SS速報VIP:【モバマス】 プロダクションの歴史がまた1ページ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481812991/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:43:11.73 ID:/ynXTurj0

<進め、進め!女神はお前らに下着をちらつかせているぞ!>

モバP「…」ガチャガチャ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481812991




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:44:29.03 ID:/ynXTurj0

P「ふう…もうい」
ちひろ「」チラッ

P「!!」
天使ちひろ「(笑顔)」

P「!!!!」ガチャガチャガチャ
女神ちひろ「(いい笑顔)」チラッチラッ



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:45:38.74 ID:/ynXTurj0

<アイドルを褒めるときは大きな声で!森久保を褒めるときはより大きな声で!>

P「良かったぞ、みんな!クリスマスライブに向けて大きく弾みがついたな!」

美玲「協力の成果だな。ウチらの魅力をみせつけてやったぞ!」
輝子「ヒャッハァァ!まぁだ興奮がおさまらないぜぇぇ!」

P「さて…」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:48:48.06 ID:/ynXTurj0

P「森久保ォ!今日はしっかりとファンの方をみていたなあ!オラ!隠れてないで2人と祝うんだよお!」

乃々「うぅ…ただ照明が明るかっただけなんですけど…」

美玲「珍しかったな。今日のライブだったらウチも客席の方から見たいぞ。」

輝子「うん…正面から可愛いとこがみれるな…」

P「安心しろぉ!永久保存版で撮ってあるぞ!完成したら女子寮で反省会(試写会)だなあ!
三人はもちろん、皆にもみてもらおうなあ!」

乃々「むーりぃー…」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:50:01.63 ID:/ynXTurj0

<黙れP!>

愛海「私の衝動を封じるのに、浪漫のお山ではなく、清良さん・早苗さんの御名を持ってしようというのか。虎の威を借る豚めが!」

P「豚は時子様に対してだけだぞ。これで引き下がらないか…なあ愛海。」

愛海「ん?今さらぷにぷにおまんじゅう如きで私を懐柔しようなど…」

P「二人に可能なことが俺には不可能だと思うか?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:51:11.39 ID:/ynXTurj0

ε=P 師<エッ

P匠



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:52:08.15 ID:/ynXTurj0

愛海「うわぁぁぁ!おと、男の人の胸の感触がぁあぁぁぁ…い、いつの間に正面にぃい…」

P「俺を倒す自信があるなら何時挑んできても構わないぞ。」

しぶりん「ふーん」
ままゆ「うふふ…」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:53:09.51 ID:/ynXTurj0

<およばずながら>

P「どうした、ほたる。表情が硬いな。」

ほたる「いえ、あの…すいません…」

P「まあどうしても不安なのはわかる。でもな、俺は信じてるぞ。何かあったとしても最高のパフォーマンスを見せてくれるって。」

ほたる「…」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:54:09.78 ID:/ynXTurj0

P「トップアイドルを目指す熱意とレッスンで積み上げて来たものを俺は知ってる。事務所のみんなも何より今日来てくれた人たちもそうだ。およばずながら、俺が足を支えてやるから。倒れるときはもろともさ。」

裕美「(じっ…)」
P「えっ。いま良いこと言った感じじゃない?」

泰葉「足ってちょっと…」
P「えっえっ。あの言葉の綾っていうか、支えるという意志表明で」

千鶴「…変態中年」
P「ぐああぁぁぁ」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:55:56.98 ID:/ynXTurj0

「さ、ほたるちゃん。中年はほっといて行こう!」
ほたる「え、あ、はい。あの、私がんばります。支えてもらってるのわかります。自分も皆も信じますから!」

P「お、おう。表情明るくなったな。良かった。しっかりやってこい!」
P「(不良中年は未だ遠いか…)」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:56:38.15 ID:/ynXTurj0

<この罠の悪辣なところ>

ちひろ「ある人間を自分の思い通りにしようとするには、相手をある状況に追い込み、行動の自由を奪い、選択肢を少なくすればよい。ということです、Pさん。」

P「え、なにこわい」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:57:27.24 ID:/ynXTurj0

ちひろ「さて、と」

P「え、続けるんですか?」

ちひろ「さあ、Pさん。クリスマスが近いにもかかわらずなーんの予定もないPさん。私を抱きしめてくれてもいいんですよ?」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:59:13.49 ID:/ynXTurj0

無論、この時のPが冷静で合理的な思考を欠いていたわけではない。
彼の眼は冷静に状況を俯瞰していた。
あからさまに本の山でカムフラージュされているカメラ。
胸ポケットからのぞくレコーダー。その他諸々。

プロデューサー業で鍛えられた観察力は警戒すべき事象をとらえていた。
ただ合理的な思考が合理的な行動に繋がるわけではない、という人類の非合理性が結果に現れただけのことであった。



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:59:52.92 ID:/ynXTurj0

ちひろ「あらあら。すごーく優しく抱きしめてくれるんですね。もっと抱きしめてくれも構いませんよ?」

確かに事態は危ういがしかし、致命的な事象を避ける手段はこの時点ではまだ残っていた。



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:00:45.50 ID:ZtFptPl/0

ちひろ「あ、事務所の消灯時間すぎちゃいましたね。薄暗い…いつもこんな遅くまで残っていたんですね…」

手段は残っていた。



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:01:28.98 ID:ZtFptPl/0

ちひろ「Pさんのアイドル達はみんな輝いて、とっても感謝していますよ。私はそのために駆け回るPさんをずっと見ていました。」
ちひろ「もっと近くで顔を見せてください。もっと近づいて…」

趨勢は決した。



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:02:40.94 ID:ZtFptPl/0

ちひろ「さて、と」ツヤツヤ
P「…」ゲッソリ



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:03:32.44 ID:ZtFptPl/0

ちひろ「如何にしてこの事態の責任を取るおつもりですか(慈愛)」
P「…高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処させていただきます。」


プロダクションの歴史がまた1ページ…


元スレ
SS速報VIP:【モバマス】 プロダクションの歴史がまた1ページ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481812991/