※デレマスSS
※許して

凛「誰も居ないね?」

奈緒「一応この談話室予約しといたからな。2時間いけるぞ」

加蓮「大丈夫、人払いはおっけー」

奈緒「あとは誰かさんみたいに事務所でイチャイチャしなければ秘密は保たれるんだけどな」

凛「あれはノーカンじゃない?」

加蓮「窓際で堂々とアツいキスしといてよく言うよ……」

凛「誰もこないと思ったんだよ……」

奈緒「見つかったのが楓さんじゃなかったらアウトだったぞ」

加蓮「でも、楓さんにバレたら心さん菜々さん瑞樹さん美優さん早苗さん辺りには浸透するからね?」

凛「まー……うん、多分大丈夫でしょ。こういうのって私たちだけじゃないと思うし」

奈緒「あの人たちだって裏で絶対……でしょ」

加蓮「絶対尻尾を見せないけどね……当たり前か、大人だし」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:00:13.08 ID:qyxzFgVV0

凛「いっそオープンにしちゃってもいいんじゃないの、って思うけどね。隠れてコソコソやってるみたいで、なんも悪いことしてないのになんか後ろめたいし、息苦しくない?」

奈緒「もうほぼバレてるもんなぁー……隠す意味はなさそう。確かにな」

加蓮「オープンにしないからこそ燃え上がるってところもあるでしょ」

凛「男じゃないんだからいいじゃん。アイドル2人が片方の自宅に泊まり……って言っても仲良しの延長線上だし」

奈緒「ガチの方がバレたら同性はもっと問題だろ」

加蓮「しかも複数人」

奈緒「肉体関係も込み」

加蓮「当事者ながら爛れてるなんてレベルじゃないよね」

奈緒「病気にならないのが奇跡レベル」

加蓮「あっそっちか」

奈緒「同じ事務所な訳だしリークしたら一蓮托生JINSEI NO OWARIだし。
どっちかってーと気をつけなきゃいけないとしたら病気の方だろ」

凛「それはちゃんとお互いの間で確認しあってるから大丈夫だよ」

奈緒「凛は必ずアレ使うもんな」

加蓮「たまに無しでやるときもあるけどね」

凛「準備なしでいきなり始まる時はちょっとね」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:00:49.17 ID:qyxzFgVV0

奈緒「実際のところ何人とヤってんだよ」

凛「えー……と。TPとNGで4人プラス……20弱?」

奈緒「は!?」加蓮「え!?」

凛「そういう2人は」

奈緒「……まあ、10人そこら」

加蓮「同じく」

凛「大して変わらないじゃん!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:01:52.76 ID:qyxzFgVV0

奈緒「内訳kwsk」

凛「それはダーメ。言っていいか許可取ってないし」

加蓮「オープンにしたいんじゃなかったの」

凛「それとこれとは話が別」ジュースチュー

奈緒「ちぇー……」

加蓮「ありすちゃんは?」

凛「ぶっふぉ!!」

奈緒「うぉっちょ!きったねえな!」

加蓮「文香さん」

凛「ぶふっ!」

奈緒「2回も吹くなよ!!」

加蓮「凛、分かり易すぎるでしょ」

凛「……」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:03:25.55 ID:qyxzFgVV0

奈緒「文香さんはわかるけど、ありすかー」

凛「……ヒかないの?」

加蓮「今更じゃない?お互いに」

凛「年齢とか」

奈緒「ぶっちゃけありすはあたしともヤってるんだよな」

加蓮「あたしも。あの歳ですごいよね」

奈緒「めっちゃ上手くてビビった」

凛「舌、すごくない?」

加蓮「そうそうそうそう!ねー!」

奈緒「キスでダメになったの初めてだった」

凛「ありすは……うん、すごい」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:04:53.51 ID:qyxzFgVV0

~~~~~
奈緒「ユース組といえば」※ユース組……ここでは12歳以下組のこと

加蓮「……美嘉?」

奈緒「どうだろ」

凛「さすがにないでしょ」

奈緒「いやいや、多分ヤってる。ヤってて欲しい」

加蓮「羨ましい……」

奈緒「おっ、加蓮もそっちなのかー?」

加蓮「そうじゃなくて……ユース組が」

凛「わかるよ。人生のとても早いうちからそういうのが経験できるのって、ほんの一握りだからね」

加蓮「みんな、思春期ごろからそういう、エッチなことに興味を持ち始めるってことになってるけどさ」

凛「実際はそうじゃないよね。
小学生くらいだったら大体そういうのに興味あるよ。まあ、全員とは言わないけど」

奈緒「興味はあっても、実際に経験するのはそこからだいぶ先だもんなー」

加蓮「早くて高校生、もっと早くて中学生……小学生のうちにって、なかなかないよ」

奈緒「だから羨ましいのか、なるほどな。わかる気がする」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:05:49.59 ID:qyxzFgVV0

凛「仁奈とか薫、千佳だったら初恋の人と、ってこともあるかもだね」

加蓮「うわーサイコーじゃん。チョー羨ましい」

奈緒「初恋の、美人のお姉さんと、初めて……」

凛「甘いね……」

加蓮「甘い……」

凛「告白されたら断る理由もないよね」

奈緒「即OKからのインだな」

加蓮「奈緒~~~情緒~~」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:06:41.63 ID:qyxzFgVV0

奈緒「で、美嘉はどうなんだろう。よく考えたらヤってないかもしれないな」

凛「でもアプローチは十分だよね。受け的な意味で。十分あったまってる」

加蓮「ボディタッチすごいもんね」

凛「ってことは無視し続けてるってこと?」

奈緒「『そういう』アプローチだと受け取ってない、受け取れてない。
受け取ったとしてどうしたらいいかわかっていない可能性」

加蓮「あるわー……」

凛「経験、なさそうだもんね……」

奈緒「ユース組も『そういう』アプローチだと思わないで無自覚にやってる可能性」

凛「え?無知シチュ同士?」

加蓮「無自覚惚気見せつけられてんのあたしたち?」

凛「いけないなぁ……いけないよ……」

奈緒「ありすは完全に確信、千枝はたぶん少し自覚してそうだけどな」

凛「ピュアって、いいよね……」

奈緒「いい……」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:09:27.27 ID:qyxzFgVV0

~~~~
凛「ユースも可愛くていいけど大人組、大人組」

奈緒「尻尾出さないことからもわかるけど、やっぱガード固いよな~」

凛「瑞樹さんのあの唇を吸いたい」

加蓮「わかるわ」

奈緒「美優さん、抱き寄せたい」

凛「わかる」

加蓮「楓さんに口説かれたい」

奈緒「わかる……」

奈緒「意識してアタシたちと一線超えないようにしてる、って感じあるよな」

加蓮「すごく良くしてもらってるんだけど……どうしてもどうやってもそれ以上は行けないんだよね。
まだあたしたち未成年で、お酒飲めないっていうのもあるかも」

凛「押しても引いてもダメ、なんだよね……」

奈緒「弄ばれてるぅ」

凛「うっさい」

奈緒「それでもいいじゃん。思いっきり甘えて、思い切り弄ばれようぜ」

凛「まあね。楽しんでなくはない」

加蓮「『なんで振り向いてくれないの!』っていうのが純粋に楽しめるよね」

凛「『こんなに思ってるのに!気づいてないわけないでしょ!?私の気持ちを弄んで……許さない!』」

加蓮「『でも好き……♡』」

凛「それ」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:10:04.62 ID:qyxzFgVV0

奈緒「なんだろう、やっぱ大人ってだけあって余裕あるよな」

加蓮「『遊ばれてもいいや、だって好きだもん……』ってなるね」

奈緒「『フラれるかもしれない』っていう不安がないもんな。言ってて色々とアレだけど」

凛「私たちも『それはそれ』としてるし、まあこんなに色々関係持ってるとね」

奈緒「だからある意味こっちも『余裕がある』んだよな」

凛「でもやっぱり体を重ねたい」

加蓮「凛~~情緒~~~」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:11:46.13 ID:qyxzFgVV0

奈緒「そういやこないだの温泉の収録」

加蓮「あっ、どうだった?」

凛「……b」ぐっ

奈緒「最上級のドヤ顔でサムズアップやめろよムカつくな」

加蓮「よかったんだね」

凛「良かった……」

奈緒「別の意味が含まれてるような気がしてならないんだが」

凛「結構な大所帯で行ったからね。そりゃもう。そりゃ~~もう」

奈緒「スケベ男子中学生じゃないんだからさ……」

凛「さすが保養地だね。目の保養までカバーしてるとは」

奈緒「やかましいわ」

加蓮「本当は?」

凛「……中盤ずっとうつむいてました」

奈緒「ぶわっはっはっはっは!!!!wwwwwwwwwヒーーーーwwwwwwwwwww」

加蓮「そんなことだろうと思った……w」

凛「いや、ほら、最初と最後はよかったんだけどね。ちょっと意識しちゃうとさ……ね?」

奈緒「ね?じゃねーよwww」

凛「見たり見られたりしてるんだ、て思うとどうしても」

加蓮「バレるわけにもいかないからね」

奈緒「こんなんバレバレに決まってんだろwwwwwてか仕事に集中しろよwwwwwwwww」

凛「たぶんバレたと思うし、やっぱみんなもそういうのあるんだなって思った」

加蓮「公然の秘密、ってやつか……」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:14:51.13 ID:qyxzFgVV0

加蓮「最初と最後って言ったけど、最後って?」

凛「楓さん」

奈緒「マジで?」

凛「撮影で前だけ隠して、というのがあったんだけど、それを前から見てた。みんな。隠れて」

加蓮「あのキレーな背中の写真の……あれそこで撮ってたんだ」

凛「初めてあの人の裸見たけど、こう……すごかった。肌が綺麗、バランスがいい、長身。
挙げたらキリないけど女に生まれてよかったって思った」

加蓮「それいつも言ってるよね。シた後に」

凛「いつもだと『良かったァァッ!!』なんだけど、楓さんの時は『良かった……』って感じ。やってないけど」

奈緒「わかんねえよ」

凛「女の子に見とれてるとよく未央にどつかれるんだけど、あの時は未央も釘付けだった」

奈緒「やっぱ楓さんは競争率高いよなぁぁぁ……」

凛「瑞樹さんとか早苗さんがあの体を好きにしてると思うと……」

加蓮「いやまだ決まったわけじゃないでしょ……」

奈緒「嫉妬半分羨望半分、少しの興奮も、って感じだな」

凛「……ごめん、これは正直8割方興奮する」

奈緒「おい」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:16:02.35 ID:qyxzFgVV0

凛「ぶっちゃけ見てるだけってのもそそるし、側から眺めてることで新しく見えてくるのもあるよ」

加蓮「ほう?」

奈緒「食いついた!」

凛「合意の上での視姦、これはある意味セックスだから」

加蓮「広義のセックスだね、わかるよ」

奈緒「いや流石にわかんねえよ」

凛「ここで致すから確認してみれば?」ぬぎ

加蓮「あ、いいねそれ」ぬぎ

凛「あれ持ってきてないけど大丈夫?」ぬぎ

加蓮「んー……ここ借りたからには持ってきてると思ってたけど」ぬぎ

凛「確認したらなかったからさ」ぬぎ

奈緒「待て待て待て待て!!!///」

凛「どうしたの」ぬぎ

加蓮「わからないんでしょ?」ぬぎ

奈緒「なんで流れるように脱いでんだよ!!」

凛「奈緒ちょっとうるさいよ」ぬぎ

加蓮「静かにして」ぬぎ

奈緒「えぇぇぇぇ~~~……///」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:17:24.03 ID:qyxzFgVV0

~~~~~~
/*ここ濡れ場
キス。揉み、吸い、合わせ。
手、イき。
キス。
吸う。吸う。めっちゃ吸う。
各位妄想してください。
*/




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:19:12.95 ID:qyxzFgVV0

~~~~~~
凛「はぁ、はぁ、ふぅ……よかった……」

加蓮「はぁ、はぁ……」

凛「加蓮、大丈夫?ちょっとラスト結構時間かかっちゃったけど」

加蓮「大丈夫……久々に無しで凛としちゃったね……しかも、奈緒が見てる前で」

凛「今まで見る方だったからわからなかったけど、見られると意外に燃えるってわかったよ」

加蓮「うん……実際あたしも見られながらは初めてだけど、すごかった……」

凛「ん……」ちゅっ

加蓮「ちゅ、んっ……」

凛「体拭くよ。加蓮、背中」

加蓮「ごめん、ありがとう」

凛「気にしないで」

奈緒「ま、マジでやりやがったよこいつら……事務所なのに……///」

加蓮「奈緒、どうだった?」

奈緒「どうもこうも、ねえよ……」

凛「よかった?」

奈緒「…………///」こくこく

加蓮「今度は奈緒と凛の見せてよね」

凛「もちろん」

奈緒「なっ、ちょ……!!」

凛「ダメかな」

奈緒「……ダメじゃない、けど」

加蓮「ふふっ……ww」

奈緒「な、何がおかしいんだよ!」

加蓮「いや全然?ただ奈緒が可愛いなぁって思って」

奈緒「かっ、かわっ///」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:21:36.80 ID:qyxzFgVV0

凛「ちょっと外とここの匂い確認してくるね」

ガチャ

凛「(スンスン)」

バタン

凛「(スンスン)」

凛「んん~~……」

凛「完璧にアウトの匂いだね」

奈緒「そりゃそうだ……」

加蓮「大丈夫かな、もう終了時間まであんま余裕ないし」

凛「一応ここ裏じゃ『する部屋』ってことになってるから、
知らずに使う人以外なら匂い残ってても大丈夫だとは思う」

奈緒「マジで!?ここそういう部屋なの!?」

凛「そうだよ?」

加蓮「知らなかったの……?」

奈緒「そりゃ、事務所でやるなんて考えもしなかったからな……」

凛「まあ3人で予約したから、まさかヤってるなんて思わないでしょ」

奈緒「まぁ……それもそうだけど」

加蓮「3Pの可能性を疑わない人っているの?」

奈緒「いや知らんよ……」

凛「ごめん、ちょっとトイレ行ってくる」

加蓮「あ、あたしも。奈緒、いい?」

奈緒「おう、行っといで」

凛「いっといr「言わせねえよ!?」」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:27:14.64 ID:qyxzFgVV0

~~~~~
奈緒「……マジか、全然知らなかった」

奈緒「シモとか話すとき、いつもここ使ってたけど……それ以上のことでも使ってたんだな」

奈緒「マジか……」

奈緒「いやいやマジかー……」

奈緒「……他に誰か使ってる奴、いるんだよな……」

奈緒「気になるな……」

奈緒「……知ってる奴と、名前を出さずにここをそういうことに使えないかな……」

奈緒「名前は出さず、情報だけ交換したい」

奈緒「……匿名チャットとか、いいんじゃないか?」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:27:54.77 ID:qyxzFgVV0

~~~~~
加蓮「ん~~……」スンスン

加蓮「あーこれ確実にバレるわ」

凛「まだ誰もいないことを祈るしかないね」

加蓮「どうか志希に会いませんように……」

凛「大丈夫だよ、志希は気づいてもそういうことに全然触れてこないから」

凛「アイドルの同僚よりもプロデューサーとちひろさんが一番まずい」

凛「誰か1人でもバレたら即終了だよ、私たち」

加蓮「あの2人、絶対にこの『爛れ』を知らないもんね……」

凛「疑いもしてないし、夢にも思わないと思う。そう考えると、ちょっと騙してるみたいで悪いね」

加蓮「まあ、プライベートなところには一切入ってこないし、そういう意味では2人はちゃんとしてるから……
私たちだってレッスンもライブも収録も……つまり、仕事をきちんとやった上での、これだから」

凛「仕事のこと以外になるとあの2人、完全にお互いのことしか見てないからなぁ……」

加蓮「絶対に事務所の外にはバレないようにしないとね……」

凛「当たり前だよ……そうなったら私たちは一生の終わりだよ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:31:04.96 ID:qyxzFgVV0

~~~~~
第3女子トイレ

ガチャ

凛「わ」加蓮「わっ!?」
ありす「きゃぁ!?」

3人「「「……」」」

凛「ごめん、ありす。人がいることを確認してなかった」

ありす「い、いえ……私も少し気が抜けていたので……」

ありす(ん、あれ、この匂い……やっぱり……)

ありす「あの、談話室のって……」

加蓮「……」

ありす「……」

凛「……言っちゃう?」

加蓮「や、もうバレてるでしょ。ありすちゃんもあたしたちと……まあ色々あったから、秘密にしても意味なくない?」

ありす「やっぱりですか……」ハァ

凛「そう、その『やっぱり』なんだ。よくわかったね」

ありす「匂いでなんとなく」

加蓮「やっぱ一発でバレるんだわ、これ」

凛「まあ、時間そんなに経ってないもんね」

ありす「そんな状態で出歩かないでください……」

凛「ちょっと麻痺してたね。反省」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:33:31.29 ID:qyxzFgVV0

凛「でもありすなら安心だよ」

ありす「安心だよ、じゃないですよ……文香さん怒ってましたよ。
心配もしてました。文香さんに変に気を遣わせて心労の負担を増やさないでください」

凛「え、文香が……?」

ありす「窓際キス事件です」

凛「楓さん……」あちゃー

ありす「あの場にいたの、楓さんだけじゃなかったんですよ」

凛「マジで……」

加蓮「やっぱし広まっちゃってたかぁ……」

ありす「『人の口に戸は立てられぬ』ですよ。
事務所で……するにしても、絶対に見られないところでしてください
匂いもすぐバレるので対策してください」

加蓮「肝に命じます」

加蓮「……てことは」

ありす「はい?」

加蓮「んーん、ごめん。なんでもないよ。
ありすちゃんはこの後、用事ある?」

ありす「特には……ありませんね」

凛「……ねえ、待ってたんでしょ」

ありす「おっと……バレてましたか」

凛「このーういやつめー」うりうり

ありす「や、やめてください」

加蓮「え?え?」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:35:06.92 ID:qyxzFgVV0

ありす「プロデューサーさん風に言うと『ワンチャン』狙ってました」

加蓮「なんて言葉を使ってるのあの人……」

凛「ありすは欲望に忠実だなぁ」

ありす「千載一遇のチャンスを逃さない、と言ってください」

加蓮「ものは言いよう、か……」

加蓮「でも、そろそろあの部屋は予約時間満了だけどどうする?」

ありす「ご安心ください、上の階の談話室が取れてます」

加蓮「用意周到すぎる」

凛「ちなみに上の階のも『ヤり部屋』だよ」

加蓮「言い方」

ありす「そうですよ。『自分を解き放てる部屋』って言いましょう」

加蓮「なんかそっちもどうかと思うけど」

凛「行こ、奈緒待たせちゃ悪いよ」

ありす「行きましょう行きましょう」

加蓮(なんか、こういうことに勢いよくがっつくありすちゃんて新鮮だなぁ)

加蓮(頭いい子って、やっぱえっちなんだなぁ……)

加蓮「……」うず



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:36:30.65 ID:qyxzFgVV0

~~~~~
ガチャ

奈緒「お~、2人とも遅かったな。てっきり二回戦……を……」

ありす「こんにちは、奈緒さん」

奈緒「あ、ありす……?なんでここに」

凛「ありす、私たちの予約を見てワンチャン狙ってたみたい」

奈緒「ワンチャンて」

ありす「待った甲斐がありましたよ。もう少しして動きがなかったら帰るところでした」

奈緒「え……?ごめん状況がよく」

加蓮「ありすちゃんがこの時期、この部屋をあたしたち名義で借りたことを怪しく思って、
ヤってないかどうか確かめてたんだってさ」

ありす「凛さんは終わった後必ずトイレに行くので、近い第3トイレでずっと待ってました」

凛「よく見てるね……」

ありす「当然です」どや

加蓮「……」

奈緒「おーし、時間だ!じゃ、上だっけ?行こうか」

ありす「行きましょう」


34階談話室で、4人の会議はまだまだ続く……





23: ◆t6XRmXGL7/QM 2016/12/13(火) 13:44:32.58 ID:qyxzFgVV0

形式や事務所の設定を踏襲したという意味で、以下の続編のような何かになりました。
菜々「わ」早苗「い」瑞樹「だ」楓「ん」心「☆」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1476546973/


このまま勢いでユース組の猥談を書きたいのですが、いろいろ難しいですね。

話の流れでは直接関係してませんが、以下のSSを書いていた時に浮かんでいたネタです。
凛「捲土重来でしょ」奈緒「いや全土頂戴だろ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481206279/


これで終わりです。ありがとうございました。次がありましたらまたよろしくお願いします。
こういうのを書くのは楽しい。みんなも書いて。



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/13(火) 13:50:08.56 ID:iRTAF6+JO

最高なので無限に続いてほしい


元スレ
SS速報R:凛「わ」ありす「い」奈緒「だ」加蓮「ん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1481601540/