! ココアまじうめえ!」

暁「何一人でココア飲んでんのよ! 私の分は!?」

提督「あれれー? おっかしいぞー? 誰かさんは一人前のレディだから休憩要らないんじゃなかったっけなー?」

暁「大人気なっ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481118546




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:50:04.81 ID:96y1xdIMO

暁「つ、疲れた」

提督「うむ。ご苦労」

暁「これだけがんばったんだから豪華なランチに連れて行ってくれてもいいのよ?」

提督「ああ、いいだろう。じゃせっかくだから外に食べに行くか」

暁「いいの? 鎮守府留守にして」

提督「かまわん。どうせもう仕事もないし、いてもいなくても一緒だ」

暁「なんでこの鎮守府潰れないんだろう……」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:50:46.34 ID:96y1xdIMO

―レストラン―

提督「暁、どれにする?」

暁「えーっと、私はお子様……」

提督「そういえばたしかここは確か極辛カレーが有名な店だったな」

暁「え? そうなの?」

提督「うむ。ここのカレーは名物でな。女性にも大人気なんだ。なんでもコラーゲンたっぷりで美容にもいいとかなんとか」

暁「……」

提督「せっかく来たんだ。名物料理を食べないとな。さて、暁は何にする?」

暁「もちろん名物のカレーよ!」

提督「さすがはレディだ。素晴らしい」

暁「当然よ!」エッヘン



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:52:21.69 ID:96y1xdIMO

提督「かーっ! お子様ランチマジうめえ!」パクパク

暁(も、ものすごく辛いじゃないのこのカレー……)プルプル

提督「あれあれ? 暁さん全然食が進んでないようだけど、気分でも悪いのか?」

暁「へ、へっちゃらだし」プルプル

提督「あー、このお子様カレーマジかれえ。水飲も水」ゴクゴク

暁「ていうかなんで司令官がお子様ランチ食べてるのよっ! せっかくだから名物料理食べたいんじゃなかったの!?」

提督「うむ。もちろん食べたかった。だが残念ながら俺は辛いのがだめなんだ。ああ、とても残念だ」ゴクゴク

暁「こ、このゲス野郎……!」

提督「おおっと。水を飲みすぎてしまった。無くなってしまったではないか。この店は水のおかわり禁止だしなあ。まいったまいった」

暁「え? もうお水無いの?」

提督「うむ。ああ困った。このお子様カレーを水無しで食べるなんて」パクパク

暁「……」プルプル



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:53:47.69 ID:96y1xdIMO

提督「ああ。とてもうまかったな」

暁「……」ジンジン

提督「おやどうした暁? まるで水無しで極辛カレーを完食したような顔をして」

暁「その通りよ! どこかのゲス野郎のおかげで水無しで食べきったのよっ!」

提督「よくがんばったな暁」ゴシゴシ

暁「なでなでしないでよ! ほんとに! ていうかなで方雑! 痛いの!」

提督「いやほんとによく頑張った。お前のような部下を持って誇らしい」

暁「私は司令官みたいな上官を持って悲しいわ」

提督「ほれ褒美だ。飲み物をやろう」ポイッ

暁「あ、ありがとう……ってなんで牛乳なのよ! こういうときはお水じゃないの!?」

提督「いや変な意味はない。ただ純粋に嫌がらせをしたかっただけだ」

暁「純度100パーセントの悪意なの!?」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:55:08.20 ID:96y1xdIMO

暁「んー。でも飲み物を飲んだおかげで少し辛さが引いたかも」

提督「ちっ」

暁「なんで舌打ちしたの?」

提督「暁の辛そうな顔が最高にかわいかったからな。もっと見たかったな。残念だ」

暁「か、かわいいって」テレテレ

提督(ちょろい)

暁「でもあそこのカレー辛かったけどおいしかったわね辛かったけど」

提督「そうだな」

暁「なんていうかこう、辛さの中にもおいしさがあるっていうか」

提督「たしかに」

暁「辛さを乗り越えた先に、幸せがあるっていうか」

提督「なるほど」

暁「味の深みを感じたわ。さすが名物というだけあるわ。すごくおいしかったわ」

提督「そうかそうかそれはよかった」

暁「うん! ありがとう司令官!」

提督「ちなみにあの店はカレーが名物でもなんでもない。普通のカレーにとうがらしをぶち込んだだけだ」

暁「じゃあ何で勧めたのよ! さっきまでほめてたのが馬鹿みたいじゃない!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:55:53.99 ID:96y1xdIMO

提督「せっかくだ。この辺をぶらついて行こう」

暁「まだどこか行くの? なにこれデート?」

提督「で、でーとだなんてそんな」テレテレ

暁「なんで司令官が照れるのよ」

提督「だって一緒に歩いてて噂とかされると恥ずかしいし」

暁「乙女か!」

提督「では行こうか? レディ?」

暁「紳士か!」

提督「ほらほら、いいからとっとと行くぞ」

暁「し、仕方ないわね。付き合ってあげるわ」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:56:20.95 ID:96y1xdIMO

提督「ここが俺の行きつけの喫茶店だ」ドヤァ

暁「何でドヤ顔なのよ」

提督「おしゃれだろう? 自慢したかったんだ」

暁「ええ、確かにお洒落かも」

提督「じゃあ帰るか」

暁「自慢したかっただけなの!? せっかくだから入ろうよ!」

提督「だってこれ以上暁に出させるのも申し訳ないし」

暁「なんでナチュラルに私が出すことになってんのよ!」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:56:54.42 ID:96y1xdIMO

提督「やあマスターご無沙汰かい?」

マスター「……?」

暁「誰?って顔してるじゃない」

提督「あれ? 覚えてない? 俺だよ。あっちゃんだよ」

マスター「ああ! あっちゃん?」

提督「そうそう。コーヒー一杯で10時間粘ったあっちゃんだよ」

マスター「あの散々粘った挙句、金がないって小さな娘に迎えにこさせたあっちゃん?」

提督「そうそうその」

暁「なにやってるのよ」

マスター「なつかしいなあ。あの電って子は元気にやってる?」

提督「俺に嫌気がさして出てっちまったよ。HAHAHA!」

マスター「ああ、俺も今すぐお前に出て行ってもらいたいよ。HAHAHA!]

暁(すごく帰りたい)



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:57:24.09 ID:96y1xdIMO

提督「マスターいつものを頼む」

マスター「ああ、お冷だな。そっちの嬢ちゃんは?」

暁「なんでお冷をいつも頼んでるのよ……。うーん私はココ……、じゃなくてコーヒーで!」

マスター「あいよ、砂糖とミルクはどうする?」

暁(いつもは4個だけど今日は口の中が辛いから5個にしとこうかな)

提督「マスター俺もコーヒーを頼む。無論ブラックでな」

マスター「……」ピクッ

暁「え? 司令官ブラックコーヒー飲めるの?」

提督「当然だ。ブラックこそコーヒーの本来の味が楽しめる。違いのわかる大人はブラックをたしなむものだ」

マスター「了解。そっちの嬢ちゃんはどうする?」

暁「わ、私もブラックで」

マスター「ああ」

提督「……」ニヤ




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:58:10.40 ID:96y1xdIMO

提督「ううむ。やはりコーヒーはブラックに限るな。暁」

暁「そ、そうね。司令官」

提督「いいコーヒーというのは地獄のように熱く、悪魔のように黒いというしな。なあ暁」

暁「そうね。とってもおいしいわ」プルプル

提督「やはりブラックだ。男は黒に染まってこそだ。なあ暁」

暁「いちいち私に振らないでよ!」

提督(ふふふ。本当は俺のコーヒーはブラックなどではない。こっそり砂糖ありありにしてある。いい仕事だ。マスター)

マスター(いいからさっさと出て行ってくれ)



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:58:44.54 ID:96y1xdIMO

提督「いいコーヒーだった。うまかったな」

暁「ええ、そうね」

暁(うう、口の中が辛かったり苦かったりで気持ち悪い)

提督「では少し歩こうか」

暁「ちょ、ちょっと待ってよ。どこかで休んでいかない?」

提督「そいつはいいな! さっき休んだばかりだけど」

暁「あ、あそこのベンチとかいんじゃない?」

提督「一休みするにはもってこいだな! さっき休んだばっかだけど」

暁「行きましょ! 司令官」

提督「おうともさ! 休んだ直後だけどな!」

暁「すこしは気を遣いなさいよ!」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:59:18.01 ID:96y1xdIMO

暁「ふう。こういう何もない平和な時間もいいものね」

提督「何を電みたいなことをいってるのだ」

暁「どこかのだれかさんのおかげで電が出てっちゃったからさみしいのよ」

提督「へっ! いなくなってせいせいすらいっ!」

暁「女房に逃げられた頑固親父か!」

提督「ところで暁。せっかくのデートでしかもベンチに座っているんだ。することがあるんじゃないか?」

暁「すること?」

提督「膝枕だ」

暁「ひ、膝枕って……。まじめな顔して何言ってるのよ」

提督「うるさい。膝枕をするんだ。世界がそれを望んでいるんだ」

暁「も、もう。しょうがないわね」

提督「うむ。ではこっちに頭を乗せろ」

暁「私がされる側なの!?」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:00:50.62 ID:96y1xdIMO

提督「どうだ?」

暁「太もも硬い。寝心地すっごい悪い」

提督「ばかな……」ガーン

暁「何でショック受けてんのよ」

提督「くそが。俺だって暁重いし。足疲れるわ」

暁「お、重くなんかないし!」

提督「いやめっちゃ重い。超疲れる」

暁「じゃあ今のこの状況、誰も得してないじゃない」

提督「かもな」

暁「じゃあやめる?」

提督「いやもうちょっとだけ続けよう」

暁「はいはい」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:01:22.16 ID:96y1xdIMO

提督「……もう調子は良くなったか?」

暁「うん、ありがとう司令官」

提督「じゃあそろそろ鎮守府に帰ろう」

暁「そうね! 帰りましょ!」

提督「よしどっちが先に鎮守府に着くか競争だ」

暁「ふふふ。望むところよ! それっ」ダッ

提督「あっ! てめえきたねえぞ!」ダッ

暁「あはははは! こーこまーでおーいでー!」ダダダダ

提督「はははは! 待ちやがれー!」ダダダダ



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:02:07.88 ID:96y1xdIMO

提督「……」ゴホッ

暁「……」コヒューコヒュー

提督「鎮守府遠くない?」ゼェゼェ

暁「誰よ。真っ先にダッシュした奴は」ハァハァ

提督「もういい。歩いて帰ろう」スタスタ

暁「ええそうね」スタスタ

提督「いやいやほんとは競争なんてする気ないから」

暁「そうだよね」

提督「うんうん。暁ももう疲れただろう? このまま一緒に鎮守府に帰ろう」

暁「やっぱり優しいなあ司令官は」

提督「っと見せかけて!」ダッ

暁「わかってたわよ! このゲス野郎!」ダッ




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:02:51.09 ID:96y1xdIMO

暁「やったー! 私の勝ちー!」

提督「馬鹿な。この私が……。これが人の持つ可能性か。いいだろう今回は貴様の勝ちだ。」

暁「ラスボスか! じゃあ私のお願いをひとつだけ聞いてもらうわね!」

提督「いつそんな約束をしたよ」

暁「うーんどうしよっかなー」

提督「だからいつそんな約束を」

暁「決まった!」

提督「だから」

暁「また一緒にデートしようね? 司令官」

提督「……望むところよ」

終わり


元スレ
SS速報VIP:提督「デートしよう暁」 暁「ランチに行くの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481118546/