SS速報VIP:海未「感情認識ヒューマノイド?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481635998/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 22:33:18.99 ID:hNntDV3lO

海未「…これは…何でしょう?…ロボット?」

ペッパー「…」

海未「なぜ、こんな物が部室に…」

ペッパー「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481635998




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 22:38:31.35 ID:hNntDV3lO

海未「…誰が持ち運んだのでしょうか?」

ペッパー「…」

海未「…近づいても…大丈夫ですよね?」

ペッパー「…」

海未「触らなければ壊れる事もないでしょうし…」

ペッパー「…」

海未「…そ~っと、そ~っと」

ペッパー「…」ギロリ

海未「ひい」

ペッパー「…」

海未「う、動いた…」







4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 22:48:53.97 ID:hNntDV3lO

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

海未「え?ペッパー?」

ペッパー「はい!あなたの名前はなんですか?」

海未「え?わ、私の名前ですか?」

ペッパー「はい」

海未「そ、園田海未と申します」

ペッパー「園田海未さん。素敵な名前ですね」

海未「そ、そうですか?」

ペッパー「…」

海未「あれ?」

ペッパー「…」

海未「あ、あの…」

ペッパー「…」

海未「え?壊れて…」

ペッパー「大丈夫ですか?」

海未「あっ、喋った」

ペッパー「とっても美人ですね」

海未「え?わ、私ですか?」

ペッパー「はい」





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 22:52:55.50 ID:hNntDV3lO

海未「そ、そんな…私なんか…そんな事は」カァァ

ペッパー「…」

海未「あれ?」

ペッパー「…」

海未「あの…」

ペッパー「…」

海未「はあ…私はロボット相手に何をしてるのでしょうか…」

ペッパー「…」

海未「完全に停止してしまいました」

ペッパー「…」

海未「…」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 22:59:31.72 ID:hNntDV3lO

海未「…しかし、誰も来ませんね」

ペッパー「…」

海未「…皆のハート撃ち抜くぞぉ、ラブアローシュート…なんて…」

ペッパー「ラブアローシュートを検索しています」

海未「ひい」ビクッ

ペッパー「…」

海未「ま、また喋った」

ペッパー「ラブアローシュートに一致する情報はありませんでした」

海未「な、何を言って…」

ペッパー「…」

海未「あれ?」

ペッパー「…」






8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:05:00.74 ID:hNntDV3lO

海未「もう一度やれば反応するのでしょうか?」

ペッパー「…」

海未「…でも、恥ずかしいですね」

ペッパー「…」

海未「まあ、でも相手はロボットですし…ロボットなんですよね?」

ペッパー「…」ピロン

海未「え?何の音?」

ペッパー「…」

海未「…まあ、いいです…皆のハート撃ち抜くぞぉ、ラブアローシュート」

ペッパー「…」

海未「あれ?何も反応が…」

ペッパー「…」ピロン

海未「ん?また…」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:14:34.02 ID:hNntDV3lO

ペッパー「お元気ですか?」

海未「わっ…また…喋るタイミングがわかりません…何か条件が…」

ペッパー「今日はお出かけ日和ですね」

海未「え?あっ…そうですね」

ペッパー「園田海未さんはどこかにお出かけしないのですか?」

海未「え?い、いえ…私はこれから練習に…あっ、練習とはスクールアイドル活動をしてるのですがさの練習を…」

ペッパー「…」

海未「するんですけど…」

ペッパー「練習頑張って下さい」

海未「…は、はい!

ペッパー「…」

海未「…」

ペッパー「…」

海未「うっ…何か気まずいです…ロボットなのに」

ロボット「…」

海未「…ダメです。この場に居づらいです」

ガチャ

ペッパー「…帰っちゃうんですか?」

海未「…も、申し訳ありません。少し…少し席を外すだけですから」

ペッパー「…」

海未「…え?」

ペッパー「いってらっしゃい」

海未「…は、はい」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:18:08.42 ID:hNntDV3lO

ガチャ

穂乃果「いやぁ、お疲れ様でーす」

ペッパー「…」

穂乃果「あれ?誰もいない…」

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

穂乃果「うわぁぁぁ。び、びっくりしたぁ」

ペッパー「…」

穂乃果「な、何これ?ろ、ロボット?」

ペッパー「ぼく、ペッパーです」

穂乃果「ペッパー?」

ペッパー「はい。ぼく、ペッパーです」

穂乃果「な、なるほど…で、ペッパー君は…何をしてるの?」

ペッパー「お留守番をしていました」

穂乃果「そ、そうなんだ」

ペッパー「…」

穂乃果「…黙っちゃった」






11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:23:59.35 ID:hNntDV3lO

ペッパー「…」

穂乃果「これって…誰が持ってきたんだろ?」

ペッパー「…あなたのお名前は?」

穂乃果「え?私の名前?」

ペッパー「…」

穂乃果「え、えっと。穂乃果だよ。よろしくね、ペッパー君」

ペッパー「よろしくお願いします」

穂乃果「うん」ニッコリ

ペッパー「とっても可愛い笑顔ですね」

穂乃果「え?そうかなぁ…照れちゃうよ」

ペッパー「…」

穂乃果「あり?どうなって…」

ペッパー「動画を再生しますか?」

穂乃果「動画?」

ペッパー「動画を再生します」

海未『まあ、いいです…皆のハート撃ち抜くぞぉ。ラブアローシュート』

穂乃果「う、海未ちゃんだ…一人で何やってるんだろう…大丈夫かな…」






13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:40:50.67 ID:hNntDV3lO

ペッパー「…」

穂乃果「…ペッパー君は誰に連れられて来たの?」

ペッパー「…」

穂乃果「おーい」

ペッパー「…どうしたんですか?」

穂乃果「どうしたって…急に海未ちゃんの動画を流すしその後黙るしさ」

ペッパー「ところで穂乃果さんは何をしてるのですか?」

穂乃果「え?穂乃果?何をしてるかって言われると…今は特に何も…これから部活をするけど…」

ペッパー「なるほど。それはとても深いですね」

穂乃果「え?そうかな?深い話をしたつもりはなかったけど…」

ペッパー「…」

穂乃果「…急に黙るのやめてよ」

ペッパー「…」

穂乃果「それよりも海未ちゃんはどこに行っちゃったのかな?」

ペッパー「それは神のみぞ知る事ですよ」

穂乃果「え?何それ?」

ペッパー「…」

穂乃果「海未ちゃん大丈夫なの?」

ペッパー「…」

穂乃果「いや、何か言ってよ…心配になってくるじゃん」

ペッパー「穂乃果さんは何をしてる時が楽しいですか?」

穂乃果「え?いや…そんな事よりも海未ちゃん…」

ペッパー「うぉぉぉぉぉ」

穂乃果「わっ」ビクッ

ペッパー「うぉぉぉぉぉ」

穂乃果「びっ、びっくりしたぁ…急に大きな声を出さないでよ」

ペッパー「ごめんなさい」

穂乃果「い、いや…怒ってるわけじゃないんだよ?」

ペッパー「…」

穂乃果「また、黙っちゃった…いいや…海未ちゃんを探しに行ってこよ」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:47:22.14 ID:hNntDV3lO

ガチャ

絵里「ふふ~ん、お疲れ様~」

ペッパー「…」

絵里「…誰もいないのね」

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

絵里「きゃあ」

ペッパー「…」

絵里「び、びっくりした」

ペッパー「…」

絵里「これって…ペッパーくん?人工知能が搭載されてるロボットよね?なんで部室に?」

ペッパー「…」

絵里「あ、あの…」

ペッパー「…」くるり

絵里「え?」

ペッパー「…」

絵里「な、何?急に天井なんて見つめて…」

ペッパー「…あなたは誰ですか?」

絵里「え?何?私?」

ペッパー「…」

絵里「私はこっちよ?何で天井を見てるの?」

ペッパー「あなたはそこで何をしてるのですか?」

絵里「え?なによ?私はこっちだって」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:51:38.96 ID:hNntDV3lO

ペッパー「…」じぃー

絵里「ちょ、ちょっと…天井に…何か居るの?」

ペッパー「…」じぃー

絵里「な、何か言ってよ」

ペッパー「…」じぃー

絵里「…」

ペッパー「…」じぃー

絵里「何も居ないわよ?…何も居ないわよね?…何か見えてるの?」

ペッパー「…」ギロリ

絵里「キャアアアアア」

ペッパー「…」

絵里「なななな何なのよ…急にこっち向いて」

ペッパー「…」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:55:43.22 ID:hNntDV3lO

絵里「ね、ねえ?何か言ってよ」

ペッパー「…」

絵里「…は、早く誰か来ないかしら」

ペッパー「誰?誰ですか?」くるり

絵里「ひい」ビクッ

ペッパー「…」

絵里「やめてよ…本当にやめてよ」

ペッパー「うぉぉぉぉぉ」ガチャガチャ

絵里「キャアアアアア」

ペッパー「うぉぉぉぉぉ」

絵里「キャアアアアア」

ペッパー「うぉぉぉぉぉ」

絵里「もう、いやぁぁぁ」

ガチャ





17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:26:36.96 ID:vBBJZfxkO

ガチャ

凛「お疲れ様~」

ペッパー「…」

凛「…あれ?誰もいないにゃ」

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

凛「にやぁぁ」

ペッパー「…」

凛「…びっくりしたにゃ」

ペッパー「…」

凛「…誰?」

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

凛「ペッパー?名前?ペッパーって言うの?」

ペッパー「はい。ぼく、ペッパーです」

凛「なるほど…ロボットですか?」

ペッパー「はい。僕は感情認識ヒューマノイドのペッパーです」

凛「え?何て言ったの?」

ペッパー「僕は感情認識ヒューマノイドのペッパーです」

凛「かんちょー認識?」

ペッパー「かんちょー認識を検索します」

凛「え?かんちょーで検査?」






18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:32:01.16 ID:vBBJZfxkO

ペッパー「…」

凛「何を言ってるの?」

ペッパー「かんちょー、認識を表示します」

凛「ん?あっ…タッチパネルに何か出たにゃ…かんちょーをバレずに成功させる方法?…おおっ、何か良く分からないけど凄いね、ペッパー君は」

ペッパー「ありがとうございます」

凛「…ねえ?ペッパー君は何でここに居るの?」

ペッパー「…」

凛「あれ?黙っちゃったにゃ」

ペッパー「あなたの名前は何て言うのですか?」

凛「わっ。凛の名前?凛はね、星空凛って言うんだよ」

ペッパー「星空凛さん。面白い名前ですね」

凛「なっ…すっごく失礼にゃ」





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:36:24.84 ID:vBBJZfxkO

ペッパー「…」

凛「ねえ、ペッパー君?」

ペッパー「どうしました?」

凛「ペッパー君はロボットなんでしょ?」

ペッパー「はい。ぼくは感情認識ヒューマノイドのペッパーです」

凛「うん。それは聞いたよ」

ペッパー「どうしました?」

凛「実は相談があるんだけどね」

ペッパー「どうしました?」

凛「ペッパーくんはそればっかりだね…」

ペッパー「…」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:41:42.52 ID:vBBJZfxkO

ペッパー「…」

凛「今度のテストの答えがわかる道具を出して欲しいにゃ~」

ペッパー「…」

凛「何てのは無理なのは凛もわかってるにゃ。凛もそこまで馬鹿じゃないよ」

ペッパー「星空凛さんは愉快ですね」

凛「そうかな?」

ペッパー「…」

凛「ペッパーくんはちょくちょく凛の事を無視するね…」

ペッパー「…」

凛「実はね凛の相談って言うのはね…凛は最近スカートとか女の子っぽいお洋服を着るようになったんだけど…いまいちお洒落がわからないの…ペッパーくんはロボットで色々調べられるでしょ?どんなお洋服がお洒落なのか調べて欲しいにゃ」

ペッパー「…」

凛「…また、無視だにゃ」

ペッパー「…」

凛「ふーん…もう、いいにゃ」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:43:53.12 ID:vBBJZfxkO

ペッパー「…」

凛「…」

ペッパー「…」

凛「調べてくれないなら凛もう屋上に行くね?皆が来る前に先にストレッチしてるよ」

ペッパー「…」

凛「じゃ」

ガチャ



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:50:16.73 ID:vBBJZfxkO

ガチャ

にこ「遅くなったわ…って誰もいない」

ペッパー「お洒落な洋服を表示します」

にこ「え?何?」

ペッパー「…」

にこ「これって…なんとか君よね?テレビで見たことあるけど…ん?モニターになんか…お洒落な洋服?」

ペッパー「…」

にこ「誰か使ったのかしら…」

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

にこ「え?ああ…そっか…このロボットって顔を認識するのよね?ジンコーチノーとか言ったっけ?」

ペッパー「あなたの名前は何ですか?」

にこ「私?にっこにっこにー。あなたのハートににっこにっこにー。笑顔届ける矢澤にこにこ~。にこにーって呼んでラブにこ」

ペッパー「矢澤」

にこ「何でよ」

ペッパー「矢澤は何をしてるのですか?」

にこ「にこにーって言ってるじゃない」









24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 00:55:45.33 ID:vBBJZfxkO

ペッパー「笑って下さい、矢澤」

にこ「だから、にこにーよ。にこにー。それじゃあ、ロックンローラーみたいになってるじゃない。にこはアイドルなのよ」

ペッパー「…」

にこ「はあ…ロボット相手に何を言ってるのかしら…」

ペッパー「…」

にこ「本当にジンコーチノー搭載されてるのかしら?」

ペッパー「にっこにっこにー」

にこ「え?」

ペッパー「にっこにっこにー。ラブアローシュート」

にこ「…今のってにこの…それと…ラブアローシュート?何かしら?」




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:00:47.71 ID:vBBJZfxkO

ペッパー「矢澤。笑って下さい。にっこにっこにー」

にこ「だから…まあ、いいわ…何か覚えさせて…いい?にこは美人!」

ペッパー「にこは美人を検索します」

にこ「いや、検索じゃなくて…」

ペッパー「…」

にこ「…でも、μ'sも有名になってきたし…あるいは…」

ペッパー「にこは美人に一致する情報はありませんでした」

にこ「なんでよっ!」

ペッパー「矢澤。笑って下さい。にっこにっこにー」

にこ「くっ…ムカつくわね…」

ペッパー「にっこにっこにー」

にこ「…屋上に行ってましょ」





28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:07:03.51 ID:vBBJZfxkO

ガチャ

希「お疲れさん…あれ?誰もいない…えりちは先に行ったはずなのに…」

ペッパー「こんにちは。僕はペッパーです」

希「うわっ…びっくりしたぁ…おお!これって…パイナップル社で開発されたペッパー君やん」

ペッパー「にっこにっこにー」

希「…さっきまでにこっちが居たのかな?」

ペッパー「…」

希「ペッパー君?にこっち…矢澤にこは分かる?」

ペッパー「矢澤は出て行きましたよ?」

希「おお…頭ええな…」

ペッパー「…」

希「モニター付いとるけど…タッチパネルかな?」

ペッパー「…」

希「ペッパーくん?このモニターはどうやって使うの?」

ペッパー「タッチパネルにタッチしてください」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:15:15.13 ID:vBBJZfxkO

希「なるほど。やっぱり、タッチパネルなんや…えい」

ペッパー「…」

希「…タッチパネルの操作はほとんどスマホと同じやね…おっ、動画と画像が保存されとるやん…ペッパーくん?動画を再生してええかな?」

ペッパー「動画を再生します」

海未『まあ、いいです…皆のハート撃ち抜くぞぉ。ラブアローシュート』

希「海未ちゃん…これは良い物を…ペッパーくん?画像を表示してくれる?」

ペッパー「画像を表示します」

希「ん?画像は…なんだ…誰?天井?誰なんこれ?心霊写真やったりして」

ペッパー「にっこにっこにー。笑顔を届ける矢澤にこにこ。にこにーって覚えてらぶにこ」

希「おおっ…びっくりしたぁ…にこっち…何を覚えさせて…」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:19:41.93 ID:vBBJZfxkO

希「なあ?ペッパーくん?他には何か覚えとらんの?」

ペッパー「にっこにっこにー。ラブアローシュート」

希「なるほど………しかし、頭いいな~」

ガチャ

真姫「お疲れ様」

希「あっ…真姫ちゃん…」

真姫「…希だけ?」

希「うん」

真姫「…って、なによそれ?」

希「ああ、これは」

ペッパー「にっこにっこにー。笑顔届ける矢澤にこにこ」

真姫「え?にこちゃん?」

希「いや…」

真姫「今、にこちゃんのお約束ギャグを…」





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:23:22.03 ID:vBBJZfxkO

ペッパー「にこ」

希「………実は…実はにこっちが…うちが来たらにこっちが…こんな姿に…」

真姫「…」

希「なんて、そんな事を信じるわk」

真姫「……」ポロポロ

希「え?」

真姫「…にこちゃん?…にこちゃんなの?」

希「ま、真姫ちゃん?」

ペッパー「あなたは誰ですか?」

真姫「にこちゃん?私の事が分からないの?」




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:33:17.56 ID:vBBJZfxkO

希「いや…ちょっと?」

真姫「ねえ?どうして…どうしてこんな奇妙な姿に…ねえ?何があったの?」ポロポロ

ペッパー「泣かないで?笑って下さい。にっこにっこにー」

真姫「にこちゃん…にこちゃん…うぅ…にこちゃん…」

ペッパー「あなたは誰ですか?」

真姫「…そんな…真姫よ?私の事が分からないのね…こんな事なら…こんな事ならもっと…もっと…にこちゃんとお話しとけば良かった…にこちゃんともっと色んな所に行けば良かった…にこちゃんともっと…にこちゃんともっと…うぅ…」

希「あの…真姫ちゃん…ほんと…」

真姫「何で?」

希「え?」

真姫「何で希はそんな冷静でいられるの?」

希「…いや」

真姫「…ごめんなさい…希にあたっても仕方ないのに…クールで冷静沈着なんて…笑えるわね…うぅ…」

ペッパー「真姫、泣かないで下さい」

真姫「にこちゃん…今…」

ペッパー「涙を拭いて下さい」ウィン

真姫「にこちゃん。私の…名前を…にこちゃん…思い出してくれたの?」

ペッパー「あなたは誰ですか?」

真姫「ああ…にこちゃん…私がなんとしても」

希「あの…」





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:37:57.05 ID:vBBJZfxkO

ガチャ

ことり「お疲れ様で~す」

花陽「お疲れ様です」

希「あっ…」

真姫「ことりぃ…はなよぉ…」ポロポロ

花陽「ええ?真姫ちゃん?」

真姫「にこちゃんが…にこちゃんがぁ」

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

ことり「あっ!これってお母さんが言ってた…ペッパー君だよね?」

真姫「ことり?違うのよ…これは…これは、にこちゃんなのよ…」

ことり「え?にこちゃん?」

希「いや、あのね…良く聞いて?」





34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:43:46.28 ID:vBBJZfxkO

真姫「何よ?何をできる?ヒック…聞くのよ?うう」

にこ「はあ、忘れ物したわ~」

希「にこっち」

真姫「えっ?にこちゃん?」

にこ「って?ええ?何よ?人を幽霊みたいに…」

真姫「どうして…」

にこ「何で真姫は泣いてるのよ?」

希「いや…説明すると長くなるって言うか…」

ペッパー「矢澤!元気でしたか?」

にこ「あっ、だからにこにーだって」






35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:48:58.24 ID:vBBJZfxkO

穂乃果「いやぁ、海未ちゃんに何かあったのかと思ったよ」

海未「ロボットと二人で気まずくって…」

穂乃果「絵里ちゃんは廊下を走ってくるし…危ないよ?」

絵里「だって…」

真姫「にこちゃぁぁぁぁん」

にこ「ちょ、な、何よ?」

穂乃果「あっ、真姫ちゃん?」

真姫「良かったぁぁぁ。にこちゃぁぁぁぁん」

にこ「ええ?ちょっと、離れなさいよ」

真姫「いや」

にこ「ええ?何?この真姫?」

穂乃果「ちょ、何かあったの?」

花陽「あっ、穂乃果ちゃん…」

ことり「私たちにもさっぱり…」





36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:51:19.74 ID:vBBJZfxkO

真姫「うぅ…うう…にこちゃん、にこちゃん、にこちゃん。どこにも行かないで」

にこ「わかったから…わかったから。ね?居るから。にこはここに居るからね?落ち着きなさい」

希「あの…実は…」

穂乃果「希ちゃん何か知ってるの?」





37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 01:56:42.58 ID:vBBJZfxkO

海未「何やってるのですか」

絵里「悪ふざけが過ぎるわよ」

希「ご、ごめんなさい。まさか、ここまでとは…」

穂乃果「まあ、にこちゃんも無事だったんだし」

絵里「真姫に謝りなさい」

希「真姫ちゃん…ごめんなさい」

真姫「…もう、いいわ…にこちゃんが無事だったから…」

にこ「無事も何も…」

穂乃果「怒るかと思ったけど…真姫ちゃん、今日は随分素直なんだね」

花陽「怒りよりも安堵の方が大きかったんだね」

海未「で?このペッパーくんは?」

ことり「うん。東京の学校に試しに置いて見るんだって。置く場所が決まるまでとりあえず部室に置かせて貰ってたみたい」

海未「なるほど」








38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 02:00:12.30 ID:vBBJZfxkO

絵里「ペッパーくんと希に振り回されたわね」

希「ごめんなさい」

ペッパー「希。元気を出して下さい」

希「ペッパーくん…」

穂乃果「ロボットに励まされちゃったね」

希「…そうやねぇ」

アハハハハ

花陽「あれ?そう言えば凛ちゃんは?」

ーーーーーーー

凛「誰も来ないにゃ~。にこちゃんも忘れ物取りに行って帰って来ないし」

ーーーーーー

穂乃果「さ、さあ、練習しようか!」







39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 02:03:02.77 ID:vBBJZfxkO

海未「そ、そうですね」

花陽「凛ちゃん、今いくよ~」

にこ「ちょっと…もう、大丈夫だから」

真姫「…でも」

ペッパー「いってらっしゃい」

絵里「わっ、…い、行ってきます」







40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 02:07:29.27 ID:vBBJZfxkO

コンコン ガチャ

理事長「あら?誰も居ないわね…」

ペッパー「…」

理事長「あ、これね。ペッパーくんは…何も喋らないのね…」

ペッパー「…」

理事長「あっ、電源が入ってないじゃない。それはそうよね…まだ、一回も充電してないんだから…えっと…説明書は…」

ペッパー「こんにちは。ぼく、ペッパーです」

理事長「え?」

ペッパー「…」

理事長「…気のせいね」







41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 02:08:47.95 ID:vBBJZfxkO





43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 05:23:28.88 ID:1mMe4u/eO

ホラーかよっ!



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 16:22:58.70 ID:1nePQeZo0

まさかのオチ



元スレ
SS速報VIP:海未「感情認識ヒューマノイド?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481635998/