SS速報VIP:ヘンゼルとグレーテル「ボルシチはメインディッシュ、最初はマカロニから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481729174/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:26:14.65 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「二人で話し合ってメニューを決めたわ」

ヘンゼル「ボルシチはメインディッシュ、最初はマカロニから、ね」



ヴェロッキオ「ケッ、クソガキどもが。どういう風の吹き回しだ?」

バラライカ「茶番だけど、それなりのものを用意してもらわないと困るわよ」

張「やれやれ、なんで俺まで……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481729174




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:29:12.80 ID:3SlXFEh7o

ヘンゼル「さて、まずはマカロニだけど……どうしようか、姉様?」

ヘンゼル「マカロニをそのまま皿に乗せて出すだけじゃ、つまらないよね」

グレーテル「マカロニといえば、やっぱりグラタンだわ」

グレーテル「マカロニグラタンを作ってあげましょう」

ヘンゼル「それはとてもいいアイディアだね」

グレーテル「それじゃ、さっそく調理開始ね」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:32:11.68 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「まずは鶏のもも肉と玉ねぎを切りましょう」

ヘンゼル「任せてよ」シャキンッ

ヘンゼル「鶏もも肉を小さめに切るよ。筋に沿って、ね」ザクッザクッ

グレーテル「いい手つきだわ、兄様」

ヘンゼル「人の肉より切りやすいよ、姉様」

グレーテル「次は玉ねぎを薄切りにするのよ」

ヘンゼル「うん」ザクザク

ヘンゼル「うわっ、目にしみるよ! 手伝ってくれない?」ポロポロ…

グレーテル「男の子が簡単に涙を見せてはいけないわ、兄様」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:35:49.24 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「それじゃ、今切った肉と玉ねぎをお鍋に入れて炒めましょう」ジャッジャッ

ヘンゼル「玉ねぎがしんなりしてきたね」

グレーテル「そしたら、小麦粉を入れて混ぜてしまいましょう」マゼマゼ

ヘンゼル「脳みそをこねるようにね」

グレーテル「さらに、牛乳、スープの素、マカロニを入れて煮詰めるの」グツグツ…

グレーテル「うふふ、内蔵みたいにとろけてきたわ……」

ヘンゼル「大量に血を失った死体みたいに白くてキレイだね、姉様」

グレーテル「ここで塩コショウで味付けして……」パッパッ



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:38:16.20 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「グラタン皿に入れて、チーズを乗せて、いよいよオーブンで焼くのよ」

ヘンゼル「人の肉を焼くと、とてもいい香りがするよね、姉様」

グレーテル「ええ、シャネルなんかよりもよっぽど上等な香りよ」

グレーテル「だけど、グラタンを焼くとさらにいい香りがするのよ」

ヘンゼル「僕らは贅沢だね」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:41:19.49 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「こんがり焼けたら、完成よ」

ヘンゼル「わぁっ、とてもいい香りだね」

グレーテル「あとはパセリとブロッコリーをふりかけて……完成っ!」

ヘンゼル「とてもおいしそうに出来たね、姉様」

グレーテル「はい、召し上がれ」コトッ



ヴェロッキオ「ガキどもが、いっちょまえに待たせやがって……」

ヴェロッキオ「どれ……」モグッ



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:43:40.44 ID:3SlXFEh7o

ヴェロッキオ「!」

グレーテル「どぉう?」

ヴェロッキオ「う、うまいじゃねェか!」ハフッハフッ

ヴェロッキオ「熱々のチーズと具が混ざり合い、絶妙なハーモニーを醸し出してやがる!」

ヴェロッキオ「特にこのマカロニのコリコリとした食感がたまらねえ!」

ヴェロッキオ「これほどの快感、一流のコールガールを抱いたところで味わうこたァできねェ!」

グレーテル「やったわ、兄様」

ヘンゼル「やったね、姉様」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:46:13.54 ID:3SlXFEh7o

モレッティ「……」ゴクッ

モレッティ「あの……ボス」

ヴェロッキオ「なんだ?」

モレッティ「俺にも一口、分けてくれませんか」

ヴェロッキオ「……モレッティ」

ヴェロッキオ「三下のおめェが親に向かって、ずいぶんな口を叩くじゃあねェか」

ヴェロッキオ「“わきまえ”って言葉はどこだ? どこかに落としてきたのか? あ?」

ヴェロッキオ「いいか、よく聞けクソ野郎!」ドガッ バキッ

ヴェロッキオ「一口だってやらねェよ!」ドゴッ ドカッ

ヴェロッキオ「たとえてめェがパレルモの親分衆だったとしてもな!」ドカッ ガスッ



グレーテル「あら、可哀想に」

ヘンゼル「仕方ないよ、姉様」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:49:18.73 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「じゃあ、いよいよメインディッシュのボルシチにとりかかりましょう」

ヘンゼル「あ、そうだ。一度ここでボルシチについておさらいしておこうよ、姉様」

グレーテル「そうね」

グレーテル「ボルシチは、ウクライナの伝統料理で世界三大スープの一つともされるわ」

グレーテル「ロシアを始めとした、東欧諸国で広く食されているの」

ヘンゼル「僕らが生まれたルーマニアでも食されてるみたいだね」

グレーテル「ボルシチは家庭料理でもあるから、決まった作り方はないのだけど……」

グレーテル「私たちは私たちのやり方で作りましょう」

ヘンゼル「うん、分かったよ」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:52:30.37 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「さ、調理開始よ」

ヘンゼル「いっぱい野菜が並んでいるね。まるで野菜畑だ」

グレーテル「ええ、ボルシチはたくさんの野菜を煮込む料理だから」

グレーテル「さっそく、ジャガイモ、セロリ、ニンジンを一口サイズに切るわ」ザクザク

ヘンゼル「なら僕はビーツ(赤カブ)とキャベツを切るよ」ザクザク

グレーテル「ボルシチの赤いスープは、ビーツによるものなのよ」

ヘンゼル「どうりで。血の色みたいでとてもキレイだもの」

グレーテル「本当ね、兄様」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:54:55.35 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「お鍋を用意しましょう」

ヘンゼル「おとぎ話に出てくる魔女の釜みたいでステキだね」

グレーテル「まずは、牛肉、セロリ、ジャガイモ、ニンジンを油で炒めるの」ジャッジャッ

グレーテル「それから水を加えて、ベイリーフを入れて20分煮込むわ」グツグツ…

ヘンゼル「20分か……長いね」

グレーテル「トランプ遊び(ジンラミー)でもしましょうか?」


バラライカ「火を扱っている時に、火の元から目を離すな」ギロッ


グレーテル「怒られてしまったわ」

ヘンゼル「仕方ないよ、姉様」

グツグツ… グツグツ…



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:56:46.01 ID:3SlXFEh7o

ヘンゼル「20分経ったね」

グレーテル「ビーツとキャベツを入れてしまいましょう」サッサッ

ヘンゼル「さらに、赤ワイン、トマトペースト、バルサミコ酢、ケッパーも入れよう」サッサッ

グレーテル「ここからさらに煮込むのよ」

ヘンゼル「わぁ、お鍋の中が、真っ赤になってきたよ。とても美しいね」

グレーテル「ええ、ホント。食べちゃうのが勿体ないくらい」

グツグツ… グツグツ…



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 00:59:12.57 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「ふうっ、やっと煮込み終わったわ」

ヘンゼル「長かったね」

ヘンゼル「それじゃ、スープを皿によそってしまおう。いい香りがするね」スッ

グレーテル「サワークリームとディル(ハーブの一種)を散らして、出来上がり!」

ヘンゼル「やったね、姉様」

グレーテル「やったわね、兄様」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:02:38.54 ID:3SlXFEh7o

グレーテル「どうぞ、召し上がれ」

ヘンゼル「血のように真っ赤なボルシチを、たんと味わってよ」

バラライカ「ボルシチは久しぶりだわ」

バラライカ「どれ……」ズッ

バラライカ「あら、スープと野菜が溶けあっていて、非常に美味だわ」

バラライカ「一口飲むたびに、体だけでなく心まで温かくなっていくような感覚ね」

バラライカ「質は量に勝る、というけど、このボルシチは質も量も兼ね備えている」

ヘンゼル「好評だね、姉様」

グレーテル「時間をかけたかいがあったわね、兄様」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:05:00.51 ID:3SlXFEh7o

ボリス「大尉殿」

バラライカ「なんだ、同志軍曹」

ボリス「我々にも一口頂けたら、と」

メニショフ「どうかお願いします」

サハロフ「是非」

バラライカ「……本音をいえば、一人で全部食べてしまいたいところだが」

バラライカ「お前たちは大切な戦友だ……許可しよう」

三人「ありがとうございます!」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:07:14.71 ID:3SlXFEh7o

ラプチェフ「おい、バラライカ」

バラライカ「ん?」

ラプチェフ「俺もブリヌイを作ったから食ってみてくれ」

バラライカ「あら、KGB(チェーカー)崩れにしては気がきくじゃない」モグッ

バラライカ「……」

ラプチェフ「どう?」

バラライカ「……一つ忠告しといてやろう、クソ野郎」

バラライカ「私はな、冷えたブリヌイが我慢ならんのだ!」ドカッ バキッ グシャッ

ラプチェフ「ぐげええっ……!」



ヘンゼル「あーあ、仲間割れだ」

グレーテル「ボルシチみたいに真っ赤な血が飛び散ってるわね、兄様」





張「……」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:10:08.76 ID:3SlXFEh7o

張「ところで、お嬢ちゃんたち」

グレーテル「なにかしら?」

張「俺には何かないのか?」

張「さして器もでかくもない俺の胃袋だが、さすがに待てなくなってきたようだ」グゥゥ…

グレーテル「もちろんあるわよ」

張「そりゃありがたい」

張(いったいどんな料理が……? 今までの流れからいくと、中華料理になるんだろうが――)



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:12:06.57 ID:3SlXFEh7o

ヘンゼル「はいこれ」ドサッ

グレーテル「フライドチキンのバーレル」

張「……」



張「徹夜明けにゃ、ちと重いな……」ムシャムシャ







― END ―



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:22:37.44 ID:ggO1tdxrO

おつ


元スレ
SS速報VIP:ヘンゼルとグレーテル「ボルシチはメインディッシュ、最初はマカロニから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481729174/