SS速報VIP:女「一人競馬場」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391941210/



1: ◆ukweaVAfH6 2014/02/09(日) 19:20:10.22 ID:HH7rzBHw0

◇今書いているスレが書き溜め形式なので、即興の息抜き形式のやつを一つ書きたくて書いてみます。

◇長くはならない見込み

◇競馬は好きですが滅茶苦茶詳しいというわけではありません

◇ギャンブル要素はほんわかです。馬体があーだこーだとか展開があーだこーだとか騎手があーだこーだとかそういった内容はございません。

◇あんまり長くはないですが筆は遅いかもしれません。

よろしくお願いいたします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391941210




2: ◆ukweaVAfH6 2014/02/09(日) 19:24:34.96 ID:HH7rzBHw0

私は今、競馬場に来ている。一人で。しかも今日はGⅠがあるわけでもないし、仮にGⅠがあったとしても開門直後のスタンドの密度なんてたかが知れている。その癖に、私が多くの視線を感じるのは視聴率が高いためだろう。

女(いいじゃんね!二十歳の娘が一人で競馬場に来ちゃだめかっ!)

慣れっこではあるものの、毎度毎度向けられる不躾な視線のせいで、私の眉間に皺がついてしまうのではないかと最近不安に感じている。それでも、私は……。

女「いけぇー!!!シロクロナボク!!!がんばれーっ!!!」

女(競馬場が大好きです)



3: ◆ukweaVAfH6 2014/02/09(日) 19:37:14.90 ID:HH7rzBHw0

女(うーん……シロクロ君はいっつも頑張ってくれてるんだけど、どうしても勝ちきれないなあ……。それが母性本能をくすぐるんだけれど……)

第ニレースの未勝利戦が終わり、私は建物内に入った。いくら競馬場が大好きな私と言っても、毎レース毎レースゴール板前に張り付いているわけではない。ゴール板前に張り付くのは

女(お気に入りの子が出ている時だけなのよねー)

そう、私のお気に入りの馬が出走するレースだけだ。……まあ、お気に入りの馬が多すぎて2レースに1度はゴール板前に張り付いているのだけれど。

女(お……次のレースはイケメンクンが出るじゃないか!これは応援馬券を買わなくては……!)

イケメンクンと言うだけあって、尾花栗毛で大流星……もちろん、大流星はダイナガリバーみたいにお鼻の先まで真っ白なわけではなくて、ちょうど鼻の上あたりまでという、いわば競走馬界のジャニーズのような見た目なのだ。いや、ダイナガリバーはダイナガリバーでとっても可愛いと思うのだけれど。

女(ふんふんふーん♪イケメンクンに単勝1000円っと……)

私は毎度応援する馬のために、応援馬券を買うと決めている。単勝1000円。もちろん、当たっても換金しない。おかげで、応援馬券のファイリングは応援した馬が勝ったとき、負けたときそれぞれに用意する羽目になっている。しかも、1000円と言っても、塵も積もれば何とやらで、目の前でレースが行われる馬についてだけ買うにしても、半分のレースで購入すれば6000円だ。なかなかにお高い趣味だと自分でも思う。友人にお酒の席でそのことを伝えると、

女友『そんなことにお金を遣うから彼氏ができないんだよ』

とどんな友人にも言われてしまう。しかし、その後に続けられる言葉が

女友『そのお金を○○に遣えばいいんだよ』

この○○のあまりの多様さに、きっといつかは私の『○○=競馬』だって彼氏に繋がってくれると信じている。というか、信じたい……。私だって馬と恋愛はできないのだから。



4: ◆ukweaVAfH6 2014/02/09(日) 19:43:57.55 ID:HH7rzBHw0

女(……お?)

応援馬券の購入を終えて、お釣りをお財布に仕舞おうとしたときに隣の自動発売機の画面が目に入ってしまった。偶然にも、私と同じイケメンクンの単勝1000円だった。

女(どんな人なのだろう)

散々、私に向けられる視線は不躾だのなんだの言っておきながら私はゆっくりと慎重に顔を上げ、購入者の横顔を拝むことにした。

女(おお?若い男の人だ)

イケメンクンのいかにもミーハーに受けそうな見た目を考慮して、私と同じような若い女性なのではないかと思っていたのだけれど、何と若い男性だった。とてもステレオタイプな考え方ではあるけど、競馬場には縁がなさそうな真面目そうなルックスの男性だ。

女(友達に連れられて来たのかなあ……)

おじさん「ねーちゃん、早く避けてくれないと……」

女「ああっ!すいませんすいません!」

おじさん「いーよいーよ!もうちょっと避けなかったら尻でも触ってやろうかと思ったけどな!」

女「触ってたらおじさんの馬券全部もらいましたよ!」

おじさん「ちゃっかりしたねーちゃんだな!楽しめよー!」

女「はいはーい!」

案外、競馬場のおじさんたちは優しいと思う。……セクハラ発言は多いけれど。競馬場には女性が少ないから、優しくなってしまうのも当然なのかもしれないけれど。



5: ◆ukweaVAfH6 2014/02/09(日) 19:51:10.54 ID:HH7rzBHw0

女(さて……第3レースは特に応援する子はいないんだよなあ……)

目的の馬券を購入した私は暇を持て余していた。シロクロナボクが出走したのが第2レースの未勝利戦で、イケメンクンが出走するのは第4レースなのだった。

女(パドックでも見ようかな)

仕方なしに私はパドックへと向かう。パドックは所謂、馬の品評会会場のようなものだ。パドックを周回する馬を見て、体調や馬体の良し悪し、体重等を考慮して、馬券の購入の際の情報の一つとするらしい。私はギャンブル目的での競馬にはあまり興味がないので、正直に言えば馬体の良し悪しなんてちっともわからないし、体重なんて牝馬にもプライバシーは無いのっ!?なんて思ってしまうのだけれど。

女(うーん、イケメンクンは本当にイケメンだなあ……。あ、ボロしちゃった。はっずかしー!)

もう慣れてしまったけれど、時々パドックの周回中に馬が大をしてしまうことがある。私が馬を牽いていたらついつい踏んでしまうのでは無いかと思う。更に言えば……恥ずかしいからあんまり思い出したくないのだけれど、牡馬が馬っ気を出してしまった時なんて、私が最も乙女らしい反応をしてしまう瞬間ではないかと思う。……だって脚が五本になるんだもの……。

女(思い出したら恥ずかしくなってきちゃった……)

友人が隣に居たら、いつまで経っても乙女なんだから!と馬鹿にされたに違いないと思いながらも、そそくさと私はパドックを後にした。



6: ◆ukweaVAfH6 2014/02/09(日) 19:57:45.16 ID:HH7rzBHw0

女(そういえば、さっきの彼はどこに行ったんだろう?)

同じように応援馬券を購入している人は決して少なくないとは思うのだけれど、たまたま隣で同じ馬券を買っていたということもあり、何となく気にかかってしまう。

女(……ま、これだけ広いんだから見つかるわけないか)

いくら閑散としているとはいえ、スタンドはとてつもなく広い。それこそ、全盛期には20万人近くの人がこのスタンドに大挙したというのだから、広くないと困るのだけれど。

女(ほんとスカスカだなあ……)

やはり、GⅠも何もない土曜日なんて人を呼べる要素はほとんどないのだろうと実感し、何となく寂しさを覚えてしまう。

女(お?)

場内に響き渡るファンファーレで第3レースが発走することを知る。……芝のマイル戦。1600mを僅か1分半程度で走り抜けてしまう。未勝利戦ではあるけれど、良馬場なことだし恐らく1分35秒ぐらいでレースは終わるだろう。スタートと同時に場内に流れ始めた実況をぼんやりと聴きながら、オーロラビジョンを見つめる。

女(12頭立てかあ。みんながんばれよー)

応援する馬がいないとどの馬が勝つかということにはてんで興味が沸かなかった。いいレースを観れたら嬉しいなあと思う程度である。



7: ◆ukweaVAfH6 2014/02/09(日) 20:04:18.96 ID:HH7rzBHw0

女(お、直線にきたきた)

この競馬場は直線がやけに長い。私なら直線だけで息も絶え絶えのゾンビ状態になってしまう自信があるほどだ。

女(あっ!)

直線に入って、後ろから追い込んできた馬の目の前に、スタミナが無くなってしまった馬が斜行してしまった。……あれでは、勝ち目はないだろう。スタミナが無くなってしまった方の騎手だって、騎乗停止になってしまうかもしれない。

女(……もったいないなあ……いい脚だったのに)

私が諦めて目を逸らそうとすると、

男「まだだーっ!いけーっ!!!がんばれー!!!ボクノオリヒメーっ!!!」

振り返ってしまうほどの大声で、先ほどの彼が声援を送っていた。……あんまり大声は良くないと思うのだけれど……。しかし、その声援に応えてか、先ほど大きな不利を受けた馬はじわじわと盛り返し、残り100mで先頭に躍り出ようとしていた。

男「よしっ!そのままっ!そのままっ!」

しかし、先頭に立った束の間、更に大外から追い込んできた馬に差されたか差されないか判断に迷うようなタイミングでゴール板に飛び込んでいった。

男「……うーん……ちょっと体勢的に厳しかったかなあ……」

着順掲示板に審議の青ランプが灯ってはいるけれど、斜行した馬との到達順位の入れ替わりは発生しないから、特に順位の変動はないだろう。後は、写真判定次第だ。



13: ◆ukweaVAfH6 2014/02/10(月) 17:52:13.37 ID:3VJAIslU0

女(結構長引くなあ……)

馬券を買っていた彼が言うとおり、体勢的には追い込んできた馬が優勢のようだったからすぐに結果が出るものかと思っていた。にも関わらず、10分程度の時間が経っている。

女(確かに過去には騎手の人がガッツポーズしていた馬が写真判定の結果負けていたなんてこともあったけれど……。どうせなら、彼が応援していた子に勝っていてほしいかもなあ)

彼の姿を横目で見ると、腕組みをしながら真剣な眼差しで着順掲示板を見つめている。……見ていたからって結果が変わるようなことは無いと思うのだけれど。まあ、私も贔屓の馬が写真判定の対象になっているときは、どう見たって体勢不利なときも着順掲示板から目を離せないのだから、とやかく言うことなどできやしないのだけれど。



14: ◆ukweaVAfH6 2014/02/10(月) 17:58:46.89 ID:3VJAIslU0

男「……よっしゃあ!!!」

私が彼に目を向けている隙に、結果が確定したらしい。どちらが勝ったかなんて見なくてもわかる。

女「……良かったですね!」

男「……?は、はい!良かったです!」

女(やっちまったあああああああ!!!いきなり声掛けられたらそりゃ怪訝そうな顔するわ!私は餓えた狼かっ!!!)

男「どうかしましたか?」

女「いえ……」

私が盛大に自己嫌悪に陥っていると、その男性は不思議そうに私に声を掛けてくれる。『変質者にまで優しくしていただいてありがとうございます。どうか、今は放っておいていただけませんか?恥ずかしいので』……自虐も込めてはいるけれど、こんな言葉を言えたらいいなあと思いながらも、私はすっかり俯いたまま恥ずかしさを堪えるので精一杯なのだった。

男「……よかったなあ、オリヒメ」

女「……」

男「……ちょっとだけお気に入りの子自慢してもいいですか?」

女「……はいどうぞ」

競馬場以外でお気に入りの子自慢というワードを男性が言ったとしたら確実に夜の蝶についての会話だと思うだろう。私が赤面したまま固まってしまう話題だ。




15: ◆ukweaVAfH6 2014/02/10(月) 18:06:49.03 ID:3VJAIslU0

男「オリヒメのお父さんってとってもマイナーな種牡馬なんです。それこそ、中央競馬で走ってる子は10頭にも満たないぐらいの。僕、そのお父さんが大好きで大好きで。……強いんですけど勝ちきれないってところがすっごくえーっと……母性本能……違うか、父性本能?を擽ってくれて。そんな中でもオリヒメってとっても名前が可愛くないですか!?あー、すいません、一人で盛り上がっちゃって。それですっごく応援していたんですけれど……」

女「ちょっと、ちょっと待ってください。一回、中に入りませんか?」

気持ちは痛いほどわかるし、私もお気に入りの子について語り始めたら同じように目を爛々と輝かせて、相手の反応も気にせずに語ってしまう自信はあったのだけれど、如何せん今日は少し寒すぎたのだ。

男「あっ、すいません……。つい夢中になってしまって……。中に入りましょう」

女「いえいえ、私も好きな子について語ったら同じ感じになっちゃうと思うので」

男「そう言ってくれると嬉しいです」

そう言って笑う彼の無垢な笑みと、私が遠慮したにも関わらず暖かいコーヒーを奢ってくれたことに私が盛大に動揺していることも露知らず、彼の”オリヒメ”談義は一層の盛り上がりを見せるのだった。

男「えっとどこまで話しましたっけ……」

女「名前が可愛いってところですよ」

男「そうですそうです!ボクノオリヒメなんて……ロマンチックですよね!ほんと!……けれど、オリヒメは身体が弱くってなかなかデビューできなかったんです。3歳の6月頃までデビューがずれ込んでしまって……」

女「確かに遅いですね」

新馬戦といういわば、デビュー戦のカテゴリーに分類されるレースは2歳の6月からスタートする。もちろん、早く新馬戦に出た馬が強い馬とは限らなくて、素質馬はむしろ涼しくなった9月以降にデビューすることが多い。とはいえ、3歳の6月というのは例外と言って良いだろう。ほとんど丸一年出遅れてしまっているようなものなのだから。



16: ◆ukweaVAfH6 2014/02/10(月) 18:14:31.81 ID:3VJAIslU0

男「それでも、すっごく頑張っていたんですよ!調教師の人に不躾ながら連絡をさせていただいて、時々具合とかも聞きながら、ずぅっと応援していたんです。デビュー戦で頭差で勝ってくれて……もうその日は一人で大宴会ですよ!」

この人、相当な競馬馬鹿かもしれない……。いくら私でも調教師の人にまで連絡をしたことは無い。……大宴会については、ノーコメントということでお願いしたいけれど。

女「きっとオリヒメも嬉しいでしょうね!そんなに応援してくれている人がいて」

男「だといいんですけれど……。あ、ほんとすいません!なんだかつい熱くなっちゃって……。今日はお一人ですか?」

女「……ええ」

ですよね、競馬場に一人で来る女なんて珍しいですよね。自覚はございます。触れないでくださいさすがに言葉にされるとちょっぴり落ち込むので……。

男「よかった!じゃあ今日は僕と一緒に競馬場を楽しみませんか?」

女「……え?」

男「あっ!えっと、ナンパとかじゃなくて……。えっと、いや、ナンパになっちゃうのかな?それじゃあ、お姉さんをナンパさせてもらってもいいですかっ!?」

女「ばっ!!!わかったから、ちょっとこっちきてっ!!!」

私は慌てて彼の手を引いて、パドックの方へと駆け出した。

男「ちょっとっ!どうしたんですかっ!?」

背後から聞こえる不服の声に応じるのは少し後にしよう。今は一刻も早くあの場を離れたかった。

女「……はあ……はあ……」

男「えっと、大丈夫ですか?」

色んな意味で大丈夫ではないけれど、まずは呼吸を整えることに専念する。



17: ◆ukweaVAfH6 2014/02/10(月) 18:18:56.50 ID:3VJAIslU0

女「ふう……疲れた」

男「お疲れ様です」

女「お疲れ様ですじゃないですよもう……」

男「どうしてですか?」

女「あなたの発言を思い出してくださいよ!お、お姉さんをナンパさせてもらってもいいですかっ!?って……思い出しただけで恥ずかしい……。そんなこと大声で言ってたらどうします!?」

男「……ガン見します」

女「あなた、それ、やった」

男「……うわぁ……はっずい……」

女「私の方が恥ずかしいよもうっ!どうすればいいのさ今日これから……」

耳まで赤く染まった彼の顔を見てしまうとどうしても強く責める気にはなれなくて、私はこのもやもやをどこにもぶつけられずにいる……。ってか、競馬場に来て男の人に……ナ、ナンパされちゃうなんて……。……万馬券を当てるより難しいぞ私!



18: ◆ukweaVAfH6 2014/02/10(月) 18:24:56.99 ID:3VJAIslU0

男「えーっと……とりあえずなんですけど……第4レースだけは観ませんか?」

女「あー……」

男・女「「イケメンクンが走るから」」

男「!?どうしてわかったんですか?」

女「実は、私も買ってたんですよ、これ」

そう言って私は彼に単勝馬券を見せる。

男「うわあ!どうして、僕が買ってたのをご存じなんですか?」

女「たまたま隣の自動券売機で買ってたんですよ」

男「うわあ、運命ですね!」

女「それ以上恥ずかしい事言うと馬に蹴ってもらいますよ?」

男「……?恋路の邪魔はしてませんよ?」

こいつは相当な天然ちゃんかもしれない……。童顔で顔が整っているから性質が悪い。きっと将来的には、そこら中のお姉さま方の人気を一通り掻っ攫ってしまうだろう。馬で言えば……ステイゴールドとかホワイトストーンみたいに。彼らの場合はまた違う理由なのだけれど。

女「後でじっくり教えてあげましょう。いかに恥ずかしいことを言っているか。今はとりあえず、イケメンクンの応援をしましょうか」

男「行きましょー!」

小さくため息をつきながら、私はゴール板前に向かう。……時折好奇の目線を感じたのは決して気のせいではないだろう。それでもゴール板へと向かう辺り、私の精神もなかなか捨てたものではないらしい。



24: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 15:52:22.47 ID:F0c9oc5V0

無事ゴール板にたどり着くと申し訳程度ながらも若い女性の姿をちらほらと見かけることが出来た。もちろん、一人で来ているような人は居なかったのだけれど。

男「やっぱりイケメンクンは女性人気が高いですね」

女「まあ、CGみたいな見た目してますからね」

男「彼みたいな子をきっかけに、競馬を楽しんでくれると嬉しいですね」

女「そうですねー」

男「あ、発走みたいですよ!」

また場内にファンファーレが鳴り響く。個人的にとても好きなファンファーレだ。録音ではなく生演奏で聴けたらいいのになと毎度思うほどに。

女(いつもは応援している馬が無事に帰ってきてくれるだけで良いと思ってるけれど、今日は何となく勝ってほしいな……)

彼の恥ずかしい言葉を借りるならば”運命”ということらしいし、競馬好き同士、仲良くなれたら嬉しいと思うし……。も、もちろん私には下心なんて無い……無い……はず。

男「スタートしますよ!顔上げないとっ!」

女「あっ、はい」

俯くだけではなく、赤面していなかったかと不安になったけれど、きっと彼は全く気にしていないだろう。スタートゲートを見つめる目の輝きを見ればわかる。私と同じ競馬馬鹿の目をしていたのだから。



25: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 16:03:21.45 ID:F0c9oc5V0

芝の2000m戦。広い競馬場をほとんど一周するような距離だ。競走馬ならば2分前後で走り抜けてしまう。私なら……途中から救護車に乗るだろうから5分ぐらいでゴールできるかもしれない。自分で考えていて悲しくなるけれど。

イケメンクンは内枠から好スタートを決め、好位で競馬を進めている。淀みのない流れだ。直線の長いこの競馬場では先行馬には厳しい展開だと思う。

男「……がんばれ……がんばれ……」

どこかでイケメンクンが負けてしまったときの言い訳を考え始めていた私は、じっとオーロラビジョンを見つめながらそう呟く彼に目を覚まされた気分だった。勝ってほしいと願ったのならば、どんな展開だろうと応援してあげるのがファンというものだ。

女(……無事にゴールにたどり着いて!できるなら一番最初に!)

どうしても不穏なことを想像してしまう大欅を無事に越えて、いよいよ直線へと向かう。やはり馬群が詰まっている。

女「……まだいける。がんばって」

いつもは心の中に留めていた想いが口からこぼれてしまう。恥ずかしさを感じる暇など無い。もうレースは終盤だ。





26: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 16:12:55.35 ID:F0c9oc5V0

残り300mというところで先行勢は軒並み崩れ、後方との差が詰まってきていた。やはり展開的に苦しいものがあったようだ。イケメンクンも位置を少し下げていたが、まだ追い出していない。きっと、余力が残っているはずだ。

女(……追い込み勢もまだエンジンがかかってない気がする。……今でしょ!)

追い出してはいたものの、まだ脚が切れだしていない追い込み勢を見て、素人なりに私が仕掛けのタイミングだ!と思ったところで、イケメンクンの騎手が豪快に手綱を扱く。

女(よしっ!よしっ!)

男「まだ行けますっ!後200!」

総崩れとなった先行勢の中から一頭だけ明らかに違う脚色でイケメンクンが抜け出す。追い込み勢は着実に足を伸ばすものの、届きそうにない位置だ。

女「そのままっ!そのままっ!」

男「あと少しっ!」

完全に抜け出したイケメンクンの勝ちはほとんど間違いないにも関わらず、私は普段の私と比べると熱狂的と言って良いほどの声で、声援を飛ばす。そして……

実況「イケメンクン、好位から抜け出しゴール。圧倒的な競馬でした!」

波乱が起きることもなく、無事にイケメンクンはゴールした。

女「やったっ!」

男「やりましたねっ!」

私たちはお互いの両手を掴んで、飛び跳ねて喜んだ。……夢中だったのだ。……冷静になってから、周辺の気温が3℃ぐらい上がってしまうのではないかという勢いで赤面したのだけれど。



27: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 16:18:50.11 ID:F0c9oc5V0

女「……あー……はずい……穴があったら入りたいどころか、穴掘って入るから誰か埋めてって感じ……」

男「あはは、墓穴を掘って入るんですね」

女「うるさいですよ。7割ぐらいはあなたのせいです」

男「ひどいですねー僕は素直なだけです!」

女「……」

男「無言は辛いですね」

私たちは第4レースが終わった後すぐに競馬場を飛び出し、駅への連絡通路を歩いている。いくら一人競馬場に耐えられる神経を持っていても、あんな辱めには耐えることができない。

男「……良かったですねイケメンクン」

女「そうですね。勝ちきれないことが多かったですからね」

ずっとイケメンクンは先行しながらも最後に差されてしまうという競馬を繰り返していた。2着、3着は多いものの、1着が無いという状況だったのだ。

男「きっと、追い出しのタイミングを遅らせたのがよかったんですよ」

女「私は仕掛けとかについてはよくわからないんですけれど、ここだっ!って思ったタイミングで騎手の方が追い出してくれました」

男「……!勝利の女神ですね!」

女「……だーかーらぁ……はあ……」

男「だから何です?」

女「……まあいいですよ」

どうしてこうも恥ずかしいセリフを思いつくのだろうか。どうしてこうも簡単に恥ずかしいことを口にできるのだろうか。素直という奴は凄まじく恐ろしい奴だ。



31: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 17:35:47.97 ID:F0c9oc5V0

男「あ、そうだ。自己紹介ってしてましたっけ?」

女「……いや、していないと思います」

男「お互いに好きな子は知っているのに、本人のことを知らないって不思議ですね!」

女「好きな子って言うと何だか勘違いされそうですけど……」

言われてみれば彼の年齢はおろか、名前さえも知らないのだった。共通の趣味というのは恐ろしいものだ。初対面で名前も知らない男女であったとしても、これほどまでに盛り上がってしまう。似ている人物が惹きあうというのは本当なのかもしれない……決してまだ惹かれてはいないけれど!今後も多分無い……のかなあ?

男「改めて……初めまして、男です。趣味は当然ながら競馬と後サッカーが好きです。サッカーと競馬観戦のために海外旅行に行くほどです。ちなみに年齢は27歳です。よろしくお願いします」

女「に、にじゅうよんさい……ですか?」

男「……?はいそうですよ。あー……もっと若いと思ってました?」

そう言って彼は苦笑いを浮かべる。競馬場に居て馬券を買っていたのだから、二十歳以上なのだろうとは思っていたけれど同い年か精々一つ上ぐらいだと思っていた……。そう考えると……大分失礼な発言をした気がしないでもない。敬語でしゃべっていたとはいえ。

女「何だか、度々失礼なことを言ってしまったような気がします。申し訳ありません。私は女と申します。二十歳です。趣味は競馬とカラオケです。どっちも一人で行ける精神の持ち主なので、友人からは女を捨ててると言われています。よろしくお願いいたします」

男「……うわあ、お堅いですねえ」

女「目上は敬うように心掛けております」

……本当は不遜な自分の態度を思い出し、申し訳なさを抑えきれずにもはや文語と言っていいような敬語となってしまっているだけである。一人競馬場、一人カラオケに行ける精神力より、対人における精神力が欲しい。



32: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 17:44:55.44 ID:F0c9oc5V0

男「ま、いっか。とりあえず、敬語はやめましょ?会社なわけじゃないんだし、同士なんだから楽しくやりたいですよ」

女「男さんはどうぞ、お止めになってください。私はちょっと……」

男「そっか、わかったよ。とりあえず、今日はお詫びとしてお昼をご馳走させて!」

女「……ご馳走じゃないのなら、お昼をご一緒させていただいてもいいでしょうか?」

友人に話したら、初対面の男についていくなんて!と怒られてしまいそうだと思ったけれど、私が敬語を止めないと言った時の男さんの悲しそうな表情に気圧されたのと、どう考えても男さんが悪い人だと思えなかったという理由でついつい私は提案を承諾してしまった。

男「ご一緒ありがとう!でも……そっかー女さんは俺に恥をかかせようって言うんだ?」

女「え?」

男「だって、店員さんにどう思われると思う?この男は女に奢ってあげる甲斐性も無いのかっ!って思われるんだよ?」

女「あのー……えっとー……」

男「あははは!冗談冗談!でも、ご馳走ぐらいはさせてくださいな!」

女「あっ!からかいましたねっ!もうっ!」

男「ようやく、ロボットみたいな喋り方やめてくれた!よかったよかった!それじゃあ、行こうか!」

女「あ、はい」

まんまと悪戯に引っ掛かり憤慨したのも束の間、私は差し出された左手を素直に握っていた。俯いて顔を上げられないけれど、きっと男さんは私を見ながらにやにやと笑っているのだろう。何だか悔しい気がする。私は悔しさのあまり握る力を強くしてしまったことで、がっついているように思われないだろうかという何とも見当違いな心配をしながら、恋愛感情を知ってから初めて握る男の人の手に、言い様のない安心感を憶えるのだった。



35: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 20:11:31.02 ID:g/ezJaJ80

店員「何名様でしょうか?」

男「二人です。今日は店長は?」

店員「申し訳ございません。本日は食材の仕入れに出ておりまして」

男「そうでしたか。申し訳ないなんてことはありません。おかげで美味しい食事を食べられるわけですから。ただ一言だけ、男がまた競馬を観にいきましょうと言っていたとお言伝をお願いしてもよろしいですか?」

店員「かしこまりました。しかと承りました」

私は男さんと店員さんの会話を見ながら、別世界を眺めているような錯覚に陥っていた。

女(え?お昼に誘われて、特に何も考えずに付いてきた私も悪いのかもしれないけれど、このいかにも高級です!ってお店は何なの……。私、テーブルマナーとかわからないんだけど……)

あえて少し暗めに設定された間接照明のせいでぼんやりとしか見えないが、置かれているインテリア一つ一つに衣装が凝らされていることは一目にわかる。間違いなく、私一人では来ることがないようなお店だ。

女「あの……男さん……」

男「あ、そうだ。彼女はもしかしたらこのお店は初めてかもしれないから可能であれば個室に案内していただけますか?」

店員「かしこまりました」

男さんは私の戸惑いを知ってか知らずかはわからないけれど、個室を手配してくれている。……そういう問題だけではないのだけれど……。すっかり雰囲気に呑まれてしまった私は、結局為されるがままに個室へと案内されてしまったのだけれど。



36: ◆ukweaVAfH6 2014/02/11(火) 20:27:07.70 ID:g/ezJaJ80

男「女さんはこんな感じのお店は初めて?」

私も少しは成長したらしい。返答の前に男さんの表情を一瞥し、男さんが質問の答えを既に知っているであろうことに気づくことができた。

女「わかってるくせに訊かないでくださいよ」

男「ばれちゃったかー。どうせなら特別な日には特別なお店に行きたいと思って来ちゃったよ。迷惑だったかな?」

特別って何だろう……。そう思いながらも尋ねてしまうのはパンドラの箱を開けてしまうような結果になってしまう気がして気が引けてしまう。

女「いえ、ありがとうございます。私にとってもイケメンクンが勝てた特別な日なので嬉しいです。ありがとうございます」

男「お上手なことで」

女「男さんと話していたらそうなってしまいます」

男「あはは、僕は素直らしいんだけど、色々と素直な方向が良くないからねー。素直に行動すると、悪戯とか意地悪っていう結果になっちゃうらしいよー」

何故、他人事のように話しているのだろうか。被害者がちょうど目の前に居るというのに。

男「あっと、ごめんね。きっと私も被害者だっ!とか思ってるよね」

わかってるなら言うなよ!と答えそうになるのを何とか堪える。

男「ありがとう。表情で答えてくれて」

女「……どういたしたして」

素直なのは素直なのかもしれないけれど、男さんは全く食えない人なのだということを、競馬場を出てからすっかり思い知らされてしまった私なのだった。



42: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 20:46:51.79 ID:c8W274yA0

>>41様ありがとうございます。

男「まあからかうのはこれぐらいにして、女さんは二十歳かあ……」

女「……もっと上に見えました?」

男「……正直に言えばねー。お姉さんって言ってしまったぐらいだからね!」

女「年上に見られることは慣れていますけれど、男さんよりも年上だと思われるのはほんの少し傷つきます」

男「はは、ごめんごめん」

言葉とは裏腹に悪びれる様子は全くない。変に取り繕うよりは好感を持てるけれど、27歳より上か……。やっぱり黒髪ロングとメガネという風体は宜しくないのだろうか……。

女「まあいいです。自覚が無いわけでは無いですし……」

男「あ、そうだ、何食べる?オススメは……」

女「話を聴いてくださいっ!」

男「おおっ!ごめんごめん!」

女「全く……」

男「あはは、やっぱり女さんは自然な方が良いよ。堅くなりすぎるよりよっぽど一緒に居て楽しい」

女「あ……失礼しました」

男「だーかーらー……」

女「そもそも男さんがしっかりしてくれれば良いと思います」

男「痛いところをつくねえ?」

男さんとの会話は暖簾に腕押しだ。何を言っても飄々と躱されてしまう。そんな会話を少なからず楽しんでいる私がいるのも事実なのだけれど。



43: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 20:55:18.89 ID:c8W274yA0

女「是非痛い思いをしてください。……じゃああさりのボンゴレロッソをお願いします」

男「お目が高い。すいませーん」

店員「はい何でしょうか?」

男「あさりのボンゴレとペペロンチーノ。それと白ワインを。フルーティーなやつ……ボトルでお願い」

店員「かしこまりました」

何勝手にアルコールを注文しているのだろうかこの人は。私は飲まないっ!いや、好きだけれど飲まないっ!

男「もちろん、飲めるよね?」

女「飲めますけど、飲みません」

正直に答えてから自分の愚直さに呆れ返った。飲めないと言えば、強要する人では無いだろうに、飲めるということを伝えてしまえば、手を変え品を変え飲ませようとする人に決まっている。……ほら、邪悪な笑みを浮かべている。

男「それは、僕に飲みたいって気分にさせなさいよっ!って言ってるわけだよね?」

女「……日本語って不自由ですね」

男「その分解釈に幅があって良いと思うよ?僕は」

女「……はあ」

私は、ようやくとんだ曲者と昼食をする羽目になったことを認識したのだった。……無事に家に帰れる自信がなくなってきた……。ほんの数十分前には、もしかしたら恋に発展するかもなんて心の隅っこで思っていた私をぶん殴ってやりたい。こんな男が彼氏になったならば、私の精神は3日で崩壊してしまうだろう。絶対に、アルコールは口に入れない。そう誓ったのだった。



44: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 21:14:23.05 ID:c8W274yA0

男「うわあ……凄いねえ……」

女「えー?何がですかー?美味しいですよー男さんももっと飲みましょうよー」

男「あはは、僕はもうお腹いっぱいだから……」

店員「お水をお持ちいたしましょうか?」

男「ええ、お願い致します」

私の視界の端で店員さんと男さんがやりとりをしている。気づけば空のボトルがテーブルに一つ。そんなに沢山飲んだ記憶は無いのだけれど……。つい、甘くて飲みやすくて……きっと男さんも沢山飲んだのだろう。何だかとても楽しい気分なのは、イケメンクンが勝ってくれたからに違いない。

店員「お水お持ちいたしました」

男「ありがとうございます。さ、女さん飲んでください」

女「えー……わかりましたよーぅ」

男「ははは、すごいなあ女さんは……」

女「んー?何がですかー?」

男「何でもないですよ。えっと、連絡先を交換しても良いですか?」

女「はい、どーぞ。ご自由に御覧ください」

男「ははは……いいのかな、勝手に携帯見ちゃって……」

女「いいですよーやましいものなんて入ってませんから!」

男「そうですか。じゃあまた連絡します。とりあえず、今日はお開きにしましょう。お自宅はどちらに?」

女「教えたら男さん送り狼になりそうなので教えませーん」

男「ま、携帯を見ればいいんですが……。あ、近いですね。家まで送りますよ」

女「きゃー変態ー。犯されるー」

男「ご所望とあらば喜んで」

女「ひぅ……」

酔いが醒めるかと思った……。いや、酔ってない、酔ってなんか居ない……。



45: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 21:26:51.60 ID:c8W274yA0

そして、そこから私の記憶は狐につままれたかのようにすっかり抜け落ちてしまっているのであった。翌朝、脳内でラデツキー行進曲を奏でているかのような頭痛と思い出しただけで頭痛が悪化しそうな自らの恥態に絶望しながら、枕に突っ伏す羽目になったのは言うまでもない。

女(……あー……折角趣味の会う男の人と仲良く……いや、お話できたのに……。こりゃー、一生独り身を覚悟しよう……。お酒をやめることは無理な気がするし)

もはや自虐抜きでこの現実を受け容れるのは私には不可能なことだった。微かな希望に縋るように携帯電話のメールボックスを確認したけれど、残念ながら男さんからのメールは入っていなかった。

女(ああ……もう、夢だったんだと思おう。いい経験ができたなあ……。これを機に一人競馬場も卒業しようかな……)

出来もしないだろうと思いながらも、いい加減競馬なんて、人様にはあまり大声で言えないような趣味は卒業するべきなのかもしれない。卒業しないにせよ、テレビで観戦するとか楽しみ方を変える時が来たのかもしれない。



46: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 21:35:35.47 ID:c8W274yA0

女(男さんと偶然出会ったら気まずいしな……。連絡が来たら行っても良いけど……)

結局のところ、私としては競馬という趣味に誇りを持てていなかったのかもしれない。そして、たまたま男さんと出会って、大失敗をして……全ての物事が私を競馬というものから引き離すのにお誂え向けの展開だったのだと思い込むのは容易かった。

女(よーし決めたっ!とりあえず来週末は競馬場に行かないっ!できれば今月はもう行かないぞっ!そして……男さんみたいな……違った。格好いい彼氏を頑張って作るんだっ!……頭いてぇ……)

私としてはとても些細な決心のつもりだったのだけれど、一度習慣から外れてしまうと何故か私の足は競馬場から遠のいてしまったのだった。そして、残念なことに男さんからの音信も全く無いままに日々は過ぎていったのだった……。



49: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 23:21:21.11 ID:c8W274yA0

女友「女ー今週末合コンに誘われたんだけど行く?」

女「あー大丈夫。ありがとう」

女友「りょうかーい。じゃあ私一人詰まんない男どもの相手してくるわー」

女「まあ詰まんなかったらお酒を黙々と飲んじゃいなよー」

女友「良い男が居たら考えておくよ」

女「え?良い男居たら、楽しいんじゃないの?」

女友「女は本当に頭が回らないねー……お持ち帰られるってことだよ」

女「ば、ばかじゃないのっ!?そんな、初めて会った人と……!」

女友「私はありえないって。冗談だよじょーだん。ただ、世の中一般ではあり得ることだと思うよ?」

女「世の中怖い……合コン怖い……」

女友「ほんとこの子は世間知らずなんだから……そういえば、最近週末の付き合い良いけど趣味は止めちゃったの?」

女「あー……うんちょっとね」

女友「ふーん?まあいいけど。じゃあまた来週ねー」

女「うん、またね」

女(……何でだろう。一度離れてしまうときっかけがない。誘ってくれる人でも居れば良いのかもしれないけれど、私の周囲に競馬が好きな人なんて居ない。結局のところ私の意志で足を向けるしか無いんだよね)



50: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 23:37:14.32 ID:c8W274yA0

未だに競馬中継を観たり、ニュースを調べたりしてお気に入りの子の結果については調べている。残念ながら、シロクロナボクは故障もあって引退してしまったけれど、イケメンクンはこの間、1600万下のクラスに上がり、もう少しでオープンも見えてきたぐらいだ。……ちなみに、ボクノオリヒメは……。

実況『格上挑戦のボクノオリヒメ!軽ハンデを活かして差し切り勝ちを収めました!!!』

何と重賞馬になっていた。地方のハンデ重賞に格上挑戦し、見事な勝利を飾ったのだ。父馬の産駒としては初の重賞馬らしい。そして、恐らく最後の重賞馬になるだろう。オリヒメが勝った時のニュースに、申し訳程度の大きさで父馬はもう用途変更されてしまったという記載があったからだ。……用途変更という言葉が、そのとおりの意味であってほしいと願う。

女(つい、ウインズで応援馬券を買っちゃったんだっけ……)

ボクノオリヒメ……単勝1000円。正確には覚えていないけれど、30倍ぐらいのオッズがついたはずだから換金すれば3万円ぐらいにはなるのだろう。

女(そんなことできるわけないのだけれど……)

ポリシーに反するというよりは、糸が切れてしまうような気がするから。もう切れているようなものではあるけれど、あの日男さんと出会って、二人で楽しんだ思い出も全て、夢だったと認めざるを得なくなってしまいそうだから。

女(恋したつもりは無かったんだけどなあ……)

何度も自分自身に言い訳をしながら、携帯電話の画面を見つめ、自分自身の恥態を恥じ、もう一度チャンスが無いかと願う。これが恋ではないと言うのならば何だと言うのだろうか。もはや叶わないという事に気づいてようやく、私は恋に落ちていたのだと気づくことができたのだった。もちろん、取り返しなどつかないのだ。私にとってのあの一日は織姫が見る一夜限りの夢に過ぎなかったのだ。



51: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 23:43:11.67 ID:c8W274yA0

女(無邪気で素直な悪戯っ子。本当に最初は歳上だなんて思えなかった。けれど、やっぱり大人で……。私には縁が無いような世界を知っていて……。私が記憶を失った後に、ひどい失敗をしてしまったから連絡をくれなかったのかなあ)

記憶を失うまで飲んでしまった私の責任ではあるのだけれど、お店を出た後の出来事がわからない分、気持ちの整理がつかないのだった。それさえ無ければもしかしたら……。そう考えて、自己嫌悪に陥る。そんな繰り返しだった。

女(妙な理由をつけて競馬場にも行かなくなって、いっそ競馬という趣味を止めてしまおうとさえ思ってるもんね。本当に私は弱虫だ)

何度溜息をついても、いくら悲劇のヒロインぶっても、何一つ変わりはしない。理解をしながらも、どこかの誰かが私に手を差し伸べてくれるのではないかと期待している。私は本当にダメな女だ。



52: ◆ukweaVAfH6 2014/02/12(水) 23:50:07.44 ID:c8W274yA0

女(今日はもう眠ろう。眠ってこの無意味なスパイラルから抜けださなきゃ……)

そうして私は布団に飛び込む。布団を深く被っても、雨音は頭の芯まで届いてくる。しつこいまでに耳障りなその音を聞いていると、永遠に雨が止まないのではないかとさえ思える。

女(……もう許してよ。いいじゃない、取り返しなんてつかないんだから)

半ば八つ当たりのようにそう考えた。枕元でスマートフォンが煩わしく振動する。雨音も、振動も全てが私の敵になってしまったように思えるのだった。



59: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 21:55:28.42 ID:DcOx48uv0

女(……頭痛い)

少し寝過ぎたのだろうか。霞がかったように頭が働かない。不気味なほど明るい遮光カーテンとじんわりと滲んだ寝汗のおかげで、嫌というほどの日本晴れであろうことが予想できた。

女(……とりあえずシャワー浴びなきゃ……土曜日なのに何もやること無いんだよな……変な感じだ)

時刻を確認するためにスマートフォンの画面を確認する。……9時。以前なら開門と同時に競馬場に入るため、正門前に行っている時間だ。第一レースに応援する子が出ていなくても、誰もいない競馬場を独り占めするのが好きで必ず開門と同時に駆けつけていた。もちろん、ダービーのように徹夜組が出るような日には諦めていたけれど。

女(そういえば……寝る前になんか来てたな)

女友からのメッセージだった。……『合コン本当にこないのー?私食べられちゃうかもよー?』……めんどくせー……。

女(……はいはい。『是非性的食物連鎖の一端を担ってください』……っと)

いつもならば、申し訳無さそうに断ったのかもしれないけれど、今はどうしてもそれが億劫だった。



60: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:08:30.10 ID:DcOx48uv0

女(さて……シャワーの前に……一応出馬表チェックするか……)

チェックする日にちが金曜日から土曜日にずれただけで、やはり欠かせない習慣なのだった。せめて、応援だけでもしたいという気持ちはまだあるのだ。

女(お……いいじゃんミズタマアオゾラ!久しぶりだなあ……休み明けだよなー頑張ってほしいな。お……イケメンクンも出るのかー。そっかそっか、関西遠征ねー。頑張ってほしいなあ……。ん?この子……)

私が見つけたのは、ワタシノヒコボシという競走馬だった。ボクノオリヒメ……ワタシノヒコボシ……。

女(同じ馬主さんなのかな……)

すぐにインターネットで検索する。……やはり、同じ馬主さんのようだ。ロマンチックな馬名だ。

女(そっか、オリヒメの父馬とヒコボシの母馬がライバル同士だったのか……。懐かしいな……)

その両馬は短距離戦線でしのぎを削り、とある競馬漫画では恋愛関係にあるように描かれていたのだ。しかし、現実にその両馬が交配されることは無かったのだけれど……。

女(馬主さんもロマンチストだなあ……。ヒコボシ、君は良血馬なんだね……。……久しぶりに、競馬場行こうかな)

両馬のストーリーに乙女心を擽られたのか、単にあまりに退屈な土曜日に嫌気が差したのかはわからない。けれど、何かが背中を押してくれたのだと思う。仮に昨晩の雨が降り続いていたなら、ヒコボシが関西遠征だったなら……きっと不思議な巡り合わせなのだろう。全てが私の背中を押しているのではないかと錯覚したくなる程だ。

女(とりあえずシャワーを浴びて、行きますか。応援に)

カーテンを開ける。突き抜けるほどの青空はきっと彼らの前途を祝しているのだろう。





61: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:15:55.74 ID:DcOx48uv0

すっかり慣れた経路ではあるけれど、出発時間が違うだけでこれほど違和感を感じるとは思わなかった。乗っている人たち、街の空気、全てが新鮮に思える。

『次は、府中本町、府中本町。お忘れ物にご注意ください』

女(……久しぶり、競馬場)

戦に向かう武士のよう……とまで言ってしまうとおおげさかもしれないが、オグリキャップの武者震い程度には私の気持ちは奮い立っていた。……応援するためだけにそれほどの気持ちを割いてどうするのだろうかとも思うけれど。まだ、微かに抵抗があるのかもしれない。久しぶりに競馬場へ行くこと、あの日を思い出すことに。

女(……やっぱり好きだなあこの連絡通路……。思わずにやけてしまう……)

沢山の競走馬のポスターを私は”肖像画”だと思っている。そんな”肖像画”が並ぶ回廊を一歩一歩噛みしめるように歩くのだ。彼や彼女の残した足跡を辿りながら、息子や娘に想いを馳せながら。

女(いつか、私がデビューから応援した子もここに並んでくれたら嬉しいな)

そんなことを考えながら、私はどうしようもなく競馬が好きなのだと実感されられていた。男さんと出会って、余計なことを考えて……何と味気ない日々だったことか。



62: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:21:23.99 ID:DcOx48uv0

女(ついたっ!)

滾る気持ちを抑えながら、ゴール板前を目指す。

女(……あー。いいなあやっぱり……)

ゴール板と芝生。それがやはり見慣れた光景だ。私の週末はここにある。

女(ほんと、よくきたなあ私!ってか、全部男さんのせいなんだっ!あんなお洒落なお店に連れて行ってどきどきさせてくれちゃって!緊張してお酒飲み過ぎて……。いやまあどう考えたって悪いの私だけなんだけど……)

勝手に悪役に仕立てたことに少しだけ罪悪感を感じても、恐らく二度と会うことはないのだからどうってことはない。

女(よっし!とりあえず今まで来れなかった分楽しもうっ!!!)

そして私は自動券売所へとひた走るのだった。



63: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:26:07.54 ID:DcOx48uv0

女(いやあー今日は最高だー!休み明けなのにミズタマアオゾラは勝つし、イケメンクンも勝つし……!これ以上無いねっ!……後はヒコボシくんかー)

メインレースの一つ前、第10レースにワタシノヒコボシは出走する。オッズは……7番人気。1000万下のレースを勝ったばかりの馬だから妥当な評価なのかもしれない。

女(ま、私には関係ないないっ!)

いつものように、ワタシノヒコボシの単勝を1000円分購入する。そして、ゴール板前に陣取るのだ。

女(さー、これも勝ってくれたら今日は宴会しちゃうぞー!)

負けたとしても、きっとお酒の誘惑に負けて宴会をしてしまうのだろうけれど、今のうちはそう考えておくに越したことはない。どうせなら、心の底から幸せなお酒を飲みたいものだ。

ファンファーレが鳴り響く。いよいよ発走だ。



64: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:31:10.30 ID:DcOx48uv0

女(あっ……)

スタートと同時に一頭が取り残される。

女(ヒコボシだよもう!……ちょっとマイル戦で出遅れはなあ……)

長距離戦ならまだしも、マイル戦で出遅れを取り戻すのはなかなか難しい。それこそ、本当に実力があれば別だろうけれど。

女(でも、応援はやめないぞっ!最後まで応援しなきゃ!)

何となくそう考えた時に男さんの顔が浮かんだ。オリヒメのレースのときも最後まで諦めてなかったなあ……。

レースはハイペースで流れていた。少しはヒコボシの助けになる展開かもしれない。未だにヒコボシは最後方に控えている。

女(サッカーボーイやデュランダルじゃないんだから……ちょっと厳しいのかな……。でも、頑張れ、頑張れ)

大欅の向こうを駆けるヒコボシを想う。きっとまだチャンスはあるはずだ。



65: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:38:59.07 ID:DcOx48uv0

女(直線……。大外かっ!)

ヒコボシは大外に持ちだした。一気にごぼう抜きをしようという発想だ。先行勢がハイペースで苦しんでいる状況だから、突き抜ける可能性は十分にある。

女(いけっ!いけっ!)

少しずつ脚を伸ばす。残りは300m。エンジンのかかりが遅い。

女(くっそぅ!芝がまだ水を含んでるのかな……。でも大丈夫まだいけるっ!)

女「頑張れっ!ヒコボシーっ!」

私は、声援に応じて競走馬が駆けるなんて信じていない。あくまで声援は人間の自己満足だと考えている。競走馬にとっては大声なんて良い要素は一つも無いのだし。……それでも、確かに声援は届くのだと……そう思った。ヒコボシは、爆発したかのように脚を伸ばし始めた。

女「そうだよっ!もっと!頑張れ!頑張れヒコボシーっ!」

残りは100m、先頭との差は2馬身。ぎりぎりだ。届けっ!届けっ!

男・女「いけーっ!ヒコボシーっ!!!」

私が声の重なりに驚き、隣を見上げた瞬間がゴールだった。

『ワタシノヒコボシ!素晴らしい差し切り勝ちでしたっ!!!これで3連勝ですっ!!!』

驚きを招いた主は、

男「やりましたねっ!!!」

無邪気な笑顔でそう言った。



66: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:46:09.63 ID:DcOx48uv0

女「……何で、声かけてくれたんですか……?」

驚くほど声が震えている。声と呼んで良いのかわからないほどだ。

男「……?だって、女さんが居たからね」

女「何で連絡くれなかったんですか?」

男「何でってか、メールが届かなくてさ。困っちゃったよもう」

女「……」

男「というよりも、何で競馬場来なかったの?連絡先がわからなくても競馬場に来れば逢えると思ってたのに……」

女「そんなっ!あんな醜態を晒してしまった相手に会ってしまうかもしれないところになんて、来れませんよっ!」

男「んー、お酒の失敗なんて誰にでもあると思うんだけど……」

女「もうっ!私は帰りますっ!」

男「あー……うん、お疲れ様」

もうこの場に居るのは限界だった。これ以上言葉を発するとわけもわからず泣き出してしまいそうだったのだ。帰りの列車に乗ったところで、連絡先を訊かなかったことを後悔したのは言うまでもない。



67: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:50:39.56 ID:DcOx48uv0

女(……私は馬鹿ですと背中に張り紙をして歩こう……。私には脳みそがない……)

昼間にはやれ宴会だと盛り上がっていた気持ちはどこへやら、昨晩以上の落ち込みが私を支配していた。

女(ほんと、馬鹿でしょ。折角会えたのに、恥ずかしくなって泣きそうになって逃げ出して、連絡先を訊き忘れるなんて……仮に運命だったとしても、運命が愛想を尽かすよこんなんじゃ……)

しかし、時間は不可逆であって、いくら戻りたいと願った所で過ちを取り戻すことは出来ないのだった。

女(あーもう、寝るっ!寝るったら寝る!)

やけ酒ならぬやけ寝を誓った所で、またスマートフォンが振動した。横になっていたならば煩わしさが勝り、画面を確認することは無かったのだろうけれど、ぎりぎりまだ私は身体を起こしていた。



68: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 22:58:37.40 ID:DcOx48uv0

女友からの連絡だった。『女今日競馬場行った?』

何故わかるのだろうかと怪訝に思いながらも返信を送る。『行ったけど』

即座に返信が来る。……合コン中じゃないのだろうか?……『今日、逃げ帰ったの?』

……心臓から汗が吹き出すのでは無いかと思った。誰か知り合いに見られていたのだとしたら、壮絶に恥ずかしい。

『……どういうこと?』

動悸をどうにか抑えながら返信を送る。返信までの間がとても長く感じる。

スマートフォンが振動する。……『競馬が趣味の友達がいるって事を話したら、すごい食いついてきた人が居て……男さんって言うんだけど、その人が言うには逃げ帰ったの?って訊けばわかるよって……』

何合コンなんて参加しているんだ!と一瞬考えた後に、そんなことを言える立場ではないことに気づく。そして、女友は私のことを話したし……そして男さんは何故私だと気づいたし……。そんな身勝手なことを考えているとまた、スマートフォンが振動する。『これから俺、1ヶ月海外出張だから。それじゃあ、七夕に』

私の身勝手なんて可愛い物だった。『ロンシャンでもメイダンでもどこにでも行ってください』……しかし、私はすっかり笑顔を取り戻したのだった。



69: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 23:07:11.69 ID:DcOx48uv0

……私は今、人生初のローカル競馬場に居る。応援する馬は今日は珍しく2頭しかおらず、同じレースに出走する。いわばライバルである。しかも、メインレースだ!そんな状況なのにも関わらず、私はちっとも応援する気持ちになれていない。

女(無理、無理、無理、無理、無理……)

そう、きっとこれからとっても身勝手な人が、私に会いに来るはずなのだ。遠い国からはるばると。

女(別に彼氏彼女の関係じゃないのに、七夕……なんて!身勝手すぎる!東京からわざわざ出てきてる私も私だけどっ!)

すっかりかちんこちんに固まってしまった身体はゴール板前に張り付いたまま動かない。じっとゴール板だけを見つめるしかできないのだ。すると、唐突に背中に小さな衝撃を感じる。

女(……え?)

動揺しながら振り返ると、男さんの顔がそこにあった。

男「ただいま。あなたの彦星ですよ」

女「え?え?いきなり、え?何抱きしめてるんですかっ!?いや、彦星って、え、いやそう七夕ですけれどっ!」

男「まあ、そんな緊張しないで、はい深呼吸」

女「すぅーはぁー……すぅーはぁー……。あー……あのー……」

男「僕は彦星、女さんは?」

何て恥ずかしい訊き方をするのだろうか。狡いなあと思いながらも、きっと真っ赤になってるんだろうなあ私と思いながらも、声に出すのだ。

「私は織姫です」

……この日の七夕にちなんだ重賞は、同着決着だったらしい。とてもロマンチックな決着で、きっと後世に語り継がれていくのだろうと思う。ずっと、ずっと……。

女「一人競馬場」~おしまい~



70: ◆ukweaVAfH6 2014/02/14(金) 23:08:58.77 ID:DcOx48uv0

さて、こんな感じで完結致しました。

競馬場だってロマンチックなんですよっ!!!という無茶な展開ではありましたが、
お楽しみいただけたとしたら嬉しいです。

ナイター競馬とかは、本当にロマンチックな感じがしないでもないですけどね。
是非このお話を読んでちょろっとでも競馬に興味が沸いたのならば、一度足を運んでみてください。

きっと感動がそこにはあると思います。

それでは、お目汚し失礼いたしました。また、今後もよろしくお願い致します。



71: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 23:41:33.24 ID:rU5PtK5Qo

乙でした

最後は福島かあ。七夕賞ですね
ローカル場はゆっくり見るにはいいですね。パドックも近いし
大井のトゥインクル競馬は結構カップルいますよ



72: ◆ukweaVAfH6 2014/02/15(土) 00:04:19.91 ID:oZiP6Ky40

>>77様

最後は七夕でした。かわいい馬名を考えているときにボクノオリヒメって思いついて、かわいいなぁと思い、そしたら彦星も作らなきゃ!と作り、そしたら七夕賞や!という展開で進みました。

いいですよねー。カップルもツインクルの美しさも。それもまた競馬の醍醐味ですね。



75: ◆ukweaVAfH6 2014/02/15(土) 15:52:05.70 ID:zuSxqNnw0

一つだけご参考までに。

オリヒメとヒコボシの父、母のモデルはダイタクさんとダイイチさんです。

ダイイチさん大好きすぎて競馬ゲームで必ずお手馬にしていたのはいい思い出。



76: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/16(日) 05:53:37.56 ID:z9ZX3K8AO


最後まで楽しく見れたよ


元スレ
SS速報VIP:女「一人競馬場」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391941210/