SS速報VIP:【ガルパン】沙織「ゆかりんの首にキスマークが付いてる……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481364259/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:04:19.51 ID:D3AExVNV0

みほ「おはよー」

沙織「あぁ、おはよー」

麻子「おーっす」

華「おはようございます」

沙織「昨日は盛り上がったね」

みほ「うん。大学戦に参加してくれた人全員での打ち上げだったからね」

華「みなさんお酒も相当入ってたみたいですしね」

麻子「河嶋先輩がSNSに挙げたらぶっ[ピーーー]って注意してたからな」

沙織「顔赤くなる前に写真タイムもあったし」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481364259




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:05:19.87 ID:D3AExVNV0

みほ「沙織さんいろんな人と撮ってたよね」

沙織「うん!多分全員と撮ったよ」

華「すごいですね」

麻子「コミュ力の塊だな」

優花里「遅れてすみませーん」

沙織「おっ、来た来た。おはよーゆかりん」

優花里「おはようございます!」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:06:09.18 ID:D3AExVNV0

麻子「こんな日に学校なくたっていいじゃないか」

みほ「まあまあ。せっかく廃校じゃなくなったんだし、授業も進めないといけないからね」

華「他校の皆さんはホテルに泊まってるんですよね?」

みほ「うん。みんなヘリで来てるからさすがに飲酒運転させられないからね」

沙織「じゃあ行こうか」

優花里「はい!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:07:24.00 ID:D3AExVNV0

優花里「いやーさすが西住殿ですよね!」

みほ「えーそんなことないよー」

沙織「……」

沙織「!!!」

沙織「ねぇ、麻子」ボソ

麻子「なんだ」

沙織「ゆかりんの首見て」

麻子「ん?」

麻子「……あれは」

沙織「だよね?」

華「どうしたんです?」

麻子「秋山さんの首にキスマークが付いてる」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:11:29.27 ID:D3AExVNV0

華「えぇ!」

沙織「よく見ると後ろの首にも付いてる!」

華「ということは……」

沙織「そういうことだよね」

華「昨日パコったんでしょうか?」

沙織「いやその表現!女子高生っぽいけど!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:12:36.62 ID:D3AExVNV0

麻子「でも誰と?」

華「打ち上げ参加者の誰かとでしょうか?」

沙織「ってか後ろ首に付けるって悪質だよね。本人絶対気付かないし」

麻子「独占欲が強いんだろうな。秋山さんは私の物だと全員に見せつけたいんだろう」

沙織「おっぱいの方にもめちゃめちゃ付いてたりして」

麻子「今日2限体育だったよな。その時に確認してみたらどうだ」

沙織「オッケー。じゃあ昼休みに3人で集まろう」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:15:25.24 ID:D3AExVNV0

―――昼休み、空き教室

麻子「で、どうなんだ。確認してみたのか」

沙織「うん。おっぱいの方は全然付いてなかった」

華「やはり確信犯的に首に付けたんですね」

沙織「誰とだと思う?」

華麻子「うーん……」

沙織「やっぱベタなとこからいくと」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:16:17.70 ID:D3AExVNV0

1枠、エルヴィン

麻子「あー」

華「仲良いですもんねお二人」

沙織「でもなー、戦友って感じで恋人とかそういうところまで行かなそう」

麻子「確かに。でも酒の力を借りて一線超えてしまったのかもしれないな」

華「それならば私が気になっていたのは」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:17:16.40 ID:D3AExVNV0

2枠、オレンジペコ

沙織「オレンジペコさん!?接点ないでしょ!」

華「実は練習試合の時からお互い意識してて、打ち上げで戦車の話で盛り上がり、連絡先を聞いてそのまま……」

麻子「同じ装填手同士だから話も合うだろうしな」

沙織「いやー、でもなぁ……だったら」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 19:17:54.90 ID:D3AExVNV0

3枠、逸見エリカ

華「逸見さんですか?」

沙織「うん。言ったら元右腕と現忠犬なわけじゃん?」

沙織「その関係性に嫉妬したエリカさんが無理やり……」

麻子「無理やり犯された翌日にあんな笑顔出来るか?」

沙織「じゃあ合意の元?」

華「それならば私は……」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:17:58.26 ID:D3AExVNV0

4枠、ナオミ

麻子「ナオミさん……なんかありそうだな」

沙織「ガチ感あるもんね」

華「お酒で前後不覚の優花里さんを介抱したナオミさんとそのままトイレで……」

麻子「いやインスタントすぎないか?ノリが合コンじゃないか」

沙織「意外なところでー」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:24:01.04 ID:D3AExVNV0

5枠、カルパッチョ

沙織「カエサルさん驚かそうと思って首にキスしたらゆかりんと間違えたんじゃない?」

麻子「あー……それもあるかも」

華「でも普通間違えますかね?」

沙織「カエサルさん昨日あの赤いやつしてなかったよ」

麻子「髪型似てるしな……後ろ姿で間違えないこともないかもしれない」

麻子「それならもっと意外なところで」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:25:27.99 ID:D3AExVNV0

6枠、秋山淳五郎

沙織「えーーー!?ないない!!」

麻子「例えばの話だ。例えばの」

沙織「ないない!ゆかりんのお父さんそんなことしそうな人じゃないもん!」

華「やっぱり大本命は……」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:27:16.70 ID:D3AExVNV0

7枠、西住みほ

沙織麻子華「……うん」

沙織「それが一番平和というか」

麻子「手放しで応援できるからな」

華「みほさんはもうちょっと優花里さんの気持ちに気付いても良いと思いますけどね」

麻子「で、どうするんだ。本人に聞くのか?」

沙織「うん。私それとなく聞いてみる」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:28:54.11 ID:D3AExVNV0

―――

沙織「ゆかりーん」

優花里「あぁ、武部殿。どうしたんですか?」

沙織「昨日パコったべ?なぁパコったべ?」

麻子「おい!」

華「沙織さんっ……」

優花里「な、なにをいってるんですか!してませんよ!」

沙織「証拠は挙がってんの!ほら、よく見てみて」つ鏡



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:31:26.46 ID:D3AExVNV0

優花里「なんですか……あー、やっぱり付いてる」

麻子「やっぱりってことは……?」

華「パコったんですか?」

沙織「ゆかりん被告、懲役3年!執行猶予5年!」

優花里「してませんから!」

麻子「あなたには黙秘権が与えられます」

華「虚偽の申告をした場合には執行猶予が取り消されます」

優花里「本当ですから!」

優花里「実は昨日ですね……」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:33:50.94 ID:D3AExVNV0

……


優花里「ふぅ、打ち上げもそろそろお開きですね」

桃「……秋山」

優花里「あぁ、河嶋先輩。お疲れ様です」

桃「ちゅっ」

優花里「ちょ、ちょっと!」

桃「ちゅっちゅっちゅ」

優花里「何するんですか!やめてください!」

桃「ちゅううううう」

優花里「あぁぁぁぁ……💓」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:34:57.73 ID:D3AExVNV0

柚子「桃ちゃん首はまずいって!」

杏「バカバカなにやってんだ河嶋!」

桃「廃校が取り消しになったのはお前のおかげだ!ありがとう!」

優花里「あ、ありがとうございます……」

杏「ごめんね秋山ちゃん。こいつ後で殴っとくから」

柚子「桃ちゃん酔っ払うと所構わずキスしだすから……」

優花里「は、はい。大丈夫です」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:35:29.21 ID:D3AExVNV0

……


優花里「というのが真相です」

沙織麻子華「……えー」

優花里「何がえーなんですか!」

沙織「つまんねー」

麻子「河嶋先輩空気読め」

華「みほさんと恋が実ったと3人で喜んでいましたのに……」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:50:02.06 ID:D3AExVNV0

優花里「それは……まだ実ってないです」

沙織「今告っちゃえば?」

優花里「えぇ!?」

麻子「そうだな。このタイミングしかないと思う」

華「ですね」

優花里「いやー。まだ心の準備が」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:52:25.24 ID:D3AExVNV0

沙織「みぽりんのこと好きになったのいつなの!いい加減準備終えなよ!」

優花里「わ、わかりました!!今日、いえ今言います!」

沙織麻子華「おお」

優花里「行ってきます!」

沙織「いってらっしゃい!」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 21:54:41.07 ID:D3AExVNV0

……


優花里「無理ですぅぅぅぅ」

優花里「告白失敗して気まずくなって結局チーム解散の未来しか見えませんでした」

沙織「またなの」

麻子「知ってた」

華「もう恒例行事になってますよね」



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 22:23:35.61 ID:+Fz231Ho0

優花里「大体昨日の打ち上げで西住殿に粗相してしまいましたし……」

沙織「粗相ってなに?」

優花里「お酒飲み過ぎて気持ち悪くなって吐いてるところをずっと西住殿に背中摩ってもらってたんです」

麻子「そういえば秋山さん最後の方いなくなってたな」

沙織「トイレ2個しかないのに1個誰かが籠っててものすごい混んでたけど、ゆかりんだったんだね」

華「河嶋先輩は漏らしたらしいですよ」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 22:30:16.03 ID:+Fz231Ho0

優花里「申し訳ないです……」

麻子「確かにゲロの処理させられた人に告白されてもオッケーするはずないな」

沙織「まぁ今回は見送ろう」

優花里「はい……」

華(そういえば後ろ首についているキスマークは誰が……?)



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 22:37:02.94 ID:+Fz231Ho0

……


優花里「ヴォエエエ!!」

みほ「優花里さん……大丈夫?」サスサス

優花里「はい、大丈夫です。すぐ戻るんで、うっぷ……」

みほ「お水貰ってこようか?」

優花里「すみません。お願いします……」



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 22:38:28.97 ID:+Fz231Ho0



みほ「優花里さーん、お水……」

優花里「zzz」

みほ「便器に顔突っ込んで寝てるし」

みほ「……」

みほ「うなじ、綺麗」

ちゅぱっ

ちゅうううううう

みほ「ふふっ」

みほ「優花里さん!お水!」

優花里「はっ、私寝てました?ありがとうございます」

みほ「うん、寝てたよ。便器に顔突っ込んで」

みほ「優花里さんは私がいないとダメなんだから」



終わり



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 22:46:18.87 ID:PC0bRJ74O

ひょおおお乙

ゆかみほ最高や


元スレ
SS速報VIP:【ガルパン】沙織「ゆかりんの首にキスマークが付いてる……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481364259/