1: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:34:28.63 ID:6RiYJc5G.net

ー音楽室ー

海未「~♪」

真姫「海未、前より上手くなってるわ。この調子で練習頑張って」

海未「ありがとうございます。やはり真姫に教わって正解でしたね」ニコニコ

真姫「う、海未のセンスが良いだけよ///」カァァァァ

にこ「あー、真姫ちゃん照れてるー」ニヤニヤ

真姫「べ、別に照れてなんかないわよ!次にこちゃん!ほら!ピアノの前に来てっ!」アセアセッ

にこ「はいはーい」トテトテトテ...

絵里「皆、前より上手くなってるわねー」

凛「...」ウツムキ

絵里「凛?どうしたの?お腹でも痛いの?」

穂乃果「昨日ラーメンでも食べ過ぎたんじゃないの?」

凛「凛そんなにラーメン食べないもんっ。一昨日食べたけど」テヘッ

絵里「じゃあどうして俯いてたの?」

凛「あのね、さっき海未ちゃんの歌聞いて1つ思ったんだけど...」

穂乃果「上手だったよね。やっぱり海未ちゃん声が綺麗だからかな?」

絵里「いい声してるわよね。なんか探偵っぽい声したり、カードゲームやってそうな声したりグダグダしてそうな妖精みたいな声だったり表現豊かな声よね」ニコニコ

穂乃果「絵里ちゃん何の話してるの...?って脱線しちゃったね。凛ちゃん、何を思ったの?」

凛「海未ちゃんって歌う時...ですます口調どこいっちゃったの?」



2: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:35:25.91 ID:6RiYJc5G.net

穂乃果「...」

絵里「...」

凛「...」

ほのえり「た、たしかにっ!」アセアセッ

穂乃果「そういえばそうだね!今まで普通にしてたけどよく考えたらおかしいよね!」

絵里「そうね...いつもはですます口調の丁寧語なのに歌う時だけは普通の口調に...歌詞の都合なのかしら」

穂乃果「でも作詞って...」チラッ

海未「あー。あーっ...ごほんっ。発声も奥が深いですね...」

凛「海未ちゃん本人なんだよね」

絵里「自分で自由に出来るのにどうしてですます口調を捨ててるのかしら」

穂乃果「...待って絵里ちゃん、凛ちゃん」キリッ

絵里「ほ、穂乃果?」アセアセッ

穂乃果「ですますを捨てた、じゃないよ。考えを逆転させるんだよ!」イギアリッ

凛「逆転?」



3: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:35:51.42 ID:6RiYJc5G.net

穂乃果「捨てたんじゃない...元々ですます口調じゃないんだよ!」ドーン

絵里「そ、そんな...!じゃああのですます口調は...」

凛「...キャラ作り」ボソッ

穂乃果「そうだよ凛ちゃん。あれは海未ちゃんの壮大なアイドル計画の1つなんだよ」

絵里「あ、アイドル計画...!?」

海未「3人で何を話してるのですか?」テクテクテク…

凛「う、うみちゃ!?」アセアセッ

絵里「あー...その...わ、私達、ダンス練習組の様子見てくるわね!」グイッ...ズルズルズル...

穂乃果「海未ちゃんあとでねー」ズルズルズル...

凛「にゃー」ズルズルズル...

海未「...変な人達ですね」



4: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:36:45.60 ID:6RiYJc5G.net

にこ「だーかーらっ!半音上がるとか下げるとか何なのよ!」クワッ

真姫「何って何よ!下げりゃ済む話でしょうが!」プンスカ

にこ「どう下げんのよ!」

海未「あなた達もいつまで喧嘩してるんですか...ん?」ヒョイ

『月間アイドルマガジン』

海未「(にこが持ち込んだものでしょうか...私もアイドルについて学んだ方がよいのでしょうか...)」ペラッ...ペラッ...

にこ「~♪」

真姫「...」ウットリ

にこ「ちょっと、指導どうしたのよ」

真姫「え?あ、ごめんなさい。つい聞き惚れちゃって...」アセアセッ



5: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:37:02.34 ID:6RiYJc5G.net

にこ「聞き惚れ...///」カァァァァ

真姫「///」

海未「...」ペラッ...ペラッ...

『最新アイドル事情!キャラ作りはもう古い!普通に可愛く攻めろ!』

海未「(キャラ作り...私も当初はですます口調がキャラ作りなんて言われたものです)」シンミリ

海未「(ですが普通に可愛く...つまり穂乃果やことりみたいな事ですかね?えっと...)」

海未「海未だよっ。よろしくねっ///」ボソボソッ

海未「(うぅぅ///あ、合いません!こんな恥ずかしい事を穂乃果とことりはやっていたのですか!?正気じゃないですね!)」アセアセッ

にこ「真姫ちゃん...///」

真姫「にこちゃん...///」

海未「って2人とも何やってるんですか」ジトー



6: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:37:43.61 ID:6RiYJc5G.net

ー廊下ー

穂乃果「逃げてきたけど...やっぱり違うような気がするよ...」ゼェゼェ

凛「えー?」

穂乃果「だってですますで歌うなんてアイドルの歌には珍しいもん。それを知ってて海未ちゃんはわざと普通の口調にしてるんだと思うよ?」

絵里「そうね。希も歌う時には普通だし、歌う時だけのはずよ」

凛「そうかなぁ...」ムスー

穂乃果「そうだって。ほら、音楽室戻ろ?ね?」スタスタスタ...

凛「うーん...凛はキャラ作りの為だと思ったんだけどなぁ」テクテクテク…

絵里「あれが普通なのよ。けど凛は細かいところ気付くのね。さすがμ's1の女の子」ニヤニヤ



7: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:38:15.55 ID:6RiYJc5G.net

凛「んにゃ///!?え、絵里ちゃん恥ずかしいよー///」

穂乃果「凛ちゃん可愛いー」ニヤニヤ

凛「うぅ...///は、早く音楽室入るにゃ!開けるよ!」ガラガラッ

海未「はぁ...1人は寂しいなぁ」ボソボソッ

ほのえりりん「( ゚д゚)」

海未「おや、穂乃果達ではありませんか。もうダンス練習組の様子見てきたのですか?」フリムキッ

穂乃果「ぁ、え、う、海未ちゃ...」オロオロ...

絵里「も、もも、もう1回見てくるわ!」グイッ...ダダダダダダダ...!

海未「(元気な人達ですね...にしてもこの、男を落とす最強の一言というのは本当なのでしょうか。寂しいと私が言えば穂乃果も...って私は一体何考えてるんですか///)」カァァァァ



8: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:38:54.08 ID:6RiYJc5G.net

ー図書室ー

絵里「危なかったわね...それにしてもまさか凛の言っていた事が本当だったなんて...」ゼェゼェ

凛「やっと信じてくれたにゃー」

穂乃果「け、けど何で逃げたの絵里ちゃん?」アセアセッ

絵里「いやだって海未のアイドル計画に関係するんでしょ?そんな重大な事を私達が暴きそうになってるなんて本人に知られたら...」

凛「どうなるの?」アセアセッ

絵里「...殺されるはずよ」キリッ

穂乃果「ぇ...」ガタガタガタ...

凛「り、凛...海未ちゃんに殺されちゃうの...?」ウルウル...

絵里「気付かれればね...でもアイドル計画ってどういう事なの?穂乃果説明して」



10: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:39:38.98 ID:6RiYJc5G.net

穂乃果「...海未ちゃん実は小さい頃からアイドルになりたかったんじゃない?」

凛「海未ちゃんが!?」

穂乃果「その為に、アイドルに必要なキャラ作りをやろうと小さい頃から計画してですます口調にしたとか...どうかな?」

絵里「十数年間かけたキャラ作りは力になるわね。頭の良い海未ならやりかねないわ」

凛「それならどうして歌の時は普通の口調になるの?」

穂乃果「...うっ...」ウルウル...

凛「穂乃果ちゃん...?泣いてるの?」オロオロ...

穂乃果「きっと海未ちゃん疲れたんだよ...アイドルとしてですます口調の園田海未に...だから好きな歌を歌う時くらい本当の自分に戻りたいと...」ウルウル...

絵里「そんな...そこまでしてアイドルに...海未...!」ウルウル...



11: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:40:13.85 ID:6RiYJc5G.net

凛「...凛っ!海未ちゃんに普通の口調に戻るよう説得してみる!」ダッ

穂乃果「凛ちゃん!?」

凛「だって可哀想だよ!海未ちゃんにはありのままの海未ちゃんでいて欲しいにゃ!」

絵里「それはそうだけど...十数年やってきたものを否定する事になるのよ?」

凛「うぅぅ...じゃあどうしたら...」オロオロ...

穂乃果「...私達でなんとかしよう」

絵里「穂乃果...」

穂乃果「海未ちゃんは私達の大切な仲間だよ。仲間が困ってたら助けなきゃ!」

凛「...そうだね!海未ちゃんの為ならなんでもやるにゃ!」

絵里「私もよ!早速練習後に皆にも話しましょ!」



12: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:40:31.32 ID:6RiYJc5G.net

ー数時間後・アイドル研究部室ー

絵里「皆揃ったわね!」ドヤァ

希「急に集まれって何かあったん?」

花陽「ご飯...お腹減った...」ドヨーン

凛「かよちん飴食べる?」スッ

花陽「ありがと凛ちゃん」パクッモグモグ...

ことり「あれ、海未ちゃんは?まだ来てないみたいだね」

穂乃果「...海未ちゃんは来ないよ」

ことり「え?」

真姫「来ないってどういう事よ?」



13: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:41:13.03 ID:6RiYJc5G.net

絵里「今日集まってもらったのは他でもない...海未の事なの」キリッ

にこ「またスカートの丈で揉めたとかくだらない事じゃないでしょうね?チビ達がお腹空かして待ってるから早く帰りたいんだけど?」

凛「にこちゃん!」クワッ

にこ「うわっ、びっくりした...」

凛「海未ちゃんの一大事なんだよ!?なのに...なのににこちゃんは...」ウルウル...

にこ「え、何、そんなに大ごとの...?」オロオロ...

穂乃果「...実は...」



14: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:41:53.28 ID:6RiYJc5G.net

ー5分後ー

穂乃果「...っていう事なんだ」

絵里「海未...今まで辛かっでしょうね...」ウルウル...

凛「うみぢゃぁぁぁあ...!」ボロボロ...

5人「...」ポカーン

ことり「えっと...穂乃果ちゃん?」アセアセッ

穂乃果「ん...?」

ことり「海未ちゃんのですます口調ってアイドルの為だとは思わないんだけど...それに歌を歌う時、ですます口調じゃない方が想いが伝わるからじゃないの...?」オロオロ...

真姫「ですます口調が素でしょ。っていうかよくそんな妄想出来たわね...」ジトー

凛「妄想なんかじゃないよ!海未ちゃんはきっと今も耐えてるんだよ!」

穂乃果「そうだよ!私達3人で海未ちゃんが普通に喋ってるの聞いたんだもん!」

にこ「あの海未がアイドル好きなんて考えられないけどねぇ」ジトー



17: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:43:44.41 ID:6RiYJc5G.net

花陽「私も...そう思う...」オロオロ...

絵里「皆はわかってないわ...例えば花陽」

花陽「へ?」

絵里「海未はね...アイドルの為にお米を食べるのを我慢しているようなものなのよ」

花陽「んなっ...!嘘...そんな...海未ちゃん...!」ウルウル...

にこ「いやいやいや!例えがおかしいでしょ!」

絵里「じゃあにこ...漫画家になる夢を捨てて声優になれって言われてるようなものなのよ!?どう!?耐えられる!?ねぇ聞いてる!?中の人!」ガシッユサユサッ

にこ「ちょ、やめっ、何よ中の人って!?誰もいないわよ!」アセアセッ



18: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:44:22.89 ID:6RiYJc5G.net

絵里「あっ、ごめんなさい、取り乱しちゃったわ。けど海未にとってですます口調でいる事は大変だとおもうのよ」

希「3人の勘違いだと思うけどなぁ...海未ちゃんに聞いてみたらどう?」

真姫「それが1番早いわね。電話してみるわ」ピッ

穂乃果「待って真姫ちゃん!」ガバッ

真姫「ヴェェェ!?な、何すんのよ!」アセアセッ

穂乃果「海未ちゃんの事だからきっと私達に知られまいと隠すと思うんだ...だからこの事は内緒にしよう!ね!?」

真姫「えぇ...」ジトー

にこ「まぁ3人の言いたい事はわかったわ」

凛「にこちゃん!わかってく、」

にこ「バカバカしい。帰るわ」スタッ



19: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:45:04.77 ID:6RiYJc5G.net

穂乃果「えぇっ!?ちょっと待ってよ!」

にこ「海未がですます口調なのは元からよ!まったく!しょうもない事に付き合わせないでよね!」スタスタスタ...ガチャン!

真姫「私も先帰るわ。3人も寝て起きればこんな変な事忘れるはずよ」テクテクテク…

絵里「そんな...の、希は協力してくれるわよね!?」フリムキッ

希「うーん...カードは何にも言ってないしなぁ...えりち達の勘違いじゃない?」

穂乃果「希ちゃんまで...!」

ことり「穂乃果ちゃん」

穂乃果「ま、まさかことりちゃんも...?」オロオロ...



20: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:45:29.85 ID:6RiYJc5G.net

ことり「明日海未ちゃんに聞いてみよ?ね?そしたらわかると思うから...」アセアセッ

穂乃果「...うん」

花陽「凛ちゃんも帰ろっか。今日は私がラーメン奢ってあげるから行こっ」グイッ...テクテクテク…

凛「うにゃー...」ズルズルズル...

絵里「...誰も信じてくれなかったわね」ショボン

穂乃果「そうだね...私達も帰ろっか」

絵里「...ええ」トボトボトボ...



21: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:46:02.01 ID:6RiYJc5G.net

ー1時間後・商店街ー

ことり「穂乃果ちゃん達落ち込んでたねー」テクテクテク…

希「せやねぇ。にしてもNEW3バカトリオも変な事言いだすなぁ」

ことり「にこちゃんの代わりに絵里ちゃんがトリオに加入してからレベルアップしてるよね」ニコニコ

希「えりちにはウチからきつーくお仕置きしとかんとね...」テクテクテク…

ことり「...あっ」ササッ

希「ん?隠れちゃってどうしたんことりちゃん?」チラッ

ことり「希ちゃんも隠れて隠れてっ」チョイチョイ



22: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:46:21.57 ID:6RiYJc5G.net

希「?」テクテクテク…ササッ

ことり「ほらあそこ」ユビサシッ

海未「...」テクテクテク…

希「海未ちゃんやん...私服って事は買い物かな?」

ことり「...ちょっと後を付けてみない?」

希「え?」アセアセッ

ことり「一応穂乃果ちゃんの言ってた事も気になるし...ね?」ニヤッ

希「ふーん...まぁウチらの知らない海未ちゃんが見れそうやし...面白そうやね」ニヤリ



23: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:48:10.59 ID:6RiYJc5G.net

海未「...」テクテクテク…

ことり「買い物袋を持ってるのを見る限り今からお家に帰るのかな」ササッ

希「ことりちゃん名推理やね」ササッ

海未「...っ」チラッ...キョロキョロ...テクテクテク…

希「あれ、海未ちゃんの家ってあっちだっけ?」

ことり「ううん。もしかして寄り道...?」

希「海未ちゃんも寄り道するんやね」

ことり「海未ちゃん普段寄り道とかしないのに...どこ行くんだろ」トテトテトテ...

海未「...」キョロキョロ...スタスタスタ...

希「ここって...」

ことり「公園だね。もしかして遊ぶのかな?」

希「いやいやいや、さすがの海未ちゃんでもねぇ。にこっちとか凛ちゃんとかならまだわかるけど」

ことり「だねー」

海未「...っ!」タッタッタッタ...

ことり「は、走り出しちゃったよ!?どこ行くんだろ」トテトテトテ...

希「ことりちゃん気付かれないようにねー」テクテクテク...



24: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:48:39.19 ID:6RiYJc5G.net

ことり「...」ジーッ

希「こ、ことりちゃんっ」タッタッタッタ...

ことり「しーっ。あそこ見て」ユビサシッ

希「...子猫?」

子猫「ンニャ-」

海未「ふふっ。またここにいたのですね」ナデナデ

ことり「あの子猫に会いに来たみたい。海未ちゃん可愛いー///」ニコニコ

希「なんだかんだ女の子やね。ほらことりちゃん、そろそろ帰ろか」

ことり「えー?もうちょっと海未ちゃん眺めてたい...ダメ...?」ウワメヅカイ

希「うっ...」ドキッ

希「(こ、これが穂乃果ちゃん仕込みの上目遣い...!中々破壊力あるなぁ)」



26: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:49:13.99 ID:6RiYJc5G.net

希「ってあかんあかん。ことりちゃん、盗み見て海未ちゃんにバレたら後が怖いよー?ほら、帰ろ」

ことり「それもそうだね...」テクテクt

「本当...可愛いね」

のぞこと「っ!?」フリムキッ

海未「...」ニコニコ

ことり「い、今...」アセアセアセアセッ

希「う、海未ちゃんの声だったような...」オロオロ...

ことり「まさか...穂乃果ちゃんの言っていた事は本当だったって事...!?」

希「ま、まさか!ウチらの聞き間違いやって!」アセアセッ

海未「ん?...あっ、ことりと希ではないですか」チラッ...テクテクテク…

のぞこと「(バレた!?)」



27: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:50:31.37 ID:6RiYJc5G.net

海未「こんな所で何をしているのですか...って制服?今帰りですか?」キョトン

希「あ、あー...ことりちゃんと次の衣装の参考の為にあちこち回ってたんよ」アセアセッ

海未「次の衣装...ことりっ」ガシッ

ことり「へ?」アセアセッ

海未「スカートの長さ...頼みましたよ...?」ゴゴゴゴゴゴ...!

ことり「ま、任せて!そ、それじゃあ私達帰るねっ!」」タッタッタッタ...

希「こ、ことりちゃん待ってー!」タッタッタッタ...

海未「変な2人です...にしても猫相手に可愛く話す練習していたなんて誰かに見られたりなんかしたらおしまいですね...」キョロキョロ

海未「(ですがこれで穂乃果との距離が近付けば万々歳です。まぁダメ元でしばらく続けてみますか)」

子猫「ニャ-」スリスリ

海未「ふふっ///」ナデナデ



29: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:51:15.54 ID:6RiYJc5G.net

ー翌日昼休憩時間・アイドル研究部室ー

穂乃果「し、信じてくれるのっ!?」

ことり「うん...ことり達が間違ってたよ。たしかに海未ちゃんのですます口調は...キャラ作りだったんだね」

希「まさかウチのカードが外れるとは...えりち、本当にごめんっ!」ペコッ

絵里「信じてくれればいいのよ」ナデナデ

凛「でも残りの3人はまだ信じてくれてないよね...どうしよう」

穂乃果「まぁ引き続き説得するとして...海未ちゃんの為に何か出来る事ってないかな」

絵里「海未の為に...」

凛「うぅむ...」

ことり「...昨日一晩考えたんだけど...」オロオロ...

凛「にゃ?」



30: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:51:42.05 ID:6RiYJc5G.net

ことり「...私達も口調を変えるってのはどうかな?」

穂乃果「口調を?」

ことり「そう。海未ちゃんのですます口調みたいに私達も語尾に何か付けたり特徴が出るようにするの」

絵里「そんな事したら逆に海未のキャラが薄くならないかしら」

ことり「そうじゃなくて...1度海未ちゃんのキャラ作りを殺してしまおうって案なの」

希「...あぁ、そういう事ねー」ニヤッ

穂乃果「えー?難しいよことりちゃん!説明してー!」

ことり「えっとね、μ'sの皆で変な口調にしたら...1人、普通の口調の人がいたら逆にそれがキャラになると思うの」

凛「その普通の口調の人を海未ちゃんにさせるって事だね!」

ことり「そう!そしたら海未ちゃんはありのままの自分になれるしそのままキャラ作りしなくて済むの!」

穂乃果「ことりちゃん...天才だよ...!インド人もびっくりだよ!」

ことり「何でインド人...?」アセアセッ



31: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:52:07.50 ID:6RiYJc5G.net

絵里「けど皆で統一するって事はやっぱりあの3人にも協力してもらわないとダメなのよね?」

希「花陽ちゃんは簡単に説得出来そうだけど残り2人の頑固シスターズがなぁ...」

穂乃果「ねー」

ことり「どうしよっか」

絵里「それに口調も考えないと。まぁまずはお昼食べてから考えましょ。私お腹減っちゃった」

凛「凛も凛も!」

穂乃果「そだね。また放課後に考えよっか」

ことり「うんっ」



32: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:52:58.61 ID:6RiYJc5G.net

ー放課後・アイドル研究部室ー

海未「...」カキカキカキ...

にこ「海未、練習終わったのに帰んないの?」

海未「明日授業で使うノートまとめてから帰ろうかと思いまして...」カキカキカキ...

真姫「へぇ...海未が放課後にやる程量多かったのね」

海未「量というか...穂乃果の勉強に付き合ってて私の課題を忘れてしまっていたんです」

にこ「あらら...さっすが穂乃果想いの幼馴染ね」ニヤニヤ

真姫「単に幼馴染として、じゃなさそうだけどね」ニヤッ

海未「な、なんですか」アセアセッ

にこ「べっつにぃー?ささ、私達は帰りましょ真姫ちゃん」スタスタスタ...

真姫「そうね」テクテクテク…ガチャン

海未「何なんですか一体...早く仕上げて私も帰らないと」カキカキカキ...



33: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:53:45.04 ID:6RiYJc5G.net

ー30分後・校門前ー

真姫「まったくバカねぇ...何でわざわざ取りに戻って来たのよ」ジトー

にこ「今日の課題忘れたら今度こそ怒られるのよ...」テクテクテク…

真姫「明日の朝起きてささっと仕上げちゃえばいいじゃないの」スタスタスタ...

にこ「チビ達の面倒見てるから朝は死ぬほど忙しいのよ」

真姫「あぁ...ごめんなさい」ペコッ

にこ「何で謝るのよ。それに別に付いてこなくてもよかったのに」

真姫「ダメよ」グイッ

にこ「っ///」ドキッ

真姫「最近不審者が出たり物騒でしょ?だから1人はダメ」

にこ「...あ、ありがとね」モジモジ

真姫「その代わり今度何か奢ってね」

にこ「えー?」テクテクテク…



34: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:54:05.88 ID:6RiYJc5G.net

真姫「えー、じゃないの...ってあれ、花陽じゃない?」ユビサシッ

にこ「花陽?」

花陽「~♪」テクテクテク…

真姫「花陽ーっ」

花陽「あ、真姫ちゃんとにこちゃんだー」トテトテトテ...

にこ「花陽も忘れ物取りに来たの?」

花陽「忘れ物?私は帰りにアルパカさんの様子見てたら遅れちゃっただけだけど...」

真姫「優秀な花陽は忘れ物なんかしないわよ」ジトー

にこ「うっ...」アセアセッ

花陽「2人は忘れ物なの?」

にこ「えぇ。真姫ちゃんはボディーガードとして付いて来てもらったの」

花陽「そっか...わ、私も付いて行っていいかな?」オロオロ...

真姫「花陽も?」

花陽「うん。1人で帰るのちょっと怖くて...」モジモジ

にこ「そういや凛は用事とかなんとかで先帰っちゃったのよね。よしっ。じゃあ3人で行きましょー!」テクテクテク…

花陽「お、おーっ」トテトテトテ...

真姫「調子いいんだから」スタスタスタ...



35: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:55:03.88 ID:6RiYJc5G.net

ーアイドル研究部室ー

海未「...ふぅ。やっと終わりました」ササッ

海未「(あとは片付けて帰るだけ...いや、少しアレを読んでから帰りましょうかね。たしかカバンに...)」ガサゴソ...ヒョイ

『月刊アイドルマガジン』

海未「(穂乃果に恋愛対象として見られるべく買ったものの...中々勉強になりますねこれ。家では中々見れませんし...)」ペラッ...ペラッ...



36: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:55:41.41 ID:6RiYJc5G.net

ー10分後・廊下ー

にこ「いやー、2人ともごめんね」テクテクテク…

真姫「ごめんねじゃないわよ!なんで忘れたはずの課題がカバンの中にあるのよ」ジトー

花陽「まぁまぁ真姫ちゃん。にこちゃんもうっかりしてたんだよ」

にこ「花陽は優しいわねー」ナデナデ

花陽「えへへ...///」

真姫「...」イラッ

にこ「あれ、真姫ちゃんも頭撫でて欲しいのー?」ニヤニヤ

真姫「はぁ!?な、何でそうなるのよ!」アセアセッ

にこ「照れなくてもいいって。偉いわねー」ナデナデ

真姫「っ///もぅ...」ニヘラ  

花陽「2人とも仲良いね」ニコニコ

にこ「まぁね...ってちょっと」ユビサシッ

花陽「うん?」チラッ



37: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:56:26.56 ID:6RiYJc5G.net

真姫「部室がどうしたの?」

にこ「...まさか海未まだやってるのかしら」

花陽「海未ちゃんが残ってるの?」キョトン

真姫「課題片付けてから帰るんですって。でもこんな遅くまでありえるかしら?」

花陽「まさかって事もあるし...一応部室見てみる?」

にこ「そうね。海未がいたら危ないし一緒に帰りましょ」テクテクテク…

花陽「そういえばあの話...どうなのかな」トテトテトテ...

にこ「凛のやつ?まーたNEW3バカトリオの妄言でしょ」

真姫「にこちゃんと絵里がチェンジしてバカさが加速してるわよね」ニヤニヤ

にこ「絵里は素でポンコツだからね...」

花陽「あはは...部室、開けるねー」ガチャ...



38: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:57:27.07 ID:6RiYJc5G.net

海未「......zZZ」スヤスヤ

真姫「あー...机に突っ伏して寝ちゃってるわね」

にこ「こんなとこで寝るなんて疲れでも溜まってたのかしら」

花陽「早く起して帰らないと。海未ちゃ、」

にこ「待ってっ」

花陽「えっ?ど、どうしたの?」アセアセッ

にこ「海未の腕の下に敷いてる雑誌...これ『月刊アイドルマガジン』よ」ユビサシッ

花陽「本当だ...何で海未ちゃんが?」

真姫「アイドルマガジン?」キョトン

にこ「毎月アイドルについての情報や全国の有名スクールアイドルの活動予定表なんかが見れるアイドルファン御用達の一冊よ」

真姫「へー...ってちょっと待って。海未がこの雑誌を持ってるって事は...?」アセアセッ

花陽「...海未ちゃん実はアイドル好き...?」



39: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:58:12.06 ID:6RiYJc5G.net

にこ「っ!という事は、まさか穂乃果の言っていた海未のアイドル計画は本当だったって事!?」

真姫「そんなまさか...ただにこちゃんが部室に置いてある雑誌流し読みしてただけじゃないの?」

花陽「でもこれ...一昨日発売のやつだよ?」

真姫「...え?」アセアセッ

花陽「ねぇもしかして本当なんじゃないかな?凛ちゃん達が言ってたキャラ作りの話って...」オロオロ...

にこ「そ、そんなわけないでしょ!ほら!さっさと起して帰るわよ!海未っ!起きなさ、」

海未「んぅ...もぅ...可愛すぎるよぉ...抱き締めて...いい...?」ムニャムニャ

にこまきぱな「( ゚д゚)」ガタンッ



40: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 22:59:05.70 ID:6RiYJc5G.net

海未「...ん...あぁ、寝てしまいましたか」ムクリッ

海未「(いつの間にか寝てたとは...それにしても私がことりになって穂乃果とイチャイチャするなんて...良い夢でした///)」ニヤニヤ

にこまきぱな「( ゚д゚)」

海未「...何で3人がいるんですか?」アセアセッ

にこ「あ、その、忘れ物取りに来てみたら海未が寝てて...起こそうと思って...」アセアセアセアセッ

海未「そうでしたか...すいません」ペコッ

真姫「い、いや、いいのよ。えぇ。大丈夫...」オロオロ...

海未「真姫?何だか目がすごい泳いでますが...」

真姫「き、気のせいよ!」オロオロオロオロ...



41: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:00:10.80 ID:6RiYJc5G.net

海未「ならいいのですが...花陽?」

花陽「ピャ-」

海未「え?」

花陽「ピャ-」

にこ「あまりにも驚き過ぎて語彙がピャ-以外消し飛んでる...!」ガタガタガタ...

真姫「と、とにかく真っ暗にならないうちに早く帰りましょ!」アセアセッ

海未「それもそうですね。ニコッ

花陽「ピャ-」

真姫「...一大事ね」アセアセッ



43: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:00:49.90 ID:6RiYJc5G.net

ー翌朝ー

穂乃果「ふぁ...眠い...」ウトウト

海未「まだ1日が始まったばかりですよ?」スタスタスタ...

ことり「そうだよハノケチャ...」ウトウト

海未「ことりまで...」ハァ

穂乃果「ことりちゃんっ」ボソボソッ

ことり「ん?」

穂乃果「昨日結局、変な口調のアイディア出なかったね」ボソボソッ

ことり「ねー。夜遅くまで悩んだのに...」ボソボソッ

穂乃果「今日こそ皆でアイディア出さないとね。また練習後に集まろっか」

海未「2人で内緒話ですか?それと、何を集まるのですか?」グイッ

ことり「えっ!?あー...こ、今度テストがあるでしょ?だから穂乃果ちゃんのお家でテスト勉強しようって話ししてたの!」アセアセッ

穂乃果「そ、そうなの!」アセアセッ



44: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:01:39.73 ID:6RiYJc5G.net

海未「おぉ、穂乃果にしては良い考えです。では私も参加しますね」ニコッ

穂乃果「う、うん!よろしね!」アセアセッ

海未「えぇ。穂乃果の為です」ニコニコ

モブA「海未せんぱーい!」タッタッタッタ...

海未「あぁ、モブAではありませんか。朝からどうしました?」

モブA「ちょっと弓道場に来て欲しいんですけども...」オロオロ...

海未「弓道場に?わ、わかりました。穂乃果、ことり、先に教室に行っておいて下さい」タッタッタッタ...

ことり「行ってらっしゃーい」フリフリ

穂乃果「...海未ちゃん素の口調出ないね」

ことり「やっぱり普段はですます口調なんだね」

ダダダダダダダ...!

穂乃果「うん?」フリムキッ



45: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:02:06.65 ID:6RiYJc5G.net

にこ「穂乃果ぁぁあああっ!」ダダダダダダダ...!

穂乃果「うわっ!?に、にこちゃんどうしたの?」アセアセッ

にこ「はぁ...はぁ...海未は...?」キョロキョロ

真姫「ま、待ちなさいってにこちゃん!」タッタッタッタ...

ことり「真姫ちゃんだー。おはよー」

真姫「お、おはよう...」ゼェゼェ

穂乃果「2人とも朝から元気だね。海未ちゃんに何か用事?」

にこ「ほら!近頃言ってる海未のですます口調のやつよ!」

穂乃果「あー...けど2人とも信じてな、」

にこまき「信じるわ!」グイッ

穂乃果「え?」

にこ「昨日...部室で見てしまったのよ...素の海未を!」

ことり「へ?」



46: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:03:02.65 ID:6RiYJc5G.net

ー10分後ー

穂乃果「つまり海未ちゃんが寝言でそう言ってたの?」

真姫「そうなのよ。さすがに寝言であんな事言われたらねぇ...」

にこ「その後帰って2人で話し合ったの...海未はキャラ作りしてるんだって」

穂乃果「だよねだよね!だからさ、皆で海未ちゃんを助けてあげようよ!」

にこ「そうね!じゃあまた放課後に集合よ!」

ことほの「おーっ!」

真姫「はいはい」



47: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:03:35.11 ID:6RiYJc5G.net

ー昼休憩時間ー

穂乃果「やっと終わったぁ...」グデー

ことり「お疲れ様。ご飯食べよっかー」

穂乃果「うんっ!今日もランチパックがおいしーお昼ー」ニコニコ

海未「またランチパックですか?たまにはお米も食べたらどうですか?」

穂乃果「うーん...けどパンの方が美味しいし、

ガラガラッ...

絵里「穂乃果ー。ちょっといいー?」

ザワザワ...ザワザワ...

穂乃果「え、絵里ちゃん?どうしたんだろ...」テクテクテク…

海未「珍しいですね」

ことり「ねー」



49: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:04:14.86 ID:6RiYJc5G.net

絵里「...」ゴニョゴニョ

穂乃果「...」ゴニョゴニョ

絵里「...」ゴニョゴニョ

穂乃果「...」コクンッ...トテトテトテ...

海未「大丈夫ですか?」

穂乃果「えっと...こ、ことりちゃんっ...」ゴニョゴニョ

ことり「えっ...あー...」

海未「?」

穂乃果「海未ちゃんごめんっ!ちょっと用事出来ちゃった!少し絵里ちゃんの所行ってくるね!」

海未「あぁ、はい。μ'sの事でしょうか?」

穂乃果「ちょっと違くて...と、とにかく後で戻ってくるから!行こうことりちゃん!」グイッタッタッタッタ...

ことり「海未ちゃんまた後でねー」ズルズルズル...

海未「...何だか最近1人でいるのが増えました」ショボン

海未「(...屋上でアイドルマガジンでも見てきますかね)」テクテクテク…



50: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:04:51.77 ID:6RiYJc5G.net

ー練習後・アイドル研究部室ー

希「皆お疲れ様ー。また明日ねー」

絵里「希、今日はちょっと寄り道していかない?それとことりにも付いてきて欲しいんだけど...」

希「ええけど...どこ行くん?」

ことり「私も?」キョトン

絵里「その...最近胸がまた大きくなっちゃって...///」カァァァァ

ことり「あはは...」アセアセッ

希「あぁ///そういう事なら付き合うよ。にこっちもどう?」ニヤニヤ

にこ「うっさいおっぱいお化け共め」ギロリッ

希「おぉ怖い怖い。それじゃあ先出るねー」テクテクテク…

ことり「海未ちゃん、穂乃果ちゃん。また明日ねー」トテトテトテ...

絵里「皆、また明日ね」テクテクテク…



51: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:05:18.35 ID:6RiYJc5G.net

凛「ばいばーい!ねぇねぇかよちん!凛達もどこか寄ってこうよ!」

花陽「え?ラーメン屋?」

凛「凛の言う何処か行こうよはラーメン屋だけじゃないよ!今日は定食屋さんな気分にゃ。かよちんのオススメのお店連れてって!」

花陽「オススメ...じゃあ最近行った中で1番良い所連れて行ってあげるね!」

海未「花陽...?ここ数日はダイエット期間のはずでは?」ゴゴゴゴゴゴ...!

花陽「あっ...」アセアセッ

凛「か、かよちんここは一旦逃げるにゃー!」グイッタッタッタッタ...

花陽「ご、ごめんなさいぃぃぃぃぃい...!」ズルズルズル...

海未「あっこらっ!...まったく」ハァ



52: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:05:52.20 ID:6RiYJc5G.net

真姫「練習後だってのに元気ねぇ。それじゃあ私も帰るわ」スタスタスタ...

にこ「ねぇねぇ真姫ちゃん!今日家に誰かいるの?」トテトテトテ...

真姫「いないけど...」

にこ「じゃあウチ来ない?こないだ真姫ちゃんがオモチャのピアノで引いて見せてくれた時、チビ達大喜びしてたの」

真姫「ふーん...まぁ暇だから良いわよ」ソワソワ

にこ「とか言っちゃってー?本当はチビ達に遊んでもらったのが楽しかったからソワソワしてるんじゃないのー?」ニヤニヤ

真姫「ばっ///!し、してないわよ!イミワカンナイッ!」テクテクテク…

にこ「真姫ちゃんは可愛んだからー///」トテトテトテ...

海未「さてと。私達も帰りますよ」

穂乃果「うん!私が鍵閉めるよ!ささっ、どーぞお先に」

海未「はいはい」テクテクテク…

穂乃果「鍵返してくるから校門で待っててねー」タッタッタッタ...

海未「転ばないで下さいねー」テクテクテク…





  

サササッ...



53: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:06:56.14 ID:6RiYJc5G.net

ー5分後・アイドル研究部室ー

絵里「希、2人は校門から出た?」

希「ばっちしや。仲良く出てったね」

真姫「穂乃果が海未の相手をしているうちに話し合うなんて考えたものね」

にこ「こうでもしないと集まるなんて難しいわよ。けど花陽もあっさり信じたわね」

花陽「初めはびっくりしたけど...私...お米を我慢してアイドルをやってる海未ちゃんを放って置けないから!」ウルウル...

凛「かよちん...なんて優しいにゃ...聖母にゃ...」ギュッ

絵里「あの例え話まだ覚えてたのね...今回は穂乃果抜きだけど始めていくわよ。議題は『海未を助ける為どんな口調にすればいいか』よ」

ことり「うーん。特徴あるものがいいよね」

にこ「えぇ。凛の語尾ににゃーを付けるとか希のエセ関西弁も立派な個性ね」



54: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:07:35.70 ID:6RiYJc5G.net

希「なんか分析されると照れるなぁ///」モジモジ

凛「じゃあ皆でにゃーにゃー言うのは?」

絵里「なんかうるさくなりそうだけど...真姫、試しにやってみて」

真姫「ヴェェェ!?何で私なのよ!」アセアセッ

花陽「真姫ちゃん!海未ちゃんの未来がかかってるんだよ!?ここは勇気をだして!」

真姫「えぇ...わ、わかったわよ」ソワソワ

にこ「...」ドキドキッ

真姫「...い、イミワカンナイニャ...///」カァァァァ

にこ「ぶへぇっ!?」パタンッ

ことり「にこちゃんが倒れた!?だ、大丈夫!?」オロオロ...

にこ「このまま死んでもいい...真姫ニャンヤバイって...私の友達...こい...真姫ニャン...」ドサッ

凛「見た目完全にウスラカゲ族だけどね」

真姫「何の話かわからないけどバカにしてるのね」ペシッ



55: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:08:34.43 ID:6RiYJc5G.net

凛「あてっ...でも真姫ニャン可愛かったよ?」

真姫「...ありがと///」プイッ

絵里「じゃあ次は希ね」

希「何でウチ!?こ、こういう時は可愛いことりちゃんとか花陽ちゃんにさせよう!」アセアセッ

絵里「希がにゃんにゃんしてるのが見たい...ただそれだけよっ!」キリッ

希「えりち...///」キュン

ことり「あの2人ってたまにおかしくなるよね」

真姫「ここ最近毎日でしょうが」ジトー

ことり「でも希ちゃんのにゃんにゃん聞いてみたーい///」ニコニコ

希「ことりちゃんまで...///」カァァァァ

絵里「ほら希...恥ずかしがらないで...」キリッ

希「うぅぅ...す、すす、スピリチュアルにゃー...///」カァァァァ

絵里「おぁんっ///!」パタンッ



56: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:08:55.66 ID:6RiYJc5G.net

花陽「絵里ちゃんも倒れた!?」

絵里「ハラショーね...ハラショー、ハラ-、ハ-ベストの3段階よ...」ビクンビクンッ

花陽「最後収穫しちゃってない...?」



57: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:09:27.57 ID:6RiYJc5G.net

ー5分後ー

にこ「いやー、語尾ににゃー付けるのはマズイわね」

絵里「えぇ。身がもたないわ」ドバドバドバ...

ことり「絵里ちゃん鼻血鼻血」ササッ

希「だったらウチの関西弁は?これなら楽じゃない?」

絵里「それはダメ」

真姫「どうしてよ」

絵里「希のアイデンティティがなくなっちゃうじゃないの」

希「ウチのアイデンティティってそれだけ!?ほ、ほら、スピリチュアルとか、」アセアセッ

絵里「とにかく関西弁はダメよ。他の案で行きましょう」

希「えー...」ジトー



58: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:10:02.52 ID:6RiYJc5G.net

ー住宅街ー

穂乃果「それでね?凛ちゃんがぴょーんって飛んでったの!」テクテクテク…

海未「ふふっ...凛らしいです」スタスタスタ...

穂乃果「(私が海未ちゃんの相手しているうちに皆が話し合うなんてよく考えたよねー。明日には決まってるといいけど)」

海未「穂乃果?」チラッ

穂乃果「(どんな口調になるんだろう。凛ちゃんみたいににゃーとか?関西弁もやりたいけどそしたら希ちゃんのアイデンティティがなくなっちゃうし)」

海未「穂乃果っ。聴いてますか?」

穂乃果「えっ?あ、ごめん!考え事してて...」

海未「...私に関係ある事なのですか?」

穂乃果「...え?」アセアセアセアセッ

穂乃果「(ば、バレた...!?)」



59: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:11:10.41 ID:6RiYJc5G.net

海未「最近皆が私を遠ざけているような気がするんです。穂乃果は何か知っていますか?」

穂乃果「し、知らないよ!何にも知らない!海未ちゃんがやってる事なんて...ぁっ」

海未「(私がやってる事...まさか...!)」

穂乃果「(しまった...!)」









穂乃果「(海未ちゃんを素に戻す計画がバレてたとは...!)」

海未「(アイドルの真似をしていたのがバレてたとは...!)」



60: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:11:56.30 ID:6RiYJc5G.net

穂乃果「...ごめん海未ちゃん。今まで黙ってて」ペコッ

海未「い、いえ、いいんです。私の方こそ黙っててすいませんでした」ペコッ

穂乃果「海未ちゃんは悪くないよ!そんな辛い思いしてまでずっと耐えてたんだよね...私...嬉しい」ニコッ

穂乃果「(海未ちゃんがそこまでしてアイドルの事考えていてくれていたなんて...)」

海未「穂乃果...///」ドキッ

海未「(嬉しいって...もしかして穂乃果は私の想いに...?)」ドキドキッ

穂乃果「海未ちゃん...」グイッ

海未「ひぅっ///!?」アセアセッ

穂乃果「もう我慢しなくていいんだよ?ありのままの海未ちゃんを見せて...?」ウワメヅカイ

海未「そんな...恥ずかしいです///」モジモジ



61: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:12:29.39 ID:6RiYJc5G.net

穂乃果「でもそうしないと新しい海未ちゃんにはなれないよ!頑張って!」

海未「ですが...」オドオド

穂乃果「...わかったよ」

海未「え?」

穂乃果「明日...部室で皆の前でやろう」

海未「えぇっ///!?み、皆の前ですか!?(皆の前で告白を)するんですか!?」オロオロ...

穂乃果「大丈夫。皆、(素の海未ちゃん)を受け入れてくれるよ」

海未「本当に(私と穂乃果が付き合うのを)受け入れてくれますかね...」

穂乃果「うん!だって...」グイッ

海未「えっ」

穂乃果「(素の)海未ちゃん可愛いもんっ」ニコッ

海未「っ///」キュン



63: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:13:18.97 ID:6RiYJc5G.net

穂乃果「それに私も...(素の海未ちゃんを)頑張って受け入れるから!」ニコッ

海未「ほ、穂乃果も(私と付き合うのを)受け入れてくれるんですか!?」ウルウル...

穂乃果「うんっ。だって海未ちゃんの為だもん。それに今までずっと一緒の幼馴染じゃん」ニコニコ

海未「穂乃果...///」ウルウル...

穂乃果「じゃっ、明日の練習前にやろうね!私こっちだから!ばいばーい!」タッタッタッタ...

海未「...」ウルウル...

海未「...」

海未「...はっ!あまりの出来事に体が固まってしまいました...」

海未「(こ、これはもしかして夢では...?)」ペシッ

海未「痛い...という事は現実...!つ、ついに穂乃果と...!」

海未「...きっかけをくれたにこには、今度ステーキでも奢らなくては」ニヤニヤ



64: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:14:26.43 ID:6RiYJc5G.net

ーアイドル研究部室ー

凛「こんにちわん!」

花陽「ありがとうさぎ!」

真姫「こんばんわ...わに」

絵里「さよならいおん!」

にこ「魔法の言葉ね!」

希「...何してん」ジトー

絵里「語尾をどうするかブレインストーミングで案を出しまくってるのよ」

ことり「なんで動物縛り...?」

絵里「自由奔放なアイディアがいつも時代を変えてきたのよ!ほら希とことりも!」

ことり「えー...」

希「いやだから関西弁でいいやん。簡単だし」

絵里「これだけは譲れないわ」キリッ

希「めんどくさいなぁ...」



65: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:15:00.34 ID:6RiYJc5G.net

ことり「じゃあ海未ちゃんの真似をするってのはどう?」

にこ「海未の真似?」

ことり「うん。皆でですます口調をするの!それなら簡単だし、海未ちゃんも素を出しやすいんじゃないかな?」

真姫「それいいわね」

凛「ですます...海未ちゃんみたいに...」ブツブツ

花陽「凛ちゃん練習してみたら?」

凛「うん...じゃあ...」

花陽「...」ドキドキッ

凛「...花陽」キリッ

花陽「ピャ-」



66: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:16:08.23 ID:6RiYJc5G.net

凛「あ、あれ?かよちん?」ガシッユサユサッ

花陽「ピャ-」

真姫「また壊れたわね...」

絵里「とにかく明日はこれでいくわよ!」アセアセッ

希「うーん...って事はこの先ずっとですます口調なん?」

絵里「え?」

希「海未ちゃんが素に戻るって事はそういう事やん?」

絵里「あー...まぁそういうのはおいおいよ!」ドーン

希「ポンコツやんなぁ...」ジトー



67: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:16:28.04 ID:6RiYJc5G.net

ー翌日放課後・アイドル研究部室ー

絵里「皆、準備はいい?」

希「大丈夫です、絵里」キリッ

絵里「私が大丈夫じゃなくなりそうだけど頑張るわ」ドキドキドキドキ

真姫「にこ、上手くいきそうですか?」キリッ

にこ「えぇ、安心してください真姫」キリッ

凛「花陽...花陽...///」キリッ

花陽「凛...///」デ-デッデ-

ことり「海未ちゃん遅いね...」

穂乃果「少し心の準備してから行きますとか言ってたよ?」

ことり「心の準備...?」

穂乃果「うん。普通に話す心の準備」

ことり「え?」

穂乃果「え?」



68: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:17:03.53 ID:6RiYJc5G.net

ことり「えっと...穂乃果ちゃん?今日ことり達がですます口調で海未ちゃんを素に戻す計画って海未ちゃんは知らないはずだよね?」

穂乃果「あれ?言ってなかったっけ?昨日バレちゃったんだー」テヘッ

にこ「はぁ!?またあんたがぽろっと喋ったんでしょ」ジトー

穂乃果「今回は違うよ!なんか海未ちゃんに気付かれてたみたいで...」

希「海未ちゃん結構鋭いからなぁ...して、海未ちゃんは何て?」

穂乃果「なんか恥ずかしいから皆の前でやるんだって」

にこ「恥ずかしいから皆の前でやるって日本語おかしくない?」アセアセッ

穂乃果「でも海未ちゃんがそう言ってたの」

ガチャ...

海未「...」スタスタスタ...

穂乃果「あ、海未ちゃんだー」



70: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:17:31.54 ID:6RiYJc5G.net

絵里「な、なんか不安だけど大丈夫かしら」アセアセッ

真姫「もう海未来ちゃったんだしやるしかないわよ...」オロオロ...

穂乃果「海未ちゃん...大丈夫?」

海未「えぇ。もう腹は括りました」キリッ

穂乃果「そっか。私達しばらくはですます口調でやるから少しづつ素に戻、」

海未「穂乃果っ」ガシッ

穂乃果「ふぇ?」

海未「あ、ああ、愛していますっ///!」

チュッ

7人「( ゚д゚)」⁉︎



72: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:18:32.75 ID:6RiYJc5G.net

ことり「なっ、えっ、あっ、う、海未ちゃん!?な、ななな何してるのぉぉぉ///!?」アセアセアセアセッ

海未「ことりすいません。私はもう...この想いを止められないのです!」キリッ

ことり「いやいやいや!止めなきゃメッ!だよ!」オロオロ...

海未「し、しかしですね!?事前に穂乃果にも話して私の事を受け入れてくれると、」フリムキッ

穂乃果「///」バタンッ

海未「穂乃果ぁぁあ!?」

希「...なんか話がこじれてきた気がする」

にこ「そうね...でも面白そうよ?」ニヤニヤ



73: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:20:25.02 ID:6RiYJc5G.net

ー30分後ー

海未「つ、つまり昨日の話や受け入れるというのは...」

穂乃果「勘違いだったみたい...///」モジモジ

海未「...」

穂乃果「う、海未ちゃん?」アセアセッ

海未「...」モゴモゴモゴモゴ

穂乃果「何してるの...?なんか口だけ動いてるけど...」

海未「舌を噛み切ろうかと思いまして」モゴモゴモゴモゴ

穂乃果「誰か止めてぇー!」ガバッ

にこ「何してんのよ!」ガバッ

凛「やめるにゃー!」ガバッ

希「おぉ!なんて素早い反応!さすが元祖3バカトリオ!」

絵里「これがオリジナルクオリティ...!」

にこ「バカ言ってないであんた達も止めなさいよ!」クワッ

海未「は、離して下さい!もう生きていけないんです!もう生き恥を晒すなんて嫌ですぅぅぅぅうう!」ジタバタ



74: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:21:09.58 ID:6RiYJc5G.net

ことり「海未ちゃん諦めちゃダメだよ!まだチャンスがあるはずだよ!」

海未「え?そうなんですか穂乃果?」チラッ

穂乃果「いやぁ...ないね」アセアセッ

海未「...」モゴモゴモゴモゴモゴ

にこ「り、凛!穂乃果のカバンから練習着取って来なさい!」

穂乃果「え?何するの?」

凛「えっと...あった!にこちゃん!」ガサゴソ...ポイッ

にこ「ありがと!これでも咥えてなさい!」ズイッ

海未「むごぉっ!?...ふぅ...ふぅ...」

絵里「...」ドンビキ

希「...」ドンビキ

真姫「...」ドンビキ

花陽「...」ドンビキ

ことり「...」ドンビキ

穂乃果「海未ちゃん...皆引いてるよ...」ジトー



75: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:21:56.57 ID:6RiYJc5G.net

海未「っぷはぁっ!に、にこが突っ込んだのでしょうが!」アセアセッ

にこ「舌噛み切って死ぬよりマシよ。で?何でこんなこじれちゃったのよ」

海未「私にもさっぱりです...私はただアイドルの真似をして穂乃果の好感度アップを狙っただけなのに...」ショボン

絵里「好感度アップ?どんな事したのかしら?」

海未「例えば...私のこの、ですます口調を控えて普通に話してみたり」

ほのりんえり「えっ」

海未「練習相手がいないので猫相手にこっそりやってみたり」

ことのぞ「えっ」

海未「願望が強すぎたのか、夢でことりになって穂乃果とイチャイチャしたり」

にこまきぱな「えっ」

海未「そして今日告白しに来てみたらこの有様ですよ!いっその事殺して下さい!」ジタバタ

希「あー...海未ちゃん?」



76: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:22:25.57 ID:6RiYJc5G.net

海未「なんですか」ジトー

希「その...海未ちゃんってキャラ作りしてたりする?」

海未「ですからμ's結成当時から何度も言ってるじゃないですか。ですます口調は幼い頃からずっとこうなんです!」

花陽「小さい頃からアイドルが好きだったとかは...?」

海未「そういうのはあんまり興味なかったですね」

凛「という事は...歌う時に普通になるのは...」アセアセッ

海未「ですますだと歌いにくいじゃないですか」

凛「そ、そっかぁ...」アセアセッ

絵里「...」ジーッ

穂乃果「...」ジーッ

凛「えぇー!?り、凛が悪いの!?」アセアセッ



77: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:23:44.90 ID:6RiYJc5G.net

絵里「そりゃあ凛が言い出した事だしねぇ」アセアセッ

穂乃果「そ、そうだよぉ。凛ちゃんを信じてここまできたんだよねぇ」アセアセッ

希「人のせいにして...2人ともわしわしされたいみたいやね」ゴゴゴゴゴゴ...!

絵里「ひっ...!り、凛!穂乃果!ひとまず逃げるわよ!」ダッ!

凛「にゃー!」ダダダダダダダ...!

穂乃果「ま、待って凛ちゃぁぁぁあああんっ!」ダダダダダダダ...!

絵里「ちょ、2人とも早いわねっ!」ダダダダダダダ...!

海未「何なんですかあの3人は...もしかして最近冷たかったのと関係が?」チラッ

花陽「えーっと...凛ちゃん達が、実は海未ちゃんのですます口調はキャラ作りだとか言っちゃって...」

ことり「海未ちゃんが素に戻れるように私達で変な口調にしようって影で話し合ってたの。ごめんね海未ちゃぁぁ」ムギュー

海未「よくもまぁ思い付くもんですねあの3人も」ハァ



78: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:24:42.30 ID:6RiYJc5G.net

真姫「あのNEW3バカトリオが悪いのよ全部」

にこ「でも真姫ちゃんも信じちゃってたじゃないの」

真姫「ふんっ。演技に決まってるじゃないの」アセアセッ

にこ「ふーん」ニヤニヤ

希「まぁでも変に口調変えなくてよかったやん。μ'sが全員ですます口調なんて考えられないし」

海未「え?全員で、ですます口調にしようとしていたのですか?」

ことり「穂乃果ちゃん達が必死だったから...あはは...」アセアセッ

海未「まったくあなた達は...ほら皆!練習行きますよ!今日はメンタルトレーニングも兼ねて座禅もします!」

真姫「ヴェェェ!?」ガタンッ

にこ「わ、私チビ達の用事思い出したから帰るわねー」アセアセッ



79: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:26:18.14 ID:6RiYJc5G.net

海未「にこは特別に個人レッスンです」ガシッ...ズルズルズル...

にこ「なんでぇぇええ!?やぁぁぁあ!」ズルズルズル...

真姫「頑張りなさいよー」

海未「(...まぁ、全員で私の事を心配してくれていたというのは嬉しいですね...ふふっ)」ピタッ...フリムキッ

真姫「と、止まった?」

希「どうかしたん?」

ことり「海未ちゃん?」

花陽「...?」







海未「...ありがとね、皆」ニコニコ






80: ◆JS69W8wZ0k (泡盛)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:27:03.53 ID:6RiYJc5G.net

素朴な疑問を感じてささっと書き上げました。2番煎じっぽいけどまぁこれはこれで。乙したー。



84: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:31:55.18 ID:/qJNKCgX.net

あーかわいい 乙



90: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 23:55:09.02 ID:XrS6xED3.net

乙!
あなたは最高です!


元スレ
海未「~♪」凛「...ですます口調じゃない?」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1481376868/