1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 17:51:39.78 ID:EXi9WrLG0

一夏「はぁ・・・前からちょっと変かなと思ってたけど最近は酷いな・・・」

一夏「今日も普通にシャワー浴びてるとこに入ってきたし・・・」

一夏「好意の表れなのかもしれないけどあそこまで露骨なのはなぁ・・・」ゴロン

『えくしゅっ』

一夏「・・・・・・」サッ

シャル「えへへ」

一夏「・・・俺の部屋のベッドの下でなにやってるんだ」

シャル「かくれんぼしてたの」

一夏「誰と?」

シャル「友達とだよ。よっこいしょ」

シャル「じゃあそういうことで、またね」スタスタ

一夏「その手に持ってる俺のパンツを置いていって欲しいんだけど」

シャル「あれ?あぁごめんタオルと間違えちゃった。ごめんね」

バタン

一夏「・・・・・・ちょっとしたホラーだろこれは」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 22:09:49.88 ID:JtVRWrzRP

ガチャ

シャル「ただいま」

一夏「おかえり。かくれんぼは終わったのか?」

シャル「かくれんぼ? やだなあ一夏。子供じゃないんだから」クスクス

一夏(まずまともに会話出来なくなってる気がする)

シャル「でもまだまだ暑いね。ほら、胸のとこまで汗が」ピロッ

一夏「ちょっ、そんなトコ堂々と見せるなよ!」

シャル「相変わらずだね一夏は。じゃあ、シャワー浴びてこようかな」

一夏「良いけど、まず俺の下着やパジャマは置いていけ」

シャル「え? 貸してくれるんじゃ」

一夏「さもそんなやり取りがあったみたいな顔しないで!」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 22:18:48.70 ID:JtVRWrzRP

シャル「一夏が貸してくれないんじゃ、今日着る服がないよ」

一夏(クローゼットの前で抜け抜けと……)

シャル「これじゃあ今日は裸で過ごすしかないなー」ダッ!

一夏「ちょっ! 言った瞬間にシャワーにダッシュするな!」

ワーギャー!

ガチャ

箒「うるさいぞお前ら! いったい何時だと思って……って、シャルロットを押し倒してなにしてるんだ一夏ぁ……!?」

一夏「へ……? い、いやこれは深い事情があってその」

シャル「もうっ、だから静かにやろうって言ってたのに。一夏ったらはりきっちゃって」

一夏「シャ、シャル!?」

箒「ほぅ……どうやら今度こそ、この学園から出ていく気になったようだな……!」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 22:58:06.04 ID:JtVRWrzRP

一夏「うぅ……結局、箒には追い掛け回されるし千冬姉には怒られるし散々だった……」

シャル「可哀想な一夏……私が慰めてあげる」

一夏「そんな両手を広げられても。それに、もとはといえばお前のせいなんだからな」

シャル「そっかぁ」

一夏(全然悪く思ってないだろ)

シャル「うん、分かった。じゃあ、脱ぐね」

一夏「分かってない! っていうかなんで脱ぐんだよ!?」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 22:59:57.75 ID:JtVRWrzRP

シャル「え? 一夏の国ではこういうの、オトシマエっていうんでしょ?」

一夏「どこでそんなこと聞いたんだよっ、っていや、そこはいいから脱がないでくれ」

シャル「脱がないほうが良いの?」

一夏(ちょっとひっぱたきたい……)



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 23:06:07.97 ID:JtVRWrzRP

シャル「一夏はなんでもダメダメばかりだね」

一夏「ダメって言わせる方が悪いんだよ」

シャル「難しいなあ……あ、そうそう、セシリアから紅茶葉貰ったんだ。どうぞ」コトッ

一夏「え? あ」

シャル「大丈夫、何も入れてないよ?」ニコッ

一夏(何か言う前に凄く気になること言っちゃったよ)

一夏「……」

シャル「んー、じゃあヒント! 体の一部かなっ」

一夏「入れてるじゃねーか! しかも危ないの!」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 23:09:43.39 ID:JtVRWrzRP

シャル「コレ以上はヒントあげられないな~」

一夏(まず飲むっていう前提で話進められても……)

シャル「うーん、分かんないかなぁ一夏……分かった。特別大サービスで直接飲ませてあげるね。じゃあ目をつぶって」ゴソ

一夏「そこでスカートの中に手を入れない! っていうかそれもう答え一つだよ!」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 23:14:47.63 ID:JtVRWrzRP

シャル「えー、飲んでくれないのぉ? せっかく用意したのに」

一夏「頼むから普通の紅茶をくれよ……」

シャル「セシリアは隠し味って言ったら飲んでくれたよ? おいしいって」

一夏(今度からオルコットさんって呼ぼう)

シャル「分かったよ。今から新しいの淹れてくるね」

一夏「……」

シャル「唾液でもダメ?」

一夏「もう寝よう!」





89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/13(木) 23:19:29.98 ID:JtVRWrzRP

後日

千冬「ご苦労だったな、織斑」

一夏「トレーニングの域超えてるだろコレ……」ゼェゼェ

千冬「まあそうぼやくな。ほら、水分補給だ。飲め」

一夏「お、サンキュー。千冬姉」ゴクゴク

千冬「……」

一夏「プハッ! 生き返る~……って、怒らないんだな」

千冬「あ? ああ、たまにはな……フフッ」ニタァ




シャルとおしっことオルコットさん

おわり


元スレ
一夏「最近シャルが堂々と変態行為をしてくるようになった・・・」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347526299/