1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:29:03.17 ID:i6kTTywr.net

真姫「凛、明日後楽園ホールでプロレスがあるんだけど見に行かない?パパが友達から二枚チケットもらってて…」

凛「行くにゃ!凛、プロレス全く知らないけど大丈夫?」

真姫「大丈夫よ。明日は新日本プロレスだから分かりやすくて面白い試合をしてくれると思うわ。」

凛「それならOKにゃ!ちなみに真姫ちゃんはどんな選手が好きなのかにゃ?」

真姫「私は断然オカダ・カズチカね!レインメーカー素敵じゃない!」

凛「よくわからないけど覚えとくにゃ。他にかっこいい選手はいるかにゃ?」

真姫「後は、棚橋とか真壁とか内藤とか沢山いるわよ。明日選手のパネルがあると思うからそこで推しの選手を決めなさい。

凛「分かったにゃ。」



3: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:32:13.62 ID:i6kTTywr.net

~次の日~

真姫「着いたわよ!後楽園ホール!!」

凛「真姫ちゃんテンション高いにゃー…」

真姫「当たり前じゃない!なんたって今日の試合前サイン会はオカダなのよ!」

凛「そうなのかにゃー(早く帰りたいにゃ)」

真姫「その前に、選手のパネルがあるわね。どれかかっこいい選手はいたかしら?」

凛「えーと、凛はこのゴツゴツした選手が好きにゃ!」



5: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:33:27.27 ID:i6kTTywr.net

真姫「石井を選ぶなんてあなたなかなか見る目があるじゃない。石井は長州力や天龍源一郎から教えを受けていたのよ。ニックネームはSTONE PIT BULL。直訳すると石を斬る雄牛みたいな感じね。まさにそのニックネームの通り力強い突貫ファイトを繰り広げるわ!」

凛「すごい喋るにゃー。」

真姫「石井の今日の試合は…第7試合のNEVER戦ね。柴田とまたいい勝負になりそう…!」

凛「楽しみにしとくにゃー。とりあえず凛は開場したら座っとくにゃー。」

真姫「その前に…オカダのサイン貰いに行きましょ!」



7: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:34:41.09 ID:i6kTTywr.net

~サイン会~

オカダ「今日は来てくれてありがとう」イケメンスマイル

真姫「こちらこそありがとうございます!ケニーとのドームのメイン、絶対勝ってください!!」握手

凛「すごく身長の高い人にゃ。オカダ…さんは身長何センチくらいあるのかにゃ?」

外道「オカダはよ、オイ、191センチもあるよ、巨大なんだぜオイ!体重も107キロもあってよオイ、ヘビー級の中でもよ、レヴェルが違うんだよこのヤローオイ!」

凛「(日本ハムの大谷翔平が193センチだからあんまり変わらないのかにゃ。すごいにゃ)」

外道「あとよ、何と言ってもよオイ、オカダの凄いところはよオイ、打点の高いドロップキックなんだよオイ、他のに見にしとけよ!」

凛・真姫「はい!」



9: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:35:45.04 ID:i6kTTywr.net

~座席~

凛「ついに試合が始まるにゃ。楽しみにゃ。」

真姫「そうね。当たり前だけど試合中は立ち上がったりしちゃいけないのよ。あと写真はOKだけど動画はダメだから注意してね。」

凛「分かったにゃ。」



10: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:37:43.90 ID:i6kTTywr.net

ちなみに、外道さんって人はオガタさんのマネージャーです。



11: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:37:57.15 ID:i6kTTywr.net

~第6試合、NEVER無差別級選手権試合~

尾崎リングアナ「これより、NEVER無差別級選手権試合を始めます。石井選手入場いたします。」

真姫「石井入ってくるわよ。」

凛「おっけーにゃ!」

ウーーーーン、ウーーーーン、ワンワン!!

観客「フォアアあああああ!」

凛「以外とちっちゃいにゃ。」

真姫「そうね。でも彼はそこがいいのよ」

凛「?」



12: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:40:06.33 ID:i6kTTywr.net

尾崎リングアナ「柴田選手入場いたします。」

テレテテン、テレテテン、テレテテンテレテテン

観客「おおおお!しばたーーー!」

凛「真姫ちゃん、柴田ってシバターかにゃ?」

真姫「違うわよ!」



14: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:42:53.40 ID:i6kTTywr.net

尾崎リングアナ「青コーナー、170センチ100キロ、石井とーもーひーろー!」

尾崎リングアナ「赤コーナー、183センチ95キロ、NEVER無差別級王者、柴田かーつーよーりー!!」

レッドシューズ海野「ファイ」チーン

凛・真姫「始まった!」

真姫「やっぱりタイトルマッチとなると熱量が違うわね」

観客「石井!柴田!石井!柴田!」

凛「真姫ちゃんはどっちを応援するにゃ?」

真姫「私は柴田を応援するわ!」

凛「分かったにゃ!やっぱり凛は石井を応援するにゃ!」



16: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:44:31.38 ID:i6kTTywr.net

~柴田と石井があぐらをかいて交互に蹴り合う~

凛「痛そうにゃ~。どっちか避ければいいのににゃー。」

真姫「何言ってんのよ!これが男と男の果し合い、なのよ!」

柴田「コイヨオラ!!」

石井「キカネェヨオラ!!」

凛「そういうものかにゃ。」

真姫「あっ、柴田が頭突きしてる。石井の頭はタングステンより硬いのに…」ゴツン!ゴツン!

凛「なんていうたとえのセンスにゃ…」



18: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:46:03.08 ID:i6kTTywr.net

真姫「両者ダウンしたわね…さあ、どちらが先に立ち上がるのか…?」

凛「ダウンしてからだいぶたつにゃ。大丈夫かにゃ?」

真姫「あ、柴田がスリーパーホールドにいった!これは勝ちパターンよ!」

凛「石井の顔色がみるみるうちに悪くなっていってるにゃ…石井ー!立つにゃー!」

真姫「石井がロープブレイク。そしてすぐに柴田が胸板へ蹴りを入れた!」

凛「また両者ダウンにゃ。石井!石井!」



20: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:48:48.32 ID:i6kTTywr.net

石井「ウガーー!!シバタオラァ!!!」ムクッ

真姫「あ、いけない、今ロープに振られると…」

石井「ラリアット!」

真姫「柴田ー!垂直落下式ブレーンバスターだけは耐えてー!」

凛「垂直落下式ブレーンバスター?」

真姫「石井のフィニッシュホールドよ。マットに脳天を垂直落下に突き刺すの!」

凛「いっくにゃーーー!!」

石井「スイチョクラッカシキブレーンバスター!!!」

観客「ワン!ツー!スリー!」カンカンカンカン

尾崎リングアナ「18分24秒、石井選手の勝ちです」

凛「やったにゃーー!」



21: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:51:39.13 ID:i6kTTywr.net

ーそして…帰り道

凛「今日はプロレス楽しかったにゃ!また行きたいにゃ!」

真姫「ほんとにね。でもオカダが負けちゃったのは悔しかったわ。まあ、デ・ハ・ポンの合唱楽しかったから良かったけど。」

凛「凛もよくわらかないけど楽しかったにゃー!オカダのドロップキックも見れたし!今度は石井のサインを貰いに行くにゃ!真姫ちゃん、今度は花道側の特別リングサイドで見たいにゃ!」

真姫「はいはい。また行きましょうね!」

終わり



22: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:54:53.18 ID:i6kTTywr.net

終わったーー!
プロレスを題材にしたss書いてみたいなーと思って書いてみました。
主人公は凛ちゃんで決まっていたので、誰をプヲタ役にしようかという時ににこちゃんか真姫ちゃんかで迷ったんだけど、真姫ちゃんの方が面白いかなーと思ってまきちゃんにしました。
また書きたいと思います。1.4楽しみ!



23: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 22:59:42.43 ID:N8EHVScL.net

外道さんで笑った
面白かったぞー
俺も1.4楽しみ


元スレ
凛「垂直落下式ブレーンバスター?」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1481549343/