SS速報VIP:【モバマス】美穂「13と14の間で」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388420217/



1: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:16:58.12 ID:5mTfnIj+0

超短編、投下します

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388420217




2: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:18:40.72 ID:8bP8u6dp0

N○K

美穂「お疲れ様ですっ、プロデューサー!」

P「お疲れ様! いやぁ、良いステージだったよ。どうだった、人生初紅白は?」

美穂「や、やっぱり緊張しちゃいました……。でも! すっごく楽しかったです! また来年も出られたら良いなって卯月ちゃんと話していたんです! 興奮がまだ消えそうにないですっ」

P「来年かぁ、と言っても後数分で年が変わっちゃうぞ。このままじゃ車の中で年越しになっちゃうな」

美穂「私は気にしませんよ?」

P「いや、凄く個人的なことだけどプロデューサーになるまでの年越しって家の中でインスタントそばを啜っていただけだったし、こうやってアイドルと一緒に年越しをするなんて思ってもいなかったな」

美穂「ふふっ、私もです。プロデューサーといっしょだったなんて。嬉しいな」

P「っと、あんまりココにいても邪魔なだけだし、家まで送るよ」



3: 小日向ちゃんは16日に18歳になったって事でお願いします ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:20:19.58 ID:5mTfnIj+0

車内

P「美穂はさ」

美穂「なんですか?」

P「来年やりたいこととかある?」

美穂「来年……あっ、受験があります」

P「まぁ受験の後、ってことになるかな。アイドルとして一年間やって来て、色々とやりたいことが出来たんじゃないかなって思って」

美穂「えーと、そう言われたらぽんと出てこないですね」

P「何でもイイんだぞ? あの仕事がしてみたいとか、こんな歌が歌いたいとか」



4: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:21:18.94 ID:8bP8u6dp0

美穂「えっと、思いつきました! 舞台に出てお芝居してみたいな……」

P「舞台かぁ。そう言えば興味があるって言っていたっけか」

美穂「先輩アイドルの皆さんの舞台を見たときに、私もあんな風に演じることができたらなって思ったんです。お客さんの目の前で演じるから緊張しちゃうかもしれないんですけど……一度やってみたいんです」

P「舞台には舞台の魅力があるからな。でも美穂も大分緊張しなくなってきたよ。本番前に緊張するのは誰だって同じだろうし、今日のステージも緊張していたなんて言っても凄く楽しそうに出来ていたし」

美穂「私に出来るのかな?」

P「出来るさ。舞台は色んな小日向美穂になれるチャンスだし、来年は舞台のオーディションも受けてみるか」

美穂「え、えっと、プロデューサーがそう言うならなんだか出来そうな気がしてきました」



5: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:22:45.60 ID:5mTfnIj+0

美穂「後……笑うかもしれませんけど」

P「?」

美穂「絵本を描いてみたいなってちょっと思いました」

P「絵本? 笑ったりはしないけど意外なものが来たな。どんなお話?」

美穂「プロデューサーくんのお話を書こうかなって」

P「オレェ!?」

美穂「えっ? あっ! プ、プロデューサーじゃなくて! ク、クマの! ぬいぐるみのプロデューサーくんで……うぅ、すみません……」

P「そ、そうか。これは良かった……のか?」



6: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:23:23.42 ID:8bP8u6dp0

P「でもどうして急に絵本を描きたいって?」

美穂「きっかけは大したことでもないんですけど、この前本屋さんに寄った時に昔読んでいた絵本を見つけて懐かしくなって手にとって読んでみたんです。何冊か読んでいるうちに、自分でも描いてみたいなって」

P「成程ね。アイドルはステージに立って自分や伝えたいメッセージを表現するけど、その他にも出来ることが有ると俺は思う」

美穂「と言いますと?」

P「何の番組だったか忘れたけど、川島さんが言っていたんだ。アナウンサーとして何かを伝えてきたけど、それだけじゃ伝わらないものもある。そのもどかしさを、アイドルとして表現しているってさ」

P「絵本とアイドルは一見別のものに見えても、何かを伝えたい表現したいって言う点では一緒じゃないかな。だから俺は美穂の絵本を読んでみたいかな。どんなメッセージがあるか、どんな思いがその絵と物語に込められているか気になったよ」

美穂「だ、誰かに読んで貰えるようなお話を書けるか分からないですけど……下手っぴな絵でも、おかしな文でも、プロデューサーにだけは読んで欲しいなって思います! だから、き、期待していてくださいねっ」

「ああ、楽しみにしているよ」



7: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:26:01.52 ID:5mTfnIj+0

美穂「私ばっかり聴いていますけど、プロデューサーは来年やりたいことは無いんですか?」

P「そうだな、一にも二にもアイドルプロデュースになるなぁ。今年は美穂専属みたいな形だったけど、来年からはそうもいかないだろうし。新しいアイドルもスカウトしていかなくちゃいけないな」

美穂「! そ、そうですよね。私だけなんて無理が」

P「でも出来ることなら……美穂ともっと思い出を作りたい」

美穂「えっ?」

P「舞台や絵本に挑戦したいって思ったってことはさ、そこにはまだ誰も知らない美穂の可能性が眠っているってことじゃないかな」

美穂「私の可能性……」

P「うん。自分自身も気づいていないだろう可能性を見つけて、世間へ見せていく。小日向美穂はこんなことも出来るんだ、こんな顔も見せるんだって」



8: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:27:02.06 ID:8bP8u6dp0

P「プロデューサーってその可能性を誰よりも早く知ることが出来るんだ。新しい美穂を見つけたとき、思い出はまた一つ増える」

P「一つ一つ思い出を作っていって……来年のこの日に答え合わせしたいかな。やりたかったことは出来たか、新しい自分を見つけることが出来たかって」

美穂「え、えっと……上手く言葉に出来ないんですけど」

P「?」

美穂「すっごく素敵だと思います! 私もプロデューサーと思い出を作りたいです」

美穂「誰も知らないプロデューサーの姿を見続けていたいです!」

P「そ、そう言われたら……ちょっと恥ずかしいかな」

美穂「わ、私もです……」



9: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:28:30.72 ID:eApTlG+00

P「……ってあれま。話し込んでいるうちに」

美穂「年、変わっちゃいましたね」

P「今年も残り364日になるのかな?」

美穂「まだ始まったばかりですよ? 思い出を沢山作って行くんですからね?」

P「だな。まあ、あれだ。何はともあれ……美穂、今年もよろしく」

美穂「はいっ、こちらこそよろしくお願いしますっ!」



10: ◆CiplHxdHi6 2013/12/31(火) 01:30:45.52 ID:8bP8u6dp0

短いけどこれでオシマイ。短編の方が難しいなと思ったり、読んでくれた方、ありがとうございました



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/31(火) 07:19:30.50 ID:oOnR6Hi9o




元スレ
SS速報VIP:【モバマス】美穂「13と14の間で」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388420217/